5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

混沌が象る魔の城 悪魔城・キャッスルヴァニア総合

1 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/05 21:15
俺の知らなかった、裏の歴史
ヴァンパイアハンターとドラキュラの死闘
それが、今、ここに

ここはコナミより発売されたアクションゲーム「悪魔城ドラキュラ」「キャッスルヴァニア」の質問雑談スレだ
このシリーズに出演したキャラクターの参加を敵味方問わず歓迎する
巨大AA、煽り、荒らしは禁止と言うことになっているようだ

2 :以上、自作自演でした。:03/10/05 21:16
ごはんがおいしいなぁ

3 :以上、自作自演でした。:03/10/05 21:17
とりあえずチンポしゃぶれやボウズ

4 :以上、自作自演でした。:03/10/05 21:17
ラッキースイッチ。ぽちっとな☆

5 :以上、自作自演でした。:03/10/05 21:21
来須蒼真 ◆SomaDv.OTA

◆Soma(蒼真は)Dv(ドメスティックバイオレンス).OTA(オタク)

6 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/05 21:22
>2
食事中だったようだな
しかし、いつ滅ぶともわからないこの城で、呑気に食事ができるとは
あんた、よほどのバカか、大物か?
まぁ、戦闘中に肉食ったりメロン食ったりしてる俺が、人のことを強く言えるわけでもないんだけどな

>3
イヤだね。何の理由があって俺がそんな事しなけりゃならないんだ
どうしても性的快感が欲しいなら、サキュバスでも呼んできてあげようか?
命の保証はしないけどな

>4
とにかくスイッチがあれば押す
有角が言ってたけど、これは悪魔城に挑む者たちの共通の癖らしいな
かく言う俺も、スイッチを見つけたらすぐに…

7 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/05 21:23
>5
早速言われてるし
偶然拾った通り名が、こんな事になるとは
やれやれ、全く情けないよ

8 :以上、自作自演でした。:03/10/05 21:56
スレ立ておめでとう♪
練習スレから見てた。
こっちでもがんばれよ。


んでは、ついでに質問。
と、いうか恒例のテンプレだーな。
時間あるときにでもやってみてよん。
名前 :
年齢 :
性別 :
職業 :
趣味 :
恋人の有無 :
好きな異性のタイプ :
好きな食べ物 :
最近気になること :
一番苦手なもの :
得意な技 :
一番の決めゼリフ :
将来の夢 :
ここの住人として一言 :
ここの仲間たちに一言 :
ここの名無しに一言 :               

9 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/05 22:10
>8
応援ありがとう。改めて、俺は一人じゃないって事を痛感したよ
さて、↓が答えということになる。大半が向こうと同じではあるが、許して欲しい

名前 :来須蒼真
年齢 :18
性別 :男
職業 :高校生
趣味 :魂収集
恋人の有無 :恋人とは言えないかもしれないが、一応幼馴染で気になる奴がいる
好きな異性のタイプ :↑の通りだ
好きな食べ物 :カレーとメロン
趣味 :魂収集
最近気になること :俺は、人間として生きられるのか?
一番苦手なもの :腐った肉、3年ミルク
得意な技 :悪魔の魂を使役する能力
一番の決めゼリフ :この一撃で!
将来の夢 :有角の諜報機関…ヨーコさんの教会…ハマーの店…まだ決めかねている
ここの住人として一言 :俺は異端かもしれないが、よろしく頼む
ここの仲間たちに一言 :有角、ユリウス、ヨーコさんの一族と会ってみたい
ここの名無しに一言 :俺について疑問に思ったことがあったら、遠慮なく聞いて欲しい

10 :以上、自作自演でした。:03/10/06 01:58
困った時は助けると言いつつ急いでいるからとすぐさま立ち去るヨーコさん。
あの時充分困ってなかったですか?
しかもその後逆に命を救うし。
ヨーコさんって・・・

11 :以上、自作自演でした。:03/10/06 02:09
1999年のユリウスの闘いを教えて下さい。
今度の新作より気になります。

12 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 02:44
>10
まぁ、そう言わないでくれよ。
確かに困っていたのは事実だけど、俺には城主の間に行くという目的があったしな
いくら年上とは言え、女の人に助けを求めるわけにもね…
グラハムに倒されたのも、仕方なかったんじゃないかな?
俺のほうが強い…などと天狗になりたくはないけれど

>11
俺も断片的にしか聞いてないんだけど
アメリカ軍の特殊部隊が多数参加したらしく、まさに「大戦争」と呼ぶに相応しい戦いだったらしい
それに、ユリウスはもちろんだけど、有角も参加していたらしいんだ
1999年って36年前だろ?
有角って一体何歳なんだよ…

13 :以上、自作自演でした。:03/10/06 11:23
一番頼りになる仲間はだれですか?

14 :以上、自作自演でした。:03/10/06 15:17
有角の正体って結局誰だったのでしょう?


………バレバレですが

15 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 16:32
>13
そうだな。当然、頼りにならない仲間なんていなかったわけだけど
やっぱ有角かな。アイツがいなかったら、この力に気がつかなかった上、弥那も死んでしまっていたはずだ。
当然、俺も魔王としての宿命を背負う事になっていただろうな
頼りになるって言うのとは違う気もするけれど、俺を最も助けてくれたのは結局の所、奴だった

>14
正体…なぁ。あまり考えたことなかったな
最初大量のモンスターに襲われた時、奴が手をかざしただけで全て−1が消滅した
後で聞いてみたんだけど、ソウルスチールっていう呪法だったらしい
恐ろしいほどの魔力だよな。もしかしたら奴、ヴェルナンデスの人間なんじゃないかな?
いや、最後に城から現実に帰還する時「母の名にかけて、感謝する」って言ってたんだよ
つまり、有角のお袋さんはドラキュラに殺されてしまったヴェルナンデスの人間なんじゃないかって、まぁ、推測だけど

16 :以上、自作自演でした。:03/10/06 17:31
魔王の器をもってしてもエクスカリバーは抜けませんか?

17 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 17:43
>16
バカを言うな…あの剣は抜けない状態が最強なんだ
あの攻撃力を見ろ!最強じゃないか!
…マジレスすると、俺の力は暗黒の力。
聖なる力を美とするエクスカリバーに、俺は好かれていない事は当然といえるだろう
ユリウスになら、苦もなく抜けるだろうな。使う気はないだろうが

18 :以上、自作自演でした。:03/10/06 21:47
「漆黒たる前奏曲」や「サークル・オブ・ザ・ムーン」をはじめとする
なかったことにされた作品についてどう思いますか?

19 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 22:39
>18
漆黒たる前奏曲
ベルモンド家唯一の女性ヴァンパイアハンター、ソニア・ベルモンドが
魔の力によって覚醒したドラキュラを、その息子であるアルカードと共に封印した
サークルオブザムーン
ヴァンパイアハンター、ネイサン・グレーブスと、その師匠であるモーリスとその息子ヒューが
復活したドラキュラを封印した…
何故、歴史から抹消されているのか、わからないな…
もちろん、この場ではなかった事になどしない。
いつか、この歴史の人物にも巡り合ってみたいものだが

20 :以上、自作自演でした。:03/10/06 22:42
ソニアがヴァンパイヤーハンターの始祖と言う設定が邪魔になったんでしょうか?

21 :以上、自作自演でした。:03/10/06 22:59
蒼真たん ハアハア
声がエロすぎでつ。甘い言葉で誘惑してクダサイ


アト ユリウスモードがクリア出来ません
エンディングってどんなんですか?

22 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 23:26
>20
邪魔になったのか…間違っていたのか
ヴァンパイアハンターの始祖は、およそ1000年前のレオン・ベルモンドという人間、
(ベルモンドと言うことは、ユリウスの先祖なのだろう)彼であると聞いたことがある
レオンの存在を確立するためなのか、女性のベルモンドは存在してはならないのか
…わからないな。今となっては

23 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/06 23:41
>21
無駄っ!
上等!
漲る…!
こんな所かな…俺のエロイ声をあげるなら
ユリウスでクリアできないのか…?
ボスが強くて倒せないのか
先に進めないのかはわからないが…
とにかく、エンディングらしいエンディングはない
グラハムを倒したら、その場で終わりだ
…と、何かの本で読んだ気がする

24 :以上、自作自演でした。:03/10/07 06:10
また〜り進行で住みやすいなここ(w


自分の一番かっこいい技はなんですか?
…それこそ、浸っちゃうくらいの。

25 :有角幻也:03/10/07 10:24
蒼真、少し邪魔するぞ。

>20
レオンのこともあるが、それ以上に不都合が多過ぎるからだ。
ソニア・ベルモンドは伝説となっているらしいが、伝説となるまでの期間が極めて短い。
また、彼女とアルカードの関係もあると…マリア・ラーネッドを含めれば尚のこと…
なにかと厄介になってくる。ベルモンドこそがドラキュラの子孫ともなりかねんからな。
また、アルカードにとってベルモンドとはラルフを意味するのだが、それでは上記と矛盾する。
それと、ヴァンパイアハンターの始祖も初期はクリストファーとされていたのもある。
ソニア、或いはアルカードの他にもドラキュラの復活だ。
基本は100年に1度である筈が何度も覆ってしまっている。例外の一言で片付く数ではない。
…ついにはその設定すら葬り去ろうとしたくらいだ。

雑な部分もあるが、主だった問題を挙げればこんなところになるだろう。
…悪魔城すぺしゃるが消え去ったことは私…いや、アルカードにとって実に好都合だがな。

26 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/07 11:38
>24
俺は有角と違って、耽美派ってわけじゃないからな…
正直、浸るほど華麗な技ってのは、持っていない。
あえて選ぶとしたら、やっぱバロールのソウルかな?
炎を纏いつつ一撃をぶちこむっていうのは、浸るってのとは違うけど、中々気分がいい。
実用性は少ないけどな。実用性だけで言えばレッドミノタウロスしかないけど、あれはどうも…ね
大人しく、剣でも振るってた方がいいのかもしれない。結局は

>25 有角
あぁ、有角…
な、何だよ。やたら詳しい…博識ぶりは相変らずだな…?
しかし、100年に1度ったってさ、それって結局人間が勝手にそう思い込んでるだけだろ?
別に俺がドラキュラだからって自慢するわけじゃないけどさ、人間の想像以上の覚醒を見せたっておかしくないんじゃないか?
しかし、説得力はあるな…特に「ソニア・ベルモンドは伝説となっているらしいが、伝説となるまでの期間が極めて短い」っていうとこさ
恥かしい事に、俺はただ「さすがだな…」と流し読みしてたけど。
ところで、マリア・ラーネッドって…確かリヒター・ベルモンドの関係者だったよな?
ソニアさんと、その人が、何か関係あるってことか?
まぁそれは兎も角、また来てくれ。
あんただからって事もあるけど、正直一人じゃ心細いからな…

27 :以上、自作自演でした。:03/10/07 13:31
蒼真たんの「近づきにくい雰囲気」ってそのコートのせいだと思う。
んなもん着られたらちょっとキツイ。
それともそういうのが流行ってるんですか?

28 :以上、自作自演でした。:03/10/07 15:10
最強のヴァンパイアハンターは誰ですか?

29 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/07 20:21
私信で申し訳ないんだが
誰か昔あった悪魔城スレの過去ログの場所を知らないか?

>27
コートは関係ない…はずだ。
このコートには理由…弥那があの格好だからな、半ば仮面舞踏会のような気分だったんだよ
常日頃からああ言うファッションで街中歩いているわけじゃないさ
最も、ファッションセンスが独特とはたまに言われるけどね
これも俺の中のドラキュラが無意識のうちに選んでいたのかもしれないな。今考えると

>28
俺の知り合いでは、ユリウスということになる。
俺、戦った相手の詳細を書き記す図鑑を持っているんだけど、
そこの112ページにある、ユリウスの紹介文にも
「記憶を取り戻した、最強のヴァンパイアハンター」
って記されているしな。
もちろん、俺が戦った中でだから、戦っていないベルモンドの人間でなら
ユリウス以上の力を持つヴァンパイアハンターもいるかもしれない

30 :以上、自作自演でした。:03/10/07 23:34
不老不死ですか?

31 :以上、自作自演でした。:03/10/08 04:00
グラハムはあれでもただの人間?

32 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/08 14:26
>30
不老不死…俺が?
冗談だろ?俺の体に残っているのは支配の力だけ
他は今も昔も変わらない、人間のままさ
今の所は、体に異常はないみたいだしな

>31
あぁ、あんたの言う通り
非常に優れた魔力を持っていたとは言え、ただの人間だったんだ
最もドラキュラだって、魔の力を手に入れるまでは
俺やグラハムと同じ、ただの人間だったはずだけどな
真に恐ろしいのは、ドラキュラではなく誰もがドラキュラのような存在になりえる人間のほうなのかもしれない

33 :以上、自作自演でした。:03/10/09 03:07
普通の人間として生きていくのですか?

34 :以上、自作自演でした。:03/10/09 17:09
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1026976441/
html化はまだみたいですが

35 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/09 20:08
>33
一応は、そのつもりだ。いけないか?
ただ、まっとうな人間として生きていくのは、少しばかり難しいかもしれないな
しかし、裏の世界で生活すると言うのも…な。弥那を巻き込むわけにもいかないし
いっそのこと、宗教でも…いや、これではグラハムと変わりない
難しいな。本当に。無我夢中で戦っていた方が、まだ気が楽だったかもしれない

>34
ありがとう
html化されてないという事は、意外に最近のものなのか…
後でゆっくりと読む事にしようかな?

36 :以上、自作自演でした。:03/10/09 21:26
一番好きな武器は?

37 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/09 22:09
>36
威力重視ならクラウ・ソラス
速度重視ならヴァルマンウェ
射程重視ならポジトロンライフルなんだけど
レベルの低いうちはクラウ・ソラス
攻撃力が上がって来たらヴァルマンウェかな?

38 :以上、自作自演でした。:03/10/09 22:17
どの辺がかっこ良くなったの?

39 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/10 00:31
>38
見た目も、中身も、微妙に男前になったような気がしないか?
ドラキュラ覚醒時の顔ではないからな
あれはかっこいいとは自分でも思わないな…ただ、怖いだけだ。
でも、そんな俺を恐れずに応援してくれた人もいるわけだから、そんなに悪いものでもないのかもしれない

40 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:29
にんにく苦手ですか?

41 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:31
小島文美さん以外がイラスト描くんだとしたら誰がいいですか?

42 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:33
ソニンてどうよ。

43 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:34
ムチアクションゲームという素っ頓狂なカテゴライズをどう思いますか

44 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:36
もうアルカードたんは出てこないんですかね、(´・ω・`)ショボーン

45 :以上、自作自演でした。:03/10/10 01:40
銀髪の人多いですよね、何で?

46 :有角幻也:03/10/10 20:19
>26 蒼真
ではもう暫く付き合うとするか。

「ドラキュラは人間の想像を超える」か…フッ…成程な。
その回答がお前の口から告げられていたならば苦情が舞い込むこともなかったかもしれんな。
お前ならでは…お前でしか言えない…いや、なかなか面白い意見だ。
それはお前の中の何が言わせたものなのか…興味深い。

マリアはお前の言う通りにリヒターの関係者、彼の義理の妹に当たる。
マリアとソニアに直接的接点は無い…時代からして当然だが…。
しかし、アルカードを媒介した場合に話は変わってくる。
寿命を持たないアルカードにとって問題無いといえなくないことなのだが……。
…故あって詳細を述べたくはない。この程度にさせてもらおう。
お前はヨーコのようにしつこく問い詰めてきたりはしないだろうな?

47 :有角幻也:03/10/10 20:23
>28
新たなベルモンドが出る度にその言葉が付けられる傾向があるからな。
無論、最強とは塗り替えられる宿命にあるもの。
そしてその座の移り変わりの速さは即ちベルモンド家の鍛錬がいかなるものかの証でもある。
…とはいえあまりに頻繁だとその有難味が薄れて見えるかもしれんな。

度重なるドラキュラの野望を常に打ち砕いてきた彼らに優劣など私は無意味だと思うが…。
……ただし一部では、歴代全てのベルモンドが束になってしてもマリアに勝つことはできない、そう囁かれているらしいな…。

>31
あれだけのことをやってしまえば若干信じ難いかもしれんが奴も所詮は人間に過ぎん。
偶然にも奴は類稀なる力を持って、偶然にもドラキュラ…ヴラドの滅びと時を同じくして生まれた。
想えば偶然こそが奴の不幸だったのかもしれん。
ごく普通の人間として生を受けてさえいればあんな妄執に凝り固まることもなかっただろう。
力はあるだけではその者を幸福にはしないものだ…。

48 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/10 21:07
>40
いや、別に苦手じゃないけどな…
そもそもなんでドラキュラが葫如きを恐れるか、むしろ知りたいところなんだけどな
まぁ、理由があるとすれば、葫ってエネルギー補給に役立つっていわれてるじゃないか?
つまり、人間の生体エネルギーを増幅させる力…つーか、栄養?
兎に角、そういった類のものがドラキュラの魔のエネルギーを抑えこむ力があるんじゃないかなって
例によって妄想なんだけど、許してくれ

>41
過去のドラキュラファンを失望させるかもしれないが
あえて耽美系で決めてみたい
てなわけで、小林智美に一票
筋肉モリモリの俺が出た所で、人気急降下だと思うしな…

>42
ソニン…ソニン…ソニア?
まさか、ソニアに対する罪滅ぼしのつもりか?
だとしたら、あえて言っておく
思いきり逆効果だと、声を大にしてな

49 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/10 21:08
>43
俺は鞭はつかっていないが…
吸血鬼退治に鞭をつかう、という考えを最初に思いついた人のセンスは評価したい
普通なら、よく言われるように「剣と魔法の何とか」とか言うキャッチフレーズがつくだけだったろうし
しかし、ベルモンド一族がつかう鞭は数種類あるのか?
ユリウスは「ヴァンパイアキラー」と呼んでいたが

>44
アルカード…
文献に登場したのは三回だったか?
まず、1450年のソニア・ベルモンドの戦い
次に、1476年のラルフ・ベルモンドの戦い
最後に、1797年のリヒター・ベルモンドの反乱
この年を最後に、何処とかへと姿を消してしまったらしいが…
俺には、また世界にドラキュラの手が伸びた時、現れるような気がしてならない

>45
俺、アルカード、ジュスト・ベルモンド、コーネルの四人か…
銀はドラキュラを現すものかとも思ったが、どうやら違うらしいな
だとすると…魔性の力を持つもの
これが銀の髪を得る条件なのかもしれないな
一説によると、ジュスト・ベルモンドは、ヴェルナンデスの力を色濃く受け継いでいるらしい。
ここら辺に、その謎を解き明かす鍵が含まれているのかもしれない。ジュストに関してはの話だけど

>46 有角
頼んだとは言え、悪いな。俺のために
最も、結果論だけど、俺もあんたのためにドラキュラ封印して…
いや、冗談だよ。睨むなって!
少しは愛想よくしろよな…全く

50 :有角幻也:03/10/11 10:26
>36
亡き母の数少ない形見である剣だ。
剣を振ることがなくなったとしても、そんな事は関係無い。
…母が…あの母でなければきっと私は……。
…なんだ?私に剣とは意外な組み合わせか?…かもしれんが気にするな。

>41
同じコナミから耽美を題材にしたゲームのデザイナーを手掛けているということで由貴香織里を。
印象に大きなズレを生じさせはしないと思うが。
蒼真は「月下〜」以前のファンを気に懸けているようだが、
「小島文美さん以外がイラスト描くんだとしたら誰がいいですか?」というのが問いだ。
よって私は彼女の務めた作品のみを考慮すると、そう解釈させてもらった。

>42
彼女自身にはどうという感想を特別抱いてはいない。
ただ、彼女を通して見る次作となると別だ。
CMに用いられる主題歌と台詞、「怒涛の鞭攻め」。
どうやら従来までとはかなり毛色の異なる作品となりそうだな。
…受ける印象だけで言うと…第一印象だけでものを言うのは危険だが…
他社のスタイリッシュハイアクションに近くなりそうに思えたな。

51 :有角幻也:03/10/11 10:27
>43
随分と変わったところに目を付けたものだと思っている。
おそらくは何かと制限の多い時代に他と差別化を図ろうとした結果だろうが。
今回ジャンルにまで持ち上げるとなると鞭ならではの要素が多いと見なして構わないということだろうか。

>44
…残念がることはない、蒼真も言っているがアルカードの出現はドラキュラと共にある。
人の世にとって決して好ましいことは言えん。
……だが、母親を除く誰からもその誕生を祝福されなかった彼にそのような想いを抱くのか…。
…風変わりな……。…いや、彼に代わって感謝の意を……。

52 :以上、自作自演でした。:03/10/12 00:43
君の世界の同級生はみんな君レベルの美形ばっかなの?
女の子も?

そんな世界ちょっとみてい見たいかも(w

53 :以上、自作自演でした。:03/10/13 00:42
有角さん その名前は誰がつけたんですか?なんか変だと思いませんか?

54 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/13 03:25
>52
それはつまり、弥那に惚れたって事か?
だとしたら、悪いが先約がいるんでな。誰だって?鈍いな…まぁいいか
ていうか、皆が皆俺みたいな顔なわけないだろ?
俺みたいな顔が、将来ハマーになったりしたら、絶望も絶望
混沌が存在してたなら即座に俺がドラキュラになってしまうかもしれないくらい、絶望すると思うんだけど

>53
いや、先に俺に聞けよ…
幻也より蒼真のほうが変…って、自分でいってちゃ世話ないけどさ
有角は結構その辺に転がって…もいないだろうけど、来須よりは…どうだろうな

55 :以上、自作自演でした。:03/10/13 20:57
なんか若い親がつけたみたいな名前だねー。
両親どんな人?

56 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/14 00:49
>55
親父は元軍人の息子なんだけど
前の事件の話をしたら、跳び上がったように驚いてたけど
もしかしたら、じいちゃんは悪魔城の戦いの生き残りだったり…とたまに思う
母さんはトランシルバニアって言う地方の教会で働いてた人なんだけど
馴れ初めとかは興味なかったからな。今度聞いてみるかな?

57 :有角幻也:03/10/14 16:14
>45
…身も蓋も無い言い方をすればデザイン上の都合。おそらくはそうだ。
キャラクターの差別化において頭髪というのは深い関りがある。
ジュストに対して「案外と軽い奴だな」そうは思わなかったか?
記号としての銀髪、それが何を示すのかお前は既に判っている。
だからこその違和感だ。

>49 蒼真
……お前に言われるとはな…フッ…。
「少しは愛想良く」と弥那の名前を挙げるまでもなく、
お前は何度、お前は何人にその台詞を言われてきたのだ?
もっとも、近頃は誰もが無意味さに気付いてきた頃か…違うか?

58 :以上、自作自演でした。:03/10/17 16:40
夢や希望もありゃしねぇ

59 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/17 22:22
>57 有角
俺は狙ってそうしてる訳じゃない。天然でこれだ。全く…
って、あんたも天然だったりしたら、嫁さん苦労するんじゃないか?
未婚だったら悪いけど…
その歳で、しかもその完璧な容姿だとしたら、その辺の若い女の子が放っておかないんじゃないか?
俺は逆に怖がられるだけだったりするんだけどな

>58
おいおい、甘ったれるなよな
何に対して夢も希望もないのかはわからないけど
むしろ、夢や希望を持ってる人間の方が希少だと俺は思う
それに、今、持ってなくったって、あることが切っ掛けで変わる事なんて、それこそよくある話だしな
というわけで、夢や希望を見つけるのに、人を巻きこむのは感心しないな
夢や希望をかなえるために巻きこむのなら、別に止めはしないけどさ

60 :DEATH:03/10/17 22:39
…ここは新たな主の城なのか…?
いや、それとは何かが違う…。この雰囲気…1740年の、あの時に感じた
違和感のそれとも違う…。この感覚は…現実には存在しない…?

ここは一体…なんなのだ…?

61 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/17 22:55
>60
(俺がその新しい主のはずだったんだけどな…)
死神か…ドラキュラ以外で、毎回姿を現すその皆勤ぶり、大したものだな…
いや、俺の場合、直接ドラキュラとは戦わなかったから、実質あんただけが皆勤賞かもしれない
時に、あんた、いつの時代が最も自分の力を出しきれたと思ってるんだ?
悪いけど、俺と戦った時のあんた、そこまで警戒するレベルでもなかったからさ

62 :以上、自作自演でした。:03/10/17 23:02
悪魔城って言ったら主人公は鞭でしょう!
何ですか、そのポジトロンライフルってのは!
お父さん許しませんよ!

63 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/17 23:10
>62
だからさ…俺に言うなって
鞭はユリウスに任せておくしかないだろう?
最も、ポジトロンライフルって、実際あの人と戦う時恐ろしく役立つんだけどね…
クラウ・ソラスが半減される以上、ヴァルマンウェかあれしか有効な手段がないんだよ
と、いうわけで、許してくれよ。親父?

64 :DEATH:03/10/17 23:51
>61
ねぎらいの言葉は受け取っておこう…。
私は…ラルフ…シモン…リヒター…この三人が印象に強い。
互いの力がぶつかり合う死闘…主には申し訳ないのだが…私は楽しかったぞ…。
…時に其の方とは…「久々に手強かった」という人間たちの囁きを…
聞く事もあるのだが…。
>62
私は幾百年もの間…この世界の歴史を主とともに見てきたが…
人間は知識を求める事に関しては…並の悪魔を遥かに凌駕する…。
その結果…そういう武器が現われる事に敬意を表したいほどだ…。
もっとも…相変わらず…魔の力を有効に扱える人間はごく少数だけのようだが…。

65 :以上、自作自演でした。:03/10/18 09:58
ttp://etc.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1064924982/l50

兄弟スレ?

66 :以上、自作自演でした。:03/10/18 13:22
あくまじょうどらきゅらくん。

67 :以上、自作自演でした。:03/10/18 14:00
城を勝手に私物化するジュストさんはおりませんか?

68 :以上、自作自演でした。:03/10/18 16:26
敵キャラ入れるとなるとスケルトンも皆勤に・・・

69 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/18 18:34
>65
ゴエモンか
一説によると、ユリウスの祖先、つまりベルモンド家の一人であるシモンがこのゴエモンと言う男と共闘したらしい
俺以前に、ベルモンドの一族と接触した日本人がいたとはな
しかし…ゴエモンっていうと、過去の時代暗躍していた大泥棒だろ?
ベルモンドの一族と因縁があるとは思えないんだが。不思議な事もあるものだな

>66
どらきゅらくんって、あんたな…
確かに俺、弥那やヨーコさんからは蒼真君って呼ばれてるけど、ドラキュラ君とは呼ばれた事はないぞ
もし俺が、完全なドラキュラになったら、そう呼ばれるって可能性は0ではないが
しかしな…悪いけど、少し考えづらいものがある

>67
城を私物化…?
また、随分と思いきった考えを持つ人だな。彼も
しかし、安息の場を得る、これは必要な事だと思う
俺の場合、どこもかしこも魔物だらけで、心の休まる時など一瞬もなかったからな

>68
いわれてみれば、確かにその通りかもしれないな
しかし、スケルトンは人骨を呪術によって活動可能にした存在の総称なのだから
いわば軍体といわけだろう?
皆勤とは少し違うような気がするんだけど…まぁ、大したことはないか
しかし、欲しかったな。レッドスケルトンや死門のソウル

70 :以上、自作自演でした。:03/10/18 18:51
ありゃ、しらん?
しらんかー、そうだよなー。

ちなみに正式名称は「悪魔城スペシャル ぼくドラキュラ君」かな。
人間(半分だけど)ってかわれば変わるもんよね。

71 :DEATH:03/10/18 21:50
>65
いや…そこは我の知るところではない…。
我が主の僕と、それに隷属する者に…かような人間などいるはずがない。
見当違いという事…。
>66
我が主をそのように呼ぶなど…お前は命が惜しくないのか?
…そういえば、あのガラモス…それに近い言葉を発していたような…。
主に従うそぶりを見せども…油断ならぬ奴…。
>67
ジュスト・ベルモンド…確かにあやつは、あろう事か主の城の一室を
己の物であるかのように乗っ取った…大胆な奴よ…。
だが…あそこに飾られていた装飾品は、どれも一級品…そういう意味では
主にふさわしい…故にあの部屋の件については不問とした…。
>68
あれら雑兵は…いざという時にはどうとでも使える…故にゾンビや半魚人と並んで
常に配置するようにはしている…。最も…ベルモンド相手に、未だ大きな効果を
上げた事がないのは…事実なのだが。
>70
…そのような名では…畏怖も何もあったものではないな…。
もっとも…我が主はただ1人…それは変わらないが…。

72 :以上、自作自演でした。:03/10/19 22:57
有角こない(´・ω・`)ショボーン

73 :以上、自作自演でした。:03/10/20 00:25
闘いの備えて厳しい修行を積んだりするものなの?

74 :ジュスト・ベルモンド ◆MkqbxlHt7s :03/10/20 11:57
ほう…なかなか良いスレだな…
よしっ!ここに今まで集めた家具を置かせてもらうとするか!!
       _____
     / ⊂ ⊃ . /|
テレーホ  | ̄ ̄ ̄ ̄|:::::|
     | (・∀・..) |:::::|
 テレーホ | ___  |:::::|
     | .|23:00| . |:::::|
     | .  ̄ ̄ . |/
      ̄ ̄ ̄ ̄
ジュスト・ベルモンドの家具収集その1

とあるAA職人の手によるジエン時計。
テレホタイムもこれでバッチリ!

75 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/20 15:22
>72
おいおい、そこまであからさまにしょげる事ないんじゃないか?
しかし、人気あるんだな。有角って
まぁ確かに、底知れぬ魔力と近づきがたい雰囲気とくれば、わからないでもないけどさ
その点だったら俺だって…やはりこの服装がまずいのか…?

>73
俺の場合、いきなりドラキュラ城に飛ばされたわけだからな
備えるも何もあったもんじゃない
もし、そうなる事がわかっていたとしても、力に目覚めてないうえに、ソウルも使えないんじゃ…
修行どころでもないと思う。決してサボってる訳ではないからな

>74 ジュスト
…何だこの置物
テレホって…確か20世紀末から21世紀初頭にかけて流行ったっていう…
それを示す家具が17世紀に存在しているなんて…
さすがドラキュラ城…と言うオチでいいのか、あるいは…
とにかく、ユリウスの祖先であるあんたの噂は聞いている。よろしく頼む

76 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/20 16:18
>70
文献には載っていないな…
そもそも、あのドラキュラが君づけされるような時代があったとは、とても考えにくいな
子供の頃はドラキュラも、普通の少年だった訳だしさ
しかし、何が理由であのような存在になってしまったのか、それだけは気になるな
根本から腐っていたとは考えられないからな。
かつては、俺やマルスのような人間だったんじゃないかって思っている

77 :DEATH:03/10/20 20:52
>72
有角…あやつは…いや、あの方と申した方がよろしいのだろうか…
いつか…我が主の城に…戻ってくると信じたいところ…。主とて…
知性も感情の欠片もない…低俗な怪物とは違うお方だということを…
気付いてはいるはず…。
>73
我ら魔の者は…生まれ持った力で地位が決まる…。人間どものように…
修業などという事をする者は…非常に珍しい…。
>74ジュスト・ベルモンド
お前は…またも…そのような振る舞いをするというのか…。
…しかし…これはまた見た事のないカラクリ…これが時計だというのか…。
…このような珍品は…飾るに相応しき物かもしれぬ…。

78 :有角幻也:03/10/21 04:09
>53
たしかに珍しい名前だとは思う。
だがしかし、私は名前というものに大した拘りを持たないものでな。
…名前とはその人物のアイデンティティの形成に大きな影響を与えると聞くが…
よってそうも気にしたことはなく、名付け親が誰なのかを調べたこともない。
あまり耳にしない名、その程度の認識だ。

>55
私の両親のことか?
…どちらも既に他界してから随分…父はそれでも往生するのに時間が要ったが…になるな…。
先に母について述べさせてもらおう…。
母は…そうだな、身内の自慢などとは思うが聖母のような母だった…。
少なくとも私にとってはそれくらいに救いとなった存在だ。
どれだけ控えめに表現しようともこれ以上は下がりはしない。私は母を誇りに思う…。
父は…父とは恥ずかしい話だが親子仲は決して良好とは言えないものだった…。
なにかと意見が合わないものでな、親子喧嘩の域をとうに出るくらいに争ったことも一度の経験に終わらない。
それでも…今をもって想えば私は父を…父も私を…そうも嫌ってはいなかったのかもしれんな……。

…いかんな、少々耽ってしまったか。

79 :有角幻也:03/10/21 04:42
>58
見つけ出せ、それでも無いのならば作り出せ。
世界への諦めなどというものはそう易々とできるものではない、して良いものではないと知れ。
絶望とは最後の最後となった時にすることを許されるかどうかのモノだ。
しかし、それでも尚、どうしても絶望しか道がないのであればこれだけは言っておく。
絶望の道連れを生み出すな。

>59 蒼真
私に妻はいない。諜報部員としてもその方が都合が良いしな。
また、仕事柄女性との出会いもそうはない。そういうわけだ。

…もっとも仮に……いや、なんでもない…。

80 :有角幻也:03/10/21 12:01
>60 DEATH
お前も来たか…。
いや、ここがドラキュラ城であることを思えばお前が居ることは至極当然なのかもしれんな。

お前の問いの件だが、ここは間違いなくドラキュラ城だ。…それでは答えになっていないか。
…そうだな、「宿命の無いドラキュラ城」とでもでは呼ぼうか。
蒼真は主であっても魔王ではなく、ベルモンドも背負う十字架を持たない。
私はそう見なしている。

>62
アレはあくまで隠し要素だと思うのだが…。
舞台を近未来に移したこともあるだろうしな。
しかし、ドラキュラが鞭を振うか。…意味深ともいえるな。

>65
同じコナミ作品といえばそういった関係と呼べなくもないな。
だが、幾分分類として大き過ぎるものではないか?
少なくとも関連スレとまではならない気がするな。
蒼真の言うようシモンとの共闘は確かにあったのだが……アレは……。

81 :以上、自作自演でした。:03/10/21 16:04
今日は利き手と反対の手でご飯食べてください。

82 :ジュスト・ベルモンド ◆MkqbxlHt7s :03/10/21 23:40
     /
   /\   __|
  /        |
           |
ジュスト・ベルモンドの家具収集その2
何故か悪魔城に落ちていた、使い込まれたdファー
装飾品として、武器マニアならニヤリ           

さて、家具を置いてばかりもいられんので、本分であるレスを返して行くとするか。

>72有角こない(´・ω・`)ショボーン
誰が来ないかは知らないが、そういう湿っぽい顔をするものではないな。
もし、その待ち人が君の顔を見たら…あまり良い気分はしないだろうからな。
出合った時、笑って出迎えてやれるように常に笑顔でいることだ。

>73闘いの備えて厳しい修行を積んだりするものなの?
もちろんだ。
ベルモンドには常にドラキュラの残した遺物との戦い、そして厳しい修行が待ち受けている。
俺もよく顔の濃い親友と一緒に修行した物だ。



83 :ジュスト・ベルモンド ◆MkqbxlHt7s :03/10/21 23:42
>来須蒼真
俺の子孫?・・・いや、ここ(悪魔城)の時間軸が極端に歪められた結果か・・・。
もしかすると、歴代のベルモンド達にも会えるかもしれないな。
(しかし、この青年の気配・・・気になるな)
まあ、こちらこそよろしく頼む。この城が消滅するその時までな。

>DEATH
むっ!この気配!!・・・しにがみか!
・・・性懲りも無く、再び俺の前に姿を見せるとはな。
目的は知らないが、貴様の思うようには運ばせん。
それと
貴様が何と言おうと・・・俺はここに家具を置くぞ!わかったか!!

>有角幻也
むっ!この気配…もしや、貴様はっ!
随分と珍しい、いや、この城で出会うならば何もおかしい事など無いか。
理由は良く知らないが、正体を隠しているらしいな。
お前がベルモンドを血で嗅ぎ分けたように・・・俺達もドラキュラの気配には敏感だからな。
この城で出会ったのも何かの縁だ。宜しく頼む。

>81 今日は利き手と反対の手でご飯食べてください。
別に問題は無い。
悪魔城特産の骨付き肉だしな。
こいつを食うのには、左右どちらであろうが難儀はしない。
・・・ただ、何時も思うのだが何の肉なのだろうな。祖父のシモンもそれが最後まで気になっていたようだ。


84 :DEATH:03/10/22 18:31
>80有角幻也
…! …なるほど…そういう事でございましたか…。宿命の無い…なるほど確かに
言い得て妙…。人間と諍う事の無きこの空間…いずれこの感覚にも
慣れましょうぞ…。
…長き年月を隔てた邂逅の場が…ここであったならば…。
>81
食事という食事はせぬ…。あえてそれと称するならば…魔の力の集う
この城にて…我が魔力を貯える事が食事か…。
もっとも…我が主の命あらば…茶の席に同席する事も…無きにしもあらず…。
>83ジュスト・ベルモンド
…私が動くは…ただ主のためにのみ…しかしここは…主とベルモンドの宿命も
無き場と聞く…。私は下賤な人間共や知性なき小鬼などでは無い…必要が無ければ
私はただ…ここを静観するのみ…。
…そしてまた…貴様はまたそのような物を…。…。その武器に残る魔力は…。
…とりあえず、ここは見逃すとしよう…。

85 :以上、自作自演でした。:03/10/23 09:54
ベルモンドってリヒターが最後じゃなかったっけ?

86 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/23 18:54
>81
わかった…何でもいいな?
それなら肉やメロンでも食べるさ
カレーは厳しいな。こういう類のものを食べるのが狙いだろうけどな
めんどくさいのでパス。フレッシュゴーレムのソウルをつけたとしてもな

>83
まさか、伝説上の人物と遭遇できるとはね
ユリウスと違って、随分若いみたいだけど、まぁ当然か
あんたの時代の文献によると、ヴァンパイアキラーに宝珠を装着する事ができるらしいな
ユリウスはやはり本気を出してはいなかったという事か、参ったね

>85
確かに、そのはずだったな
リヒター・ベルモンド…彼は自分の闘争本能を暗黒神官シャフトに極限まで引き出され、
再度ドラキュラと戦おうと復活を目論んだらしいが、アルカードの手によって失敗に終わっている
自分を取り戻し、自分の行動を恐れたリヒターは、ヴァンパイアキラーを分家であるモリス家に預けた…らしい
また、リヒターには、アネットと言う婚約者がいたらしいな
マリアの姉らしいが、マリアの様子から察するに、アネットは五年の間、ずっと待ちつづけていたはずだ
おそらく、モリス家が何かの理由で滅び、長らく平和に暮していたベルモンド家のユリウスが止む無く受け継いだんじゃないかな?
でなければ、ヴァンパイアキラーから力が失われる事を喜びはしないはずだからな

87 :DEATH:03/10/23 20:02
>85
主と我らにしてみれば…本家・分家の違いなど…何の違いがあろうか…。
ベルモンドの一族は…主と、我らが宿敵…。そのような些末な事を気にする…
人間の方が…不思議でならぬ…。

88 :以上、自作自演でした。:03/10/25 07:14
蒼真たんの後にドラキュラはないのかな?

89 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/25 18:41
>88
いないと思いたいな。少なくとも、俺が生きている間は平気なはずだ
しかし、気になるのは有角の言っていたあの言葉…
「神が善であるためには絶対悪が必要だ」
ドラキュラ以外の絶対悪なんて、俺には想像できないな。正直言うと

90 :DEATH:03/10/25 20:15
>88
主が完全に滅びたなど…あの方がそう簡単に倒れるなど…
私には…信じる事はできぬ…。だが…。

91 :以上、自作自演でした。:03/10/25 22:37
ところで、X月下でドラキュラは反省(?)したと思ったんだけど・・・
何故そのあとも復活してるんですか?

92 :以上、自作自演でした。:03/10/26 06:08
貴方にとってドラキュラとはなんですか?
いわゆる伯爵でも、力としてのドラキュラでもどちらでも構いません

93 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/26 21:26
>91
ある意味、俺…いや、奴は「自動的」な存在なんだろう
自らの手で蘇るのではない、欲深な人間の手によって蘇る
つまり、自分が間違っていたのか?と悩むやつをも蘇らせるほどに
人間のよくってのは際限がないって事なのかもしれない

>92
俺にとって…
わからないな。単に忌むべき存在でもないし
かといって、この力…そこまであって楽しいものとも思えないしな

94 :以上、自作自演でした。:03/10/26 22:16
自動的……君はブギーポップの噂を知ってるかい?

てか。

95 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/27 16:10
>94
ブギーポップ、今世紀初頭に流行った小説か、いくつか読んだことがある
確かに、似たような存在かもしれない…
しかし、ドラキュラは、まさしく「世界の敵」だな。それ故に滅ぼされ続けてきたのかもしれない
俺も世界の敵として処分される日が来るのかもしれないな
そう簡単にやられるつもりもないが

96 :DEATH:03/10/27 16:43
>91
主は…人間の業深き心が…時を経て満つる事により…その眠りから目覚める。
そして…それを手伝うのが…時に悪魔崇拝者であり…時に主の力を求める者であり…
いずれにしても…特に暗黒の要素を多分に含んだ者達。
主が…自ら目覚める事はまずない…目覚めさせられるのだ。
>92
主は…私の全てであり…私が全てを掛けて…お仕えする方。
それ以上に…何の理由が…必要だろうか。
>94
…それは…何の事だ? 私には…思い当たる節がないが…もしそれが…
主に関わる事であれば…知らぬままでは…いかないか。

97 :以上、自作自演でした。:03/10/27 19:24
むちむちぷりんぷりんなおねーさんはおすきですかぁ?

98 :以上、自作自演でした。:03/10/28 00:21
ホラー映画はすきですか?

99 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/28 01:09
>97
とーぜんだろ。俺はロリじゃない
弥那は貧乳だろ?などと言うツッコミはやめてくれ
好きか嫌いか?で答えると、好きだと言うだけだからな
弥那とサキュバス、どっちがムチムチかというなら、圧倒的にサキュバスだが、口に出してたまるか

>98
あの一件以来、嫌いになった
作りものだと言うことがわかると、それだけで完全に萎えてしまう
メリットがあるとすれば、弥那が怖がって俺に抱きついてくることくらいか?

100 :以上、自作自演でした。:03/10/28 01:35
(*´∀`)・・・・・ツウホウシマスタ



弥那さんに。

101 :以上、自作自演でした。:03/10/28 15:26
ポップンで悪魔城メドレー担当が某キャラだった事に一言。

102 :DEATH:03/10/28 18:32
>97
我らは…そうおいそれと劣情を抱くような…下等な魔族ではない。
そんなモノは…色魔…つまりインキュバスにでも…まかせておけばよい。
もっとも…色魔は…人間と関わり深い…面白い経歴の…持ち主でもあるのだが。
>98
人間は…恐怖の対象さえも…娯楽として昇華させる…その力は侮れぬ。
ただ…本質的なモノに…欠けているのは…作り物の所以たるところか。
たまに…そういう事に興味を持った下級魔族が…亡者を使ったり自ら出向いて…
人間を弄ぶ事も…あるらしいが…何が面白いのか…わからぬ。
>100
その判断は…正しい判断だ。今頃あの者も…いつも以上に顔を蒼くして…
慌てている姿が…容易に目に浮かぶ。…目などないだろう、と?
大きなお世話というもの…無粋な奴よ。
>101
…何の事か? 身に憶えのない話…コメントは…差し控えさせていただく。
私とて…知らぬ事はある。

103 :以上、自作自演でした。:03/10/28 22:48
得意攻撃はなんですか?

104 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/29 03:10
>100
お前か…お前かチクったの!どうしてくれるんだよ!
あれ以来弥那、事あるごとに「吸血鬼UZEEEE!」などと言ってくるんだけど
弥那も弥那だよ。そこまで気にすることかって言うんだよ…いや、悪い
愚痴になってしまったな。忘れてくれ

>101
悪い。某キャラって具体的に言ってくれないとわからない
多分シモンかアルカードだとは思うけどさ
まず、俺って事はないだろう。確実にな
ソニンだったら筐体に暴行加えるかもしれない。止めてくれ

>103
剣、槍、銃による攻撃、そして、魂を使役する力だ
この二つが俺の命を支えたと言っても、過言ではないと思う
ヴァンパイアハンターと違って、鞭は使えないな。恥かしいけど

105 :以上、自作自演でした。:03/10/29 18:55
最も好みのタイプに近い悪魔は?

106 :以上、自作自演でした。:03/10/29 19:41
蒼真さんって吸血鬼なの? ゲームやってないからよく知らないや。
でもそうなると歳のくいかたってどうなるの?
大人になるまでフツーに育つくせに老化しないって都合イイヨネ。

107 :以上、自作自演でした。:03/10/29 20:02
夜は調子がいいですか?

108 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/29 22:26
>105
レッドミノタウロス、シャドウナイトあたりかな?
レッドミノタウロスはソウルによる攻撃が魅力で、シャドウナイトは、その強さに見合う経験値を持っている
どちらも、俺にとってはある意味で貴重な魔物だったな。
逆に嫌いなのがアラストール。どうしても攻撃が見きれなくてな

>106
吸血鬼ではないと思いたいな…
正確には、ドラキュラの半身なんだけどな
魔力を受け継がなければ、ただの人間と大して変わらないはずだ
無論、歳も普通にとるため、そんな、都合のいい育ち方にはならない
安心してくれ

>107
俺の挑んだドラキュラ城は、日食の中だから常に夜だった
故に、朝と比べて調子がいいのかどうか、結局わからなかった
理論的には、暗黒の力を宿しているわけだから、夜の方が調子いいはずなんだけどな
運がよかったのかもしれないな。俺は

109 :以上、自作自演でした。:03/10/30 07:39
主ってことはプロセルピナにご奉仕してもらえるってことですか?
いいなぁ蒼真たん

110 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/10/30 15:05
>109
そうか?あんな掃除機振りまわす上に格闘マニアのプロセルピナだぞ
もちろん、奉仕してくれるのはありがたいが、所詮は高給目当てだろうしな
羨ましがられるほどの物でもないと思うが、どうかな?

111 :DEATH:03/10/30 18:57
>103
知れた事…この大鎌による…斬撃の他に…何がある。
小鎌を異次元より…無数に呼び出し…操るのも…常套手段。
鎌以外にも…僕を召喚したり…魔法による攻撃も扱う。
>105
好みなど…ない。それでも…あえて挙げるならば…
主に忠誠を誓い…志を共にする悪魔ならば…悪いようにはせぬ。
>107
白昼に活動する…特異な魔族はごく一部。
我ら魔族は…夜の闇こそが…蒼き空であり…月の…魔の宿る淡い光こそ…太陽。
黒き帳の落つる時…我らが同胞は…歓喜の声とともに…現世へ躍り出る。
>109
アレは…そのような事のために…いるのではない。
神の心より漏れ堕ちた負の影に…形を与え同胞としたモノ…。
その時に吹き込んだのは…奉仕ではなく城の守護…外敵の排除。
ゆえにアレらは…闘う事しか…心に無い。

112 :以上、自作自演でした。:03/10/30 19:06
サタンとかもいるの?

113 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/02 01:02
>112
サタン?いなかったな。そう言えば
もしかしたら、サタンとドラキュラは同一の存在だったのかもしれないな
俺、いや、奴にそれくらいの力量はあると、俺は踏んでいる
もちろん、実際に別の存在であれば、それほど厄介な事もないだろうが

114 :以上、自作自演でした。:03/11/02 01:30
ドラキュラはバラモスより強いの?
ゾーマとはどっちがつよいの?

115 :以上、自作自演でした。:03/11/02 09:20
ごめん蒼真たん。
近くでソニンのライブあったんだけど文句言いに行けなかったよ・・・

116 :DEATH:03/11/02 20:20
>112
サタン…魔王の1人か。あの者は…人間界には…それほど興味を示していないようだ。
だから…いままで…でてこなかったのだろう。
そういう者は…他にもいる…デビルなどがそうだ。
しかし…主の命令ぐらいは…遵守してほしいものだが。
>114
それは…何奴…? 聞かぬ名だ…新興の魔族か? それとも…いつかの狂信的な人間の類いか?
いかなる存在かは…私には分からぬ…使い魔を出して…探るか。
最低でも…主に関わる気があるのか…それだけは…知らねばなるまい。

117 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/02 20:57
>114
強さを形容するのって、意外と難しいんだよな
何を持ってそれを証明するか。ってさ
手っ取り早いのは実際に何度も戦ってみることなんだけど、
どうやら、俺もドラキュラも、そのバラモスとか、ゾーマっていうのとは戦えそうにないらしい
なもんで、悪いけど今はこの質問に答える事はできないな

>115
いや、無理はしないほうがいい
気持ちはわかるけど、一時の感情を破裂させて、取り返しの事態を引き起こしてしまってはどうにもならないからな
それより問題なのは、始祖の戦闘能力と、それを支えるものがどれだけ存在しているか、だな

118 :以上、自作自演でした。:03/11/02 21:20
(*´Д`)ノ<はーいはーい。じゃ弥那さんと蒼真さん、夜はどっちがつおいの?

119 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/02 22:45
>118
つおいって、さすがにそれは愚問だろう
ドラキュラの力の有無に関係なく、さすがに俺は女性に負けるほどのひ弱さは持っていないつもりだ
当然、朝も昼も夜もな

120 :以上、自作自演でした。:03/11/02 23:04
(*´∀`)ノ<蒼真さんのがグィグィ攻めるんですね。うひひ。

121 :DEATH:03/11/03 20:41
>118,>120
…人間に与するのも…妙な事だとは思うが…己の…身の安全を考えるならば…
早急に…この場を離れた方がいいだろう。私は…お前が憂き目に会おうとも…
一切感知はせぬ。

122 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/04 23:21
>120
グ、グイグイ?何を言ってるんだ?
俺が弥那に危害を加えるわけがないだろう?
闇に囚われていたら、弥那が最初に毒牙にかかっていたのかもしれないけどな
…でも、頼む。そんな事を、想像すらさせないでくれないか?

123 :以上、自作自演でした。:03/11/05 14:56
月下の夜想曲の逆さ城に出てきた、ガラモスとかいう雷を使う巨大なボスは
ドラキュラと対立関係にあるという噂です。

124 :以上、自作自演でした。:03/11/05 14:57
ところでドラキュラって何度倒されても絶対に蘇るんですか

125 :DEATH:03/11/05 17:24
>123
あれが主の城にいるのは…人間を敵とする目的が…道を重ねたからだ。
そうでもなければ…あのような輩が…主の城に居を構えるなど…許すはずもない。
人間界を統べるは…主をおいて他に無し…あれごときの…思うようにはさせぬ。
>124
今までは…あくまで人間界で手に入れた…かりそめの肉体を…滅ぼされたのみ…
時さえ満つれば…復活する事は…雑作もなかった。
だが…ついにあの時…真に滅ぼされてしまった。我が死神としての力の…
限界をもってしても…ついにお戻りには…なられなかった。
主に仕えて以来…いや…一生涯の不覚よ。

126 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/05 23:27
>123
ドラキュラと対立関係にある魔族、か。考えた事もなかったな
ドラキュラは、全てを支配する存在だと思っていたが、どうやら、そこまで上手くはいかないと言うことか。
しかし、何者だろうか?ドラキュラと対等の力を持つ存在とはな
DEATHなら何か知っているかもしれないが。アルカードもな

>124
いや、1999年の戦いで完全に滅んだはずだ
可能性があるとすれば、マルスや俺といった半身を誘導し、復活する方法しかないわけだ
しかし、マルスの時は時代が時代なだけに避けようがなかったが、
きっと今後は、俺のように、覚醒前に解決する可能性が高いんじゃないか?

127 :以上、自作自演でした。:03/11/06 15:46
今までのドラキュラシリーズの中で、どのドラキュラが一番強かったのだろうか
ドラキュラ伯爵が血のロンドで12歳の少女に負けるなどとは、考えたくはないものだが。

128 :以上、自作自演でした。:03/11/06 18:03
ドラキュラと言ったら、のみ男ですか。

129 :DEATH:03/11/06 19:00
>127
1797年の…あの時の主は…ベルモンドにすら見せた事の無い…
神々しきあの姿を…御披露なされた。だが…あの時の主は…
真に闘おうと…していなかったのだろうか…本来…あの姿であれば…
例えアルカ−ド様と言えど…。
>128
一理あると言えよう…あれは…如何様にも働く…良き僕よ。
だが…今ではそう呼ばれている…その名…なんでも…過去の名では…
今の人間の世界では…用いる事を…良しとされていないと聞く。
昔は…普通に使われていた…名であったのにな…せむし男。

130 :DEATH:03/11/06 19:07
>126蒼真
ガラモス…あれは…一万年計画で…こともあろうに…主の座を奪おうと…
魔界で暗躍する…非常に強力な魔族よ。雷の化身でもあるあやつは…
様々な形で雷を操り…圧倒的な力で敵をねじ伏せる。
その上頭も回る…侮れぬ奴よ。だが…私の目が黒い内は…あのような輩などが…
不届きな行動を…起こすような真似は…決して許さぬ。

131 :以上、自作自演でした。:03/11/08 19:06
デスの目って黒かったっけ?
つか目ってあったっけ?

132 :DEATH:03/11/08 20:26
>131
わざと言っておるのだろうが…あえて補足すると…これは慣用句というもの。
諺に…似たようなものだ。例えば…非常に忙しい状態を指して…猫の手も借りたい、と…
言う事はあるが…本当に猫の手を借りたところで…解決せぬ。
あざとい事を口にしても…己の痴態を晒すのみぞ。

133 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/09 02:22
>127
年齢関係なく力を持つものなど、珍しくもないさ
ただ、どのドラキュラにも、異形に変化できる能力が備わっているみたいだな
異形の姿は、時代毎に異なるらしいが、残念ながら、文献には詳しい事は記されていなかった
それより、俺もそんな異形に変化する運命だったとしたら、尚更受け入れたくないな

>128
のみ男、ヤツか。
しかし、ナイフを投げるだけでリーパーと、あまりに名前にギャップがありすぎる
これは出世なのか、それとも持って生まれた運命なのか?

>130
一万年?
たしか、ドラキュラが誕生してからまだ1000年と満たないはずだったけどな
ガラモスか。あるいは、俺の前に立ちふさがる事もあるかもしれないな
魔の心を失った俺こそ、倒すべき好機だと考える可能性は十分だ

134 :以上、自作自演でした。:03/11/09 10:32
シルヴァニアファミリー

135 :以上、自作自演でした。:03/11/09 16:12
今まで、ドラキュラシリーズは月下の夜想曲とぼくドラキュラくんしか
プレイしてなかったのでこれからファミコンの初代と
スーファミのダブルエックスを遊びます。

136 :以上、自作自演でした。:03/11/09 18:39
月下の夜想曲にいたオルロックって?

137 :以上、自作自演でした。:03/11/09 19:36
アルカードとかは吸血鬼の血を引いてるからいいが、
生身の人間にありながら魔界の生き物と戦い続けるベルモンド家ってスゲエな。

138 :以上、自作自演でした。:03/11/09 20:11
むちでぴしぱし。

139 :DEATH:03/11/09 20:31
>133蒼真
ガラモス自体は…古くより存在する。ただ…あやつは…主が力を手にしてから…
急激にその力を伸ばした…主の事が目障りだったのであろう。
だが…結局は主にはおろか…その御子息たるアルカ−ド様にまで破れる始末。
しばらくは…大きな行動は起こせまいて。
>134
シルヴァニア…ファミリー…? 聞く所によれば…人間どもは…主の城を…
悪魔の城…キャッスルヴァニアなどと呼んでいるようだが…それと関係あるものか?
…キャッスルヴァニア・ファミリー…か。確かに我らは…主の元に集う…
家族みたいなものとも…とれるやも知れぬ。
>135
…非常に…極端な過去であるな。そしてこれからも…過去の歴史を…
振り返ろうと言うのか。過去を知り…今に活かす…のかどうかは知らぬが…
心してかかることだ。生半可な…構えでは…命を落とすのみであろう。

140 :DEATH:03/11/09 20:31
>136
オルロック…彼は…主と同じ吸血鬼。我らに少し詳しい者であれば…
聞いた事のあるであろう…「ノスフェラトゥ」の…オルロック伯爵に…
深いつながりを…持つ者よ。
>137
ベルモンド一族…彼奴らとの因縁の始まりに…よもやアルカード様が…
関わっていようなどとは…私も思わなんだ。しかし…この形は…
主と…リサ様の…それと全く同じ…。血は…争えぬと言う事なのか。
>138
何故…彼奴らの武器が鞭なのか…未だに分かりかねる。鞭は…扱いも難しく…
致命傷を与える事の…できぬ武器…。もっとも…彼奴らの退魔の力は…
そんなコトとは関係なく…ダメージを与えてくるのだが。

141 :以上、自作自演でした。:03/11/09 21:02
135の者です。初代ドラキュラをやってみたのですが
せむし男とフランケンシュタインのコンビにいくらやっても
勝てませんでした。(なんでせむし男があんなに強いんだ………)

こんなんじゃ、デス様や伯爵様には到底勝てそうにありませんね

142 :以上、自作自演でした。:03/11/09 21:33
つかぶっちゃけアルカードさんは子供何人いるの?
そして何人の女とやっ(ry

143 :有角幻也:03/11/09 22:32
>66
…「ドラキュラの息子」を主人公とする「1万年後」、「ガラモス」に支配された世界を舞台とした作品のことか…。
言うまでもなくこれだけ記号が揃うとなると取り出される事柄といえば……。
………私からは何も語りたくないな…。
お前の想像に任せよう……。答えは1万年…時が授けてくれるだろう……。
……私はあまり待ち望みはしないがな。

>68
コウモリなどもそうなるだろうな。
他にはゾンビ…忘れてはならないところでアックスアーマーの存在が挙げられるか。
しかし、常に上位の魔として居続ける者は主であるヴラドを除けば死神以外にはいまい。
ベルモンドの隠れた宿命に位置付けられる者かもしれんな。

>70
正確には「すぺしゃる」、平仮名表記だ。蛇足だがな。
すまないがあの作品について私は……。

>72
それは悪かったな。なにかと都合が取り辛い身だ。許してくれ。
弥那かヨーコでもいれば言伝くらいは頼めたのだろうが…。

144 :有角幻也:03/11/10 13:39
>77 DEATH
無論だ。だが、ち…ヴラドはあまりに諦め過ぎている。
そしてそれが母……リサに悲しみを与えるだけ…
そうであっても尚彼女はヴラドを見捨てはしないだろうが…それに気付くことなく…。
愛の意味を取り違い、愛を見失ったヴラドは……見るに忍びない……。

>81
カレーやピザならば特別苦労することもあるまい。
ココナッツミルクを入れていたりニューヨークスタイルだったりとなかなか小粋な品だ。
ワインを飲むにも支障はなく、食後に点心を楽しむことも可能だな。
…流石に食い合わせに難が生じるところだが。

…しかし、お食事券とデュプリケーター…ベルゼブブのかくやの罪かもしれんな、アレは……。

>83 ジュスト・ベルモンド
…貴様ベルモンドか。…闘いの運命からは解放されてもベルモンドはやはり来るか…。
…なんとも因果なものだ…。悪魔城を表す記号はほぼ揃ってしまったのだからな。
しかし、正体を隠すとは何を言いたいのか…心当たりがないな。
まぁいい…こちらこそ宜しく頼むところだ。

…この男随分と大器な…変に貴族趣向とでも言おうか……これも天才の由縁か…?

145 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/10 18:15
>134
ドラキュラ城の所在地は、かつてはトランシルヴァニアだったらしい
だから、その表現は間違いではないかもしれないな
しかし、あのドラキュラに、ファミリーなどという生易しい呼び名が似合うか、甚だ疑問だな
もちろん、アルカードという子供がいるのだから、真っ向から否定する事もできないのだが

>135
その二つは、難しい事で有名なはずだ
しかし、頑張ってくれ。ユリウスの祖先たちの戦い、俺も興味がある
また、暇があったら俺が出演している暁月の円舞曲もプレイして欲しい
月下が好きなら、絶対にオススメできる一品だ

>136
ドラキュラの腹心の吸血鬼らしいな
俺は戦ったことがないから、どのような能力を保持しているのかは知らないが
DEATHの言う事を信じる他ないみたいだな
ソウルの効果も知りたかったが、さすがに無理だろうな。残念だ

146 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/10 18:16
>137
ベルモンドのルーツが不明だから何とも言えないが
類稀なる「聖」の力を持っている事は、ユリウスと戦った俺が知っている
ヤツらの力の源は俺にもわからなかった。おそらく、ドラキュラにもな
その秘密を解き明かす文献が、そろそろ姿を現すそうだ
レオン・ベルモンド。ベルモンド最古のヴァンパイアハンターか

>138
冗談をやっているわけではないんだ
ヤツの鞭の一撃は、言い表せないダメージを全身に伝える
俺が暗黒の力をもっているからかもしれないが、数発食らっただけで、命まで削られるような、そんな感覚だった
いや、あの状態でなお、手加減されていたんだ。少なくとも「ぴしぱし」などという次元ではない

>139 DEATH
そうか。でかいのは態度と野望だけというわけだ
もちろん、アルカードの力を見くびっているわけではないが…
ベルモンド家の連中でも、十分に相手できるレベルみたいだな
とりあえず、安心したよ。大きな行動を起こせないなら、少なくとも俺は安心って事だろ?


147 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/10 18:16
>141
ベルモンド家といえど、敗れる事も多いときいた
しかしその度に奇跡の復活を果たすともな
ベルモンド家とは一体何だ?
神の気まぐれとしか表現できないな。ここまで行くと

>142
アルカードの子供、即ち、ドラキュラの孫というわけだろうが…
ドラキュラですら、心から愛した女性がいるんだ
ましてや人間のために戦うヤツなら、それこそ時代毎に新しい恋をしているとも考えられるな
今の時代でも…ひょっとしたら、あんたの恋人がアルカードだったりしてな

148 :DEATH:03/11/10 18:58
>141
あの二人は…屈指のタッグよ…好き放題に翻弄され…虚しく散るが宿命。
特に…あのせむし男は格別…何処でそんな力を身に付けたのか…彼は不死身だ。
だが…怯ませる事はできる…それができるかどうか…分かれ道となるだろう。
……何故…敵に塩などを…送っているのだ…私は?
>142
アルカ−ド様はかつて…主と同じく…人間の女を…見初められた事があられる。
だが…その相手が…いや…今のは聞かなかった事と。
とにかく…あのお方は…人間の軟弱な男などとは違い…情事に溺れているなどという事は…
有り得ぬ…性格はもとより…主の血を…ひいておられるのだから。

149 :DEATH:03/11/10 18:59
>144有角
私には…愛などというモノは…理解できませぬ故…また…主の私的な事に…
差し出がましい事が…できるような身分でもない故…主のお考えになる事は…
私には分かりませぬ。ただ…愚かなる人間どもとは違う…高貴たる主が…
お考えになる事に…間違いがあるなどとは…私には信じられませぬ。
…信じられませぬとも。
>146蒼真
彼奴は魔族…例えアルカード様に…滅ぼされようとも…何らかの方法で…
生き延びている…可能性は否定できぬ。あれから暫く…時は経っている。
その時は…我らに関わる者として…付け狙われるやも知れぬな。

150 :以上、自作自演でした。:03/11/11 02:38
保守

151 :以上、自作自演でした。:03/11/11 15:40
やっぱり2Dでしょ

152 :DEATH:03/11/11 20:39
>150
保守…大儀である…が…できる事ならば…質問などあれば…なおよい…。
その方が…対応もしやすい。
>151
評価は…各々によって…違うであろうが…私は…概ね意を同する。
主の城は…仇なす者を迎え討つ…城塞としての…役割のみならず…
主の気品を…如実に表わした…芸術としての…一面もある。
それを…忠実に再現できるのは…2Dの…描き込みの細かさや他に…あらず。

153 :以上、自作自演でした。:03/11/11 21:41
味噌汁には豆腐は欠かせないと思います

154 :以上、自作自演でした。:03/11/11 21:56
シャフトとデス様はどちらが上なんですか?

155 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/13 00:38
>150
ありがとう…と言いたいところだが
DEATHの言う通り、質問の方も用意してくれると有難かったかもしれないな
何せここでは、質問無しでは動くことすらできない。情けない事にな
頼む。ほんの小さなことでもいい。保守してくれておいてこんなことを頼むのは、本当は心苦しいんだけどね

>151
2Dとは、俺たちみたいな形式を好む、と言うことか?
確かに、リアリティばかりに動かされて、肝心なものを見失うことは昔から起こっていたと思うが
だからと言って、先に進むのを怖がっていても何にもならないんじゃないか?
とりあえず、実物を見てから、感想を述べるべきだと思うけど、どうかな?

>153
そうかな?俺はむしろ、ワカメが捨てがたいと思っているんだが
悪魔城に味噌汁はないけれど、実際、豆腐だけの味噌汁などが置いてあったら
即効でハマーに売りに逝こうと思っているくらいだ
あるいは、他に豆腐入りの味噌汁が好きな仲間でもいたら、安値で売りつけてもいいかもしれない

>154
どちらとも言えないんじゃないか?
何故なら、DEATHはドラキュラの腹心
シャフトはドラキュラに心酔している神官だろ?言わば協力者だ
この二人に上下関係を発生させるほど、ドラキュラも愚かな事はしないと思う
支配者としての器があるとすればの話だが

156 :以上、自作自演でした。:03/11/13 16:02
ベルモンド一族は全員Sだと思います
毎回鞭でしばかれてるドラキュラはMですね

157 :DEATH:03/11/13 18:32
>153
私は…人間の食物を…食べて生きているわけではない…故に…そのような事を…
聞かれても…私には分からぬ。人間の…食事を…嗜む事もある…主ならば…
あるいは…お分かりになるやもしれぬ。
>154
シャフト…あの暗黒神官の事か。あの者…過去の悪魔崇拝者などとは違い…
不穏な空気を…感じる。主の力を…私事に利用しようと…しているのではないかと…
感じられる事が…ある。どのような実績を持とうとも…所詮は人間…という事なのか。
>156
ベルモンドの…宿命とやらも…大儀な事よ…。過去が…過去とはいえ…
そんな宿命などに…縛られる事なく…平穏に暮らすという…選択肢も…
あっただろうに。

158 :以上、自作自演でした。:03/11/13 22:30
悪魔城に行きたいのですがどうやったらいけますか?
最寄駅等教えていただけると助かるのですが・・・・・
後近くにコンビニとかあります?

159 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/14 00:28
>156
鞭だからと、何故すぐにそういう方向に話を進めようとするのかね?
偶然、ベルモンドの武器が鞭だった。ヴァンパイアキラーというんだけどね
それだけで、SだのMだの、馬鹿馬鹿しいとは思わないか?
俺にいわせれば、ドラキュラこそSだよ。まともじゃない。アイツは

>157 DEATH
シャフトか…
聞いたところによると、ドラキュラは人間の手によって蘇るそうじゃないか
だとすれば、いたんじゃないか?シャフト以外にも、ドラキュラを復活させようとする人間が
その場合、あんたはどういう体勢を取るのか、少しだけ、興味があるな

>158
どうしても行きたければ、日食の夜、白馬神社に行ってみな
最寄駅は白馬駅、そのままだ
コンビニも確かあったはずだが、当然ドラキュラ城には行ってしまえば後戻りはできない
それくらい、覚悟しているんだろう?

160 :以上、自作自演でした。:03/11/15 16:22
三年ミルクってどれくらい不味いんですか?

161 :以上、自作自演でした。:03/11/15 16:48
悪魔城ドラキュラの世界の吸血鬼も、血が好物なんでせうか?
あと、デスは終始ドラキュラに付き従う存在って感じでかっこいい

162 :以上、自作自演でした。:03/11/15 19:18
世の中には飢えている人が大勢いるというのに
平気でカレーを投げ捨てるウェイタースケルトンについてどう思われますか?


悪魔城人事担当者はこんな不届き者を何で採用しているのか・・・・全く
お母さん許しませんよ!

163 :DEATH:03/11/15 21:28
>158
主の城に…来るだと? お前も…悪魔祓いの…類いなのか…それとも…
ただ単に…物好きなだけなのか? いずれにせよ…主の城は…闇の者達の…
聖域…人間などが…土足でこの城に…踏み込もうなど…愚の骨頂。
命は…無いと思え。
>159蒼真
過去には…純粋に…我ら魔族を崇める…悪魔崇拝者が…主を…甦らせた事もある。
彼らは…ただ主の復活のみを…求めていただけ…故に…私は特に…気を止めなかった。
だが…シャフトといい…グラハムといい…近世の者達は…どうにも…
信用ならざる…部分がある。ただ主を…崇めるだけではない…妙な意志を…
感じる事がある。故に…信用ならぬ…そういう相手の場合は…こちらも…
それなりの行動を…とらせてもらう事もある。

164 :DEATH:03/11/15 21:29
>160
…わざわざ…身の危険を冒して…そういう物に…手を出す…意図が…
私には…読めぬ。
>161
血を吸わずして…何が吸血鬼と…言えようか。もっとも…血を好む者は…
吸血鬼以外のも…多数いるが。
…それはそうと…私はただ…主に…絶対の忠誠を誓い…それに従い…
行動しているのみ…故に…主に終始付き添う事は…至極当然。
>162
下級の存在には…稀に…突然変異を起こす…者もいる。ただ単に…
スケルトンのみを…配置したつもりが…何らかの偶然で…化ける事は…
不思議ではない…故に…そのような文句を…持ち込まれても…対処いたしかねる。

165 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/16 00:37
>160
形容しろというのか?
あの、超絶、最強、地獄、熾烈…いや、そんなものじゃない!
形容させるな…あのHPが800も減る状態を形容させないでくれ
800だぞ800!普通なら即死だ。ユリウスでもな
しかし恐ろしいのはそんなものをわざわざ補完しているフレッシュゴーレムだ
そんなに置く前に飲め

>161
グラスに入れた血を啜るそうだ
何故凝固しないか。その秘密はグラスにあるのか、否か、定かではない
しかし、好物だということは間違いなさそうだ
それ以外、体が受けつけないのかもしれないが、生憎、そこまでは俺もわからない

>162
ウェイタースケルトンではなくスケルトンボーイなのだが、それ以外の部分には同意だな
しかし、食らってみるとわかるのだが、あれはカレーではない
当ってダメージを食らうカレーなど、聞いたことがないだろう
いくら高熱でも、骨より痛いということがあるか?
しかし、カレーでなくても教育には悪いな。というより、悪魔城に教育にいい者など一つとしてないわけだけど

>163 DEATH
確かに、グラハムやシャフトってヤツよりかは、あんたのほうが立派かもな
ドラキュラを守護するという、明確な目的があるからな
考えると、人間も少し性質が悪くなっていってるのかもな
俺も人間なんで、あまり悪くいいたくはないけどね

166 :以上、自作自演でした。:03/11/16 11:52
民主党が躍進なんて信じられないです。
そりゃ小泉改革は完璧に進んでたわけじゃないけど・・

株価が回復したり、それなりにうまくいってたのに



167 :以上、自作自演でした。:03/11/16 17:07
ソーマは無駄!だのオアラオラオラァ!だのポジトロンライフルだの、
某ジョジョや一時期人気だったあのアニメの影響を受け杉だと思います。

168 :モンスター:03/11/16 20:19
悪魔城で働きたいのですが、その場合の面接官はデス様がなさるのでしょうか。
それともそういった仕事は、メデューサとかの役目ですか?

169 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/17 01:36
>166
小泉…確か、21世紀初頭の総理大臣だったよな…?
違ったらごめん、現代史ってあまり得意じゃなくてさ
けど、株価が回復するほどということは、それなりに有能だったって事かな?
しかし、その小泉も民主党に抑えられると…諸行無常だな

>167
意識したつもりはないんだけど…俺はね
ファイナルガードのソウルは確かに攻撃を無効化するし
ポジトロンライフルだって落ちていたものを勝手に使わせてもらってるだけだからな
運命の悪戯って事で、納得してくれると嬉しいが、ダメか?

>168
メデューサと面接したら皆石になっちまうと思うけど、大丈夫なのか?
やっぱり、DEATHに任せた方がいいって
ていうか、悪魔城にたむろってるザコってあれ全部志願兵だったのか?
適当に住み付いて暴れてるだけだと思ったが、意外だったな

170 :以上、自作自演でした。:03/11/17 01:39
ベルモンド一族で一番の男前は誰だと思いますか?

171 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/17 01:50
>170
文献見た限りだと、絵師の問題があるからな。断言はできないんだが
多分、ジュスト・ベルモンドが一番の男前だと思う
レオンも捨てがたいんだけどね。でもやっぱり絵師の問題があるからな
しかし、シモンやラルフがジュストより男前とは、少し想像しにくいな

172 :以上、自作自演でした。:03/11/17 05:25
シモンとかラルフは、シルベスタ・スタローンとか
シュワルツェネッガーのイメージがある。

173 :以上、自作自演でした。:03/11/17 20:33
絵師が代わった途端に爽やか好青年風から耽美系に大変身した
某ヴァンパイアハンターに一言。

174 :以上、自作自演でした。:03/11/17 20:34
ついでに続編出た為に容姿が劇的に様変わりした
ドラキュラのご子息にも一言。


175 :DEATH:03/11/17 20:44
>165蒼真
私に言わせれば…あのような者の方が…まだ理解できる。
むしろ…あのベルモンド一族の…尋常ならざる…執念の方が…理解できぬ。
>166
話や察するに…人間の国の事だと思われるが…私には…興味はない。
だが…その者が…英知を備えた…支配者であったと…言うなれば…
おそらくは…配下に…恵まれなかったのかも…しれぬ。
>167
それが…どのようなもので…あろうと…我らを…脅かすもので…
ある事には…かわりない。その手段が…世を追う毎に…多彩になるのは…
人間どもも…進化していると…いう事なのか。

176 :DEATH:03/11/17 20:45
>168
ほう…珍しい者よ。主の噂を…何処より聞き付け…ここに来たのか?
この城に…関わる事は…主よりこの私が…全権を…任されている。
今は所用により…私は手が放せぬ故…そなたが望むよう…メデューサに…
主に忠誠を…誓う際の誓約を…執り行ってもらうとしよう。
>170
そんな事に…興味を持った事など…ない。そんな事を…気にしていられる程…
ベルモンド一族に…親しみを…持つはずもない…が。
>172
それは…何者かの…人間の名か? 私には…良く分からないが…しかし…
世を追う毎に…ベルモンド一族の…雰囲気が…変わっているのは…確かか。
もっとも…あの女ベルモンドは…その軸より…外れているとも…言えるが。

177 :DEATH:03/11/17 20:51
>173
…何者の…事だ? …。…青きべルモンド…リヒターの…事か?
いずれにせよ…憎きベルモンド一族の…者である事には…変わりない。
もっとも…よもやシャフトの…策にかかるとは…思わなかったが。
>174
アルカ−ド様は…お変わり無く息災で…しかしながら…やはり反抗的で…
うれしくもあったが…悲しくもあった。二度も…己の父親を…手をおかけになるなど…
罪深き事。私ごときが…申し上げるような事では…甚だございませぬが…
リサ様が…今でも御存命で…あられたならば…。

178 :以上、自作自演でした。:03/11/17 23:09
悪魔城にトイレはありますか?


179 :以上、自作自演でした。:03/11/17 23:38
バロールについて厚く語れや。

180 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/17 23:56
>172
なるほどね。というよりすまない。美形と男前は少し違うな
しかし、俺自身どちらかというと美形…自分で言うのもなんだがな
だから、俺の感性が知らず知らずのうちにそっちに移ってしまったのかもしれないな
もちろん、シモンやラルフもカッコイイとは思う。フォローのつもりではなくてね

>173
リヒターの事だな
俺は5年と言う月日と、悪魔城の魔力が彼をこんな姿に変貌させたと強引に解釈してるが…
それにしても変わり過ぎか。確かにね
しかし、マリアに比べたらまだ可愛い方だという意見も聞くな
いや、マリアが可愛いという意見じゃない。勘違いするな

>174
アルカードは、無理はないように思えるな
リヒターやマリアと違って、数百年の月日が流れているんだからな
髪の毛が伸びたのも数百年の月日が…もっとボウボウの気はするけど
吸血鬼と人間のハーフだから、ある部分で成長が止まるのかもしれないな

181 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/17 23:57
>175 DEATH
ベルモンドは、使命感じゃないか?
俺にとってはそっちの方がよほど納得できるんだけど
まぁ、死神であるあんたと、人間である俺だからな
考え方など違って当たり前なんだろう

>178
俺が行った悪魔城にはなかったけど、困る事はなかったな。別に
何故かそう言う問題には全く直面しなかった
偶然なのか、必然なのかは、俺に聞かれてもわからないが

>179
厚く?熱くだろうな。いや、突っ込む気はなかったんだけどさ
それはそうと、バロールか
インパクトがある敵だったな。何かにつけて
登場シーンからして、大蝙蝠を片手でグシャ!
攻撃事態は大した事はなかったな。引きつけてかわせば何て事はない
火の海も上手くジャンプすればかわせるしな。弱くはなかったが、苦戦もしなかった

182 :以上、自作自演でした。:03/11/18 23:53
ゲームとかする?


183 :以上、自作自演でした。:03/11/19 09:41
たまにはそちらから質問したらどうですか

184 :DEATH:03/11/19 18:28
>178
年月を…経ても…城の様式は…不変…故に…そのような物は…設けておらぬ。
そもそも…そのような物を…必要とする者が…それほどいるわけでもなく…
また…のみ男などに…城内の浄化を…命じている故…城は常に…清潔である。
>179
バロール…あやつは…死の魔眼の持ち主…加えて…あの巨体…あのような場所に…
閉じ込めたのも…それあっての事…下手を打てば…城そのものが…崩壊しかねる…
それだけは…防がねばならぬ。あやつに…もう少し…知性があったならば…
そんな事も…なかったのだが。

185 :DEATH:03/11/19 18:29
>180蒼真
使命感…分からなくもない…が…その使命感が…愚かな人間どもの…尻拭いで…
与えられた物だと…知らぬのか…知ろうとせぬのか。そして…元を辿れば…
その使命感が…醜く歪み…主のお怒りを…買う結果へ…至ったと…いうに。
>182
かつては…主のお誘いの元…興におつき合いする事も…あったが…
ベルモンド一族が…主と城を…付け狙うように…なってからは…そのような事も…
次第に…なくなっていった。それもこれも…下卑た人間どもが…
主のお怒りを…買ってからの事。
>183
質問を…私から…しろと…言うのか? 人間に…聞きたくなるような事など…
持ち合わせてはおらぬ。…。…それでもなお…問えと…言うのであれば…一つ問おう。
何故…私から見れば…その価値など…無きに等しい…人間などを…救わんと…
献身的に接した…リサ様を…魔女などと曰くを付け…命を奪った?
リサ様の…ためならばと…我が命の見立てを…取り下げた者も…いると言うに。

186 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/19 19:19
>182
たまにはね、学校帰りにゲーセン通ったりなんかして
一応、今でもコナミのゲームは置いてある
しかし、当然の如く昔の面影はない…と店員のおっさんが言ってた
昔はどんなゲームを売り出していたのか。さすがに30年近く前だから、どうしようもない

>183
では質問
俺が出てくる作品以外のモンスターで
ソウルにしてみたら面白いヤツっていないか?
…誰が答えるのかが少し気になるんだけど

>184 DEATH
それもそうだけど、自分にしかできない事って、何故かやりたくなるものなんだよ
それが人間なんだろうさ。多分な
だからこそ、あんたらには不可解な物なのかもしれない、酷な言い方だけど

187 :以上、自作自演でした。:03/11/19 19:32
今のゲームはどこのどんなハードがメイン?ヽ( ´ー`)ノ

188 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/19 20:52
>187
俺がいる舞台はGBA、値段もお手ごろで、ファミ通とやらにプラチナの称号を貰った事がある
しかし、あと約1週間で、ベルモンドの始祖と言われる「レオン・ベルモンド」が活躍する作品がPS2にて姿を現すわけ
しかし、当分は俺はそちらには手出しできないのでそれ系の質問は控えて欲しいかな
ドラキュラの体であるとは言え、金欠高校生なことにかわりはないんでね

189 :以上、自作自演でした。:03/11/19 22:21
ソウマさんとデス様の質問は↓の人が答えてくれます

190 :すけるトン:03/11/20 20:13
ん?

191 :以上、自作自演でした。:03/11/20 20:50
レッドスケルトンはある意味最強ですか?

192 :DEATH:03/11/20 22:03
>186蒼真
そうか…確かに…私には…理解できぬ…事のようだ。しかし…その理解できぬ…
事のために…永劫…邪魔をされ続けるのは…まったく…面白くない事よ。
>187
…? ハードとは…妙な言葉よ…それは…如何なる…遊戯か?
過去に…主のお誘いを…受けて…チェスなどを…おつき合いした事も…
あるが…今の世の…遊戯等は…詳しくは…知らぬ。
>189
そうか…だが…答えられぬのであれば…強制はせぬ。
むしろ…人間側としては…答えたくない…内容であろう。
>190
透けていても…魔力で分かる…お前の…存在はな。
して…何用か? わざわざ…ここまで…出向いてきたと…言う事は…
何かしらの…事情が…あるのだろう?
>191
レッドスケルトン…アレを成す…紅い骨は…数多の血を啜り…その呪が…
無限の魔力を…生み出し…永遠に…動き続ける。あれの動きを…完全に
止めたくば…生半可な干渉では…不可能…強力な儀式を…持ってせねば…
ならぬだろう。

193 :以上、自作自演でした。:03/11/20 22:05
DEATHさんよぅ〜
一回くらいはよぅ〜
…ナシで喋ってみろってんだよぅ〜
たのんますよぅ〜

194 :以上、自作自演でした。:03/11/22 14:04
無駄よ。

195 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/22 15:04
>189
そうか。それは楽しみだな
是非とも、参考になる答えを期待したいな。プレッシャーかかると思うけど
たまには誰かに答えてもらうって言うのも、悪くないな。いや、本当に
さて、誰が答えるのか…?

>190
え?あれ?何故半透明?
というより、質問は?答えは?え?
ま、まぁいいや。ははは…

>191
不死身と最強は全く違うだろう
いくらレッドスケルトンが不死身でも、俺に傷一つ負わせられないようではね
これで最強などを名乗ってもらったら、他の最強候補が激怒するに違いない
ただ、そんな最強候補が束になってかかっても絶対に死なないわけだけどね

>192 DEATH
それはお気の毒だけど…
生憎、こっちも人間としての存亡がかかってるからね
あんたらと違って、人間は一度滅んだら再生はできないんだ

>194
ん!?サキュバスか
俺の台詞をパクるな!全く、面白くない
…ま、俺もパクってないか?と聞かれると首を傾げざるを得ないんだけどね

196 :DEATH:03/11/23 22:19
>193
汝の言い分は分かる…だが…私はスラスラと流暢に…会話するという事は…
私の性分に合わぬのでな…しかし…私の声を聞くのならともかくとして…
文章ではそれが…非常に伝えにくい。故に私は苦心して…このような手段をとり…
お前達人間どもの…質問に答えているのだ。
>194
何をして「無駄」と…言われているのかが…分からぬ。もし主にお仕えする…
その行為が「無駄」だと言うのならば…例え何者であろうと…その命は
無いと思え。私は主に使えて今までの事…ただの一つも「無駄」だとは思っておらぬ。
>195蒼真
一度滅びれば二度とは再生できない…そのような脆弱な存在でありながら…
なぜ人間どもは…主という絶対君主を…認めようとしないのか。
服従さえ誓えば…下級の魔族として…今の肉体よりも遥かに長い…
寿命を得られるというに。

197 :以上、自作自演でした。:03/11/24 06:10
ドラキュラ伯爵が一番喜びそうな事ってなんだろうね?
アルカードが後を継いでやるとか言ったら喜ぶかね。

198 :以上、自作自演でした。:03/11/24 20:28
サキュバスはでてくるのにインキュバスはおらんの?

199 :以上、自作自演でした。:03/11/24 20:45
休日はどのように過ごしてますか



特にデス様

200 :DEATH:03/11/24 21:35
>197
主が喜びそうな事…それは主の望みが…果たされる事であろう。そのためならば…
私は力を…惜しむ事はせぬ。…アルカード様…主はお望みかもしれぬ…
だがしかし…あの方は二度と…我らの元に戻る事が…ないのではなかろうか。
あの方もまた…主に似て決意の堅い方…しかしながら…私としても…
アルカード様には…お戻りいただきたいのだが。
>198
インキュバスは…サキュバスと比べても…知名度が低い上に…ベルモンド一族の…
ほとんどが男であっては…何の役にも立たぬ。もっとも…ソニア・ベルモンドや…
ヴェルナンデスの手の者が相手ならば…あるいは効果があったかもしれぬ。
…いや…それでも奴らは…我らの事をよく知っている…役立たずか。
>199
我ら魔族に…人間どもの言う「休日」が…あると思うのか?
…侵入者のいない時であれば…私自らが城内に出向き…要所を守る者達より…
状況を聞き及ぶなど…城を守るための努力を…惜しまぬようにしている。
…時には…主の仰せのままに…興におつき合いする事も…あるが。

201 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/25 02:30
>196 DEATH
それは俺にもわからないな
けど、いきなり得たいの知れない連中に「今日から俺が一番だ」
とか言われるの、気分悪いだろ?
結局、意地の問題じゃないかな?

>197
俺はドラキュラの目的がわからないな
人間の滅亡?世界の崩壊?
そんな大味な計画しか思いつかない頭しか持ってないとは思えないんだけどな
しかし、ドラキュラが現世に舞い降りたら、それだけで目的が達成されかねない
それだけの力を、アイツは持っているんだ
それに、ヤツに喜びなんて感情があるとは思えないな
思い通りに行って当然、そんな気さえするよ
何も信じていないヤツほど、哀れで許せないヤツもいないな
孤独が力だと思ってるヤツには、俺は負けたくない

>198
いないみたいだな
少なくとも俺は戦った事はない
しかし、男の淫魔相手だったら、楽勝だよな
俺、男だから

>199
特に…?
まぁ一応俺も答えておこうかな?
いや、一高校生の休日になんて、興味はないか
そろそろ海外旅行でも行こうかなって思ってるんだけどさ

202 :DEATH:03/11/26 21:59
>201蒼真
意地か…。だが…得体の知れぬ連中など…この現世において…人間ほどその言葉が…
当てはまる存在はおらぬだろう…少なくとも私は…そう思う。

近頃は人間どもの…存在が少ない…主に恐れを成して…逃げ出したか?

203 :以上、自作自演でした。:03/11/27 14:29
PS2 「キャッスルヴァニア」発売記念に
何か一言お願いします

204 :DEATH:03/11/27 20:53
>203
…それは…知らなかった…私とした事が不覚…。
…原点…? 馬鹿な…ならばソニア・ベルモンド…あの女の事は…
いったいどうなると言うのだ…? なにより…主はどこにおられるのだ…?
彼奴は何者…主を差し置いて…不届きな。

205 :以上、自作自演でした。:03/11/28 22:09
アルカードが使える作品を教えて下さい

206 :DEATH:03/11/29 22:41
>205
アルカ−ド様が…主に向かってこられたのは…過去に2回。
15世紀…1797年…この2回において他にない。
だが…1400年代のソニア・ベルモンドと…2035年…主が完全に滅びてしまった後に…
アルカ−ド様がお見えになった事は…ある。

207 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/11/30 22:07
>203
主人公が無意味に凄いな
騎士団の団長とか、爵位を持つ貴族とか
俺なんかただの高校生だぞ。あまりに差別的だとは思わないか?
しかし、ユリウスの祖先らしいといえばらしいな

>205
DEATHの言う通り
悪魔城伝説と月下の夜想曲、この二つだ
暁月でも使えればいいのにという意見をたまに聞くが
残念ながら暁月にはアルカードは出てこない

208 :以上、自作自演でした。:03/12/01 18:23
ウソッ!月下でアルカードって使えるの!?

・・もしかしてマクシームのことですか?

209 :以上、自作自演でした。:03/12/01 19:06
>208
すいません。白夜と間違えてました。
ちょっとサキュバスに吸われてきます・・。

210 :DEATH:03/12/01 20:39
>208-209
マクシーム…ジュスト・ベルモンドの手の者か…そのような者もいたか。
だが…自らサキュバスに…戒めを受けようなどと…あからさまに卑しき心が…
あらわとなっている。サキュバスには…そのような者が出てきた際には…
弄ぶ事無く始末するよう…伝令を出しておこう。

211 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/03 00:58
新作の評判はまずまずか…

>208-209
確かにマクシームは剣を使う
しかし、精神を乗っ取られるようではアルカードとは言えないだろう
似たようなシチュエーションはあるのだけれどな
リヒターをアルカードが救うところだ

212 :以上、自作自演でした。:03/12/03 13:45
クリスマスはなにをして過ごす予定ですか

213 :以上、自作自演でした。:03/12/03 13:50
白馬町ってなんだか雪が降ってそうなイメージがあります

214 :DEATH:03/12/03 18:52
>212
魔族に人間の行事など…関係あるはずがあるまい…いつ如何なる時も…
ただ変わる事の無き日々…だが…各々の役割は忘れぬ…何者も…己の生に
疑いを持つ事なく…あり続ける。
>213
雪など…フローズンハーフにでも言えば…すぐにでも振らせてくれるだろう。
もっとも…あやつらはサキュバス以上に…好みの分別が激しい…
気に入られねば…お前の頭上に降るは…身を押し潰す氷塊であろう。

215 :以上、自作自演でした。:03/12/03 19:44
フローズンハーフ…


なんか、フローズンヨーグルト食べてみたくなりました。
ところでここは随分未来らしいですネ。
随分未来なここでは日本の総理大臣は誰っすか?

216 :以上、自作自演でした。:03/12/03 21:32

俺だよ。

スケルトンが時々自分の頭を投げるのはなんでですか?

217 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/03 23:45
>212
神社でクリスマスを過ごすっていうのも、悪くはないかな?
でも、神の怒りに触れたりしたらやばいな
もう、戦いに明け暮れる日々はさすがに嫌だからな
有角なんかに「またお前か」などと嫌味を言われるのは必定だろうし

>213
白馬スキー場はないけど、最近は雪も見られるようになったな
このコートが伊達じゃなくなってよかった。とりあえず
できればこんな寒い日は弥那を暖めて・・いや

>214-215
フローズンハーフって確かオカマだったよな
オカマの癖に好みにうるさいって、何て厚かましいヤツだ
まぁ、氷塊をぶつけられるのは真っ平なんで、形だけでも称えておくか

>215-216
こんばんは総理大臣
俺が世界を救ったとか言ったら、きっとアホ扱いされるのでいわないけど
スケルトンが頭を投げる理由は、「俺は頭がなくても動くぞ!」
などと言う下らない自己主張を目的として行われる行動らしい
スケルトンらしいというか、何と言うか・・・

218 :以上、自作自演でした。:03/12/04 17:01
ロックマンのシェードマンってどう思います?

219 :以上、自作自演でした。:03/12/04 19:35
歌を歌ってください。

220 :DEATH:03/12/04 20:16
>215
いずこの小国の支配者の事など…私は知らぬ…知ろうとも思わぬ。
その者が…べルモンドの血族であるというならば…話も違うが…
所詮は極東の島国…私達に刃向かおうなどと…夢にも思うまい。
>216
詳細は既に…述べられておるか…ならば答える必要もあるまいか。
たまに…己の頭を蹴り遊ぶ…スケルトンもいるようだが…あの者たちは…
本当は自分の無くした頭を…探しているというのは…本当なのか?
>217蒼真
…お前ならば…気に入られるだろう…そうそう氷塊を…ぶつけられる事もあるまい。
…アルカ−ド様の事が…お気に入りだったよう…故にだ。
>218
…何奴? そやつは…このような所で…名が挙がる事を見ると…力ある魔の者なのか?
よく聞き及ばぬが…その名は憶えておこう…いずれや主と…関わる事も
あるやもしれぬ。
>219
…歌は好かぬ…これといって知るわけでもない。…だが…リサ様が時折…
口ずさまれた歌…なんという歌かは知らぬが…それを聞く事はあった。
いずれも…主の為に…歌われたものではあったが。

221 :以上、自作自演でした。:03/12/04 21:50
デス様はどうやって宙に浮いておられるのでしょうか?


蒼真さんも考えて下さい

222 :以上、自作自演でした。:03/12/05 06:23
最近、ソバに卵を乗せた「月見そば」という東洋の料理がお気に入りです。
デス様とドラキュラ伯爵は通常の食物は摂取されるのでしょうか。

223 :DEATH:03/12/05 21:19
>221
私が宙を飛ぶ理由…? 人間とはつくづく…おかしな事を気にする…生き物よ。
私は…私自身の魔力を用いて…宙を飛んでいる…加えて…見れば分かるとおり…
さほど質量はない…故に大きな負担をかける事もない。
>222
食べようと思えば…食べられないわけではない…特に主は…リサ様の
お作りになる…人間の食物を口にする事もあった。もっとも…
それらを食べずとも…生きていく事は可能…何も食べなければ死んでしまうような…
人間などとは違う…そういう事だ。

224 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/05 22:28
>218
シェードマン?蝙蝠の機械か
確か、ある事をすると彼の住処で俺たちのシリーズとタメはる名作の曲が流れるらしいな
魔界村…とか言ったか
向こうは村、こっちは城、勝負は見えているな
そういう問題でもない気はするが

>219
歌?となれば、あのソウルの出番と言う事か
(セイレーンのソウル装着)
ララララララララララ
歌になってないという苦情はセイレーン本人に言ってくれないか?

>220 DEATH
いくら俺がドラキュラの生まれ変わりだからって、それは誉め過ぎじゃないか?
第一、俺には弥那がいるしな
それ以前にオカマに好かれるくらいだったら、氷塊食らった方がマシだって

>221
謎だよな
死に際もどこかに吸い込まれて行く有様だし、一体何なんだ
とりあえず、魔力で飛行してたなどと適当にごまかしてみるよ

>222
摂取する気はするな
でなければ、悪魔城にぶどうだのラーメンだの、カレーだの置いているわけはないからな
まさか、スケルトンやゾンビのためにわざわざ置いてあげているわけではないだろうし
ドラキュラが俺だとすれば、答えはYESだ
DEATHについては、本人に聞いてくれると助かる

225 :以上、自作自演でした。:03/12/07 16:15
吸血鬼からすると棺桶の中ってよく眠れるんですか?

226 :以上、自作自演でした。:03/12/07 16:37
自分の強さを分かりやすく表現してみてください。

227 :以上、自作自演でした。:03/12/07 20:17
2035年の流行語を教えて下さい





228 :DEATH:03/12/07 20:55
>224蒼真
そうか…フローズンハーフは気に入らぬか…お前が望むならば…
多少の口利きは…してやったのだが。もっとも…それはお前が…
憎きベルモンド一族の…血を継ぐ者でなく…また…今の所は…
休戦状況故の…特例措置であるわけだが。
>225
吸血鬼は基本的に…棺桶の中で眠らねば…己の力を回復する事が不可能…
故に…棺桶の中で眠る事は…必須である。だが…主ほどになれば…
必ずしもその必要はない…棺桶に入らずとも…休息をとる事は可能…
特に…棺桶の休息と言うのは…吸血鬼にとっての急所でもある…故に…
必要がなければ入らぬ…そういう事だ。
>226
私は…魔王の力を持つ主の側近…相応の力が無ければ勤まらぬ。
馬鹿力だけならば…私を上回る者もいるが…当然ながらそれだけでは勝てぬ…
仮にも「神」…それが私…その力を見くびってもらっては困る。
>227
流行語…? それは一体…何の事か? …その年に…最も流行したと…
認められた言葉…? …主や私には…全く関係のない事…興味も湧かぬ。

229 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/09 01:33
>225
理由はさっぱりわからないけど、吸血鬼ってのは太陽の光が苦手なんだ
棺桶は、寝ている最中、太陽光が自分の体を蝕まないためのバリアなんだろう
しかし、俺はドラキュラの体らしいけど、太陽の光なんて全く平気だ
ドラキュラが特別なのか、ドラキュラの魔力と意志が太陽の光を嫌っているのかはわからないけど

>226
魂を使役する闇の力
わかりやすく表現してみたけど、どうかな?
もう少し詳しい方がよかったかもしれないな。我ながら

>227
580ボルト
いや、これは2033年の大賞だったな
って、教えるの無理だ。まだ年末じゃないんだからな

>228 DEATH
それは怖いな。まぁ、俺が生きてる間に再戦って事はないだろうけどな
そもそもドラキュラは完全に滅んだんだろ?
いくら俺がいるからって、あんたらがまた悪さをしようとしているとは
いや、できるとは思えないな

230 :以上、自作自演でした。:03/12/09 03:59
夜に連なる全てを滅ぼす鞭だ!
神の力をもつ貴様とて、例外では無い!!

231 :DEATH:03/12/09 18:37
>229蒼真
…その通り…嘆かわしき事実だが…主は真に滅んでしまわれた。
私は主に従い…主の命により動く…故に…城も消え失せ…主の亡き今…
私が動く理由は無し。仇を取ろう等とは思わぬ…それを考えていたならば…
過去既に行っている…だがそれは無益…主は戻らぬのだから。
>230
その鞭で…お前達が「神」と崇めるモノを…打てばどうなるのだろうか。
この城に住まう者の中には…神の国より堕ちたる者も多くいる…
その者達に通用するという事は…「神」にも通用するのであろうな。
その鞭に打たれる「神」の姿も…見てみたいことよ。

232 :以上、自作自演でした。:03/12/09 21:20
布団が吹っ飛んだ?

233 :以上、自作自演でした。:03/12/10 06:00
完全に滅んだとしても、1%の可能性でも復活できる手段があるのであれば
数百年か数千年後には蘇るでしょう。伯爵様は。

234 :DEATH:03/12/10 19:36
>232
布団…寝具の事か。別に吹き飛んではいない…そもそも寝具の上で…
寝る事もない…必要ない事だからだ。いや…考えられる事は…
寝具にポルターガイストでも宿ったか…それならば可能性はあり得る…
その名の通り…いつの時代も騒がしいヤツよ。
>233
主は不滅…其れは過去より繰り返されている事…故に…確かに確認したと言えど…
何時かは…何時になるとも知れぬし…永遠に来ないかも知れぬ…だが…
主の復活を…待ってはいる。その時が満つれば…私は再び…主の元へと下る…
其れが私の使命…私の為すべき事。

235 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/10 20:39
>230
ヴァンパイアキラーの事か
あの鞭と実際に渡り合い、勝利したのは俺とアルカードだけらしいな
その上、アルカードは操りの根源を断ち切っただけだし
俺はあからさまに手加減されていたからな
ヴァルマンウェだろうがクラウ・ソラスだろうが、あの武器にかないはしない

>231 DEATH
ま、そう言うことだな
そろそろ新しい主を探すか、自分が主になるべきじゃないか?
俺にとっては頭痛の種だが
話は変わるが、ラスボス昇格って本当か?
いずれ確かめるつもりだが

>232
布団など、ベッドごと吹き飛ばす事すら造作もない
俺やベルモンドレベルの魔力があればな

>233
どうかな?
俺が思うに、俺の存在がその1%だったと思うけどな
俺や有角の活躍でその1%が握り潰された、と素直に認めるべきだな
仮に残っていたとしても、数千年後では、俺にできる事はない
新しい力を持つ者に任せるさ

236 :以上、自作自演でした。:03/12/10 22:52
新作のデス様は強すぎます。
ファミコン時代を除けば歴代最強なので、覚悟した方が良いかもしれません。

237 :ラルフ・ベルモンド:03/12/11 21:16
ファミコン時代を除けば……か。
確かに俺達と戦った時のDEATHの強さは常軌を逸していた。
そのDEATHとこのような場所で再び会えるとは思わなかったぞ。
そして、俺の知らない新たなる悪魔城の主よ。
君の生み出したこの空間、悪魔城にしてはずいぶんと穏やかだな。
こういう場所ならば俺もしばらく居させてもらいたいが構わないか?

238 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/11 21:44
>237
なるほどな。それは楽しみだ
俺が戦ったDEATHもそれなりだったが、パターンさえ見きれば敵ではなかったからね
よかったら、どのような攻撃をしてくるのか、簡単に俺たちに教えてくれないか?
ヒントが欲しいってわけじゃないけど、強さの秘密に興味があるから

>238 ラルフ・ベルモンド
ベルモンドと言うことは、あんたも、ユリウスの…
待ってくれ。俺は悪魔城の城主になったつもりはないよ
それはそうと、あんたはアルカードやヴェルナンデスと共に戦ったベルモンドらしいじゃないか
興味深いな。こちらこそ、よろしく頼むよ

239 :以上、自作自演でした。:03/12/11 22:56
新作のデス様は

1、近づいたら鎌を左右から振ってくる
2、鎌をぶん投げてくる
3、離れたら離れたで回避困難な追尾エネルギー弾を撃ってくる
4、手下を召還してくる(レオンをしつこく追っかけ回した挙句爆発する)
5、死の嵐(火の玉を降らしてくる、着弾時の衝撃波でもダメージ)
 を放ってくる

といった凶悪な技の数々を御披露して下さります
236さんを始め、多くの方々は3、5の攻撃がかわしにくい為
苦戦されているものと思われます

かく言う私も死の嵐連発で何度死んだことか・・・・

240 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/12 01:45
>238レス番号間違えてるな…
>237→>236
>238→>237

241 :DEATH:03/12/12 20:49
>235蒼真
私が城の主に…成り代われと言うのか…? 私はあくまで…主に付き従うが
さだめ…たとえ主亡き時も…それは不変…変わる事はない。私の手には…
この城はあまりに大きすぎる…不釣り合いなのだ。
して…その噂は真也。もっとも…何故そのような事になるかは…私の知る所ではない。
>236
そうだったか…だが…いつの時代も…手を抜いた憶えはないのだが…
何故そう思われるのか…私には理解ならぬ。特に…過去の方が強いと…
聞く事があるが…私の力が時と共に…衰えた憶えはないのだが。
>237ラルフ
お前は…事もあろうに…アルカ−ド様が与した…ベルモンドの者…!
…だが…私の主が亡き今…ベルモンドの者が…主の城にいるのは面白くないが…
お前と争う理由は持たぬ…ここにいる事を…止めはせぬ。
>239
確かに私は…魔術を操り…手下の者を操る事はある…それも私の力の一つ…
だが…この大鎌を振るい…小鎌を乱れ舞わせてこそ…私の本懐…可能ならば…
鎌の一閃にて…魂を狩りたいものよ。

242 :以上、自作自演でした。:03/12/12 22:15
月下の時はアルカードが強すぎたのだとおもふ。
ヴァルマンウェ持っていたら、デス様ほぼ秒殺だし。
特に霧は反則。

243 :ラルフ・ベルモンド:03/12/12 22:33
>238 蒼真
俺がドラキュラと戦った時には幸いにも目的を同じくする仲間がいた。
グラント・ダナスティ、サイファ・ヴェルナンデス、そしてアルカード。
それぞれの戦う理由や宿命は違えども、俺にとって大切な仲間であることに違いはない。
ただ、俺以外にもヴェルナンデスやアルカードと共に戦う者が現れるとは思わなかったがな。

>239
なるほど、さすがにDEATHの魔力は強大だな。
俺も何か強力な技か魔導器が欲しいものだ。

>241 DEATH
そうか、そう言ってもらえると助かる。
戦っていた時とは違って今は急ぐ必要はないからな。
とりあえずしばらくはゆっくりと悪魔城を散策でもさせてもらおう。

>242
アルカードが剣技を得意とすることは俺はまったく知らなかったが、
魔力の方は俺も強い力を感じた。あの時はまだその力を使いこなせなかったのだろうか?

244 :以上、自作自演でした。:03/12/13 13:25
落としたコンタクトレンズを
上手く見つけられる方法を教えて下さい。

245 :以上、自作自演でした。:03/12/13 17:19
ベルモンドの力は悪用できるんですか

246 :以上、自作自演でした。:03/12/13 17:49
月下の夜想曲でこっちが使えるようになった時のリヒターが
ベルモンド家で一番強い気がする。
聖水のアイテムクラッシュでボスもほとんど倒せるし

247 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/13 19:13
>239
なるほど。苦戦は免れそうにないな…
レオン・ベルモンドの能力にもよるとは思うけど
騎士でいて、さらにベルモンドの始祖である彼が苦戦するのだから、よほどのものなんだろうさ
俺と戦ってる時は鎌以外はエネルギーの柱しか繰り出して来なかったからな
しかも簡単に回避可能だったし

>241 DEATH
そうか、相変らず謙虚なヤツだな
しかし、あんたのような忠義心の塊って、俺の生きる時代には珍しいんじゃないか?
人間、魔族関係なく、さ
俺だって、ただ城から出るために戦っていただけだ。お世辞にも誉められた理由じゃないだろ?

>242
俺の時代にもヴァルマンウェはあったけど、攻撃力がほぼゼロだからな
バランスは取れていたんじゃないか?
アルカードの強さを改めて実感したというところか

>243 ラルフ・ベルモンド
だろうな。奇妙な縁を感じるよ
しかも、サイファってあんたの奥さんらしいじゃないか
てことは、アレか?ユリウスとヨーコさんって、遠縁の親戚っていうわけか
数百年前の因縁を親戚と片付けるのは少々不謹慎かもしれないけどさ

248 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/13 19:13
>244
物探しか。ピーピングアイのソウルが有効だな。さて…
ほら、見つけたよ。もう落すなよ
しかし、意外に日常生活でも使えるかもしれないな。この能力
普通の人間には使役できるわけはないから教える事はできないけどさ

>245
過去に悪用された例が二度あったな
一度は、クリストファーの息子、ソレイユがドラキュラに洗脳され、しもべとして戦わされた時
二度目は、かつてドラキュラを打ち滅ぼした英雄、リヒターの闘争本能を、
暗黒神官シャフトが増幅させ、闘争の相手としてドラキュラを蘇らせようとした時だ

>246
大した能力らしいな
しかし、俺のレッドミノタウロスのソウルも、聖水に並ぶ強力な武器だと思うけどな
MPを大量に消耗するのが難点だが、カオスリングさえあればカバーできるし

249 :有角幻也:03/12/13 20:06
…日を空け過ぎてしまったな…。
これでは蒼真にもDEATHにも顔が立たない
…それ以上にこの城を訪れる者には…とは思うが、比較的新しいものから答えさせてくれ。
…またどうやらラルフも来ているようだな…。まったくこれでは…。

>203
悪いが内容の方はまだ答えられない。
ただ、悪魔城シリーズの新作が登場したことは素直に喜びたい。
今回よりタイトルをキャッスルヴァニアと改めて…といった文句が気にはなるがな。
…またもシリーズを自ら闇に葬るつもりなどではないとは思うが…。

>205
DEATH、それに蒼真の答えている通りだ。
漆黒たる〜に登場はするがプレイヤーキャラとして用いることはできない。
…なに?ドラキュラくんだと?………知らんな…。

>212
…言われてみればそのような季節か。
いかんな、どうも時間の流れというものを私は軽視しがちな面がある…。
今のところ特別な用事などは入っていない、もしかしたらヨーコの誘いで教会に行くかもしれんな。
…決して神を信じないわけでは…いや、むしろだからかもしれんが、
どうにも私が出向くには不謹慎に思えて何度も断わり続けてきたのだが…。

250 :DEATH:03/12/13 23:46
>242
ヴァルマンウェ…恐るべき力を秘めたるモノよ…その切れ味だけならば…
使い魔の剣には劣るようだが…それを補い余りある力…まさしくアレこそが…
魔剣と呼ぶに相応しき剣よ。もっとも…そんな狂気の魔剣を…あのような者が…
所持していたのかは…疑問が残るところではあるが。
>243ラルフ
まずは探索か…そう言えば…過去では探索する暇もなく…まっすぐに我らの元へと…
突き進んできたな…それを考えると…べルモンド一族の間でも…大きな変化があったと…
呼べるのだろうか。
>244
私の力は…生死を司るもの…故に…お前の探し物などに付き合えば…
その対象物はすべからく滅ぶであろう…期待せぬ事だ。
>245
アレだけの大きな力…魔族以外にも通用する事だろう…加えて…
過去に実例がある…実正済と言うわけだ。こちらにとって最大の敵である存在を…
味方に取り込む…これほど面白い事はあるまいて。

251 :DEATH:03/12/13 23:47
>246
ベルモンド一族の力は…年を、世紀を追う毎に…強化されている…
それが如実となった存在が…あのリヒターであろう。もっとも…
吸血鬼にとって…一番驚異的な手段である…樫の木の杭を用いた者は…
シモン・ベルモンドしか記憶に無いのは…不思議な事よ。もっとも…彼奴も
攻撃手段として…使っていたわけでは無いのだが。
>247蒼真
私の主に対する忠義心は…一つに契約から来ているのもあるが…
主こそが私を使うべき存在…それを感じ取った故…主の下にいる。
主ほど…力と徳を同時に備えた存在を…私は他に知らぬ。
>249有角様
これはこれは…来ていただけるだけでも光栄…私めなど…あなたの足下にも
およびますまい。御謙遜為さらず…あまり無理は為さらぬよう…
レスを返していかれるが吉かと。

252 :ラルフ・ベルモンド:03/12/14 20:11
>244
落し物を見つけるいい方法か、
俺も落としたサブウェポンをその場で見つけるいい方法を知りたいな。

>245
俺は決して自らの意志でこの力を悪用したりはしない。だが、もしも誰かに
ベルモンドの力が悪用されればこの世界にとって大きな脅威となる。
それゆえに人々はベルモンドの力を恐れ、疎んじてきた。
俺もまたこの力を世に出さないよう身を隠していたのだが……。

>246
俺の力も当時は最強のヴァンパイアハンターと言われた程のものだが、
後の世においてベルモンドの力がさらに強大になったのは
やはりドラキュラとの因縁がそうさせたのだろうな。

253 :ラルフ・ベルモンド:03/12/14 20:17
>247 蒼真
人との出会いには様々な形があるが、ドラキュラと戦う宿命を通して
妻となる女性に出会うとは思いもよらなかった。これ以上の奇妙な縁はないだろう。
それでも、今まで一人で生きてきた俺にとっては過ぎた出会いだったと思う。
自分は一人でも生きられると思っていたが……違っていたな。

>249 有角
お前とは……再び会うことはないだろうと思っていたが、
争いの場所ではない今の悪魔城ならば別段不思議なことでもないか。
またいろいろと世話になるがよろしく頼む。

>250 DEATH
時代の流れとともに戦い方もその状況に応じて変わるものだろう。
それでも、ベルモンドとドラキュラが戦い続ける宿命そのものは不変だったようだ。

254 :有角幻也:03/12/15 11:19
>213
名前から来る印象だろうな、その他挙げるとすれば蒼真のあの服装か。
実際どの程度の降雪が望めるかは…天岩戸と深く結び付くとなれば場所の特定も…。
その辺り検討してみるのもいいだろうな。

>216
不死性の表れ、その他諸々だ。
お前はどう思う?奴等は一体どこでものを見、どこでものを考えると。
思考する知能がないというなら感じ取るとしてもいい。
反応しているのは疑う余地なく行われていよう。
頭部であっても頭脳ではない。そういうこともあり得るということだ。

>218
悪いな、シリーズの名を耳にしたことはあるがその名については皆無だ。
よって返答することはできん。
…しかし、名前から想像するに陰を操る…どのようなものなのだろうな。

>219
私に歌えと?半妖精から聴いた方がお前の耳にも良いだろうと思うが?
…もっとも、アレはそう滅多にその機会が訪れはしないものなのだがな。

255 :以上、自作自演でした。:03/12/15 16:06
自分が周囲と違うと感じるのはどんなときですか?

256 :DEATH:03/12/15 22:09
>253ラルフ
永きに渡り…この世界を見続けてはきたが…ベルモンド一族のみならず…
人間どもは大きく様変わりをしたな…今の時代の「銃」など…まかり間違い…
過去に持ち込もうものなら…おそらく妖術と思われるも…仕方ないだろう。
だが…主や私…魔族達はいっこうに変化がない…故に…時が過ぎようとも…
主とべルモンドの宿命も…変わらぬのやも知れぬ。
>255
先に述べたように…魔族は過去より今までに…ほとんど変化と言う変化はない…
その間で…私はただの一度も…私自身に違和感を覚えた事は無い。
ただ…あえて何かを…挙げるとするならば…主に対する絶対の忠誠心…
同じ魔族から見れば…不思議に思われるやも分からぬ。

257 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/16 21:46
>249 有角
何言ってるんだ。来てくれただけでも嬉しい…コホン
あんたがいた方が、女性ファンも喜ぶからな
これからも、たまには来てくれると嬉しい
もちろん女性ファンがな!

>251 DEATH
軍人もいいとこだな。あんた
あんたのような腹心がいれば、そりゃ気もでかくなるわけだよ。ドラキュラのヤツ
それでいて強いなんて、本気で羨ましいな

>253 ラルフ
俺も似たような物…だと思いたいな
あの後、あっさり弥那に振られてしまうと言う可能性も、俺の場合はあるからな
まぁ、あのEDでの寄り添いを見るに、大丈夫だとは思うけどな。ふふ

>255
3回あったな。俺の場合
まず、悪魔城に入った時
次に、自分の中に眠る闇の力に目覚めた時
最後に、俺がドラキュラだった事が判明した時だ
3回とも、俺の中の全てが崩れ落ちそうな衝撃だったよ。今は平気だけど

258 :以上、自作自演でした。:03/12/17 12:15
有角との事が済んだら全てを話す約束どうなりましたか?

259 :ラルフ・ベルモンド:03/12/17 21:46
>255
自分では周囲の人々と共に生きていたいと願っていても、
その人々がベルモンドの力を忌み嫌い、俺に関わらないようにしている時だな。
そして俺自身が人との関わりを断ってからは常に違いを感じるようになった。

>258
約束……か、一度交わした約束はめったなことでは破れない。
あの時、俺も約束した。必ずやドラキュラを倒すと。
俺の力を必要としている人々に、そして俺を信じてくれた仲間達に対してな。
苦しい戦いだったが、とにかくその約束を果たせて良かったと思っている。

260 :以上、自作自演でした。:03/12/17 22:23
悪魔城の良いところを語ってください



良いところなんてない、等の回答は減点の対象とします

261 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/18 02:24
>258
全てを話してもらう約束か?
話してもらう前に全てを理解したから、無効というところかな?
加えてるなら、話だけでは確実に否定してただろうさ
俺がドラキュラだった、などと、信じようとする気も起きないのが普通だろう

>260
悪魔城の経験のおかげで、俺の人生は大きく変わった
辛い事もあったけど、今考えるといい思い出だよ
少し漠然としてるかもしれないけど、俺の人生を変えてくれたこと、ていう返答でいいかな?

262 :以上、自作自演でした。:03/12/18 02:55
夜まで待てない・・・
をググルとドラキュラじゃない、なんか変な物がHITするんですが・・・。

しかし、蒼真君とユリウスの戦いは近年のドラキュラシリーズの中では屈指の名場面でしたな。
これがPS2だったら色々キャラも掘り下げられて旨味が増したんじゃ無いかなーと。


263 :DEATH:03/12/18 23:19
>257蒼真
軍人か…あながちその例えも…間違いではないか…私にしてみれば。
魔族の間では…同族内での上下ならともかく…異種族間でのそういう関係は…
まず有り得ない事…時に主は…元は人間…如何に強力な力を持とうとも…
人間に真から忠を尽くそうなどと考えるのは…私だけであろう。
>258
約束…? 何の事かは…いささか分かりかねるが…わざわざあの方が取り決めた事…
大事な意味を…備えているであろう事は…言うまでもなしという事か。
>260
主の城には…洋の東西を問わず…様々な闇のモノ達が…惹かれ来る。
あるモノは闇の力に惹かれ…あるモノは血の匂いに導かれ…またあるモノは
野望を抱いて…此へ集う。言い方は悪いが…闇のモノ達の博覧会、とでも…
呼ぶべきだろうか。
>262
私には…それが何の事かは分からぬ…書物のようだが…蔵書庫の主にでも聞けば…
あるいは判明するやも知れぬ…。…確かに…今は新たな形で…過去の歴史を…
現在へと伝える事も…可能と聞き及ぶ。人間共に…頭を下げるわけではないが…
いずれ…実現する事を…願わないわけではない。

264 :有角幻也:03/12/19 22:08
>222
奴とて通常の食事も摂る。
殊、妻が用意したものとなればむしろそれをなによりとした……と聞く。
妻といる時、妻を想うその時のみは奴も愛の意味をその尊さを得ていただろうな。
……知っていたからこそ…か…。
…そうなのかもしれんな…。
…長い付き合いの中、思い返せば一度たりと…。
結局は私もリサの意志を捻じ曲げて受け継いでいたのかもしれんな……。

>225
だいたいはそんなところだ。
嫌う陽光を避けるにも都合がいい。
棺桶自体の寝心地はともかくとして、
あのような閉ざされた空間で眠るというのは人間にも好む者が潜在的なものも含めれば相当数いるときく。
母胎を思い起こす由縁だそうだ。
もしお前が身体を丸めるようにして眠る癖があるのなら…案外棺桶が向いているかもしれんな。

>226
…悪魔城を闊歩することが可能な程度。
これで満足か?

265 :以上、自作自演でした。:03/12/19 22:57
ちょっと想像してみた・・・

悪魔城の中で伯爵、リサ、DEATH様、アルカード(子供時代)、以下数名のモンスターがテーブルに着き、一緒に食事を取っているシーン・・・

266 :以上、自作自演でした。:03/12/20 01:07
やっぱ悪魔メイドのプロセルピナとか、ウェイタースケルトンとかが回りに立っていたり
料理を運んで来るんだろうな。

267 :有角幻也:03/12/20 13:08
>233
可能性が仮にあるとすればそうかもしれんな。
だがそこにヴラドの「蘇りたい」という意志はないだろうと私は考える。
アルカードによって討たれた後も何故奴は魔王としてあり続けるか、
そのような質問が先にあったな。それに合わせて答えておこう。
1999年のあの時…おそらくユリウスならば感じ取れただろう…その謝意を。
ようやく人として死ぬことができたのだからな。
通常の死が眠りでしかない奴にとって真に滅びを願うならばその希望をベルモンドに託すより仕方なかったのだろう。
自分を遥かに凌駕する力を身に付け永眠……完全に打ち消すまでに。
蒼真が奴を「自動的」と呼ぶのは正にそうだ。たとえ嫌悪しようと不可避な定めとして蘇生する。
不死の魔王を苦に想うとき、お前ならばどうする?
それでも最後まで「ドラキュラ」で居続けたは己が宿命とプライドか…。

………どうか安らかに……いや…さようなら永遠に…ち…ヴラド=ツェペシュ。

…長くなり過ぎてしまったか…

>242
極限まで成長した使い魔や力を引き出されたアルカードシールド辺りも…な。
…もっとも、それらの極端な例を挙げるまでもなく、
それまでストイックな作りであったところに
アイテムの所持やレベルアップの概念、多彩なアクション等バラエティーに富む構成から既にそれまでのシリーズとは一線を画すのだがな。
過去にもそのような要素はありはしたが、あくまで部分部分であって全てを詰め込んではいなかった筈だ。
『月下』以前、以後では支持層に明確な溝があるらしいが、それはシステム面での許容においても存在するのかもしれんな。

268 :ラルフ・ベルモンド:03/12/20 20:51
>260
俺にとって悪魔城は他の場所で会うことはなかったであろう
仲間達との出会いの場所だ。そういう意味では良い場所であったと思っている。

>262
俺達の戦いはファミコンだったから俺自身のことはあまり語られていない。
そのPS2ならばより深く語られたのだろうな。
ただ、ファミコンだからと言ってその内容自体が深くなかったわけではない。
少ない容量を最大限に生かして内容を深くしてくれたと思っている。
その分俺自身はずいぶんと苦労させられたのだが。

>265-266
ドラキュラやアルカード達が普通に家族で食事している様子か……
俺も争いの場所ではないそういう悪魔城に行ってみたかったな。
それでもヴァンパイアハンターの俺が歓迎されることはないだろうが。

269 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/20 21:18
>262
わからなくもないな。妙なサイトを踏まない様に気をつけたほうがいい
ユリウスか。思い出すだけでも気が滅入る戦いだったな
肉体的にも、精神的にもだ
しかし、先頭後のあの約束は、俺に恐怖を砕く勇気をくれた
負けても構わないとは思わなかったが、負けた後の恐怖を忘れる事ができた
あの約束無しに混沌を砕けたかと質問されたなら、NOと答えるつもりだ

>265-266
異様な光景だな
俺がこの中に組みこまれたらと思うと、それだけで背筋が凍えそうだ
しかし、リサという女は奇特なヤツだな
もしかしたら、俺のような、ドラキュラの体の方を愛してしまったのかもしれないけど
ウェイタースケルトンや、プロセルピナは当然いるだろう
DEATHやオルロックも同席してる気はする
それでガラモスが嫌がらせをするわけか。悪魔城も騒がしいな

270 :以上、自作自演でした。:03/12/20 21:37
メデューサヘッドがむかつきます。
あれにやられるほど腹立たしい事はありません。

271 :以上、自作自演でした。:03/12/20 23:37
>それでもヴァンパイアハンターの俺が歓迎されることはないだろうが。
ウエイタースケルトン隊の華麗なるカレー投げで大歓迎される事でしょう。


272 :DEATH:03/12/21 00:01
>265
…城に残りし記憶を…読み取る力でもあるのか? 確かにこの城は…
出現する度に…その姿を変化させる…妖かしの城…その点を…
生物的と見て…その類いの能力を行使するは…至極道理やも分からぬ。
…非生物でも可能であったか。
>266
プロセルピナ…ウェイタースケルトン…元はと言えば闘う事しか…
命令として与えていなかったが…特に間者などが無く…ただあそばせている時には…
そのように使役する事も…あったか。
>269蒼真
…場が場故…ここでは手は出さぬが…例えお前と言えども…
主はもとより…リサ様を愚弄するような発言は…控えてもらおう。
…いや…お前が本気でそのような戯言を…吐いているとは思わぬが。
>270
あの緻密な動き…単純なようでいて…非常に効果の大きいものだ。
特に過去では…多くのベルモンドを手玉にとった…殊勲賞モノの奴よ。
…多くのべルモンド?
>271
主な任務は警護であるからな…ヴァンパイアハンター…ことベルモンド一族が
相手では…ロクに給仕などせぬだろう…いや…ある意味では給仕か…
料理を(投げ)与えているのだから。

273 :ラルフ・ベルモンド:03/12/22 21:02
>270
本当に腹立たしい。それも足場の悪い所に限って現れるから、
当たり所が悪いとそのまま奈落へ落とされる危険もはらんでいる。
DEATHの言うとおり動きそのものは単純だから、叩くにしろ避けるにしろ
距離があるうちに待ち構えて対応するのが無難だろう。

>271
問題はない。カレーなどいくら投げられようがこの鞭で払い落とす。
……しかしせっかくの食べ物だからな、何とかして取れないものか?
いい加減俺も肉以外の食べ物にありつきたいものだ。

274 :以上、自作自演でした。:03/12/23 06:50
ヤキソバおいしいなあ。あなたもヤキソバ食べませんか?


275 :以上、自作自演でした。:03/12/23 18:03
シリーズでよく聞くヴェルナンデスってどういう家なんですか?

276 :以上、自作自演でした。:03/12/23 22:19
ご飯ですよ

277 :以上、自作自演でした。:03/12/24 00:36
グラントはドラキュラと戦った、唯一の普通人なのか?

278 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/24 00:55
>270
確かに石にされるのは気分がいい物ではない
その上、大量に出てくるし、大したアイテムも持っていないしと、散々だ
正直、出会いたくない敵キャラとすれば、トップクラスに位置するな。俺の中では

>271
あんなもので歓迎されても、全く嬉しくないな
それはそうと、何故あいつ(ウエイタースケルトン)は普通のスケルトンより強いんだよ?
戦闘用のスケルトンより、執事の方が強いって、問題じゃないか?
誰が作ったのかわからないけど、今度DEATHあたりに文句言ってきてやるか

>272 DEATH
愚弄なんてしてないよ
ただ、ドラキュラを心から愛した切っ掛けが知りたかっただけさ
それは即ち、アルカードがこの世に生を受けた切っ掛けでもあるだろうし
俺にも、他人事とは思えないからな

>274
ヤキソバ?ヤキソバ、ヤキソバか…
俺はカレーのほうがいい。美味い肉でもいいけれど
もし俺の分も用意してくれていたのなら、あんたが食べていいよ
別に、腹が減っているわけでもないしな

279 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/24 00:58
>275
ベルモンド家に勝るとも劣らない、ヴァンパイアハンターの名家だ
最初にヴァンパイアハンターの歴史にその名を残すのは、ここにも滞在しているラルフの仲間、サイファ・ヴェルナンデス
彼女は女性である事を隠し、その類稀なる魔力を武器にドラキュラに挑んだ
しかし力及ばず石化されたところを、ラルフに救出され、共にドラキュラを討ち滅ぼした
二人目は、彼女の遠縁の子孫であるキャリー・ヴェルナンデス
彼女はベルモンド家の分家であるシュナイダー家の一人息子である、ラインハルトと共に、
無力な子供に宿ってしまったドラキュラを止む無く討ち滅ぼしたらしい
マルスという、ドラキュラの肉体にされてしまった少年を救えなかった事を、最後まで後悔していたらしい
俺と同じ運命を背負い、しかし俺と違い、運命に負けてしまったマルス…助けてやりたかった。のに…
すまない。最後は、俺の知り合いでもあるヨーコさんだ
サイファ、キャリーと同等の実力を持っていたとは思うけど
グラハムの騙し討ちによって倒れてしまった
共に戦えれば、心強い味方になっていたはずだっただけに、残念だったよ

>276
だから、腹減ってないんだって
まぁいいか。今日のメニューは?
わかってるよ。毎日カレーとメロンを望んでいるわけじゃないさ
ただ、ラルフ、有角、DEATH、俺での晩餐って、面白いだろうな
女の子がいないのが唯一の不満かな?

>277
グラント・ダナスティか…いや、違うんじゃないか?
俺が調べた限りでは、ヘンリーとマクシーム・キシンも超常の力を持っていたが、普通の人間だったはずだ
ただ、グラントも、超常の力を持っていないとはとても思えない
なにしろ、ラルフやアルカードを遥かに上回る身体能力を所有しているんだからな

280 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/24 01:01
すまない、訂正だ
ヘンリーとマクシームは、直にドラキュラと対決していなかったらしい
即ち、>277の意見は正しいと思われる

281 :DEATH:03/12/24 19:11
>274
これは…パスタの一種か? しかし…パスタをこのような…奇妙なる色に
染めあげたモノも…人間は食べるというのか…だが…私は特に飢えておらぬ…
丁重にお断り…させていただく事とする。
>275
ヴェルナンデス…ベルモンド一族と並ぶ…憎きヴァンパイアハンアーの
血族の名だ。ベルモンドとの最大の違いは…肉弾戦よりも…魔力に長けている所…
人間の割に…その力は下〜中級魔族の間ならば…十分通用するほど…強大也。
また…ベルモンド一族が…ソニア・ベルモンドを除いて…男系であるのに対し…
ヴェルナンデス一族は…女系である事も…挙げられる。…いずれにせよ…
目障りな連中である事に…違いはない。

282 :DEATH:03/12/24 19:13
>276
…私は…先から飢えてないと言っている…特に必要ない。
そういう類いのモノは…そこらで真に飢えている…魔族達にでも…
くれてやるがよかろう…ただしその際に…お前の命は保証せぬが…
つまり…お前自身が食われる事もあるという事。
>277
過去に幾度となく…闘争を繰り広げてきているが…奴ほど人間離れした…
「ただの人間」も見た事はない…闇を打ち払う特殊な武器や…並々ならぬ
魔力を備えているわけでもなく…それでいて魔族と…対等に渡り合えるだけの…
戦闘力を持っている…ただならぬ人間。もしあのような者が…銃などを
持っていたらなどと考えると…ふむ…。
>278蒼真
…その疑問はもっともか。人間はもとより…魔族の間でも…やたらと
大きな騒ぎを…引き起こしもした。だが…その真理を知る者は…
ごく一部だけでよい…例えお前であっても…それを知る必要はない。
無闇に話が漏れる事は…主へのいらぬ噂を…招く事にもなりかねぬ故。
主亡き後も…主の名誉を守る事も…我が使命…お前を信じぬわけではないが…
真理を知る事は…能わずと知れ。

283 :以上、自作自演でした。:03/12/24 20:02
有角もただの人間なんですか?

・・・今日は蒼真たん来るかな。来たら負けだし

284 :以上、自作自演でした。:03/12/25 13:10
大掃除の時間ですよ

285 :以上、自作自演でした。:03/12/25 17:11
実際使えるのは2回ですか?
女魔法使いのヴァンパイアハンターという設定は
悪くないような気もしますが、意外に少ない感じです

286 :以上、自作自演でした。:03/12/26 01:22
>女魔法使いのヴァンパイアハンター
ジュストを萌え化すれば万事OK!

287 :暗黒神官シャフト:03/12/26 01:56
全く嘆かわしい。
この腐り切った世界の中でもマシに思えるこの城だったが…
今となっては、実に不愉快極まる。あのDEATHですらこの体たらく。

だが、それもココまでだ!もう間もなく伯爵様が蘇える。
我が儀式の完成は間近だ。楽しみにしているが良い!!

フッフッフッフ…

…むっ!
伯爵様の復活に必要な血が足りぬ…無理も無い。
今までとは違い、徹底的に消滅したのだからな……。

…………ここは一つ伯爵様には、トマトケチャップで何とか妥協して頂こう。
伯爵様!ファイトっ♪

288 :ラルフ・ベルモンド:03/12/26 08:47
>274
俺の分があるのならばありがたく頂戴しよう。
肉の他に回復手段のない俺にとっては貴重な食事だからな。
それにしても探してみれば変わった食べ物も見つかるものだ。

>275
優れたヴァンパイアハンターとしてその名を残すヴェルナンデス家の者達は、
大地の精霊の力を借りて魔物達をも滅ぼす強力な魔法を使うことができる。
その魔力の強さはベルモンドの魔力と同等か、もしくはそれ以上と言えるだろう。
俺と共に戦ったサイファ・ヴェルナンデスは自身の持つ強大な魔力ゆえに、
幼いころよりヴァンパイアハンターとして戦うことを宿命付けられた。
俺と同様に、特異な力を持つ者として人々から隔絶されて生きる道を……。

>276
先程食べたばかりですぐには入らない。
また次の機会があればよろしく頼む。

289 :ラルフ・ベルモンド:03/12/26 08:49
>277
どうやらそうらしいな。グラントはヴァンパイアハンターでも闇の眷属でもない。
それがドラキュラと関わったことで俺と共に戦うこととなった。
確かに常人離れした運動能力、特に壁や天井を移動できる能力には俺も我が目を疑った。
それでもあいつは人として戦い抜き、その後は人の世界に戻ることができた。
正直、俺は人々に囲まれて生きていけるあいつが羨ましいと思った。
俺がいかに願ってもそれは叶わないことだがな。

>283
どうかな、ただの人間かどうかなど見た目だけで分かるものではない。
それでもあいつの魔力は俺の力とも違う異質なものだとすぐに気付いた。

>284
やけに城の中が慌ただしいと思ったら大掃除をしていたのか。
そう言えばここはいつ来ても掃除が行き届いているな。
悪魔城を散々に破壊して回った者としては頭が下がる思いだ。

290 :ラルフ・ベルモンド:03/12/26 08:53
>285
ヴェルナンデスがいかに強大な魔力を持った一族とは言え、
やたらと女性を戦わせるべきではない。少ないのもむしろ当然だろう。
もっとも、サイファの力を借りて戦った俺が何を言っても説得力に欠けるがな。

>286
ジュスト・ベルモンド……ヴェルナンデスの力を強く受け継ぐベルモンドか。
強い魔力を持っていれば別に萌えである必要などないだろう。それでなくとも、
俺、クリストファー、シモンと続くベルモンド家の雰囲気からすれば
ジュストは急激に変化したと思うのだが。

>287 シャフト
嘆かわしいのはお前自身の行いだ。何故争いのないこの世界を認めない?
今の悪魔城ならばお前とも無用の争いをせずに済むと思っていたが、
またしてもドラキュラを復活させようなどとは……、
(しかしトマトケチャップで復活の儀式とは、こいつもずいぶん変わっているな)

291 :以上、自作自演でした。:03/12/26 11:04
来年の抱負を語ってください

292 :有角幻也:03/12/26 16:42
>244
成程困難だなあれは。
既に落ちているものとあればレアリングも意味を持つまい。
…月並みだが地道に探すより他ないのではないか?

>245
できなくはない。可能だろう。
少なくとも利用されたことならば過去の事実として現にある。
蒼真の有する力が闇のものであってもそれ自体は「悪」でないのと同じと見なせば理解は早いか。
ベルモンドの力も対極に位置すると、それだけだ。
特別な世界の話ではない。お前のごく身近にある道具とて凶器に一変するものは少なくあるまい。
どれだけそれが便利であるか、それがどれほど危険であるのか…覚えておくといい。

>246
一概にそう言い切れるとも限らないが…お前がリヒターを最強と述べるのも解る。
実際に最強の名をその手にしているしな。
ソニアについてはひとまずとして、
ラルフと共に闘い、リヒターとは刃を交えることとなったアルカードならばベルモンドのその力を実感していよう。
そしてそのどちらもが最強に相応しかったと結論付けるだろうな。
歴代最強のベルモンドが現れるのは常に歴代最強のドラキュラの出現を意味するからだ。

293 :有角幻也:03/12/26 16:43
>253 ラルフ
……再びとは一体なんのことを指すのだ?
私が面識のあるベルモンドはユリウスくらいのものだが。
…先のジュストといい何故こうも……。
………蒼真の前では流石に……いや、なんでもない…。
…このような挨拶ですまないがともかく、宜しく頼む。

>255
変わり者だとよく評されることからか。
しかもそれをとかく気に止めないのだ。そうなのかも…そうなのだろうな。
気になった頃はあったように思うが…いかんせん言われ続けてきた。
慣れきってしまったのだろうな。

>258
言おうにも蒼真は気絶していたものだからな。
後にまた出会うことがあればと思っていたが…。…どうも私は「ドラキュラ」とは腐れ縁らしい。
ベルモンドに並ぶか…その次にはなれるだろうな。
それに蒼真ももう聞く事柄がなくなってしまったようだ。
無効としてもいいかもしれんな。……私自身のことも話す約束だった気もするが…。

294 :ドラキュラ・ウラド・ツェペシュ ◆5W6p1zxkkk :03/12/27 02:59
(声 若本規夫)

ほぉ・・・誰かと思えば、懐かしい面子がそろっているではぁないか!

と、言うかケチャップなんぞで私を叩き起こしおってからに!!
体が超不自然且つ、不完全ではぁ…ないか!!


馬鹿な…この私が…!

うぼぉああああああああああああああああ!!!
(跡形もなく崩れ去る)

295 :ガラモス:03/12/27 06:49
ハハハハハ、中途半端な復活なぞしようとするかそういう事になる!
魔界はいずれワシが支配するから、大人しく永眠しておるが良い。

296 :ヒュー・ボールドウィン:03/12/27 14:58
ケチャップだからよかったものの
トマトジュースを使われていたら大変なことになっていた・・・・。

297 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/27 16:57
>282 DEATH
相変らず偉そうだな…いっそあんたらしいよ
それじゃ、交換条件と行こうか
俺と弥那の成れ染めを話す代わりに、ドラキュラとリサの…
待てって。いきなり戦闘モードになるなって。ビックリするだろ?

>283
肉体はただの人間だと思う
意志と肉体が一つになって、初めてドラキュラとしての形を成すわけだ。多分な
ところで、一昨日…か?なんで俺が来たら負けになるんだ?
いや、実際、今日まで来られなかった事は悪かったとは思っているけどさ

>284
悪魔城も大掃除か。プロセルピナの本領発揮というところか
まぁ、俺も縁があることだし、少し協力する事にしようかな?
もちろん、プロセルピナのソウルを使って、な
この掃除機、形はキモイけど、2037年で一番ヒットした掃除機より性能いいぞ
たまに生物も吸い込んでしまうのがたまに傷だけど

298 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/27 16:58
>285
女性は彼女らの他に二人の戦士…戦士っていっちゃ失礼かもしれないけど
とにかく他に二人いるんだ
一人は、ベルモンド家の始祖と言われた、ソニア・ベルモンド
最も、時代的にはレオンの方が先だから、ベルモンドの名前が世界に広まるきっかけとなった存在か?
そしてもう一人は、最強のヴァンパイアハンターとの呼び声が高いマリア・ラーネッドだ
余談になるんだけど、この二人、同じ男に惚れたと言う噂があるらしい
時代が全く違うと思うんだが。まさかドラキュラに?有り得ないな。言ってて虚しいが

>287 シャフト
やめろ。俺が不完全な形で目覚めたらどうするんだ?
いや、実際不完全な形で終わったんだが…
と言うより、問題はカオスだ
ヤツに腐ったトマトぶつけられたりしたら、お前の責任だからな

>291
来年こそ、このファッションが最先端であると、世間に知らしめてやる
いや、無理だな。止めておこう
他には、特には思いつかないな。ドラキュラは100年に一回しか蘇らないらしいし
1年ごとに蘇ったらある意味定例行事で終わるかもしれないな
体がもたないだろうけど

299 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :03/12/27 16:58
>294 ドラキュラ
言わんこっちゃない…
崩れ落ちるのは勝手だけど、俺の体にまで迷惑かけるなよ
しかし情けないな。もう少し息子に誇れる父親になってみろよ
親父の威光などというアイテムを使う息子も息子だけど

>295 ガラモス
まだ諦めてなかったのか?
ドラキュラもドラキュラなら、お前もお前だな
争うのは勝手だけど、人間に迷惑かけるなよ
割り食らうの俺なんだからさ。参るよ。本当に

>296
同じだと思うが
もしかして、乗っ取られた時に俺がグラスの中に入れていたのって
トマトジュースだったのか?
グラハムと戦っている時、女神像から涙のように流れ出ていたのも
トマトジュースだったのか?
道理で酸っぱい匂いが…って本当か?おい

300 :以上、自作自演でした。:03/12/27 16:59
300か?

301 :ラルフ・ベルモンド:03/12/28 21:45
>291
今現在、ドラキュラがいない以上来年の抱負は特にない。
何事もなく平穏無事に過ごせればそれ以上のことを求めるつもりはない。
それでもあえて何か挙げるとすれば、俺も強力な技を会得したいものだな。

>293 有角
(この場ではあまり立ち入ったことは聞くなということか?)
そうだったか、何か勘違いでもしていたようだ。しかしいずれにしても
お前が俺にとって信頼できる者であることに変わりはない。
それだけははっきりと言っておく。

>294 ドラキュラ
ドラキュラ……!!お前が何度復活しようとも俺が、
そしてベルモンドの血を継ぐ者がお前を滅ぼす。ここで戦うならば受けて立つ……
と言ってるそばから崩れ落ちただと?やはり不完全な復活ではこんなものか。
これでは当分の間復活は不可能だろう。今は、心静かに眠るがいい。

302 :ラルフ・ベルモンド:03/12/28 21:46
>295 ガラモス
魔界の支配者が誰になろうと俺の知ったことではないからな、勝手にしろ。
お前とドラキュラが争って共倒れすれば一番面倒が無くて助かる。
だが、こちらの世界に災いをもたらそうとするならばお前も滅ぼす。
それだけはよく覚えておくことだ。

>296 ヒュー
何か胡散臭い話だが、一応悪魔城にあるトマトジュースは回収しておくか。
ドラキュラの復活を阻止するとともに回復アイテムの入手にもつながるからな。

>300
ずいぶん自信のない宣言だな、それに質問もまともにしていないとは。
それとも?が付いているからにはそれが質問であるということなのか?
答えは間違いなく300だ。

303 :DEATH:03/12/28 22:11
>283
何の力もない…普通の人間から見れば…そうとられても…不思議ではあるまい…
それは主にも…同じ事が言える…あの方も外見は…普通の人間。
そう…ヴァンパイアの恐ろしい所は…普通の人間と比べても…
遜色ない事である…故に…力なき人間が相手ならば…容易く吸血する事も可能。
>284
うむ…掃除は任せる…ただし…スケルトン達に…守備の命を与えている付近では…
注意せよ。一見…打ち捨てられた骨のようでも…それらはスケルトンを…
構成しているパーツが…こぼれ落ちたものである事もある。
>285
女のヴァンパイアハンターそういう括りであれば…他にも若干名…
存在する。特に…ソニア・ベルモンド…アレはこと…この城との因縁が強い…
ベルモンド一族の中でも…特に強い理由で…記憶に残っている。
そして…マリアとか言ったか…ベルモンド一族の退魔の力…ヴェルナンデス一族の
魔力…そして魔族の闇の力…いずれとも異なる異質の力…アレにはいささか驚かされた。

304 :DEATH:03/12/28 22:13
>286
…ジュスト・ベルモンドは…女であったか? 確かに…彼奴らの仲間には…
女がいたような記憶も…ないわけではないが…ジュスト・ベルモンドは…
男であったはず…それは間違いない。
>287
…。
…シャフトは…あのように…朗らかな性格であったか?
どのようにして…この時代に蘇ったかは…知る所ではないが…
しばらく見ぬ内に…ずいぶんと変わった事よ。
>291
知れた事…今も昔も…私は己の使命に忠実であり続ける事…
これを置いて…他に無い。
>294
…。
…何かの見間違いであろう…よからぬ噂が立つ前に…痕跡は全て抹消する…
あのようなのが…主の復活として…知れてしまっては…主の一生の不名誉也。
まったく…シャフトも…いらぬ事をしてくれる。

305 :DEATH:03/12/28 22:14
>295
…お前も…大人しく下がるべき…今や主は滅びし身…この城に組する理由など…
お前には無いはず…去るがいい。
>296
トマトジュースもケチャップも…どちらも使われていい結果が…
出るはずが無かろう…それともそれは…主に対する冒涜か?
>297蒼真
…冗談にもほどがある…しかも笑えぬ冗談ときた。もう少し…
言葉は選ぶべきである…それが出来ぬわけではあるまい。
別に…お前の女の話を…語るのは構わぬが…それが主にまつわる話と…
対等になるはずがあるまい。
>300
300である…それ以上でもそれ以下でも無い…この悪魔城に…
その名を刻む事となる…お前には…この悪魔城で…働く許可を出そう。

306 :以上、自作自演でした。:03/12/29 09:59
ドッペルゲンガーについて語って下さい

307 :以上、自作自演でした。:03/12/29 14:34
今夜はおでんよ

308 :以上、自作自演でした。:03/12/30 02:48
死神さんはなんでいっつも笑いながら登場しますか?
何か思い出し笑いしながら登場しているのでせうか?

309 :ラルフ・ベルモンド:03/12/31 09:30
>306
自分と全く同じ姿に変身し、それを見た者は必ず死ぬと言われている悪魔だ。
奴は相手の姿のみならず、各々の能力や武器も真似て使うことができる。
しかし俺達が戦った時は四人全員の変身をするのが負担になったのか、
完全なコピーはできなかったようだ。俺達自身が持つ強い力は感じなかった。
変身の力を誰か一人に絞って使っていればもっと苦戦したと思う。

>307
そうか、また違う食事を食べることができて嬉しいよ、ありがとう。
今の悪魔城では食事に困ることだけはなさそうだな。
後は携帯できる食料も見つけられれば言うことはないのだが。

>308
確かに笑っているように見えなくもないが、
DEATHの表情からその心の内を推し量ることなどできないはずだ。
ただ、奴の人間に対する激しい憎悪だけは何故かはっきりと感じ取れた。
あの時に笑えることを考えていたとは到底思えなかったな。

310 :DEATH:03/12/31 11:18
>306
ドッペルゲンガー…あの悪魔の事か…アレは自身は非力ながらも…
対象の姿形ばかりで無く…力を一部の狂い無く…写し取る事により…
時に大きく化ける事もある…ある意味で割のいい能力の持ち主よ。
だが…力を写し取れても…その経験の類いまでは…真似る事は不可能…
その弱点をつかれ…破れる事はあるようだが。
>307
そういう食料などは…人間達にくれてやればよい…私はこれといって…
興味があるわけでもなし…味が気に入ったわけでもなし…私によこしても…
作った苦労は…報われぬであろう。
>308
あれは…別に思い出し笑いなどを…しているわけではない。
主にアレは…相対する者に…畏怖の念を植え付ける行為…脆弱なる人間などは…
わざわざ手を煩わせずとも…声だけで逃げ帰る…楽な事である。
所詮は…愚かなる人間どもよ。

311 :以上、自作自演でした。:04/01/01 03:19
蒼真たんは初詣ついでにデートですか?

312 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/02 02:54
あけましておめでとう。今年もよろしく

>300
あぁ、300だな
300だ。300…
俺のHPは300だった。確かに
でも今は700だ
他に何か?あぁ、ユリウスは800な

>306
狙った獲物の姿を使い、殺人を繰り返す、なるほど、効率はいい
俺は戦ったことがないから、何とも言えないけどな
アルカードやベルモンドの姿を取れるのだとすれば、確かに強敵かもしれない
しかし、姿形だけで勝てると思うのなら、未熟すぎるな

>307
おでんか。正月は豪華なのをたらふく食ったから、当然かな
大人はいいよな。お酒のつまみにできるからな
まぁ、俺も酒を飲まない訳じゃないから、別段うらやましがることでもないか
ベルモンド家はどんな酒を飲んでるんだろうか。霊酒?

>308
アレが素じゃないか?
そうだとしたら、少し哀れだな。DEATH
でも、根は大真面目だからな、どうなんだろうな?
まぁ、余裕が必要なんだろうさ、ドラキュラの腹心らしくさ

>311
よくぞ聞いてくれた!と言いたい所だけどさ
弥那って神社の娘じゃないか
お正月は稼ぎどきなんだよ。だから当然初詣など…
今度奢ってあげるとか言われたし。甲斐性ねえな俺って。全く

313 :ラルフ・ベルモンド:04/01/03 22:51
遅ればせながら、あけましておめでとう。
この板の住人と全ての名無しの者達にとって良い一年であるように、
そしてまだまだ未熟者だが本年もよろしく頼む。

>311
初詣か、蒼真の国でも年始には神にお祈りするらしいが、
別の神を信仰している俺が神社に祀られている神に願い事などしても
叶えてくれるとは思えないから俺には関係ないな。
もっとも、俺の願いは神ではなく人々に対して願うものだが。

>312 蒼真
酒はあまり飲まない。別に嫌いというわけではないが、
何分にも隠棲している身だからあまり良い酒が手に入らなくてな、
せいぜい安物のワインくらいしか飲めないのだが、これが本当に不味い代物だ。
よほどのアルコール好きでなければ飲めたものではない。
ただ、今年の正月は悪魔城にあった質の良いワインを飲ませてもらった。

314 :有角幻也:04/01/03 23:05
>260
減点とは厳しいな。
だがそれも当然か。詳しくは話せないが悪魔城は私にとって忌まわしい地だ。
しかし、何一つとしてとしてしまっては……。
どうやら礼をしなければならないな。
ともすれば呪いの他を忘れしまいがちな私に気付かせてくれたこと。

>262
GBAであそこで詰め込めたことは賞賛に値できるとは思うが、
それでも容量不足の感はやはり払拭しきれないのも確かだな。
人物関係に説明が充分でなかったところは少なくない。
お前の言うよう大容量のハードであればそこを埋めることはできただろうが、
なにぶん開発費が、特にPS2ともなれば高騰するのは間違いない。難しいところだな。

>265-266
大方そのようなものだ。
お前には奇異に見えるのだろうが、それはただ人の姿を有するかということが違和感の元なのではないのか?
…人でないものが人と同じ行動をする…それで充分に奇妙ではあるが。
仮にも伯爵だ。尚且つ奴は生まれながらの魔ではない。
人と似た生活をしてもそれほどおかしくもあるまい。

315 :有角幻也:04/01/03 23:05
>270
あれはトラップの一種といえるものだ。
お前を不快にさせるのならそれだけ成功の言葉に近いという証明。
克服できなくては誉め言葉にしかならないだろうな。
……私も手を焼かされたものだ……。

>274
せっかくの好意とあれば断わることもあるまい。有難く頂こう。
…ただ…私がモノを口にする姿はそこまで似合わないものなのか?
昔から幾度となく同じことを言われてな。時には箸を持つだけでときている。
…生き血を啜る方がより「らしい」そうだ。…まったく…。

>275
蒼真を始め以下皆が述べているようヴァンパイアハンターの名家だ。
人としては強大な魔力を持つためベルモンドがそうであうように世間とは距離を置き暮らしているらしい。
魔を打ち滅ぼす、それだけが彼らの宿命ではない。
「ベルモンド」、「ヴェルナンデス」そういう名の生き物とならなくてはならないこと、
あくまで人でありながら人として生きることを棄てなければならない…
ハンターよりも過酷な宿命なのかもしれないな……。

316 :以上、自作自演でした。:04/01/04 04:08
アルカードが伯爵の元を離れ
ベルモンド側についた時のことを語ってください

317 :DEATH:04/01/05 22:17
新年という事らしいが…私にはあまり関係ない…だが…この場合は…
「おめでとう」と…言うべきか。
>311
その辺は…本人の話より…推して知るべきであろう…私達が…
あれこれ詮索した所で…話は進まぬ。
>316
あの時は…主のみならず…城に住う者達が皆…悲嘆にくれた。
だが…そこは非情なる闇の掟…楯突く者には死を…たとえアルカード様が
相手と言えど…主がそれを示さねば…魔族の恥…その時の主の心境…
さすがに私と言えど…察せぬわけではない。

318 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/05 22:57
>313 ラルフ
不味いワインか
そっちの時代にはソムリエや、ワインの会社とか当然なかったろうから、大変だったかもしれないな
悪魔城の酒倉のワイン…あぁ、思い出したよ
たしか、ビッグゴーレムが無意味にいた…
隣にツチノコはいるし。一体何だというんだと思ったよ
俺は未成年なんで、酒は控えておいたけどね。フレッシュゴーレムのソウルつけても、酔いを防止する事はできないしさ

>316
最初にアルカードがベルモンドに力を貸したのは、ラルフ・ベルモンドの時代のようだが、
実際にベルモンドと出会ったのは更に昔の、ソニア・ベルモンドの時代らしいな
理由は、さすがに俺はアルカード本人ではないからわからないけど
文献から予想するに、彼の母親の影響が大きかったのだと思う
ドラキュラの妻、リサは、ドラキュラを愛する一方、人間に対しても惜しみない愛を与えたという
アルカードは、そんな母親を、敬愛し、育ってきたんじゃないかな?
けれどもリサは、魔女裁判…今考えると反吐が出る下らない風習のせいで、命を奪われたらしい
しかし、アルカードには、死の間際まで、「人間を恨んではいけない」と
大した人だよ。ドラキュラ関係なしに、憧れる存在だね。俺にとっては
で、アルカードは、人間への憎悪に燃えるドラキュラを止めるべく、ソニア、そしてラルフに力を貸したのだと思われる

319 :以上、自作自演でした。:04/01/06 12:12
ツチノコから本物の悪魔まで集まるのはドラキュラのカリスマですか?
それとドラキュラと魔界の関係を教えてください

320 :有角幻也:04/01/07 05:42
>276
用意までしてくれたのを不意にして申し訳ないが、そう何度も甘えられまい。
今回はその気持ちだけとさせてもらう。
またの機会に。いや、むしろこちらから返させてはくれないだろうか。
手料理で持成すことは私にはできないが。

>277
戸惑うな。「普通」がどこまで通じるものかにも寄る。
ベルモンドの聖なる力、ヴェルナンデスの魔力。
そういったものは確かに奴は持ち得ていない。
だがしかし、あの跳躍力を始めとする身体能力を語るまでもなく
ヴラドの討伐部隊
…教会側とは別の有志による構成だろうが、悪魔城に攻め込んだものがその中でも精鋭であったことは想像に難くない…
に所属していた事実が既に「一般」の域を超える証明の材料になるだろう。
望ましい結果ではないが魔物の素体として奴は確実に選ばれているというのも付け加えておく。
そして私は尋ねたい。お前にとってグラハムは「普通人」かと。
挙げるとすればそれが私の答えだ。

321 :有角幻也:04/01/07 06:31
>283
先と同じと言わざるをえんな。
それだけではつまらないだろうから少々加えておこう。
普通じゃないと言う者を「普通」はおそらく「普通じゃない」と見なすだろう。
生憎その仲間に入りたくはないと、そういうことだ。
…答えになっていないかもしれんが。

私が気になるのはDEATHの返答がまるで私をヴァンパイアだとでも言いたげに聞こえることだ。
……違うのかという声が空気に混じっているよう覚えるのは何故だろうな…。

>284
無理しなくてもいい。常に変化を続けるこの城では掃除を「し切る」ことは不可能だ。
もしそれでもというのならばくれぐれも迷わないようにな。
それと、ジュストの部屋にはなるべく気を配ることだ。
家具、調度品その他…その配置の機微に至るまで拘りがなされていそうだ。
……もっとも、悪魔城にそのような部屋を設けようという意図は理解できないが。

>285
ヴェルナンデスの者を指すとすればその通りだ。
女性のヴァンパイアハンターというのであればソニアとマリアが追加されるな。
特にマリアを使用できる作品は2つ存在することを付け加えておこう。
ソニアにマリアいずれも………やはりやめておこう…。

322 :有角幻也:04/01/07 06:36
>286
何が良いというのか全く掴めないが…。
…私から一言あるとすれば、奴はあぁ見えてノリ軽い性格だぞ。
萌えならばそちらが都合いいのかもしれんが…よく判らんな。

>287 シャフト
貴様!
ヴラドを貴様の欲望の道具に用いるな。
口で示すのと同じようにもしも貴様にヴラドを崇拝する心があるのならばその死を穢すな。
それは愚挙、ヴラドへの冒涜にしかならないことを知れ。
……それでもやるならせめて準備はぬかるな。

>294 ドラキュラ
とうさ…………。

…………これで良かったのかもしれんな。……少々納得いかない感覚は拭えないが。

>295 ガラモス
一万年後…か。その時にでもまた…会うこともないだろう…。
ある筈もない。

323 :ラルフ・ベルモンド:04/01/07 18:23
>316
アルカードは地下道に潜伏してドラキュラと戦える者が現れるのを待っていた。
そこで出会った俺と戦い、その力量を見定めた後に手を貸してくれたのだ。
息子が父親を手にかけること、あいつが背負った宿命はいにしえより邪悪な者を
滅ぼしてきたベルモンドの宿命よりも重い。だからこそ俺はあいつの力を借りた。
仲間が欲しかったこともあるが、それ以上にあいつが背負ったものに対して
どのように決着を付けるのか見届ける必要があると思ったからな。

>319
低級の魔物は人や動物を魔物化したり、死体をゾンビやスケルトンとして
蘇らせることで人間界でも生み出すことができるが、
強力な魔物となると魔界より呼び寄せ契約を行う必要があるはずだ。
それらの魔物も従えるドラキュラには確かに絶大なカリスマがあったのだろう。
だが、他者を思いやる心を忘れ、力のみで人々を屈服させようとしても
それには決して従わない者達がいる。俺もその中の一人だ。

324 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/08 04:10
>319
そ、そうなのか?
魔物図鑑によると、ツチノコは俺が発見した事になってるんだが
ドラキュラの魔力に惹かれてやってきたとすれば、納得かな
とすると…なんだ?ツチノコを発見できた理由って結局ドラキュラか?
あるいは、俺の体のドラキュラに惹かれて?
うーん、どちらも少し納得したくないな。ドラキュラのお零れの気がして

325 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/08 04:16
忘れてた。ドラキュラと魔界について、だったな
ドラキュラは、魔界の力を手に入れた元人間ということだ
即ち、ドラキュラは魔界へ行く、あるいは、魔界を呼ぶ力を持っている事は間違いない
俺の行った混沌が魔界なのかどうかは定かではないけれど、な

326 :以上、自作自演でした。:04/01/09 15:12
一般の人間はドラキュラのようにはなれるんですか?

327 :DEATH:04/01/09 22:01
>319
カリスマ…確かにそうとも言えるか…万物を従えるその力…ふむ。
だが…それは厳密には…カリスマとは呼ばない…それは先にも述べたように…
主が有する力…そして魔の力を呼び込む…悪魔城の性質…この二つがあって初めて…
あらゆる悪魔が此へ集うのだ。
それと…魔界とは…現世での主の肉体が滅びた時…城と共に還りつく場所…
再び期が熟す…その時まで…力を蓄える場所也。
>321有角幻也(様)
…お隠しになられるおつもりですか?
>326
不可能では無い…とだけは言っておこう。ただし…それに至るまでに…
どのような過程を…経る必要があるか…それについては…あえて述べぬ。
到底…並の人間には…達せぬ領域。

328 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/10 00:20
>326
一般の定義にもよるな
ドラキュラが魔界で力を得た人間と言うのは先に言ったとおりだけれど
人間が魔力を備える事は、可能だろうと思う
シャフトだって、ヴェルナンデスだって、ベルモンドだって、人間である事は変わりないわけだしな
ただ、ドラキュラ並の強力な魔力をその身に宿すには、相応の代償が必要だと言うことは覚えておいたほうがいい

329 :以上、自作自演でした。:04/01/10 13:30
>ドラキュラ並の強力な魔力をその身に宿すには、
相応の代償が必要だと言うことは覚えておいたほうがいい

蒼真さんが払った代償とは?



330 :以上、自作自演でした。:04/01/10 20:39
悪魔城内を移動する時に気をつけてる事は何ですか?

331 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/10 21:46
>329
生憎だが、俺は「一般の人間」ではないから、代償を支払うことはなかった
最も、欲しくもないのに無理やり持たされ、さらに魔王として君臨させられようとしたのだから、甚だ迷惑ではあるのだけれど
しかし、一般の人間でも、グラント・ダナスティ、ヘンリー、マクシーム・キシン(ヨアヒムもか?)
この三人は悪魔城のモンスター相手に勇敢に戦ったと言う伝承が残されているな
いずれも、相応の代償を払ったと言われているが、果たして本当なのだろうか?

>330
まずはうっかりHPやMPを消耗した状態で新しい回廊に進まないことだな
どんな魔物が潜んでいるかわからない場所に、万全の状態で臨むのは、やはり基本だと思う
あとは、無理に全てと戦おうとせず、障害になるものだけを相手にすることか
とにかく、用心深すぎるくらいに用心深く進行したほうがいい

332 :ラルフ・ベルモンド:04/01/10 23:15
>326
一般の人間でも可能なことは可能だが、たとえ体力や知力が一般でも、
異質な力を望み、それを得ようという考えこそが一般の域を超えている思考だ。
ドラキュラの力がどのような破壊と殺戮をもたらしたか、
それを知れば誰もドラキュラになりたいとは考えないはずだ。

>330
大事なのは、うかつに先走ったりせずに周りの状況を良く見て進むことだ。
悪魔城にはいたる所に魔物やトラップが配置されているから
少しでも気を抜くとそれが即死につながることもある。
とは言うものの、与えられた時間がそう長くはないことを考えれば
のんびり構えてもいられないのが辛いところだ。

333 :以上、自作自演でした。:04/01/12 18:19
最近凝っていることは何ですか?

334 :以上、自作自演でした。:04/01/12 19:01
中途半端にドラキュラ覚醒したグラハムは
どういう代償を払ったんですか?

335 :以上、自作自演でした。:04/01/12 20:00
女性キャラ降臨キボンヌ!

336 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/12 22:45
>333
一瞬、疑っていると読んでしまった。そんな自分にやや嫌悪感
さて、今凝っているもの、それは密かにソウルを使っての人助けだ
素敵な怪奇現象と呼ばれると嬉しいのだが、悪戯とあまり変わらない気もする
とりあえず、この力で迷惑だけはかけないつもりだけど

>334
ヤツは不完全なドラキュラですらない
自分をドラキュラと思いこんだ愚かな宗教家にすぎない
それでも、思い込みというのは恐ろしいものでね
それだけで、自力で悪魔城の上級クラスの魔族と同等の力を手に入れてしまったのだから恐れ入る
結局、真のドラキュラの体である俺が打ち倒してわけだけどね

>335
俺もキボンヌ!…いや
全く、俺や有角、ラルフにDEATH、と
男前な人間、魔族には事欠かないって言うのに、最近の女の子ってのは見る目がないのかね?
なんて、愚痴零しても仕方ないかな?

337 :以上、自作自演でした。:04/01/13 16:24
蒼真たん、一人占めしないで幻夢宮の女の子たちを紹介しておくれ。

338 :DEATH:04/01/13 17:20
>329
あれは…代償というモノ以前に…主の魂を受け継ぐ者…言い換えれば…
主そのもの…のはずだが…主とは…似ても似つかぬ…あの雰囲気…
はたしてあれを…主と呼んで…いいモノなのか。
>330
これは…主に人間共に対しての…質問であろう…私に対して…
このような質問をするなど…無意味…気を付ける理由など…あるはずが無いからだ。
…人間どもに…あえて塩を送るならば…分不相応な…行動は慎む事だ…
己の力を遥かに超える…魔族に出会ってからでは…何もかも遅い。
>333
これと言って…凝っている事など…何も無い…が…あえて挙げるのであれば…
城の見回りと…我が得物である…大鎌の手入れ…そして…城に見合う…
負の力の強い…魂を選定し…それを刈り集める事…それぐらいか。
>334
グラハム…あの宗教家気取りは…己の人生を…代償にしたと…言えるだろう。
たまたま…あの月日に生を受けた者など…世界に凡百と…いるであろうに…
主の事を…知ってしまったと言うだけで…絵空事を描き…暴走した。
だが…主の力を受け継ぐには…器が小さすぎた…哀れな奴よ。
あのような者が相手では…私は下につく気にはならぬ。

?「…DEATH様、お呼びでしょうか?」

339 :プロセルピナ:04/01/13 17:22
プロセルピナ、命により馳せ参じました。どのような用件でしょうか?
…は? 今より暫くの間、ここで人間どもの相手をせよ、と? しかし…恐れ多くも
意見を申し上げますならば、私達の使命は、この城を愚かな人間どもから
守護する事ではないのでしょうか? …その必要がなくなった?
はぁ…DEATH様がそうおっしゃられるならば、私はその新たなる命に准じましょう。
>335
なるほど…あなたがDEATH様を動かした要因ですね。…ここまでの流れを見ますと、
あのDEATH様ともあろうお方が、さんざん無礼を働いた人間を誰一人として
手討ちになされていないのが不思議ですね。これも、城主がおられない
影響なのでしょうか。

340 :プロセルピナ:04/01/13 17:24
>336蒼真
貴様! 私の同胞をよくも! …と、激昂してはメイドとして失格ですね。
どのような事情かは分かりませんが、今は「撃退」ではなく「おもてなし」が
私の使命。では、改めまして…ようこそ、悪魔城へ。何か御用がございましたら…
…はい? 女の子、ですか? はぁ…あなた様もですか。それをお望みなのでしたら、
特に御希望がなければ適当な方を2、3人お呼びしますが…本当に、いいのですか?
いえ、正妻の方がお許しになるのでしたら、私は何も言う事はございませんが。
>337
あそこにおられる方々は誰一人として、誰か個人の物になった事は
ただの一度もございませんが…何か、勘違いをされてはいませんか?
それに、クロノメイジやキョウマでは御不満ですか?

341 :ラルフ・ベルモンド:04/01/13 21:49
>333
凝っているという言葉は当てはまらないかもしれないが、日々の修行は欠かさない。
と言うより俺の住んでいる場所では他にすることが無いと言った方が正しい。
結局のところドラキュラと戦う前とあまり変わらない日々を送っているのだが、
少しだけ変わったのは、今は何事もない状況に安息を感じていること、
それとサイファが側にいてくれるから寂しくはないということだな。

>334
闇の力を手にして人の心を失うこと、それ自体が代償となったのではないだろうか。
後になって誰にも自分を理解してもらえなくなる悲しみに気が付いても最早手遅れだ。
それにしても、自らがドラキュラに覚醒しようなどと考える奴がいるとは、
ドラキュラが消滅した後でも全く油断ならないな。

>335
希望する気持ちは分からんでもないが、これは本人が望まないと
どうにもならない話だからな。ただ、俺もこの場所では女性キャラに限らず
より多くの者に会ってみたいという気持ちはある。

342 :ラルフ・ベルモンド:04/01/13 21:52
>337
蒼真もなかなか顔が広いな。悪魔城の魔物も紹介できるのか?
まあ、俺の場合は誰かに紹介してもらわなくてもたくさん寄って来る。
ベルモンドの者がいれば魔物達が目の色を変えてこの首を狙って来るはずだ。
!?……などと言っているうちに本当に来たようだな。誰だ?

>339 プロセルピナ
メイド……?ドラキュラに仕える者だな。立ちはだかるなら受けて立つ。
……DEATHの命令で応対するのか、ならばひとまずは鞭を収めよう。
そちらも俺に魔物をけしかけて来ないよう願いたいものだ。
ところで一つ聞きたいが、悪魔城にある蝋燭はやはり君達が手入れしているのか?
俺が何度破壊してもそこに戻って来ると元通りになっているのが不思議だ。
今はやたらと蝋燭を壊したりはしないから安心してくれ、よろしく頼む。

343 :以上、自作自演でした。:04/01/13 21:54
皆さんの幼少時の思い出を語って下さい

344 :以上、自作自演でした。:04/01/14 20:31
PS2の新作と月下をやったんだけど、アルカードと有角さんって何か関係
あるんですか?
他のもやりたいんだけどGBAが無い…

345 :プロセルピナ:04/01/14 21:36
>342ラルフ・ベルモンド様
ようこそ悪魔城へ。お会いするのは初めてですが、噂に聞くベルモンドの者ですね。
どういう事情かは知りませんが、あなた様ともうまく付き合うようにとの
DEATH様の命ですので、事は構えないようにいたしましょう。
…はい、城内の雑務等を私達が受け持つ事もあります。何故か城主様が
蘇られた時に限り頻繁に蝋燭が破壊される、という現象を不思議に
思っていた事もありますが…あなたの血族の者の仕業だったのですね。
この場ではなされないようなので少し安心しましたが。
>343
ようこそ。幼少…と言われましても、私達などは生まれついて…と言うのも
少々おかしいですね。生を受けてより変わらずこのままです。
加えて申し上げますならば、私達は生を受けると同時に命も受けておりますので、
思い出と語れと言われましても、私が語れる事は全て、悪魔城における
日々の雑用と、ごく稀に迷い込んだ侵入者の始末に関わる事以外に
語れる事はないのです。まことに申し訳ありません。
>344
ようこそ。アルカード様でしたら、数回しか見かけた事はありませんが、
城主様と並んで高貴なお方であり、奥様と並んで御綺麗なお方でした。
有角様も…見かけた事はあるのですが、アルカード様と何か、関係があるのでしょうか?
記憶にあるアルカード様の影と似通う所は、あまり見受けられなかったような…。
ただ、強いて申し上げますならば、有角様は人間の割には夜の一族の
匂いが幽かになされたのが、似ていると言えば似ている所ではないでしょうか。

346 :以上、自作自演でした。:04/01/14 22:48
城内で気に入ってる場所は?

347 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/15 03:46
>337
紹介してって言われてもな。そもそも彼女たちは敵だ
ようこそと言っておきながら蹴りを繰り出しやがって
まぁ、ソウルは役に立ったからね。非難するつもりもない
けれど、最初に言ったけど、敵だから、悪いけど紹介できないな

>340 プロセルピナ
と言った矢先に、君か?
安心してほしい。戦う気はない
ところで城主もいない悪魔城で、君は誰を招待していたんだ?
新しい城主だとしたら、おれに襲いかかってくる理由がわからない
一応新しい城主になるはずの体だったからな
それとも、俺の体が滅んだら、自動的にドラキュラが目覚める仕組みにでもなっているのか?

>342 ラルフ
蝋燭か…俺たちって器物破損著しいかもな…
そういえば、あんたもベルモンドって事は、サブウェポン使えるんだよな
お気に入りのサブウェポンがあったら、教えてくれないか?
俺もお気に入りのソウル教えるからさ。って、もう知ってるか?

>343
幼少時は本当に、普通の少年だったな
マルスと違って、魔物が人を攫えるような社会環境じゃないし
俺が生まれ変わりだって事も、知っていたのは有角だけかもしれないな
あとユリウスか

348 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/15 03:46
>344
有角、アルカード…まさかな
だが、あの魔力、あの姿…俺の体が、懐かしがっている?
兄弟と言う可能性もあるが、いや、文献にそんな事は全く…どういうことだ?
すまない。答えられそうにない

>346
ジュスト・ベルモンドのように、家具を置く趣味はないからな
どこ言っても殺風景と言うイメージがあるな。正直な話
あえて言うなら、入り口かな?
有角の力で結界は張られてるし、弥那やハマーもいるしな

349 :以上、自作自演でした。:04/01/15 06:46
国民年金の納付は大丈夫ですか?
お忙しい方は便利な口座振替をご利用ください。

350 :以上、自作自演でした。:04/01/15 06:52
一番食らいたくない武器は何ですか?

351 :以上、自作自演でした。:04/01/15 09:37
蒼真たんは、幻夢宮の女の子たちの魂…もとい心を片っ端から掴んで放さない
類い稀な女の子好きなんですね。あんたも好きねぇw



紹介してくれないので、あのコの耳にも入るよう噂を広めておきました。

他のみなさんは、どんな女の子魔族が好きですか? フローズンハーフもアリで。

352 :白馬弥那:04/01/15 13:35
誰かに呼ばれた様な気がしたんだけど…

>>351
・・・。

蒼真君!
私が知らない間に随分と楽しそうな事があったのね?

353 :有角幻也:04/01/15 14:18
>301 ラルフ
気にするな。
それより私を信頼に値するとお前が評してくれることこそ心から光栄に思う。
こんな素性も知れない者に…。
かつてお前が共に戦った者達、
アルカードはもとよりそれ以外にしろそれは当時の社会からすれば容易く受け容れられるようなモノではなかった筈だ。
非常時ゆえの共闘関係などといったものでなく真の仲間とした。
その懐の深さ、当時の者達に代わって礼を言う…。

>306
他者のとあればどうとも…レプリカ以下の単なるフェイクに過ぎない。
だが、それが自らのとなれば話は違う。
ベルゼブブやレギオン、その他…それがどれだけ醜悪な怪物だろうと敵わない程におぞましい存在だろうな。
自分ではないのだから文字通り「自分ではない」のだがそれでも自己を否定されたような恐怖感に襲われる。
……まったく気分の悪くなる相手だ。

>308
威嚇としての行動、奴自身の昂揚感の表れ、
そして何よりも人が決して超えられない「死」そのものに挑むその愚かさへの侮蔑。
おそらくはそれらが混じりあった結果「笑い」というものになったのだろう。
事実どのベルモンドも奴を打ち破ることはできても死を克服できた者は誰一人としていないのだからな。
真の意味で死神を倒すことは人には…いや、死を持つ者全てか…。

354 :プロセルピナ:04/01/15 22:21
>346
ようこそ。城内で気に入ってる場所、ですか…? そうは言われましても、
悪魔城という場所は常に変化を続ける場所であり、それは人間界に
現出していない時期でも同様の事が言えるのです。故に、その間に生まれ、
そして消えていった場所を具体的に御伝えするのは無理がございます。
ですので、御部屋の名称でお答えする事はできませんが…きらびやかな装飾や
絵画等が飾られている場所が好きですね。そういった装飾をお手入れするのも
私達の命でありますし、それらが綺麗になると少しばかり達成感が得られます。
消えてしまった装飾の中には、もう一度磨いてみたい物が多々ありますね。
>347蒼真様
こんばんわ、蒼真様。誰を招待した…と申されましても、私達が誰かを、
あるいは新たな城主様をお招きしたわけではありません。それらは全て、
この悪魔城に宿る意志(みたいなもの)がなさるのです。それらに加えて
城主様の意向が加わる事もありますが、今はおられないため全て城の
一存によるものでしょう。もっとも、招かざる者…代表例として
ベルモンド一族などのような方々は、その限りにありませんが。

355 :プロセルピナ:04/01/15 22:22
>349
ようこそ。国民年金の納付…と申されましても、私には何の事やら
理解いたしかねます。私達を含む魔族は、出身地の差は各々にあれど、
何処かの国に所属しているわけではありませんので。…しかし、
その便利な口座振替というものには興味があります。それを活用する事により
一層、悪魔城がよくなるものであるのでしたら、お話をお聞かせ願えないでしょうか。
>350
ようこそ。一番食らいたくない武器、ですか…? それ以前に、攻撃を
受ける事自体が嫌なものです。その中でも、クラウ・ソラスや
ファイナルソードのような巨大剣で叩き斬られたり、鈍器等で変形する程
殴られるのは想像したくないですね。特に鈍器だけは絶対にお止め下さい。
私達に限らず、女性型の魔族の方々が一様に嘆き、悲しみになられる事でしょう。
あと、人間の軍隊が大量に傾れ込んできた時、彼等が持っていた銃という武器には
手を焼かされました。文明の進歩というものは、実に厄介ですね。

356 :プロセルピナ:04/01/15 22:23
>351
ようこそ。女の子魔族…女性型の魔族、という事ですね。
しかし、そうは申されましても、その方々にこれといって特別な感情を
抱いた事はありません。ただ…これも悪魔城の特質なのでしょうか、
外界では各種属が個々で存在しており、協力以上の関係を持つ事は
極々稀であるのに対し、城内においては奇妙な連帯感が生まれる事も
珍しくありません。一時期、ガラモス様が城内にいた事を考えていただければ、
それらについて理解していただけるのではないでしょうか。
>352
ようこそ、悪魔城へ。いつぞやか、城門の方におられた女性の方ですね。
あなたの旦那様もおられる事ですし、城門付近に留まってばかりではなく、
こちらにおいでいただいてはどうでしょうか? 私達も新たな命により、
あなたを排除するような事はいたしません。よろしければ、ごゆっくり
おくつろぎください。三年ミルクはお召しになりますか?

357 :ラルフ・ベルモンド:04/01/15 23:07
>343
俺は幼い頃からヴァンパイアハンターとしての修行を積んできたが、
ベルモンドの力が覚醒していくにつれて人々が俺を恐れ近付かなくなっていった。
人々が俺の力を恐れるのと同じように、幼い頃の俺は人々の冷ややかな視線が怖かったよ。
そういう状況に耐えられなくなって俺は人との関わりを断った。
そして青年になってからも結局そのまま一人で生きるようになってしまった。

>344
アルカードのことは一緒に戦った仲間としてよく知っているが、
有角のことは俺はまだまだよく知らないので何とも言えない。
おいおい知っていけば何か分かってくるかもしれないな。

>346
俺の場合は悪魔城城内では寄り道せずに進んだからあまり多くの場所は知らない。
それよりもワラキアの各地で様々な場所を見てきた。その中で特に印象に残ったのは
悪魔城につながる時計塔だな。あの塔の機械仕掛けは驚くほど精巧に作られていた。
だからこそ時計塔を建物ごと崩壊させる罠があろうとは想像もつかなかった。
もう少し遅れていれば俺も瓦礫の下敷きになっていただろう。

358 :ラルフ・ベルモンド:04/01/15 23:09
>347 蒼真
基本的なサブウェポンは一通り使える。その中でも自信があるのはクロスだな。
俺のクロスはアックスアーマーの盾ごときで防げる代物ではない。
盾に限らずいかなる敵であれ、例えドラキュラ自身であろうとも必ず貫き通す。
そのクロスも変身したDEATHには難なく弾かれてしまったがな。
認めたくないが、あの時にははっきりと死線を越えかけた自分が見えてしまったよ。
ところで、君は鞭を持ったスケルトンに出くわしたことはないか?
あれは「死門」と呼ばれているらしいが、奴のソウルを手に入れれば
君にも鞭が扱えるようになると思う。まあ、自分が気に入っている力を使うのが
一番いいのだが、もし出くわすことがあれば取得しておいて損はないだろう。

>349
国民年金?……そう言えば俺は一体どこの国の国民なのだろうか?
今まで誰も俺の所に税金を取りに来たことがないから全く分からないな。

359 :ラルフ・ベルモンド:04/01/15 23:11
>350
攻撃力で言うならばやはりDEATHの大鎌だろう。
俺が持つヴァンパイアキラーを除けばあれ以上の強力な武器は見たことがない。
精神的な意味ならばベルモンドの者として鞭による攻撃は絶対に食らいたくないな。

>351
俺が戦った女性の魔族と言えばメデューサしかいないが、好き嫌い以前に
視線など合わせてしまえばたちどころに石に変えられてしまう。まともに戦うならば
奴が視線を合わせようとした時にはその魔力が届かないところまで下がる必要がある。
もっとも、実際に俺達が戦った時にはグラントが機転を利かせて
メデューサの視線が届かない天井から攻撃してくれたので助かった。

>352 弥那
プロセルピナが言っていた蒼真の正妻というのは君のことなのか?
蒼真の異質な力を知ってなお、それを受け入れて信じることができる心……
俺は、いつかは君のように特異な力を持つ者も理解してくれる人々が現れると信じて
戦ってきたが、それが遙かな未来であれ叶ってくれてよかったと思っている。
いや、余計なことを聞かせてしまってすまなかった。聞き流してくれ。

360 :以上、自作自演でした。:04/01/16 20:15
おじいちゃんがぼけてしまいました

361 :以上、自作自演でした。:04/01/17 00:48
サブウエポンの聖水ですが…

・地面に軽く放り投げて割る
・地面に思い切り叩きつけて割る

どっちがいいんでしょうか。

362 :以上、自作自演でした。:04/01/17 13:33
聖水の作り方を事細かに教えて下さい


分からない人は好きな味噌汁のぐを教えて下さい

363 :プロセルピナ:04/01/17 18:51
>360
ようこそ。…さようですか。しかし、そのようなことを申されましても、
私達の身内でも、ましてや悪魔城に住まう者ですらない人間が
どのような状態になられようと、私達の知る範囲ではございませんが…。
…そうですね、もしそのご老体があなたにとって不要となられた場合には
ぜひ、私達の所にお連れ下さい。多少新鮮味に欠けるとは言え、
魔導掃除機の食欲を満たすには十分でございましょう。
>361
ようこそ。…サブウェポンの聖水、と申されますと、ベルモンド一族が
御多用になる、あの聖水の事ですか? あれ等は、触れるだけで身体に
悪影響を及ぼしますので、うっかり何の用意も無しに拭こうとして
被害に遭う仲間達も多いので、非常に迷惑この上ないのですが…。
加えまして,割れたガラスの破片もまた、非常に危険な物ですので、
そもそも割って使用する事自体をお控え頂きたいぐらいです。
>362
ようこそ。…聖水の作り方ですか。…聖水を使われる事自体が嫌だというのに、
その作り方だなんて…あ、いえ、何でもございません。詳しい事は
分かりませんが、聖水とひとくちに言っても、その製法は様々あるようです。
もっとも一般的な物は、不純物の含まれない純粋と少量の塩を用意し、
儀式を行ないながら塩を水に溶かして作るのだそうです。蔵書庫の掃除中に
読んだ本にはそのように書かれてありました。

364 :以上、自作自演でした。:04/01/17 22:27
衝撃の告白をして下さい

365 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/18 16:04
>349
俺まだ18歳だぜ?1年経ったら考えるさ
大学はもちろん出ておきたいんで、それも踏まえてな
今の時代、年金なんてあってないようなものだけどな
多分有角やヨーコさんと一緒にヨーロッパの方で暮らす事になるだろうしさ
いや、願望も含んでいるけど

>350
何回か言ったと思うけれど、やはりヴァンパイアキラーだ
完全に覚醒していない俺でさえ、恐ろしい苦痛を味わった
しかも手加減して、だ
これを食らいたいと思う闇の住人など、存在しないだろうさ

>351
誰がそんな事言った
男だろうと女だろうと、俺を邪魔するヤツは全て敵だ
紹介くらいならしてやるが、命の保証はしてやらんからな
それでもいいのか?

>352 弥那
み、弥那!?
誤解だ!俺はプロセルピナとなにも…はっ!貴様!サキュバスだな!
騙そうとしても無駄…なわけないな
とにかく違うんだ!弥那!

366 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/18 16:04
>354 プロセルピナ
確かに、ベルモンドは悪魔城につくまでも一苦労らしいからな
だからって、俺もこの城の意志通りに動くつもりはない
邪魔をするなら、城ごとお前たちも消してやるつもりだ
この状況で、容赦などしていられる訳がない事くらい、わかるだろう?

>358 ラルフ
いや、俺は会った事はない
ジュストやあんた、それに異世界の侍が死門と遭遇したと言うはな死を聞いたことがあるが
しかし、鞭を振るうとは言え、所詮はヴァンパイアキラーなどではない、紛い物の鞭だろう?
そこまで高い効果を発揮するとは、思えないんだけど

>360
ドラキュラは、もう1000歳を超えているらしいな
だからといって、ヤツがボケるなどと、考えすぎじゃないか?
大体そのような事態、アルカードは兎も角、DEATHが見過ごすはずがないからな
ドラキュラも、老衰には勝てないのか?そんな事はないと思うが

>361
前者だな。間違いなく
聖水は、瓶に詰めてある状態でも立派にダメージになる
体にぶつかり、瓶が割れたためか、
瓶越しにでも、その聖なる力が発揮されるのかはわからないけどな

367 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/18 16:05
>362
むしろ俺が知りたいよ。事細かにね
しかし、蜀台を壊せば出てくるところからみるに、ただの水ではないことだけはわかる
ナイフや、クロスもそうだけどな
好きな味噌汁の具はまいたけだ。何故そんな事を聞くはわからないが

>364
そうだ。俺が、俺がドラキュラだったんだ
とんだ笑い話だ。出てこいよ、有角、いるんだろ?

368 :白馬弥那:04/01/18 18:48
>356 プロセルピナさん
はじめまして、おもてなし有難うございます。
だ、旦那様だなんて!私たちはまだそんな関係じゃ…!!
三年ミルクですか
思い切って私も飲んでみようかしら。

>359ラルフさん
はじめまして。ヨーコさんから貴方の事は少し聞きました。お会いできて嬉しいです。
たしかに蒼真君の真の姿を知った時は、とても驚きました。でも、それよりも彼が苦しんでいるのに、何も出来ない自分が悔しかった…
だから、そう言って頂けるととても嬉しいです。私にはただ、蒼真君を信じる事しか出来ないから…

369 :白馬弥那:04/01/18 19:21
>360
そうなの・・・。私で力になれるなら何でも相談してね。
もし良ければ良い老人ホームを紹介するわ。

>361
ごめんなさい、私そういう事には疎くて・・・。
私も少し勉強した方がいのかしら。

>362
じゃあ好きなお味噌汁の具を答えるわね。
私はお麩が好きよ。

370 :白馬弥那:04/01/18 19:44
>364
いままで黙っていたんだけど、実は私・・・

や、やっぱり駄目!こんな事言えないわ・・・

>365 蒼真君
あっ、おかえりなさい。
わかったわ、蒼真君がそういうなら信じる。
でも・・・別にプロセルピナさんとの仲を疑ってるなんて誰も言ってないんだけど。

371 :ラルフ・ベルモンド:04/01/18 22:07
>360
人は誰もがいずれは老いる。そういう状態になることは避けられないことだ。
それでも、その人のことを最後まで見届けるのが君の役目だ。
自分も年老いた時に子や孫に見捨てられていい気分ではいられないだろう?

>361
どっちでもいいと言えばそれまでだが、俺は軽く放り投げている。
どのみち遠方に力強く投げようとしてもうまく狙いが付けられないからな。
だからガラス瓶そのものが敵に当たってもそれだけではうまく割れてくれない。
割れなければ聖水の炎が燃え上がらず、致命的なダメージは与えられない。
ただ、聖水を入れたガラス瓶自体にもある程度の魔力が発生するから
瓶を魔物が受け止めて地面に落とさないようにすることはまず無理だろう。

372 :ラルフ・ベルモンド:04/01/18 22:09
>362
通常の聖水はきれいな水と少量の塩を用意し、神に祈りを捧げ塩を水に溶かして作られる。
厳密な手順が定められているが、それより大事なのは神への信仰心を忘れないことだ。
さすがに俺が持っている聖水のように聖なる炎で魔物を焼き尽くすことはできないが、
自分や建物の周囲などにふりかけておけば魔除けとして効力を発揮するだろう。
ちなみに聖水に限らず塩は魔除けの力を持っている。
この国でも「お清め」として塩を玄関先などにまいておく風習があるようにな。

>364
衝撃の告白と言われても、さて何を言ったら良いのやら……。
ベルモンドが悪魔城に姿を現したこと自体、多くの者に強い衝撃を与えたが、
俺自身は多くを語っていないし、むしろ俺の方が衝撃を受ける話をたくさん聞いたよ。

373 :以上、自作自演でした。:04/01/18 22:41
そういえばデスさまどこいったんだろう・・・・



質問、好きな食べ物は?

374 :以上、自作自演でした。:04/01/19 00:02
・一般人でも余裕で勝てる
・一般人でも頑張れば勝てる
・素人はすっこんでろ
・遺言を準備しておきましょう

それぞれに当てはまるモンスターを1種類づつ挙げてみてください。

375 :プロセルピナ:04/01/19 00:36
>364
ようこそ。…衝撃の告白ですか。そうですね…実は私、一見は普通のようですが、
人間ではなく、魔の者だったりします。…そんな事は知っている? そうですか…。
では、本命を。実は私…神の力を持っています。…とは言っても、それは
ごくごく一端であり、DEATH様のような、真に神たる力を持つわけではありません。
同名の女神の、心の負の部分が地に堕ちた時、そこから生み出されたのが
私達なのです。
>366蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…そうですか。悪魔城が、どのような事情によるものなのかは
いささか私では判断しかねるのですが、意志で人間を招き入れる事は非常に
稀なケースでもあるのですが…それは実に残念な事です。
…ところで、何か慌てておられるようですが、いかがなさいましたか?
私達となさった事について、今さらながら何か問題でもありましたか?
本来、問題にすべきは蒼真様ではなく、私達ではあるのでしょうが。

376 :プロセルピナ:04/01/19 00:38
>368弥那様
こんばんわ、弥那様。…いえ、おもてなしは、私達の命ですから、お気にかけず。
…そんな、御謙遜なさらず。あなた様と旦那様…蒼真様との御関係は、
この悪魔城の歴史の中でも前例がない程、と噂されるくらいですから。
…ところで、なにやら蒼真様と私達との関係が気になられているように見えますが、
気になりますか?
>373
ようこそ。…DEATH様の所在ですか? それでしたら、>338->339辺りを
隅々まで御参照していただければ幸いでございます。
…好きな食べ物、ですか? そうは申されましても…私達などは、これといって
特定の物質を摂取しなくとも生きてはいける存在ですので、食生活というものが
身に付いておらず、必然的に好き嫌いなどは生まれないのでして…すみませんが、
お答え出来ません。
>374
ようこそ。…それぞれに当てはまるモンスターを、ですか? そうですね…。
・一般人でも余裕で勝てる:スケルトンソルジャー
・一般人でも頑張れば勝てる:ブレイズ・ノーヴィス
・素人はすっこんでろ:ヴィクトリーアーマー
・遺言を準備しておきましょう:ファイナルガード
…こんな所でしょうか。多少、偏りがあるように見受けられるのは気のせいだと思われます。

377 :有角幻也:04/01/20 13:14
>316
あくまで結果。そうなるな。
ベルモンドのサイドに付いたというよりは反ヴラドとした方がより正しい。
ヴラドとアルカードの関係については今更でもないだろう。
「アルカード」その名の示す通りだ。
ドラキュラの息子が名乗るには、配下の者に…挙句ドラキュラ本人に呼ばせるには
あまりにも「ご無体」となるだろう。そういうことだ。
あとは概ね蒼真の推測に添うかたちになる。
だがしかし、当時のアルカードにそのような自覚はなかったかもしれないが
ヴラドを忌む心、ただそれだけで刃……牙とすべきか…を向ける決意に至ったのではないのかもしれんな。
母の想いに殉ずる…そこにあるのは人間への愛に終わらない。
他ならぬヴラドへの愛も含まれるのだろうからな…。

>319
もしもツチノコがこの世のモノでないとすれば果たしてどうする。
偶然目にした魔界のモノを未確認の生物とそうしているとすれば。
無論未確認の生物であることには変わらないが。
チュパカブラ、スカイフィッシュにしてもだ。
魔物であるのならば悪魔城に存在することは何ら疑問視することではないだろう。
断言はしないが。ことの真偽を追い求めるのもまた楽しいだろう。
…並みの人間が易々訪れる場所ではないのは確かだが。

378 :有角幻也:04/01/20 13:17
>326
力を得たグラハムは充分に「ドラキュラのよう」には見えなかったか?
詰まるところの答えはイエスだ。
ドラキュラの器ではないというだけでグラハムとて元々全くの無力ではなかっただろう。
よって狭義においては違ってはくるかもしれないが。
奴をお前の「一般」に当てはまると仮定する。今回はそうせてくれ。

>330
既に魔界であるということ…人の世とは別物であることへの意識だな。
現れる魔物といった目に見えるモノだけでなくその世界を支配する法則までも全てが異なると忘れてならない。
何もかもが「非科学的」であったとしてもそれが消えてなくなるわけではない。
むしろ科学の限界を思うべきだ。

>333
家具の収集と部屋の装飾を…これは嘘だが。
最近というわけではないのだが、昔から収集癖はある方だな。
レア物と聞くと無闇に探してしまいがちなところはある。
集めること自体を目的としてしまうためその後何かと困ることが多い。
…バカげているとは解っているつもりだがな。

379 :有角幻也:04/01/20 13:18
>334
あれはただドラキュラを騙っていただけだ。
…それを半端と表すことも可能だろうがな。
代償といえばDEATHの言うよう奴の人生そのものだろう。
自分はドラキュラだとそう思い込んだ、妄想に取り付かれてしまったときから
その先全てを犠牲にしてしまっているのだからな。
それでも奴が何かを得、死の瞬間満足だったと呟けられるならともかく…。
お前の目にもあれは哀れにしか感じられなかったのではないか?

>335
その願いどうやら叶ったようだな。
ひとまずはそんなお前を祝すとしよう。
もっともプロセルピナなどはただ人の女に卑近した外観を有するだけでほうでないものと
なんら変わらぬ本質のモノなのだがな…。
無粋と思うならば聞き流しても構わない。

380 :以上、自作自演でした。:04/01/20 16:24
なんかの中ボスをラスボスに昇格させましょう。
フランケンとかメデューサとか。

381 :以上、自作自演でした。:04/01/20 17:13
蒼真たんは、HP・防御力を限界まで上げ、ヒールリング・アルラウネ・ウッドゴーレムで
万全の用意をした上でわざとサキュバスたんに長時間チョメチョメされていたって
本当ですか?

他のみなさんは、女の子魔族に、一瞬でも思わず胸キュンした事はありますか?

382 :以上、自作自演でした。:04/01/20 22:19
>380
ようこそ。…中ボスを、ですか? しかし…そのような事をなさってしまっては、
キャッスルヴァニアの伝統が崩れ去ってしまいませんか? …とは思ったのですが、
最近はそうではないのですね。DEATH様がそうなられたとも聞きますし…
しかし、それはDEATH様の力や徳があってこそによるものであり、
誠に申し上げにくい事ではありますが、フランケン様やメデュ−サ様のような方々では、
城主様の代役を勤める事はほぼ不可能ではないかと思われます。
>381
>381
ようこそ。…思わず棟キュン、ですか? 失礼ながら、その「胸キュン」とは
いったいどのようなものでございましょうか? 悪魔城に務めて長くはありますが、
その中で貯えた知識を持ってしても、その「棟キュン」というモノが
如何なるモノなのか、私にはいささか理解いたしかねるのです。
お手数をおかけして申し訳ありませんが、お教えいただけないでしょうか?
…いずれにせよ、女性型の魔族に対して何かがあった、という事はございませんが。

383 :プロセルピナ:04/01/20 22:21
…真に申し訳ありません、名前が抜けていたようですね。
加えて、本文中でもミスを冒してしまいました。

384 :ラルフ・ベルモンド:04/01/20 22:22
>373
何でも好き嫌いなく食べるが、やはり悪魔城の肉が一番美味しいな。
それはそうとして、何故俺の場合は肉しか手に入らないのだろうか?
しかも壁の中に隠されているから気を付けて調べないと見落としてしまう。
それだけに苦労して見つけ出した肉は格別の味だ。

>374
・一般人でも余裕で勝てる:コウモリ(ほぼ直進で飛んで来る、攻撃力低)
・一般人でも頑張れば勝てる:メデューサヘッド(やや上下に蛇行、攻撃力中)
・素人はすっこんでろ:フライングスケルトン(大きく上下に蛇行、攻撃力高)
・遺言を準備しておきましょう:カラス(しつこく追って来る、こいつも攻撃力高)
何だかただのランク付けになってしまったな。しかし普通の場所ならばともかく、
水道橋で半魚人の相手をしながら襲ってくるカラスにも対応するのはかなり厳しい。
もちろんカラス相手に遺言状を書くつもりはないが。

385 :ラルフ・ベルモンド:04/01/20 22:23
>380
俺はあくまでドラキュラと戦うためにやって来たのだから、
他の魔族がどれだけ残っていようともドラキュラを倒せばそこで戦いは終わる。
奴が呼び寄せた魔物達は悪魔城もろとも消滅することだろう。
まあ、他の誰かが新たな魔王になるならば話は別だが、
他に全ての魔物を統率して俺達と戦える程の資質を持った魔族がいるのか?
少なくともフランケンやメデューサは力こそあれど魔王の資質は到底あるまい。

>381
無いな。その一瞬が時には死を招くこともある。
それでなくとも鞭を振るう時には一瞬の隙が生じるのに、
この上隙ができれば敵は難なく攻撃を当ててくることだろう。

386 :以上、自作自演でした。:04/01/21 20:12
「ありがたみがない」という言葉から真っ先に連想するものは何ですか?

387 :プロセルピナ:04/01/21 21:36
>386
ようこそ。…ありがたみがないもの、ですか? そうですね…これはあくまで
人間にとって、という観点から考えたものですが、悪魔城内にある礼拝堂の
類いの区画はありがたみがあまり無いかもしれませんね。あの場所にて
礼拝する対象は神ではなく、人間にとっては異端とされる存在ですから。
つまり…キリスト教に敵対する神や悪魔など、ですね。

388 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/22 02:42
>370 弥那
思いきりそれを聞きたそうな気がしたけど、気のせいだという事にしておくよ
信じてくれてありがとう、とも言っておく
しかし、今回の経験、弥那はどう思う?
まさか神社が日食に続いているなんてさ…
いや、俺の所為かもしれないけど

>373
カレーライス!
これだけは誰にも譲ることはできないな
肉も好きな事は好きなんだけど、そこまですきでも、なぁ
29しか回復しないし。あまり意味があるものでもないな

>374
一般人って、どれくらいのレベルが一般人なのかわからないんだけど
まぁ、いいか。さて
・一般人でも余裕で勝てる  ゾンビ
・一般人でも頑張れば勝てる  スケルトン
・素人はすっこんでろ  その他ザコ
・遺言を準備しておきましょう  ボス
何かありきたりな解答で申し訳ないな

>375 プロセルピナ
あぁ、強いていうなら、俺を無理やりここに連れてきたことがまず気に入らない
ただ、今回無事に脱出できても、ドラキュラと俺の楔を完全に千切らなくちゃダメらしいから、どの道仕方なかったんだろうけどさ
あぁ、慌ててた事についてはもういいよ
魔物はどうだかわからないけれど、人間っていうのは、好きな人を独り占めしたがるものなんだ

389 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/22 02:42
>380
悪魔城ドラキュラ…今は違うけど
その名前を冠する以上、ラスボスはドラキュラじゃないとマズイだろう
俺の場合はカオスだったけどな
俺がドラキュラなだけに、それは仕方なかったと思って欲しい
話は戻るけど、フランケンやメデューサがラスボスになったところで、
緊迫感が薄れるだけじゃないか?きっと

>381
そんな事して何になるんだ?
ヤツに吸血されるなんて、面白くも何ともないよ
たとえ痛くなくても、サキュバス何かに上げる血は一滴もない
散々ソウルを使ってる俺が言うのも、少しだけおこがましい気はするけどな
ということで結論、ウソ、そういうことだ

>386
個人的に好きなソウルなんで、あまりこいつを例に挙げたくはないんだが…
バロールのソウル、消費MPの割りに、大した働きをしてくれない気がする
あの消費なら、レッドミノタウロスの斧のほうが、数倍働いてくれるよ
ただ、これ以上に有難味のないものが力1UPなどといった飾りにもならないソウルの数々
でも、カオスリングのためには取らなければならない…はぁ、不毛だ

390 :以上、自作自演でした。:04/01/22 07:26
グーグルで検索して調べたのですが、かのドラキュラが滅びたという
1999年の戦いはゲームにはなっていないのですね。
いずれ、なるのかもしれませんが。

391 :白馬弥那:04/01/22 16:25
>373
シュークリームが好き!
ふんわりしてて、とっても美味しいから。
前にお城にいた時に、よく蒼真君が持って来てくれたの。
でも、これ何処にあったのかな?
何となく、虫みたいな匂いがするんだけど…気のせいかしら?

392 :白馬弥那:04/01/22 16:35
>374
私も一般人なんだけど、蒼真君から見せてもらった魔物図鑑を参考に考えてみたわ。
・一般人でも余裕で勝てる:こうもり(私でもなんとか出来そう)
・一般人でも頑張れば勝てる:スケルトン(これも何とかなるかも?)
・素人はすっこんでろ:アイアンゴーレム(特殊な能力が無いと大変)
・遺言を準備しておきましょう:ボス全般(一般人には無理じゃないかな…)

>376 プロセルピナさん
そ、そうなんですか…。噂にまで…
…はい、蒼真君との関係は、ちょっとだけ気になってます。
あっ、でも本当にちょっとだけですから!

393 :以上、自作自演でした。:04/01/22 16:45
弥耶たんのお尻ゲトーなでなで

悪魔城の装飾品を一つでも欲しいと思った事はありますか?

394 :以上、自作自演でした。:04/01/22 18:16
最近でなくてもいいですが、感心したことをあげて下さい。

395 :白馬弥那:04/01/22 18:42
>380
玉座の間で待つフランケンやメデューサ…
う〜ん、やっぱりドラキュラじゃないと、まずいんじゃないかな?
この前の件は特例として。

>381
もう、蒼真君ったら…
前はずっと入り口にいたから、女性型魔族はもとより、ほとんど他の魔物も見たこと
が無いの。
実際会ってたとしても、怖いという気持ちの方が強いかもしれないわ。

>386
ありがたみがない、ですか?
そうね、私の人形かな。(蒼真君のもあるけど)微妙に使わない上に、
使ったとしても、魔物に利用されるだけで…なんか、悲しいな。

396 :以上、自作自演でした。:04/01/23 00:59
悪魔城特産の肉はレアですか、ミディアムですか、
それともウェエルダンですか?

397 :以上、自作自演でした。:04/01/23 03:06
そんなことよりちょっと聞いてくれ、
一言で終わるから。死後の世界の話。

あのよ、




ププ

398 :以上、自作自演でした。:04/01/23 05:28
壁を壊して出てくる肉って、魔物がこっそり隠しておいたんでしょうか

399 :プロセルピナ:04/01/23 09:30
>388蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…無理矢理、ですか。その様子ですと、普通に
招待状を送るなどをなさっても、来てはいただけなかったのでしょうね。
しかし、城門までは少なくとも、自発的に来ていただけるように
コトが運ばれたところを考えますと、やはりこの城は偉大ですね…。
…独占ですか。好きな人、という概念が理解できませんので
なんとも言えませんが、そういうモノなのだと覚えておきましょう。
>390
ようこそ。…少し前の事でございますね。はい、その当時の話は
今の所、知るのはごく一部の者達のみのようです。もっとも、
私達といたしましては、城主様が滅ぼされてしまった、などという話が
現世に出回るのは、非常に耐え難いことでもあるのですが…。
いずれにせよ、それが歴史の表舞台に立つ可能性はあるようです。
>392弥那様
こんばんわ、弥那様。…そうですか。しかし、私自身は蒼真様にお会いしたのは
ここが初めてです。むしろ関係があるのは、他の大勢の仲間達の方ですね。
蒼真様にお会いした者はプロセルピナ仲間のみならず、他の者達も皆、
一様にイタイことや激しいことをされたのです…。時には経験の為、また時には
私達が大事に守っているモノを奪うため…手を出される理由も様々でした。
…いえ、特に他意はございません。それが彼女達の運命だったのでしょう。
ハ−ブティはいかがですか? 落ち着きますよ。

400 :プロセルピナ:04/01/23 09:32
>393
ようこそ。…悪魔城の装飾品を、ですか? とんでもございません、
そのような事をなさっては、それはこの城に住まう上での不名誉となり、
最悪罰せられてしまいます! 過去、命知らずの人間が幾度となくそれを目当てで
この城に侵入し、各々如何なる仕打ちを受けられたか、お話しましょうか…?
私達などは、それだけの価値がある装飾品を磨いたりするだけで満足でございます。
>394
ようこそ。…感心したこと、ですか? そうですね…では、私がこの悪魔城で
仕事をしていて気付いた事を一つ、お話しましょう。この悪魔城は現世の
存在ではないため、外観より遥かに広い区画もございます。その代表例が
蔵書庫でしょう。あそこには本と呼ばれるものが全て存在するばかりでなく、
新たに本が書かれますと、その度に本が棚へ追加されてゆくのでございます。
悪魔城蔵書庫には、あなたの探している本が「必ず」ございます。
もっとも、それを探し当てられるかどうかは保証いたしかねますが。
>396
ようこそ。…肉の火の通り具合、ですか? それは…人間がそうであるように、
魔族にもそれぞれ好みという者がございますので、それらは実際に
肉を所持している者に直接聞いてみなければ分からないと思われます。
上は生から下は炭化まで、千差万別です。…いえ、生はともかく炭化したモノを
好んで食べるのは、ごくごく一部のみですが。お申し出いただければ。
好みの焼き加減にして差し上げましょう。

401 :プロセルピナ:04/01/23 09:32
>397
ようこそ。…一言のみで終わるのでございますか。それでよろしいのでしたら、
聞かせていただけないでしょうか。…しかし、死後の世界の話をそんなに
手短く語る事などできるものなのでしょうか。…。…? …! …もしかして、
そういうことでございますか? なるほど、たった一言ですね。
これだけで済むのでしたら、気の短いルビカンテにも全て聞いてもらえるでしょうし、
お話が終われば即座に脳味噌を串刺しにしていただける事でしょう。
>398
ようこそ。…壁の中の肉、ですか? 昔はよく見かけましたね。しかし、
あのような行為は、当の本人は何を思っての事かは理解いたしかねますが、
時に隠したまま放置してしまう方もおられ、それが腐りだした日には
掃除を担当する私達が非常に迷惑するので、できればお控えいただきたいのですが…。
最近はそういう方もおられませんので、少しホッとしています。

402 :以上、自作自演でした。:04/01/23 13:28
>イタイことや激しいことをされたのです…。時には経験の為、また時には
>私達が大事に守っているモノを奪うため…手を出される理由も様々でした
・・・・弥那さん,,,どうおもう?


403 :白馬弥那:04/01/23 14:47
>388 蒼真君
うん…。信じてるから、あえて聞かない事にしておくね。
今回の件は本当に驚いたわ。今でも昨日の事の様に、覚えてるもの。
私だって神社が日食に続いているなんて、考えた事もなかった。
色々あったけど、蒼真君が変わらなくて本当に良かった…。
それにしても、やっぱり1999年の事が気になるわね。
お父さん達は、その時の事に関しては何も話さないんだけど…。

>390
蒼真君にも言ったんだけど、1999年の事は私も気になっているの。
いつになるかはわからないけど…どんな事があったのか、詳しく知りたいわ。

404 :白馬弥那:04/01/23 15:01
>393
きゃっ!!やめてくださいっ;
…そ、それはさておき、悪魔城の装飾品ですか。勝手に持って行くのは良くないけ
ど、 
私は幻夢宮の大きなソファーに一度でいいから、そこで寛いでみたいわ。

>394
感心したこと…。悪魔城がいつも綺麗なことかしら。
戦ったり、装飾品を壊しちゃったりしてるのに、すぐに片付いているんだもの。
プロセルピナさん達が頑張ってるのかな?

>396
私はそのお肉はまだ食べた事が無いの。どんな味なのかしら…
調理方法も気になるわ。

>397
・・・たしかヨーコさんは、この手のネタが好きだったはずよ

405 :以上、自作自演でした。:04/01/23 21:21
暁の円舞曲の「宿命の十字架」、とてもいい曲ですね


あなた方はどの曲がが好きですか?

406 :ラルフ・ベルモンド:04/01/23 21:40
>386
金貨の入った袋、これは本当に何のありがたみもなかった。
悪魔城でも買い物できる場所はあるらしいが、そのことを俺が知る由もなく
さっさと先を急いでいたから全然使い所がなかった。
かと言って短剣の代わりに敵に投げてもダメージを与えられるとは思えないしな。

>390
1999年、ベルモンドとドラキュラの最後の戦い……か。
ベルモンドとドラキュラの最初の戦い(実際は二度目らしいが)を繰り広げた俺としても
詳細を知りたいところだな。もちろん本来俺が知ることはないのだろうが。

>393
魔導器のように戦いの役に立つ物ならば俺も何か欲しいと思っているが、
ただの装飾品ならば別に持って帰りたいものは見当たらなかった。
ここの装飾品は高級すぎて俺の家には全く合わないだろう。

407 :ラルフ・ベルモンド:04/01/23 21:42
>394
感心などと安易な言葉で語りたくはないが、俺が何も知らずに人里離れた場所で
安穏と生きていた時にも多くの者達がドラキュラと戦っていたことがそうだな。
俺の仲間達は言うまでもなく、教会の兵士やワラキアの民のような普通の人間さえも、
ドラキュラに対して勇敢に立ち向かって行ったことは驚嘆にも値するだろう。
結果は無残なものだったが、そういう一人一人の強い思いこそが
俺を悪魔城に導いたのかもしれない。

>396
これはその時によって変わっているな。多くの肉は比較的火が通っているが、
場所によってはほとんど生に近い肉も置いてあったりする。
それでも俺は気にせず食べている。元々の質がいいのかどれも美味しかったな。

>397
ふふ……俺の死後の世界については到底一言では片付かないな。
俺達がドラキュラと戦った後もベルモンドの末裔、ヴェルナンデスの末裔、
多くのヴァンパイアハンター達、そしてアルカードが五百年以上もの間
ドラキュラと戦い続けたようだが、その記録は一言の冗談では語り尽くせないはずだ。

408 :ラルフ・ベルモンド:04/01/23 21:44
>398
そう考えるのが妥当だろう。まさか悪魔城の中に内通者がいて
俺達に肉を提供しているわけではあるまい。俺は肉の場所など全然知らないからな。
知らないからと言って、そこらにいる魔物を脅迫して在処を聞き出す暇などないから
結局は自分の勘で地道に探すしかない。通路の突き当たりに隠されていることが多いが、
希に俺達の意表を突くような場所に隠されていることもあるから油断ならない。

>405
悪魔城伝説の曲はどれも名曲揃いで甲乙付け難いものだが、
俺は「CLOCK WORK(時計塔)」と「AQUARIUS(水没神殿)」、
あと「OVERTURE(ドラキュラ変身前)」の三曲は特に良かったと思っている。
それと「DEJAVU〜VAMPIRE KILLER〜(悪魔城本館)」は定番としての良さがある。

409 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/23 22:14
>390
PS2のキャッスルヴァニアは絶対この話だと思っていたんだけど、残念だな
俺としては、ユリウス、有角、ヨーコさんの母親、ハマーの上司辺りに活躍して欲しい
人が多い理由は、アレだな。昔の方式にしてほしいからだ
早い話「悪魔城伝説」の強化版、これを希望したいわけだ

>393
ゴルァ!…悪い
悪魔城の装飾品、ジュストは確実に持っていきたがってたけど
他の人がどうかまではね
俺はあそこに落ちてた武器防具だけで…何かあった時のためにね
他には別に欲しいと思う物はなかったな

>394
有角が実はイヤなヤツじゃないとわかった時
ヨーコさんがいうには、無愛想だけど優しい、らしいけど、まぁ、納得してもいいか
ヨーコさんやハマーにも世話にはなったけど、振り返ってみると一番世話になったのはヤツだったな
本人の前では…まぁ、考えておくさ

>396
ウェルダンだと思う
なんかこう、悪魔城のコックって容赦ないイメージがあってね
火の通しも凄そうで怖い
カレーとかもんじゃとか作れるくらいだから、かなり有能なシェフである事は間違いない…のか?
いまいちわからないな

410 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/23 22:15
>397
どう反応しろと言うんだ?
本当に一瞬で終わった物だから、困ったな
しかし、死後の世界があるというのなら、滅んだはずのドラキュラは何故また蘇るのか?
魔界だけでなく、死後の世界とも自由に行き来できるのかもしれないな
あるいは、死後の世界が魔界そのもの…無理があるか?

>398
壁の中に埋めこむという、その神経が理解できないな
まぁ、人間が魔物の神経を理解する方が無理な話かもしれないけどね
しかし肉ならまだしも、カレーやもんじゃを壁のなかに埋め込んでたら、恐ろしいな
それでも平気で食べられるのだとしたら、魔物が少し羨ましくも感じるよ

>399 プロセルピナ
まぁ、魔物だとすれば、そうだろうさ
人を好きになる事は、一般的にはすばらしいことだとされているだけだ。人間にとって
でも、俺は元々ドラキュラになって世界をどうこうしようなんて意志は全くない
それを無視してこの城に呼び寄せたのはあんたらだろう?
それが少しむかついてね。弥那も巻きこまれたし
まぁそれを偉大と思えるのが、一般的なんだろうな。魔物にとっては

>402
敵なんだから仕方ないだろ
やらなきゃやられる状況だったんだ
…ソウル収集のためにこっちから襲ったことも否定はしないけど…

411 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/23 22:16
>403 弥那
有角は、何かを知っていたようだけどな
ユリウスもな。だからと言ってそれは過去のことだ
無理して聞くこともないと思う
それより、今、真に平和になったこの世界を楽しもう
普通の高校生としてさ

>405
そうだな。俺は誰かと遭遇した時の音楽である「予感」
それにユリウスのテーマである「夜まで待てない」が好きだ
しかし、宿命の十字架は覚えていないな
悪魔城の音楽堂にあったオルゴールには、その曲は入ってなかった

>406 ラルフ
>>ベルモンドとドラキュラの最初の戦い(実際は二度目らしいが)を繰り広げた俺としても
詳細を知りたいところだな。もちろん本来俺が知ることはないのだろうが。

本当は3回目らしいがI…何を言うべきか忘れてしまった

412 :以上、自作自演でした。:04/01/23 22:48
蒼真たんが若年性健忘症に!
パソコンを長時間使っている人に多いんだそうですよ。

413 :白馬弥那:04/01/23 23:18
>398
やっぱり、そうなのかな?ずいぶん変わった事をするのね。
やけに保存状態が良いのも不思議だわ。

>399 プロセルピナさん
蒼真君が色々お仲間にご迷惑をお掛けしたようで…ごめんなさい。
でも、彼にも事情があったので許して頂けると嬉しいです。
ハ−ブティ、是非頂きます。少し気分を落ち着けたいわ。

>402
今はしょうがないと思ってるわ。
でも…一瞬、誤解しちゃった。てっきり蒼真君がプロセルピナさん達を…
ううん、もう言うのはやめておくね。ここで言えるような事じゃないから…

414 :白馬弥那:04/01/23 23:32
>405
私は荒城回廊、夜までまてない、スタッフロールの曲が好きかな。
「宿命の十字架」も大好きな曲よ。(←某所のアレンジ版のものよね?)

>411 蒼真君
うん…。
せっかく本当に平和になったんだから、今を楽しむ事が大事だよね。
でも、ちゃんと勉強もしなくちゃね?
…それにまた、何かあったとしても皆が力を貸してくれるもの。

>412
そ、蒼真君、そうだったの?
私に隠し事するなんて、あなたらしくない!
でも、私も大丈夫なのかしら… 最近は良くパソコンを使うから。

415 :有角幻也:04/01/24 00:57
>343
遥か昔、あまり記憶に残っていない。いないことにさせてくれ。
幼少期を振り返ればお前にもあるだろう、他人に到底口にできない気恥ずかしさが。
私の場合まさにそうで…母への愛着は殊更に深かった。
なにも母への愛情を否定するつもりは微塵もない。私は母を愛していると今でも断言できるとも。
そうであっても…。
幼い日の思い出など誰かに語るようなものではない。
胸に留めて苦笑する。…そういうものだ。

>344
シモンの戦いを描いた作品がPSにて再現されていた筈だ。
それならば現在の条件にも適合できるだろう。

それはさておくとして、私とアルカード?それはまた奇異な組み合わせだな。
アルカードは数百年前…たしかに今現在もどこかに生存しているやもしれんが。
何故また二者を関連付けるに至った?まずそこから訊きたいものだ。
蒼真は兄弟じゃないかと言っているようだが、
ヴラドに息子が二人もいることが知られずにいたとは可能性として低いだろうな。
……以前にはあいつは私を人外だと言いたいのか。
通常、失敬な奴だと言われて当然だろうな。

416 :以上、自作自演でした。:04/01/24 01:36
  ∧∧
  (,,゚Д゚)         
━(つ━つ━━━┳┓  ,
 / ⊂/    ;.||.:;・
 し’       ( ´∀`)    練習…
          ( ⊃ .旦|  
           し_)___)


417 :416:04/01/24 01:38
↑誤爆しちゃいました すいません

418 :以上、自作自演でした。:04/01/24 02:24
攻撃を食らうならともかく、
なぜ敵に触っただけでダメージを受けるのですか?

419 :ラルフ・ベルモンド:04/01/25 21:10
>411 蒼真
まだまだ語られていない全ての歴史が詳細に紐解かれれば、もしかしたら俺達の前にも
多くのヴァンパイアハンターがドラキュラと戦っていたということも十分ありえそうだ。
俺自身は何度目だろうと自分の宿命と戦ってみせるだけだからそれはいい。
それはいいが、もしも俺の前にもベルモンドとドラキュラの戦いがあったとしたら……

>412
……あったとしたら、何故俺はドラキュラのことを全く知らなかったのか?
単に話が伝わらなかったのだと思いたいが、もしかしたらドラキュラのことは聞いたのに
忘れてしまっていたのかもしれない。俺も健忘症にかかっていなければいいのだが、
そうだとしたらワラキアが散々に破壊されるまで放置していた俺の責任は重い。
忘れていてすいませんでした、などと詫びて許される話ではなくなるだろう。

420 :ラルフ・ベルモンド:04/01/25 21:12
>416-417
誤爆については結構として、その武器は形状からすると鎌のようにも見受けられるが
まさか君も生者の魂を狩っているわけではないだろうな?
もしそうだとすれば、誤爆であっても見過ごすわけにはいかない。

>418
いや、一見接触しているだけのように見えても実際は打撃などの攻撃を受けている。
向こうから移動してくる魔物はそのまま体当たりしているとして、
ゾンビやスケルトンも実際は殴りつけたりしてダメージを与えているのだ。
それでは何で魔物の背中に接触しても一方的にダメージを受けるのかと聞かれると、
俺も答えに窮するからそれは勘弁してもらいたい。

421 :プロセルピナ:04/01/25 22:53
>402
ようこそ。…申し訳ございません、どうやら私の発言が、あなたに不適切な考えを
頭によぎらせてしまったようですね。どうか、私のいたらなかった点について
お許し下さいませ。私も先に申し上げましたように、これといって
他意はございません。ただ…その、本当に数え切れない手段で向かってくるので、
統一的に表現できる言葉が見つからなかったのでございます。
>405
ようこそ。…好きな曲、でございますか。つかぬ事をお聞きしますが、
幾つあげればよろしいのでしょうか? …いえ、なんでもありません。
そうですね、私が好きなのは…「Beginning」「Wicked Child」「Bloody Tears」
「Dwelling Of Doom」「乾坤の一族」「幻想的舞曲」「悲境の貴公子」
「さまよえる魂」「異形の血族」「失われた彩画」…キリがございません。
昔よりは聞き覚えがある分、今の方が好きな曲は多いですね。

422 :プロセルピナ:04/01/25 22:54
>410蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…むかついたのでございますか。…弥那様までが
巻き込まれてしまったのは、城の意図するところではなかったでしょうし、
全くの不運としか表現のしようがございません。私が城の意志でございましたら、
謝罪の一つも申し上げるべきなのかもしれませんが、何分、そういうわけでは
ございませんので…。こちらのカルシウム(三年ミルク)摂取で落ち着いてください。
>412
ようこそ。…若年性健忘症、ですか。その名称から察しますと、
主に若い人の物忘れが激しくなる…と言うことでよろしいのですね?
蒼真様がそのような傾向にある、と…。これは少し、大変なことですね。
蒼真様御自身は勿論の事、場合によっては弥那様の気苦労が増えてしまうことにも
なりかねませんから。

423 :プロセルピナ:04/01/25 22:54
>413弥那様
こんばんわ、弥那様。…いえ、そんな、あなたが謝るような事ではございません。
本人から…いえいえ。何にせよ、DEATH様が何をお考えなのかは分かりませんが、
正直、闘わずに済む事を嬉しく思います。私達は多少特殊な部分があるとは言え
見た目の通りメイドでございますし、何より仲間達が消されていくのを
見なくて済むのですから。
>416-417
ようこそ。…誤爆でしたか。これは失礼をいたしました。いえ、
その手に持っておられるモノが鎌のように見えましたから、あるいは
DEATH様とつながりのある方か何か、とお思いはしたのですが。
残念な所存でございます。
>418
ようこそ。…触れただけでダメージになる理由、ですか。さて…私には
詳しい事は分かりませんが、魔族の体内より涌きいずる負の力や
悪意、もしくは魔力などと言ったものは、普通の人間が触れれば
悪影響を及ぼすのは間違いないのではと思われます。

424 :以上、自作自演でした。:04/01/25 23:26
ヴァンパイアハンターはドラキュラを倒す時以外は何をしているんですか?
倒すと特別手当がもらえたりしますか?

425 :白馬弥那:04/01/26 01:12
>416-417
誤爆だったのね。
てっきりまた何か起こったのかと心配しちゃった。
でも、鎌で攻撃してるみたいに見えるけど…暴力はよくないと思うわ。

>418
私、初めてこのお城に来た時に魔物に襲われたことがあるの。
その時は直接、攻撃された訳ではなかったんだけど、
物凄い負の力を感じて、思わず気を失ってしまったの。
だから普通の人間だと、触れたりするだけでも十分ダメージになるんじゃないかな?

426 :以上、自作自演でした。:04/01/26 01:55
悪魔城を探索する時、
厄介な敵がいる…などといった特別な目的がない時には、
常備するサブウェポンとしてはオノが一番いいと思うんですが、
これって少数派なんですかね?

427 :以上、自作自演でした。:04/01/26 22:27
たぶん、我々普通の人間が実際に悪魔城に入ってしまったら
スケルトンや背虫男を見かけただけでも、気味が悪くて
走って逃げ出してしまうかもしれませんね。

428 :以上、自作自演でした。:04/01/26 22:30
悪魔城のモンスターには、銃火器は効かないでしょうか。

429 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/27 02:46
>412
違う、忘れた訳ではない!
むしろ強引に忘れさせられたと言うか…とにかく健忘症ではない!
しかし、本当に俺みたいなのが健忘症になったら人生真っ暗だ
ただ、ドラキュラに乗っ取られそうになる前も、ある意味ではそうだったのかもしれない

>414 弥那
チェッ、勉強がイヤとは言わないけど、あんな事体験した後だと、やっぱり身にはいんないって言うか…
ドラキュラの脅威から世界を救った英雄も、今はしがない受験生…はぁ
仕方ない。少なくとも、英語くらいはしっかりやっておかなくちゃな…
全く、ドラキュラの知性も残ってればよかったのに
待てよ…ストラスのソウルを装着すれば…気休めにしかならないか?

>415 有角
失礼っていうか?
俺だってそういう意味では人外だって言うのに
あんな魔力見せられちゃ、しかもそれでいてドラキュラにめちゃくちゃ詳しいし
人間と思えってほうが無理じゃないのか?
あぁ、もうわかったよ。悪かったから、詮索しないから
全く、やっぱり性格悪いぜ。あいつ

430 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/27 02:46
>418
ドラキュラの魔力のなせる業…なのか?
俺も正直、よくわからない
実際、接触するだけで衝撃が走るのだから、仕方ない
こちらはわざわざ攻撃しなきゃならんと言うのに、気に入らないな
悪魔城という、ヤツらのホームグラウンドで戦ってる訳だから、我慢するしかないか

>419 ラルフ
伝説は伝説に過ぎないのはわかっているさ
俺だって、実際悪魔城に誘われるまでは、信じる気すらおきなかったしね
ただ、実際に関係者になってしまった今、ベルモンド家との因縁は消す事はできないと思う
ユリウス、あんたの子孫には世話になったし
あんたらが戦っているから、人間が、俺もだけど、平和に暮らしていけるんだろ?
宿命なんかじゃなく、立派に人を守ってると胸でも張ってみたらどうかな?

>422 プロセルピナ
謝罪はいらないよ。破壊してやったからな、その点ではお互い様だ
ただ、その3年ミルクは何だ?
嫌がらせとしか思えないのは俺だけか?
わかったよ。受け取ってやる。そのためのフレッシュゴーレムだからな

>424
俺はわからないけど、教会や裏の方から一生遊んで暮せるだけの金は入るんじゃないか?
ドラキュラに敗北=人類の滅亡だからな
あぁ、俺はそんなのもらえないさ。ある意味、身から出たサビだからな
結局、受験戦争に苦しむただの高校生ということか…
まぁ、今の時代では、それも悪くないかもしれないけどね

431 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/27 02:47
>426
そうか。気が合うな
俺も普段はレッドミノタウロスのソウルを装備している
あの斧は大抵の敵を瞬時に分断できるから、便利なんだよ
ただ、ユリウスは大抵の場合、クロスを使用していたらしい
何でも、属性が便利なんだとか。どういうことなんだろうな?

>427
いや、その前に妖気によって昏睡状態になるんじゃないか?
瞬時にそうはならないのか…?
俺も焦ったよ。有角がいなかったら、弥那を救う事もできなかった
それに、混沌の中に存在する城だ。逃げ道なんて、あるのかな?

>428
効くはずだ。
ハンドガンやシルバーガン、ポジトロンライフルが効いたのだから、間違いない
遠くまで攻撃できるのはなかなか便利だけど、近くの場合、隙が大きすぎる
剣と上手く使い分ければ、戦いも少しは楽になったのかもしれない

432 :以上、自作自演でした。:04/01/27 21:10
レオン・ベルモンドについて何か語ってください
一応ベルモンド家の始祖なんですから

433 :ラルフ・ベルモンド:04/01/27 21:51
>424
表向きの職業がある者は普段はその仕事に従事している。
俺と出会う前のサイファは東方正教会の修道僧として各地を渡り歩いていたそうだ。
だが、俺の場合は人間社会から隔絶された所で生きているから職業には就いていない。
普段は修行の他には農耕や狩猟など生活に必要なことしかしていないな。
要するにほとんど引きこもりのようなものだ。
特別手当……?戦いの後に教会に一言言えば何か手当が出たのかもしれないが、
実際はあの後すぐにワラキアから姿を消した。俺はそんなもの必要としていないし、
それよりもドラキュラとの戦いで傷ついた者達が不自由しないよう取り計らうのが先だろう。

>426
俺としてはむしろ聖水の方が少数派だと思っているがな。
斧は放物線を描くため確かにクセは強い。地上の敵に当てるには少々慣れが必要だ。
その代わり、斧はサブウェポンでは唯一上方向の敵に対して攻撃できる武器だから
鞭が正面の敵に対してしか攻撃できないという欠点を補ってくれる。
まあ、俺個人としてはやはりクロスの方が使いやすいと思っているし、
斧はグラントも扱えるから状況によってはあいつにフォローしてもらうさ。

434 :ラルフ・ベルモンド:04/01/27 21:54
>427
それでいい、それ以上先に進めば取り返しの付かないことになる。
と言うよりせむし男と出会ってから逃げようとしても逃げ切れる保証はない。
俺の場合はグールラビットだったが、あれは逃げても執拗に追って来るからな。
魔物との戦いはヴァンパイアハンターに委ねてくれ。無用の犠牲を出すべきではない。

>428
何度かその「銃」とかいう武器の話が出ているが、一体どういう物なのか?
実際に銃の威力を見てみないことには何とも評価しづらいな。
まあ、いかに強力であろうともそれがヴァンパイアキラーに勝ることはないだろうが。

>430 蒼真
そうか……そうだな。俺からベルモンドの宿命を切り離すことはできないが、
それでも俺は自分の意志でドラキュラと戦うことを選んだ。
わざわざ胸を張るほどのことではないが、自分の行いで誰かを救えるというのは
確かに悪い気分ではない。ただ、それ以上に強く願っていたことがある。
俺は、いつかは自分のような者を受け入れてくれる人々が現れることを願っているが、
ドラキュラに人類全てを滅ぼされればそれこそ永遠に誰にも受け入れてもらえなくなる。
それが何より耐えられないからこそ俺は戦い抜くことができた。

435 :ラルフ・ベルモンド:04/01/27 21:55
>432
ベルモンド家の始祖と言われているレオン・ベルモンド。
ベルモンドの宿命は代々受け継がれてきたが、俺の時代からは四世紀も前のことゆえに
その始まりがどういうものだったかは今まで俺にも知る由がなかった。
詳細は俺の口から語るよりも自分の目で確かめてほしい。一つだけ言えるのは、
もっと早くからレオンのこと、そしてヴァンパイアキラーの生まれた理由を知っていれば、
俺も身を隠すことなくドラキュラとの戦いに立っていただろうということだ。

436 :以上、自作自演でした。:04/01/28 08:19
ベルモンド家の系図とか伝わってないんですか?

437 :プロセルピナ:04/01/28 16:59
>424
ようこそ。…ヴァンパイアハンターの生活、ですか? そうは申されましても、
さすがにそこまでは私達が知る事など到底不可能なので、基本的に
私がお答えする事は不可能です。ですが、あくまで推測という事で
よろしいのでしたら…。いかにべルモンド一族であろうと、普段からの
鍛練は欠かさないのではないでしょうか。自身は特別な力を持たないようなので。
>426
ようこそ。…サブウェポン、ですか。…このような事に対して、それを
その身に受ける側である私がお答え申し上げるのは不可思議な事ではありますが、
その選択は悪くないと思われます。空を飛ぶ術を持たぬベルモンド一族の
弱点を補い、かつ攻撃力も高い事を考えれば、射程距離や放物線軌道は
克服する価値はあると思われます。急に空から攻めれらたり、
縦方向のステージの時に無類の強さを誇るのではないでしょうか。

438 :プロセルピナ:04/01/28 17:01
>427
ようこそ。…逃げ出してしまうかも、ですか。確かに普通の人間にしてみれば、
それが普通の行動でしょう。しかしながら、それが故意か偶然かに関わらず、
城に人間が迷いこもうなれば、生きて逃げ帰る事など不可能でしょう。
わざわざ向こうからやってきた得物を逃がすような事をする、
心優しい者や知性的な者はこの城ではごく小数です故に…。
>428
ようこそ。…銃火器、ですか。そういう物も私達には通用します。
もっとも、効果は薄いのですが。…しかし、人間は恐ろしいモノを
作り出したことです。その上、鉛では効果が低いと分かってからは
銀製の物を持ち出すという味な真似もなさいますし。力はベルモンド一族より
劣り、魔力も持たぬとは言え、同じ種族なだけはありますね。

439 :プロセルピナ:04/01/28 17:02
>430蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…3年ミルク、ですか? そうは申されましても…
悪魔城の中にある物でカルシウムが摂取できそうな物といえば、これしか
ありませんので…。悪魔城の特産の一つでもあるのですが、お気に召しませんか?
決して嫌がらせなどではございません。
>432
ようこそ。…レオン・ベルモンド、ですか。さぁ…如何にその者が
ベルモンドの始祖と呼ばれる存在であろうと、私には分かりかねます。
私が悪魔城に勤める前の話でございますから…。そもそも、城主様と
ベルモンドの一族の因縁の始まりは女だと聞き及んでいましたが…。
どこかで何かが違ったのでしょうか?
>436
ようこそ。…ベルモンドの系図、ですか? そうは申されましても…
この悪魔城にそのような物があるとはとても思えません。…いえ、
もし、ベルモンド一族の方で系図を書にまとめた事が一度でもおありでしたら、
蔵書庫の方で探せば見つかるかもしれません。もしかしたら、内容が
内容です故、禁書庫の方かも分かりませんが。いずれにせよ発見は困難である事を
ご承知下さい。

440 :以上、自作自演でした。:04/01/28 21:02
ジャンプして階段に乗れないという仕様のせいで
初期のドラキュラで死にまくりなわけですが、
悪魔城の階段は細いのでしょうか。

441 :以上、自作自演でした。:04/01/28 21:10
いくらなんでも、こうもりに体当たりかまされたくらいで吹っ飛びすぎです

442 :白馬弥那:04/01/29 00:01
>424
私も詳しくは知らないんだけど…
聞いた話では教会や裏の方からお給料…とはすこし違うけど、
結構な金額は貰えるみたいね。
普段は私達と何ら変わりない暮らしをしている人も多いと聞くわ。

>426
蔵書庫の書物を読ませてもらったんだけど、オノは便利だけど扱い方も難しいよう
ね。
でも、少数派では無いと思うわ。
歴代のヴァンパイアハンターの中では、多用していた人も多いと記されていたから。

>427
ううん、そもそも普通の人間には、悪魔城に入ることすら出来ないと思うわ。
現に私がそうだったから。今は大丈夫だけどね。

443 :白馬弥那:04/01/29 00:03
>428
少なくとも、この間の戦いでは効いたみたい。
蒼真君ったら、前にポジトロンライフルっていう凄い銃を手に入れてから、
それをいいことに、お城のあちこちを破壊していたのよ。
またプロセルピナさん達のお仕事が増えちゃうじゃない。
でも…そもそも、どうして銃の扱い方を知ってるのかしら…?

444 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/29 01:21
>432
何か、と言われてもな
前にも語ったとおり、騎士団の団長という、憧れる立場にいる人間だ
ドラキュラを倒した後も、きっと栄華を誇り続けたんだろう
俺みたいに、勉強に苦しむ事もなく…くぅ、羨ましい…

>434 ラルフ
なるほどな。強いな。あんたは
俺は、何も知らずに戦って、偶然、自分の正体を悟って
あとは降りかかる火の粉を払う様に、宿命と決着をつけてきただけだ
それが、結果として人間を救う事になっただけのこと
最も、俺が負けたとしても、ユリウスが俺を殺してくれただろうけどな
俺一人が、生きるか死ぬか、そんな些細な戦いだったのかもしれない。俺の戦いは

>436
古文書のなかに、それを記したものがあったはずだ
レオン、ソニア、ラルフ、クリストファー、ソレイユ、シモン、ジュスト、リヒター、ユリウス…
表だってドラキュラと関わったのは以上の人間だけらしいな。今のところは、だけどな
いずれあらたなドラキュラとの戦いの記録が見つかる可能性もあるため、何とも言えないが

445 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/29 01:22
>439 プロセルピナ
そうか。そうなんだな?
ならお前が飲んでみろ。カルシウム摂取のために
この3年ミルク、腰に手を当てて、飲み干してみろ
それができるなら、受け取ってもいい。できなくても受け取ってやるけどな
俺にはフレッシュゴーレムのソウルがある。問題ない

>440
恐らくそうだろうな
俺は落ちても死なないため、造りが変わったらしい
ラルフや有角が嘆いていたな。階段+メデューサヘッドは地獄だ、とも言っていた
俺も確かにそれは一理あるとは思うが、昔は半端じゃなかったみたいだな
よかったよ。階段の問題が解決されてて

>441
あれは普通のこうもりではない
こうもりが炎を吐くか?超音波で攻撃するか?
あれはドラキュラの魔力で力を得たこうもりだ
故に、触っただけで大きく吹き飛んでしまう
決してこっちが虚弱体質な訳ではない

446 :以上、自作自演でした。:04/01/29 07:13
肉うめー。

447 :以上、自作自演でした。:04/01/29 10:35
別の国の、人間の戦士が使っていたという究極の魔法
「コナミコマンド」は知っていますか?
↑↑↓↓←→←→BAという詠唱で発動するそうですが、
効果まで、詠唱した戦士にとって異なるという不思議な魔法です。

448 :以上、自作自演でした。:04/01/29 14:29
大佐スレが落ちましたね

449 :以上、自作自演でした。:04/01/29 15:33
だからあの肉は何の肉なんだ!!
良く敵が落としたものや、ブロックからでてきたものが食えますね。

450 :以上、自作自演でした。:04/01/29 18:09
野菜うめー。

451 :以上、自作自演でした。:04/01/29 18:48
PC版の血の輪廻と、SFC版のダブルエックスはどっちが良いですか?

452 :ラルフ・ベルモンド:04/01/29 23:07
>436
残念ながら俺は家系図のような物は一切所持していないから分からない。
むしろ系図が存在しているなら俺が見てみたいよ。
ベルモンド家が闇の世界に生きる一族なれば、その存在そのものを含めて
文書化して残すことを避けてきたが故に家系図もまた残さなかったのだろう。
俺も、自分のことをいちいち系図や書物に記そうとは思わないが、
そういう事を言われて考えてみると、一応何らかの形で残しておくべきなのだろうか?
しかし系図を書こうと思っても、今は自分の名前しか書けないからあまり意味がないな。

>440
それほど細くはないはずだ。階段にいる時に足を踏み外すことはないからな。
逆に階段から飛び降りることができずに困るほどしっかりと作られている。
ただ、何故かジャンプして乗ろうとしてもうまく着地できず下まで落ちてしまう。
結局はそういう億劫なことをせずに、きちんと歩いて階段を伝うしかない。

>441
普通のコウモリと言っても胴体だけで人の上半身くらいはあるものだ。
意外と衝撃は強い。それよりも、もっと重量級の魔物の強力な攻撃を喰らっても
なんとか同じくらいの吹っ飛びで踏みとどまっていることを評価してほしいものだ。

453 :ラルフ・ベルモンド:04/01/29 23:09
>444 蒼真
そうかもしれない。だが、自分で自分の命を些細だと思ったことが一度でもあるか?
なければ、それだけでも君の戦いには十分大きな意味がある。些細と思う必要など無い。
それに、俺と違って君の場合は君が生き残ることを願う者達がたくさんいるのだろう。
その者達に対しては決して自分の命が些細なものだと言ってはならない。

>446
そうだろう?悪魔城の肉はとにかくうまい。
この美味しさには余計な理屈などいらない、ただうまいと感じるだけだ。

>447
噂は聞いたことがある。俺も使ってみたのだが、結局何の効果もなかった。
俺もドラキュラが使った「レーザー」とかいう光線が放てるようになるかと思ったがな。
まあ、俺にはヴァンパイアキラーとサブウェポンがあればそれで十分だ。
そして、頼れる仲間がいれば他に余計な物は必要ない。

>448
???、一体何処のことを言っているのか?

454 :ラルフ・ベルモンド:04/01/29 23:11
>449
あれは鶏肉だ。形状からして大体察しは付くだろう。確かに普通は壁の中にある肉など
怖くて食べられないかもしれないが、俺には他に回復手段がないからな。
ああいう肉でも食べないと身が保たない。君の気持ちも分からないでもないが、
余計なことは考えずにとにかく一度食べてみることだ。俺が肉のある場所を教えるぞ。
後は、>446の彼が言っているように率直な感想を述べればいい。

>450
悪魔城に野菜が隠されているのか?普段の生活では野菜もきちんと食べているが、
悪魔城で見つかる食べ物は何故か肉ばかりで野菜はただの一度も見たことがない。
ということは、魔物達は野菜をあまり好まないのだろうか?

>451
ベルモンドの末裔、リヒター・ベルモンドとドラキュラの戦いか。
一応血の輪廻の方が基準でXXはその移植作らしいが、俺個人としてはXXの方が良いな。
その理由はとにかく絵柄に尽きる。ゲームとしての出来は血の輪廻の方が上だろうが、
「悪魔城ドラキュラ」のイメージはXXの絵師の方が上手く表現していると思う。
どうにも血の輪廻の絵はゴシックホラーとしては違和感を感じるのだが。

455 :以上、自作自演でした。:04/01/30 01:03
ドラキュラ伯爵様も、おそらく鶏肉が気に入っているのでしょう。

456 :以上、自作自演でした。:04/01/30 01:56
ベルモンド家の人の多くが階段の途中、
さらに言うなら階段の近くに居ると、
しゃがめないのはなぜですか?
同様に、階段の近くでサブウェポンを思い通りに
投げられないのはなぜですか?

戦いを見ていて
「いちいち階段下りるなよ!! 普通にしゃがんで鞭打てばいいだろ!!」
とか
「だから階段に登るなって!! 即サブウェポン投げろ!!」
と思うことがたびたびあるのですが。

457 :以上、自作自演でした。:04/01/30 09:25
僧侶は戒律により、刃物で相手を傷付けてはいけないから
モーニングスターなどを使うそうですが、
ベルモンド家は僧侶ではなく、悪魔払いの一族なので
オノやナイフも普通に使うのでしょうか。

458 :以上、自作自演でした。:04/01/30 13:26
リヒターのテーマカッコイイ!(・∀・)
ttp://www.vgmusic.com/music/console/nintendo/snes/Dxrb-st1.mid

459 :プロセルピナ:04/01/30 18:00
>440
ようこそ。…階段に飛び乗れない、ですか。最近の階段は、それこそ
一段づつコツコツ登るものから、段と言うよりはむしろ坂と言った雰囲気に
変化しつつありますので、便利と言えば便利かもしれません。ですが、
そのような気分のまま昔なじみの階段に登ろうとすると失敗しますね。
決して細いわけではないのですが、「郷に入っては郷に従え」の言葉の通り、
横着せず一段ずつ登る事をオススメいたします。
>441
ようこそ。…こうもりの体当たり、ですか。たしかに、こうもりは普通の
人間でも楽に勝てるだろうとは申し上げましたが、あれもれっきとした
魔の力を身に付けしモノ。攻撃力そのものはお世辞にも高いとは言えませんが、
人を一人、弾き飛ばすぐらいは造作もない事です。ゆめゆめ、油断なさいませぬよう…。
アレにはたき落とされ奈落を見た者は数知れませんから。

460 :プロセルピナ:04/01/30 18:01
>445蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…カルシウム摂取、ですか?私は人間とは違い、
そのような物は必要ないのですが…そうおっしゃられるのでしたら。
腰に手をあてて、ですか? 不思議な要求をされるのですね。では…
んっ…んんっ…ぷはぁっ。はい、飲みました。このような感じでよろしかったでしょうか?
私達は日頃より雑務等で鍛えられておりますが、悪戯も過ぎると、奥様の
目にとまるかもしれませんよ?
>446
ようこそ。…肉うめー、ですか。お気に召していただけたようで幸いです。
昔は肉と言いますと、一種類しかレパートリーがなかったものですが、
最近はターキーやステーキなど、その種類も様々に増えてきました。
おかげさまで多様な趣向に応えられるようになり、城内の者達に
御好評をいただいております。

461 :プロセルピナ:04/01/30 18:02
>447
ようこそ。…不思議な魔法、ですか。残念ながら、私達は基本的に
己の体一つで闘う事を信条としており、魔法に関わるものは掃除機ぐらいしか
ありませんので、そのような魔法とはとんと縁がございません。
…しかし、呪文詠唱までは同じでも、使う者によって効果の変わる魔法ですか。
使ってみなければ効果が分からない言うのは、多少不便かもしれません。
>448
ようこそ。…大佐スレ、ですか? そうは申されましても…私の知る限り、
この悪魔城に関わる者達の中で「大差」と呼ばれる方、もしくはそれと
関わりの深い方はおられないはずですが…。…そうですね、可能性が
あるとしますならば、ゾンビアーミーやゾンビソルジャーの中には、
過去にそう呼ばれていた者がいるかもしれません。

462 :プロセルピナ:04/01/30 18:04
>449
ようこそ。…何の肉か、ですか? 先程も似たような事を申し上げましたが、
ターキーでしたら七面鳥、ステーキでしたら牛肉と使い分けております。
豚肉は肉まんや点心セットに使われていますね。もちろんこれらは
人間が食べても支障のない料理のはずです。魔族や怪物が落としたから、と
懸念される必要はございません。
>450
ようこそ。…野菜うめー、ですか。お気に召していただけたようで幸いです。
昔は食べ物と言えば肉一辺倒でしたが、最近はサラダに代表される
野菜類も充実してきました。故に、肉と野菜を組み合わせたカレーも
悪魔城のメジャーなレパートリーとして、スケルトンボーイが
常にカレーを片手に宣伝(+侵入者の撃退)に務めております。

463 :プロセルピナ:04/01/30 18:05
>451
ようこそ。…血の輪廻とXX、ですか。…私がこのような事を申し上げるのも
はばかられるようではありますが、血の輪廻のあのアニメーションは
悪魔城の歴史における類い稀な失敗として名を連ねるのでは、と思います。
万人がそうお考えとは思いませんし、それ以外ならば血の輪廻も
よくできたものだと思います。ですが、私ならばXXでしょうか。
>455
ようこそ。…鶏肉が、ですか。そうですね、過去に鶏肉が城内の肉状況を
席巻していた時などは、もしかしたら城主様のそのような趣向が
盛り込まれていたのかもしれません。ですが、城主様はあくまで吸血鬼、
普段からよくお召しになられるのは血液でございます。ですので、
それ以外の食事をする事はそんなにありませんでした。

464 :プロセルピナ:04/01/30 18:06
>456
ようこそ。…階段の怪、ですか。…いえ、なんでもありません。
その辺の事情は、べルモンド一族の者でなければ分からないのではないでしょうか。
先程も似たような事を申し上げましたが、最近は階段と言うよりは
坂に近いものがほとんどですので、交互になさいますと混乱が生じるかもしれません。
少し助言いたしますと、古いものは攻撃だけでなく回避する技術も大切ですよ。
>457
ようこそ。…刃物の使用、ですか。そうですね、ベルモンド一族は
どう贔屓目に見ても、僧侶の類いとは程遠いですから、斧や短刀も
普通に使うのでしょう。そもそも、僧侶は闘うための職業ではないですから。
…しかし、「刃物」でなければ、とモーニングスターのようにスパイクが
付けられた鈍器などを普通に振るっている姿と言うのは、なかなか面白い事です。
>458
ようこそ。…「乾坤の一族」ですか? そうですね、この曲はその通り
リヒター・ベルモンドを象徴した曲として非常に有名です。
一面…すなわちプレイヤーをぐっとつかむ曲として成功していると言えるでしょう。
ちなみに、そこから続く「Vampire Killer」「Bloody Tears」も
アレンジされた名曲です。

465 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/31 01:20
>446 >449-450
殊に悪魔城では、昔は肉が多く見つかったらしいな
ワインの貯蔵庫もあるくらいだし、わからない話でもないか
俺も世話にはなったが…確かに不自然だよな
魔物が落した物ならともかく、ブロックの中に隠れていたものなど…
いや、案外そのほうが保存されていたりするかもな
最近では、ミストルティンよりぶどうの方が大切だと思っているドリアードも多いらしい
剣より食物か…ある意味、魔物らしいよ

>447
知らなかったな。そんなコマンド
俺も試しにやってみるか
(試し中)
何か変わったか?俺は闇属性の人間だから使えないのか?
だとすれば、がっかりだな。まぁいい

>448
大佐?何の事だ?
ハマーがスレを立てたという話、聞いた事ないんだけど
そもそもハマーってそこまで階級高かったのか?
単身で悪魔城に乗り込むくらいだから、考えられない話でもないけれどな

>451
俺はあえてPC版を選ぶ
理由はただ一つ。最強のヴァンパイアハンターと名高いマリアの存在だ
同じ理由で、月下もSSを選ぶ
不便さなど、知った事ではない。力とは、使ってこそ意味がある物だからな
最もこれは、聖なる力の場合に限るかもしれないが

466 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/31 01:21
>453 ラルフ
なるほど、言われてみればな
世界全部より大事だとはさすがに思えない。
けれど、わけもわからない宿命によって消え去ってしまうほど安いものでもないな。俺の命は
自分を守るために戦うって言うのも、見ようによっては大きな意味はあるんだな

>455
そうなのかな…俺はそこまで好きじゃないんだけど
体と心はまた別物か?
焼き鳥は好きだけど、焼き鳥落してくれる魔物はいないからな
その点では不親切だな。まぁ、焼き鳥よりカレーの方が好きだから文句はないけれど
ただ、投げるなといいたい。あのスケルトンボーイどもめ

>456
階段恐怖症なのかもしれないな
俺と違って、ベルモンド家は階段から落ちると即命を奪われるらしいんでね
しかし、恐怖症から冷静さを失うとは、百戦錬磨のベルモンドらしくはないな
もしかすると、他に理由があるのかもしれない
俺に窺い知ることは多分一生不可能だろうけどさ

467 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/01/31 01:21
>457
レオンは騎士団の時は剣を使っていたらしいな
それでいて鞭を自在に操れるとは、さすが騎士団長と言った所か
それを言うなら、銃や剣を自在に操れる高校生はどうよって話になるかもしれないが、
俺はやっぱり体がドラキュラなんでね。
敵を誉めているようでいい気分はしないけれど、役には立ったからな、よしとしておく

>458
カッコイイな。確かに
昔のドラキュラは音楽も耽美やホラーのみに留まらなかった様だな
羨ましいよ。俺なんて悲惨だぜ
弥那のテーマがあるのに、なんで俺のテーマがないんだ!?

>460 プロセルピナ
ゲッ…飲みやがった…何者だよお前
いや、魔物に常識を求めた俺がバカだった…
それに弥那は奥様じゃない!
またケンカの元になるから、頼む。控えてくれ…

468 :以上、自作自演でした。:04/01/31 06:43
シモン・ベルモンドに関してだけは
やたらと資料が多いのはなぜですか?

しかもそれぞれ途中の記録が微妙に違うような気が。

469 :プロセルピナ:04/01/31 22:55
>467蒼真様
こんばんわ、蒼真様。…何者か、ですか。そうは申されましても…私は
この通り、悪魔城に使えるメイドでありますし、何より仲間の魂をお持ちである
あなたがお聞きになるような事ではないと思うのですが…。まぁ、たしかに
この城では人間の常識は通用しませんね。…それと、私の発言が元で
どうして喧嘩になるのか分からないのですが…どういう事なのでしょうか?
今さら、恥ずかしがるような事でもありませんでしょうに。
>468
ようこそ。…シモン・ベルモンドですか? さて…私には分かりませんが、
考えられる事としては、二度以上に渡る主人公としての活躍が理由の一つに
挙げられるのではないでしょうか。また、実際に「悪魔城ドラキュラ」として
世間にまみえる事となった作品でもあるのも大きな理由ではないでしょうか。
ラルフ・ベルモンドの頃は「悪魔城伝説」でしたから。

470 :ラルフ・ベルモンド:04/02/01 19:00
>455
だろうな。ドラキュラがいた悪魔城最上部にもあの鶏肉は隠されていた。
俺達のように体力を回復するために食べる必要はないのだろうが、
奴もあの肉は悪魔城の食事の中でも特にうまいと思っていたのだろう。
まさかドラキュラ自身がわざわざ隠しに行ったということはないと思うが。

>456
階段では普通の地面と違ってしゃがむとバランスが取りにくい。
それよりも相手との間合いを計って動きながら対応する方が戦いやすいのだ。
階段で襲ってくる敵に対してはとにかく相手と同じ高さで待ち受ける必要があるが、
斧を持っていれば上下の敵に対しても対応しやすくなるから少しは楽になる。
ただし、通常のサブウェポンは下り方向の階段では使えないからそこは特に気を付けている。
時計さえあれば上も下も関係なく時間を止めてから余裕を持って行動できるのだがな。

471 :ラルフ・ベルモンド:04/02/01 19:02
>457
そういうことだ。俺は僧侶ではないからやたらと武器を制限する必要はない。
聖なる武器の他にも通常の武器でも便利だと思えば普通に使っている。
特に斧は前述の通り縦方向の攻防には欠かせないからやたらと手放すわけにはいかない。
ただ、サイファの場合は事情が変わる。彼女は表向きには修道僧ということだから
刃物を初め一見して武器と分かるものを所持するわけにはいかない。
それゆえに通常は杖を用いて攻撃している。ただ、あれもそこそこの魔力はあるから
なまくらな刃物よりはるかに攻撃力はある。低級の魔物は一撃で消滅させるし、
DEATHの小鎌を払い落としても折れない代物だったからな。

>458
俺もいい曲だと思う。戦いに向かうリヒターの雄々しさが伝わってくるようだ。
そう言えば、リヒターの戦いも最初のステージは廃墟と化した街だったらしいな。
俺も、ドラキュラによって壊滅させられた街に来て初めてこの目で現実を見た。
その時こそが俺とドラキュラの戦いの始まり(BEGINNING)だったとも言えるだろう。

472 :ラルフ・ベルモンド:04/02/01 19:04
>468
「悪魔城ドラキュラ」として最初に表に出たベルモンドとドラキュラの戦いだから、
より詳細なところを知りたいと思う者が幾度も改訂された物を発見しているのだろう。
ただ、記録される機会が多い分、妙な話も伝わっているな。
鞭を使わずに剣で戦っていたというのはまだしも、ひどい物になると市販の鞭を購入して
それを使っていたという記述があるそうだが、果たして真相はどうなのだろうか?
まあ、そういう意味では俺の記録は多くなくてむしろ良かったのかもしれないな。

473 :以上、自作自演でした。:04/02/02 05:42
ドラキュラは、闇の力で心が邪悪に染まったとかではなく
ただ単純に自分の考えとして、人間を憎んでいたのでしょうか。
だからこそ何度も自分を生き返らせる人間に嫌気がさし、
妻や子を愛する人間らしさも持っていたのでしょうか。

474 :以上、自作自演でした。:04/02/02 16:29
次はいきなり千年後とかになって、ドラキュラがまた復活してたりして。

475 :以上、自作自演でした。:04/02/03 00:19
ラルフ氏は地域によっては「トレバー・ベルモンド」と
呼ばれているという話がありますが、一体どういうことでしょうか。

476 :DEATH:04/02/03 16:24
>473
闇の力自体には…善も悪も存在せぬ…全てはその力を操る者次第。
闇の力を手に入れ…狂ったように見える多くは…闇の力の強さに耐え切れず…
精神を蝕まれた者や…己の内に潜めし欲望が…表に噴出しただけの者。
だが…主はそれを克服し…その上で自らの意志を持つようになった…故に…
人間を憎むのは…本心と言えよう。
>474
それは…流石にありえぬだろう…話が飛び過ぎている。ある意味…
暁月も…かなり飛んでいると言える…それを遥かに…超えるような事は…
無意味な混乱を…招くだけであろう。暫くは…2000年以前の…時代の話が…
主流になるのでは…ないだろうか。それが一番…自然であろう。
>475
それは…私にも分からぬ。ラルフと言う名に…何か問題があったのかもしれぬ…
何かの商標に引っ掛かるなど…有り得ぬ話ではない。もっとも…
これはあくまで予測…あっているとは限らぬ…真実を知りたくば…
携わった者か…その筋に詳しい者の…話を聞くしかあるまい。

477 :トレバー・ベルモンド:04/02/03 22:40
>473
俺にはドラキュラの内面など分からないから推測で物を語ることはできない。
一つ言えるのは、自分の意志であろうとも、闇の力の影響で邪悪になっていようとも、
その憎しみのままに人々に破壊と殺戮をもたらすならば絶対に止めなければならない。
それが俺の意志だ。ベルモンドの宿命こそあれそれに強制されての行いではない。

>474
千年後……あまりにも長い年月だから全然想像することはできないが、
もしも千年後があるとすれば、ベルモンドの末裔は果たしてその時になっても
ドラキュラと戦う宿命と、ヴァンパイアキラーをきちんと継いでいるだろうか?

>475
よく知っていたな。確かに、この日本という国ではラルフ・ベルモンドで通っているが、
海外版「悪魔城伝説」ではトレバー・ベルモンドという名を名乗っている。
あだ名や別名ではなく俺のもう一つの本名、と言って差しつかえないだろう。
もちろんなぜ名前が変わったのかという疑問があって当然だろうが、
その理由を実は俺も知らない。とにかく名前を変えるように言われただけだ。
結局これでは説明責任を果たしているとは言えないな。
それでもこの名前を否定するわけではないのでたまには名前欄を変えてみよう。

478 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/04 04:19
>468
伝記上では、彼は二度ドラキュラと戦っている
二度目の戦いは、自らに降りかかった呪いに悩まされる事にもなったそうだ
そのハンデを背負いつつも、ドラキュラを倒せるとは、さすがベルモンドと唸らざるを得ない
しかし、一度目の戦いは、言われると確かに記録が異なる文書が多く見られるみたいだ
謎の多いベルモンドだったのかもしれないな。一度会ってみたかったよ

>469 プロセルピナ
うん?帰るのか?わかった
三年ミルクのお礼と言っちゃなんだけど(ホントに)この剣やるよ
ジョワユースと言って、純正の金でできた剣だ
さすがにこっちで売るのもアレだし、使い道もないからな
そっちで役立てた方がいいんじゃないか?

>473
魔王としてのドラキュラと、人間としてのドラキュラの違いだろう
何が切っ掛けでああなってしまったか、わかるはずもないが
それこそ、魔王の器に過ぎない俺より、ヤツと接してきたリサやアルカードの方が知っているはずだ
でも、だからと言って、ヤツの復活を許すわけにはいかないな
人類の未来と、ヤツの野望を天秤にかけてはいけない。絶対に

479 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/04 04:21
>474
3023年?
そんな未来にまで、ドラキュラは手を伸ばすと言うのか
恐ろしいな。そして、凄まじい執念だ
何が一体、ヤツを駆り立てるのか?
それを知る術は、恐らく残っていないだろう
或いは、既に目的を見失ってしまっているのかもしれない
人間を滅ぼす、それ以外は何も考えられなくなっているとも考えられるな

>475
それは知らなかった。俺もまだまだ勉強が足りないな
ラルフの異名なのか、或いは偽名を使っていたのか?
その文書を読まない事にはわからないな
本人に尋ねるのが一番だろう。聞いてみるといい

480 :以上、自作自演でした。:04/02/04 17:18
悪魔城運営シミュレーションが欲しいですね。
プレイヤーは悪魔城の城主となって、城のいろんな所に
ワナやモンスターを配置したりして。
メデューサヘッド一匹を配置するにも魔力(金みたいなもの)が掛かって、
城に攻めて来る人間も、ムチ使い、女の子、吸血鬼といろいろ。

481 :以上、自作自演でした。:04/02/04 17:25
城の入り口で、いきなりデスとの戦闘になったらどうしますか?

482 :DEATH:04/02/04 18:13
>480
過去に…似たようなものが…幾つも存在するな…それの悪魔城版という事か…
ふむ…気にならぬわけではない。だが…これは主が触れてこそ…
意味のあるものであろう…私には荷が重すぎる。万が一…そのようなものが…
存在する事となったならば…私は主のプレイを…傍らにて見守るのみとする。
>481
入り口ではないが…いの一番に…刃を交えた事があった…たしか…
リヒター・ベルモンドであったか…馬車の上での事よ。あの時は…
度重なるベルモンドとの…因縁の経験から…そろそろ来るのではと…
予感していた…それが適中したのだ。

483 :以上、自作自演でした。:04/02/05 03:17
綴りは "Belmont" なのに 「ベルモン”ド”」 と読むのはなぜ?

484 :ラルフ・ベルモンド:04/02/05 22:44
>480
確かに悪魔城での戦いはベルモンドの者を始めとするドラキュラと戦う者達の視点で
語られているから、たまにはドラキュラの視点で語るのもいいと思う。
もちろん俺達は悪魔城の様々な障害を乗り越えるために大変な苦労をしているが、
ドラキュラにしてもどのように魔物やトラップを配置して侵入者を撃退するか、
いろいろと苦心して計画を練っていることだろう。
しかしそんなゲームが出れば、尚更に人々は俺のことを忌み嫌いそうだな。

>481
どうしますかと言われても戦う以外に道はない。
それはともかく、俺の場合は悪魔城に辿り着くまでの道が時計塔(崩壊して進めなかったが)、
水路、地下道といくつかのルートがあったから、どこから来るか分からない者を
わざわざDEATH自らが出ていって迎え撃つことはないはずだ。
結局はどの道を通っても避けて通れない悪魔城本館で待ち構えることにしたのだろう。

>483
いや、俺の名前のスペルは「Ralph Belmond」だ。ベルモンドで間違いない。
確かに記録によっては「Trevor Belmont」と表記されているものもあるが、
その記録では「ベルモンド」とカタカナで読むことはないから気にする必要はない。

485 :以上、自作自演でした。:04/02/06 21:28
なぜ悪魔城を脱出する時はあっさりと脱出できるんですか?

486 :DEATH:04/02/06 22:59
>483
その綴りでは…読み方は「ベルモンド」ではなく…「ベルモント」である…
先の方で…ラルフ・ベルモンドも…明言している。このような違いの…
一つの理由には…発音の違いが…挙げられる。西欧での発音では…
「ベルモント」の…最後の「ト」の音が弱まり…東洋では「ベルモン」に…
聴こえてしまう…それを避けるべく…「ド」に変換し…音を強調することで…
補うこともあるのだと…蔵書庫の翁が…話していたことがある。
>485
…さて…何の事か? 図らずも…主の望みが断たれた時は…私は既に…
闇の中…故に…その質問には…うまく答える事はできぬ…許されよ。
もっとも…主が倒れれば…それと同時に崩落するこの城…そこから抜け出すのは…
お前の言う通り…楽ではないはずなのだが。

487 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/07 21:56
>480
複数のモンスターで甚振るっていうのは感心しないな
しかし、こういうのがあったら、最初の地点に難しい罠や強いモンスター置けばある意味ハメられる気が
やはりこういうのは反則なのか?
でなければ、実際にドラキュラがやっているかもしれないけど
レベル制じゃなければハメとも言えないだろうし。理不尽ではあるけど

>481
どうしますって、勝てるわけないだろう?
装備も充実していない。その上レベル1
この状況でどう勝てって言うんだ。DEATHに、よりによって
とりあえず逃げる。それしかない

>483
日本人の俺に聞かれてもな…
恐らく、ベルモンド家はワラキアの付近だろう
そこらへんの人に聞けば、すぐに解決するんじゃないか?
ベルモンドなんて、その辺の住民にとってはまさに英雄だろうし

>485
ドラキュラの力を失った悪魔城など、その辺の建築物と大して変わらないさ
というより、混沌の産物とでも言うべきか
ドラキュラか、それに準ずる者の魔力が失われれば、忽然と姿を消してしまうんだ
中にいる俺たちは、知らぬうちに神社に転送されていたからな。そう言うものなのだろう

488 :ラルフ・ベルモンド:04/02/08 18:27
>485
帰り道では魔物の襲撃がなかったからだ。多くの魔物は既に闇に帰って行ったし、
残っていたとしても最早俺達と戦う理由はないのだから手出し無用と思ったのだろう。
それと、確かにドラキュラが滅びれば悪魔城は崩壊するのだが、
実際には細かい崩落は直後に始まったが、建物が完全に崩壊したのは
悪魔城を遠くに見る丘の上まで脱出した後だったから時間的には結構余裕があったな。
むしろ崩壊する時計塔から脱出する方が事前に計画されていた分大変だったよ。

489 :以上、自作自演でした。:04/02/08 18:52
一つ一つの質問に丁寧に答えてくれるのでこのスレ大好きです
キャラハンの皆さん頑張ってくださいね

490 :DEATH:04/02/08 21:43
>489
人間にそのように言われるとは…違和感は拭えぬ…主はお前達を…
滅ぼそうとしていると言うのに。敵に塩を送る…そういう言葉もあるようだが…
それと同じ事なのか…魔の者として言わせてもらえば…理解しかねる。
だが…他意は無いと見受ける…その言葉…受け取っておく事としよう。

491 :以上、自作自演でした。:04/02/09 10:02
のみ男って、「のみお」って読むんだよね?

492 :DEATH:04/02/09 21:06
>491
のみ男…そのまま「のみおとこ」と…呼べばいいのではないか?
あれの過去の名である…「せむし男」も…そのまま「せむしおとこ」と呼ぶ…
決して「せむしお」とは呼ばぬ。「狼男」を…「おおかみお」などとは呼ばぬ…
それと同じ事…特別な考証はいらぬ。

493 :以上、自作自演でした。:04/02/10 02:54
もし、七泊八日悪魔城体験ツアーとかあったら1日目で脱落者続出ですね。
でも時計塔とか、女性モンスターも見てみたいしなぁ・・・。
よし、身体を鍛えて、ワイヤーアクションの特訓をしておこうっと。

494 :以上、自作自演でした。:04/02/10 10:47
ドラキュラを倒す寸前に呪いを掛けられて、
自分に掛けられた呪いを解くために七つの遺骸を集めるシモンって
なんだか悲惨というか大変ですね。

495 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/10 21:10
>489
ありがとう。そう言ってもらえるととても嬉しいよ。
どんなに辛い道のりでも、俺のことを理解してくれる人がいる限り俺は戦う。
そして、幾度倒れようとも人々が願うならば、俺は何度でも立ち上がることができる。
俺自身が戦う意志を失わないためにも、これからも応援してほしい。

>491
普通に「のみおとこ」と読む。これ以上付け加えるのは蛇足になるが、
ミイラ男を「ミイラお」とは読まないだろう?つまりはそういうことだ。

>493
それはツアーと言うよりサバイバルだな。悪魔城で七泊八日……
果たして八日後まで生き残れる者がいるだろうか?興味本位で悪魔城に行くことなど
到底おすすめできない。確かに悪魔城は非常に完成度の高い建築物だと思うが、
完成された城は、同時に侵入者を阻む要塞としての役割も果たす。
下手にうろついているとすぐに魔物達の餌食になってしまうことだろう。
観光なら悪魔城の崩壊した後で復興したワラキアを訪ねてみればいいと思うが。


496 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/10 21:11
>494
本当に大変だな。それでも、呪いを受けたからには生きるために戦うしかない。
俺はドラキュラとの戦いでそういう呪いは受けなかったから今も五体満足だが、
だからと言って俺の生きている間に何事も起こらない保証はどこにもないからな。
ドラキュラの復活であれ、強大な力を持つ他の魔族の出現であれ、
もしも邪悪な者が現れた場合には再び戦わなければならないだろう。

497 :DEATH:04/02/10 21:14
>493
基本的に…ひとたび城に踏み込めば…逃げ場所など何処にもない…
たとえ一日二日…生き長らえる事ができたとて…いずれ死ぬ運命よ。
多少体を鍛えたところで…闇の者達の止まぬ猛攻を…全て避け切れると思うか?
命が惜しくば…妙な考えなど起こさぬ事…この城の者達は…誰1人とて手を抜かぬ。
>494
あの程度の呪いで済んだ事が…真に遺憾…本来ならばあの呪いで…
確実にベルモンド一族を…根絶やしにできたものを…如何なる奴が…
彼奴に入れ知恵を施したのか? あの呪いの解き方を…知る者など極小数…
ましてやあの忌々しきベルモンド相手…闇の者の誰かが…裏切った等とは…
到底考えられぬ。

498 :スペランカー:04/02/13 01:05
今度私も悪魔城にチャレンジしようと思います!
あ、とめても無駄ですよ?
私これでも冒険家ですから!

499 :以上、自作自演でした。:04/02/13 20:07
>>498
確実に死にますよw

500 :以上、自作自演でした。:04/02/13 20:38
ゾンビやスケルトンになる素質とかはあるんですか?

501 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/13 21:41
>498-499
悪魔城でその「銃」とかいう武器がどこまで通用するのか見てみたいものだが、
どんな武器も所詮使うのは人、君自身が強くなければ悪魔城で生き残ることはできない。
まあ、止めても無駄と言うのなら止めはしないが、それは間違いなく死ぬと分かっていて
それでもなお行く覚悟を決めている場合に限ってのこと。
まだ生きていたいのならば冒険は他の場所に行くべきだろう。

>500
どんな死体であれ、ゾンビやスケルトンとして蘇らせることは可能だろう。
ただ、生前の能力によって蘇った時の強さは変わってくるらしい。
普通の者のスケルトンはせいぜい骨を投げることしかできないが、
戦士の遺体をスケルトンにした時はデュラハンスケルトンやスケルトンソルジャーとして蘇る。
さらに歴戦のつわものだったらより強力なスケルトンナイトに変化することもある。
もちろん、魔物の死体を元としたゾンビやスケルトンは人間のものとは比べ物にならないほど
強力になって蘇る。特にホワイトドラゴンはなかなか耐久力があって厄介だ。

502 :以上、自作自演でした。:04/02/13 23:20
ムチって結構扱いにくいでしょ? 接戦になった場合は特に
やりづらくないの?

503 :以上、自作自演でした。:04/02/14 01:10
元騎士のレオンは苦も無く操っていたな・・・。
普通、どんなにバケモノに効果的だと言われても戸惑うよな。普通。

ところでヴァンパイア・ハンターの皆さん。
月姫のアルクェイドに勝てますか?

504 :以上、自作自演でした。:04/02/14 09:24
>ALL
チョコレートドゾー(・∀・)ノ■■■■■■

レオンが使ってたヴァンパイアキラーは普通のムチっぽいのに
リヒターのは鎖ムチなのは何故でしょう?モデルチェンジか?


505 :DEATH:04/02/14 20:44
>498
一つ聞く…私の命の見立てに…間違いなどないのだが…それによるならば…
お前の命の炎は…輝きこそあるものの…今にも消えかからんとする…
心細き揺らめきを見せている。その程度の命で…この悪魔城に潜り込むか…
命知らずな…いや…愚かな奴と言うべきか。それでは…望みどおり…
己の名誉を誇りに思い…死ぬがよい。
>499
何者であろうと…普通の人間ごとき…この悪魔城において…普通に
存在し続けるなど…不可能な事。それを承知で…ここに来ているのだから…
我らもそれに応え…殺してやるが筋…綺麗に葬られる事となろう。
>500
ゾンビやスケルトン…あれら低級なる存在を作るに…素質など関係ない。
だが…ラルフ・ベルモンドも言うように…素体によって…大きな差は生まれる。
また…我ら創る側の手によって…必要な匙加減を加え…強化する事もある。
その代表例が…スピンヘッドである。あれは…元々はただの頭蓋骨に…
強力な呪詛を施し…決して破壊されぬまでに…強度を高めた代物。

506 :DEATH:04/02/14 20:44
>502
元来…鞭という武器は…剣や槍などより遥かに高い技術を要する…
その上…これで攻撃したとしても…致命的な一撃は奪いにくく…
実践的ではない武器とされる。それ補うために…強化等を施し…
サブウェポンを所持するようだが…それらを抜きにしても…鞭に込められた力は…
脅威極まりない。
>503
レオン・ベルモンド…彼奴があの鞭を…軽々と操るのは…やはり普段からの
修練と…元々の素質もあったのだろう…さもなければ…ああも扱えはしまい。
それに加えて…彼奴自身の意志の強さ…ただベルモンドの宿命として…
闘うのではなく…確固たる目的…己の内の欲望…それらが彼奴を突き動かし…
あのような力を発揮させたと…考えるのが妥当であろう。
>504
…この私にも…これを寄越すというのか? …おかしな奴よ…私に賄賂を…
寄越した所で…命を伸ばしはせぬ…だが…その興味深き行動を讃えて
…受け取っておく事としよう。…ベルモンドの鞭は…ラルフ・ベルモンドか…
シモン・ベルモンド付近で…金属製の物(クサリ)に…変わる節がある…
特にシモン…様々な者の手により…段階を経て直接鞭が鍛えられるストーリー…
変化したとするならば…その辺であろう。

507 :以上、自作自演でした。:04/02/15 13:38
>>34で挙がってたのとは違う気もするけど、
「悪魔城ドラキュラ総合スレッド」
ttp://cocoa.2ch.net/charaneta/kako/1017/10171/1017130730.html

508 :以上、自作自演でした。:04/02/15 23:03
ラルフのミドルネームの"C"って何?

509 :DEATH:04/02/15 23:20
>507
過去のモノか…だが…長くは持たなかったようでもある…主やアルカ−ド様までもが…
来ておられたというのに…実に残念至極である。それと比べると…ここは
様々な方面の者が集い…レス数も500を突破している…そういう意味では…
ここの方が盛況していると言えよう。可能な限り…この流れは保ちたいものである。
>508
人間の…それもベルモンド一族の名など…私の知った事ではない。
…実際の所は…私もただ知らぬという…それだけなのだが。
これはあくまで…私の勝手な予測だが…クリストファーの名が…入りそうではある。

510 :以上、自作自演でした。:04/02/16 02:10
ワープして三方向に弾を撃つドラキュラが好きです。

511 :以上、自作自演でした。:04/02/16 02:15
マリオやロックマンが悪魔城に挑んだら
どこまで行けるでしょうか。

512 :以上、自作自演でした。:04/02/16 18:19
ドラキュラクラスはやっぱり並みの吸血鬼とは違うんでしょうか?

513 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/16 20:18
>502
鞭を扱うのは熟練した技術が必要だが、そこで知らなければならないのは鞭の「間」だ。
一つは、鞭の間合いを知ること。鞭は剣や他の格闘武器に比べて間合いが広いから、
それを知れば相手の接近を許さずに一気に仕留めることができる。
そしてもう一つは、鞭を振るう間隔、要するに攻撃時に発生する隙を知ることだ。
鞭は攻撃の出がかりに一瞬、それと鞭が伸びきった一瞬にどうしても隙が発生してしまう。
相手がすぐ目の前まで接近している時や、前後から挟まれて同時に対応できない時には
無理に攻撃せず回避することも必要になる。確かに鞭は使いづらい武器ではあるが、
それでもヴァンパイアキラーを上回る魔力を持った武器など無いからな。
使いこなせなければ到底ドラキュラを滅ぼすことは叶うまい。

>503
俺も初めて鞭を手にした時は本当にこれで魔物が滅ぼせるのかと疑念を抱いたが、
それでも修行を積み、少しずつその力を感じ取れるようになってからはその疑念も消えた。
だが、それは同時に自分自身もまた特異な力を持つ者だと自覚することでもあったが。
……アルクェイド?何者かは知らないが、ヴァンパイアハンターに問うからには
その者もヴァンパイアなのだろう。もしも邪悪な意志を持って人々に災いをもたらすならば
どれほど強大な魔力を持っていようとも俺が必ず滅ぼす。ヴァンパイアキラーが
俺の想いに応えてくれるならば、いかなる魔物にも負けはしない。
だが、ベルモンドの宿命は人々を脅かす邪悪な者と戦うことなのだから、
無意味な争いは俺にとってもその者にとっても望むところではないだろう。

514 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/16 20:19
>504
これがチョコレートとか言う食べ物か、ありがたく頂こう。
……なるほど、ずいぶん変わった食べ物だが本当に甘くて美味しいな。
さて、鞭については実際に扱う俺自身でも分からないことが多くて上手く説明できないが、
使用者の魔力によって鞭の形態が変化するようだ。俺の場合、通常は革の鞭の形をとっているが
魔力を高めるアイテムを得るとその力で鞭が鎖鞭に変化して攻撃力が増す。
だから実際に鎖鞭を扱ったのは悪魔城でそのアイテムを得た時が初めてだった。
自身の魔力がずば抜けて高い者なら最初から鎖鞭の形態をとることができるだろうし、
更に魔力が上がればより強力な鞭に変化するかもしれないな。

>507
>34のスレッドはまだ見ることができないからどうやら別物のようだな。
確かに長くは続かなかったようだが、そのスレの>1の無責任さに比べれば
リヒター・ベルモンドはよく頑張っていたと言えるだろう。
俺もこの調子で最後まで辿り着けるように今まで以上に頑張っていかないとな。

515 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/16 20:22
>508
俺のミドルネーム「C」はクリストファー、と言いたいところだが、
言うまでもなく俺とクリストファー・ベルモンドは別人だ。俺がその名を名乗ると
少々混乱を招くおそれがあるのでとりあえず「C」のままにしている。
俺にはラルフというファーストネームがあるから今まで通りそれで呼んでくれればいい。

>510
ワープして三方向に弾を撃つドラキュラも嫌いだが、ワープして火柱を上げる
ドラキュラはもっと嫌いだ。前後に火柱を上げて動きを止め、さらに自分の足下にも
容赦なく火柱を上げてくるからドラキュラとの間合いを上手く取らないと端の方に
追いつめられて逃げ場を失う。炎の攻撃力がそれほど高くないのがせめてもの救いだが。

>511
少なくとも>498よりは先に行くことができるだろう。
ただ、悪魔城の魔物に対してどこまで有効な攻撃方法を持っているかにもよる。
どちらも俺が持つ鞭のような強力な武器は持っていないだろうからな。

>512
ドラキュラの力は他のどの吸血鬼も及ばぬほど強力なものだ。実際に戦った俺が
他の誰よりもその力をはっきりと感じ取った。しかしそれ以前に他の誰もが奴に敵わず、
結果として俺にドラキュラ討伐の依頼が来たということそのものが、
ドラキュラが並みの吸血鬼とは違うことを証明していると言えるだろう。

516 :DEATH:04/02/16 21:58
>510
主の力の一端である…ヘルファイアの事であるな…あの業はまさしく…
主を代表する力と言えよう。過去よりそれは不変…あの力でもって…
様々な障害を焼き払ってきた…故に…主自身も…愛着があるやもしれぬ。
ある意味…あの業で葬られるモノは…光栄と言えるやもわからぬ。
>511
ふむ…噂に聞く…アクションの殿堂たる者達か。ロックマン…あの機械人形は…
強者の力を取込み…己の物とする…あれもまた…支配の力の一種なのか…
いずれにせよ…侮れぬだろう。マリオ…奴は先が読めぬ…無限の動きを
秘めし者…アレで城を縦横無尽に…暴れ回られるのは…やっかいであるか。
>512
言う間でもない事…愚問である。特に主は…真祖と呼ばれる…吸血鬼の中でも
最高位の存在。加えて主が在りし時…あの方は魔界の王であった。
そして…魔のモノを支配する力という…絶対的な能力。その高みに辿り着いた
吸血鬼など…他に聞き及ばぬ。

517 :以上、自作自演でした。:04/02/17 21:48
サキュバスさんは、どうして弥那さんの格好に化けているのですか?
結界がはってあるので、弥那さんの所には行けないはずなのに、どうして弥那さんのさんの姿を知っているのですか?
むしろ、化けるならヨーコさんの方がよかったんじゃあ?
巫女さんの衣装で、足を広げて太股をあらわにし、胸元をほんの少し広げて、誘っている姿。
ものすごくマニアックなような気がするのですが…

もしかして、DEATH様の趣味の為に、あのようなお姿に化けているのですか?

518 :以上、自作自演でした。:04/02/18 00:05
身近なひとの癖とかをこっそり教えてくれませんか。

519 :以上、自作自演でした。:04/02/18 16:05
血のロンドのリヒターってストリートファイターの某キャラに似てない?

520 :以上、自作自演でした。:04/02/18 18:09
ドラキュラの若い頃はアルカードにそっくり?

521 :DEATH:04/02/18 18:43
>517
サキュバスは…相手の心を読み取り…その者にとって…理想とされる女…
または一番愛情を注いでいる者に…変化する。そういう者が相手だと…
決まって人間は…手を出さなくなるからである…仕掛けを知らぬ者ならば。
決して…私の趣味などではない…そもそもそのような趣味など…一切持たぬ。
>518
くせか…そのようなものを…私は一度も気にした事はない…気になるような事でも…
ないからである。ただ…くせとが違うが…時折我が主は…玉座に座ったまま…
何か物思いにふける事もあった。それが何なのかは…私の知る所ではないが。
>519
お前の言いたい事は…わからぬわけではない…今の者達が見れば…
誰もがそう思う事であろう。もっとも…その当時であったならば…
そのような考えを起こす者は…少なかったであろう…どちらも時を追い…
変化を経てきたのだからな。
>520
主の若き頃…あれは若き頃と言うのか…主が魔王となられる前…すなわち…
人間であった頃の話だが…それならば…いくらかそれも見て取れる。
ただ…どちらかといえば…アルカ−ド様は…リサ様に似ていると思われる…
私には…そのような感じがする。

522 :サキュバス:04/02/18 19:54
>517
うふふ…
>521のDEATH様の仰る様に、私は相手の心を読み込んで化けるのよ…
でもね、あのマニアックな格好は、蒼真君の欲望でもあるのよ…
私の化ける姿は、相手の持つ淫欲の象徴なの…
どうやら蒼真君は、彼女にああいう格好をさせてみたいようね…

523 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/18 23:38
>517
これにはDEATHやサキュバス本人が詳しく答えているようだ。
それにしても人の心を見透かしてしまうとは、なかなか厄介な能力だな。
俺はサキュバスと直接戦うことはなかったが、むしろその機会が無くて良かったと思える。
自分の欲望までも見透かされそれを見せられるのはやはり気分のいいものではない。

>518
身近な人の癖、と言われても仲間の行動を四六時中見つめているわけではないから
なかなかそういうものを見いだすことはない。特に悪魔城で戦っているときは
慌ただしくて人の癖を見る余裕などどこにもなかった。
だからと言って暇があっても人の行動をあまりジロジロ見るものではないだろう。
別に癖を知らなくて困ることがあるわけではないからな。

>519
確かにそう言われてみると似ているように見える。
ただ、似ているのは見た目だけではないだろう。俺のような後ろ暗さを持たず、
自分の信念のまま真っ直ぐに歩んでいくその姿勢を含めて似ていると思った。

524 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/18 23:40
>520
俺にはドラキュラの若い頃を知る由もないからよく分からない。
ドラキュラの場合は人が普通に年齢を重ねるのとは全く事情が違うから
見た目からある程度若い頃を想像することも難しいだろうな。

>522 サキュバス
またも悪魔城の住人が現れたと思ったら、お前がサキュバスだな。
人の心の内を見透かしあまつさえその心を弄ぶその手口、俺は絶対に許さない。
お前がいかなる姿をとって欺こうとしても俺は決して自分を見失いはしない。
それとも、小細工は抜きにして俺と立ち合うか?
ここでの手出しは無用と思ったが、返答によっては受けて立つぞ。

525 :以上、自作自演でした。:04/02/19 00:16
きっとベルモンド家には性欲のせの字もないから、
サキュバスは恋人とかに化ける事はありませんよ。
おっかさんとかに化けたら、大変かもしれませんが

526 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/20 02:48
約10日ぶりか…間を空けてごめん

>489
ありがとう。俺にも言われてるかどうかわからないけどさ
言われた矢先に約10日も間を空けるなんて、全く、バカな事をしたものだ
これからは、こんなバカな事はしないように心がけるつもりだ
ヴァルマンウェの如く、と言うのは無理にしても、怒涛の早さで返して行こうと思う

>491
違うだろ、それは
狼男が「おおかみお」という間の抜けた名前になってしまう…DEATHも言っていたか
それにそれは、来須蒼真を「らいすそうま」などと呼ばれているのと同じだ
俺は日本人だが、米とは関係ない

>493
誰だそんなツアー計画したヤツは
ワイヤーアクションって、鞭捌きのことか?
まぁ、やりたいと言うのなら、止めはしないけれど
時計塔は止めておいたほうがいいと思う
グラントがいたり、マルファスがいたり、DEATHがいたりと、恐怖の連続だ

>494
ドラキュラの執念だろうな
不幸だと言う点には同意するけど
蛇足になるかもしれないけれど、この遺骸は後の時代でもその姿を現す事になったらしい
ジュスト・ベルモンドと、アルカードもこれを集める事になったらしい
理由はわからないけれど、とにかく大事なものである事は確かなようだ。シモンの時代のみならずね

527 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/20 02:49
>498
止める気はないけれど、命は大切に…いや、無駄か
スケルトンに触ったくらいで死にそうだから、礼拝堂すら行けないっぽいけど…
6頭身になるように、体を改造してあげようか?
6頭身になってすら即死するなら、もう打つ手はないけれど

>500
俺がか?冗談じゃない。ゾンビにもスケルトンにもなる気はない
そもそもゾンビは死者を、スケルトンは人骨を、それぞれ魔力によって操っているだけだ
素質も何もない。ただ死んでいればいい
素質を言うのなら、むしろゾンビアーミーやゾンビソルジャーのほうだな
悪魔城に乗り込み、勇敢に戦い、死んでいった勇者たちの亡骸だ

>502
俺はウィップソードしか使ったことがない
だから、鞭について語る資格を持っていない
それでも、ポジトロンライフルほどは不適格ではないはずだ
しかし、鞭を持つものの相手をした側として答えさせてもらうならば、
確かに懐に飛びこんでの連続攻撃は有効と言えたかもしれない

>503
また微妙な所を…本気で戦えば、勝てなくもないか
俺はヴァンパイアハンターではないから、同じ闇の力をぶつけ合う事になる
つまり、力任せの真っ向勝負となるわけだ
レベルと、ソウル次第か?言うなれば

528 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/20 02:49
>504
ありがとう
悪魔城でも、チョコレートを持った敵はいなかったよ
サキュバスはなぜかプリンを持っていたけど
一体何のためにプリンなんか…まぁ、いいか
とにかくありがとう。後で食べておくよ
ヴァンパイアキラーもまた、持ち主によってその姿を変えると聞いた
皮にも、茨にも、鎖にも、分銅にも、炎にも。恐ろしい力だ

>507
なるほど…ありがとう
前のはまだ見られるようにはなっていないみたいだ
もう少し待ったほうがいいみたいだね

>510
ワープして?3方向?
ちょっと待ってくれ。確か俺、グラハムにその攻撃をされた記憶がある
確かにワープして、3方向へ火の弾を発射していた
上下に魔力の弾を撃つ攻撃もあったが、これは関係ないのだろうか?
だって、その火の球、攻撃すればあっさり消えるものだから、HP回復にしかならないんだよな
それが逆に好評なのか?うーん

>511
マリオはすぐに終わりそうだ
ロックマンは逆に楽勝だろう
マリオは、ライフはないし、遠距離攻撃も大した事はない
ロックマンは逆だな。何でもアリという印象が大きい

529 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/20 02:50
>512
当然、違うだろう
古文書によると、吸血鬼にも、ピンからキリまでいるみたいだ
オルロック、ジルドレがその代表例のようだな
いずれも強大な力を誇っているそうだが、ドラキュラには到底及ばなかったらしい

>517
そもそもイベントもなしに、いきなり弥那があそこにいるわけないだろう
ただ、ヨーコさんはもっと有り得なかったりするんだ
何しろ、グラハムの攻撃によって気を失っていた訳だから
だから、有り得るとしたら弥那しかいないわけだ
もちろん、俺は最初から疑わしいと思っていたけどね

>518
トリトンは槍を投げる時角笛を吹く
サキュバスは弥那に化ける
キラーマントは近づくと逃げる
ミノタウロスは斧を振り上げる
身近な人でもないような気がするが勘弁してくれ

>519
…(閲覧中)
反論のしようがないな
そして…(月下リヒター閲覧中)
全く違うな。5年間の間に、リヒターに何があったと言うのだろうか
マリアは、まぁ、わかるとして

530 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/20 02:50
>520
俺に聞かれてもな…答えようがない
何しろ、俺はドラキュラそのものを見たことがないからな
俺=ドラキュラだとすれば、似ているのかもしれないな
古文書の挿絵のなかに、アルカードの姿を見たことがあるんだが、似ていたような気がする
特に髪型がね

>525
そもそもサキュバスって夢魔だろ?
夢の中でしか戦えないと思ったんだけど、甘かったみたいだ
つまり、性欲あるなしに関わらず、悪魔城ではサキュバスの戦闘能力は変わらないのかもしれない
さすがにおっさんに化ける事はないだろう。ウホッ、などと言うサキュバスなど
プライドを全て捨ててもそれは無理だろう

531 :以上、自作自演でした。:04/02/20 07:41
蒼真たん、がんがれ!
えっちな巫女さん願望はメジャーだヨ! 胸をはって生きようよ!
レッツ・カミングアウト!

532 :以上、自作自演でした。:04/02/20 16:33
蒼真たん久々にキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
でも「おっさん」ではなく「おっかさん」ではないかね?

533 :サキュバス:04/02/20 18:19
>>524 ラルフ
そんなに熱くならないで…
私だって、弄ぶつもりで男を誘惑しているわけじゃないのよ。
私は生きる為に男の精を吸うことによって生きているのよ…
鳥や獣を殺し、喰らう事によりより生きるあなたたち人間に、どうしてそれが否定できるのかしら…
ちなみに、悪魔城であなたを襲わなかったのは、あなたが「ウホッ」な趣味だという誤情報が流れていたからよ。
私も後で、あのヴェルナンデスの人間が女だとわかったときには驚いたわ…

…そうね。
あなたがどうしても私を倒そうというのなら、奥さんにあなたの秘密をばらしちゃおうかな…

>>525
母親の姿に化けるというのは、殆ど使えない手よ。
血のつながった親子にとって、本物と偽者を区別するなど容易いこと。
しかし、アドリアン様の場合は、幼い頃に母親を亡くしているので、その感覚も鈍っていたようね。

>>530 蒼真
そうよ…
私は夢魔だから、普通は夢の中にしか現れないの…
でもね、悪魔城の魔力が私を実体化させているのよ…
あなたが私の誘惑に勝てたのは、あなたの暗黒の力が私の誘惑の魔力を遥かに凌ぐものだったから…
性欲のある普通の人間ならば、あっという間に私の手に落ちていたでしょうね…
もっとも、私だって誘惑だけがとりえじゃないから、なめていたら痛い目にあうけどね。

ちなみに、男にも化けることができるのは、インキュバスという私の種族で中でも選ばれた者のみなの…
女性の姿に男を誘惑して集めた精子を、今度は男性の姿に化けて女に植え付けるのよ。
そうやって生まれた子供は魔の力を持ち、世界を混沌へと導いてくれるわ。
ドラキュラ伯爵だって、インキュバスの力によって生まれたという説があるのだから。

534 :白馬弥那:04/02/20 20:11
何かいやな予感がしたのだけど…

>522

きゃあっ!
蒼真君の変態。もう知らないっ。

535 :以上、自作自演でした。:04/02/20 21:49
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1073704111/753
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1073704111/755
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/retro/1073704111/760

ドラキュラ伯爵とベルモンド家の間に関して、このような黒い噂が流れているのですが…
DEATH様、この件に関して一言お願いします。


536 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/21 20:35
>525
俺とて性欲が全く無いわけではないが、何分にも俺の場合は悪魔城に来るまでの
人生の中で恋人がいたことなど一度もなかったし、サイファと「恋人」と言えるような
関係になったのも悪魔城での戦いが終わった後だったからな。
もちろん不特定の女性の姿をとったとしても間違いなく不審に思うから意味はないだろう。
ベルモンドの者は肉体と同様に精神力も特異なまでに強靱なのだからな。

>531-532
俺も蒼真には頑張ってもらいたいと思っている。
それにしても戻ってきて直後にこのような声援が送られるのは人気がある証拠だろう。
その分ツッコミも少々厳しいようだが、それも愛嬌と言うべきか。

537 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/21 20:38
>533 サキュバス
生きるため……お前の行為が生きるための糧を得る行為なのは分かった。
ただ、お前が生きるために誰かの命を奪わなければならないとしても、
俺はヴァンパイアハンターとして魔物を滅ぼさなければ救えない命の方を選ぶ。
人々が安心して生きていられる世界でなければ俺自身も生きることができないからだ。
それはそれとして、秘密とは一体何を知ったのか?確かな証左のある話なら話しても結構だが、
その他に根も葉もない噂を流されるのはご遠慮願いたいから今は鞭を収めておこう。

>535
俺が悪魔城で戦ったのは、ただ俺の力で人々を救えると信じたから戦ったまでだ。
大抵のことは言われても気にしないが、さすがにこのような中傷を受けるのは悲しすぎる。
それでも俺も、ベルモンドの末裔達もドラキュラと戦うことを止めはしない。
何と言われようともドラキュラに全てを滅ぼされることだけは避けなければならないからな。

538 :DEATH:04/02/21 20:48
>522サキュバス
補足御苦労であった…大儀である。しかし…そなたの変化の力には…
まことに驚かされる…その完成度の高さを誇る族は…魔界広しと言えどもごく小数…我らの仲間であった事には…感謝せねばなるまい。
この先もその力…存分に発揮召されよ。
>525
これは…サキュバスが既に答えているな…本人が答えているのだ…
私が横から…いらぬ口を挟む必要は…あるまい。
>531-532
久々に蒼真が…ここへ顔を見せにきた事により…沸き立っているようだな。
流石は…と言ったところか。もっとも…そのあとに続く文は…いささか
蒼真自体には…抵抗がありそうな内容だが…特に531…迂闊な発言が…
命取りになる事も…憶えておいた方がいいであろう。
>534弥那
…相変わらず…この娘のなんと…タイミングの悪い事か…いやむしろ…
謀ってきているのか? だとしたら…なんとしたたかな娘よ…その狡猾さたるや…
魔族の間でも…十分に渡り合っていけるやもしれぬ。たとえ脆弱なれども…
人間を侮ってはならぬという事か。蒼真も…災難な事である。
>535
…有り得ぬ話だ…詰まらぬ戯言…小耳に挟むまでもあらず。例え主を…
裏切りになったとはいえ…アルカ−ド様は主に似て高貴なお方…そこらの
人間共のような…無粋な思考を持つはずがあるまい。その程度の存在だったならば…
そもそも主が…アルカ−ド様を生かしておくはずがない。

539 :以上、自作自演でした。:04/02/23 00:41
DEATH様、大変です。
酸性雨によって悪魔城が溶け出しています。

540 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/23 02:32
実はドラキュラ誕生についての古文書が見つからなくて困っているんだが…
結局、マティアス・クロンクビストがドラキュラの最初の体だと思っていいのか?

>531
待て。待て待て!待ってくれ!
俺は巫女萌えだと言った覚えはない!
幼馴染が偶然巫女だっただけの話だろう?
しかも、えっちな巫女萌えとは、どう言うことだ?
明かに矛盾してるだろう、矛盾!

>532
素で間違えた…
さすがに、サキュバスがおっさんになるのは無理がある
しかし、おっかさんに化けると言うのなら、何の問題もないな、確かに
なにしろ、一回実現しているからな
確か、1797年の戦いにおいて、サキュバスはアルカードの母親に化けたと言われている

>533 サキュバス
夢の外でも、あんたには苦戦させられたものさ
バックステップ、そして突撃+吸血
その分、ソウルには役立たせてもらったな
シールドに攻撃しても回復するのは何故だ?
って、あんたに質問するのは酷と言うものか…

541 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/23 02:33
>534 弥那
ち、ちが…違う!
これは罠だ!ドラキュラの!
サキュバスめ!これ以上変な噂を吹聴したらな!
レッドミノタウロスでぶった切ってやる!
あ、弥那!待て!

>536 ラルフ
>>その分ツッコミも少々厳しいようだが、それも愛嬌と言うべきか
愛嬌にしては厳しすぎるぞ、このツッコミ
俺は弄られているのか?闇の力と、身に覚えのない女性関係によって…

542 :以上、自作自演でした。:04/02/23 18:23
うまいメシを食うたびに、生きる事のありがたみを実感します。

543 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/23 21:26
>539
酸性雨とは少々違うが、地下道では酸の雫が落ちてきて厄介だったな。
ブロックを瞬時に溶かしてしまう強力なものだから体にかかったらただでは済まない。
ただ、おそらくは瘴気が地下に溜まって酸化したものだから地上に降ることはないだろう。
もしあの雫が雨となって悪魔城に降ったら俺達も魔物達も大変なことになるだろうな。

>541 蒼真
……ちょっともてあそばれているようにも見えないこともないが、
誰からも恐れられ避けられることに比べれば遥かに幸せなことだ。
言葉は厳しいかもしれないが、少なくとも君のことを心配して様子を見に来てくれる
人がいること自体は、変に疑念を挟まず素直に良いことと受け取るべきだと思うがな。

>542
命懸けの戦いを生き残った者としては、美味い不味いに関わらず
生きて食事が取れること自体がありがたいことだと実感している。
それに、一緒に食事を取る相手がいてくれるから日々の食事も楽しく感じているよ。

544 :DEATH:04/02/23 21:50
>539
…かような虚言を…誰が信じると言うのだ。確かにこの悪魔城は…
石造りではある…だが…同時に城そのものに宿る魔力が…悪魔城の
存在を支えている…さもなければ…高位の魔族が織り成す魔力に…城自体が
崩壊するからである。故に…酸性雨ごときで崩れはせぬ。
>540蒼真
さようである…あの瞬間こそ…主の前身たるマティアスが…人間である事を捨て…
主へと覚醒したその時…そういう事になる。もっとも…それに関する
文献は…ほとんど残されておらぬようだが。かのマティアスが…
そのような事になったとあっては…人間共も…都合が悪かったのであろう。
>542
そうか…それで幸せならば…それもよいであろう。この悪魔城において…
お前の食欲を満たす事は可能…隠されているモノを探し出しだすなり…
城に住まう者と…取り引きするなりして…入手するがよい。もっとも…
それを入手する前に…お前が命を落とすであろう事は…想像に難くない。

545 :以上、自作自演でした。:04/02/23 22:56
ふと、思ったのですが、レオンは誰と結婚したのかな?
蒼真さん、日本を代表としたヴァンパイアハンターお疲れ様です。
弥那さんと仲良くね〜〜。

546 :以上、自作自演でした。:04/02/24 23:21
2002年6月、2003年5月、11月…とコンスタントに出てるから今年も一本くらい
新作でるよなあ……。
出るなら1999年の戦いの話がいいな。
3Dもいいけど横スクロールも捨てがたい。

547 :DEATH:04/02/25 22:32
>545
其れを私が知っていれば…苦労はしない。だが…ベルモンドの血筋が…
以後ソニアやラルフと…続くのだから…新たな者を見つけたのだろう…
人間にしてみれば…それぐらい難しい事ではあるまい。もっとも…
己の地位を捨てた事により…相手は高い身分の者ではあるまい。
>546
新作か…それを望んだ所で…今は信じるしかあるまい…私には出るかどうかは
分からぬ。出るとしたならば…お前の言う通り…1999年の話が…一番妥当と…
いったところか…多くが望む部分であろう。しかし…あの時は主の完全消滅…
如何にしてその方法を表現するかが…最大の難題であろう。

548 :しんのゆうしゃ:04/02/26 20:02
・・・私は今ワラキア地方にある悪魔城と呼ばれる大きな城の前にいる。
冒険を求める旅の途中、ドルイドの予言者が私に告げるのであった。
「予言が正しければこの世は闇と化す。
その諸悪の根源こそドラキュラ伯爵!!
奴は悪魔城と呼ばれる城で、堕落した人々の魂により封印が解け、100年に一度の眠りから覚め、この世を闇に変えようとしておるのじゃ!!
この復活を打ち破れるのはベルモンドの血を引く者
・・・そう、そなただけなのじゃ!!
悪魔城に行ってくれぬか?
そしてドラキュラ伯爵を再び封印してほしいのじゃ!!」

・・・如何なる障害も乗り越えドラキュラ伯爵を倒すこと・・・。
それが私の果たすべき使命なのだ!!

549 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/26 22:26
>545
レオン・ベルモンドの妻となった人物については記録に残っていないようだからよく分からない。
それこそベルモンド家の家系図でも出てこない限り明らかにはならないだろう。

>546
最近の作品に限らず、1986年に「悪魔城ドラキュラ」が世に出てからは、
大体一年に一本のペースで新作が出て多くの戦いが語り継がれてきた。
それでもまだ語られていない戦いや明らかにされていない真実が数多くあるようだから、
これからも定期的に新作が出てくることだろう。俺も期待している。

>548
どうにも君は行くべき城を間違えているような気がしてならないのだが。
それでも行くと言うならば、少なくとも短剣や斧を自分に突き立てるような
気の触れた行為だけはくれぐれもしないように願いたい。
まあ君が本当にベルモンドの末裔ならば、「つかう→ヴァンパイアキラー→(魔物名)」で
いかなる障害も乗り越えられるはずだがな。

550 :以上、自作自演でした。:04/02/27 10:12
すみません、GBAのキャッスルヴァニア 白夜の協奏曲のスレってありますか?
暁月の円舞曲はあるのですが白夜の方がみつかりません。

壁を壊すムチがどこにあるかわかなくて詰まっているのですが
こちらで教えていただけるようでしたらよろしくお願いいたします。

551 :DEATH:04/02/27 10:26
>548
…全てひらがなではない…故にこの者…噂に名高き…「しんのゆうしゃ」の…
偽者である可能性が高いか。ならば…多少は警戒しておく事としよう…
そうだな…ここは特別に…あの深い縦穴のところで…待ち受けてやろう…
白い歯を…ちらつかせてな。
>550
あそこは…暁月スレのようにも見えるが…白夜やサークル〜もアリの…
総合スレのはずである…さらに…テンプレには…白夜の攻略サイトもある…
あとは己の力で調べるなり…人に聞くなりして探せばよかろう。
…何故…私は塩を送っているのか…?

552 :以上、自作自演でした。:04/02/27 12:57
551さん、どうもありがとうございます。
あちらで聞いた方が良かったのですね。すみません。

553 :以上、自作自演でした。:04/02/28 02:15
>551さん、どうもありがとうございます。

さりげにデス様の存在意義を脅かした551さん萌え。

554 :以上、自作自演でした。:04/02/28 02:41
>>551 DEATH様
そんな、お茶目なDEATH様が好きです(*^_^*)

555 :以上、自作自演でした。:04/02/29 17:11
大変です大変です大変です!!!!

556 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/29 17:49
>542
全くだな。いや…
俺の場合、少しだけ逆転しているかもな
生きる事の有難味を味わうためにうまいものを食べる、っていうのか?
最近の美味い料理は、容赦なくHP回復するからさ
生きる気力が沸く+生きる事への有難味も感じる、と言った所だね
ある意味、得なのかな?俺

>543 ラルフ
そうなのか?
俺ってほら、外見と中身がかなり違うからさ
その所為できっとからかわれるのさ
別に良いけれどね
あんたは見た目通り無骨でカッコイイよな
羨ましい…

>545
俺はハンターじゃないんだけれどな
それはそうと、サラ・トランドゥールは命を落してしまったらしいな
痛ましい事だ
弥那は無事助けられてよかったよ。本当に
折角助かった命だ。仲違いする理由もないさ

>546
俺も狂おしいほどに激しく同意だ
時にユリウス19歳…か
有角やグラハムは生まれてないだろうな
ヨーコさんのお母さんあたりが参戦しそうだ
軍隊を大量に派遣するほどだったという当時の事件
やはり気になるからな。もしかしたら、俺に関する事も出てくるかもしれないしな

557 :来須蒼真 ◆SomaDv.OTA :04/02/29 17:51
>548
そうか、頑張るといい
ヴァンパイアキラー→セルフ
などと言うバカな真似はするなよ
それならいい。共に頑張ろう

>550-552
みつからないな…
とりあえず、古文書に載っていたような気がするな
と、先にDEATHが示していたか…
あんたは、ヴァルターにしたように、吸血鬼の力を奪うためにベルモンドを利用するつもりなんだろう?
まぁ、それでもいいさ。俺には関係ない事だし、な

>553-554
DEATHの存在を脅かしたDEATH?
とりあえず、何らかの意図があった事は明白だろう
好かれるのはわかる気もするが、過剰な期待は死を招く事にもなりかねない
気を付けたほうが、いいんじゃないか?

>555
どうした?足きり?何の事だ?
とりあえず、わかった。
注意しておく事にするよ。それでいいだろう?

558 :以上、自作自演でした。:04/02/29 20:16
足切り回避ってどうやんの?

559 :DEATH:04/02/29 20:27
>552
礼を言われる憶えはない…ここが攻略スレではない事を示し…お前を
あるべき場所へ…導いただけの事である。もっとも…あの事に関しては…
言われなければ…分からない事もあるであろうが。
>553
迂闊に答えてしまった…私にも非はあるのだが…それがなによりも…
主の事にも関わるとなると…私は如何にして償えばいいのだろうか…
私らしくもない…何たる不覚。
>554
何がお茶目だと言うのだ…この事により…私の存在が…この現世より…
追いやられるだけであれば…己が業と悟り…受け入れもしよう。だが…
主にまで…その影響が及んでは…その業は死すら生ぬるい…購う事など
不可能…く…。
>555
何事か…速やかに報告せよ。…人間? 貴様が何故…この城の事を…
気にする必要があるか? 何にせよ…ベルモンド一族が来たのでもない限り…
この城は…そうそう揺らぐ事はない…だが…万が一という事もある。
この際人間でもかまわぬ…事の次第を報告せよ。
>558
何も迷うことはない…書込みさえあれば…例えこの悪魔城が…深淵の淵に
あろうとも…消滅することはない…何らかの書込みさえあれば…落ちることは
まず無いといって…差し支えはない。狼狽えることはない…この悪魔城は
…主に並んで偉大な存在である…落ちなどせぬ。

560 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/29 21:42
>550-552
何故かDEATHが攻略の書かれている場所を教えているようだな。
最近の記録については攻略も充実しているから、よく目を通せば問題ないだろう。
それに引き替え俺達の戦いは戦い方を文書で知るだけでは勝利することはできない。
実際に敵と戦ってみなければ分からないことがたくさんあるのだから。

>553-554
確かに敵に助言するということは自分の存在を脅かすことにもつながるが、
その行為をお茶目と言うよりは、むしろ余裕の表れと言った方が正しいだろう。
俺はそういう余裕を見せつけられるのはあまり好まないがな。

>555
一体どういう大変な事態が起こったのかは知らないが、
悪魔城で様々な出来事を体験した身としては自分の予測を超えた事態が起こることには
慣れきっているからな、最早大抵のことでいちいちうろたえたりはしない。
それで結局何が起こったのかは教えてくれないのか?

561 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/02/29 21:43
>558
とにかく書き込むことに尽きる。それは誰の書き込みであっても大丈夫だ。
要するに、不本意ながら俺がここで書き込むこともまた悪魔城が存続することに
つながっているというわけだ。認めたくはないが、そう簡単に悪魔城が消えることはない。
もっとも、俺としても中途半端な形で悪魔城が消えるのは本意ではない。
最後まで辿り着いて、その上で完全に消滅させてみせる。
それがベルモンドの血を引く者の宿命だ。決して途中で投げ出したりはしない。

562 :しんのゆうしゃ:04/03/01 04:02
(悪魔城の入り口前。蒼真の安否を心配している弥那の目の前)

「うほっ!! いい おんな・・・。」
わたしは おもわず つぶやいた。

しらべる→弥那

おんなは わたしを じっと みつめている。
くのうを うかべた かおは このうえなく みわくてきだ。

つかう→ヴァンパイアハンター→弥那

わたしは かのじょを むちで たたいた。
すると かのじょの いふくが やぶけ あざが できた。
あたりに かのじょの ひめいが ひびきわたる。
どうやら むちで たたかれて いたがっているようだ。

ふるえながら わたしをみる かのじょの すがたは わたしを こうふん させた。
やぶけた いふくからは かのじょの はだが あらわになり わたしの こうふんを たかめさせた。

とつぜん すきんへっどの おとこが こちらに むかってきた。
どうやら さきほどの ひめいに きづいた らしい。
おとこは つるぎを かまえながら どんどん ちかづいてくる。
あれこれ かんがえて いるうちに わたしは おとこに しんぞうを ひとつきに されてしまった。

ざんねん!! わたしのぼうけんは これで おわって しまった!!



563 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/03/02 20:43
>562
…………、最早何を言っても意味をなさない気もするが……
一体ヴァンパイアキラーを何だと思っているんだ?この鞭は人々を脅かす邪悪な者を
滅ぼすためのもの。それをあろうことか己の欲望を満たすために人を鞭打つとは恥を知れ!
あれこれ考える余裕があるなら行動を起こす前に後先をよく考えろ。
それにしても、身の危険も省みず助けに入ったスキンヘッドの男は勇敢だな。
この男もヴァンパイアハンターなのか?いずれにしても優れた戦士には違いあるまい。
蒼真も俺と同様に心強い仲間がいるのだから、いかなる敵にも負けないわけだな。

564 :DEATH:04/03/02 21:32
>562
…自業自得である。周囲をよく見渡さなかったのは…失念であったな…
この悪魔城において…一つの物事にのみ…己の意識が囚われた者は…
いずれも無惨な死を遂げる運命…その理に…見事に当てはまる典型と言えよう。
それと…漢字を使ったのも…ミスである。

565 :以上、自作自演でした。:04/03/03 15:46
悪魔城で一人だけというのも、いろいろと大変そうです

566 :以上、自作自演でした。:04/03/03 17:44
日本人でない方には判らないかもしれませんが、
肉と一番相性のいい主食は炊いたご飯です。
パンや麺などと比べても、ご飯は口の中で肉と混ざり合って
絶妙なハーモニーをかもしだすのです。
鳥の唐揚げ、ハンバーグ、ステーキ、焼肉、いずれにしても
ご飯との相性バッチリなので、日本人でない方は試してみて下さい。

567 :DEATH:04/03/03 21:07
>565
その「一人だけ」というのは…人間を換算した上での事か? しかし…実際に
一人で来た者は…数少ない…ほとんどの場合…城内のどこかに…別の人間が
いるか…最初から複数で来た…そういう者ばかりである。だがお前も…ここに
来れば分かるだろう…その心配は無用である事を…すぐに馴染める…腐った体に。
>567
私は…そもそも人間ですらない…故に…そのような事を聞かされても…
私には…感動などわかぬ。そういう事は…まだ人間の物を食す機会のある…
我が主や…アルカ−ド様に申し上げた方が…よほど有益であろう。
そんな事をしなくても…ここに人間はいるのだが。

568 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/03/04 21:44
>565
確かに悪魔城を一人で突破するのは大変だろう。幸いにも俺には頼れる仲間がいてくれたが、
もしも一人でドラキュラと戦っていれば結果はどうなっていただろうか?
もちろん、最初は自分だけで悪魔城に赴いたのだから当然誰の力も借りずに勝つつもりでいたし、
自分で言うのはおこがましいが、俺にはそれを可能にする力があると思っている。
しかし実際には一人で切り抜けるのは非常に厳しい場面が数多くあった。
一人では負けるとは思っていないが、絶対に勝てたと自信を持って言うこともできない。

>566
そう言われるとぜひ食べてみたいとは思うが、何分にも俺の住む場所に米など存在しない。
できれば持って来てくれればありがたいのだが。
もしも米があるならば、隠された肉を取り出して一緒に食べてみるつもりだ。
まあ人にねだるより、俺自身が悪魔城に米が隠されている場所が無いか探してみるよ。

569 :顔の濃いハンター:04/03/04 22:44
死神だと?
本来の役目を捨てて、使い魔に成り下がったモノにこの俺が負けるとでも思っているのか?

食らえ!キシン流奥義!!


570 :以上、自作自演でした。:04/03/05 00:52
平和な現在でも、修業は欠かさない?

571 :しにがみ:04/03/05 20:04
どもども、皆さん初めまして。
私、しにがみと申します。
始めに断っておきますが、私はDEATH様とは別物でございます。
そこのところご了承ください。

では、私は何者かといいますと、まずはこちらをご覧ください。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/revelation12/history/data_02.htm
実は、ここで低評価を受けているの、実は私なのです。

かれこれ時代は、クリストファー・ベルモンドの時代にさかのぼります。
なんとこの時期、我が主であるドラキュラ伯爵様が復活に成功したにもかかわらず、DEATH様が復活できなかったのです。
理由は、ラルフ・ベルモンドの時代に、無理して変身までしてしまったので、復活に時間がかかったのですね。
それで、これでは困るということで、シモン・ベルモンドの時代に、伯爵様が当時人間だった私に血の契約を結んでくださり、晴れて「しにがみ」になることができました。
DEATH様が欠員のときは、私がその代わりをやるという、DEATH代理という役職を伯爵様よりいただいたのです。
しかし、それもつかの間、シモン・ベルモンドの手により、DEATH様と我が主は私を残してやられてしまいました。

ちなみに、私のデビューは「ドラキュラII 呪いの封印」です。
この時、私は主の遺骸を守らせていただいていたのです。
シモン・ベルモンドが主の遺骸を狙ってやってきたので、ここぞとばかり待ち構えていたのですが、いつの間にか逃げられていたのですよ。
しかも、主の遺骸もいつの間にか盗まれていて、この時は青ざめましたよ。ほんと。

それから40年とちょっと経ったある日、変な城があったので探検していたんですよ。
そしたら、あったんですよ我が主の遺骸が。
しかも、主の復活にちょうどいい雰囲気でしたので、これはチャンスだと思い、お手伝いをさせていただいたのですけど、途中でジュスト・ベルモンドにやられちゃいました。
一応、変身までして頑張ったのですけどね、負けちゃいました。

572 :DEATH:04/03/06 06:36
>569
愚かな…私は本来の役目…「主」に絶対忠誠を誓い…「主」のために
己を尽くす…それを捨てた憶えなど…一度もない。それにこれは…
私自身が選んだ道…貴様ごとき青二才に…口を挟める余裕など…
紙一重もない…消え失せよ。
>570
これは…ベルモンド一族や…それと同等の人間への…質問であるな…
よもや私に…そんな事を聞こうなどとは…思いもしまい。我らには…
平和や修行などと言う…言葉は存在しない。
>571
…それは本気で言っているのか? だとしたら…それは私に対する…
侮辱ととろう。過去にも未来にも…主の信頼を受けし…DEATHの名を語る者は…
私をおいて他に無し…たとえ人間共が何を言おうとも…それが事実。
貴様のような間者を…ただの一度とて…存在を許した覚えはない…!

573 :以上、自作自演でした。:04/03/06 17:17
デス様は魔界の住人の中では、位が高いほうですか?
フランケンシュタインとかは低そうですが。

574 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/03/07 21:05
>569
君もヴァンパイアハンターだな。確かにその剣には強力な魔力が秘められているようだが、
あまり先走って隙を見せないように気を付けて戦うべきだろう。
それにしても自分で顔が濃いなどと言うものなのだろうか?そんなことを言い出したら
俺は濃いなどと生易しい言葉で語れる顔ではないからな。

>570
平和な世界であっても日々の修行は欠かさない。
と言うよりむしろ平和だからこそ、その平和が破られないよう修行を積むことが必要だ。
ドラキュラと戦う前もそういう思いで修行を積み、結果として奴を倒すことができたのだから
これからも同じように修行を積んで更に強くなるつもりだ。

575 :ラルフ・ベルモンド ◆TrevorTfa2 :04/03/07 21:06
>571
DEATH本人も言っているが、俺としてもお前を死神と呼ぶには少々違和感を感じるな。
DEATHと同等の実力があるならともかく、まがい物がDEATHを名乗ったところで
ヴァンパイアキラーとまともに戦うことはできない。
ただ、DEATHの存在そのものが多くの人々、そしてヴァンパイアハンターでさえも
恐れさせたのだから影武者としての役割ならお前には十分果たせそうだな。

>573
俺は魔界のことは知らないから答えられないが、DEATHほどの者ならば魔界でも
他の魔族に見劣りすることはないだろうな。ただ、力と位は必ずしも正比例するものではない。
フランケンも力ならかなり強い方だろうが、あくまで契約によって使役される
存在でしかないからそれほど位の高い方ではないだろう。

576 :以上、自作自演でした。:04/03/09 20:27
ただいまー!!

577 :以上、自作自演でした。:04/03/10 07:07
月下の夜想曲での、ローブを取ったデス様は気持ち悪いです。
あれじゃ死神っていうより骨魚って感じで。

578 :以上、自作自演でした。:04/03/10 07:19
伯爵やリサを今まで見てきて、ベルモンド家とも戦ったデス様は
人間という生き物をどういう目で見ているんだろうか

579 :DEATH:04/03/12 09:52
>573
魔界での地位など…あまり深くは…気にした事はない…私としては…
主にお仕えする立場であるならば…その他の事は…特に興味はない。
もっとも…元は「神」であった事もあり…その事を踏まえての事かは知らぬが…
主に次いで…私を仰ぐ者も多い。
>576
悪魔城に住まう者か…? いや…人間でありながら…この城を寝屋とする者など…
数が知れている…加えて…お前のような者を…城に招いた憶えもない。
何処かの城と間違えて…ここに来たか…ならば不運であったな…苦しまずに…
死ねる事を祈る。
>577
上級の魔族ともなれば…己の意志と魔力により…ある程度の形態変化は…
難しい事ではない。それに…私はいわゆる「堕天」した身…言ってみれば…
あの姿は「堕天」した際に…代償として醜く歪んだ本質…それを表していると
言っても…差し支えはない。もっとも…後悔はしておらぬが。
>578
私「のみ」からしてみれば…「人間」とは一種の生命体にしか過ぎぬ…
その中に…主やリサ様のような方もいれば…ベルモンド一族のような者もいる…
ただそれだけの事。こればかりは…「堕天」した今となっても…唯一
変わらぬ…私の思想…望みを持たなかった…あの頃と変わりなきモノ。

580 :以上、自作自演でした。:04/03/12 22:32
デス様は魂の色で人を見分けると聞きました
ベルモンド家の魂の色ってどんな色なんですか?

581 :貧乏神:04/03/12 23:52
>>579 DEATH
>もっとも…元は「神」であった事もあり
嘘をつくな。
お前は魂を狩る魔族であって、神などではない。
仮にも神を名乗るなどとんでもないことじゃ。
リヒター・ベルモンドの時代から、ベルモンド家に居座っていたが
あんまりでかい口を叩いていい気になっているようなら、今度は悪魔城に引っ越すぞ。

582 :以上、自作自演でした。:04/03/13 07:06
貧乏神なんて、ガラモスにとってかかればイチコロですよ

583 :DEATH:04/03/13 17:56
>580
ベルモンド一族の魂の色…あれは己の宿命に対し…一片の濁りもない…
人間の中でも類い稀な…純粋な色である。しかし…それは逆に…その
「宿命」ただ一つに…己の魂を囚われ…全てを塗りつぶされた…哀れな色。
レオン・ベルモンド…つくづく罪作りな男よ。
>581
今でこそ…死を忌み嫌い…目を背ける者も増えたが…古代より「死」は…
神聖なるモノとされ…それを司る我らは…まさしく神であった。だが…キリスト教…
アレこそが…我らを「堕天」せしめた原因…異端の神を全て「魔」とした
…それこそが「神」の名を持ちながらも…魔族として…忌み嫌われる要因よ。
>582
ガラモス…アレも神に匹敵する…強力な力の持ち主…その気になれば…
神殺しの一つ二つ…成せぬ事はないだろう。もっとも…アレの本来の目的は…
主の地位…それを成すまでは…神など眼中にはあるまい。一万年計画…
アレにはそれがある。

584 :以上、自作自演でした。:04/03/14 17:58
ウホッ!

585 :匿名希望 ヴァンパイアハンター:04/03/14 21:11
男は黙って親指立てたピース。
ええ、これで濡れなかった女性はいませんでした。

586 :以上、自作自演でした。:04/03/15 08:48
まぁ、神が魔族(悪魔)に落とされる事なんて昔ではよくあった物だよ。
有名な所ではあの「ベルゼブブ」。
今では「蠅の王」とか言われているけど、
元々は「バアル・ゼブル」と言う名前で「高い館の王」とか言う立派な神だったし。

神が悪魔になるのは信仰の移り変わりや言語の変遷、
現在信仰されてる宗教の神が、別の宗教では悪魔なんて事もある。

例え今神を信仰していたとしても、その神が悪魔になる事だってあり得るって事だ。

587 :以上、自作自演でした。:04/03/15 11:01
ドラキュラ伯爵は強い闘争本能、支配欲、
破壊衝動などを持っているようですが
デス様はそのような感情はお持ちになられませんか
強敵と戦うのも悪くはない、とか思ったりしませんか

588 :DEATH:04/03/16 22:29
>584
…何ごとか…わざわざこの悪魔城に…やってきたという事は…それ相応の
目的が…あるのだろうが…この者…これといった力を持つわけでもなく…
何を考えている? だが…この城に来た以上…お前の命運は決まっている…
死を待つのみである…さらばだ。
>585
ヴァンパイアハンター…ここに何を…求めてきたかは知らぬが…ここには
主も…女もいない…ここにいるのは…人外魔境の住人のみ…お前の目的を…
達成するモノは何一つない。
>586
その通り…新しい宗教の布教により…古き神々は淘汰され…それに抗う者は…
地上と天上で…宗教戦争が繰り広げられ…根絶される。敗れた神々は…
地へ叩き落とされ…悪の象徴とされる。浅ましきは…神の名を借り…
争いを繰り返す…人間なのだろうが。
>587
私は…感情よりも先に…主への忠誠心がある。主に仕えるためにも…
普段は己を滅している…感情を表に出す事は…ほとんどない。あらゆる行動が…
主のためである…故に…強敵と戦いたいなどと…私利を優先した事はない…
私が戦うのは…主の敵を排除するためである。

589 :以上、自作自演でした。:04/03/17 20:34
ベルモンド家と戦ってるときのドラキュラ伯爵って
楽しそうじゃありませんか?

590 :以上、自作自演でした。:04/03/17 20:39
ドラキュラ伯爵の本人は、デス様ですら窺い知る事は出来ないのかもしれませんね。
それでもただ、どこまでも仕えるのみですか

591 :以上、自作自演でした。:04/03/17 21:03
DEATH様ってマメですね。
ところで何で水の中ではコウモリになれないんですか?

592 :DEATH:04/03/17 21:53
>589
主が何を思い…ベルモンド一族と対峙しているか…それが何であろうと…
私の知り及ぶ範囲ではない…知る必要もない。ただ…主には主なりに…
思うところはあるのであろう…さもなければ…永きに渡り…ベルモンドの
一族と…わざわざ決着を…付けようなどとする必要は…ないからである。
>590
さよう…今現在において…私が存在する理由は…ただ一つ…主に仕えると
いう…盟約のみ。従者が主の…本心を窺い知ろうなどと…出過ぎた真似…
恐れ多き事である。道具が道具以上に…働こうなどとは思わぬように…
私もまた…主にとっては…ただの道具であらねばならぬ。
>591
一般的に…コウモリは空を飛ぶ生き物…水中での行動に…考慮されてはいない…
故に…水中ではコウモリに変身したところで…泳ぐ事すらかなわぬ…
そのような状況下で…変身しようなどとは…思わぬであろう。
酔狂で身を滅ぼすなど…愚の骨頂である。

593 :以上、自作自演でした。:04/03/17 23:19
DEATH様こんなものを発見しますた。

ttp://prv191.hp.infoseek.co.jp/domai.html

まだ活動はしてないようでつが。

594 :以上、自作自演でした。:04/03/18 00:16
DEATH様はやっぱり人気だねえ。
さすがは皆勤賞。
PS2ではラスボスだし。やられ際の"Impossible!"が妙にアメリカンテイストw


595 :クリストファー・ベルモンド:04/03/18 03:47
>>594
どういうことだ?
俺の時代には出てこなかったにもかかわらず、DEATHが皆勤賞だと!?

はっ、まさか俺とドラキュラの戦いを、ベルモンドの歴史から消そうとしているか?



596 :以上、自作自演でした。:04/03/18 15:43
>>595
その時代はナイトストーカーっていう雑魚キャラ身分だったんだよ。
そこから死神にまで昇進したのさ。

597 :以上、自作自演でした。:04/03/18 18:19
そもそもクリストファー・ベルモンドの戦いって
ソニア・ベルモンドの戦いと同様
コナミから「正史から外れたパラレル扱い」されてなかったっけ?

598 :以上、自作自演でした。:04/03/18 18:33
公式の年表に名前が載ってるから一応正史扱いだと思う。
これからどうなるかわからないけどw

599 :以上、自作自演でした。:04/03/18 23:40
デス様。
たまにはここでも高圧的な笑いで、登場してください。


600 :DEATH:04/03/19 20:51
フハハハハハハハ…! 我が司る…死の理に背こうとする…愚か者は誰か?
>593
ほう…これはすなわち…私の後に付き従う者たちを…集めるための…
一種の宗教みたいなもの…そう考えてもよいのか? そういえば以前にも…
私の歴史を追い…それを記録として公開していた…そういう場もあったか…
だが…できるならば私などよりも…主の僕を集めてほしいものだが。
>594
本来ならば…全ての頂点に立つべき存在である…主の方に…そういう人気が…
集まるべきであろうに…私などが…このようにまつりあげられていては…
従者として失格…主に顔向けできぬ。今からでも遅くはない…私などよりも…
主の元へ付く事を選ぶがよい…さすれば命だけは救われるであろう。
>595-596
さよう…皆勤賞とはいえど…あの時ばかりは…私の力が及ばず…
本領を発揮する事なく…主を討たれてしまった。この時ほど…私が
不甲斐ないと思った事はない…あのような時の事は…今後二度とないように…
特に注意を払ったものである。

601 :DEATH:04/03/19 20:52
>597-598
愚かな事よ…己の都合が悪くなれば…不利な事を隠蔽し…歴史の闇に葬る…
過去よりそのような行為が…如何なる結果を生むものであるか…知らぬはずは
ないであろうに。それも…よりにも主に関わる事…このような無礼…
いつまでも許されると思うなかれ。
>599
…人間が…そのような事を望むなど…不可解極まりない…が…ここは
そういう場所でもある…最近になって…そういう事が理解できるようになった…
故に…お前の望みに応えた…満足か? …不思議な事よ…主がいないだけで…
ここまでこの城は…変わるものなのか。

602 :以上、自作自演でした。:04/03/20 18:10
このスレってsage進行?
ageちゃダメ?

603 :以上、自作自演でした。:04/03/21 06:30
ずっと前、デス様がいないのを見計らってドラキュラ伯爵に聞いたんですが
「本人の前では言えんが、あれほど頼りになる部下は他におるまい」って
言ってたよ。

604 :ナゾの商人:04/03/21 11:07
客、来ませんなぁ…
あ、そこの骸骨の人!何か買っていかれますかな?

605 :以上、自作自演でした。:04/03/21 16:30
soumaはどこ行ったんかな・・

606 :以上、自作自演でした。:04/03/21 22:10
このスレが圧縮されなくてよかった。

607 :DEATH:04/03/21 23:24
>602
今…不用意にこの城を上げる事は…危険な事とされている…なぜならば…
ベルモンド一族を筆頭とする…ヴァンパイアハンター…あるいは…それに
組する…その他に人間どもよりも…始末に負えぬ…厄介な間者が…ここに
来る事も…あるそうだからである。
>603
…! …何故ただの人間が…主と接触を図り…なお生きていられたかは
不可解であるが…その話はまことか…だとしたならば…ありがたき幸せである。
だが…それと同時に…主の期待にも関わらず…ベルモンド一族を相手に…
遅れをとってしまう…己の不甲斐なさを…恥じる次第である。
>604
…お前は本当に…ただ迷い込んだだけなのか? 城の幾つもの部屋に…
神出鬼没し…加えて…如何なる魔族にも見つかる事のない…身の隠し様。
その上…商売を始めるとは…ただ者ではないと見る…その勇気に免じ…
一つ売ってもらおうか…お前の魂を。心配せずともよい…金は幾らでもある。

608 :DEATH:04/03/21 23:24
>605
如何なる存在であろうと…あれは人間…故に…人間の世界における掟に…
縛られるのであろう。そのような掟など…己の力を持ってすれば…如何様にも…
書き換えられるであろうというに…惜しい事をするものである。その辺は…
人間という事か。
>606
しばらく私が…城を離れていたスキに…足切りが…来ていたのだな…
油断ならぬ奴よ。今…主のいないこの城は…防衛という点で…非常に
不安定な状況…だからこそ…細心の注意を払わねばならぬ…この城の…
行く末を見届けるためにも。

609 :以上、自作自演でした。:04/03/22 18:58
暁月のデス様も強かったよー。
鎌避けられないよー。助けてー。

610 :以上、自作自演でした。:04/03/22 19:42
壁に向って巨大化突sぅぁぉいやめれなにしやが、、、、、
(サキュバスに拉致られました

611 :DEATH:04/03/23 21:31
>609
私の鎌は…標的の魂を…逃す事なく刈り取る…そもそも…避けようなどと
考える方が…無意味というもの。だが…恐れる事はない…むしろ私に…
狙われた事を…光栄に思うがいい。何故ならば…私の手にかかれば…
確実に主の力と…なる事ができるからである。
>610
…サキュバスよ…大義であった…後で褒美をとらせよう。まったく…
ベルモンド一族に…遅れをとる事はあっても…よもや普通の人間に…
力なき人間に…このような形で…苦汁をなめさせられそうになるとは…
油断ならぬ…ベルモンド一族と同じ…人間族という事か。

612 :以上、自作自演でした。:04/03/23 21:36
ドラキュラ伯爵の機嫌が悪いときはありますか?

613 :以上、自作自演でした。:04/03/23 23:59
伯爵様にお仕置きされた事ってあります?


614 :以上、自作自演でした。:04/03/24 00:47
何度倒されても復活してるデス様やらメデューサやらを見てると
どうやら魔界の住人は、不死身のようですね。

615 :以上、自作自演でした。:04/03/24 18:03
DEATH様よぉ、シャフトのアホ、ムカツキませんかぁ?

616 :以上、自作自演でした。:04/03/25 06:37
ラルフ………戻ってこないかな(´・ω・`)

617 :DEATH:04/03/25 20:12
>612
機嫌が悪いというべきか…時に主は…私さえもそばに近付けることなく…
自室に長い間…閉じこもる事がある。ごく稀の事だが…その時ばかりは…
迂闊に近付く事は出来ぬ…まかり間違って…主に近付こうものなら…
たとえ私といえど…容赦なく滅するであろう。
>613
私の度重なる失態…ともすれば…何らかの処罰を下されても…如何なる
申し訳も立てられぬ…が…今までただの一度も…叱責を受けた事はない。
今となっては…主が完全に消滅してしまわれ…叱責はおろか…主直々の
命一つ…聞く事が出来なくなってしまった。
>614
正確には…不死身とは違う…私や主ともなれば…自力で転生する事が…
可能なのである。故に…不死身ととられる事も…少なくはないが…別物である。
メデューサもその一人…だが…実際にそれが可能な魔族は…ごく一握り…
自力転生不可能な者の方が…多数を占める。

618 :DEATH:04/03/25 20:13
>615
シャフト…あの暗黒神官の事であるか。主の復活に…一役買った事に
関しては…非難される筋はない。しかし…所詮は人間…主の下につき従うには…
魂が俗世に寄り過ぎている…あれでは…いずれ主の…怒りを買っていたで
あろう。人間故に…転生できなかったのも…ある意味幸せか。
>616
この私が…よりにもよって…ベルモンド一族の心配をするなど…あり得ぬにも
程がある。が…この悪魔城は…宿命無き城…加えて…場が場である故…
何をしているのか…私も気になる次第ではある。宿命無きとはいえ…
ベルモンド一族…いつかは…戻ってくるであろう。

619 :以上、自作自演でした。:04/03/25 20:35
伯爵はトマトジュース飲みますよね?
デルモンテですか?それともカゴメですか?
僕はカゴメが好きです^^。

620 :以上、自作自演でした。:04/03/26 20:07
このスレだけはホッシュホッシュ!
ブラッディーマリーってトマト酒だっけ?

621 :以上、自作自演でした。:04/03/26 20:45
月下でリヒター使用でガラモス攻略中です…

アイテムクラッシュは聖水が一番だと思うんですが、
使ったあとに雷球の集中攻撃を浴びて死にます。
しかも一回のアイテムクラッシュで精々500しかダメージ与えられません。
たしかガラモスHP一万ですよね?無理ですぅ。
どうしたらいいですか?デスさん、ラルフさん、アルカードさん、鼻悪魔さん、よろしくお願いします。


622 :以上、自作自演でした。:04/03/26 23:18
ガラモスヘ到達できただけでも凄いと思うよ


俺なんて、シャフトの間へたどり着くまでに何度死んだ事か・・・
逆さ城凶悪すぎますよデス様〜

623 :DEATH:04/03/27 00:22
>619
…お前は…主を馬鹿にしているのか? そこらのギャグ漫画や…ジョークに
使われるような…そんなネタを…主に当てはめようなどと…無礼千万…
万死に値する。その罪は…お前の魂で償うがよい…もはやこの場から…
逃れられると思うなかれ…覚悟せよ。
>620
その方の働き…賞賛に値する…主が健在であったならば…喜ばれたであろう。
…ブラッディマリー…私は人間のモノには…あまり詳しくはない…が…
蔵書庫の翁が言うには…その通りのようである。もっとも…主が嗜むは…
本物の血…名ばかりのモノなど…主はお召しにならぬだろう。そこの所…
よく覚えておくがよい。
>621
流石のヴァンパイアハンターも…あのガラモスには…そうとう苦戦すると
見える…大きいのは…体と態度ばかりではないと言う事か。しかし…
彼奴を放っておく理由はない…打ち勝とうと思うならば…ただひたすらに…
忍耐が必要である。それと…足下に死角がある…それを探す事である。
>622
元々…人間如きが…あの城に入って…無事でいられるわけがない…あらゆる
法則がねじ曲がり…人間界のそれとは…全く異なっている。正気を保てる…
そんな者の方が…少ないであろう…逆さ城の恐怖は…一つにそれがある。
せいぜい…一分でも長く生きていられるよう…祈る事としよう。

624 :619:04/03/27 22:46
>>623
くっ、何がいけなかったんだ?!
もしかしてトマトジュースは駄目でトマト酒はありか??
いや、ケチャップなのか?
DEATH様のツボが掴めん・・・

625 :以上、自作自演でした。:04/03/30 00:19
逆さ城はただ逆さまにしただけだ、伯爵は無能だな。

626 :以上、自作自演でした。:04/03/30 02:56
>625〜!後ろ〜!


627 :DEATH:04/03/31 12:50
>624
主は…トマトジュースなど飲まぬ…飲むはずがなかろう。仮にも…
主は吸血鬼…そして…何らかの理由で…吸血を断っているわけでは
ない…にも関わらず…トマトジュースなどという…知れれば吸血鬼の…
恥となるようなものを…嗜むはずがあるまい。
>625
…主を無能呼ばわりなどと…愚の骨頂…お前がそう思うならば…
お前自身の目で…それを確かめてくるがいい。幸い…主の物であらずとも…
魔界には…同等の場所が…幾つも存在する…その一つに…お前を
案内してやろう…そこにお前の…骨を埋めてくるがいい。
>626
忠告したようだが…すでに遅い…625は…我が魔力により…魔界へと…
私が送り込んだ。もはや戻る事は叶わぬ…今ごろ…己の愚かさを…
骨身で悟っていることであろう。お前には…その生き証人となり…主に
刃向かう事の無意味さを…世に知らしめる役を与える…さぁ…行け。

628 :以上、自作自演でした。:04/03/31 20:11
ラルフも来てた事ですし、過去の生きてた頃の伯爵が
このスレに来る事はありませんかね。

629 :ジャッキー伯爵:04/04/01 01:05
はっはっはっはっ。
処女の生血のおかげで若返った我が姿を見よ。

最初に断っておくが、月下にでてくるドラキュラは私の影武者のジルドレだ。
そう、かつてあの憎きクリストファー・ベルモンドが私だと思い込み、まんまと騙されて倒したものだ。
シャフトの無能が、間違えてジルドレを復活させるとは全く愚かなものだ。
もっとも、5年で復活させられても、魔力が完全に回復していないので困るのだがな。

>>624
トマトといえばあの紅き悪魔の実のことか?
残念だが、私が好むのは紅き処女の血のみ。
そういえば、トマトジュースは息子の大好物だったな。

>>625
アレはシャフトとかいう無能な人間の仕業だ。
私は一切関係ないぞ。

>>628
これで満足かな?


630 :以上、自作自演でした。:04/04/01 06:56
>>月下にでてくるドラキュラは私の影武者のジルドレだ。

んなわけ、あるかー!

631 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/01 12:40
>629
貴様は何を言っているのだ。
このドラキュラ、今まで一度たりとも影武者を使った事など無い。
アルカードと戦い、敗れ去った私もまた正真正銘の私だ。
あまり他者を惑わすような虚言を吐くなど、感心せんな。
それとハイリンはやめておけ。

632 :以上、自作自演でした。:04/04/01 13:08
>>631
黙示録で影武者を使っていたのは何処の誰だったかな?

633 :スケルトン:04/04/01 13:51
それと伯爵様
今はハイリンを使ったとしても鯖の負担になる事はございませぬ
そう目くじらをお立てにならずに・・・・・

ところでデス様、私を大広間から蔵書庫に配置換えして頂きたいのですが・・


634 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/01 15:12
>632
どうやら長い歴史の中で、記憶違いを起こしていたようだ。
まさか私自身が、人間に誤りを指摘されるとはな。
己の非礼は素直に詫びよう。
転生を繰り返していると、忘れる事が多くていかん。
普段からデスに任せきりにしているのが裏目に出たか。

635 :アルカード:04/04/01 21:33
それにしても、『血の輪廻』→『月下の夜想曲』ではあまりにも
変わりすぎて影武者の意味がないな。





俺も『悪魔城伝説』の時からは大分変わったが。

636 :以上、自作自演でした。:04/04/02 01:47
>>629
>>631
お前らうそつけっ!絶対カゴメのトマトジュースを飲んでいる!!
だって上手いもん。あれ!!ほら父親の好物は息子に遺伝するだろ?!

637 :以上、自作自演でした。:04/04/02 10:45
おっ、賑わってるな。
嬉しい嬉しい。

638 :以上、自作自演でした。:04/04/03 03:30
確かにカゴメのトマトジュースは上手いよな。

639 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/03 12:10
>628
私がここにいていいかどうかは判らんが、
デスが戻ってくるまでの留守番くらいには良かろう。
私が留守番をするというのも、おかしな話ではあるが
私がここにいるのがまずいというのであれば、
早々に退散させてもらう。

>633
そうであったか……どうもハイリンというのを見ると
気分が落ち着かなくてな。
やはりしないに越した事はない。
まあ最近この板に来ている連中は、あまり
そういった事に疎いようだから、仕方のない事かもしれんが。

>635
月下と輪廻で絵が違うのは、歴史を想像して描いた画家の
それぞれのイメージが異なっていたのであろう。
にしても、人によってこうまで捉えるイメージが異なるとは
なかなか面白いものだな。
悪魔城と月下でお前がまったく変わっているのは、さすがに
画家うんぬん以前に、実際に若返ったからというのも
あるだろうが。

640 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/03 12:19
>633
大広間にいる事に、不満があるというのか?
なぜ不満があるのか、理由を言ってみろ。
万が一にも部下の申し出を聞き入れる事はないが、
城の警備に差し障りがあるような、重大な理由なら
聞き入れてやらん事もない。

>636
……貴様、私を愚弄しているのか?
確かに私も人間の食物を摂るから、トマトジュースを
飲めないわけではない。
だが、吸血鬼がわざわざトマトジュースなど飲んだら
人間どもの笑い者になるのは必死だ。
息子が好き好んで飲んでいたからと言って、
私までが飲んでいると勝手に決め付けられては困る。
今度そのような事を言ってみろ、消し炭にしてくれる。

>637
私がここにいていいかどうか、正直判らんがな。
もしデスの迷惑になるようであれば、
大人しく引き下がらせてもらう。

>638
お前たちにとっては美味かもしれんが、
私にとっては陳腐な飲み物に過ぎんわ。
そんな物を飲むくらいなら、部下にさらわせてきた
処女の血を飲んでいた方が遥かに良い。
しかもカゴメだと?いったい何の事だ。

641 :DEATH:04/04/05 10:26
>主
おぉ…伯爵様が蘇られた! …伯爵様…ここはあなたが…主であるべき
城…あなたがここに居られる事に…何の迷惑がございましょうか。
しかし…この城は「宿命無き城」…違和感を感じるやもしれませぬが…
そこの所を…御了承のほどを。
>628
この通り…主は今…この城に戻られた…在りし時の…その力も
健在であられて…何よりである…喜ぶがよい。この事が…少しでも
この城に…良い修正が加わる事を…願う次第である。もっとも…
ベルモンド一族が…この事を…嗅ぎ付けるやもわからぬが。
>629
…ただ愚弄するだけに…飽き足らず…その声色まで真似るか。
その程度の事で…騙し通せるとでも思ったか…愚かなる人間よ。
ただ死なすだけでは…生ぬるい…未来永劫…魔族の奴隷となり…
己の業の深さを…悔やみ続ける道を…歩ませるとしよう。
>630
かような虚言に…惑わされる者など…一人として居らぬ…今頃…
彼奴は己の浅はかさを…恨めしく思っていることであろう。
いつかの…主気取りの男もそうであるが…己の器の大きさを…
悟ろうとせぬのか。

642 :DEATH:04/04/05 10:27
>632
主はお疲れのようである…加えて…一度は魂をも…根絶させられた身…
そこからの復活自体…きわめて異例の事である。故にいささか…
代償もあったのであろう…あまり主の…体に触れるような事は…
避けてもらおうか。
>633
そのような事を…この私に申しでるからには…それ相応の力を…
身に付けたのか? 私の前で…それを披露し…私を納得させてみよ。
お前のようなものが…私に意見するだけの…知恵を身に付けたのだ…
それぐらいの事…わけはあるまい。
>635
我ら魔族とて…時の流れはございまする…あれだけの歳月が過ぎれば…
変わらぬはずが…ありますまい。もっとも…それはあくまで…
絵の上での話…中身は…以前と寸分違わぬまま。実に…残念な事で
ございますが…。
>636
…主を「嘘つき」呼ばわりとは…ここの所…人間の横暴は…目に
余るものがある。主は魔族なれど…その内は高潔なるお方…軽々しく…
嘘をつくようなお方ではない。…しかし…アルカード様は…そんな
物を…嗜んでおられるのか…嘆かわしい…。

643 :DEATH:04/04/05 10:28
>637
私が来ない間に…主が復活し…ここが賑わう事となっていたのは…
お前と同じく…嬉しく思う。しかしながら…この私としたことが…
よもや主の復活に…気づかなかったなどと…全く不甲斐ない話…
如何なる申し訳も立たぬ。
>638
例え…そのトマトジュースが…主の口に合うような…美味なる物で
あろうと…そんなものでは…真に吸血鬼の…渇きを癒す事など…
不可能である。もっとも…誰とは言いませぬが…慣れてしまえば…
いいものなのかも…しれぬが。

644 :以上、自作自演でした。:04/04/05 15:50
ジュマンジ拾ったんで置いてきますね…
皆さんで遊んでください…

┏━━━┯━━━┓
┃    .│    ..┃ <ズンドコ♪ズンドコ♪
┃JUMA│NJI  ┃    ズンドコ♪ズンドコ♪
┃    .│    ..┃
┃    .│    ..┃
┣━━━┷━━━┫
┗━━━━━━━┛


645 :以上、自作自演でした。:04/04/07 00:23
やっぱり時代は怒羅吸羅ですか?

646 :以上、自作自演でした。:04/04/07 00:42
DEATH様、魂アゲルカラサインちょーだい

647 :DEATH:04/04/07 10:07
>644
これは…? 何やら胡散臭くはある…だが…同時に強力な…
魔力を宿している…ただならぬ品であることは…確かか。
万が一…そういう事もある…蔵書庫の爺に…この品の鑑定を…
依頼するとしよう…何か分かる事も…あるやも知れぬ。
>645
…それは確か…東洋に伝わる文字…「漢字」とか言ったか…
我らにはあまり…馴染みの無い…文字であるな。私には読めぬが…
これもまた…蔵書庫の爺ならば…読み取れるであろう…
彼の元に…644の箱と共に…送っておく事としよう。
>646
私は死神…魂など…自力で刈り集められる…それをわざわざ人間の手を…
借りたとあっては…いい笑い者である。…サイン? 契約書に名を記し…
我を僕としようとする…腹積もりか? そんな事が出来るとでも…何…
白紙に…と? 不可解な奴よ…人間とはつくづく分からぬ…。

648 :以上、自作自演でした。:04/04/07 17:32
アルカードのヌード写真集キボンヌ。TMRのアイツも出した事だし対抗してください。

649 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/07 18:44
>641
「宿命無き城」か………例えここにベルモンド家が
現れようとも、事を構えるべきではないのかもしれんな。
私も戦いしか知らぬような野蛮な男ではない。
むしろラルフらが、ここに戻って来る事を願っている。
このような余興も悪くは無い。

>644
本来、低俗な遊具などで遊ぶ趣味は持ち合わせていないが
これはただの遊具では無さそうだな………
駒が止まった場所に書かれている事が現実に起こり、
誰かが上がらないと永遠に抜け出られぬだと?
このような呪いの品、魔界にとてそうそうは存在せんな。

>645
やっぱり時代はなどと、お前はいきなり何を言うのだ。
いつの時代であろうと私はドラキュラであり、
それ以上でもそれ以下でもない。
しかしその奇怪な漢字とやらの文字列、実に気になる。

>646
おおよそ命などというものは、死の恐怖に怯え
泣き叫ぶ者の物であればあるほど、奪う価値がある。
最初から差し出す覚悟の者の命を奪ったとて、何の価値があろうか。
しかも魔界の住人に奪われた魂がどうなるか、知らぬと見えるな。
冗談で言っているのなら、やめておく事だ。

650 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/07 18:49
>648
我が息子の………?
くだらん、実にくだらんな。
いくら人間どもに迎合しようとも、我が息子が
裸を見世物にするなど、あるはずがない。
ましてや俗人と我が息子を比べられたとあっては
父親である私の威厳に傷が付くわ。
………しかしそのような事を考える人間の、なんと情けない事よ。

651 :以上、自作自演でした。:04/04/07 19:32
じゃあ伯爵のヌード写真キボンヌ!ダンディズム爆発!!
魅了も魔物のスキルです、ぜひにそのカリスマ性とともに世間に知らしめてください!

652 :以上、自作自演でした。:04/04/07 19:33
コナミのポリゴン技術について思う事を正直に語ってください。どうぞ。

653 :以上、自作自演でした。:04/04/07 19:34
お前ブルーアイズホワイトドラゴンより強い?

654 :以上、自作自演でした。:04/04/07 23:22
ドラキュラなんて雑魚だよ

655 :以上、自作自演でした。:04/04/08 10:55
>654
後ろ後ろ!!

656 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/08 18:14
>651
息子の裸すら見せたくもないというのに
どうして自分自身の裸など、見世物にできるか。
貴様らがいくら私を煽てようとも、私の肌をさらけ出すつもりはない。
悪魔城の城主たる私が、人間どものために脱いだとあっては
私の威厳も地に落ちたようなものだ。

>652
そのポリゴンという表現法については、あまり詳しい事は知らぬから
どのくらいだと汚いと言うべきで、どのくらいだと綺麗と言うべきかも
あまり判断が付かぬのだが、かつてその表現で描かれた悪魔城は
悪くは無かったと思っている。
だが、やはり悪魔城を描くに適した表現はドットだと私は思う。
私とシモンが戦った時代を描いたものでさえ、今見ても美しいではないか。

>653
ブルーアイズホワイトドラゴンとは、人間が使役する魔物か?
私がそのような魔物に敗れるとは思えぬが、
実際に戦う事が出来ぬとあっては確かめようもないな。
確かめるつもりもないが………
人間が使役する魔物同士を戦わせる遊戯に、付き合うつもりもない。

657 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/08 18:26
>654
ベルモンド一族ですら私をたやすくは倒せぬだろうに
何の力も持たぬ並の人間に、そのような事を言われるとはな………
私も随分と侮辱されるようになってしまったものだ。
愚かな人間よ、貴様はフランケンやメデューサはおろか
背虫男の大群にすら勝つ事は出来ぬのだ。身の程を知れ!
DEATHよ、こやつの始末はお前に任せる。
たっぷりと後悔させてやれ。

>655
忠告してももう遅いわ。一度口から出た言葉を
消す事など出来はしない。
ましてやこの私がいる所で、直に私を侮辱したのだ。
楽な死に方を出来ると思うな。
654と同じ目に会いたくなければ、言葉を控えるのだな。

658 :DEATH:04/04/09 11:50
>主
中には…「宿命無き城」に不満を持つ…魔族もいるようで
ございますが…彼らとて…伯爵様がそれに従うならば…それ以上は…
何も言いますまい。…は…>654の始末…確かに引き受けました…
伯爵様は…玉座にておくつろぎくださいませ。
>648
そのような物が…この城に存在するとでも…思っているのか?
例え…父親である主に…反旗を翻そうとも…アルカード様の心は…
主と同じく…気高いまま…お前の望むようなものは…過去から
未来に至るまで…手に入る事は…ないであろう。
>651
主が…偉大なるカリスマを携えている事は…事実である…だが…
そのような事は…サキュバスやインキュバスにでも…任せておけば
よい。そもそも…お前の望む物は…主を辱める物…そのような事を…
主がよしとする…はずがあるまい。
>652
これといって…悪いものではない…この悪魔城を…表現するに
あたり…過不足はなかったであろう。過去より脈々と受け継がれし…
悪魔城の美観を…想像以上に劣化させる事も無く…納得のできる…
範囲内であろう。

659 :DEATH:04/04/09 11:51
>653
…名前から察するに…青い目のホワイトドラゴン…という事は…
有り得ぬか。竜族…あれらもまた…強力な力を持つ種族…本気を
出せば…ただでは済まぬやも知れぬ…しかし…その程度で腰が
引けるようでは…主の側近など…務まらぬ。
>654
…お前は…恐れ多くも主を侮辱し…主の怒りを買った…その罪は…
何よりも重い。主より…命が下った…私が直々に…処罰を下そう。
お前の魂を…転生する事のかなわぬ…闇の牢獄の底に封じ…
終らぬ無の責苦を…受け続けるがいい。
>655
既に時遅し…お前の忠告はまたも…間に合うことは無く…
654は…罰された後。主は吸血鬼が真祖…無力なる人間ごときが…
口を滑らせて…助かる相手ではないというに…何故その事が
わからぬ…哀れ也。

660 :以上、自作自演でした。:04/04/09 13:39
ぐーでんたーく!(・∀・)ノシ
本日の日替わりランチの内容を紹介して下さい!

◇←お食事券

661 :以上、自作自演でした。:04/04/09 13:50
何型の血が一番美味しいんですか?ちなみに漏れはAB(RH+)。

662 :以上、自作自演でした。:04/04/09 13:50
男なら一度はビッグバイパーを操縦してみたいと思いますよね!!

663 :以上、自作自演でした。:04/04/09 15:17
なかった事にして欲しい事ありますか?

664 :以上、自作自演でした。:04/04/09 22:08
ハイドロストーム!!
\ ヽ \\ ヽ \
\ \ \\ヽヽ\\`\
ヽヽ\\`\\ ヽ \
\ \ \\ヽヽ\\`\



665 :以上、自作自演でした。:04/04/09 22:21
(神聖モテモテ王国風に。)

グラハムは
毎日が悪魔城内という
ハイテンションを
維持しながら
勝手気ままに
人生を全うする
宗教家である。

グラハム「面白おかしく生きるのよ。
     さっそくこの私のために、
     来須蒼真に悪魔城荒らしの濡れ衣を着せる。
     そのほか全ての魔物にあらゆる犯罪計画を命じ…
     以後悪魔城は私がしきる。」

あまり間違っていない気がします。


666 :以上、自作自演でした。:04/04/09 22:25
666ゲトズザーーーッ!!(AA略)
記念に何かください。

667 :以上、自作自演でした。:04/04/09 23:00
デス様!ついにやりました!月下でリヒター使用でガラモスを倒しました!
散々てこづらせてくれましたが、アイツ後頭部にナイフでラクショーでしたよ!
次はベルゼルブ倒しに行ってきます!それじゃ!

668 :以上、自作自演でした。:04/04/10 09:31
ドラキュラ伯爵よりもDEATH様の方が強いね
伯爵は確かに強いかも知れんけど簡単にパターン構成できるからねぇ(攻撃がワンパターンだし)
逆にDEATH様はランダム要素が強いから臨機応変に行くしかないし・・・辛い・・・

あ、後月下では伯爵の事を素っ裸(装備なし)で殴り殺しましたからノシ

669 :すけるトン:04/04/12 10:05
伯爵様、デス様〜。
このたび私、すけるトンはスケルトンリブと入籍とあいなりました!
式にはぜひご出席下さい!

670 :DEATH:04/04/12 10:54
>660
その食事券そのものが…日替わりランチである…余程の事が
ない限り…二日以上続けて…同じ物が出る事はない…故に…
実際に使用して…何かを確かめてみるがよい。…とは…
図書館の翁からの…説明である。
>661
私は…主とは違い…吸血によって…力を蓄えたり…自身の生命を…
永らえる事はあらず。そのような問いは…主に直接問うのが…
よいだろう。もっとも…味の善し悪しは…血液型ではなく…吸血の
対象が…何者であるかに…左右されると思われる。
>662
ビッグバイパー…操縦するという事を聞くからに…何かの乗り物と…
思われるのだが…私には興味のない事。私が操るモノは…
私が私たるこの鎌のみ…それだけで十分であるそれ以外のものを…
特に必要とはせぬ。
>663
私が今まで…主に付き従い…歩んできたこの道…何の迷いや…
悔いがあるであろうか…いや…あるはずがない。私とて元は…
神と呼ばれたこともある者…己の成した事に…間違いはないと…
断言できる。

671 :DEATH:04/04/12 10:58
>664
お前は…ベルモンドの一族か? その強力な力…それ以外には
考えられぬ…だが…この悪魔城は…「宿命無き城」…それは…
ベルモンド一族ならば…感じ取れるはずであろう。その事が…
理解できるなら…手を引け。
>665
あの男…何を考えているかと思えば…所詮は人間ということか。
到底…主の高潔たる精神には…遠く及ばぬ…下卑た存在という
ことか。「面白おかしく」などと…傍ら痛い…主の器として…
満たぬわけである。
>666
666…獣の数字ということか…普通の場ならば…縁起が悪いと…
忌み嫌われるところであろうが…ここは悪魔城…むしろめでたい事と…
いえるであろう。では…お前の望みどおり…その記念として…お前に
666の刻印を…授けることとする…これでお前も悪魔の仲間入りである。
>667
ガラモス…彼奴が倒れたと聞き…如何なる方法でもって…敗れたのかと
思えば…よもやナイフごときでとは…主の座を狙う者が…聞いて呆れる。
リヒター・ベルモンドは…歴代でも最強と…その名が高い…しかし…
それでもナイフのみとは…鞭はどうしたのであろうか…。
>668
私が…主よりも上だと…? 何を寝ぼけた事を…言っているのか…
そのような事…あるわけがない…私など…主には遠く及ばぬ。
主は…その秘めたる力…神にも匹敵すると言われ…ながらく魔界の
王と…呼ばれる程の方なのだから。
>669
…入籍とは…何をたわけた事を…言っている。よもや…その式と
言うのは…結婚式の事では…あるまいな? 城の守護を…
まじめにやっているのであれば…何も言う事は無いが…そのような事に…
主を巻き込もうなど…己の立場を…わきまえよ。

672 :以上、自作自演でした。:04/04/13 13:41
お義父さんッ!息子さんを漏れに下さいッ…!

673 :以上、自作自演でした。:04/04/13 19:32
DEATH RAVE 2000

674 :以上、自作自演でした。:04/04/13 20:08
じゃあ私にはDEATH様をくだ…うわなにをするやめry

675 :以上、自作自演でした。:04/04/14 18:54
何でレオンに負けたんですか!!!!<DEATH様

676 :以上、自作自演でした。:04/04/14 18:58
カーミラとは互角の強さですか?

677 :AA.exe:04/04/15 09:38
               _           | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |          | |
__________|  |         | |
              | Y |        | |
              / |\         | |
             /    \        | |
            /  ――  \      | |
       __ ̄ ̄ / ■ \ ̄ ̄\__ | |
 __――|      ■ ◎ ■  _| ――__
| |――| ̄    \ ■ /    |――
| |    ――     ――     ――
| |       \_         _/
| |          \      /
| |            \ | /
| |             \人/
| |             |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| |             | |
| |             ||__________
| |               ̄

レーザーテトラン



678 :のんたん ◇E4f1C5YYK2:04/04/15 10:55

                                     /\
                                __//|\\__
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ―▽   ▽―/
               |   グラディウスもなー。  |\ \∠|\//
    ___         \               / / /\|フ\\
  ∈≡∋\          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ / ―△   △― \
    |L02  ̄\   n      ∠ΛニΛヽ        ̄ ̄\\|// ̄ ̄
    \ ̄l ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\(リ ´∀`)/\         \/
  ≪〈 〔目_∈≡≡≡∋ 《] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニニニ===―
        \\_/―――― ̄ ̄ ̄ ̄⊆http://WWWVVVWWWVVVWWWVVVWWWVVVWWW
           ̄                     __//|\\__
                                \ ―▽   ▽―/
                                  \ \∠|\//
                                  / /\|フ\\
        / ̄ ̄ ̄ ̄\                / ―△   △― \
        (   ⊂⊃   )http://WWWVVVWWWVVVWWWVVVWWWVVVWWW
        \____/                    \/

      / ̄ ̄ ̄ ̄\
      (   ⊂⊃   )http://WWWVVVWWWVVVWWWVVVWWWVVVWWW
      \____/


679 : :04/04/15 12:38
プロセルピナの蹴り=飛燕連脚

680 :DEATH:04/04/15 13:40
>672
…その前に…アルカード様の了承は…得ているのか? もっとも…
アルカード様は…既に人間の女と…それも…ヴァンパイアハンターとの…
関係が報告されておる。愛に性別は関係無いと…言うつもりやも
知れぬが…アルカード様は…女を選んだようである。
>673
…それはいったい…何の事か? 2000とアルからには…2000年の
事であろうと…思われるが…私自身に…思い当たる節はあらず。
DEATH RACE 2000ならば…存在するようであるが…いずれにせよ…
名前以外に…私との共通点は…存在せぬ。
>674
…私は主以外の…誰にも付き従うことはあらず…故に…私に対して…
妙な考えを起こすようならば…容赦はせぬ。お前も…私に手を
出そうとしたのだ…それ相応の覚悟は…出来ているのであろう…
じたばた騒ぐなかれ。
>675
レオン・ベルモンド…彼奴の持っていた鞭が…後にヴァンパイアキラーと
呼ばれる…強力な力を秘めさえしなければ…負けるはずは無かった。
たかが人間…よもやあのような決断…出来るはずが無いと…たかを
くくっていたのが…迂闊であったか。

681 :DEATH:04/04/15 13:41
>676
カーミラ…引き合いに出されるのを見ると…サークルオブザムーンの…
あやつか。確かにアレも…主の忠実なる僕の一人…力も持っている…
が…アレが動いたのは…あの時のみ…その後…転生したという話は
聞かぬ…そういう意味では…私が劣るという事は…無いであろう。
>677-678
ここは…お前達の戦場である…宇宙空間にあらず…そもそも…
そのような巨体で…城内を飛び回れるはずが無かろう…早急に…
立ち退くがよい。…そういえば…あの水晶のような物を…生み出す力を
秘めた杖が…どこかにあったような気が…しなくもないが。
>679
プロセルピナは…あらゆる格闘技の技を…その身で修めているにも
かかわらず…どういうわけだか…あの足技を頻繁に使う。アレらが…
好き好んで使っているようではあるが…なぜそこまでいれ込むのかは…
私でも理解できぬ。

682 :ファイナルガード:04/04/15 17:26
http://www5.plala.or.jp/y1206/gallery/vamp01.htm
これは...

683 :NAME OVER:04/04/15 17:33
ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Denei/7480/akatuki.html

ttp://kousyu.cool.ne.jp/hunter.html



684 :DEATH:04/04/16 10:06
>682
見てわかる通り…プロセルピナのようではあるが…いつの間に…
このようなところまで…進出していたのか? もっとも…私の知らぬ間に…
死神同盟なるものが…人間の間で…結成されていたこともあったように…
これもまた…人間側の一存で…描かれたものであろうか。
>683
なるほど…ここはいわゆる…ヴァンパイアハンターたちの…
集う場であるか。…このような場所がある故に…我らは常に…
辛酸を舐めさせられたわけであるか…しかし逆に…ここを利用すれば…
ベルモンド一族を倒す事も…不可能ではないかもしれぬ。

685 :WWW:04/04/17 11:37
http://www009.upp.so-net.ne.jp/hexapetal/souma2.html

686 :以上、自作自演でした。:04/04/17 18:17
何でヴァルターじゃなくて、マティアスを主にしたんだ〜。ヴァルターさんこそヴァンパイアだったのに!
まさか、マティアスに惚れたな?
ワ〜ン、デス様のバカ!!!エ〜ン、エ〜ン

687 :以上、自作自演でした。:04/04/18 11:47
ヨアヒムモードのときはブロック置いて助けてくれる
優しいヴァルターさんでした。

688 :以上、自作自演でした。:04/04/18 22:05
デス様へ。
暁月の〜で(一応)伯爵様と戦った時の感想を聞かせてください。

689 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/19 00:20
>658
うむ、判っておる。私自身がこの状況を楽しんでいるのに
それを手下の魔物どもに邪魔されたとあっては
私の気分も萎えてしまう事だろう。
上級の魔族は元より、スケルトンやのみ男など下級の魔物にも
ここでむやみに人間を襲うような無粋な真似はさせぬようにしよう。
それと我を愚弄した者への処罰、ご苦労であった。

>660
紹介してくれと言われても、私が料理を作っているわけではないし
私も、何が出てくるかは実際に使ってみなければ判らぬ。
だがそこが良い。何が出てくるか判らぬというのも面白いではないか。
仮に何が出てきても、食べて気分を害するような物は出てくるまい。

>661
そもそも人間というのは、四つの体質に分かれていて
その体質の違いを最初に血液で発見し、なおかつ血で見分けるのが一番簡単だから
血液型と呼んでいるのだそうだ。体質は食の傾向にも関係するし、
摂取する物が異なれば、血液の性質も異なってくる。
肉を摂取する事が多いO型の血は良い味をしているが、芸術的な味をしているとは言えんな。
AB型の血は、可もなく不可もなくといった感じでなかなか悪くはない。
まあもっとも、どんな血液型であろうと処女の生き血が一番なのは間違いない。
どんな優れた料理人が調理した料理も、処女の生き血には遠く及ばん。

>662
私は男だが、その巨大毒蛇とかいう人間の生み出した兵器には乗る気にはなれんな。
強大な魔力を持つこの私が、わざわざ人間の生み出した兵器に乗って
戦いを挑んだとあれば、ベルモンドの連中に笑われるかもしれんのでな。

690 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/19 00:21
>663
いかに人間どもが、抹消したい歴史があったとしても
すでに実際に起こってしまっている事を消し去るなど、
神だろうと出来はしないだろう。
無論全ての歴史を肯定すれば、矛盾も生じる事もあるかもしれんが
歴史の解釈など、人によって異なるのだから当然の話だ。
もっとも私自身も、戦った記憶が多すぎて忘れてしまう事もあるし
また後から思い出す歴史もあるかもしれんがな。

>664
これは聖水の………貴様、ベルモンド家か?
仮にベルモンド家かそうでないかであったとしても、
私はこの場で争うつもりはない。
それでも手を引かぬとあらば、我が魔力を以ってこの城から
強制退去させてやろう。

>665
こんな男が悪魔城を支配しようとし、あまつさえ
我が魔力を受け継いでいたなどと称していたのだから笑わせる。
浅はかで低俗な人間ごときが、ただ私になりたいと願っただけで
私になれると思ったら大間違いだ。

>666
ほう、人間界では縁起が悪いとされている獣の数字を取ったか。
では私からは、貴様にアーマーナイトの鎧をくれてやろう。
ヴァンパイアキラーを食らおうと、一発では壊れぬ優れものだ。
大事に取っておくが良い。

691 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/19 00:22
>667
あれほどの力を持つガラモスが、よもやナイフでとどめを刺されたか。
だがそれにしても、そこまで出来るようになるまでには
相当の苦労をした事だろう。そもそもあの逆さ城を生身の人間で
そこまで辿り着けただけでも大した物だ。
その戦いの記録を大事に取っておくのだな。

>668
持ち合わせている魔力の多さで言うなら、DEATHよりも私のほうが強いはずだが
どういうわけかベルモンド家の連中は、私よりもDEATHにてこずらされたと
口を揃えて言うのだ。
パターンにしにくいDEATHの動きと、自在に動き回る鎌には
例え十字架を三連射できる状態にあっても、苦戦するそうだな。
強い弱いと比べられるのは不服だが、DEATHの方が人間を翻弄させるのが巧いのは
私も認めよう。だからこそ私も頼りにしている。

>669
魔界の住人、しかもスケルトンが結婚式を挙げるなど
今まで聞いた事もないわ。
そもそもスケルトンが、入籍だの結婚だのをするのか?
だとすれば、骨柱ですらも結婚するのか?
いずれにしても城主である私が、ただのスケルトンの式如きに
呼び付けられる謂れはない。
もしベルモンドをほおむる程の手柄を立てていたのなら、祝電くらいは出してやってもいいが
直接顔を出せというのなら、お断りだ。

692 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/19 00:37
>672
お義父さんなどと呼ぶのはよせ。人間にそう言われると吐き気がする。
下さいなどと言われても、もうアルカードは私の元を離れたから
私には関係のない事だ。
あれは今は、偽名を名乗って人間どもの社会に溶け込んでいるようだから
その気があるならば、連絡でもするのだな。
断られるのが落ちだと思うが。

>673
DEATH RAVE 2000………何の事だ?
判らんな。

>674
これほど優秀で、頼りにもしている部下を
くださいと言われて簡単に手放せるか。
私とDEATHが交わした契約、覆せると思うな。
私とDEATHの付き合いは長いし、私が人間に敗れて
復活するまでの間でも、あやつは私への忠誠を
忘れた事はなかったのだ。
この私自身、DEATHが私や私の家族、あるいは
私の力を継ぐ者以外の誰かに忠誠を尽くすなど想像もつかんな。

693 :DEATH:04/04/19 10:25
>主
伯爵様の命が…よく行き届き…今では城内の…あらゆるモノ達が…
静かに現状を…受け入れているようでございます。美味い餌が…
目の前を横切ろうとも…手を出せぬ歯がゆさに…震えている姿は…
いささかこっけいで…しかし忍びなくも…ございますが。
>685
これは…見るからには…蒼真なのではあろうが…私の知りうる…
蒼真のソレとは…大きく異なる…姿ではある。あの魔力…確か…
プロセルピナのソレのはずであるが…あの者達も…同じような顔で…
日々の雑務を…勤めていたのであろうか。
>686
ヴァルターなど…最初から選んではおらぬ…力はあるとて…
小物の器を…抜け出る事のなかった…その程度の存在。それに比べ…
今の主…過去ではマティアス…お前の言うよう…「惚れた」という表現も…
あながち嘘ではない…それほどの者であったということよ。

694 :DEATH:04/04/19 10:27
>687
あれは…自分に刃向かう者の姿を…楽しむ趣向があった…故に…
敵に塩を送る事など…造作もない事なのであろう…むしろ…それで
なお…楽しめるというのならば…自ら進んで実行する…それは…
レベルの低い支配者に…よく見られる…奢りでもあるが。
>688
…そういう表現も…間違いにあらずか。全ての魂を支配する能力…それは…
私が司る…死の力に匹敵する…強大な力。魔力そのものこそ…主に
大きく見劣りするものの…それでも…かの主の能力…恐るべき能力であった。
もっとも…当時は…「何故その能力が」と…疑問の内に…敗れてしまったが。

695 :死門:04/04/19 14:06
DEATH様のAAは時々見かけますが来須蒼真のAAはありませんか? "○ /@−∞∞∞ 」ヽ 死門・部瑠門怒 置いときます

696 :以上、自作自演でした。:04/04/19 17:18
"○
/@−∞∞∞∞∞
」ヽ



697 :以上、自作自演でした。:04/04/19 21:10
デス様がレオンに負けたときの最後が哀れです・・・・・・・・・・・
あれよりもヴァルターの方がかっこ良かったです。
でも、あの時レオンとマティアスが戦わなかったのは何故なのか、デス様分かります?
まさか、本当はデス様より弱い事を隠すためにデス様にレオン襲撃を命じたのでは?

698 :以上、自作自演でした。:04/04/20 00:14
伯爵は奥さんを愛していたみたいだけどその子供についてはどうなんでしょうか?

699 :以上、自作自演でした。:04/04/20 01:28
伯爵様がアネットさんを誘惑していたところを、リサさんに通報しますた。

700 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/20 15:09
>675
レオン・ベルモンド………かつては友であり、
そして闇と対峙するヴァンパイアハンターとしての
道を歩む事を決断した男。
もしあの時点でレオンを抹殺できたならば、ここまで
ベルモンドとの戦いが長引く事はなかったのかもしれん。
だが全ては過去の事であり、そして宿命だったのかもしれんな………

>676
あれもなかなかの力を持っているだろうが、
私の部下でDEATH以上の力を持つ者などなかなかおらぬ。
そしてDEATH以上に信頼を置いている部下がいないのも確かだ。
やつは私を蘇らせる事は出来ぬが、任務に忠実で優秀でもある。
そして私との付き合いも一番長いからな。

>677
グラディウスと呼ばれる、宇宙での人間どもの戦いの記録………
その外伝がなかなか評判のようだが、私には関係のない事だ。
私も見てみた事はあるのだがな。

>678
その青い水晶、アルカードが発現していたのを
見かけた事があるな。防御の役割を果たすそうだが
あまり悪魔城においては、役に立たなそうに見える。
使い道はあるのか?

701 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/20 15:22
>679
飛燕連脚という名前は初めて聞いたが、
人間どもの間に、そういう蹴り技があるというのか?
プロセルピナの蹴り技を人間が真似て、名前を付けたのか
人間どもが使っている蹴り技をプロセルピナが使っているのか
私には判らんな。

>682
人間どもの描いた、プロセルピナの絵か。
あれはメイドだけあって、人間どもの間でも
なかなかの人気らしいな。DEATHほどではなかろうが。
しかし魔界の住人が、絵まで描かれるほど好かれているという事は
恐れられていない証拠でもあり、あまり喜べる事ではない。

>683
これが、悪魔城を攻略する上で人間どもが見ているという攻略の場か。
本来であれば、人間どもが攻略できるはずのない悪魔城を
踏破されてしまうのも、このような場所があってこその事か。
だが人間でありながら、ここまで悪魔城を研究できる者がいるとは
たいした者だ。

>685
これが、新たなる私となるはずであった男なのか?
いやしかし、いくらなんでもこんな呑気な顔で
悪魔城などうろついているはずがない。
これはさっきのプロセルピナと同じく、人間の描いたものだろう。
私となるはずだった者が、こんな顔で悪魔城を歩くなど………

702 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/20 15:34
>686
確かにあの時代において吸血鬼は、ヴァルターだった。
だがやつは吸血鬼であって、ドラキュラではない。
DEATHと血の契約を交わし、後の世においてドラキュラとなるのは
私の方だった。そういう事だ。

>687
優しいだと?単に相手を甘く見ていたのだろう。
別にブロックがないと先に進めないとか、
無粋な事を言うものではない。

>688
完全なる私ではないとは言え、まさかDEATHも
アルカード以外に、私の力を持つ者と戦うとは
思ってもいなかったのだろう。
しかし私となるはずの存在であったとはいえ、
人間どもに与する男である事は間違いないのだ。
刃を向けたDEATHに非がない事は、私自身が断言しよう。

>695
お前は、シモン・ベルモンドの姿をしたスケルトンか。
私となるはずだった男のAAは、どうやらないようだな。
そもそも私自身のAAすらも、ないのではないか?
お前自身にAAを描く能力がないのなら、どこかから元絵を持ってきて
依頼すればAAを描いてくれるという場所に行ってみるのがいいだろう。

703 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/04/20 15:51
>696
死門・部瑠門怒置いときますよ、と言われても
こっちは困るではないか。
適当に城の警備にでも当たらせるか………

>697
DEATHは、リヒターとの戦いでもそうだったが
悲惨なやられ方をする事があるな。
とはいえ、どんなやられ方をしようとすぐに復活できるのだから
関係ないのかもしれんが。
あの時、私は別に逃げたという訳ではない。
DEATHに襲わせたのは、ベルモンドの宣戦布告に対する
返事のようなものだ。

>698
リサの事は、今でも忘れてはおらん。
そしてアルカードの事もな………
今でも、あれが戻って来れば良いに越した事はないが
もう戻ってくる事もない事も、判っているつもりだ。
あれはリサの言葉に殉じ、いつまでも人間のために戦い続けるだろう。
私は我が元を去り行くアルカードに、かつて私と袂を分ったレオンの姿を
重ねていたのかもしれんな………

>699
通報したなどと、何を訳の判らぬ事を言っているのだ。
私はアネットに、我に血を差し出して闇の住人になれとは言ったが
妻になれとまで言った覚えはない。
私はリサを吸血鬼にしようなどとは思わなかったし、
そういう意味で、本当に愛しているのはリサだけだ。
リサも聡明で賢い女だから、そのくらいは判っているはずだ。
想像するのは勝手だが、あまり私をからかわないでもらいたいモノだな。

704 :以上、自作自演でした。:04/04/20 19:13
神聖モテモテ王国を思い出しながらお楽しみください。


マティアス「さあレオン、妻の死からゆるやかに放出される
      かっこいい現実が、わたしをTKOする
      名場面を思い浮かべてください。
      つまり、わたしが選ぶ力ある吸血鬼男性一位が
      自分勝手で傲慢な口上をふりまき、
      すでに囚われているサラさんのガードがさがっているので、
      まあ……そんなところじゃよ」
レオン  「…え?
      バ…バカ、急に吸血鬼退治なんてやれるか!!」

マティアス「騎士団にはないしょで
      討伐を引き受けました。
      あとまあ、武器も現地調達でいいのじゃよ」
レオン  「それは全然だめだって事じゃないのか?」

705 :DEATH:04/04/21 22:27
>695
私も…蒼真のAAに関しては…念のため調べては見るも…見つかる事はなかった。
もっとも…私のAAと呼ばれるもの…あれは…私自身を…写したものでは…
あるまい。一般的な死神は…人間の間では…私のような姿が…共通認識と…
なっている…故に…あのAAも…私に当てはめる事が…できるのであろう。
>696
わざわざ…695の置いていったモノを…組み上げたと…言うのか。
しかし…材料となるものが…揃っているとはいえ…死門を動かす事は…
普通のスケルトンを…動かすのとは…ワケが違う…お前は…それ相応の…
力を持っているとみえる。
>697
…それを指摘されるのは…私としては…面白くない…できる事ならば…
控えてもらいたいところである。それとあの時…主が矢面に…立たなかったのは…
主の命も…あっての事であるが…主はまだ…完全に主となりえたわけではなく…
下手をすれば…滅ぼされかねなかった…そういう理由も…あっての事。

706 :DEATH:04/04/21 22:29
>698
主は…リサ様ばかりでなく…アルカード様にも…愛しておられた…故に…
眠りについたはずの…アルカード様が…再びこの城に…姿を現わされた時も…
私は…アルカード様に手を下さず…お引き取り願うよう…進言申し上げたので
ある。結局は…そういかなかったのが…事実ではあるが。
>699
主は高潔なるお方…よもやリサ様以外の…人間の女に…うつつを抜かすような…
そのような真似を…なさるはずがあるまい。あの時…女をさらったのは…
主の力の…源としての事であろう。あまり…主に有象無象の噂を…
立てるような真似は…慎んでもらおう。
>704
そのような…おちゃらけた内容では…この永きに渡る宿命…今とは大きく…
様変わりしていた事であろう。…そういう問題ではない…主とべルモンド一族の
宿命は…このように茶化されて…よいものにあらず…余計な誤解を…
招くような事…見逃すわけにはいかぬ…これは警告である。

707 :ミイラ男:04/04/22 16:48
(音声を変えてお伝えしております)
ええ、あの時の恐怖ったらありませんでした。
いきなり自宅のピラミッドから、こんなお城まで運ばれたんですから。
いえ、それだけだったらこんなに悲観していません。

そう、あれは月夜の晩でした。
私が棺の中で眠っていると、突然鎧姿の男が入ってきたんです。
私はお客様かと思っておもてなししようと棺から出た途端…その男は斧で私を滅多切りに!!
ああ・・いま思い出しても身震いしますよ。本当に。
あのデス…死神さんですか?あれ主の為って言いながら他人の迷惑を全く考えないから…。
どうかと思いますね。私は。はい。

708 :以上、自作自演でした。:04/04/24 19:54
新作はナノブレイカーっていうのの後だとさ。

709 :以上、自作自演でした。:04/04/25 16:05
先生!!鎖の鞭は鞭では無くモーニングスターではないのですか?

710 :以上、自作自演でした。:04/04/25 16:37
時を止める事が出来るベルモンド一族は、スタンド使いですか?

711 :ユリウス・ベルモンド:04/04/26 17:15
  /O   /!;−∞∞∞∞◎  // 」

712 :DEATH:04/04/26 19:48
>707
そのような事が…あったのか…話を聞くに…アックスアーマーと思われるが…
鎧に宿らせる魂を…取り違えたのであろうか。…よかろう…そのアーマーは…
早急に処分する…と…言いたいところではあるが…そこまで辿り着く…
アックスアーマー…何やら違和感を…感じる。
>708
…さようか…となると…もうしばらく先のことに…なるのであろうか。
ともあれ…まだ続くということが…わかっただけでもよしとする…いずれ…
あいまみえる機会が…あるというのならば…私はそれに向けて…ぬかりなき
用意を…施すまでである。
>709
確かに…モーニングスターと…呼ぶ事があっても…おかしくないかもしれぬ。
しかし…べルモンド一族の鞭…ヴァンパイアキラーは…手を加えぬ形では…
鎖の鞭にあらず。また…一般にモーニングスターは…フレイルの一種…
だが…鎖鉄球は…ハンマーと呼ぶ事の方が…多いであろう。

713 :DEATH:04/04/26 19:48
>710
懐中時計…あの力は確かに強力…しかし所詮は…マジックアイテムの力。
べルモンド一族で…魔力を持つ者は…ごく小数…一族自身が…特殊な力を…
持つわけではない。故に…主や私をはじめとする…力ある者には…児戯の
ごとき…マジックアイテムの力など…通用せぬ。
>711
べルモンド一族…それも…主を滅ぼした男…これはその…亡骸か?
これが…再び組み立てられ…我らの力と…なるのであれば…いいのだが…
どのような形になろうと…ベルモンド一族…協力を求めようとも…
従う事がないであろう事は…明白か。

714 :NAME OVER:04/04/26 23:16
/○ ガシャン!  山
cШー ドドド..山山
/ハヽ W山山山山

ユリウスの聖水は
青い炎=赤い炎よりも高熱、長時間地を這いながら炎上するから一種のナパーム弾。
ユリウスの力で破壊力も倍増している。


715 :ハマー:04/04/26 23:23
ttp://www.konamityo.com/i/castle/CV02/pic/CV02_3_l.jpg
ttp://www.konamityo.com/i/castle/CV02/sound.html


716 :以上、自作自演でした。:04/04/27 17:33
聖水って火炎瓶な気がする・・・


717 :DEATH:04/04/28 23:22
>714
主の魂をも…完全に滅ぼすその力…まさしく…べルモンド一族の間でも…
最強…恐るべき存在。しかし…聖水の炎は…浄化の炎…普通の炎のそれとは…
似て異なるもの…故にあのような…炎の色なのである。全くの無関係と…
言うわけではないが…使用者の力に…左右されるモノにあらず。
>715
携帯電話…文明発展の賜物…それにまつわる物であるか。もっとも…
携帯電話など…闇に住まう者には…使う機会などなく…無用の長物…
せいぜい…ここによく来る…人間達の役にしか…立たぬであろう。既に…
知っている者も…いる事であろうが。
>716
火炎瓶…見かけだけならば…ほぼ同一の物と…見られる事もあるであろう。
しかし…瓶の中に込められし液体は…全くの別物…清められた水と…
浄化に伴う炎が巻上がる…聖水ならばともかく…たかだか可燃性物質…
捻りなき普通の炎…浄化の炎と比べれば…可愛いモノ。

718 :以上、自作自演でした。:04/04/29 15:37
DEATHさまは毎回着てるものがおしゃれですねー


719 :以上、自作自演でした。:04/04/29 19:01
もしも、ドラキュラ様以外の主に仕えるとすれば誰ですか?
スケルトンですか?

720 :以上、自作自演でした。:04/04/29 23:28
貴方を生んでくれた方へ、何らかの形で感謝の意を表してみてください。

721 :以上、自作自演でした。:04/04/30 12:45
うまい肉は何の肉ですか?

722 :DEATH:04/04/30 22:10
>718
別段…気を使っているわけではない。昔の私を…見ればわかる通り…
基本は…ローブを一枚…羽織っているのみ…それも…これといって特色のない…
無地の物。最近は…装飾の施された物を…着る事も多いが…これといって…
大きな理由が…あるわけではない。
>719
主以外に…考えられる者など…誰1人として…ありはせぬ。主だからこそ…
私は仕えたのである…故に…主以外の存在…ましてやスケルトンなど…
もってのほか…この私を…愚弄しているとしか…思えぬな。過去より現在…
未来永劫…私が仕える相手は…主のみ。
>720
私を生み出した存在…それは「死」という事象…そのものである。すなわち…
それは何か…意志を持つモノではなく…それに特定の…感謝などの感情表現…
それを示す事は…無意味に他ならず。この世に「死」が存在し続ける間…
すなわち永久に…私は私であり続ける。
>721
何の肉であろうか…私は…人間の食べ物に…興味を示さぬ…故に…それを
確かめた事はあらず。少なくとも…魔族の肉でない事は…確かなようであるが…
そこから先は…分からぬ、自分で探し出し…確かめるがよかろう…幸い…
人間が食べても…無害な物のようであるからな。

723 :以上、自作自演でした。:04/05/01 18:12
デス様、伯爵様の魂の色はどのような色ですか?

724 :以上、自作自演でした。:04/05/02 20:43
デス様にバンパイアハンターの鞭と聖水と十字架を差し上げます。

725 :DEATH:04/05/02 21:42
>723
主の魂の色…あれを一言で言い表わすのは…私には不可能…そういう色で
ある。そこをあえて…言葉で表現しようとするならば…それは高貴に輝き…
他の何者にも染まる事なく…全てを塗り替え…支配する色…その特性は…
黒そのものである。
>724
そのような物を…私に渡されたとしても…私は扱わぬばかりか…主への
忠誠の…亡失ととられかねぬ…そんな事になっては…他のあらゆる物に勝る…
最大の恥辱。どこで手に入れたかは知らぬが…それは受け取れぬ…私には…
この大鎌一振り…それだけあれば…他に何も望まぬ。

726 :チャーリー・ビンセント:04/05/03 01:06
>>724
危ないところだった。
これが、死門の鞭と毒水とナイトストーカーの鎌だったら大変なことになっていた。

727 :ウイルス警報:04/05/03 19:26
http://imona.jp/2.cgi?v=C&m=w&b=3406&t=1083573189
WARNING!
A HUGE BATTLESHIP
゙sasser゙
IS APPROACHING FAST.


728 :以上、自作自演でした。:04/05/03 23:18
バンパイアハンターなしで悪魔城をこの内のどれかで壊滅できますか
@ありったけの聖水を悪魔城に流し込んで弱ったところに突撃
A兵隊全員ポジトロン装備
B地球を滅ぼす(下道法)
・・・・・・・・・・・3番をしたら滅んでも意味ないな

729 :以上、自作自演でした。:04/05/04 16:02
オイ、デスさんよ。アンタの嫌いな、にんにくと十字架。くれてやるよ。
お、おい待て、うおおおおっ!(デスに首をはねられる)

730 :無念...:04/05/04 21:52
この前AA板で蒼真AA依頼したらあっさりスルー喰らいますた。
OTZ...

731 :゚∀゚:04/05/04 21:56
グラディウスX発売までもう少し!
ゼロスフォース、ゴーファー、バクテリアン連合軍VSドラキュラ軍団
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
   口___
   '/ ┣━━─
 ._/_Y_\_.
 /∧_∧l∧_∧~\
∠(Д゚#)|(#・∀・)/|
( ̄573 ̄GRADIUS ̄/′
⊃=<◎-―−―◎´
BRRR...VUOOOOOO!!



732 ::04/05/04 22:02
http://www.capcom.co.jp/newproducts/consumer/chronicle
ドラキュラVSドノヴァン?

733 ::04/05/04 22:03
http://www.typemoon.com
有角×アルクエイド


734 :DEATH:04/05/05 19:37
>726
たとえ…そのような物だったとしても…私はそれを使わぬ事に…変わりは
ない…言ったはずである…私が携える物は…この大鎌一振りのみであると。
…時にお前は…魔族の仲間入りを…果たしたと思っていたのだが…聖水を
浴び…一度滅びた事により…正気にでも戻ったか。
>727
ウィルス警報と…言いながら…巨大戦艦とは…理解できぬ。その上…
そのリンク先…ウィルス情報とは…全く関係ない…場所であるな。
食えぬ奴…だが…その程度の事に…踊らされるような私ではない…
首を洗い…出直してくるが良い。
>728
いずれの方法をとろうとも…我ら魔族を…「一時的に」壊滅させる事は…
不可能ではないであろう。ただし…そのように挑んでくると…いうならば…
我らも手段を…選ぶような真似はせぬ…アイアンゴーレムや…ガーディアン
アーマーの配置を変え…前線に配置するとしよう。
>729
私は…特に苦手と…する物はあらず…にんにくや十字架を…渡されたぐらいで…
滅びはせぬ…しかし…あえてその二つを選んだからには…主への抵抗と…
捉えよう。そのような者を…見逃しなどするはずがなかろう…おとなしく…
鎌の錆へと…なれ果てるがよい。

735 :DEATH:04/05/05 19:37
>730
その依頼を…享受されたとして…完成した物を…ここに張り付けるつもりで…
あったのか?その思い…良い意味で捉えるとしよう…そこまでせずとも…
この宿命無き悪魔城に訪れ…書込みをするだけでも十分…思いは伝わっている…
落胆せずともよい。
>731
天空の彼方より来訪せし…異形の生物どもと…我ら魔族が…刃を交えよと…
言うのか? …確かに…その異形の生物どもが…主に成り代わり…この世界を…
支配しようなどと…言うのであれば…我らの敵である事に…他ならぬ…
追い散らして…くれようぞ。
>732
まず…どの間違いから…指摘をすればいいのか…判断が尽きかねる。
いかに表題が…ヴァンパイアとなっていようと…そのようなモノに…主が
興味を…示すはずがなかろう。だが…そのドノヴァンと名乗る者…そやつも…
ヴァンパイアハンターと見受ける…注意はしておくべきか。
>733
ほう…主以外の…真祖の力を秘めたる吸血鬼の…女であるか。いずれ…
主の妨げとなる…存在とならなければよいが。しかし…その女と…
有角(様)に…如何なる関係が…あると言うのか。名をラテン読みすれば…
全く同じ名前では…あるのだが…それ以上は…私には理解できぬ。

736 :以上、自作自演でした。:04/05/05 22:29
デス様。ドラキュラ様に従う為に、まず側近であるあなたの弟子になりたいのですが。

737 :ゼロスフォースを殲滅せよ:04/05/06 09:59
          _______             _______
  ___________ ____  ___.__     _ ___________
  \__________||_  |/  ||__ |.凵 | ||__________/
    ______/.| =.|/□ .|| □ .|./.| | .|/|./| | |/|________
       三三三三|≡|_|=|| =| | <.|.=|_|.=||=|_|=|| =|| =|_|= ||_≡.|三三三三
        三三三|__./|__.|_|||__|_|/|_/.|/|___/.|__/三三三
           ―――――  \\\\_////  ――――― @
                      \\\ ///
                        \\V//
                         \三/

       未     知     な     る     領     域     へ

  2004年7月発売予定 メーカー希望小売価格 6,980円(税込 ¥7,329)
                 http://www.konamityo.com/gra5/



738 :以上、自作自演でした。:04/05/06 17:14
デス様のように変身するにはどうすればいいですか?

739 :以上、自作自演でした。:04/05/06 23:11
ドラキュラはゴエモン・エビス丸に一撃で倒されたのですが
なぜ一撃で倒されたか教えて下さい

740 :以上、自作自演でした。:04/05/06 23:47
今日散歩してたらデス様を見かけました

     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (●.●) )/   |: | < すいません、ここ通らしてもらいますね…
     >冊/  ./     |: /   \________
   /⌒   ミミ \   |/
   /   / |::|λ|
   |√7ミ   |::|  ト、
   |:/    V_.ハ
  /| i         |
   и .i      N
    λヘ、| i .NV
      V\W

…………なんだかデス様が少し可愛く感じるようになりました。

741 :以上、自作自演でした。:04/05/07 16:33
一番嫌いなベルモンドは?ソニアですか?女はいたわれよ。デス様

742 :以上、自作自演でした。:04/05/07 19:31
アルカードが道端に落ちている毒キノコを平気で食している事に対して、
一言お願いします。

743 :DEATH:04/05/07 22:25
>736
何も…主に仕えるという…意志さえあるならば…私に弟子のなるなどと…
そのような行動は…不要…そもそも…私が既に…主に仕えており…そんな
状態であるにも関わらず…弟子など…とれる身分にあらず。加えて…とる気も
ない…下がるがよい。ただし…お前の意志は…高く買おう。
>737
それが…今度の新作であるか…なるほど…悪魔城に並ぶ…名作シリーズ…
その名に恥じぬ…出来であるならば…よいが。…未知なる領域か…ふむ…
この悪魔城も…絶えず内部が変化している…結果…未知なる領域が…発生する…
そういう意味では…近いモノを感じる事も…あるか。
>738
まずは…己に強大なる力を…秘めている必要がある…そして…それらを
解放する時…自らの姿をイメージし…それへと体を作り替える…それが…
おおまかな方法である。もっとも…これは同時に…大きな負担をも要する…
故に…本来の力を…出し切れぬ事も…多々ある。
>739
それはいったい…何の事であるか。ゴエモン…エビス丸…いずれの名も…
今まで相対した…ヴァンパイアハンターの中には…聞かぬ名前。主を一撃で
倒すなど…ベルモンドでもなし得ておらぬ…にも関わらず…名も知れぬ者が…
そのような行為など…為すはずがあるまい。

744 :DEATH:04/05/07 22:28
>740
さて…何の事であるか…私には身に憶えはない。何故ならば…基本的に…
私はこの悪魔城を…離れる事は…ほとんどない。別の場所で…その姿を…
見かけたというのならば…それは私にあらず…私が元同族だったもの…
そうとってもらって…かまわぬ。
>741
一番嫌いも何も…ベルモンド一族…それに与する者…全てが主の敵であり…
すなわち…私の敵でもある。女はいたわれと…お前は言うが…その者が
私を…ひいては主を…滅ぼさんとするならば…それは敵である…夢身事など…
聞いてはいられぬ…全力で…狩るのみ。
>742
アルカード様が…そのような事を為さるとは…嘆かわしき事…しかし…
あのアルカード様が…考えも無しに…そのような事を為さるとは思えぬ。
何か…特別な理由が…あっての事であろう…少なくとも…主や私なら…
そう考える…アルカード様は…聡明なお方なのだから。

745 :以上、自作自演でした。:04/05/07 23:51
ドラキュラがベルモンド家に狙われる訳は
世界を暗黒の雲で覆って闇の夜に君臨しようとしたからやられるわけで
だったら何もせずに城でゆっくり過ごせば良かったんじゃないのか?
・・・・・それとも世界征服とか考えがあった?

746 :以上、自作自演でした。:04/05/08 14:41
ドラキュラに「デスを一日主にしてやる」と言われたらどうする?

747 :以上、自作自演でした。:04/05/08 18:51
スケル子です。デス様付き合って

748 :以上、自作自演でした。:04/05/08 19:09
ACTではSFCのシモンのが一番。
デスには勝てず、時計塔も登れずとも、ドラキュラには勝てた。

でも月下〜以降のも好き。ヌルゲーマーに優しくてな。
探索の楽しみもあるし。なんといってもアルカードがかっこいい。
(あ、アドリアンだな、本名は。)

が、ポリゴンにはどーも馴染めんのよ…
スタイリッシュなあれとかぶるような気がすげーするので。
こう、雰囲気も変わっちゃった気がするんだけど、城の住人としてどーでしょう?


749 :以上、自作自演でした。:04/05/08 22:39
デス様の好きな食べ物は?

750 :以上、自作自演でした。:04/05/09 20:53
デスとお手合わせしたい。ちなみにドラキュラから許可をもらってる。

751 :svchost.exe:04/05/10 12:16
ギルティギアのバンパイア、スレイヤーの名言 私なら、寝ても覚めても全裸でGO http://www.guiltygearx.com

752 :DEATH:04/05/10 21:24
>745
確かに…主の望みが…人間側にしてみれば…不利益であったが故に…人間を
守らんとする…ベルモンド一族や…それに並ぶ者が…敵対するのであろう。
が…それを恐れ…城で平穏無事に…過ごしたのでは…主の望みは…叶う事はない…
そう…主には主の…望みがあるからこそ…行動を起こされるのだ。
>746
そのような大役…私ごときでは全うできぬ…如何なる理由があろうとも…
私はその申し出を…お断りさせていただく。悪魔城の玉座に…その身を委ねるは…
主ただ1人のみ…そして私は…如何なる状況であろうとも…ただ主に…
仕えるのみ…それ以上の事は…決して望まぬ。
>747
…たかがスケルトンと…知らず知らずの内に…手を抜いたのか…よもや…
妙な自我を…持つ事になろうとは。骨と魂の…融合の際に用いた…呪が
弱かったと見える。怠惰なる代行者に代わり…私が直々に…呪を施すと
しよう…そして速やかに…持ち場に戻れ。
>748
時代が進めば…様式も変わる…その変化に伴い…この悪魔城も…その影響を
受けようとも…我らはただ…それを受け入れるのみ。もっとも…悪魔城は
遥か昔より…芸術的要素も…高く評価されている…それは一重に…ドット絵の
それによるもの…故に…可能ならば2Dスタイルで…続編を願う次第である。

753 :DEATH:04/05/10 21:25
>749
私には…人間が口にする…食べ物はおろか…そもそも…私は何か…空腹を
満たしたり…力を貯えるために…物を食すという行動を…必要とする事は
ない…故に…好きな食べ物を選り好みをするとか…そういう事はあらず。
「死」を体現する私に…食という「生」の行動は…似合わぬのだ。
>750
手合わせだと…? 人間ごときが…自惚れるなかれ…ん…主がその事を…
許可していると? む…如何なる経緯を経て…主に取次いだか…そもそも…
主がそのような許可を…簡単に出すとは思えぬのだが…そういう事ならば…
よかろう…その興に…付き合おうぞ。
>751
夜の眷属…こと吸血鬼に関しては…いずれも高潔なる存在と…私は認識
していたが…中にはこのような…型破りの者も…存在するという事か。
ただ…闇に生きる者という事には…違いないと見える…暗殺者の組織…
人間の組織の長…そこはさすがに…吸血鬼という事か。

754 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 16:48
せっかく復活したは良いが、こうもしばらく間を空けては
城主として考え物だな。

>704
神聖モテモテ王国を思い出してくれと言われても、
残念だが私はそれを見た事が無いのだ。
雰囲気から、何となく人間どもの娯楽劇だというのは解るが
しかし何と言おうか、話の内容が重くても話し方次第で
こうまで軽薄な印象になってしまうとはな。
このような雰囲気で過去の歴史が語られない事を祈りたいものだ

>707
アックスアーマーがミイラ男を襲う事など、
あるはずが無いと思うのだが………もしやそれは
アックスアーマーを身に付けた、侵入者だったのかもしれぬな。
かつて我が息子も、アックスアーマーを身に付けて
城に入ってきた事があるそうだが。

>708
何であれ、さらなる歴史が人々の目に触れる事が
確実になっただけでも良しとしよう。
それが過去の物か、現代の物になるかは解らんが。

>709
そもそもあれは、城内で道具を入手する事で
長さを変えるものだ。鉄の鎖は鞭と呼ぶか呼ぶべきでないかは
あまり気にする事ではないだろう。どんな物質であろうと
聖なる力が宿っているのは確かなのだからな。

755 :以上、自作自演でした。:04/05/11 16:58
287 にて復活をトマトケチャップでしたシャフトは
その後どうなりましたか

756 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 16:59
>710
吸血鬼の中に、時間を止められる者がいるそうだな。
己の力を過信し過ぎた為に、同じ能力を持った者に敗れたそうだが。
ベルモンド一族はその男とは違うだろう。
ましてやマジックアイテムで止めた時間など、
それを相殺できる魔力を持った私には恐れるに足りないものだ。

>711
ユリウス・ベルモンドの亡骸か?
何かバラバラになっていてよく解らぬ。

>714
聖水も時代によって、使い勝手や強力さが違うが
それは使い方が上手か否か、使う時に
魔力を込めているか否かが関係しているのかもしれんな。
一種のナパーム弾とはいうが、闇の者にとっては
通常兵器よりも遥かに苦痛を与えるものだ。

>715
着信メロディか………最近の人間どもがよく使っているそうだな。
上級の魔族であればテレパシーで話し合えば良いだけだが
それを手軽に道具で可能にしたものといった所か。
正直、その携帯とやらの着信メロディが鳴り響くのは好きではないが。

757 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 17:12
>716
ただの火炎瓶で、アックスアーマーやデーモンを
倒せると思っているか。
聖なる力は、闇の者にとってはまさに天敵となるもの、
その力を込められた水を直接かけられるという事は
人間で例えれば、どんな鉄でも溶かし尽くす酸を
直接皮膚にかけられたような苦痛に匹敵するだろう。

>718
昔はローブを一枚羽織っているだけだったがな。
最近はなかなか小綺麗な服を着ている事もあるが
私もローブを一枚羽織った姿が好きだ。

>719
DEATHが私以外の誰かに忠誠を誓うというのは
やはり想像出来ぬな。
私の妻や息子にも忠誠を捧げているが
それも私への忠誠心があるからこそだ。

>720
感謝………か。
確かに私を生んだ親がいなければ、私はこの世にいなかっただろう。
だが私は、私を全てに絶望させ、人間を捨てさせるまでに追い詰めた
運命も、神も、この世界も憎んでいる。
そんな私が感謝の言葉を述べるなど………

758 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 17:28
>721
これは既にラルフが答えていたが、骨付き肉の肉は
ほぼ全て鶏肉だ。揚げたものや蒸したもの
照り焼きにしたものなど、さまざまあるが。
だが何かの料理に使われている肉はこの限りではない。

>723
私の魂の色が、どんな色をしているか?
私自身には解らぬが、俗人どもの魂よりは遥かに
美しいものでありたいものだ。
ベルモンド家に言わせれば、闇の者は全て汚れているかもしれんが

>724
どんな意図があってか知らんが
闇の者に対してそのような物を渡すという事は
侮辱や挑戦状と受け取られても、仕方がないぞ。
キリスト教徒に対して、サタンの像を渡すようなものだ

>726
危ないも何も、DEATHはそんなものは使わぬ。
あやつは昔から鎌のみを頼りにしてきた。
仮にもし、DEATHが鎌による攻撃を一切行わずに
鞭と毒水ばかりを振り撒いてきたら
お前たちはさぞ落胆するだろうな。私もだが

759 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 17:39
>727
新型ウィルスの情報など、何処にもないではないか。
見るのが遅れてしまったか?
だとしたら悪い事をした。

>728

@は、聖水が効かない私のような一部の者は生き残るが
のみ男やメデューサヘッドなどは倒せる。
ただしジャマされずに実行に移せる可能性も低いと思うがな。

Aは、悪魔城の全ての魔物を根絶するとなると
膨大な量の兵を必要とする事になるぞ。
しかも死んだ人間はアンデッドとなって、こっちの戦力になるのだ。

>729
愚かな事を。十字架はともかくにんにくがDEATHに効くと思ったか。
ましてや並の人間が十字架を手にした所で
縦横無尽に飛び交う鎌に、後ろから首を刎ねられるだけだ。

>730
依頼はなかなか通らないと、噂には聞いている。
むしろ通ったら幸運なのかもしれぬな。
貴様のその心掛けだけでも、私は嬉しく思うぞ。

760 :以上、自作自演でした。:04/05/11 17:41
>だとしたら悪い事をした


伯爵様ともあろうお方が・・・・人間に対して非礼を詫びるとは・・


761 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 17:52
>731
そのバクテリアンという連中は、人間どもの手で
殲滅していたと聞いたが。
いずれにせよ連中が私の敵に回るというのなら
こちらも負けはせぬ。科学では計り知れぬ魔力を以って
連中を翻弄してみせようではないか。

>732
その吸血鬼も、魔界の支配者になろうとする
かなり上級の魔族である事は確かだが
私とは異なる存在だ。そしてドノヴァンとやらは
魔族の血を引きながら、魔族を狩る者だそうだな。
実に厄介な存在だが、己の血にどこまで抗えるものか。

>733
あまりそこを詳しくは見ていないが、どこに
我が息子が関係しているというのだ?
そこについては、あまり詳しくは無いのだ。

>736
望みとあらば、何もDEATHに仕えずとも
闇の一族に加えてやろう。その上でDEATHに仕えたいなら
DEATHが侵入者を迎え撃つ領域に配属してやっても良い。
ただ、DEATH本人は弟子を取る気が無いそうだ。

762 :ドラキュラ ◆pXBloodsfw :04/05/11 18:12
>755
過去に私を蘇らせたのだから、高く買っていたが
ケチャップで私を蘇らせようとは侮辱も良い所だ。
おかげで復活しようとした瞬間、体が崩れ去ってしまって
恥を晒してしまったではないか。
今は何処かに行ってしまったようだが、もし再び会ったら
自分の意思を持つ事もかなわぬ下級アンデッドにしてくれる。

>760
それも、宿命なき悪魔城だからこその事だ。
私は今ここで、貴様ら人間と話すという余興を楽しんでいる。
その中で貴様ら人間が話題として提供したものを
私の失敗で身損ねてしまったのだとしたら、
さすがに礼を欠いたと思ったのでな。
私とて、自らの過ちを認めない男ではない。礼儀は知っているつもりだ

今日で全てを返す事は無理なようだ。今日はここで眠りに付くとしよう。

763 :以上、自作自演でした。:04/05/11 23:12
デス様。俺はベルモンドを裏切ったソレイユ・ベルモンドです。
ベルモンド家の弱点は知り尽くしています。共に協力しましょう。
注(操られているので元に戻ったら牙を向ける可能性あり)

764 :以上、自作自演でした。:04/05/12 01:09
ヨアヒム見て思ったのですがヴァンパイアになると耳が伸びるのでしょうか?

765 :以上、自作自演でした。:04/05/12 10:40
デス様。伯爵に変装してみました。どうでしょうか?そっくりでしょうか?
しかし十字架とにんにくが弱点である。

766 :以上、自作自演でした。:04/05/12 15:31
やっと規制解除〜
暑いのと寒いのならどっちが好きですか?

767 :以上、自作自演でした。:04/05/12 16:47
常識の通じない人が悪魔城に来たらどうしますか
(例)あOだぬけさく

768 :DEATH:04/05/12 21:28
>主
此の度は…肉体が健在であるにも関わらず…長い眠りに…就かれていたようで
ございますが…いかがか…肉体の調子が…優れぬのでございまするか?
よもや…宿命が無いという…今の悪魔城の状況が…伯爵様の肉体に…負担を
強いているので無ければ…よいのですが。
>755
あの時…この私としたことが…行方を見失ってしまった。もっとも…かような
大罪を…為した後の今では…いつ追っ手に…捕らえられるとも分からぬ…
恐怖を心に…抱いて生きているであろう事は…想像に難くない。見つけ次第…
己が愚かさを…償わせるつもりである。
>760
主は低俗なる怪物にあらず…高潔なる夜の眷属の…最高位に属する…
気高きお方である。そしてここは…宿命無き城…ここでは様々な思惑も…
水に流されゆく…故に…今の主は…ここで何をすべきか…その最善を…
尽くす結果…そのような形と…なるのである。

769 :DEATH:04/05/12 21:29
>763
お前の事…知らぬわけでは無い…シャフトやカーミラのような…二流の者の…
力ならともかく…主が自ら手を下し…操っているのだから…余程の事が…
あったとしても…それが主の力を…上回る事があるとは…到底思えぬ。
よかろう…だが元はベルモンド…それ相応の待遇は…覚悟してもらおう。
>764
人間から吸血鬼へと…その肉体が進化を遂げる時…多くの場合は…感覚
器官の発達と共に…その形状が…大きく変化する。耳の変化は…すなわち
聴力の発達を…示唆するものである。もっとも…この変化は個人差があり…
見た目では大きく変わらぬ場合も…存在するが。
>765
見た目だけならば…如何様にも真似ることができよう。しかし…真に主を…
真似ようと思うならば…見た目や弱点のみならず…その高貴なる佇まい…
内に秘めたる強大なる魔力…そしてなにより…その心中までも真似ねば…
完璧には程遠い。だが…影武者としてならば…お前も悪くはないか。
>766
我ら魔族は…脆弱なる人間などとは違い…多少の寒暖の差など…取るに
足りぬ事象…苦痛などと思わぬ。だが…太陽光線や…聖水の焔などに…
代表される…聖なる力は…まるで身を焼くような痛み…故に…そういう事を…
含めたならば…寒い方が…まだましである。
>767
如何なる存在であろうと…その存在が…主に仇なす存在であれば…
排除するのみ。しかし…常識が通じぬとは…如何なる能力であり…
如何なる効果を…及ぼすものか…いささか理解できぬ。強敵なのか…
はたまた…思い過ごしか。

770 :以上、自作自演でした。:04/05/13 14:00
死神さん。死神をやめて普通の男として生活しませんか?大丈夫です。
ドラキュラの嫌いな人間の血と、大いなる闇をプレゼントしてきましたから。

771 :以上、自作自演でした。:04/05/13 18:52
DEATHは伯爵を信頼している主だし
伯爵はDEATHを信頼する部下だし
それに主に仕える者としてそんな事は出来ないんじゃない?

772 :以上、自作自演でした。:04/05/13 19:01
な、なんとスケルトン8匹が次々と合体していく。
なんとキングスケルトンになってしまった。
いかがでしょうか?いかにベルモンドといえど、我々が力を合わせれば最強のガイコツになれます。
デス様。これでドラキュラ城は安泰です。

773 :以上、自作自演でした。:04/05/13 19:11
マティアスと伯爵を見比べるとどうもヴァンパイアは永遠の若さを持つようには思えないのですが

774 :以上、自作自演でした。:04/05/13 21:11
今、ソニア・ベルモンドを丁重にもてなしています。
デス様?どうして怒っているのですか?女人禁制ですか?

775 :ピーピングアイ:04/05/14 00:57
  _ ─― ヽ
  / ∠二二ニ>
 | /ノ从ノ)) 〉
 | C |(┃┃||
 川 .ノゞ(フ丿|
 |/ / ̄ \ソ|\
 //V ̄\/〒\[|
 /| |│|┃ :|

蒼真の彼女のAA?

776 :以上、自作自演でした。:04/05/14 17:24
デス様。ソニア・ベルモンドって話をしていると凄くいい人じゃないですか。
先ほど伯爵様のお部屋まで案内して来ました。これで伯爵様も新しいお嫁さんが出来ますね。
デス様も早くお嫁さんを。

777 :図書館の主:04/05/14 17:54
うーん。見つからぬのう。何処へいったんじゃ?
対ソニア・ベルモンド用に作成したドッペルゲンガーが見つからないのじゃ。
アレには自爆装置もつけてあるので、勝手にどこかへ持っていかれたたら大変じゃ。
急いで見つけださねば。

778 :DEATH:04/05/14 22:07
>770
…傍ら痛いわ…この私に…死神をやめ…人間になれと…お前は言うのか?
笑止千万…例えこのDEATH…神の地位を捨て…地の底まで堕ちようとも…
私は主の片腕として…主の望みが成就するまで…そしてその後も…ただ
仕えるのみ。余計な真似は…しないでいただこうか。
>771
左様…万が一にも…この私が…主を裏切るような真似を行えば…それは
私はもとより…腹心に裏切られたという事実から…主の威厳を殺ぎ…主の
名誉を…地に貶める結果と…なるであろう。如何なる事があろうとも…
私は最後まで…主にお仕えする。
>772
スケルトンに…そのような力があったとは…私も知りえなかった…が…
それは本当に…強いのか? がしゃどくろなどは…元より力のある…巨人族の
骨を用いてる…故に強力だが…普通のスケルトンが…融合により力を…
得ようとするならば…無数の個体が…必要ではないかと…思うが。

779 :DEATH:04/05/14 22:07
>773
主を甦らせる時…その御姿には…復活の際に加わった力…用いられた道具…
儀式の様相…そして復活に携わった者達の…イメージに大きく…左右される。
何故ならば…肉体は大部分を…ベルモンド一族によって…滅ぼされてしまう
からである。マティアスの原形を…留めているのは…もはや遺骸の一部のみ。
>774
私は特に…憤怒してはおらぬ…この城は…宿命無き城…ベルモンド一族と
言えども…持て成すのがこの城のしきたり。可能ならば…ソニア・ベルモンドを…
この場に招き…質疑応答に…応じてもらいたいところ。弥那より暫く…
女が現われぬこの城…訪れる人間には…一時の幸せとなろう。
>775
それが過去に…この城に訪れた…弥那という名の女の…AAか? 私には…
それが本人に…似ているようには見えぬが…そういうものなのか?
もっとも…ここまでに出てきたもの…私(に似た者)や…死門のそれを
見れば…そういうものなのかもしれぬが。

780 :DEATH:04/05/14 22:08
>776
例えその女が…如何なる者であろうと…主はリサ様の他に…人間の女を
娶る事など…ありえぬだろう。それも…ベルモンドの女…如何にこの場が…
宿命無き城と言えど…そのような話…成立するはずがあるまい。無用な心配…
せずともよい。
>777
そのような物を…いつの間に作り上げたのか…そもそも…ドッペルゲンガーは…
悪魔の名…お前が生み出せるような…モノではないはずだが。いずれにせよ…
私はその行方は知らぬ…が…ソニア・ベルモンドの姿を…見かけたと言う
者がいる…その者に聞くがよいだろう。

781 :以上、自作自演でした。:04/05/15 16:48
デス様は一応、男ですか?
まさかガイコツだけど女ですか?

782 :以上、自作自演でした。:04/05/16 21:51
デス様。シモン・ベルモンドとお茶を飲みませんか?
デス様には血のお茶を差し上げます。

783 :以上、自作自演でした。:04/05/16 21:54
リヒターが最強です 色んな意味で

784 :DEATH:04/05/16 22:30
>781
私には…最初から性別など…持ってはいない…いや…持つはずがないと…
言うべきか。私は…「死」という概念より…産まれいでし存在…それに…
性別という…「生」の概念…それが備わる事はあらず…結果…私は男でも…
ましてや女でもない。そういう考え方が…私には当てはまらぬのだ。
>782
ここは悪魔城…しかしながら…有るべき宿命は…ここには無い…故に…
シモン・ベルモンドといえど…この場においては…客であり…彼奴が
それを望むなら…ティータイムに…付き合わぬ事もない。だが…私は
普通の茶で構わぬ…何を嗜もうと…全て同じ。
>783
リヒター・ベルモンド…彼奴については…ここでも幾度か…触れた事は
ある。特殊性という面では…他に上回るベルモンドも…存在するが…
肉体的な面…単純な力や…武器を扱う技術などは…彼奴をさしおける者など…
そうはいまい。

785 :CM:04/05/17 11:54
  ∧_∧
 ( ・∀・)
 (つ旦と)
 と_)_)

健康に良いシモン茶を飲みましょう


786 :以上、自作自演でした。:04/05/17 16:18
デス様と二人っきりでお茶を飲みたい。
な、何でそんなイヤそうな顔をするんですか!!!!!
ひどい仕打ちだ。

787 :以上、自作自演でした。:04/05/17 22:44
デス様、グラハムはドラキュラですか?何で主と呼ばないのですか?
まさか、裏切った?

788 :以上、自作自演でした。:04/05/18 16:49
人間が死に絶えたら吸血鬼はどうなるんですか?

789 :以上、自作自演でした。:04/05/18 20:37
デス様。鎌以外の新しい攻撃方法とかないんですか?

790 :以上、自作自演でした。:04/05/19 12:47
デス様は結構攻撃ヴァリエーション多くなかったっけ?
髑髏召還とか。
いかづちおとすとか。
どつくとか。

791 :以上、自作自演でした。:04/05/19 12:58
デス様トリップを付けた方がいいですよ。偽デスが現れるかもしれませんよ。

792 :以上、自作自演でした。:04/05/19 20:25
悪魔城の隣に引っ越してきましたので、ご挨拶に伺いました。

793 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/19 21:44
>785
人間というものは…己の体調に気を配り…生きてゆかねばならぬ…実に不便な
こと…極まりない。が…ベルモンド一族は…我らからの干渉のみならず…
そういう方面でも…人間を守ると言うのか…愚かな…それが寿命だとしたら…
それに干渉する術など…私以外には…できぬと言うに。
>786
私の…この髑髏から…表情が読み取れるとでも…言うのか? それはともかく…
如何にこの場に…宿命が存在せぬとて…相手を選ぶ権利ぐらいは…私には
ある。人間と…茶の席を同じくしようなどとは…思いはせぬ…その代わり…
メデューサや…オルロックを…紹介してやらぬ事もない…我慢せよ。
>787
グラハム…アレを主と…呼べと言うのか? 笑止…あの程度の小物…悪魔城の
玉座が…似合うような存在にあらず。所詮…主の魂を…継いだワケでもない…
誇大妄想の過ぎた人間が…魔力の一部を…その身に宿し…勝手に城主を…
名乗っただけに過ぎぬ…そんなのを…私は主とは…認めはせぬ。

794 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/19 21:45
788
その時は…代わりに…別の存在の血や…精気を吸収し…生きる事となるで
あろう。それに何も…動物ばかりが…その対象と…なるわけではない…
植物からも…同様の手段で食料と…する事が可能…何故ならば…対象より…
生命力を吸収する事が…目的だからである。
>789-790
確かに…私の最たる手段は…鎌によるものであるが…それ以外の方法を…
備えていないわけではない…死霊を操り…闇の魔術を用いる事もある。
月下以降の話で…それを確認するのが…よいであろう…そして…その数々を…
その目にしかと…焼きつけるがよい。
>791
確かに…その可能性…否定できぬ…そういう事でトリップを…適当にでは
あるが…つける事とした。これならば…私を真似る者が…現われようとも…
判別が可能と…なるであろう。もっとも…そのような輩が…現われたところで…
私はその者の…魂を狩るのみであるが。
>792
悪魔城の隣に…わざわざ引越すとは…恐れを知らぬ事よ。だが…今でこそ
この城は…宿命無き城故…魔物達にも…無用な殺生をせぬよう…通達は
しているが…城の外となれば…話は別…私の知る範囲ではない…その儚い命…
散らさぬよう気をつけるがよい。

795 :以上、自作自演でした。:04/05/20 00:21
そーいや、DEATH様は小さな鎌は幾つ持ってんの?
幾つ投げて来ても尽きないしさー。

796 :以上、自作自演でした。:04/05/20 14:31
メガ粒子田代砲?
ttp://win2k.dip.jp/endlessskyline/megaryuushi.htm

797 :名無し三等兵:04/05/20 18:56
ttp://www.system16.com/cybercade/games/19XX.html 19XX

798 :以上、自作自演でした。:04/05/21 18:25
スケルトンとデス様は仲良しですか?同じガイコツだし

799 :NAME OVER:04/05/21 23:16
来須蒼真 ◆SomaDv.OTA最近見かけない...
GAMEOVER?してしまったのか...
カムバックシテクレタノムカラ(゚Д゚;)ガクガクブルブル


800 :以上、自作自演でした。:04/05/22 09:06
800ゲト!
このまま完走&次スレきぼんぬ。
そして次作もきぼんぬ。

801 :以上、自作自演でした。:04/05/22 15:20
デス様、スレ完走ガンバです。そして必ずデス様の後継者になれるような魔物になります。

802 :レオン・ベルモンド:04/05/22 17:36
先程ハンバーガーなる食べ物を拾ったんだが、どう食べるんだ?これは。

803 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/23 01:02
>795
アレは…我が魔力を持ってして…異空間より呼び寄せし鎌…即ち…召喚の
魔術と…原理は同じ…故に…尽きる事はあらず。あるいは…我が魔力を…
鎌の形に具現化し…それを用いて…攻撃する事もある。いずれにせよ…上限は
ないと見てもらって…かまわぬ。
>796
それは一体…何であるか? 砲という名からして…強力な飛び道具と…
見受けるが…そんなものは…私には必要ない。だが…スケルトン達に…
持たせる事ぐらいは…可能であろうか…いつぞやの…高軌道骨柱…あのような
感じに…用いるのが妥当か。
>797
それは…どこかの誤爆か…そう思わせられるほどに…この悪魔城とは…
関係が見当たらぬ。ただ…それを見る限り…もし人間が…そのような物を…
実際に持っているのだとしたら…多少は厄介と言うべきか…だが…グレムリンを
送り込めば…ただの鉄塊となるのも…時間の問題であろう。
>798
笑止千万…仮にも神たる私と…ただの生ける屍…それらと並べられるなどと…
実に不愉快。私のこの躯は…人間が抱く…「死」に対するイメージ…それより
他ならぬ。しかし…スケルトンのそれは…物質としてのただの骨…故に…
外見は同じであろうと…その中身は…全くの別物である。

804 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/23 01:03
>799
私にも…その行方は掴めぬ…もっとも…この城は既に…無闇に血を流すなと…
主の下した命により…恐れるほどに危険な場所とは…なっていないはずで
ある。即ち…襲われ死したとは…考えられぬ…何らかの理由により…自ら
出たと…考える方が…妥当であろう。
>800
キリ番の奪取…その労はねぎらおう…しかし…時にはミミックの場合もある…
十分に…気をつけるがよい。それと…完走は目指すつもりである…が…
次スレは今の所…無いと思ってもらおう…主が復活したとはいえ…その肉体は
未だ不安定…完全な物とするための…手段を探らねばならぬからである。
>801
人間の応援…この私が受けると言うのも…毎回…妙な気分であるが…素直に
その言葉を…受け取るとしよう。しかし…私の後継者を…目指すと言うので
あらば…まずは主に…絶対の忠誠を…誓うがよい。それを無くして…この
私…DEATHの後釜など…勤める事は不可能。
>802
それは…人間の間での食物…同じ人間である…お前が…その食べ方を知らぬとは…
実に滑稽。それは…部下の者に聞けば…そのままかじりつくのが…食べる際の
作法と聞く…高位の出のお前には…信じられぬ事かもしれぬが…そういう
ものだそうだ。

805 :SNK:04/05/23 14:38
 .((_^_)
 |、Lメ^^)┳─-
¶《/ ̄ ̄【〓コ
‖/ ̄良 ̄ ̄ヽ、
[/T゚T。T゚T。T゚キ┣-
(@ヨ≡(11.:◎)
\⊥O⊥O⊥O/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
山崎スラッグ
SNK−PLAYMORE

806 :SNK:04/05/23 14:53
Y((_^)
¶、L~~)┳─
/ ̄ ̄■三[ロ〓ニ二(@)
Ч ̄ ̄ ̄ ̄┣━━──
/ ̄瞬獄殺 ̄ ̄\I─
[/T゚T。T゚T。T゚キ@VЩヽ
(@ヨ≡  (11./◎)
\⊥O⊥O⊥O⊥O/
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上の改装型
山崎スラッグ・スケルトンブレイズ仕様


807 :以上、自作自演でした。:04/05/23 16:14
デス様はドラキュラの次に強いんですよね。
でも、何度やってもドラキュラよりデス様の方が強いです。

808 :同族同士の対決!:04/05/24 06:18
http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp~akikan/yomi-search
ドラキュラ&サキュバスVSデミトリ&モリガンな予感!


809 :以上、自作自演でした。:04/05/24 12:38
ドラキュラ様は好きですか?今ドラキュラ様は奥さんがいません。
デス様が奥さんになればいかがですか?
エッ?デス様は男ですか?そりゃ残念

810 :以上、自作自演でした。:04/05/24 22:54
ベルモンドとの戦いで一番の屈辱は?

811 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/25 22:55
>805-806
人間の兵器を…奪い取ったばかりでなく…それを作り替えるなど…いつの間に…
スケルトンブレイズは…そのような技術を…備えたのか? いずれにせよ…
心強い存在と…なるのは確かか…来るべきその時まで…丁重にそれを扱い…
いつでも動かせるよう…準備を整えておけ。
>807
それはありえぬ…如何なる事があろうとも…私が主を…上回るような事など。
しかし…どういうわけか理解できぬが…そのように言う者が…後を断たぬ…
何を理由に…私が主よりも…上であると考えるのか。仮にも神である…
私すら楽に超える…魔力の持ち主で…あると言うのに。
>808
噂に名高き…闇の者達か…いずれも高位の力を…秘めていると聞く…油断は
できぬ…存在であろう。しかし…所詮は真祖に…満たぬ存在…その力の差は…
あまりにも大きい…主にはおろか…ベルモンド一族にすら…勝てることは
ないであろう。サキュバスは…敗れ去るかもしれぬが。

812 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/25 22:55
>809
私が主に対し抱くのは…堅き忠誠心…それ以外に…余計な感情など…私には
必要とはせぬ。それに…主の伴侶は…生涯でただ一人…リサ様のみ…主も
それ以外の…女を迎える事など…未来永劫…来ないであろう。ましてや…
私がその代わりを…勤めようなど…主に対する…冒涜以外の何者でもない。
>810
主の信頼を一身に受け…腹心と称されながらも…ベルモンド一族を…ただ
一人とて…この鎌の錆にする事ができぬ…これほどの屈辱をおいて…他に
何を屈辱と…言わしめるというのか。ベルモンド一族との…宿命の歴史…
それは…我が屈辱の…歴史でもある。

813 :以上、自作自演でした。:04/05/26 20:28
デス様が何度も負けているのにドラキュラに文句を言われないのはドラキュラも負け続きだからか?
それともデス様より弱い事を隠しているのか?

814 :スケルトン職人:04/05/26 20:46
我が魔族の技術の粋を結集し
作り上げた対ヴァンパイアハンター用の魔性の鞭・・・・・・

その名もベルモンドキラー・・・・ついに完成しました、デス様!

宜しければお使いになりますか? デス様


815 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/27 21:44
>813
確かに…この私ともあろうものが…幾度かも分からぬほどに…ベルモンド
一族に…遅れをとった事か…にも関わらず…主は私を…咎める事もなく…
私を信頼なさる…その寛大さに…私は感謝しなければなるまい…と同時に…
次こそは…主の望みを…成就せねばと…奮い立つ次第である。
>814
最近は…特殊な力を備えた…スケルトンの…何と多い事か。その心意気…
それだけはありがたく…受け取っておく事としよう…が…何度も言うように…
私に必要なモノは…この鎌のみ…それ以外を…必要とはせぬ…その鞭は…
死門にでも…渡すがよい。

816 :以上、自作自演でした。:04/05/28 08:17
   __D__
━=|____/〓=┫
ポジトロンライフル
(・∀・)イイ!


817 :以上、自作自演でした。:04/05/28 22:50
なぜ入口にファイナルガードなどの悪魔を置かないんですか
そうすればベルモンドたおせるのでは?

818 :以上、自作自演でした。:04/05/30 10:06
ドラキュラの真の目的は神への復讐だからベルモンドに復讐する気はないのかな?
デス様は完全に復讐の権化になってるけど

819 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/05/30 21:27
>816
ポジトロンライフル…かつて蒼真が所持していた…人間の科学技術力を…
結集させた…強力な武器…それにはまったく…手を焼かされる事よ。
破壊力…射程距離…貫通力もさる事ながら…実に恐ろしきは…無尽蔵の
エネルギー…如何なる方法で…稼動しているモノなのか。
>817
そのような手段を…今までとった事が…ないわけではない。過去にジュスト・
ベルモンドの時…城門に番兵として…タロスを配置した事もある…が…
その時は彼奴自身の…類い稀な幸運によって…仕留める事が叶わなかった。
ベヒモスもその一つ…リヒター・ベルモンドを仕留められず…滅んでしまった。
>818
ベルモンド一族を…復讐の対象と…見る事もある…が…それより以前に…
彼奴らは主の望みを…事ごとく阻む…障害としての意味合いが大きい…
復讐とは別の…宿命的存在…それがベルモンド一族。復讐心が…無いわけでは
ないが…それとこれとは…また別の話である。

820 :以上、自作自演でした。:04/05/31 11:51
ベルモンド以外にも手強いヴァンパイアハンターはいますか?


821 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/01 22:47
>820
過去に…主に仇なした存在として…モリス一族…ヴェルナンデス一族…
ヒュー・ボールドウィン…彼奴らはいずれも…ベルモンド一族に与し…
主に刃向かった…許されざる存在。しかし…いずれもベルモンド一族に…
勝るとも劣らぬ…小賢しいながら…侮れぬ奴らよ。

822 :以上、自作自演でした。:04/06/03 15:28
デス様、東洋の地獄には「血の池地獄」や「針山地獄」があるのですが、
西洋の地獄と比べてどんな印象がありますか?

823 :以上、自作自演でした。:04/06/03 22:47
今更なうえに、再び来るか分からぬ>>515ラルフよ、
君のミドルネームのCはクリストファーではなく
コーネリューではなかったか?
(海外版の話だが)

824 :以上、自作自演でした。:04/06/07 10:34
おなかすいたよ

825 :以上、自作自演でした。:04/06/07 13:22
このままでは城が崩壊するぞ…

826 :以上、自作自演でした。:04/06/08 17:30
前スレ・前々スレ共にひでぇな…

827 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/08 22:07
>822
私はあまり…地獄には詳しくない…私が本来する事は…魂を刈り…黄泉への
案内を勤める事…地獄まで行く事は…そうある事ではないのである。ただし…
私とて…地獄の話を…聞かぬわけではない…それと比べて…そちらの地獄は…
針山に釜茹で等の…物理的な業苦…興味はある。
>823
コーネリュー…その名を聞くに…過去に確か…コーネルと言う名の…
我らと同じ側に属しながら…主に牙を剥いた…人狼族の戦士がいたな。
もっとも…あれはコーネルのみならず…彼奴がいた村…あれが我らの
呼び掛けに…答えなかったが故の…粛正という意味も…あるが。
>824
そう言われたところで…私は給仕にあらず…何かを用意する事などせぬ…
しかし…スケルトンボーイなら…常にカレーを所持している…あれを
探し出し…カレーを受け取るのが…良いであろう…もっとも…いきなり
投げ付けられても…それはアレらの習性…私の知るところにあらず。
>825-826
非礼を詫びよう…何か一言でも…ここにメッセージを…残しておけば…
私とした事が…迂闊であった…いや…既に後の祭りか。言い訳をするわけでは
ないが…急用があったのだ…とはいえ…己の愚かさを…深く恥じる…
笑いたくば…笑うがよい…私が言い返せる事は…何一つとてあらず。

828 :以上、自作自演でした。:04/06/08 22:30
デス様は急用でしたか。何も謝る事はないと思いますが…
前々スレはスレ主がいきなりあぼんなので言うまでも無く…ですが、
前スレはハンター同士のトラブルがあったのですよ。
まあ、スレ主が陰で他のハンターの悪口たれていたのが
いろんな人や本人にまでバレてしまい(ry だったのですがw
スレ主はその心根がすでに魔と混沌に冒されていたのでしょうな。

そんな昔話はさておき、急用というのは魂狩りかなにかですか?

829 :以上、自作自演でした。:04/06/09 18:34
シモンの筋肉ムチムチな生脚にハァハァしてしまいます

830 :以上、自作自演でした。:04/06/09 22:11
デス様は普段着<私服>は着ないのですか?

831 :以上、自作自演でした。:04/06/10 15:33
ここはひっそりとたたずむ片田舎の古城ですか?

832 :以上、自作自演でした。:04/06/10 21:37
デス様は、なぜクリストファーとは戦わないのですか?

833 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/11 21:59
>828
成程…過去にはそのような事も…あったのか。それでは…私が消えた事により…
危惧をするのも…無理はないか。それと…急用についてだが…こればかりは…
明かすわけにはいかぬ…いかにここが…宿命無き城とはいえ…主の望みが…
潰えたわけではない…それに関わる事を…知られるわけにはいかぬからである。
>829
そのような事は…直接…シモン・ベルモンドに…訴えるがいい…私には…
どうこうできる…問題ではない。しかし…ここでシモン・ベルモンドの…
姿も影も…見かけた事はない…おそらく…城がここにある事を知らぬか…
宿命の無き事をを感じ取り…動かずにいるだけとも…考えられるが。
>830
私には…私服や礼服などの…区別はない…強いて言うなれば…私が常に
羽織っている…このローブこそが…私服であり…礼服でもある。世の中には…
服を着飾る死神も…いるようではあるが…高貴さを演出する必要の無い…
私には関係ない事である。

834 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/11 22:00
>831
過去には…ベルモンド一族をはじめとした…数多のバンパイアハンターや…
それ以外の目的を持った…人間が訪れもしたが…血の流れぬ場とあっては…
如何に恐怖の象徴と言えど…寂れた古城と…何ら代わりはせぬ…それに
ついては…否定はせぬ。
>832
闘わなかったわけではない…いや…確かに刃は交えた…が…その時の私は…
私自身でも…そうなった理由が分からぬのだが…「死神」としてではなく…
「ナイトストーカー」という…並の存在としての力しか…発揮できなかった…
私ともあろうものが…全く不覚の…出来事であったのだ。

835 :以上、自作自演でした。:04/06/12 12:10
忘れ去られし者はDETH様でも制御する事はできなかったのでしょうか?

836 :以上、自作自演でした。:04/06/12 14:10
↑あぁっ…!デス様の名前を間違えてしまいました!!
こっ、殺さないで下さいぃぃ

837 :以上、自作自演でした。:04/06/12 22:05
デス様! 足切りは回避されたのですね。

838 :以上、自作自演でした。:04/06/12 22:40
デス様大人気ですね

839 :以上、自作自演でした。:04/06/14 19:04
デス様も蒼真クンも伯爵様もラルフさんも……
 皆どこへいってしまったのだーーーーー!!
  。::。゚+:。(ノД`)。:*゚。::。

840 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/14 20:00
>835-836
あれは…その力だけならば…上級魔族にも匹敵する…ある意味…切り札的な
存在…しかし…それに反して…知能面に難がある…いや…それどころか…
全く手の施しようが…ないのだ。知能の欠片もない者を…術の一つも使わず…
制御するのは難しい…その通り…私の手に余る…存在だったのである。
>837
足切りか…それは知らなかった…なるほど確かに…大きくスレ数が…
現象した事が…その証と言えよう。しかし…足切りというものは…
落ち着かぬな…もし万が一…私がここに来れなかった時に…それがやってきて
いたのではないかと思うと…ぞっとせぬ。
>838
どういうわけだかは…私にも理解できぬが…最近の人間どもは…こと私を
崇める者が…多いようである。私を慕うぐらいならば…主の方にその意志を…
役立たせてほしいと…私は願うのだが…そうもいかぬらしい。私など…
主の前では…「神」という肩書きも…あって無いようなモノだというに。

841 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/14 20:01
む…1レスで返すつもりだったが…。

>839
何を狼狽えているかは知らぬが…私はここにいる…そうすぐに…いなくなったと…
決めつけるものではない。しかし…蒼真はおそらく…人間の定めに…
縛られておるのであろう…不憫な事よ…誰が定めたとも知らぬ…それに
従わねばならぬ…人間の規律というものは。

842 :以上、自作自演でした。:04/06/14 20:19
ヨアヒムで忘れ去られし者がたっ…倒せません!
やはり彼は不完全なヴァンパイアということですか?

843 :以上、自作自演でした。:04/06/16 00:35
悪魔城ドラキュラのイージーは簡単だけどノーマルだとノックバックのせいでなかなか進めん!
特にデスさん、貴方強すぎだ。シモンがなかなか英雄になれんではないか

844 :以上、自作自演でした。:04/06/16 20:28
おいおい、あんまりデス様デス様って祭り上げたら、他の奴らが出たくても
出られなくなるだろうが。少し考えてやれや。

デス様、不届き者を私が代わって諌めておきました。

845 :以上、自作自演でした。:04/06/16 20:30
あ、なるほど。
…って  キミもでわねぃか!

846 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/16 22:05
>842
ヨアヒム…剣を操る…吸血鬼か。アレは…元からの吸血鬼ではなく…
ヴァルターの吸血により…肉体が吸血鬼化しただけの…その通り不完全な
存在…あの程度の者では…不可能とは言わぬが…勝てる望みもまた薄い…
圧倒的な力の差を…思い知らされるのみと…なるであろう。
>843
私は…主の望みのため…常に全力を…尽くしている…それだというに…
どうしてシモン・ベルモンドを…英雄にする必要が…あると言うのか。
ベルモンド一族…彼奴らさえいなければ…主の望みは…楽に成就する…
そのためならば…私は力の出し惜しみなど…一切せぬ。
>844
お前の言いたい事は…至極最も…この悪魔城は…私1人のみで…運命を
紡いでいるわけにあらず。主を始めとし…城に住まう様々な魔族…そして
あのベルモンド一族…彼奴らとて…この城に関わる上で…欠かせぬ存在…
それら全てを…忘れてはならぬ。
>845
…ふむ…確かに…これではまさしく…ミイラ取りがミイラになる…その
典型的パターンと…言えよう。もはや…残りレス数は…150程度と…
なってしまっている…そんな状況でも…過去に居た者が…戻る可能性が…
無いわけにあらず…その事も決して…忘れてはならぬ。

847 :以上、自作自演でした。:04/06/17 01:03
有角さんはコソーリ髪の毛をブリーチで染めてたなっ!?
というか外国の人のはずなのに日本語スラスラ話せるってのが凄い。

848 :以上、自作自演でした。:04/06/18 11:34
デス様、今夜は楽しみにしてますぞ

849 :以上、自作自演でした。:04/06/18 12:10
喰らえ懐中時計!

850 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/18 21:08
>847
何故…髪の毛を染めてまで…己の存在を…偽らねばならぬのか…私には
理解できぬ。例え…人間や低級魔族を…騙し遂せたとしても…私のような
者ならば…見抜かれるであろう事は…予想できぬはずなど…ありますまいに。
人間の言葉は…学習なされたのであろう…聡明であるからな。
>848
…私が既に…返答した後であるから…向こうの規約に…触れはせぬか。
人間に…楽しみにされるというのも…妙な気分ではあるが…まぁよい…
私自身で…決めたことで…あるからな。可能ならば…私のみならず…主や
蒼真など…前に居た者にも…来てもらいたいとは…思うが。
>849
…愚かな…この私に…懐中時計ごときが…通用すると…思うてか。それの
力は…時を止めるという…自然の摂理を…無視した術式…故に…ムラがある…
そこをつけば…束縛を抜け出す事など…容易である。もっとも…相応の
魔力と…知識が無ければ…不可能な事では…あるが。

851 :以上、自作自演でした。:04/06/19 00:01
やた!サターン版悪魔城Xをついに手に入れた!!
おぉ!なんか知らんダンジョンが増えとる。
いまから探索しに行ってきま〜…

852 :以上、自作自演でした。:04/06/21 01:33
金につられて城主にも逆らう図書館の主の爺に
 裁 き の い か づ ち を ー ー ー ー ー!!

853 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/21 21:26
>851
サターン版…確かあれも…アルカード様の…話か。新しく増えた部屋は…
逆さ城も含めて…4つ…そこには…見なれぬ魔物や…見たこともない武器が…
存在する…心して…かかるがよい。また…半妖精が…歌を歌うようにもなる…
「夜曲」と言う名…サウンドトラックでの疑問も…解決するであろう。
>852
あれは…古きより…主とはもとより…アルカード様とも…親交があった。
アルカード様が…蔵書庫でおくつろぎの際に…縁を持ったのであろう…
その時の事より…図書館の主は…アルカード様に…交換条件付きで…
協力する事と…したそうだ。

854 :名無しヨアヒム・アルムスター:04/06/22 00:35
かなりスレッドが削除されていたな…    し か し
僕がこの城の城主になるまで絶対にこの城を崩壊させるわけにはいかない…   

855 :以上、自作自演でした。:04/06/22 22:59
ヴァンパイアキラーはベルモンド一族以外の人は使いこなせる事ができないのですか?

856 :以上、自作自演でした。:04/06/23 00:18
うそ!?  サイファって女だたの!?
ひ弱な兄ちゃんかと思ってた…

857 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/23 22:00
>854
…お前ごときが…悪魔城の…城主になるなど…いやはや…最近の恐れを知らぬ…
にわかヴァンパイアは…冗談もうまい。まぁ…その城を守ろうとする…
努力は認めよう…そういう事ならば…おおいに力を…振るうがよい…
助けには…なるからな。
>855
別段…そういう事は…ないらしい…それは…モリス一族や…ヒュー・
ボールドウィン…あれらがヴァンパイアキラーを…振るっている事からも…
分かる事であろう。そもそも…ベルモンド一族そのものは…特別な力を…
持つわけではない…普通の人間でも…持つ事は…可能なのである。
>856
サイファ・ヴェルナンデス…あれは…れっきとした女…その魔力の高さは…
人間の中でも…飛び抜けている。ベルモンド一族と並び…恐るべき
ヴァンパイアハンター…女だからとて…甘く見れば…痛い目を見るであろう。
今のうちに…認識を…改めるがよい。

858 :以上、自作自演でした。:04/06/24 17:56
放り上げたピーナッツを食べれなかった時のアルカード様が笑えます

859 :以上、自作自演でした。:04/06/24 18:06
「見た目18歳、ほんとは400歳のアルカード役をやらせていただきました置鮎〜 」

  ______ _
 |先生!どう見て |
 |も18歳に見えま|
 |せん!     |
  ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄
   ∧_∧
  ( ´∀`) √|
  /     |\/ ノ
 _______
 \______\
 \‖_____‖
  ‖     ‖
  ‖     ‖

860 :ミニデビル:04/06/24 18:07
僕、死神に憧れてるんですが、どうしたらなれるでしょう?

861 :以上、自作自演でした。:04/06/24 18:17
コナミワイワイワールドのジャンプする時しゃがんだグラフィックにならないシモンなんて本物のシモンじゃないやい!

862 :以上、自作自演でした。:04/06/24 20:59
もしかして携帯ゲームの攻略本スレ落ちた?

863 :以上、自作自演でした。:04/06/24 21:15
落ちたよ 

864 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/24 22:29
>858
アルカード様は…できぬ事など無い…生まれつきの天才と…思っていたので
あるが…それでも失敗する事が…あるというのは…分からぬ。弘法も筆の
誤り…そういう事とも…言えるのだろうが…ムキになって…成功するまで…
お続けになる姿は…見るに耐えぬ。
>859
それは…見る者の…視点によるであろう…おそらく…アルカード様の声を…
勤めた者には…18歳に…お前には…そう見えなかった…それだけの事であろう。
歳を重ねた…魔の者は…一目見ただけでは…如何ほど生きたか…判断するのは
難しい…もっとも…ある所まで達すれば…年齢など…ほぼ無意味なのであるが。
>860
お前が…死神になるのは…楽な事にあらず。そもそも…死神とは本来…
神に従い…その命により…魂を狩る存在…すなわち…天の側の…存在である。
そこから堕天せねば…私のようにはなれぬ…が…一度神に従えば…私のように
考える者は…まずおらぬ…そこが難しいところ。

865 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/24 22:30
>861
ふむ…なかなかの古参と…見受ける。所詮…ワイワイワールドは…亜流の
世界…キャッスルヴァニア…いや当時は…悪魔城か…本家とは…かけ離れている…
あまり気にする必要はない。お前は…お前の信じる…ベルモンドの影を…
追うのがいいだろう。
>862-863
そうか…やはり最新作が…PS2で出た影響が…大きかったのであろうか…
だが…携帯機種に共通する…ドット絵の世界…あれこそ…古き伝統を受け継ぐ…
キャッスルヴァニアの世界…故に…滅びる事はないと…信じてはいたが…
そうもいかぬか。報告御苦労…下がってよい。

866 :ガラモス:04/06/25 17:24
ヌワッハッハ…!
城主たるドラキュラが眠っているとあれば、力を伸ばす好機というものだ。
これ以上ドラキュラごとき若造めにデカい面をさせてなるものか…いや、面がデカいのは俺のほうか

>865
どうだ、この俺に仕える気はないか?
貴様ほど優秀な腹心がいれば、1万年計画を千年にも百年にも変えてみせるのだがな。

867 :以上、自作自演でした。:04/06/25 17:43
最近賑わってきた!?悪魔の城なのに。
いいねいいね、嬉しいよ。

868 :以上、自作自演でした。:04/06/26 19:48
あくまじょうすぺしゃる ぼく どらきゅらくん!

ってアレはアルカードなんですか!?

869 :ガラモス:04/06/26 20:53
>867
大いに賑わえばいいのだ。
いずれこのガラモスの王座となるべき城なのでな。

最も、ここは宿命無き城…雷も荒ぶっておるが、今は静めておかねばならぬ。
盗人のような真似をせずとも、いずれ奴と雌雄を決してくれるわ。

>868
ドラキュラくん…忌まわしき名よ。
あれは異なる世界の出来事と知るが…
長き歳月を経て、ドラキュラの血を引くものが我が敵手となるようなことも…或いはあるかもしれんな。

870 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/26 21:11
>866
なるほど…愚かな考えとはいえ…流石は主の…魔王の座を奪おうと…画策
するだけはある…ここにまで…出向いてくるとはな。だが…貴様ごときに
下野するほど…落ちぶれたつもりはない…過去より未来に至るまで…私が
付き従う存在は…ただ1人…今の主のみ…戯言は…よしてもらおうか。
>867
ガラモスが来たとなると…賑やかどころか…騒がしくなるぐらいだが…
今のこの城には…いないよりは余程…マシというものか。それに…奴とて
宿命無き城という事は…分かっているようである…大きく動き…混乱を
招くような事は…せぬであろう。
>868
アレはアルカード様とは…直接的な繋がりは…見受けられぬものの…関係性が…
無いわけにあらず。その証拠に…主(ドラキュラ伯爵)の息子が…魔王の
座を狙うガラモスを…討ち取らんとするところは…そのままであるからな。
ちなみに…私に繋がる者も…助役として…存在する。

871 :以上、自作自演でした。:04/06/26 22:44
外国版のグラントはナイフ投げれないらしいですね。

872 :以上、自作自演でした。:04/06/27 17:01
デス様は色々と変身しますがどれが正体なんですか?

873 :以上、自作自演でした。:04/06/27 17:13
永遠を生きると言いつつも伯爵って千年足らずで世を去ったんですよね。
その間何度も倒されているから実質の時間はもっと少ないだろうし・・・。
レオンが知ったら何と思うのでしょうか?

874 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/06/28 20:36
>871
グラントが…ナイフを投げれぬとは…大きな弱体化と…呼べるであろう。
海外は…難度の高いものほど…喜ばれるという…話も聞く…つまり…
グラントのナイフは…それだけ強かったという事に…他ならぬのでは…
ないであろうか。
>872
私には…定まった形はあらず…なぜならば…私は「死」の象徴…そして…
「死」に決まった形はない…如何様にでも…姿を変える…故に…私も同時に…
定まった姿は…ないのである。もっとも…死神としてのイメージは…ある程度
共通する…ローブを纏う骸骨…この姿が…本来の形と…言えなくもないであろう。
>873
永遠を生きる事が…不可能だったわけではない…ただ…ユリウス・ベルモンド…
彼奴が主の魂を…滅ぼしたが故に…世を去ってしまったのである。しかし…
それ以前に滅ぼされたのは…あくまで現世における肉体…主の拠点である…
魔界においては…常に魔王の座に…君臨なされておられた。

875 :以上、自作自演でした。:04/06/30 11:52
暑いです。
涼しくなる方法、ありませんか?

876 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/01 23:30
>875
涼しくなる方法…手段さえ選ばなければ…そこらにいくらでも…転がって
いるであろう。地下水脈の…凍てつく地域に行くなり…フローズンハーフを
筆頭とする…氷を操る者に…頼み込むなり…すればよい。もっとも…あれらが
お前の事を…気に入るかどうかは…別であるが。

877 :以上、自作自演でした。:04/07/02 11:45
キャッスルヴァニアのクレイジーモードを今から突入する者に対して
何かアドバイスの一言を

878 :以上、自作自演でした。:04/07/03 23:17
       /\ \
   __/  / ̄/   イエスキリストが878ゲット。
  /\  _\/ /_\
  /  / ̄ ∧_∧  
  \/__(;・ ∀・)    >879の罪。
   /  と    ノ ハァ  >880の罪。
   /  人  Y ハァ    >881の罪。
   \/し'(_)      全ての名無しの罪を背負って私は死のう。

879 :以上、自作自演でした。:04/07/05 10:40
この城も寂れましたね

880 :以上、自作自演でした。:04/07/05 18:26
世界で何人ものレオンが挑んできたと思いますが
ピヨピヨシューズ履いて戦ってたレオンもいましたか?

881 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/05 20:11
>877
クレイジーモード…その名の通り…気も狂わんばかりの…難易度を誇る…
システム。しかし…アクションそのものの…難易度が上がるわけにあらず…
動きを極めし者ならば…油断せぬ限りは…時間がかかるという事以外は…
さほど変わらぬであろう。
>878
人間が…キルストの真似事を…行い…あまつさえ…罪を背負って…死のう
などとは…私には…ただの気狂いにしか…思えぬな。罪というものは…
1人の人間が…聖人を気取り…背負えるほどに…容易い代物にあらず…
もっとも…それを悟るのは…死んだ後のことに…なるであろうが。
>879
過去には…スレ主たる蒼真…有角(様)…ラルフ・ベルモンド…そして
主など…多くのキャラハンが…ここを訪れていた…が…今となっては…
もはや私しかおらぬ…残念ではある。だが…例え私のみになろうとも…
このスレを…完走へと導こうぞ。
>880
確かに…数多くの…ベルモンドが挑んできた…幾度も…幾度も。その中には…
お前の言う通り…妙な音をたてる…靴を履いたまま…挑みかかる者も…
いた。あれは一体…何を考えていたのか…とても…復讐に燃える存在の…
為す事とは…到底思えなかった。

882 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:18
今まで多彩な鞭攻撃(クリストファーの火の玉がでる鞭やジュストの宝珠を付けた鞭)を受けたと思いますが
そのなかでもこれは (;´Д`)…キッツー と感じた攻撃はなんですか?

883 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:20
歴代のドラキュラ城の構造で一番素晴らしいものを教えてくらさい。

884 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:20
ベルモンド一族は皆カナヅチなのか?

885 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:21
忘れ去られし者のウジがデカすぎますが、アレを産んだハエはもっとデカいということですか?

886 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:25
アルカード様はサブウェポンの聖書を読んだり(読んでるのか?
ビブーティーを直につかんでまいたりしているワケですが…
吸血鬼である自分にもダメージを受けるはずでは?

887 :以上、自作自演でした。:04/07/05 22:27
半魚人からもらえるシースーのネタはやっぱり半魚人の肉なんでしょうか? ヽ(`Д´)ノイヤダァァァ!! 

888 :以上、自作自演でした。:04/07/07 18:53
いいいやったぁぁぁぁ!!!
デス様、ファミコンミニについにディスクシステム悪魔城ドラキュラが出ますよ!!

889 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/08 21:16
>882
私に言わせれば…そもそも…強力無比な…破魔の力を付与された…ヴァンパイア
キラー…これの繰り出す攻撃が…応えぬはずがあるまい。ようするに…
付与された力など…所詮は二次的な物…ヴァンパイアキラーそのものの…
効果に比べれば…痒い程度のモノである。
>883
それは…如何に私といえど…甲乙付けがたし。悪魔城は…他に類を見ぬほどに…
構造に凝っている…その中から…一番を選ぼうなど…出来るはずが…あるまい。
その中で…強いて何かを…挙げるとするならば…見た目の美しさと…構造が
趣向に満ちた…時計塔の系列…それを一押しする。
>884
可能性はある…が…全てがそうとは…限らぬと見える。ごく稀に…水中に
潜る事もできる…ベルモンドも…存在しているからな。が…その技術を…
実際に身につけたのは…ごく最近のようである…古き時代の者たちは…
一様に…カナヅチであったと…見て間違いないであろう。
>885
そうではない…アレにあるウジは…忘れ去られし者の…強大かつ…凶悪な
魔力の影響を受け…肥大化した存在…ベルゼブブのように…魔界の蠅を…
従わせているわけでは…ないはずである。蠅側から近寄ろうにも…あそこは
魔界からは遠い世界…現世の蠅の方が…可能性は高い。

890 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/08 21:17
>866
一般的に…聖職者の用いる道具は…悪しき心を持つ存在に…退魔の力を…
発揮すると…言われている。その辺の判断基準が…私には分からぬが…
あれらのアイテムが…アルカード様を…悪しき心を持たぬと…判断したので
あろう…故に…何も影響が…出ないのではないだろうか。
>887
それがイヤならば…半魚人ではなく…キラーフィッシュや…クレイジー
オクトパスから…入手すれば良い…これならば…例えお前達でも…普通に
食べられるのでは…ないか? それでも拒むと言うならば…お食事券を使え…
それしか道は…ないであろう。
>888
ディスクシステム…懐かしい響き…悪魔城ドラキュラという事は…シモン・
ベルモンドの…時代の事か。…私としては…1もいいのだが…2も思いのほか…
いい出来である…可能ならば…そちらの方も…再現してほしいところであるが…
あの謎解きを…現代の人間が…受け入れられるか…どうか。

891 :以上、自作自演でした。:04/07/09 11:27
悪魔城伝説のアルカードの激弱クソショットを間近でご覧になって
     「…こいつ弱っっっ!!」
とかお考えになりませんでしたか?
御感想おながいします。

892 :以上、自作自演でした。:04/07/11 20:55
ドラキュラ

893 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/11 22:44
>891
あの時のアルカード様は…闘う事より他に…何か考えておられるようで
あった…故に…力の方に…集中できなかったのであろう。事実…アルカード様が…
ベルモンドと与する事なく…独りで向かって来られた時は…そういう雑念を…
全て振り払い…主の息子に相応しき…力を発揮しておられた。
>892
主の名を唱え…何をしようと言うのか…それを答えよ。場合によっては…
この悪魔城の一員として…迎えぬ事もないが…主の力を…ただ単に…
私利私欲のために…利用しようと言うのであれば…容赦はせぬ。さぁ…
詳細を話すがよい。

894 :以上、自作自演でした。:04/07/12 19:17
ぱーっと全種類のデス様を見たんですけど
見た目気持ち悪いのが呪の封印で、一番強そうなのがps2版でした。
デス様自身はどのお姿が一番良かったですか?

895 :以上、自作自演でした。:04/07/13 00:14
ソニアとアルカードの間に出来た子供がラルフ・ベルモンドって本当ですか?

896 :以上、自作自演でした。:04/07/14 02:46
月下に出てくるラルフもどき、グラントもどき、サイファもどきを倒すのがもったいないです。

897 :以上、自作自演でした。:04/07/14 02:49
スケルトンなどの弱いモンスターは聖水のビンにあたっただけで死んでいる。
聖水の中身の意味ないじゃん。

898 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/14 19:51
>894
シリーズを通しての…私の姿を…閲覧できる場所が…あるというのか…
どこの事かは知らぬが…妙な事を…するものである。私は…蒼いローブ…
あの時の姿が…最も誇れる姿であると…自負できる。とはいえ…いずれの
姿もが…私である事に…代わりはない。
>895
認めたくはない…あのアルカード様が…ヴァンパイアハンターと…恋仲に
落ちようなどとは…が…それが歴史の…一端であった以上…認めぬわけにも…
いかぬ事であった…はずであるが…。己の都合のみで…歴史を改竄する…
あの者達…その行動こそ…もっとも恥ずべき事であるのに…違いはあるまい。
>896
あれらフェイクは…同じ闇の一族である…アルカード様には…見抜かれて
しまったようではあるが…外見だけならば…この私からも…賞賛を送っても
よいほどに…よく出来た存在であった。あれを惜しむ気持ち…例えお前が…
人間であろうと…分からぬわけではない。
>897
聖水の瓶にも…それ相応の…清められた力が…宿っているのだと…考える
べきであろう…それほどまでに…聖水と言うものは…強力な存在。重要なのは…
必ずしも中身のみではない…そういう事なのであろう…全く…皮肉めいた事を…
やってくれるものである。

899 :以上、自作自演でした。:04/07/14 22:47
894です。
さっきもう一度デス様見てきたんですけど呪の封印のデス様全然普通でした。どうやら見間違いです。
ところで悪魔城伝説の伯爵様の第二形態がすごくキモイです。あんな主はいやじゃないですか?

900 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/16 16:06
>>899
主の姿の…何が気に入らぬと言うのか…私には…全く理解できぬ。
見る者全てを…否応無しに威圧し…それでいて…威厳も損なわれぬ…
威風堂々とした姿…跪く事はあっても…それを忌み嫌うなど…そのような事が…
どうして出来ようか。その目…節穴のようであるな。

901 :以上、自作自演でした。:04/07/16 18:12
サキュバスって女の吸血鬼のことですか?

902 :以上、自作自演でした。:04/07/17 01:16
デス様900レス到達おめでと!
1000行くと城が崩壊するんですか?

とりあえずガンガッテください。

903 :以上、自作自演でした。:04/07/17 16:01
             ☆招待状☆

 【祝!】キャラネタ板誕生3周年祝賀会スレ【3周年】
ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1089980899/

       --◇。☆o.:O☆◇。☆o.:O☆◇--


ふふふ…

904 :以上、自作自演でした。:04/07/19 18:49
ポジトロンライフルの件について

905 :以上、自作自演でした。:04/07/19 23:38
主の側近になれた時の感想をどうぞ

906 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/20 19:41
>901
サキュバスは…正確には…吸血鬼にあらず…いうなれば…吸精鬼とでも…
呼ぶべきか…とにかく…血ではなく…男の精気を食らい…力とする…
それがサキュバスよ。女の吸血鬼…一般的には…カーミラと呼ばれる。
見た事があるだろう…髑髏の上に乗る女…あれがカーミラである。
>902
その言葉…ありがたく受け取っておこう。1000か…ここのところ…規制やら…
私の事情やらで…来れぬ事も多い…いつ頃になれば…到達できるのか…
私にも分からぬ…が…引き継ぐ者の無ければ…残念ながら…城は崩壊する…
その運命だけは…避けられぬようである。
>903
さようか…それはしらなんだ。何ぶん…ここに来て日は浅い…と言っても…
去年の十月…それより今まで…持ってきているのか。このスレの一周年…
今までのペースでは…おそらく迎えるより早く…終わってしまうであろう…
仕方の無い事とはいえ…いささか淋しいものはある。

907 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/20 19:42
>904
ポジトロンライフル…アレがどうしたか? また蒼真が…無闇矢鱈と…
振り回しているのか? いや…蒼真は今は…ここにはいない…となると…
如何なる用件か…それを述べよ。たしかに…アレは色々と…物議を醸す品…
言いたい事があるのも…理解はできるが。
>905
私が主の…側近になった事…それはある意味で…必然の出来事…それ自体に…
これと言って…特別な感情を…抱いた事はない…それよりは…主の前進…
マティアスという存在に…巡り会えた事…その事の方が…思う事は多い。
まさしく…世界が変わった瞬間と…言えよう。

908 :以上、自作自演でした。:04/07/22 04:09
城は人間界にあるんですよね?
昼間はどうしてるの?

909 :以上、自作自演でした。:04/07/22 09:24
悪魔城には昼間などない


そうですよね? デス様

910 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/22 21:56
>908
昼間も代わりなく…城は存在している…それは…黙示録をプレイすれば…
分かる事であろう。しかし…たとえ城だけは…陽光の元に存在しようとも…
住み着く者の大半は…夜の眷属…故に…昼間の間は…力は殺がれてしまう。
仕方の無い事では…あるのだが。
>909
無論…主は吸血鬼の真祖…下級のそれとは違い…陽光をその身に浴びたとて…
滅びる事はない…そういう意味では…昼間など…無いようなものである。
しかし…他の下部ほどでは無いとはいえ…力を落とされてしまう…が…
主が世界を…支配した時は…永遠の夜が…全てに及ぶ事であろう。

911 :以上、自作自演でした。:04/07/24 01:26
デス様は火には弱いのですか?
というか夏は嫌いですか??

912 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/07/26 21:00
>911
別段…炎に弱いとか…そういう事はない…あえて…弱点を挙げるとするならば…
ヴァンパイアキラー…あれの持つ…破魔の力…あればかりは…流石に私でも…
身に堪える。季節は…基本的に…何も関係はない…その程度の…寒暖ならば…
私には…何の影響も…ないからである。

913 :以上、自作自演でした。:04/07/28 11:51
ドラキュラ様は元人間だそうですが、人格は人間の時そのままなんですか?
それとも闇の力を得てから更に邪悪になったとか

914 :以上、自作自演でした。:04/07/29 13:26
悪魔城伝説のデス様が強すぎです。ヤバいです。

915 :以上、自作自演でした。:04/07/31 00:41
この世で一番 美しい! と思うものはあるんでしょうか?

916 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/01 21:03
>913
主は…人間の時より…人格に値する部分において…変化するような事は…
ほとんどなかった。一般的に…力を得る事により…人格が大きく…変化する
輩というのは…力のみを追い求めた…愚かなる者の場合が…ほとんどである…
主は…そういう面では…他の者とは…一線を画している。
>914
いつの時代も…手加減した憶えは…一度もない…はずなのだが…昔の方が…
強かったと言う者が…多いのもまた…事実。とはいえ…ベルモンド一族の…
行く手を阻む事に…役立っているのであれば…私は本望である…さぁ…
恐れ戦くがよい…我こそは…伯爵様が腹心…DEATH也。
>915
基本的に…私に美意識というモノは…存在せぬ…そういうのを…これといって…
崇める必要が…ないからである。が…主の魂の色だけは…唯一の例外と…
いえよう…主の魂は…私を魅了し…神の座より堕ちる事も…厭わせなかった…
それほど…美しい魂であった。

917 :以上、自作自演でした。:04/08/02 01:05
GB版しかやったことない漏れはどれをプレイすればいいですか?

918 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/02 22:44
>917
GB版のみとは…中々数奇な道を…辿っているようであるが…だからといって…
次に何をやれと…指定するわけではない…己の興味を…惹いたモノから…
始めるのが…基本であろう。悪魔城に挑むにおいて…もっとも大切とされる
モノは…己の意志である事を…忘れるべからず。

919 :以上、自作自演でした。:04/08/04 16:04
ギャイボンたんとベリガンたんとはどういう関係ですか?

920 :以上、自作自演でした。:04/08/04 16:38
悪魔城でも大掃除はしたりするんですか?

921 :以上、自作自演でした。:04/08/06 20:00
あと4日でついに初代悪魔城が復活しますよ!!

922 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/06 21:32
>919
…普通に…「ギャイボンとベリガン」と…呼べばいいだろうに…何ゆえ…妙な
語尾を付けるのか…理解できぬ。それはともかく…ギャイボンとベリガンは…
我が直属の…悪魔騎士…すなわち主従関係…とはいえ…腹心と呼べる程の…
存在でもないが。
>920
そのような…城内の雑用は…主にプロセルピナ…あれらが担当している…
あれらは普段から…実に良く働く…故に…大掃除などという…大規模な事を…
行う事は…ほとんどない。もっとも…悪魔城の部屋は…いずれは時と共に…
消えゆく定め…大掃除を…行う暇なども…ないのが実情。
>921
いつぞやか…話題に上がっていた…復刻版の…事であるか。思い起こせば…
この悪魔城も…時代と共に幾度となく…大きな変化を…遂げてきた。
それらの…根底にあるモノが…今の世の中に…復活を果たす…その不滅性…
まるで…主のようである。

923 :以上、自作自演でした。:04/08/11 03:35
浮上すると何かが起こる…

924 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/11 20:49
>>923
浮上…それは…悪魔城が…現世に姿を…表わす事を…指して言うのであれば…
その通り…何故ならば…悪魔城が…現れる時は…主の復活の時が…近い事を…
示しているのだからな。ただ…今の時期は…城内が清閑としようと…ageは…
控えてほしい…色々と…問題もある故。

925 :以上、自作自演でした。:04/08/12 12:15
この世の終わりには何が見えるんでしょうか

926 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/13 01:07
>925
この世の終わり…そんなものがあるとは…私には思えぬ…例えあったとしても…
それは世界そのものではなく…「人の世」の終わりでは…なかろうか。そう…
主が世界を…支配なさったその時こそが…「人の世」の終わりであり…全てが
生まれ変わる…大いなる瞬間と…なるであろう。

927 :オルロック:04/08/14 02:27
……暗い夜……蒼い月……今、俺は甦った……。
……どうやら体はまだまだ健在の様だ……。

928 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/15 20:11
>927
ほう…アルカード様に敗れて以来…久しく姿を…見かけぬと思っていたが…
ようやっと…魂の転生を…果たしたという事か…意外と…遅かったな。
もはや…終焉に向けて…進みつつある…現状であるが…参加するのを…
止めはせぬ。


929 :オルロック:04/08/16 17:25
>>928
そうか。
では、また宜しく頼むぞ、DEATH殿。
俺は「水邪」なる者の所に現れた伯爵殿が気になるのだが……DEATH殿はどう思われる?
偽者ならば我が手で首を苅ってくれようが……。

930 :以上、自作自演でした。:04/08/16 19:35
>>917ですが、SFCの無印とXXをクリアしましたよ
元祖はやっぱりおもしろいですね


931 :オルロック:04/08/16 21:06
>>930
ほう、あれをやったのか。
感想はどうだ?
難易度が低いから物足りなかったであろうが……。

932 :以上、自作自演でした。:04/08/17 22:38
オルロックさんもデス様もいずれは伯爵様の悪魔城を乗っ取る気ですか?

933 :オルロック:04/08/18 11:31
>>932
闇の結束……血の契約は堅いのだ。
なあ?DEATH殿。

934 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/18 21:06
>929オルロック
ふむ…今…件の主と思しきモノを…確認してきたが…あれが主など…
傍ら痛いわ。おそらくは…名を借りただけの存在…わざわざ我らが…手を
下すまでもない…その役目は…ギャイボンとベリガン…あの二人で…
十分であろう。所詮偽者…悪魔騎士にすら…歯が立つまいて。
>930
ふむ…元祖か…確かに…形式からすれば…あの二つは…元祖の流れを…
組んでいる。だが…真なる意味で…「元祖」に触れる事を…願うのであれば…
最近発売された…復刻版のモノを…プレイするのが…いいであろう。
GBAでもいいが…PSの悪魔城年代記…アレも…悪いモノにはあらず。
>932
そのような…愚かなる事…極まりなき思想は…一度たりとて…抱いた事は
あらず。オルロックも言うように…我らが主と…結びし契約は…絶対なる
忠誠の元…結ばれたモノである…それが翻る事など…断じてあり得ぬ。
悪魔城の主は…伯爵様を除いて…他にあらず。

935 :オルロック:04/08/18 22:28
もしその様な不貞の輩が居れば……俺が狩る。

936 :以上、自作自演でした。:04/08/18 23:29
お二方、どちらが強いのですか?

937 :オルロック:04/08/19 09:28
>936
どうやらお主は俺が出ている作品をやって居ない様だが、DEATH殿の方が強い。
俺とDEATH殿では相手にならんよ。
……俺がまた出る機会が有るならば、それまでにまた己を磨くつもりだ。

938 :以上、自作自演でした。:04/08/19 22:00
マッスルヴァニア

939 :以上、自作自演でした。:04/08/19 22:08
真紅の石を作りたいのですがどうすればよろしいですか?
私もデス様と契約を結んでみたいです


あ。オルロックさんはスケアクロウについて熱く語ってください

940 :オルロック:04/08/20 09:28
>>938
言い得て妙だが、合っているな。
どちらかと言えば、外国での利用が良く合う言葉か。


>>939
いいだろう。
性格上熱くはなれないと思うが……話題も話題だしな。

いきなりだが、
俺にはあやつが創り出された理由が解らん。
あまりにも役に立たん。
むしろ、城内で陣系を組ませて配置する時に邪魔だ。
跳ねるな、と言いたくなる。
串を利用してすることは跳ねることのみ。
いや、突き刺せ、と言いたくなる。
大体何故、死体の部分で体当たりをしようとするのか。
貴様等アルカード様をなめてるのか?と言いたくなる。
しかも屈まれたら当たらないと来たものだからな。
いい加減、うんざりだ。


あんなものを創り出すのは……、
まさか……DEATH殿……なの……か……?

941 :以上、自作自演でした。:04/08/20 20:47
二人とも『アルカード様』とおっしゃるわりには容赦なく殺そうとしますね。
逆にあなた方がアルカード様に殺されてしまった時の御感想をどうぞ!

942 :オルロック:04/08/21 00:57
>941
簡潔に言おうか。
伯爵殿以上の実力は感じなかったが、
その実力の差を覆しうる……いや、実力を凌ぎうるものを感じた。






話は変わるが、前の文でアルカード殿をアルカード様と呼んでいたな。
伯爵殿にすら様を付けたことは無いのだが……。
つまり……それ程の方だと言うことだ。

943 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/23 22:40
>935オルロック
そう…いきり立つ事もあるまい…未だかつて…そのような存在が…現れた
事は…無いのだから…いや…ガラモスとその周囲は…それに相当するか。
もっともあれらは…契約ではなく…利害関係の一時的な一致…最終的には…
崩れる関係と…割り切ってはいたが。
>936
比較をしてしまえば…私の方が上になってしまうのは…事実ではある。が…
オルロックも…主にこそ及ばぬが…悪魔城の一区画を…任せられる程に…
強い力を持つ…吸血鬼…それについては…私も認めるところである。
オルロックの力は…雑魚などとは…比べ物にならぬ。
>938
ベルモンド一族…さすがに…ソニア・ベルモンドについては…その限りでは
ないが…あの血筋の者はみな…人間にしては強靭な肉体を誇る…程度の
低い魔物では…話にならぬ程に。それは…我ら魔族に対する…異常なまでの
執着…それの表れに…見えなくもない。

944 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/23 22:40
>939
私は既に…主と契約を…結んでいる…故に…これ以上…新たに契約を…
結ぶ事は…例え天地が翻ろうとも…適う事はあらず。それこそ…本当に
石を…生成したとしても。私以外の相手を…見つけるがよい…もっとも…
そう簡単に…見つける事など…できる事ではないが。
>941
アルカード様については…流石に私とて…始めは殺す気など…全く無かった…
アルカード様の…力を奪えば…諦めもつく…そう考えていた。が…結局は…
刃を交える事となり…討たれてしまった。あの瞬間…敗北感よりも…主の
息子であるという事実…それへの納得が…我が思考を…支配していた。

945 :オルロック:04/08/24 13:59
実は最初は侵入者が『伯爵殿の御子息』だとは知らなかったんだが。
俺は元は外部から来たものでな。

946 :以上、自作自演でした。:04/08/24 22:38
上から大量の死体を降らせてくるあのボスがキモーイ!
そう思いませんか?

947 :オルロック:04/08/25 09:49
>946
レギオンの事だろうか?
奴等は確かに……人間から見れば気色の良いものでは無いだろうな。
普通の人間は死体に嫌悪感を感じるだろう。
だが俺から見れば「あれくらい」で構わないと思う。

948 :以上、自作自演でした。:04/08/25 12:53
ベルゼブブはなんであんなところで磔にされてるんですか?

949 :以上、自作自演でした。:04/08/27 19:30
バンパイアキラーがちぎれることってないの?

950 :以上、自作自演でした。:04/08/28 09:44
ニンテンドーナントカで新作が出るそうですね。

951 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/30 20:52
>945オルロック
わからぬのも…無理はあるまい…アルカード様は…遥か昔に…この城を…
抜けられて…それ以来…あの日に姿を…現わしたのが…何百年ぶりと…
いったところ…アルカード様の存在を…知らぬ者の方が…遥かに多い。
加えて…アルカード様は…ほぼ反逆者…仕方あるまい。
>946
レギオン…多くにして…一つなる者…数多の屍を…纏うその外観…確かに…
お前達人間から見れば…嫌悪感以外の…何も湧くまい。だが…あの屍は…
本体を守る…肉壁として…非常に効果的…幾層にも渡る…あの厚み…
並大抵の攻撃は…通用せぬのだ。
>948
ベルゼブブ…あれはただ単に…磔にされているわけにあらず。見ての通り…
現世でのアレの肉体は…腐り落ちている…故に…固定する物が…無ければ…
アレは一人で…立っていられぬのだ。まったく…現世での肉体については…
アレほど新鮮な物を…用意するようにと…忠告したのだが。

952 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/08/30 20:52
>949
おそらく…アレを引きちぎる事など…如何なる力を…持ってしても…
不可能であろう。アレに込められし…その力の強さたるや…並のアイテムの…
それでは遥かに及ばぬ。さすがは…人間そのものを…代償に生まれただけある…
脅威のアイテムよ。
>950
おそらく…ニンテンドーディーエス…その事と見るが…いかがか。私は…
詳しい事は…聞き及んでいないが…新作と聞く度に…いつの時代での話が…
再現される事となるか…気になるモノである。携帯機という事は…新作は
2Dで…出てくるのであろうか。

953 :以上、自作自演でした。:04/08/31 01:58
現代のリアルーな質問もなんなく答えてくれる…
私はそんなデス様が大好きだ。

954 :以上、自作自演でした。:04/09/01 21:00
ユリウスによってドラキュラと呼べる存在はこの世から姿を消してしまったわけですが
それでも契約は続行なされるのですか?

955 :以上、自作自演でした。:04/09/02 09:24
悪魔城蔵書庫にある書物は自由に閲覧可能ですか?

956 :以上、自作自演でした。:04/09/03 09:39
現代の道具「タイムマシーン」を作りました。これで幼少のレオン・ベルモンドを暗殺してください。
そうすればデス様の理想の未来が。お題はデス様愛用の鎌で

957 :以上、自作自演でした。:04/09/03 15:54
デス様はヴィクター・ベルモンドについてご存知ですか?
発売中止となったDC版で姿を見せるはずだった、髭面のナイスミドルです

958 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/04 22:50
>953
私とて…伊達に主の復活に向けて…尽力していない。情報収集を…各地に
放った…使い魔を通して…行っている…が…復活に関する…有益な情報を…入手する事は…難しい。それ以外の事ならば…入手も容易なのだが…
まったく…うまくいかぬものよ。
>954
私が仕える相手は…後にも先にも…主ただ一人…それは不変にして絶対…
如何なる事態が…あろうとも…私はただ…主が復活なさる…その日まで…
あらゆる可能性を…追い続けよう。その可能性の…片鱗…相見えた事が…
あるのでね。
>955
興味があるならば…閲覧するがよい…あそこを一人の…翁に管理を…任せて
いるが…アレは金さえ払えば…人間が入り込んだとて…見逃すであろう。
もっとも…あそことて…魔の者は…そこらを徘徊している…それらを…
退ける力が…無ければ…命を落とすであろう。

途中ではあるが…今宵はここまでにする…残りは後日…改めて答えよう。

959 :以上、自作自演でした。:04/09/05 01:47
ドラキュラ伯爵はハンサムなのに、どうしてデス様はいつもドクロな顔なの?

960 :以上、自作自演でした。:04/09/05 16:56
デス様。この前ドラキュラ伯爵を暗殺するために「ニンニク」と「十字架」を持っていったんですよ。
でも、「アホか」って笑われたんですがどうしてでしょうか?

961 :以上、自作自演でした。:04/09/05 20:16
伯爵の妻のリサさんはデス様達悪魔から見ても素晴らしい人間だったんですか?

962 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/06 21:07
>956
過去へと戻り…元凶を絶つ…それが可能だとしても…私が元凶を…絶った
ところで…私が再び…ここに戻る事は…かなわぬであろう。そこより現代に…
戻りし時…そこは私の…知らぬ世界…私の主が…いた場所にあらず…それでは…
過去を変える…意味が無い。その心だけ…受け取っておく事としよう。
>957
日の目を見る事すらなく…闇に葬られし歴史…この私でさえ…詳しく話せる
事は…あまり多くはないのだが…今でも…とある場所に行けば…それに関する…
情報の片鱗を…伺い知る事が…可能のようである。興味のある者は…探して
みるがよい…意外な事を…知る事ができるやも知れぬ。
>959
私は死神…すなわち「死」を…体現せし存在…そして…髑髏というモノは…
人間に対して…容易に「死」のイメージを…浮かばせる…故に…私の顔は…
何時如何なる時でも…顔に肉を纏う事無く…髑髏を剥き出しにし…刃向かう者に…
「死」の恐怖を…植え付けるのである。

963 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/06 21:08
>960
愚かな事よ…力無き者が…迷信を鵜呑みにし…事もあろうに…吸血鬼の中でも…
最高位に値する…真祖に挑む等…無謀以外の…何者にもあらず。そこらに
ある玩具で…我らに対抗出来得るならば…わざわざ…ベルモンドがその名を…
上げる事などないのだ。なぜ…特定の存在のみが…取りざたされるか…考えよ。
>961
私は主に…常に従う身…故に…主が如何なる…行動を取ろうとも…私はそれに…
付き従うのみ…だが…配下の中には…人間と結ばれた…主の事を…快く
思わぬ者がいたのも…事実である。そういう者からすれば…如何にリサ様が…
良妻たろうとも…素晴らしい等とは…思わなかったであろう。

964 :以上、自作自演でした。:04/09/08 23:50
デス様の最大の屈辱は?
ベルモンドに負けたってのはダメっすよ。お約束過ぎますから。

965 :以上、自作自演でした。:04/09/09 22:27
幼少時のアルカード様について語って頂きたいのですが・・・・
デス様も教育などに携われましたのでしょうか?

966 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/09 23:00
>964
最大の屈辱…それはもちろん…ベルモ…む…私の返答の…先手を取るか。
ならば…答えを変えよう…最大の屈辱…それは>964…お前に私の…返答を
封じられた事。よもや…普通の人間に…遅れをとってしまうなど…屈辱以外の…
他の何物にもあらず。この屈辱…今この場で…雪がせてもらう…覚悟せよ。
>965
まれに…主の命により…私がアルカード様の…面倒を見る事もあったが…
ほとんどは…リサ様と主が…直接的に…行われる事が…多かった。私が…
仰せつかった時は…アルカード様は…実に素直で…それでいて聡明…まさしく
主の…血を引くお方であった。

967 :以上、自作自演でした。:04/09/10 22:07:20
デス様にも喜怒哀楽ってあるんですか?

968 :以上、自作自演でした。:04/09/11 11:47:12
哀楽はなさそな悪寒。

969 :以上、自作自演でした。:04/09/11 12:00:07
アルカード様との戦いの決着後、伯爵様は最後リサ様の御遺言をお聞きし
ご自分の非を認め、悔いておられましたが

その後100年も立たない内にまた同じこと繰り返そうとしてましたよね
どういう心境の変化がお生まれになったのでしょうか

970 :以上、自作自演でした。:04/09/12 19:36:43
ttp://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1093725217/l50

デス様、こちらの「伯爵」と名乗る吸血鬼には何か心当たり無いですか?

971 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/12 22:32:42
>967-968
主の喜びは…我が喜び…主の怒りは…我が怒りである。私が…私自身の…
感情を表に…曝け出す事は…そうそうない…それらは…主に付き従う事を…
決めた時に…捨て去った。主が願いを…叶えるためには…下の者が…余計な
感情を…持ち合わせては…ならぬのだ。
>969
主が甦るのは…ひとえに…主の意志ばかりにあらず…人間達の持つ…負の
意志が…主を現世に呼び出す…大きな力となる。結果…主が生来より…
持ち合わせし負の意志が…より増幅され…人類を支配せしめんと…行動を
起こされるのである。
>970
…吸血鬼で伯爵…しかしながら…外見は女…その者の名を…聞いたのは…
今が初めてである。エルフィーネ・エアロスフェーレ…憶えておこう。
他にも何人か…吸血鬼がいるようであるが…今のところ…さしたる脅威は…
見られぬな…問題は…無いと見ていいであろう。

972 :以上、自作自演でした。:04/09/14 19:54:59
そういえば、
リヒター=ベルモンドの時代以後にヴァンパイアキラーが姿を見せてないようですが、
どこに行ったんでしょう。

973 :以上、自作自演でした。:04/09/14 20:34:44
デス様は映画、ヴァンヘルシングを御存知でしょうか?
物語といい舞台となる世界といい悪魔城ドラキュラにそっくり・・・
というかパクリだろこの野郎と思われる映画です

974 :以上、自作自演でした。:04/09/15 23:25:14
デス様、そろそろ次のスレッドの準備をしたほうがよいと思われますが・・

975 :以上、自作自演でした。:04/09/16 22:29:10
漏れもなるべく次スレを建てたいけれど
デス様の力のみでこの悪魔城の存在を維持するのも難しいかな?

必要とあらばヴァンパイアハンターでも呼び寄せるなり魔物を召喚するなりしてみようか

976 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/17 21:30:19
>972
リヒター・ベルモンドより以後…ヴァンパイアキラーは…様々な者の…
手に渡る事となる…が…私の知る限り…最後にヴァンパイアキラーを…
所持していたのは…紛れもなくベルモンド一族…ユリウス・ベルモンド…
主を完全に…滅ぼした…彼奴が持っていたはずである。
>973
ヴァン・ヘルシング…ベルモンドに並び…有名なヴァンパイアハンター…
その名をこの私が…知らぬはずもあるまい。悪魔城においては・・・
ベルモンド一族の方が…著名ではあるが…世界的には…そちらの方が…
知られていよう。もっとも…映画の方までは…詳しく知らなかったが。
>974-975
続行を期待する…その心…分からぬ訳ではない…が…私は最近…
主の完全復活に…有力な情報を…耳にした…私はそれを…確認せねば
ならぬ…故に…一度城を…離れねばならぬ…そして…いつ戻れるとも…
知れぬのだ。無念ではあるが…悪魔城は…私以外に誰か…引き継ぐ者が
いなければ…千の夜明けと共に…滅びる事と…なるであろう…。

977 :以上、自作自演でした。:04/09/19 16:07:57
デス様はクリストファー・ベルモンドに会っていないようですが、彼をどう思いますか?

978 :スケルトン♀:04/09/19 19:27:24
デス様・・・・・♥

979 :以上、自作自演でした。:04/09/19 21:36:44


980 :以上、自作自演でした。:04/09/19 21:55:23
 

981 :以上、自作自演でした。:04/09/20 22:36:36
最後に言い残したことはありますか?

あと980こえると1日レスがつかないとdat落ちですよぅ。

982 :以上、自作自演でした。:04/09/21 12:38:09
死門やラルフ・フェイクを叩っ斬りたくなりませんでしたか?

983 :以上、自作自演でした。:04/09/22 08:21:03
今の気分を色であらわすなら?

984 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/22 23:30:40
>977
クリストファー・ベルモンド…彼奴に遭遇した事はある…が…それは…
お前たちには…分からぬのも無理はない。何故ならば…あの時の私は…
事もあろうに…力の発揮する事かなわず…「ナイトストーカー」という…
下級の存在として…私はいたのだから。
>978
…スケルトンが…この私に何用か…状況が状況故…簡潔かつ…明確に述べよ。
…いや…妙であるな…最下級のスケルトンは…侵入者の撃退以外の…
高度な命令は…与えていない…にも関わらず…このような場所に…自ら
赴くとは…考えにくいのだが。
>981
左様な仕掛けが…あるのか…分かった…気をつける事としよう。…最後に…
言い残す事か。そうであるな…例え…この城が滅びようとも…また再び…
主がお前達の前に…姿を見せる日が…くるであろう…その瞬間こそ…主が
世界を…支配なさる瞬間…心待ちに…しておるがよい。
>982
見かけだけならば…そういう思いに…囚われた事もある…が…あれらは…
似ているのは所詮…見かけのみ…それ以外の部分が…本物に似るはずも
あるまい。そんなのを斬ろうとも…主の悲願が…成就するはずも無く…
労力の無駄である事は…重々承知の上。
>983
色であるか…とは言われても…これといって…何か特定の色を…挙げる事など
できぬ。そういう人間的な…感性に私は疎い…どう答えたモノか…私には
見当付かぬのだ。が…あえて「色」という表現を…用いるのであれば…
風前にありて…なお奮い立たんとする…蝋燭の色とでも…答えておこうか。

985 :以上、自作自演でした。:04/09/23 03:20:54
東方正教会について何か思うことはありますか?

986 :以上、自作自演でした。:04/09/23 11:16:16
好きな花は?

987 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:27:09
test

988 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/24 00:34:06
>985
東方正教会…主を目の敵にする連中…それを私が…疎ましく思わぬはずが…
あるまい。ベルモンドや…ヴェルナンデスのように…強力な力を持つ者は…
あまり多くない…にも関わらず…ことごとく…主の邪魔立てをし…しぶとく
刃向かってくる…その質の悪さ…気分の悪い事…この上ないわ。
>986
花か…そのようなモノを…愛でる心を…持ち合わせた事など…一度たりとて
あらず。が…リサ様が御存命で…あられた頃に…リサ様が直々に…花に
ついての…話をされた事がある。私には…理解できなかったが…リサ様の
瞳が…輝いておられたのが…印象に残っている。

989 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:40:22
ん書けるのか?

990 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:42:17
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

991 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:44:18
1000は誰が取るんだ?

992 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:44:35
そろそろ締めの挨拶の準備をしておいた方がいいと思いますよ。

993 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:50:20
いくらなんでも甘やかしすぎだろ。
キャラハンが1000取れなければまた削除依頼するのか?

994 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:52:18
耕治がキャラハンやってるがここだよ。

995 :DEATH ◆/IWMUsCX76 :04/09/24 00:53:50
>992
そのようであるな…では…私から…最後の言葉を…述べさせてもらおう。

私が…この城に到来して以来…長い年月を経て…滅びを迎える時が…
ついに来てしまった。今度も…主の悲願が…叶わずに終わってしまうのが…
無念ではあるが…この場において…お前たちと交わした会話を…私は…
永久に忘れる事は…無いであろう。…また再び…悪魔城が…蘇る事も…
無きにしもあらず…もし…その時が来たならば…。

…さらばだ…。


996 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:54:57
埋め立ては荒らし

997 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:56:08
糞スレ乙

998 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:56:44
おつかれさま〜

999 :プロセルピナ ◆/IWMUsCX76 :04/09/24 00:56:54
…DEATH様は去られてしまいましたが、今ひとつ、申し上げさせてください。
私のような、ある意味超法規的な存在および行為を受け入れてくださった事に
ついても、多大なる感謝を申し上げたく存じます。

…城が…また…消え…て………

1000 :以上、自作自演でした。:04/09/24 00:56:56
糞キャラハン乙

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

435 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)