5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔法使いがのんきに過ごしてます

1 :ニキータ:05/01/15 00:03:25
初めまして。
半年前程に記憶喪失になったようで、とある魔女の家に
居候している無職の魔法使いのニキータという男だ。
何の気無しに簡単な魔法を使えるので、自分は魔法使いらしい。
20代後半くらいだと思うんだが…。キッツい魔女の家主と付き合ってると
時々息抜きをしたくなるのでね…。

680 :マルク:2005/09/03(土) 21:43:55
>679
ニキータ殿、お茶はお茶でも
「魔道の聖域」の葉を煎じたお茶ですよ
どうです?強烈な苦味でしょう
でも、これで今のニキータ殿はかなりの魔力を得たはずですよ
それと、お口直しに甘い紅茶でもどうぞ

…あの本は…その、困ってしまいますね…
どうやって処分しようかな…

と、とりあえずアデリン様のお庭に箱に入れて埋めておきましょう…

681 :クリス:2005/09/04(日) 00:29:11
>673-674
じゃあ、さっそく研いでみよーかなー♪
これを腰に差して……どう?カッコいー?

へー、水虫がねー。
たぶんクラインかジュリアスって人じゃないのー?
じゃあ、マルクはこのブーツいるかなー?
何年も使ってないようだから水虫はもういないだろうけど…

アマンダ避け?
……アマンダってそんなに嫌われてるの?

お、金庫が開いた!
中身はー?

ネックレス…綺麗だねー。
さっそくつけてみよー……似合う?

マント留めもとりあえず持っておこうかなー。
マントなんてあまり使わないけどね。

また裸の本?…大事に金庫にまで…。
親父は本気でラゾクになりたかったのかな?

…?ニキタンは骨嫌いなの?
骨付き肉とか食べられない…って訳でもなさそー。

これ、悪魔の骨かー。
そういえば親父が悪魔やっつけたって自慢してたー!
…ホントだったんだー。
真っ当に使える人?ニキタンは真っ当に使えないの?

ニキタンがお酒見て幸せそうな顔してる間に手紙読んでみよー。
ちょっとドキドキする…

「【ゴールデンメール】この手紙と同じ内容の手紙を三日以内に(ry」

……('д`)

682 :КЛИС:2005/09/04(日) 00:33:29
あ、もう一枚あった。
…ふんふん。このネックレスは誕生日プレゼント…
…そっかー。親父の命日と俺の拾われた日は一緒だっけ…

マント留めは…アデリンちゃんへのプレゼント?
アデリンちゃん?…聞いたことあるような…?

あとは「弟へ、ついに念願の伝説のエロ本を手に入れたぞ!」
って書いてある。…エロ本ってなに?

>677
…???
書いてみたけどぜんぜん読めなーい!

なーんだ、怖くないのかー。花子(牛)を連れて来ようと思ったのにー。
村で一番おっぱいおっきいんだよ!

よし!俺も料理覚える!
どっかに料理の本なかったかなー。
あったあった!えーと、「宮廷料理の全て」
…無理。
次は「漫画で覚える初めての料理」
…面白いけど包丁の握り方とかをギャグ漫画にされても…
「節約料理生活」
おー、勉強になった気がする!
『クリスの主婦度が1上がった!』
「野生の生活〜賢い料理」
皮の剥ぎ方やジビエの楽しみ方…かー。
『野生味が1上がった!腹が減ってしまった!』

枕の下に?ラゾクの夢が見れそうだねー。
マルクも喜ぶかなー♪

あ、お供えありがとー!じゃあさっそくお墓にかけるね!
……?
今、かけすぎ!って聞こえたような…

683 :クリス:2005/09/04(日) 00:35:49
>678
むー、つまりは魔法使いを倒さなきゃいけないけど難しいのかー。
一人じゃ、まず無理だね。

その薬は鉄とかのやくひんかこー(薬品加工)に使ったのかなー?
親父は自分でも変なものをよく作ってたからねー。
その干し草はマルクにあげるよ。俺には使い道ないしー。

おやつー?うん!ちょうだーい!
……?!
ものすごく変な臭いのお茶…
マルク…は普通に飲んでるね。や、やっぱり残しても失礼かなー…
ニキタンも飲んでるし、一口だけ…

……ゴクッ

─────!!!

……ぐは……涙とか汗…出てきた…!

マルクはいつもこんなの飲んでるのかな…
あ…視界が白く…ふぁ…

ラゾクの本?…うん、大事にしてね…
俺の形見になるかも…しれな…

…意識……もう…ダ…メ…

…かゆ…まず…



…………ガクッ

684 :マルク:2005/09/04(日) 21:49:00
>683
クリス、大丈夫…?
ちょっと苦すぎたかな?
…とりあえず、回復魔法でもかけておこう
「水の慈悲!」

ほら、クリス起きて
今度はちゃんと紅茶を用意したから
それと、私の好物のチーズもあげよう

私だけじゃなくソレイユの魔術師は
みんなこの薬を飲んだり、お風呂に入れたりしているよ
消耗した魔力を回復させてくれる便利な薬なのさ

じゃ、こっちの「陽寿草」はありがたく頂いておくよ
あとで万能薬を作って、町の病院に持っていこう

685 :名無しになりきれ:2005/09/05(月) 12:22:02
くりすにしつも〜ん

記憶喪失だけど頼れる兄貴と
片目の色が違う不思議な兄ちゃん

どっちが好み?

686 :名無しになりきれ:2005/09/05(月) 15:34:18
記憶喪失の人なら頼りないと思われw

687 :名無しになりきれ:2005/09/05(月) 21:56:46
ろーしぇんなは いんたいか?

688 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 00:32:59
万能薬で思い出したが……以前、僧侶リフが変身(?)した、きず薬が
机の引き出しに入れたままになっているが…腐ったりしていないかな?
とはいえ…使うのもかなり勇気がいるが…。

>680
苦いのは嫌いじゃないが…このお茶は……何というか…飲んだ瞬間に
泣きたくなるよ…。君…これを普段から飲んでいるのか?すごいな。
……!クリスも涙を浮かべて倒れて…。大丈夫か?…ああ、良かった…。
はは…どうも。はぁ、紅茶とは、こんなに美味しい飲み物だったとはね。

――自分の能力の範囲内で魔力がアップするのかな?
でなければ、それこそ魔法の薬、だね。

ああそうだ、前から思っていたんだが、私のことはニキータと呼び捨てで
構わないよ。はは…今さらすぎて、かえって呼びにくいか…。

……うん?魔力が上がったせいかな?急に…ランプに火を灯したように
記憶の中に浮かび上がってきたよ―――悪夢の…炎の魔法だ………。
ああ、これは…誰かが言っていた、草木も生えない焦土へと全てを
焼いてしまうアレだな…。―――これは…使わないでおく。

689 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 00:35:48
>681
そのナイフがそんなに似合う女性はなかなかいないと思うよ。
格好いいね。ますます男の子らしく……ああ、いや…何でもない。はは。
ペンダントも似合ってるよ、可愛いな。赤い石は魔除けによく使われるが
――そうそう、アモンの中には…それはそれは性質の悪い悪霊もいるからね…
夜中にドアを2回…間をあけて1回…そしてまた2回叩く音がしたら
絶対に開けてはいけないよ……。

…まぁ、悪霊でなくても夜中にドアを開けるのは厳禁だね。
女の子1人で暮しているなんて、心配だな…。あとでヴィーチャの羽根を
貰っておこう。…とても役に立つよ。なにかあったら小さなファイアーバードが
君を守ってくれるし、私にも知らせが来るからね。

君のお父さんは素敵なハンターだ。狙った本も見事、手に入れた上に
悪魔も倒すなんてね。…悪魔の骨のような物は使う者によっては、少々危ない
ことになりかねないんだ。記憶喪失で…自分の事を把握してないから、私は
自粛するよ。骨が苦手な訳では……ないよ。…ゴホン。

クリス…想像してみたが…君は…骨付き肉をガブリとやってる姿がとても
似合うね。

690 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 00:38:17
>682
ここの酒瓶の巣でしばらく暮したいくらいだな…。この梅酒のブランデー漬け
…10年物だ。勝手に味見させて貰おう。……!ははっ!素晴らしいね…!!

うん?手紙をみてへこんだ顔をしているが……どれどれ?
はははっ! ……ちゃんとしたのもあったかい?良かった。
―――アデリンちゃん?…ちゃん?うちの家主と同じ名前だが…“ちゃん”と
いう柄では ま っ た く ないが…。
君のお父さんがよっぽど豪胆で骨太な性格なのか……もしくは彼女が
なにか胡散臭い魔法でも使ってたのか……?

エ…ロ本とは…そうだな……、うん?……エロという字をずっと見ていると
工事現場のイメージが浮かぶな。工具と角材が置いてあるように見えるよ。
男の本な感じだね。

КЛИС…そうそう、よく書けたね。よしよし。
料理の本なら私も使った「簡単・男の料理」がいいんじゃないかな?
ピーマンとハムを塩胡椒で炒める……鍋に野菜と鳥肉を入れて水炊き……
いや…馬鹿にしている訳では…決して…。

691 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 00:42:33
>686
………!!
私の事なら…まぁ…そうだね。私もそう思うよ。ははは………は………。
しょっぱいながらも、地味に真面目だから…まぁ、安心感はあるかも
しれないな……だから酒場でよく、派手めの女性から声をかけられるが
呆れたように去られてしまうんだろう。ぐいぐいと引っぱっていくワイルドで
危険な男に……は、なれそうもないが、まぁいい。話もそれたよ。
頼りがいのある男には頑張れば…なれる可能性はあるね。多分。ふむ……。

>687
ろーしぇんなは  まほうのしゅぎょうをがんばっていて
るすにしているんだよ はやくかのじょのかおが
みられるといいね 


ではまた。


692 :名無しになりきれ:2005/09/06(火) 04:47:02
今日は誕生日やねん

693 :名無しになりきれ:2005/09/06(火) 05:08:18
>692
おめでとう!

694 :マルク:2005/09/06(火) 20:49:49
>685
その、二人…
なんだかもの凄く心当たりがあるね…
好みって…クリスに聞いても面白いお返事がくるだろうな

>686
そんなことないと思いますよ
ちゃんと魔法は使えるんだし

>687
確か、剣の修行中かな?
私も負けないように修行しようか

>688
呼び捨て…ですか?
いえ、やはりニキータ殿の方が呼びやすいですね

この薬は、ソレイユ出身の魔術師なら
一度は飲みますよ
私も最初は、辛かったです
今は慣れてしまいましたけどね

能力の上昇には個人差がありますよ
普通に魔力が回復する人もいれば、
新たな能力に目覚める人もいます

…? 悪夢の炎…?
…使わないのですね…それがいいと思います

>692
誕生日、おめでとうございます
えっと、何も差し上げるものが無くて残念ですが…
何か占ってほしいときは、遠慮なくどうぞ

695 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 23:17:23
>692
語尾の「やねん」…て何かな?…誕生日です、ということかな?
それはめでたいやねんね。…使い方合ってるかい?
誰かに祝ってもらったのかな?
…と思ったら早速>693が祝ってくれたようだ。…私からもおめでとう。

>693
通りすがりに祝福を与えて去って行くとは…なかなか粋だね。
693にも良きことがあらんことを……と。
しかし…君たちすごい時間に元気だな。起きていたのか…起きたのか…
どちらにしても、だ。

しかし…人間から人間が出てくるというのも凄い話だね…。
馬からも馬が出てくるし………こ…怖い感じがするのは何だろうか…。

696 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/06(火) 23:18:43
>694
おや?…そうか。では今まで通りの呼び方で構わないよ。
殿…なんて丁寧に呼んでもらう柄ではないが…まぁ、君は誰に対しても
礼儀正しいしね。まぁ年下という事で―――ああ、実は最初、君は年上かと
思っていたのは内緒だ…はははっ。色々物知りで、落ち着いているしね。
よく顔を見たら確かに若いし…時々年相応な感じになるかな。…面白いよ。

そういえば、君のおかげで色々と思い出すことが出来たな…。
…魔法や過去の記憶、一部分でもとても大切な物を取り戻せた。
改めて礼を言わせて貰うよ。ありがとう。



さて…卵に霧吹きを…………!!!
――ヒビが…!!動いているよ…わっ………。…クリスを呼ばないと!
ナイフの石で知らせるとしよう…。

…少し自信がなかったが…爬虫類にヤマを張って良かった。
本で調べたのが当っているとすると…プチドラゴンだと思うが…。
鳥の卵として育てていたら、転卵して危うく殺してしまうところだったよ。
なかなか感慨深いね。

697 :クリス:2005/09/07(水) 21:32:29
ん……そこにいるの、誰?

……へ?…ダメ…だって…

もう…食べられない…

>684
……ふぇ?
…あ、俺…寝てた?……ふぁ…おはよー…

ん…飲む飲む…美味しいけどまだ舌が変かも…
…チーズ…まろやか…うま……ねむ…

へー…お風呂なら我慢できそう…

飲むのは…もうイヤ…ねむ…紅茶紅茶…

──ゴクッ

………!!!
間違えた!苦いー!



…目は覚めたけど…また寝るかも。

>685
答えたらどっちかくれるのー?
んー、難しい質問だねー。そんな人見たことないし…
どっちがおいしいだろーねー。味見すればわかると思うよー?

>686
記憶そーしつは頼りない味なの?
じゃあ不思議な方かなー。

>687
ふっふっふ!!われこそが しんのろーしぇんなだ!!
わたしの なかまになるなら せかいのはんぶんを おまえにくれてやろう!!
なに?いらないだと!!ばかにしている!!
ならば かかってくるがよい!!しんのゆうしゃよ!!

…え?大魔王ローシェンナごっこだよー。
ちゃんとしたローシェンナなら魔法のいちご剣士になる為に旅行中だよー?

698 :クリス:2005/09/07(水) 21:35:38
これがリフって人だった傷薬かー。勝手に使ったら失礼なのかなー。
……ツンツン……動かないねー。

>689-690
な、なんとなく怖いね!
うん!絶対に三三七拍子でドア叩かれても開けないよー!

俺は強盗ぐらいなら平気だよー?
強盗を追っ払ったことだってあるんだからー!
…で、ファイヤーバードは悪霊も追っ払えるのかな?

へー、悪魔の骨って危ないのかー。
使い方わかんないけど持ってるだけじゃダメなの?

骨付き肉が似合うのはハンターの特権だ!って親父が言ってたよー♪
来年のベストホネツキストを狙ってみよーかなー?
…え?知らないの?

ニキタンお酒に見とれてる…
一緒にお酒に漬かってしまいそーなぐらいお酒に張りついてるねー。
ニキタン酒…作ってみようかなー?

アデリンちゃん…たしかニキタンの…
…母親?ご主人様?雇い主?女房?…
…みたいな人かな?
んー、一生懸命に口説こうとしてたみたいだけどフられたのかなー。
てゆーか…アデリンちゃんってどんな人?

どれどれー、その本見せてー?
…ダッチオーブンで作るローストチキンとか美味しそうだねー。
鯛の塩釜焼き…?しょっぱくないのかなー。
よし!まずは材料調達だ!

699 :クリス:2005/09/07(水) 21:39:38
>692
1日遅れたけどおめでとー♪
じゃあ……コレあげるー!
コレはね!伝説のエロ本っていってね!工事現場の男の本だよ!
それともブーツの方がよかった?

…今更だけど、>692の誕生日って意味だよね?

>693
おー、スゴい早くにお祝いしたねー。
誕生日の人も嬉しいだろーね!



さて、大漁大漁♪帰ろっかなー?
あ、ナイフ光ってるー。
…リフを突っついて遊んだのがバレたとかかな…。
もしそうだったらリフがチクったんだろーなー。
とりあえず行ってみよー。

ニキターン、呼ん…
───!!
えぇ!?卵が動いてる!?出てきそうだよー!
わっ!えーと!ヒッヒッフーって呼吸しなきゃいけないんだっけ!
あ!顔出てきた!
タオルタオル!それとお湯も!

…あれ?鳥じゃない?トカゲでもない?…てゆーかドラゴン?
あ、鳴き声かわいー。猫みたい♪
エサあげなきゃ、なにがいーのかな?
ちょうど狩ってた鳥肉と魚ならあるけど…。

さっそく名前つけなきゃねー。
んー、オスならタマかセーレでー…
メスならグバグバかトロナ!
…どう?

700 :ローシェンナ:2005/09/08(木) 00:34:58
・・・リリス、見て!・・・満開の桜の木・・・!お屋敷の前に・・・一体どうして・・・?

・・わあ・・いい匂い。それにこの木、ふんわりと温かいのね。
・・・ふふ、秋の虫の声を聴きながら夜桜を眺めているなんて、なんだか不思議ね。でも、とても心地いい・・・。

・・ニキータさんや、マルクさん、クリス・・・それから黒に会うのは久しぶりで・・・何だかすこし、恥ずかしいな。
もう少し、このまま・・座っていてもいいかしら・・・?・・・ん・・・・ふあ・・・少しだけ・・・もう少しだけね。
・・・・リリス、夜が・・明けたら、皆さんのところへ行くから・・、お日様が昇ったら、起こして・・・ね・・・?・・・・・・

701 :名無しになりきれ:2005/09/08(木) 20:46:52
ニキータさ〜ん 郵便で〜す


「情報求む!」

 最近、帝国領空に突如現れた未確認生物についての情報を広く募集する。
 未確認生物01号
 ・黒い大きな体
 ・4枚の翼

 なお、現在までに人を襲ったなどの報告はされていないが
 国民の皆は十分に注意願いたい。

「参加者募集!」
 未確認生物の出現に伴い、我が国では腕に覚えのある者に
 01討伐隊への参加をお願いしたい。
 参加したした者には報奨金を支払いする。
 参加希望者は帝国政府・討伐隊志願所まで。

702 :マルク:2005/09/08(木) 22:02:44
朝夕は涼しくなったけど、まだまだ日中は暑いね
気温の変化で体を壊さないように

>696
いえ、お役に立てたようで何よりです

確かに、私には若さが欠けているかもしれませんね…

私がいろいろな知識をもっているのは
司祭様に教えて頂いたからなのですよ
ソレイユの司祭様はみんな物知りなんです

おや?…卵が…
ドラゴンの子供…ですね
ニキータ殿が、お父さんなのかな

>697
ああ、また飲んじゃった…
目が覚めたかい?

じゃあ、この薬を入浴剤に調合しなおすよ
ちょっと待ってね

… … … できた!
皮膚から直接薬効を吸収できるから
疲れた時は、ゆっくり浸かってみてね

でも…こんなに魔力を得て、クリスは何とも無いのかな?

703 :マルク:2005/09/08(木) 22:06:19
>700
あれ…?あそこで寝ているのは…

…! ローシェンナ…?

…脈拍・呼吸・その他異常無し…
ふぅ…どうやら眠っているだけのようだ
ここじゃ風邪ひいちゃうから屋敷まで運ぼう

よいしょ…っと、これでよし
シルフ、朝まで付いててあげてね
あ、そうだ…

「ローシェンナへ

 氷夜草を使ったアイスパウダーの作り方
 氷夜草を出来るだけ細かく磨り潰して、粉の核となる
 砂糖か、お塩を入れて篩いにかければ出来上がりだよ」

シルフ、このメモを渡しておいて

おやすみなさい、ローシェンナ…


さて、占い小屋に帰ろうミスト
夜の空は気持ち良いよ

704 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/09(金) 09:58:04
たまにはこんな時間に出没してみたり…今、すこし忙しくてね。


>698
強盗を追っ…払った……?
………すまない、少し目眩が…。強盗に襲われたことがあるのか?
心配で心臓が痛くなったよ…。このお守りを渡しておくから、危ない時には
紐をちぎるんだ。…無理はしないように。ああ…頭も痛くなってきた…。

ファイア−バードは悪霊も追い払えるが…羽根だと何ぶん本体ではないしね。
でも時間稼ぎにはなるから、そのうち私とヴィーチャが飛んでくるから大丈夫。

悪魔の骨は…持ってても効力はありそうだが…あまり素人は手を出さない方が
いいんだ。君は人間だしね……人間のように思えるが…うん、人間だろう…な?

ん?私の酒かい?
…風呂いっぱいに注いだ酒に漬かっているのを想像したが、なかなか素敵だな。
でも私の汗や涎や……きっとおしっこも中でするだろうし…おならも絶対するよ。
―――ははっ!そんな酒は飲みたくないね。

アデリンは…最初は通りすがりの命の恩人兼家主だと思っていたが…どうやら
父の友人でかつて私とも面識があり…私の記憶喪失に密に関係があるみたいだ。
旧帝国にいて魔法省長も務めていたこともある、と「ニギータ」メモにあるよ。
まぁ「ちょっと怖い知り合いのおばちゃん」といった感じだが…これは内緒だ。
美人だが性格がキツ…強いので、大抵の男はやっつけらてしまいそうだ。
…優しいところもある気がするが……多分。あとは……面食いだな。

ダッチオーブンに目をつけるとは、やはり君はアウトドア派だね。
…では、たき火を焚いて、夜に…みんなで今度食事をしよう。
たき火を囲むのはとても安らいで幸せな気分になるよ。…今は少し暑いかな?

705 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/09(金) 09:58:49
>699
良かった…来てくれたね、クリス。間に合った…ほら…もう出てくるよ。
ん?その呼吸は何かな?私もやってみようか…何かのまじないかい?
―――いや、お湯はいらないだろう、はは…落ち着いて。

おや…?小さいが羽がついてるね!本物のプチドラゴンじゃないか…?
私が思ってたのは…大トカゲの方だったんだが…驚いたな……。
そのうちきっと、炎を吐くよ。本によると、3〜5メートルくらいに
なるらしい…。人にもよく慣れる…か。良かったね。尻尾の感じからすると
女の子かな?……名前は……トロナの方が素敵な気がするよ。ははっ。

君が育てるかい?君を親だと思っているようだ。ヒッヒッフーと変な呼吸を
していたせいだよ…きっと。

706 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/09(金) 10:01:47
>700
夜中の散歩も愉しかったな、黒…。君と話をしながらだと飽きないよ。

―――?
家に一目散に向かって……何だい?そんなに帰りたかったのか?変だな…

!……ローシェンナ?…だ…大丈夫なのか?何でこんなところに寝て…?
―――はは…しかし気持ち良さそうだ。不思議な帰還だね。はは…。
やぁ、こんばんは。シルフ。…ふむ、成る程…とにかく中へお入り。

では、…起こさないように……そっと…彼女のベッドに運ぶとしよう。
黒も一緒に布団に入れてもらうって?ははは。猫はいいね。


ああ、もう行かないと…ここで失礼させて貰うかな。ではまた。

707 :名無しになりきれ:2005/09/10(土) 00:37:52
ろーしぇんなの すかーとめくり!

708 :ローシェンナ:2005/09/10(土) 03:40:16
・・ん・・・、・・・・・?・・・ここ・・・・・?
・・・たしか昨日は・・桜の木の下で眠ってしまって・・・一度お屋敷で目覚めて、マルクさんからのお手紙を読んで・・・
はやくニキータさんにお会いしたくて、もう一度お外へ出て、桜の・・・

・・・ふふっ、2回もお外で眠ってしまうなんて、旅の癖がついてしまったのかしら?
おはよう、黒。あなたは今日も早起きさんなのね。

>706
ニキータさん、おはよう御座います。・・あの、もう少しで朝ごはんが出来上がりますので、お椅子に座って待っていてくださいね。
それから、昨夜は有難うございました。わたしったら、すっかり眠ってしまって・・・

・・・ふふっ。ニキータさんとお話をするのも、とても久しぶりですね。なんだか嬉しいな。
・・あら・・?棚の調味料がひとつ・・『ナツメッグ』が増えてるわ。・・んっ・・と・・、そうだわ、おやつにパンプキンプリンを召し上がってくださいな。このナツメッグをつかって、とびきり美味しいものをつくります。
長い間キッチンに立ってお料理をしていなかったので、つくりたいものがたくさんあって・・。ふふっ。これから2週間は、お料理のメニューに悩むことなくお買い物が出来そうです。

・・そうだわ、ニキータさん。お屋敷の前に桜の木が立っていたの。ほんとうよ。わたし、その木に寄りかかって眠って・・・・。・・でも、こんな季節に満開の桜なんて・・・やっぱりあれは、夢だったのかしら・・・?

709 :ローシェンナ:2005/09/10(土) 03:43:43
>703
お久しぶりです、マルクさん。あの、昨夜は有難うございました。私のことをお屋敷まで運んでくださったのは、マルクさんでしょう・・?
・・ふふっ。このお手紙で、すぐに分かりました。アイスパウダーの作り方・・有難う御座います。まだまだ暑い日がつづくので、さっそく作ってみますね。きっとニキータさんに喜んでいただけると思います。

それから、その・・・。・・いま、アデリン様やガルフさんが何処へいらっしゃるのか、占っていただけませんか・・・?
実は、当初はガルフさんについて修行の旅をする予定だったのですが、急なご用事が出来たとの事で、ただひとつちいさな通信機を手渡されて・・・
・・その時に、ガルフさんと一緒におとなの黒猫がいたのですが、あの香水の匂いは・・・間違いなく、アデリン様でした。私に気付かれたくなかったのでしょうか。でも、変身をしてまで、どうして・・・。
旅が終わるまでは通信機を通してガルフさんとお話しができたのですが、修行終了のご報告をさせていただいたと同時に音信が途絶えてしまいました。
・・・わたし、心配で・・・。お二人はやはり、エドンシェリクを目指しているのでしょうか・・・?

>707
きゃあ・・・っ・・!!
・・・あ、あの、大きな声を出してごめんなさい。驚いてしまって・・・。・・・!・・・・これは・・違うんです、いつもはもう少し大人びた・・・・
・・・み・・っ・・・見なかったことにしてくださいね?

710 :マルク:2005/09/10(土) 23:32:18
>709
やあ、お帰りローシェンナ
また君の顔が見られて嬉しいよ

アデリン様と、ガルフ殿の行方か…
じゃあ、占いよりも正確な時空魔法を使おう

…「千里眼の陣!」

…二人がいる …あれ?どこだろう、ここは…?
見たこともない街…エドンシェリク?
いや、違うな…あの島は嵐に包まれて入れなかったから…
また別の魔法都市か…?そんなはずは…

ローシェンナ、その通信機ちょっと借りていいかな?
…この物体が放った電波の流れを読み、更に時間を遡る
かなり魔力を使いそうだけど…
… … …よし、見えた…
この屋敷から、ずっと北に…一本の大きな木の根のところ
穴が…開いて…別の場所へ…
…ここで通信が途切れたか…

ふぅ…疲れちゃった…

恐らく、例の島へ渡るための魔法を探しに行ったのだろう
海の嵐を鎮められるのは、特別な時空魔法だけらしいからね

711 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 15:15:39
旅のものだが・・・・少し休ませてくれないか・・。
すぐ行くと町が・・・? いや、宿は必要ないんだ・・。
この近辺の情報を教えてもくれないだろうか。帝国領はどちら側に?大帝都はどちらだろうか。
この先の気候も・・・大雪が来るとかなら少しでも先を急ぐし・・。すぐにでも嵐が来るなら、町で宿を探そう。
すごし易いなら、この先も心持ち楽なのでね。

712 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/11(日) 22:45:55
廊下に置いてある長イスに、アイスパウダーをかけてもらったんだが…
最高だな!涼しくて気持ちいいね。ローシェンナとマルクに感謝…だ。
これ、売ったら大儲けじゃないのかな?

>701
やぁ!郵便屋さんどうも!
どれどれ……この未確認生物は……なんだか聞いたことあるね。
私の召喚獣という話のアレでなければ…他にもその飛竜はいるのかな?
迷い竜であれば…そっとしてあげられたら…とは思うけれどね。

討伐隊か…帝国には私は顔が割れているようだからな…参加するとすれば
飛んで火にいるナントカ…だね。掴まってしまうのは私だろうな…。
こんな時の為の変身…かな?また女性にでも変身………ふむ…悩ましいね。
マルクはどうかな?…それと…クリスに見つかる前に…この手紙は焼いてしまおう。
彼女には…恨まれても、危険な目にあわす訳にはいかないからね。彼女が見たら
絶対参加すると言ってきかない筈だ…。

713 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/11(日) 22:49:11
>702
はは…ドラゴンはまぁ…私が卵を毎日手をかけて育てたが、産まれて最初に
見たのがクリスだからね…、彼女を親だと思っていると思うよ。
彼女が育ててくれたら私も…安心だが、まぁ…私が育てても彼女の友達になって
くれればいいかな…と思うよ。つまり……この森で彼女を守ってくれる存在に
なってくれると思うからね。

そうだ…マルク、未確認生物の討伐隊への募集の手紙が来ていたが
君はどうだい?帝国政府管轄の仕事だけどね…。

>707
はは…何で子供はスカートめくりが愉しいんだろうな。
大人と違ってスカートの中が見たいというより、めくった時に軽く怒られるのが
愉しいんだろうな。普段と違う女の子の表情が見られるからね…。
子供がやる分には…女性も大目に見て欲しいかな…。悪気はないんだ。

…ん?イチゴがなんとか??ってなんの事かな?もしかして……。

>708
おはよう…ローシェンナ、君…もう起きたのかい?早いな…ふぁぁ〜〜。
…おっと、失礼。朝食を早速作ってくれているのか…悪いね。コーヒーくらいなら
私が入れるよ。君は紅茶の方がいいかな?…おやつ?パンプキンプリン?
凄いな、楽しみだね!恥ずかしいんだが…私は甘い物が好きなんだ。ははっ。
また君の美味しい料理が食べられるのは嬉しいね。
それと…あとで君の修行の成果を見せてもらおうかな?剣を交えてみよう。

桜の木は…マルクが君から貰ったストスト…じゃない、ストレートスポットで
つくり出したんだ。あの素晴らしい桜の木を君の為にね。おっと、彼には内緒だ。
君がそんなに喜んでいる姿を見たら…彼もきっととても嬉しいはずだよ。
君が感動したのなら彼に…それを一杯話してあげるといい。

>711
やぁ…旅でお疲れの様だね、よければここで休んでいくといいよ。
ここ2ヶ月はいい気候が続くし、ここは田舎だから何も心配もいらないんだ。
帝都からは遠いよ。馬で1ヶ月近くはかかるだろう。
これから森も畑も実りの多い時期だから…旅を続けるならここで貯えていったら
どうかな?うちなら…幸い部屋も開いているしね。
村の中心まで馬で30分、その先の街までは半日、次の大きな街までなら1週間。
まぁ、本当に田舎なんだ、ここはね。はは。でもいいところなんだよ。

714 :クリス:2005/09/11(日) 23:20:19
>700
───フンフン
…!ローシェンナの匂いがする?

あ、帰ってたんだね!おかえりー!!(抱きつき)
むーん、ニキタンより柔らかーい♪

見て見て!ドラゴンが生まれたんだよ!名前はトロナ!
俺がパパなんだー!それでニキタンがママ!
ローシェンナもママになる?

そうだ!魔法のイチゴ剣士にはなれた?
なれたならイチゴ狩りに行かなきゃね!

…>707は何やってんの?
ローシェンナのスカートの中になんかあんの?
どれどれー(ガバッ)
…?パンツしかないよ?

>701
(少し前)
ニキターン、郵便屋さんが来てるよー。
なんの封筒だろ?ニキタン宛てだねー。

…なんだったー?ちょっと気になるー。
もしかしてラブレターだったり?

>702
これが苦いお茶のお風呂の素かー。…意外に匂いは悪くないね。
うん、今度使ってみる!でも体中が苦くなりそうだねー。

へ?俺なら何ともないよ?
これ飲み過ぎたら危ないの?だから苦いんだろうねー。
最初は涙出てきたもん。

マルクも見た?ドラゴン生まれたんだよ!!
マルクもママになる?いっぷたさい制なんだよ!
黒はお兄ちゃんかな?アデリンちゃんはおばーちゃん!クラインは叔父ちゃん!

715 :クリス:2005/09/11(日) 23:22:09
>704-705
うん、夜にカギ開けたままだったみたいで勝手に入ってきたんだー。
そんで「ボクー?殺されたくなかったらおとなしくしてようなー?」って。
強盗なうえに子供扱いまでするから怒って二人にパンチしたら……寝ちゃった。
んで、起きないから外に放り出してから寝たんだー。

…あれ?ニキタンどうしたの?どっか痛いの?
これお守り?ありがと!アマンダが来たら使うね!

この骨、持っててもいいけどやめた方がいい、ってことは
よくないことが起きるのかな?じゃあ置いとこー。
…え?人間だよ?人間以外に見える?
実は魚と猿のハーフだとか?

んー、それを聞くとニキタン酒は売れなさそうだなー。
新商品にはならないかー。

フンフン、なるほど。
アデリンちゃんはニキタンの元知り合いで美人の怖いおばちゃんかー。
なんとなく怪しげなシワシワのおばーちゃんを想像してた!
そして面食い……親父は何回も口説こうとしたみたいだけど…

ドラゴンってミャーって鳴くんだね!かわいー♪
俺が育てていいの!?じゃあ俺がパパでニキタンがママねー!
名前はトロナで決定!
トロナー♪ごはんだよー♪鳥肉と魚、どっちがいーい?

716 :クリス:2005/09/11(日) 23:39:07
>711
あ、お客さんだ。旅の人?
…へー、帝都に行くんだー。遠いから気をつけてね!
良かったら地図見てく?街道通ってれば迷わないけどねー。
あ、看板あるだろーけどこの森は入んない方がいーよ!近道にはなんないし。
歩いていくのは大変だけど頑張ってねー!



…んー、この長イス冷たい♪
黒…、もうちょっとそっち寄って。一人で場所占領しないでー。
…冷た♪

717 :ローシェンナ:2005/09/12(月) 02:08:24
>713
桜の木を・・・マルクさんが・・・?
・・・嬉しい!でも、どうして私が桜の花を好きだと分かったのかしら・・・?
・・・・!・・・ふふっ、マルクさんは・・・本当に優しい「占い師さん」ですね。
恥ずかしいので、マルクさんには内緒ですが・・マルクさんがお兄さんだったら・・・なんて、時々想像をしてしまうこともあるんですよ。

ふふっ。ニキータさんが甘いものをお好きだなんて、初めて知りました。お菓子を食べてもスマートなのは、男のひとの特権なのかしら・・・?
それでは今度、街で一番美味しいケーキをお土産に致しますね。ブルーベリーやクランベリーがいっぱいの、お店でも一番人気のケーキなんですよ。
それから、お菓子の本も。ニキータさんに・・・・、・・・!・・ええ・・と・・その、皆さんに『美味しい』と言って召し上がっていただけることが、わたしも本当に嬉しいです。

剣を・・・ニキータさんと・・・?
わあ、嬉しい!修行に合格することができたので、どなたかにお手合わせ願いたいなと思っていたんです。
・・ふふ、「魔法のイチゴ剣士」、第一回目の勝負ですね。・・いちご・・・。・・あっ、あの、下着のことでは・・・・・ク、クリスがつけてくれた名前なんですよ。
そのことを旅先でお話ししたら、村の子供たちがお守りにとイチゴの手づくりキーホルダーを剣につけてくれました。・・・ねっ、可愛いでしょう?

718 :ローシェンナ:2005/09/12(月) 02:16:06
>710
あの、お椅子に・・・こちらへお掛けになってください。とても高度な魔術の様だったから・・・お疲れになったでしょう・・?
マルクさん、有難う御座います。いつもマルクさんに頼ってしまって・・・。本当に感謝しています。
アデリン様とガルフさんがご無事で安心致しました。しばらくお会いできないのは残念ですが、その事が分かっただけでも・・・
・・・!・・・でも、もしもお二人がエドンシェリクへ入ってしまわれたら・・・もう二度と・・お会いすることはできないのでしょうか・・・。

・・・マルクさん、お屋敷のお庭に、とても大きくて綺麗な桜の木が立っていたんですよ。わたし嬉しくて・・・。
春は短いけれど、桜の花を眺める事が出来るのはほんのひと時だけれど・・・わたしは昔から、桜の木が大好きなんです。
あの桜の木を抱いてみたら、とても温かくて・・・。きっと、あの木を立ててくださった方が・・・とてもお優しい方だったからですね、マルクさん。

>714
ふふっ、ただいまクリス。すぐにご挨拶へ行けなくてごめんなさい。
いま、わたしのところへ走って来る姿が黒にそっくりで・・・思わずぎゅっと抱きしめてしまったけれど、大丈夫?苦しくないかしら?

ドラゴン・・・?こんにちは、トロナちゃん。ふふ、私と少しだけお名前が似ているのね。これからどうぞよろしくね。
クリスがお父さん・・・?ニキータさんがお母さん・・・?・・ええと、もしかしたらトロナはニキータさんのおなかから生まれたの?
・・・・!まさか、修行の前に私が差し上げた魔法薬が・・・失敗作だったのかしら・・・・?

クリスあのね、私『魔法のイチゴ剣士』になれたの。クリスがたくさん応援してくれたおかげよ。本当にあり・・・・きゃあ・・・っ・・・・!

・・・・・!・・・ク、クリス、えっ・・・と・・ここにはなにもないのよ。
代わりにエプロンのポケットの中に手を入れてみてね。きっとクリスの好きなものが・・・・あっ・・その・・・ちがうの・・・クリス、良い子だから、スカートをもとに戻してから・・・ね?

719 :名無しになりきれ:2005/09/12(月) 12:46:38
恋についておしえて

720 :名無しになりきれ:2005/09/12(月) 13:43:52
私はニキタン酒欲しいな〜
ニキータは中でおしっこしないと思う
お酒が無駄になっちゃうからw
漬かりながら自分で飲んでる予感ww


721 :711旅人:2005/09/12(月) 15:43:21
親切にありがとう。ここは穏やかな気候なんだな・・・地図と一緒に覚えておくよ。
帝都からは1ヶ月か・・・順調に進めているようだ・・。
帝都に行くのではないのだがね。なぜ聞いたかは、まあ、いいじゃないか・・。
ニキータさん、クリスさん、ありがとう。それでは失礼する。


新帝国の巡視兵はおっかないから注意するんだよ。
もしかしたら村に来ることもあるかもしれない・・・それでは。。

722 :マルク:2005/09/12(月) 20:11:19
>713
討伐隊…ですか
…私の両親も十数年前、巨大トカゲ討伐に参加して
私の目の前で落命した…というのは、以前お話ししましたね
ですが大勢の為に、自ら進んで危険に立ち向かう…
それは私も同じ思いです
しかし相手が相手なので正面から挑むのは
良策とは言えません
もう少し情報を集め、様子を見ましょう

もし、あの「カオス」が召喚獣ならば
召喚した魔術師を倒さぬ限り、消える事は無いと思います
また、本物のドラゴンだったならば生身で当たるのは自殺行為です
こちらも奴と同等の召喚獣などで対抗するしかないでしょう

どちらにしろ、今のままでは勝ち目はありません

>714
私にはミストドラゴンの「ミスト」がいるし
ママにはならないでおくよ

あの薬は、飲みすぎても平気だよ
私達魔法使いには、なくちゃならない
大切な魔力を回復させてくれるものだから

…もうちょっと飲みやすいように改良しようかな…?

723 :マルク:2005/09/12(月) 20:13:52
>718
ありがとう、私は大丈夫だよ

あ…あの桜…
そ、そんなに優しい人が植えたのかな?
私にはよくわからないけど…
…きっと、桜の木を植えた人はローシェンナをイメージしていたんだよ
私も、君にはぴったりの花だと思うし…ね

あの二人がエドンシェリクで何をしようとしているのか
それは、いまだにわからない
けれど…もう一度会いたいと強く願えば…
きっと叶う
魔法の強さは、心の強さ…
今度は君が奇跡を起こす番だよ
魔法使い、ローシェンナ

>719
わかった、ちょっと待っててね
え〜っと…恋、恋…っと

…う〜ん、ソレイユの魔道書には「恋」なんて載ってないなぁ
ソレイユには無い魔法なのかな?
それとも調合表に載ってるかなぁ
…それも無いね

ここじゃ資料が足りないか
ニキータどの〜 ちょっと書斎を借りますよ〜

よし、ここなら見つかるかもね
徹底的に探すよ!

… … …ふぁ〜…あふ

… … … すぅ…すぅ…

724 :名無しになりきれ:2005/09/12(月) 22:09:10
ちょ、マルたん
それ魔法ちがっ・・・

725 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/13(火) 04:02:03
>714-715
君がパパで私がママなのか?それは普通逆……ああそうか、育ててくれるのは
君の場合…パパ、なんだな。君のお父さんも1夫多妻制だったのかい?
では、モテモテだったんだろうな。羨ましい気もするが、何となく大変そうだ。

アデリンはおばーちゃん……
おっと、本人の前でそれを言ってはいけないよ。
にっこり笑って頬をぎゅーとつねられると思う…。彼女の爪は長いから
きっととても痛いと思うよ…。というか経験者として言わせてもらうと痛すぎだ。

何の手紙かって?それは……そう!その通り…ラブレターだよ。はは……は…?
思いきり疑っているね…。まぁ…そうさ、なんて言うか……つまり、
ダイレクトメールってやつさ。いや、寂しくなどないよ…では燃やすとするか。

強盗にパンチ?眠らせた?―――君を子供扱いするのはやめておこう…。
はは…。でもちゃんと用心するんだよ。君はそのうち男の子ではなく
女性として強盗の目に映るようになるだろうし…危険も増えるだろうしね…。
早くトロナが大きくなって君を守ってくれるといいが…心配で何というか…

トロナは君がいないと、探して「ミャー!」とうるさく鳴くよ。暇があったら
しばらく傍で過ごしてあげてくれるかな?
完璧に君が親だと思っているようだよ。おいしいごはんもくれるしね。
……そうだね、君は人間だが…竜の子みたいに元気だな、ははっ。

726 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/13(火) 04:03:31
>717
マルクは…そうだな、一見クールで堅い感じだが…優しい人だね。
お兄さんだったら…?いや…彼はきっと兄と言われるよりも……その、ああ…
何でもない。君がそんな風に思っていると知ったら喜ぶと思うよ。

そうかい?…甘いものが好きと言うのもなかなか…恥ずかしい感じがしてね
君への土産のチョコを買って来た時も、こっそりローブの袖の下に
自分用を隠し持っていたしね。ははっ。君が出してくれたデザートも残さず
平らげていた筈だよ。幸い今は…肉になってはいないが…将来危ないかも
しれないな…。君の作ってくれるお菓子は楽しみだ。太っても構わないよ。

剣を交えて…とは言ったが、私はまったく腕に覚えがないんだ。
クリスやマルクの方がずっと強いだろうな…。
でも、君の頑張った……修行の成果を見てみたくてね。
では私はこの…自作の長めのナイフを使う。2刀流でいってみるか。
君の剣は…ははっ!可愛いな。だが……油断禁物だね。

…いざ勝負。「魔法のイチゴ剣士」―――はははっ!君にぴったりだね。
君の剣の前に倒れる記念すべき1番目の相手になりそうだが…なかなか光栄だね。

727 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/13(火) 04:05:33
>719
…29の男が「恋」という言葉を口にするのは何だか…気恥ずかしいね
ローシェンナあたりなら…きっと共感出来る話をしてくれるかもしれないな。
まぁ、恋に落ちると頭から変な物質が出て、自分自身をコントロールしようと
するが、それに飲み込まれまいとする理性的な自分が絶えず戦う…ような事が
起こる感じだね。恋とは…自分を変にさせる魔法のようだな。
大人になると、変にでもならないと出来ないこともあるしね…。
私のような自制の強いタイプは特にそうかもしれないな。

>720
君は…なかなか鋭いな…。その通りだ。つまり…酒を無駄にするなんて
私のポリシーに反するからね。酒だけでなく食べ物を粗末にしたら罰があたるよ。
しかし…飲んだくれのイメージが強いのかな?はは………。酒は好きだが
そんなには飲んでないよ。君も私の酒などよりこっちの方がいいと思う。
シドミ酒だ。甘くて美味しいから君にあげよう。

>721
何だ…もう行ってしまうんだな。帝国と反対方面へ旅しているのか。
次の村までは6日くらいかかるよ。そこも小さな村だ。
これ…干し肉とワインとパンと…木の実にチーズ…クッキーとイチジクだ。
持って行くといい。何もない道のりだからね…。

忠告をありがとう。彼らは既に来てるよ…。また来るのかな?
事情は分からないが、君の事は内緒にしておくよ。気をつけて。

728 :ニキータ ◆qAbb/.tim. :2005/09/13(火) 04:07:16
>722-723
そうだね、君の両親のことは頭に浮かんだが…だからこそ同じような道を
選ぶ気持ちもあるのではないかと思ってね…。
勝ち目はないか…。しかし討伐隊は動き始めているようだしね。大丈夫なのかな?
――召喚獣ならば召喚した魔術師を倒さぬ限り、消える事は無い――
そうなのか…。なかなか厄介だが、召喚されない限りは…問題はなさそうに
思えるが…そんな危険なものを召喚する魔術師とは一体どんな…。

…しかし強大な相手を思うと、少しわくわくしてしまうのは何というか…
仕方がないかな。倒す場面をあれこれ考えるとやはり…愉しいよ。
自分がやられることは全く考えないところが馬鹿っぽいが、そんなものだろうな。


うん?何か魔道書でも探しているのかい?…どうぞ、ごゆっくり。

―――とは言ったが、それにしても出てこないね…。どうかしたのかな?
マルク…?
はは、何だ寝ているのか。随分気持ち良さそうだから、少しこのままにして
おこうか。起きる頃には丁度夕食にいい頃だろう。ローシェンナに頼んで
チーズを使った料理でも作って貰うとしよう。

>724
ははっ、本当だ。恋は魔法ではないが…ある意味、魔法的ともいえるかな。
相手の意思をコントロールする魔法もあるしね…それなどは案外
近いものがあるかもしれない。
しかし…マルクは天然だな。はは…魔法の修行がよほど大きなウエイトを
占めていたのかな。

729 :名無しになりきれ:2005/09/13(火) 20:41:19
号外!ごうが〜い! ごうがいですよー!

「衝撃!討伐隊敗走!!」

 先日、未確認生物の討伐隊第一陣が結成され
 国民に見送られながら帝国北山へと向かった。
 隊の構成員は、名うての剣士・弓使い、魔法使いや手品師など
 およそ五十名程が集まった。
 隊は山中にて目標を発見、すぐさま攻撃を開始したが
 硬い皮膚は一切の攻撃を受け付けなかった。
 更に目標は長い尻尾を振り回して討伐隊を薙ぎ払い
 二十名が骨折などの重傷、十数名が軽傷を負った。
 これにより隊は総崩れとなり、事実上の敗走となった。
 隊の一員であった手品師の「コイーノ・マイヤヒ(34)」さんは
 「あんな化け物、見たことねえ!牛なんかキープしてる場合じゃねーよ!」
 と、現場の凄まじさを語ってくれた。


 広告:水虫にメガロロンA

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)