5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

とりおです、占い好きです。後エロ小説も書けます。

86 :すれいぱ〜ず☆の名作ミシディアたん劇場 ◆XYYyaA66eg :04/09/15 14:32:19
〜すれいぱ〜ず☆の名作ドラマ傑作篇〜
「DOKI! DOKI! 恋のレッスンりとるれでぃ☆」

「さあッ、いくぞッ!」雄雄しく隆起した己の美麗な肉棒を、きゅっと握り、己の陰部を弱々しい
手付きで隠している桃髪の美少女ミシディアに向かい、
マッサカは真剣な眼差しと掛け声と共に肉棒を振りかぶり、襲い掛かった。
「や・・・ち、ちょっと待ってマッサカお兄ちゃん! 痛っ、痛いよお兄ちゃん!
 お願い、ちょっと手加減してっ! あっ、やっ・・・んくっ、んっ」
ヌプッ、ズプッ、という肉棒と膣内がぶつかり合う音が部屋中に鈍く響き
渡る中、時折ミシディアの口から艶っぽい吐息が漏れ聞こえてくる。
何とふしだらな――。と、ミシディアの吐息を聞いてマッサカは、更にやる気になった。
「ミシディア! ちょっと位先っぽが入った位でなんだその声は? 情けない、
 ミシディアはそれでもレディなのか? 悔しかったらヲレをイかしてみろ!」
「そんな・・・ だって、だってマッサカお兄ちゃんのおちんちんって凄く温かくって
 先っぽだって綺麗な蜜でぬらぬらと濡れていて、私、おちんちんの先っぽが
 当たって擦れるとたまらない程気持ちいいの!
 私だっていやらしい女だと思うけど・・・ 私、マッサカお兄ちゃんの事大好き
 なんだもん。 もう、そんな事気にしていられないよ! お兄ちゃん・・・。」
ミシディアは小さな手で、蜜に濡れそぼったマッサカの
肉棒をきゅっと掴み、「いただきます――」と言うやいなや、愛らしく小さな口に
マッサカの怒張したそれを丸呑みし、喉の奥まで使ってディープスロートを始めた。
「うぁぁぁ・・・。 だ、駄目だミシディア! そんな、奥に当たって。凄い、いいっ、
気持ちいいミシディア! うッ、うおッ、イク・・・いっちゃうぞ!!!!! ミシディア! 口に、
ミシディアのお口に聖液出していいか?」
「うん、マッサカお兄ちゃん、いいよ。 私の口の中にお兄ちゃんの濃い聖液たっぷり放って!
はぁぁん、美味しい。
 マッサカお兄ちゃんのおちんちん甘くってとっても美味しい!」

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)