5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【第二十五次】スーパーロボット大戦【戦慄】

1 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/23(土) 22:44:43
1.なりきり、オリキャラなんでもOK
2.オリジナル以外で参加できる機体はバンプレオリジナル機体
3.荒らしは無視 関わり過ぎると追放します
4.最強厨は禁止(荒らしと同罪)
5.参加者はトリップを付ける事
6.新勢力の提案も可

志願書の書き方
・プロフィール
・機体名、性能
の記載を避難所に

纏めサイト
ttp://www.mtc.mediatti.net/mt1791107/index.html

避難所
ttp://yy14.kakiko.com/operationsrw/

前スレ
【第二十四次】スーパーロボット大戦【見切り】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1158244333/l50

2 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/23(土) 22:45:35
過去スレ

【第一次】スーパーロボット大戦【開戦】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1117111486/
【第2次】スーパーロボット対戦【回線】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1119535682/
【第三次】スーパーロボット大戦【覚醒】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1120051374/
【第四次】スーパーロボット大戦【加速】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1120727820/
【第五次】スーパーロボット大戦【戦慄】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1121421296/
【第六次】スーパーロボット大戦【熱血】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1121782520/
【第八次】スーパーロボット大戦【奇襲】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1122806693/
【第九次】スーパーロボット大戦【不屈】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1130423089/
【第九次】スーパーロボット大戦【再動】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1131214955/
【第十次】スーパーロボット大戦【突撃】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1131967517/
【第十二次】スーパーロボット大戦【信念】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1133363503/

3 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/23(土) 22:46:07
【第十二次】スーパーロボット大戦【信念】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1133363503/
【第十三次】スーパーロボット大戦【必中】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1136338077/l50
【第十四次】スーパーロボット大戦【士気】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1136976092/l50
【第十五次】スーパーロボット大戦【集中】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1138590631/
【第十六次】スーパーロボット大戦【祝福】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1141491346/
【第十七次】スーパーロボット大戦【信頼】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1142687339/
【第十八次】スーパーロボット大戦【感応】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1143987747/l50
【第十九次】スーパーロボット大戦【てかげん】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1146503169/l50
【第二十次】スーパーロボット大戦【気合】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1150209432/l50
【第二十一次】スーパーロボット大戦【鉄壁】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1154424191/
【第二十二次】スーパーロボット大戦【激励】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1156172906/l50
【第二十三次】スーパーロボット大戦【ひらめき】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1156956124/l50

4 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/23(土) 22:56:51
おつです

5 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/23(土) 22:58:56
>1
スレ立てお疲れ様

6 : ◆DZ3hgTBKaY :2006/09/23(土) 23:01:04
>>1
乙です

7 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/23(土) 23:01:41
>1
お疲れ様です。

8 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 00:39:00
>1
お疲れ様です

9 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/24(日) 01:28:39
>1
おつですね

10 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:31:07
雑談しようぜ

11 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/24(日) 01:32:27
前スレ>998
どうやらそのようですね。
情報収集メンバーが明らかでないので、とりあえず今日は出撃せずに落ちます。

12 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:32:30
再登場した矢車さんを見てバスケスを思い出したのは内緒だ

13 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:34:35
シライは謎に恋愛派生するのにミュレ子だけ恋愛派生ないって

14 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:35:39
サクラとアッシュもないぞ

15 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:37:23
マインがいないぞ

16 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:41:45
何語る?

17 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:42:32
なぜ三部ばかりが語られるのか

18 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 01:48:20
>17
最後まで行ったから

19 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 22:37:14
今晩は

20 : ◆avj18oEuhg :2006/09/24(日) 22:50:23
ミャーン「どうやら、今が仕掛け時のようだねぇ…。
お前ら、ロケットバズーカをお見舞いしたらそのままマシンガンで突撃!!
アタイも徹甲弾を射ったら突撃する!
さぁ、やっちまいな!!!」

〔崖からフングニル×6とフングニル(ミレイダ機)出現〕

兵士全員「おう!!」

〔使い捨てロケットバズーカで鮫肌を狙撃〕
ミレイダ「かかれ、野郎ども!」

〔フングニル全機、鮫肌に接近〕

21 : ◆DZ3hgTBKaY :2006/09/24(日) 22:56:04
すみません、明日が非常に早いので、今日は欠席させていただきます。
無視して進行させてしまってください。

22 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 22:56:30

CPU「廣田サン、レーダーは磁場か何かの影響で変になってるだけだよ
    故障はしてないけど、適合させなきゃおかしくなっちゃう」

廣田「・・・分かりました、自己修復は出来ますか?」

CPU「可能ですけど、時間を要しますよ?」

廣田「構いませんよ、ほっとくといけ・・・」

[バスーカが命中、揺れる]

廣田「・・・わ!被弾?耐久40%・・・完全に修復できてないのに!
・・・各機に通達、何者かによる砲撃を受けました!出られる機体から迎撃を御願いします!」

23 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/24(日) 23:03:17
こんばんは。
今日は参加できそうです。

24 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/24(日) 23:10:22
こんばんは。

>20
弥生「・・・・・!」

[コクピットに待機中に鮫肌が揺れる]

弥生「何かが当たったみたいね」

>22
[シュトゥルム出撃]

弥生「・・・・・美樹、動けるのならある程度の修復が終わるまでハーキュリーと一緒に離れて。
今ここで艦を失うわけにはいかないわ」

[そう言い残すとフングニルの編隊に突っ込む]
[リニアライフルを群れに向かって速射する]

25 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/24(日) 23:10:33
>22
レイン「攻撃されていると判断する。…出るわ」

[衝撃を受けたのを察知するとすぐにフランヴェルジュ鮫肌から出撃]

レイン「…物騒な話ね」

[鮫肌に群がる機動兵器群を確認]

26 : ◆avj18oEuhg :2006/09/24(日) 23:14:19
ジグルズ「変わった戦艦だな…。あれは、長老の言っていた異国の者なのか…?」

〔アンドヴァリナウトでの飛行中に鮫肌を発見する〕

ジグルズ「それに、ラウド国のフングニルが7機!
まさか、傷付いている異国の者を狙っているのか?
俺の嫌な予感はこのことだったのか…。
それならッ!!」

〔急降下して鮫肌に接近するフングニルに立ちはだかる〕

ジグルズ「卑怯な真似しか出来ないラウド国め!」

ミレイダ「あ…あれは魔導人形しゃないか……。なんでこんな時に現れたりするんだい!!」

〔徹甲弾をアンドヴァリナウトと鮫肌に向かって射つ〕

27 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 23:18:43
[弥生から連絡が来る]

>24
廣田「(・・・とは言っても浮いてるうちに狙われる可能性は高いが)
    本艦はこれより浮上を開始します。推進力が落ちているので
    時間はかかりますが・・・」

[砲門が開く]

廣田「レーダーの故障がこうも裏目に出たなんて・・・
    (お陰で戦況が飲み込めないな)、絞り込めるだけ、援護射・・・」

>26

[徹甲弾命中、更に大きく揺れる、耐久30%]

廣田「本格的に危ない・・・浮上、間に合えよ!」

28 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/24(日) 23:19:37
こんばんは

レヴィン「くっ、こんな時に襲撃か!」

[格納庫に置いてあったレイ・ランサーを起動させる]

レヴィン「レイ・ブレイドの予備パーツ用に持ってきたこいつで戦闘する羽目になるとはな……」

[レイ・ランサーで出撃]

29 :名無しになりきれ:2006/09/24(日) 23:26:33
そういやこやつもタチバナ並にキャラ多いな

30 : ◆avj18oEuhg :2006/09/24(日) 23:27:05
>>24
兵士B「やったなこのぉ!!」

〔フングニルB残りHP40%→マシンガンで反撃〕

兵士全員「あははは、まともに修理されてないで出撃してやんの。
これでも食らえ−!!」

〔手榴弾を各機に投げつける〕

ジグルズ「はっ!!」

〔手榴弾を回避〕

ジグルズ「それっ!!」

〔アクティブワイヤーでフングニルFを捕まえてワイヤーを引く〕

ジグルズ「おりゃ!!」

〔グラムソードでフングニルFを真二つに切断〕

兵士F「姉御ぉぉ!!」

ミレイダ「チッ、よくもアタイの部下を!!」

〔ミレイダ機接近〕

31 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/24(日) 23:27:45
こんばんは。

>>22
ギルト「まだ修理は終わってねぇんだろうが仕方ねぇか……
     オルトロスで出る……!」

【格納庫へ向かって走り出す】

>>27
【被弾の衝撃に艦が揺れると、格納庫内のオルトロスの目が光る】
【オルトロス自立起動。独りでに動き出し、ハッチをこじ開けようとしている】

ギルト「ちっ……来い!」

【格納庫に走りこむとオルトロスに向かって叫ぶ】
【応える様にオルトロスがコクピットハッチを開けて移動、ギルトが乗り込むのを待つ】

ギルト「お前は俺の道具だろうが。勝手な真似してるんじゃねぇよ……!」

オルトロス『…………』

【オルトロス出撃。修理が不完全なため、残HP50%】

32 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/24(日) 23:28:30
>26
>27
弥生「鮫肌に・・・・っ!」

[徹甲弾を止めようとするが、突っ込んでいたので間に合わず]

弥生「戦艦の装甲を・・・・これ、徹甲弾ね」

[鮫肌と敵機の間に機体を置く]

弥生「急いで、時間は何とか稼ぐから」

33 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/24(日) 23:29:47
こんばんは

ヘラクレス「こちらハーキュリー
       レーダーによる分析完了 各機体のレーダーに地形と敵影を表示する
       自分の場所から判断し各機防衛に当たれ」


【分析結果を各機体に送る】

ヘラクレス「私が鮫肌の前に出よう
        ある程度なら私が壁になる、それまでに体勢を立て直しここを離脱する」

>30
【とにかく無線で通信を送る】

ヘラクレス「こちらは地球連邦軍所属 ハーキュリー艦長ヘラクレスである
       こちらに敵意はない、今すぐ武装を解除して話し合いに応じてくれ、我々に敵意はない」

34 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/24(日) 23:35:22
>30
レイン「いきなり攻撃なんて野蛮な奴…ね」

[フェザー・スレイヴを上空から発射。鮫肌を狙うフングニル達を攻撃]

35 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/24(日) 23:36:01
ジグルズさんへ
戦闘後、ラウド国の兵とうちのキャラを接触させたいのですがいいでしょうか?

36 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 23:36:44
>28
廣田「御願いします少尉、・・・修理は急ぎますので」

[機影を目視、見送る]

>30
廣田「どうやら追撃はこないようだな・・・
    ・・・仲間割れか?なんだか見たこと無いのが・・・いる?」

>31
廣田「(オルトロスは完全じゃないが・・・まぁ彼の性格だ)」

>32
廣田「すいません・・・浮上確認、全砲門開け!]

[ハーキュリーを確認する]

>33
廣田「艦長・・・すいません、迎撃しか頭に無く・・・
    (いや、正当防衛だよね・・・ううむ)」

[鮫肌、浮上 耐久30% EN残量80%]



37 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/24(日) 23:37:31
>30
弥生(・・・・避けちゃだめね)

[機体を微妙に動かし、マシンガンの弾が致命傷にならないように受ける:残りHP65%]

弥生「手榴弾ね・・・・遅いわ」

[手榴弾はライトブレードで切り払う]
[リニアライフルを敵機に当てるのではなく、体勢を崩して時間を稼ぐように放つ]

>33
弥生「艦長、ハーキュリーも無傷ではないわ。
今ここで艦を失えば、どうしようもなくなる。
鮫肌が動いたら一緒に離脱して。時間は稼ぐわ」

38 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/24(日) 23:42:42
>>30
ギルト「甘いんだよ……!」

【着弾を待たずに投げられた手榴弾に全力接近、爆発前に蹴り返す】

ギルト「……こういうときは従うくせに、変なところで逆らいやがる。
     何がしたいんだかさっぱりわからねぇぜ……」

オルトロス『…………』

【沈黙を保つオルトロスに対して愚痴をこぼす】

>>33
ギルト「問答無用で襲い掛かってきた奴らが、んなもんに応じると思ってんのか?
     おめでたいAI様だな、てめぇはよ……! 鹵獲して洗いざらい吐いて貰えば
     いいだろうが、いいから下がってろ……!」

39 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/24(日) 23:44:27
>30
レヴィン「いきなり襲い掛かってくるとは、テロリストか山賊と同類って訳か!」

[空中からメガビームランチャーで牽制しマイクロミサイルランチャーとマシンキャノンで攻撃]

40 : ◆avj18oEuhg :2006/09/24(日) 23:49:54
>>33
ミレイダ「チキュウ?レンポウ?なんだいそりゃ!?
それは食べれるのかい?」

〔停戦に応じる気が全く無い〕

>>34
兵士「流石は異国の奴らだな…。」

〔フングニルA,C,D,Eの残りHP55%〕

>>35
OKです

>>37
兵士B「こ、こいつらは…!?」

〔フングニルB大破〕

>>39
兵士E「つ…強い…。」

〔フングニルE大破〕

ミレイダ「とっとと死になてんだよ!!」

〔アイアンナイフで斬りかかる〕

ジグルズ「その程度の技なら!!」

〔グラムソードで切り払い〕



41 : ◆avj18oEuhg :2006/09/24(日) 23:51:20
>>38
兵士D「異国の奴らなんかに…」

〔フングニルD大破〕

42 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/24(日) 23:55:11
>36
ヘラクレス「正当防衛での攻撃は許可する
        しかし、我々がすべき事は安全圏の確保だ
        無意味な戦闘は避けるべきだ、こちらかの攻撃はご法度だ
        向こう側の返答が返り次第次を考えよう、敵が攻撃をしかけてきたならここを離脱しよう」


>37
ヘラクレス「無論分かっている
       しかし、相手を迎撃すのはまだ早い、我々は不法入国をしているということを忘れるな
       向こう側の返答次第でここを離脱する、その時は護衛を頼む」

>38
ヘラクレス「それは認められない
       こちらからの攻撃は認めない、向こうがこちらの返答に対して
       攻撃を仕掛けてきた場合はハーキュリーと鮫肌の防衛に回れ、捕まえての拷問は軍機違反だ
       たとへ捕獲してもパイロットは解放する これは命令だ」

>40
ヘラクレス「停戦に応じる気はない
        ここを離脱する!敵を艦に近づけさせるな!」



43 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/24(日) 23:57:10
>40
レイン「ほら、ボーッとしていちゃダメよ」

[再びフェザー・スレイヴにて各機を襲撃させ、すかさず自らも飛び込みZ・Oサイズを振り回し全機を斬り付ける]

レイン「聞く気が無いんなら、痛い目を見てもらうしか無いから」

44 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/24(日) 23:57:28
>>40>>41
ギルト「……ふん。性能は良いとはいえねぇようだな……」

【そのままフングニルAに急速接近、着地と同時に腕を上方に振り上げる】

ギルト「生きてる奴は一人で十分だ……てめぇは燃えろ…!」

【腕の後を追う様に炎が吹き上がり、フングニルAに襲い掛かる】

>>42
ギルト「くだらねぇ。甘すぎるぜ……軍規だなんだと言ってられる状況かどうか
     判断もつけられねぇんじゃ、てめぇなんざ足枷にしかならねぇな……!」

45 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/24(日) 23:58:37

廣田「停戦に応じるつもりは無いの・・・
    く、戦いばかりだなんて(これだから大人は!)」

>42
廣田「(・・・心を読まれるなんて、そんなに焦ってたのか)
    鮫肌後退します。一応煙幕代わりにニードルを撒きます」

>40
[スキンニードルが当たらない程度に地上に炸裂する]

廣田「(どうしよう、ギルトさん達の言い分も正しいけど)
    (でも、ヘラクレス艦長は・・・ううう)」

[鮫肌、やや後退する。しかし目視は可能だ]

46 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 00:05:34
>40
弥生「・・・・・・」

[リニアライフルの照準を向けたまま待機する]

>42
弥生「・・・・わかったわ、迎撃はしない」

>45
弥生「迷ってる暇は無いのよ、急いで。
シュトゥルムも装甲が厚いわけじゃないから」

47 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 00:05:47
>>43,44
兵士A「聞いてねぇぞ…、こいつらにこんなパワーがぁ!!」

〔フングニルA大破〕

兵士C「あひゃー、はぁはぁはぁ」

〔かろうじて回避〕

兵士C「く…来るなぁぁぁ!」


ジグルズ「エイヤァァ!!」

〔グラムソードでミレイダ機の左腕を切断〕
ミレイダ「れ…レジスタンス風情が!!」

〔火炎放射機を乱射〕

ジグルズ「避けられない!」

〔残りHP79%〕

48 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 00:08:33
>>44
ヘラクレス「口答えはいい
       命令を守れ、命令違反は指揮を乱す、それ以外のことは目をつぶってやっているんだ
       指揮を乱すような勝手な行動は取るなよ、それこそ足枷だギルト少尉」

>45
ヘラクレス「こちらも後退する
       いざとなったら、二手に分散しよう・・・この辺りの地形の把握はできている
       合流ポイントはここだと覚えていてくれ マップを転送する」

【マップデータと合流ポイントを指示する】

ヘラクレス「ハーキュリー発進、この場を離脱する」

【鮫肌の後方に壁になるよう 鮫肌の後ろを追走する】

49 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 00:10:29
[戦況を見てリーダー機らしき機体に通信を入れる]

レヴィン「熱くなるのもいいけどさ、もうちょっと周りを見た方がいいんじゃないか?
いつの間にか戦力比が逆転してるぜ……って、聞いてないか」

[フングニルCには当てないようにメガビームランチャーを撃ちつつ]

レヴィン「ほらほら、逃げないと死ぬぜ」

50 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 00:18:23
>>49
兵士C「ぐひゃひゃ…」

〔フングニルC大破〕

ミレイダ「アタイの慢心が…引き起こしたってのかい!?」


ジグルズ「このぉ!!」

〔グラムソードで衝撃波を引き起こす〕

ミレイダ「レジスタンスの魔導人形め…。」

〔ミレイダ機残りHP71%〕

51 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 00:21:31
>>50
描写不足でしたね。フングニルCはアヒャって逃げようとして本来当てないはずだったビームに当たったということで

52 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 00:21:44
[かなり後退する]

廣田「艦長・・・停戦をする様子の無い機体が多いのですが
    このままでは収容すら難しくなります。
    幸い敵機の数は減っている様子です。
    ここは一旦戻るべきではないでしょうか?」

[不安になりながら質問]

53 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 00:21:51
>>48
ギルト「状況を見て言えって言ってんだよ……情報が圧倒的に
     不足してるこの状況で、手っ取り早く手に入れる方法が
     他にあるか? あるんだったら言ってみろ……
     あれば従ってやる。お前はガチガチに固まりすぎてんだよ。
     こういう状況では一番使えねぇぜ」

>>49>>50
ギルト「おいおい……あいつは遊んでたようにしか見えねぇってのに、
     直撃食らってるだと? いくらなんでも弱すぎるだろうが…」

54 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 00:24:47
>47
レイン「残すは1機みたいね」

>48
レイン(せめてあいつら1人は捕らえないとこのまま一生逃げ回るつもりかしら?…やっぱり…ポンコツなのかな?)

[一応は従う]

レイン「了解。今からハーキュリー、鮫肌の退路を保護するわ」

[離脱する2艦の護衛へ」

55 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 00:28:29
屁ロクレスカワイソス

56 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 00:29:02
>50
レヴィン「あっちゃー、やっちまった……」

[周囲を見て]

レヴィン(残ったのはあそこでタイマン張ってる異世界の方々だけか。直接的な脅威は排除したと考えてもいいな)
「よーし、こっちも長居は無用だとっとと逃げるぞ」

57 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 00:32:30
>50
弥生「・・・・・後、まともに動けるのはあの二機だけね」

[戦っている未確認機の二機を見つめる]

>48
>52
弥生「・・・・そう思うのなら、みんなに合流位置を知らせておくべきね」

[ハーキュリー、鮫肌の後退とともに護衛しながら後退する]

58 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 00:32:50
【機械の人形が併走する】

アルディン「急ぐんだ、カオル。ラウドの兵が『客』を捕らえないと限らない。最悪、殺しているかもしれない」

カオル「センティコアはアルディンのリンドヴルムより速くないし、飛べないんだ」

アルディン「このまま置いていくよ! いいのか?」

カオル「賢者から言われただろ、離れるなって」

【舌打ちし、呟く】

アルディン「僕一人いれば充分なのに……」

【呟きを聞き流しながら、賢者の言葉を思い出す】

賢者(『門』を通って『客』が現れた。デ=ラルシア侯爵領とラウド国領の国境沿いである。
    ラウドより先に『客』と接触し、連行せよ)

【デ=ラルシア侯爵領はデ=ラルシア島とモノス半島の一部である】

カオル(客……僕と同じ世界の人間しか来ないというけれど……)

【先へ進む】

59 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 00:33:51
>52
ヘラクレス「ならばここで彼等の帰りを待つとしよう
        幸いまだ状況を把握できる距離だ、戦況を把握するならどうやら
        我々以外にも連中と戦ってくれているものがいる・・・理由は分からんが
        もしかしたら協力してくれるかもしれない

        接触してみようと思うがどうだ?」


>53
ヘラクレス「状況を判断していないのはお前だ
       お前は見知らぬ土地へ飛ばされいきなりの攻撃に会い混乱しているだけにすぎない
       恐怖しているのか?ギルト少尉?
       お前の言うやりかたは後に問題を生む、その場限りの情報収集にしかすぎない
       これから先のことを判断した上で道徳的に問題のある行為は認めない
       
       
       現在我々とは別に敵と戦っているものがいる
       その者と接触を計る それが情報に繋がると言う物だ 無意味な戦いや非道徳行為では
       協力者は現れてはくれないぞ」

60 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 00:36:03
ミレイダ「全くやってらんないねぇ!!
覚えておきな、異国人に…レジスタンス」

〔閃光手榴弾を投げて撤退〕

ジグルズ「くそっ…、逃げられたか…。」

〔ミレイダ機を逃す〕

ジグルズ「あとは…あの異国の連中とコンタクトをとるだけか…。」

〔猛スピードで鮫肌に接近しブリッジ前に着地〕

ジグルズ「俺の言葉が分かるか?俺は敵じゃない…。
戦う意志はない。ほら、この通りだ」

〔言語は何故か地球人にも通じる ジグルズはコックピットを開き姿を現す〕

61 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 00:36:20
>57
後者のセリフは、一応廣田さんに向けてですので。
分かり辛くて申し訳ないです。

62 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 00:38:15
>57 >59
廣田「・・・分かりました。
   先程頂いたマップデータを皆さんの機体に送信します。
   ・・・あ、データ、有難う御座いました。
   (・・・出来れば喧嘩も止めてほしいけど)」

[データが各機に送られていく、それには二艦の現在位置と周辺マップが映し出されている]

63 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 00:40:05
>61 了解です

>60
廣田「うん・・・高速接近する機体?うわぁ!
    あ・・・ア・・・ああ?人?戦う意志が無い・・・?」

[呆然としていて話にならない]

64 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 00:41:15
>60
ヘラクレス「おお!どうやらこちらを理解してくれているぞ」

>62
ヘラクレス「そちらで対応を頼む
       こちらも敵意がないことを示せば良い」

【ハーキュリー 武装を解除 しかしレーダーは張り巡らせ警戒は怠らない】

65 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 00:42:39
>>56
ギルト「……ふん。ならそいつに肩入れして、襲ってきた方を潰しちまえばいいだけだろうが。
     問題がありそうなら全員口封じしちまえばいい。ここで何があったかは漏れねぇだろうが?
     ……道徳だなんだって、くだらねぇんだよ」

【舌打ちし】

ギルト「無駄話してる間に逃げやがったが……もう一機に肩入れして
     潰しておけばよかったぜ。幸い、向こうの方は敵意がねぇようだしな」

【鮫肌に接近し、先頭意思が無い事を伝えている機体を見て】

ギルト「怖いか、とか言ってやがったが……ああ、怖いな。
     記憶も無いままくたばってたまるか……!」

【吐き捨てるとさっさと鮫肌に向かう】

66 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 00:45:01
>63
レイン「落ち着くといいわ廣田クン。
ねぇ、向こうは話が通じそうな人よ」

[落ち着かせる]

67 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 00:46:45
>60
弥生「・・・・・・接触しにいく必要は無いみたいね」

[鮫肌に急接近したアンドヴァリナウトを警戒しつつ、鮫肌に接近]

>63
>64
弥生「・・・・・・」

[廣田の困惑振りを見ても表情を変えず、押し黙っている]

68 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 00:48:07
>66
>64

[大きく深呼吸]

廣田「は、はい、私達は地球からやってきた・・・者です
    先程、あのよく分からない人たちに攻撃を受けて
    やむなく応戦をしてしまいました・・・兵力も、あります
    ですが、えっと、貴方と同じように敵意はありません
    むしろ、ここが何処なのかよく分からないので、色色と教えていただけるとうれしいのですが・・・
    あ、私は廣田美樹と申します。この艦の艦長をしています」

[と、息継ぎ無しで喋りだした]

69 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 00:51:48
>>68
ジグルズ「(チキュウ…?それが異国の名前なのか…。異国の連中は俺達の言語が通じるのみたいだな…。)
俺はさっきお前たちを襲った奴ら…ラウド国軍と戦っている者だ。俺達レジスタンスの中にお前たちに会いたがっている婆さんがいるんだ…。
その婆さんならきっと、お前たちが知りたいことを全部知ってると思う……。
どうするか?」

〔コックピットから身を乗り出したまましゃべる〕

70 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 00:54:43
>64
廣田「暫くお待ち下さい・・・
    艦長、どうやら情報が掴めそうです。
    ただ、すこし気になる点(会いたがっている)
    もありますが、ここは承諾しておくべきだと思います。
    よろしいでしょうか。私は賛成ですが。」

[少し嬉しそうになる、警戒0]

71 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 00:56:44
>69
レイン(…凄く胡散臭い。こんな美味い話に限ってあのガラクタが簡単に信じそうで恐いわ…)

[警戒を強める]

72 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 00:58:03
>70
ヘラクレス「廣田艦長 ここは彼の申し出に答えよう
       我々も彼等の代表と話をつけなくてはこの世界で安全圏の確保はできないだろう
       幸い、代表かどうかは分からないが、彼よりは立場が上の人間がいるようだ
       その者から取り次いでもらい我々の立場と経緯を伝えよう」

【廣田艦長に賛成する】

ヘラクレス「遅かれ早かれこういう事は必要だ 申し出を受け入れてこちらの意志を伝えよう
       それと失礼のないようにしなくては、とりあえず挨拶のしかたを聞くのも忘れないように
       文化の違いは誤解を受けやすい こちらの誠意を見せるんだ」

73 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 01:01:51
>72
廣田「(専門的だな・・・挨拶まで聞くんだ)
    分かりました。申し出を受け入れます。扉は叩かないと開きませんから・・・」

廣田「と、言うわけで皆様、我々はこの人に従って
    行動をしようと思います。あ・・・(汗が吹き出る)
    そ、そういえば、皆様は如何ですか?その、この方の意見に
    私は、今は藁にでもすがりたいと思っているんですけど・・・ははは」

[ついつい独断してしまい、汗が吹き出る]

74 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 01:02:52
>70
レヴィン(敵の敵は味方と言う訳か……信用できると解るまでは警戒はしておいた方がいいな)
「どちらにせよ、この世界の情報は必要だ。一度接触してみる必要はあるだろう」


75 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 01:06:55
>>69
ギルト(螺子がダース単位で抜けてんじゃねぇのか……!?
     こんな胡散臭い申し出に賛成するくらいなら、さっきの奴らを
     一匹捕獲したほうがマシだったぜ……!)

>>72
ギルト「……情報が不足しすぎてんだよ。罠の可能性考えてんのか?
     身一つで来いとか言われたら、お前どうするつもりだ?
     最低条件としては向こうがこっちに出向く事……
     それを飲ませないなら論外だ……怪しすぎんだよ」

76 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 01:08:00
>>69になってるのは>>72でした。申し訳ない。
まあ、心内なので特に影響ないのですが。

77 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 01:11:23
>75
ヘラクレス「残念ながらそれを判断するのは君ではない
       言っておくが我々全員が出向くわけではない、代表者を送る
       使者を派遣することでこちらが友好的だということを示さなくてはならない
        
       (ここからはギルトのみに極秘通信)

       こちらに招いていては小型核弾頭でも使われた日にはそれまでだ
       君も使者の中に入れる ボディーガードとして行くんだ くれぐれも死者だけにはなるなよ」

78 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 01:11:33
>68-70
弥生「・・・・・・」

[二人の会話から付いていくことになると判断し、鮫肌に着艦する]

>72
>73
弥生「・・・・いいわ、私に選択する権利なんて無いもの。
でも、警戒を解くのは早すぎね」

[そう返事してコクピットから降り、ブリッジへ]

79 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 01:14:55
>73
レイン(…初心者とポンコツは人を疑うコトを考えない綺麗な脳をしてるね。
でも、他に選択権は無さそう。…まぁ、いいか)

[実際あまり乗り気では無いが]

レイン「ええ。私は全体の決定には従うわ」

>75
レイン「不満でしょうけど仕方ないわ。
私も実際は嫌だしね。
常に警戒してかかりましょう」

80 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 01:15:37
[話を聞いている内に胃が痛くなる]

>72 >75

廣田「・・・(この二人?は会話させちゃ駄目だ・・・)
   いざとなったら私が一人で行きます。一応艦長・・・ですから」

>74 >78 >71
廣田「(賛成意見は出てるな、警戒はしているけど・・・)
    分かりました。従います。ただ一つ、我々はこの世界の事をよく知りません
    ですので・・・貴方を完全に信用できていない者もいます。
    その為・・・完全な武装解除には約束できないと言っておきます。


    それと・・・こちらでは挨拶はどのような言葉で交わしますか?」

81 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 01:15:41
>>58
この後はどうしますか?
レジスタンス基地に向かう前に鮫肌に出会いますか?

82 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 01:16:23
>71 ×
>79 ○

でした

83 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 01:26:42
>>77
ギルト「誰が中に入れるって言った? ……こっちは機体、向こうは生身。
     これでイーブンだろうが。これくらいの警戒は当然だと思うがな」

【代表の中に入れると言われ、あからさまに表情を歪める】

ギルト「ろくな壊れ方しねぇぞ、てめぇ……」

【通信遮断】


ギルト「ふざけやがって……」

オルトロス『…………!』

【ぼやくと、オルトロスが唸りを上げる】

ギルト「ああ? お前が守るとでも言うのかよ? ……しかし、何なんだ、お前?
     俺に逆らったかと思えば、今度は妙な真似しやがって……
     自律的に動けるのは分かったが……」

>>79
ギルト「当たり前だ。おめでたい脳してるのは、一人とガラクタ一つで
     十分だからな……。
     おまけにポンコツの野郎、護衛として俺も行けだとよ。
     ふざけやがって……近い内に処分したほうがいいぜ」

84 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 01:27:22
>>80
ジグルズ「分かった。一旦、そっちに行く。
変なそぶりをしたら、直ぐに殺してくれても構わない…。」

〔アンドヴァリナウトは着艦許可を求め、鮫肌格納庫に入る ジグルズは両手を頭の後ろで組み、ブリッジに入る〕

ジグルズ「チキュウの皆さん、俺はジグルズ…レジスタンスの一員で、あの魔導人形の操者だ。
会いたがっている婆さんはうちの代表もやっている。ちなみにお前たちの来訪も予言している…。」

「あと、挨拶はウォロハだ…。」

〔少しばかり民族的な衣装を着ている〕



85 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 01:31:42
>84
廣田「わぁ・・・結構不思議な格好をしているけど・・・
    よく見ると私たちとはあんまり変わらない・・・むしろいいお(ゴホゴホ)
    えっと、ウォロ・・・ハ、でよろしいですね。ははは」

[予言とか魔導と聞くと流石に胡散臭く感じる]

廣田「では、早速私たちが行くべき場所を提示してください
    そこに向かって行くつもりです・・・から。」

[モニターを指差す]

86 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 01:31:59
>>60
【ラウド兵を発見したアルディンが声をかける】

アルディン「あなたたちはラウドの方々ではありませんか?」

【不審げで、なおかつ苛立った様子の彼らに警戒しながら】

アルディン「僕らは十賢者に命じられてきました。『客』とは出会いましたか?」

87 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 01:33:02
>83
レイン「ふふふ。むしろ人格データの上書きとかしちゃったらおもしろいと思うわよ」

[冗談混じりに笑う]

レイン「…護衛か。
私も交渉の場に立ち合おうかな?」

88 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 01:33:13
>84
[アンドヴァリナウトに続いて着艦し、ジグルズと共にブリッジへ]

レヴィン「レジスタンスねぇ、てっきり俺はパトロール中のお巡りさんかなんかだと思ったんだが。
だって、あいつらどう見ても正規軍じゃなくて山賊辺りにしか見えなかったし」

89 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 01:37:16
>84
[ブリッジに着くと、先に民族衣装を着た少年がいた]

弥生「・・・・あなた、どうやってここに来たの?
艦内の構造を知ってるのかしら?」

[無表情でジグルズに淡々と述べると、歩を進める]

>88
弥生「・・・・レヴィンさんが案内したの?」

[レヴィンがいるのに気づき、質問する]

>85

弥生「・・・・・大分落ち着いたみたいね」

[廣田が何とか普通に喋っているのを聞いて、感想を漏らす]

90 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 01:38:00
>84
レイン(なかなか怪しい素振りを見せないわね?)

[ブリッジで口は挟まず会話を聞く。警戒は怠らない]

91 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 01:41:34
>>87
ギルト「ふん……それなら戦力も無駄にはならねぇか。
     ……隙を見てやっちまった方が良いだろうな」

【どう聞いても本気としか思えない口調で返し、鮫肌に着艦】

>>84
【ブリッジの隅からジグルドに視線を注ぎ続ける。
 警戒しているのは一目瞭然で分かる】

ギルト(とりあえず人間が居るって事は、飢え死にの心配はねぇな。
     後はここがどこなのかと、帰る方法か……)

92 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 01:42:40
>>85
ジグルズ「こっちだ。」

〔基地のポイントを指し、誘導をする〕

「(しかし…なんでこんなに俺に似ているんだチキュウの連中は?)」



>>86
ミレイダ「十賢者?アタイは知らないねぇ。
まぁ、アンタらがお探しの連中はあっちにいるさ。連中のせいでうちの小隊は壊滅したがねぇ。気を付けなさいな。」

93 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 01:46:25
>88
廣田「確かに、そうでしたね、
    攻撃も、ゲリラ的なものに依存していたような気がしますし
    それにしては戦力が豊富だったのは驚きましたが・・・機体が。」

>89
廣田「い、いつも三瀬さんに迷惑は掛けられないので・・・」

[少し恥ずかしそうに]

>92
廣田「分かりました。これより自動航行モードにはいります。
    それと・・・よろしく御願いします。ジグルズさん」


ここで落ちます。

94 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 01:47:18
>89
レヴィン「案内をしたのは艦長だな。俺はついて行っただけさ」

[弥生に近付き、廣田には聞こえないように呟く]

レヴィン「もう少し彼には疑うと言う事をして欲しいものだけどな……」


私も落ちます



95 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 01:48:19
今日は落ちます

96 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 01:56:37
>>92
カオル(なんかすっごい適当だな……)

アルディン「わかりました。ありがとう」

【殆ど無警戒に鮫肌へ近づいてゆくリンドヴルム】

今日は落ちます

97 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 02:01:46
>93
弥生「・・・・・別に迷惑じゃないわ」

[口調は相変わらず淡々としているが、口元が微かに動いて微笑と言えるか言えないか程度の表情をする]

弥生「私は嫌われなければそれでいいの」

[だがすぐにもとの表情へと戻る]

>94
弥生「でも、性格なんてそう簡単に変わるものじゃないわ。
・・・・・・地球に戻る頃には少しは変わってるんじゃないかしら」

[レヴィンの言葉に小さな声で返す]



では、私もここで落ちます。

98 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 02:11:10
>96
ヘラクレス「レーダーキャッチ」




【鮫肌のブリッジにホログラムの丸い球体 ヘラクレスが映る】

ヘラクレス「話の最中で申し訳ないが現在識別不能の機体を発見した
       モニターを拝借するぞ」

【モニターにレーダーでキャッチした>96の映像を写す】

ヘラクレス「こちらに近づいている
        申し訳ないがジグルス殿、この機体はそちら所属の機体だろうか? 
        それとも先ほどと同じ(ラウド)攻撃してきた連中なのだろうか?
        友軍機ならば悪いが無線を使いジグルス殿から呼びかけて状況を伝えてもらいたい
        敵軍、または正体不明機ならば警告を行う」

落ちますね    

99 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 15:23:38
ギルトがうざい

100 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 15:57:52
ミュレ子たちはみんなで力を合わせて戻ろう的なスタンス
不良は自分が戻れれば他はどうなってもいい的なスタンス
そのへんの違いがもろに出てるな

101 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 16:40:47
まぁポンコツをぶっ壊したいって考えには賛成する

102 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 16:50:40
不良キャラでもP3のガキさんみたいに根はいい人だったらよかったんだけどな

103 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 17:00:55
だんだん友情に目覚めてくるのか最後までこのままか

A.このまま
B.友情路線
C.裏切る

Cがありそうだから困る

104 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 17:53:46
それなんてリオネール・バスケス?

105 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 20:06:35
なんだかんだでミュレ子の言う事には同意する事が多いギルト

106 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 20:57:30
部分的には似たような考え方してるからな
といってもポンコツぶっ壊したいと襲ってきた連中捕まえたいくらいしかないが

107 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 21:30:05
こんばんわ 携帯から失礼します
私事なんですが、今事件に巻き込まれそうなんで今日の参加は遅れそうです
これから警察行きます
もし私が突然来なくなったらそれ関係だと思ってください

それでは

108 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 22:11:27
こんばんは。

>>99
ギルトはあれ嫌、これ嫌な駄々っ子みたいな感じにしてますから。
三人娘さんのレスにあった「頭は切れるけど〜」って言葉がピッタリだと思います。

>>107
とにかく、お大事にというか……。

109 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 22:29:16
>>98
ジグルズ「(あれはレジスタンスでもラウド国でもない…。まして、異国のって訳でもなさそうだな……。
ならば、東の者か…!!)
残念ながら知り合いじゃないな。このままレジスタンスのキャンプに逃げられないか?
不用意な争いはしたくない…。
無理なら俺が出る!」


110 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 22:42:28
>>109
【鮫肌を見て】

アルディン「あれなのかい、カオル?」

カオル「多分……ともかく、声をかけてみよう」

【通信】

アルディン「僕たちはあなた方を迎えに来ました。あなた方をこの世界に召喚した十賢者に命じられて、ね」

カオル「そういうことです。僕らはあなたたちに危害を加えるつもりはない。ほら」

【胸のハッチを開けて姿をさらす。アルディンもそれに倣う】

111 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 22:45:34
>>110
えっ十賢者は悪者じゃないの?
つーか、空気読めてないよアンタ

112 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 22:54:37
設定辺りでズレが生じたんだな、ジグルズの人とカオルの人で。

どっちに追従すればいいの?


113 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 23:00:11
以下、他の方々がいらっしゃるのを待ちつつ。

>>all
ギルトの性格だと十賢者サイドには反射的に喧嘩売っちゃうと思うんですが、
やっちゃっていいですか?
良いという方がたくさんいらっしゃればやりたいかなと。

114 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 23:03:57
こんばんは。

誰待ちですか?

115 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 23:04:07
十賢者は善でも悪でもないので……そのあたりはもう少し話が進んでからということで。

ジグルズさんとの設定の齟齬については、伝承に異説があるように地方等によって多少の食い違いがある、というのでどうでしょう。

>>113
私は構いません。十賢者についてきても来なくてもどちらでも転べるようにしてありますので。

116 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 23:11:28
こんばんは

>110
レヴィン「おいおい、またスカウトか? なんか知らないうちに有名人になっているって
いうのはあまりいい気分じゃないけどな……」

>109
レヴィン「とりあえず、敵では無いが、味方とも確定していないという状況でいいんだな?」

>ALL
細かい設定についてはおいおいすり合わせを行うという事でいいんじゃないか?

117 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 23:18:17
すいません。
私の中では、ラウド国の悪者宰相が十賢者と裏取引しているってことになっていたんで。
先の話ですが、私の考えた展開としては

キャンプで長老からこの世界について聞き、ラウド国国王やジグルズなんかが実は地球人だったことを知らされる。
国王の望郷心を宰相と全ての世界の混乱を企む十賢者が上手く利用し他世界への大規模な干渉が可能となるシステムを開発。そのシステムの試運転の影響で皆さんがこの世界にやってきたと。
ラウド国による地球侵略を食い止めるべく一向はラウド国首都に向かうが、ワープをとめられずに敵とともにワープしてしまう。
舞台は再び地球へ…

ってのを考えていました。皆さんの意見を聞きたいのですが……

118 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 23:23:24
>110
レイン(また接触する機体が来た。こっちの彼の機体とは系統が違うけど…。
…それぞれ別の勢力だとしたらどっちの申し出に応じるの…?)

[警戒を解けるはずも無い]

レイン(でも結局は…。
どっちも胡散臭いってコトは否定できないわ)

119 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 23:24:27
今晩は、遅くなりました

>97
廣田「(なら良いけれど・・・あれ、今笑ったかな?)

>98
廣田「・・・また新しい機体かな?
    ジグルスさんのお友達・・・だといいけど」

[モニターに映る機体を記録]

>109
廣田「知り合いじゃないのか・・・むしろ
    嫌な雰囲気・・・かも、逃げ切れるかな、ボロボロの鮫肌で」

>110
廣田「十賢者って・・・なんだか宗教がかってるなぁ・・・
    しかし、もう既にお迎えは来てしまっているし・・・
    混乱しちゃうなぁ、もう」

>116
廣田「う〜ん、一応味方をしてくれるような気もするんですけどね
    (それとも、戦乱の道具に使われちゃったりして・・・なんてね)」

[咳払い、深呼吸]

>110
廣田「えっと、既にお迎えに来てくださってる方もいますし
    それに私達はこの世界のことを何も知らないので・・・
    (う〜)皆さん、ジグルスさん、どうしましょう?」

>117
難しいですね、異世界でやるという触れ込みだったので
地球に帰る・・・という考えはなかったですね

120 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:26:41
裏繋がりの辺りはカオルと最初に話しておくべきことだったな
召喚に関しては試運転と十賢者がなにかしたことの相乗効果にすればいいだろうが

121 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:28:34
ガラクタが刑務所行きになったから鮫が実質代表だから、そのへんよろしく

122 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:29:42
今の問題はジグルズが長老の所に皆を連れていこうとした所に、カオルが来ちゃったことだな。
そのせいで、レジスタンス側を信用するか十賢者側を信用するかで地球組が悩むと…。

123 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:30:41
ぶっちゃけ十愚者ってどんな事できるの?
鰻より強いの?

124 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/25(月) 23:32:05
えと、皆さん十賢者とレジスタンスのどちらについていきたいんでしょうか?
それによって出方を変えようと思ってますので、申し訳ないですが、
教えてくださると助かります。

125 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:32:11
>122
二つに別れる

126 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:32:24
十愚者って複数世界干渉を企むラスボスじゃなかったっけ?

127 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:35:25
>>125
それは話がややこしくなるだけなんで却下

128 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 23:35:33
>>117
大筋は問題ありません。
ただ異世界の側でもやりたいことがある上十賢者の召喚方法とそちらのそれが別物でないとも限らないので……

……打ち合わせ用の場所も必要になってきたかも。

129 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/25(月) 23:36:48
>124
自分は先に来たジグルスさんの方についていくものだと思っていました

>121
廣田「は、何か重大な役目が回ってきたような気がする!
    (だ、大丈夫だろうか・・・)」


130 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 23:39:14
>>123
国家間のバランスを取ります。
しかしそのためには必要とあらば非情な手段にも出ます。
決して人道で動く連中ではありません。
ラウド国に近づいているのも最終的な目的のためです。

>>124
レジスタンス側につかれても問題ありません。

131 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/25(月) 23:39:42
>124
付いていく見返りはそれぞれ何ですかね?
どっちにつくのが得か。
今はどちらとも言えないですね。
十賢者とやらが見返りに地球へ送り返してくれるのが可能ならそちらでいいかも知れません。

132 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/25(月) 23:42:21
>121
どっちかというとムショ送りにする方なんでは……

>130
とりあえず、確認しておきたいのだが

>国家間のバランスを取ります。
>しかしそのためには必要とあらば非情な手段にも出ます。
>決して人道で動く連中ではありません。
>ラウド国に近づいているのも最終的な目的のためです。

そこらへんの事実はまだ公にされていないと言う事でいいのか?

133 : ◆avj18oEuhg :2006/09/25(月) 23:44:35
十賢者の裏側とかを長老が話す予定だったんですが…。

私側としては、世界観の解説を長老の会話を交えて行うつもりでした。

134 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/25(月) 23:45:16
こんばんは。
遅くなりました。

>109
弥生「・・・・・・」

[ジグルズの言葉に格納庫に向かおうとするが]

>110
弥生「?」
(どういうことなのかしら?)

[通信を聞き、その場から動かず]



>117
私は、異論は無いです。
とは言っても、正直異世界のことに関しては私がどうこう言える立場ではないですし。
できれば、遅かれ早かれ地球を再度舞台にしては欲しいと思っていますが・・・・・

>124
現在の立場的には、先に接触して艦内へと招きいれてしまっているジグルズさんに付いて行く方が自然かと・・・・
断言することはできませんが。

135 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:47:41
>133
他人の考えた十賢者の設定を勝手に決めちまうのはダメだぞ
それやるなら自分で黒幕用意するべきだった

136 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/25(月) 23:48:32
>>132
国家間のバランスを取るための諮問機関的な存在としての十賢者の存在と、
その目的のためには手段を選ばない苛烈さというのはある程度知識のある人間にはよく知られています。
ただその裏側はよくは知られていません。

137 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:49:15
こりゃ、ジグルズとカオルがそれぞれ避難所に投下されている設定を自分なりに解釈して展開を考えていたら、全く別物のシナリオが誕生してお互い歩調が合わせづらい
といったところか

138 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 23:49:56
こんばんは遅くなりました

今話し合いしてるみたいですが
設定等で話し合うのなら避難所をおすすめします
雑談スレを利用するといいかもしれません

139 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:51:15
鰻はどっちについてきたい?

140 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:52:28
予定外のグダグダですなぁ

ここはカオルが鮫肌に接触したことをなかったことにして話を進めるか
ジグルズとカオルに徹底的に世界観を決めさせるかの二択だな

141 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:54:39
確か敵勢力はみんな一まとめにするって話じゃなかった?

142 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:54:53
どっちにしろカオルとジグは相談が必要だと思う
変に絡みあってるし一度解さないと

143 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:58:14
ぶっちゃけ、異世界やるよって時点で異世界側キャラを扱うプレーヤー同士で話を合わせないといけなかったんだがな。
やっぱり、慣れないものをやると無理が生じるんだな。

144 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/25(月) 23:58:24
ttp://yy14.kakiko.com/test/read.cgi/operationsrw/1155575141/
こちらを使って話し合いましょう

145 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:58:48
だから最初にF時代のDCみたいな一まとめにしろって言ったのに

146 :名無しになりきれ:2006/09/25(月) 23:59:52
てことはここで停滞か?

147 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 00:00:17
廣田「どうなってるんだ・・・
    もう、こっちはこの世界の事なんて何も知らないのに!」

[皆も決めかねている様子だが・・・]

廣田「相手は二つ、されど身は一つ
    こんな状況で二手に分かれるのは危険です・・・ですので」

廣田「多数決にしましょう!どっちについていくか
    多いほうを取りましょう!我ながら名案です!」

[・・・少しずつハイになる様子が分かる]

148 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 00:01:57
まぁ、ジグルズが考えたアイサルエ大陸の設定にカオルが考えた十賢者周りの設定が食い込んだのが今の状況だからな。

149 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 00:03:14
ジグルズさん、新雑談スレでお待ちしています。
ネタバレになるのでsageて下さい。

150 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/26(火) 00:05:02
>147
レヴィン「それなら、先に接触してきたジグルズの顔を立てるべきだな。そしてその後で十賢者に会いに行く。
……まあ、十賢者側がそれを許してくれればの話だけどな」




151 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 00:07:45
>147
レイン「多数決は危険でこの状況では相応しく無いと思うわ」

[挙手して指摘]

レイン「もし5対4に別れたらどうなると思う?
半数近くの意見は尊重されないわよ」

(た、確か9人で会ってたわよね?)

152 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 00:11:14
皆さんには非常に申し訳ありませんが、
今からカオルさんと避難所で設定について話し合って来ます。
暫く時間がかかると思われるので、話し合いが終わるまで先に進めないで欲しいのですが…。
なんなら避難所の方に来てください。

私の初期案はアイサルエ大陸はレジスタンスVSラウド国
ラウド国王やジグルズを始めとする魔術回路もちの人間はみな地球からやってきた。
皆はラウド国兵に襲われている所をジグルズが助けレジスタンスが保護。
宰相は国王を利用しゲートをいじり地球侵略を企む。
それを知り皆で止めに行く。
結局は止めきれず敵味方ともに地球へワープ
っていう地球→異世界→地球のダンバイン風にしようってのが初期案です。

153 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 00:12:08
>147
ヘラクレス「ここは>150の彼が言うように
       ジグルス殿の顔を立てよう、彼は我々を助けてくれた
       その行為に感謝をし、答えなければならない」

【ジグルスの所へ行く事を助言】

ヘラクレス「話なら今じゃなくてもできるだろう
       順を追って進めば問題はない・・・・艦長?少し呼吸が乱れているが大丈夫か?」

154 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 00:12:17
>>147
ギルト「…………」

【しばらく沈黙し】

ギルト「十賢者とか言う奴らが余計なことをしてくれやがったのは、
     奴らの口振りからして確定でいいんだろうが……そいつらがこっちに
     出向けとか言ってんのが気にいらねぇな。
     自分たちからこっちに出向くのが筋だろうが?」

【大分苛立っている様子】

ギルト「どうせ、帰してやるから従えとか言って扱き使おうってつもりだろうが、
     そんなもんはお門違いもいいとこだぜ。……どっちにしろ、帰るのには時間が
     かかりそうだしな……どちらかというなら、俺はこいつらの側に付く」

【顎でジグルドを示す】

>>151
ギルト「……だったらお前、他に名案でもあるってのか?
     やるだけやってみりゃ良いだろうが。んな割れ方をしたら
     腹割って話し合えば問題ねぇ」

155 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/26(火) 00:24:02
>147
弥生「私に選ぶ権利なんて無いわ」

[そう言い放っておいて、周りの空気を読んでか指摘される前に]

弥生「・・・・それとも、どうしても選ばなければならないのかしら?
だったら・・・・・・・ジグルズね。現時点ではまだ彼の方が信憑性があるわ。
ただ、彼らの言い分も聞いてみないわけにはわからないけど」


弥生「それと・・・・美樹、落ち着いて」

156 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 00:26:15
名前間違えてたorz
ジグルド→ジグルズですね。申し訳ない。

157 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 00:28:56
避難所での討論が非常に遅すぎる件について
まさか、みんながジグルズっていうからカオル逃げたのか?

158 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 00:29:16
>154
レイン「…じゃあ私はどっちでもいいわ。両方同じくらい信用してないし」

[全体に従うつもり]

レイン「それにあなた達みんなと一緒に帰らないとダメだから。
みんなで決めたコトに反対する気はないわ」

159 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 00:34:58
>151
廣田「(それもそうだ、でもね、もうまともな状況じゃないんですよ)
    ふふふ、それが民主主義の常道です。」

>153
廣田「(その通り!突然召喚したから来いなんて!虫が良すぎる!)
    そうですね、では一票として・・・呼吸ですか?ええ、平気です。」

>154
廣田「(この人なら多分こう言うと思っていた・・・焚き付けてキツク言ってもらおうかな♪)」

>155
廣田「・・・言い分も何も、(いや、待て、考えろ、十賢者が善人と言う可能性もある)
    そうですね、落ち着かないと(出来れば苦労はしないけれどね)」

>158
廣田「(それでいい、どちらが正当な主張かなんて、判断基準は・・・)
    まぁ、彼らの言い分も聞かなくてはなりませんね。多数決を取っておいてなんですけど
    今しばらく、これはこちらの意見として・・・留めておきましょうか。」

[冷静を装っているが言葉の辻褄が合っていない)

160 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 00:37:16
カオルまじで逃げたか?

161 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 00:42:41
カオル「なんか、物凄く不審がられてないか?」

アルディン「むむ……それで、返答は?」

【明らかに苛立った様子でアルディンが叫ぶように問う】

162 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 00:43:01
>>158
ギルト「……ふん。短い間に随分と肩入れしてるようじゃねぇか」

【みんなでなければダメと言ったのを皮肉げに笑う】

ギルト「それで自分がくたばったら意味がないだろうが?
     まずは自分の事を考えた方が身のためだぜ……
     何かしら目的があるなら尚更だ」

>>159
ギルト「……何だ? 顔に何か付いてるかよ?
     じろじろ見やがって、気味が悪い野郎だ……
     用が無いなら見るんじゃねぇ」

【どことなく訝しげに眉をしかめて】

どうやらカオルさんが戦闘希望のようなので、次でギルトに喧嘩売らせます。

163 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 00:49:43
二人の案とやらを見てみたが、全く噛み合ってないな

どうすんだよ?

164 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 00:51:40
向こうを覗いたら、まだ相談途中なようなので今は止めておきますね。

165 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:01:20
異世界にいかずウィスプラトとロイドさんで現世に居た方がよかったかも…

166 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:02:17
何故ロイドさん!?

167 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:06:41
>166
避難所。

つーか前にそんな話出たぞ

168 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:22:05
今避難所でレヴィンさんがすげーいい事言った。

そういう率直な奴好きだぜ

169 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:22:56
不良は独房送り決定か

170 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 01:23:47
15分ほど落ちます

171 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:24:06
不良かわいそう

172 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:24:54
せいせいするな独房送り

173 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:27:26
見ててこれだけ楽しくないってことは、絡んでるキャラハンもよっぽど楽しくないだろう
>不良

いつでも他人より優位に立ちたがってるところがうざい

174 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:28:41
そういや、不良は無駄にミュレ子と絡んでいるが不良×ミュレ子にさせるん?
独房にいる間、ミュレ子が食事を運んだりするのか?

175 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:29:10
シライ乙

176 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:30:19
ミュレ子はわりと軽くあしらってる希ガス。
大人になったんだなぁ。

177 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 01:30:58
あの、一応言っておきますが
ヘラクレスは心配性なので艦長としてギルトさんを注意とかしますが
一番部隊の中で力を信用してるのはギルトさんです

だから護衛を任せます
ギルトは口は悪いけどいい奴だって思ってます

178 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 01:32:56
>>174
それは絶対にありません。
レインさんが最初にそういう関係にはならないと言ってますしね。
つっかかれる台詞が多いというか、そんな感じでしょうか。

>>173
う……申し訳ない。
以後、猛省します。

179 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:34:10
向こう終わったみたいだぞ
やれ不良

180 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:34:14
>174
タツキとサクラみたいな関係ならどう?

饅頭が不憫だ

181 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 01:34:56
それだけなりきれていると言う事でしょうね
現実でいたら怖いですし

>161
廣田「いえ、ですから少し立て込んでいましてね・・・ええ
    少し待ってくださいね・・・もう少し、少し・・・」

>162
廣田「(まずい、喧嘩を売り出し・・・いや、いっそこのまま決裂してくれても
    ・・・なんでまた別世界にきてまで、いや、まて?」

[混乱]

182 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:34:59
>>178
不良キャラには大きく分けて二種類ある。
一つはひすらワル
もうひとつは根はいい奴(ある意味ツンデレ男)

ギルトがどっちなのかは知らんが

183 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:36:21
ギルトにはもっと愛嬌が欲しい
このままでは愛でられそうもない

184 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:37:35
>182
ベジータみたいな奴か?

185 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 01:39:18
>183
いや、突き放した言葉を言うけど後で不器用ながらもちゃんとフォローいれてるのがそれなりに良い

186 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/26(火) 01:39:36
>181
レヴィン「とりあえず、大まかな方針は決まったんだろ?じゃあそれを伝えればいいじゃないか。
『先にジグルズの用事を済ませ、その後で十賢者に会いに行く』って」

187 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 01:39:44
>>178
筋は通しますが、ただひたすら口も悪いです。
喧嘩売ってるような口調がデフォルトですね。
オルトロス触っている内に何か思い出してきて、
少し丸くなってくるみたいな感じにしようと思ってました。

記憶が無い事を匂わせてましたが、そのせいでいつも苛立ってる。
今の状態はそんな感じです。

それじゃ、一応喧嘩売らせます。

>>161
ギルト「ちっ……うざってぇ野郎だ……」

【吐き捨てて鮫肌の通信機を取る】

ギルト「答えはNOだ。こっちの都合も聞かないで呼びつけておいて、
     勝手過ぎんだよ、てめぇら……大体、協力を頼むつもりなら
     その十賢者とか言う奴らがこっちに出向くのが筋ってもんだぜ。
     どうせ、元の世界に戻して欲しけりゃ……と続くんだろうが?」

【苛立ちを多分に滲ませながら】

ギルト「ふざけた事ぬかしてねぇで、さっさと元の世界に戻せと伝えておけ……
     礼を尽くさねぇ奴らに礼で持って応える必要も無いんだよ……寝言は
     寝てから言うんだな」

188 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 01:40:38
>>178>>182ですね。
アンカー間違えたorz

189 : ◆DZ3hgTBKaY :2006/09/26(火) 01:44:26
ごめんなさい、今ようやく帰宅しましたが、ものすごく疲労してます。
避難所を見るとこれから一部メンバーの戦闘が始まるようなので、
今日は様子見しつつすぐに落ちます。

出撃できなかった原因は機体の動作不良ということで、あとで少し触れます。

190 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 01:45:10
>187
ヘラクレス「そういった発言は控えろ
        それでは相手に不快感を与えてしまう
        礼を持って丁重に断るんだ、今の言葉を訂正しろ少尉」


【注意をする】

191 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 01:46:09
>>187
カオル「ガラは悪いけど、まぁ正論だよな……」

【一方、アルディンはコクピットハッチを閉じた】

カオル「ア、アルディン!?」

アルディン「賢者は言ってたじゃないか、連行せよと。成果は問わないとは言っていない。なら、腕ずくでも連れてゆく!」

【ナーガ・ブレイドを抜き放ち、臨戦体勢】

カオル(こ、こいつこういう性格だったのか!?)

192 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 01:48:58
>>187
ジグルズ「(この男…アイツらに喧嘩を売るつもりか……?
東の連中はあまりよくは知らないけど、婆さんは今は不用意に争いを広げるなって言ってたな…。)
そこのお前、これ以上は止めるんだ。ここで無意味な戦闘はするべきじゃない。」

〔ギルトを押さえようと近付く〕

193 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 01:49:28
>187
廣田「・・・(少し願ってはいたけど・・・これはやっぱり・・・だめな・・・方向だ)

[迫力のある声に、嫌な汗が体中に張り付く]

>190
廣田「(駄目だ艦長・・・その人にそんな言い方したって・・・余計酷く)」

>191
[モニターで臨戦態勢になる敵機を確認する]

廣田「・・・自動航行モードセット、ハーキュリーからの命令で動いて・・・。」
CPU「ラジャー」

[前のめりに倒れる]

ここで落ちます

194 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 01:54:49
>191
ヘラクレス「!!
       待ってほしい、こちらはハーキュリー艦長ヘラクレスである
       ただいまの発言は訂正する、そちらに誤解を与えてしまったことは私からお詫びをする
       こちらも現在の状況に混乱し、皆苛立っているんだ、今直ぐにこちらから謝らせる
       なので武装を解除してくれ」



>192
ヘラクレス「すまない、ギルト少尉を落ち着かせてくれ
        彼に今の発言を訂正し謝らせるんだ、そのあとこちらの意志を伝える」


>193
ヘラクレス「・・・・・・戦闘になるかもしれない
        直ぐに非難できるように準備をしておけ」

        

195 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/26(火) 01:56:23
>187
>190-192
弥生「・・・・・・」

[いつでも動けるように、黙ってやり取りを見ていたが]

>193
弥生「――美樹・・・?」

[急に廣田が倒れたのを見て、歩み寄る]

196 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 01:56:34
>>190
ギルト「……先に詫びを入れるべきは向こうの方じゃねぇのか?
     正論を言われてああいう状態になるって事は、
     脛に傷持つ身なんだろ……こうまで過剰に反応するとは
     思わなかったがな」

【舌打ちすると、ブリッジから抜け出す直前に】

ギルト「俺が撒いた種には違いないからな……始末してくる。
     その後は独房にでも何でも入れろ。ああいうタイプは
     もう何言っても無駄だろうよ」

>>192
ギルト「悪いが、向こうはやる気になっちまったみたいなんでな。
     自分が撒いた種は、自分で刈り取るのが筋だ。
     どうやら手遅れの様なんでな、早い方が良い。……分かったら退け」

【強引に押しのけて格納庫へ】


ギルト「悪いが、付き合え。まだ完全じゃないだろうがな」

オルトロス『…………』

【オルトロス出撃】

197 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 02:00:15
>191
レイン「…驚いたわ…」

(…あんな安っぽい挑発に乗るなんて)

[臨戦態勢の敵機に対して感心する]


>193
レイン「外の奴は戦うつもりみたいね?
どうするの廣田クン?」

[あたかも他人事のように言い放つ]

198 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 02:03:14
>196
レイン「………」

[半ば呆れている]

レイン「…熱すぎ」

199 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 02:03:47
>196
ヘラクレス「やめるんだ!少尉!!
       なんでも力で解決してはいけない!戦闘行為は認めない
       直ちに戻れ少尉!!命令だ戻るんだ!

       君の考えも正しいだろうが
       その言い方では相手に誤解を与えることくらい君だって分かってるだろ?
       君の行ないがこれからどういう事態になるかくらい予測がつくはずだ、直ぐに戻れ!」

【ハーキュリーの中ではなく鮫肌なので止めることができない】


>197
ヘラクレス「君も少尉を止めるんだ!
       直ぐに追いかけてでも止めろ、ただし
       もう彼がオルトロスに搭乗したなら止めなくていい・・・・不用意に外にこちらの機体を出すことは
       更なる誤解を与えかねない」

【オルトロスの出撃を確認して】

ヘラクレス「遅かったか・・・・・」

200 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 02:04:04
>>196
ジグルズ「クソッ、あの男を止められなかったか…。俺も出るッ!!」

〔オルトロスの後を追うようにアンドヴァリナウト出撃〕

ジグルズ「あの男も悪いが、剣を抜いたお前も悪い。
そっちが仕掛けるなら、俺が相手になってる!!」

〔グラムソードを抜刀し構える〕

ジグルズ「(すまないな婆さん…。これじゃあ東の連中と戦うことになる…。)」

201 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 02:09:12
>200
ヘラクレス「(すまない・・・・・少尉を止めてくれこちらは機体を出すことはできない)」

【アンドヴァリナウトの出撃を黙認する】



【両名側に警告を送る】

ヘラクレス「戦闘行為はやめるんだ!
       君達の行動は双方のためにならない、直ちに戦闘態勢を解除し
        話し合いに応じてくれ」

202 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 02:10:30
>>194
カオル「ああ、ええ、ぼ、僕もそうありたいと思ってますよ。おもってるんですが……」

>>196
カオル「え!? 出てきた!?」

アルディン「これだから異邦人は……! カオル! 君も戦うんだ!」

>>200
【迷っていたがもう1機の出撃により、心を固める】

カオル「……仕方ない! センティコア!」

【トサカが前に倒れて角になり、後頭部から淡い緑の光が溢れ、鬣となる】

アルディン「お前の相手はこの僕だ!」

【オルトロスにサーペント・ビームライフルで攻撃】

203 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 02:13:38
>>199
ギルト「……ふん。何言っても無駄といっても、適当にハッスルさせてやれば
     頭に上った血も下がって落ち着くだろうからな……
     反撃はしなけりゃいい。 しばらくサンドバッグになってやるだけだ、安心しろポンコツ。
     それで満足できねぇようなら、手を出すのも仕方ないが……」

【ため息をついて】

ギルト「面倒だが、まあ、自業自得ってとこか……」

>>200
ギルト「退いてろ。一々剣なんざ抜かなくても反撃はしねぇよ」

【剣を収めろといった仕草を見せる】

>>202
ギルト「……ちっ」

【ビームライフルを掌に集中させたシェルで弾き飛ばす】

ギルト(防御に集中すればなんとかならなくもねぇな……)

204 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/26(火) 02:13:56
今日はもう落ちますね。

205 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 02:16:33
>>203
アルディン「なら、これはどうかな?」

【腰部のミズチ・レールガンで攻撃】

今日は落ちます

206 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 02:19:03
>>202
ジグルズ「やっぱりそう来たか!
俺は知らないぞ、どうなってもな!!」

〔グラムソードに炎が宿る それは操者の熱き魂を象徴する炎である〕

ジグルズ「やぁぁぁ!!」

〔カオル機にグラムソードで斬撃〕



私も落ちます

207 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 02:19:38
>199
レイン「無理よ、もう出撃した。
次からは彼に手綱でも付けるコトをお薦めするわ」

[再び呆れる]


レイン「…ちょっとお茶でも飲んでくる。それじゃ」

[鮫肌の休憩室へ行く]

208 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 02:30:45
>>205
ギルト「反撃できねぇってのはストレスがたまるぜ……」

【片手に集中させたシェルで受け止める。HP65%→HP50%】

オルトロス『…………ッ!』

【受け止めた次の瞬間、オルトロスが唸り声を上げて襲い掛かっていこうとするが
 直ぐにギクシャクとした動きでそれをやめる】

ギルト「下手に動くんじゃねぇ。お前は俺の道具だろうが? 今は大人しくしてろ」

>>206
ギルト「……って、おい……」

【切りかかるアンドヴァリナウトの姿を見て目を見開き】

ギルト「まがりなりにも止めに出てきた奴が熱くなってどうするってんだよ……!
     一体何考えてやがるのかわかりゃしねぇ!」

【後ろから蹴りの一つも入れて止めようにも、リンドヴルムに
 背を向けられず、動けないまま】

今日はこれにて。

209 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 20:44:40
ここらで要望など

210 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 21:45:09
>194
廣田「・・・」

>195
廣田「・・・少し胃が・・・すぐに治りますよ。」

[シートに座りなおす]

>197
廣田「・・・全、ハッチロック・・・戦うのは得策じゃない」

[ハッチが閉じる、ジグルス、ギルトは外へ]

>202
廣田「馬鹿なことを・・・。」

>207
廣田「ごゆっくり・・・(落ち着いているってのは、良いことだ・・・)」

>208
廣田「(・・・攻撃は仕掛けないようだけど、このままでは)
    (やられる可能性も無くもない・・・な)

>205
廣田「停戦を促す、こちら側の機体に攻撃の意思は無い・・・
    (勝手に召喚しておいて、攻撃するとは・・・それに使者の割には短気ですね)
    繰り返す、停戦を促す・・・ゴホゴホ。」


211 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/26(火) 22:45:59
こんばんは。

>210
弥生「・・・・・・・」

[その場で心配そうに廣田を眺めているが、廣田がむせたのを見て横から割って入る]

弥生「現在戦闘行為を行っている四機、今すぐ戦闘を終了して。
見ての通り、こちらは各機の整備どころか戦艦の整備すらままならない状況。
だから今は羽を休めてゆっくりできる場が欲しいの。ただ単純に気の休められる場。
あなた達に付いて行けばそうはいかないでしょう?
もちろん、あなた達がどうしても来て欲しいと言うのなら、後からそちらへ行くわ。
だから今は退いてもらえないかしら?」

[そこまで言って、通信をオルトロス、アンドヴァリナウトの二機に切り替える]

弥生「ギルトさん・・・・それにジグルズさん。
これ以上の戦闘行為はダメよ。戻って。
まだ続行するのなら・・・・・撃つわ」

[廣田に向き直る]

弥生「・・・・この艦、あなたの言うことじゃないと聞かないのでしょう?判断は任せるわ」

212 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 22:54:58
>>206
カオル「……ッ!」

【獣の角から作られた杖の先端に光の穂先が生まれる。センチュリオン・スピアである】

カオル「ちくしょう!」

【グラムソードを受ける】

>>208
アルディン「その人形、生きてるのかな? 戦いたそうに見えるよ……君も、だけど」

【ナーガ・ブレイドで攻撃】

213 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 23:02:46
>>211
ジグルズ「先に攻撃したのは奴らの方だ!
こちらが止まればやられるだけだッ!!」


>>212
ジグルズ「もう止めてくれ!
でないと、俺は君を殺すことになる!!」

〔もう一度斬りかかるが、明らかに撃墜する意志はない〕

214 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 23:05:00
>>212
カオル「お、俺だってそんなつもりはないよ! だけど……」

【殺る気満々なアルディンのリンドヴルムを見る】

【そのまま鍔迫り合い】

215 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 23:10:33
こんばんは。

>>211
ギルト「向こうが止まるならな。ったく、面倒な事になっちまった……
    普通、あの程度でキレるかよ? こいつが普通じゃないのは良く
    わかったけどな……!」

【リンドヴルムの攻撃をしのぎながら】

>>212
ギルト「さあな、俺も知らねぇよ……」

【ナーガ・ブレイドを白刃取りで受け止め、押し返そうとしながら】

ギルト「……誰から見ようが、十賢者とやらは筋が通ってねぇことしてるぜ?
     それを指摘されてキレるのはお門違いってもんだろうが。
     しかも、力づくと来た。……器が小さいんじゃねぇのか?」

【本人は諭しているつもりらしい】

216 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 23:11:23
>>214
ジグルズ「なら、何故君まで戦う?
何故、仲間を止めようとしない?」

〔アルディン機の方に向き直し〕

ジグルズ「君が止めないなら、俺が奴を止める!!
やぁぁぁぁ!!」

〔アルディン機に突撃〕

217 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 23:14:23
>211
廣田「有難う御座います。
    ・・・総意ですね、皆さんの・・・。」

[弥生が話し終わると、ゆっくりと息を吸い]

廣田「・・・別に、私が認証をすれば、
    誰だって動かせるんですけどね・・・マニュアルさえ読めば。」

[少し卑下して、しかしゆっくり前を見つめる]

>212 >213 >216
廣田「・・・少し落ち着いたらどうです?
    今戦っているのは!貴方達異界の人間だけです!
    ギルトさんは手を出していないんですよ・・・。」

[そっと鮫肌前部ノズルを開く]

>214
廣田「・・・ならば、止めてください、こちらも・・・全力を尽くしますから」

>215
廣田「(・・・良く我慢されているが、油を注いでいるだけだよぉ)
    ギルトさん、一旦・・・その、お戻りになられますか?
 
[機関部を正確に見据える。だが狙うつもりはないし、そもそも、まだ発射はしない]

218 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 23:15:48
>>215
アルディン「……器? 僕に器を問おうとはね……うん?」

>>216アンドヴァリナウトの突撃が目に入る】

カオル「あっ、ダメだ!」

【後退し、上空に逃れるリンドヴルム】

カオル「いっぺん頭に血が上ったら止まらないんだよ……」

【ミズチ・レールガンでオルトロスとアンドヴァリナウトに攻撃】

219 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 23:24:17
>>218
ジグルズ「ぐっ…!!」

〔被弾し止まる 残りHP70%〕

ジグルズ「やっぱり、君も戦うのか……。
けどッ、それじゃあダメなんだよ!!」

〔アクティブワイヤーでカオル機の足を捕える〕

ジグルズ「頼む…もう止めてくれ!!」

〔ワイヤーで敵機を引き寄せ、一斬り〕


220 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 23:31:48
>>217
ギルト「……格納庫に弾丸ぶち込まれてもかまわねぇなら戻るが、
     いいのかよ? ……ここぞとばかりにぶっ放してくるだろうぜ」

【リンドヴルムとの直線状に鮫肌を入れないように動く】

>>216>>218
ギルト「おいおい、止めに出た奴が一番暴走してるってのはどういうことだ?
     っと……」

【両腕を前に出し、シェルで弾体の進路を逸らす】

ギルト「ったく、どいつもこいつも……」

>>219
ギルト「止めろとか言いながら斬り付けてたら本末転倒だろうが……
     言ってる事とやってる事が全く違うじゃねぇかてめぇ!」

221 :名無しになりきれ:2006/09/26(火) 23:33:10
こんばんは

【耳を劈くようなサイレン音がハーキュリーからなる】

【ハーキュリーの砲台が動き出し 各機に標準が向く】


ヘラクレス「こちらハーキュリー 戦闘行為をやめないのであれば
        こちらも威嚇射撃を行う!直ぐに戦闘行為をやめろ!」

222 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/26(火) 23:35:32
>220
廣田「・・・(考えて・・・くれてるんだ。)
    分かりました。お気をつけて」

[少し嬉しそうに小さく微笑む]

>221
廣田「(艦長に倣う・・・)」

[無言で砲を構える。]

223 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/26(火) 23:43:30
>220
ヘラクレス「威嚇射撃の基本はこちらが攻撃する意志があることを示す事だ
       まずは砲撃勧告を行う、先ほど>211で行われたようだ
       そして射撃の場合だが、今回の戦闘場所を考えると各機体の進行方向0.1ノットmに発射しろ
       射撃角度も慎重に、あくまで彼等の視野に入る場所に砲撃が起きたことを伝えればいい」

【それぞれの場所に砲台をずらす】

224 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/26(火) 23:43:58
 [休憩室]

レイン「……玄米茶とかが良かったけど、無いみたいね。…珈琲でいいか」

[座席の一つに腰を掛けのんびりカップを傾ける]

レイン(…そういえば奴もこっちに召喚?されてるのだろうか?
…近くを見回したけど見当たらなかったから、別の場所。あるいはもうドコかに付いたか、ね?)

レイン「……苦っ」

[予想より苦かった為、砂糖とミルクを追加する]

レイン(でも今は地球へ無事帰るのが先決。
でも…。こんな無駄な戦いをやってちゃ先が思いやられるわ…)

[スプーンで掻き混ぜ、再び口に含む]

レイン「……やっぱり紅茶にすればよかったわ。…まだまだ苦い」

225 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 23:44:02
>>221
カオル「聞いたか、アルディン!? もうこれ以上はやめるんだ!」

アルディン「でも! 僕は!」

カオル「中には確実に複数の人形がある! これ以上戦うっていうのなら俺は投降する。お前は一人だけでどうこうできるのか!?」

アルディン「……」

【広げた翼を畳んで地上に降りる】

226 : ◆avj18oEuhg :2006/09/26(火) 23:48:13
ジグルズ「威嚇射撃だって…!?
ちょっと、ま…」

???「この馬鹿者がぁ!
止めに入りおったお主が暴れおってどうするのじゃ?
知らず知らずに好戦的になるところを見るに、お主の未熟さが現れておるわい。」

ジグルズ「ば、婆さん!?」

長老「さて、十賢者の遣いの者たちよ…、ここはお主らの領土ではなかろうに。
我らが領土での勝手な戦闘行為は宣戦布告に値する。
即刻、立ち去れい!さもなくば、我らレジスタンスがご相手なさろう。」

〔巨大な戦艦が近くの山の中浮上する〕

ジグルズ「あれは、俺たちの旗戦じゃないか…

227 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/26(火) 23:54:05
>>225
【オルトロスも構えていた両手を下ろす】

ギルト「口は災いの元ってのを思い知ったぜ……」

>>226
ギルト「ふん、即刻立ち去れか。こりゃあ、あの野郎がまたキレるかもしれねぇな……
     ……いくらなんでも、そこまでは面倒みきれねぇぜ……後は勝手にしろ」

【さっさと鮫肌に着艦】

228 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/26(火) 23:55:10
>>226
アルディン「……今レジスタンスを敵に回すわけにはいかない」

【リンドヴルム撤退】

カオル「お、おい俺を置いてくのかよ!」

【リンドヴルムの背中を見送って溜め息を吐く】

カオル「はぁ……相方の無礼は僕が謝ります。悪い奴ではないんですが……
     ともかく、気が向いたらデ=ラルシア島に来てください】

【センティコア撤退】

229 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 00:00:16
>223
廣田「照準良し・・・(撃ちたくは無いが)高水流ストーム威嚇準備・・・」

[やっとレーダーが動き出し、周囲の大きな反応を示す]

廣田「・・・あれは?乗り物・・・戦艦?
    誰かが喋ってるのか?今度は通信にノイズが・・・」

>227
廣田「お帰りなさいませ、直ぐに機体を修復します・・・
    (あー、三人が大人しいと思ったら故障してたのか)
    (ついでにレインさんの機体の要らないデータは・・・残しちゃえ)

>228
廣田「帰っちゃうのか・・・(うーん、少し失礼じゃないかな?相方カワイソス)」

廣田「問題は・・・あのおっきいのかな?」

[一応、二機にトレースを仕掛ける]

230 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 00:01:18
【機体の撤退を確認して】
ヘラクレス「引いてくれたようだ・・・・」

>227
【オルトロスが鮫肌に着艦したのを見て】

ヘラクレス「分かっていると思うが
       君の件で話がある、後で出頭するように」


>226
ヘラクレス「こちらは地球連邦軍所属、ハーキュリーである
       こちらに戦闘の意志はない、武装を解除してほしいこちらも武装は解除する
       貴方が長老殿か?「ウォロハ」」

【挨拶をする】

231 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 00:04:30
>225
弥生「?」
(戦うのを・・・・やめたの?)

>226
弥生「・・・・・」
(あれがレジスタンスなのかしら?・・・・レジスタンスにしてはちょっと大掛かりね)

[現れた戦艦を見て、思考]

>228
弥生「・・・・・・」

[離脱していく二機を眺めていたが]

弥生「・・・・・ごめんなさい・・・・」

[突然俯いて謝る]

弥生「ごめんなさい。勝手に通信の邪魔して・・・・
結局戦闘は止められなかったし、ダメね、私。私が落ち着かないと・・・・・」

[どうやら廣田に謝っているようだ]

232 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:07:08
>228
???「そこの2機、ちょっと待ってくれ」

[アレクレピオスが前方からぬっと現れる。鮫肌、ハーキュリーから2機が十分に離れたのを待ち接触する]

ヒルツ「どうやら聞く所によると俺も十賢者に召喚されたらしくてね。
俺は君達に協力してもいいと考えている。どうだ?」

[先程までの様子をどういう訳か把握し、姿を隠していたらしい]

233 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/27(水) 00:08:39
>>229
ギルト「あまり手荒く扱うんじゃねぇぞ。
     ……ついでに言わせてもらうが、その言い方は気色悪いから止めろ」

>>230
ギルト「気が効かないガラクタだ……今言え。どうせ独房行きだろうが?
     ……今回は完全に俺の責任だからな。文句は言わねぇよ」

【機体に乗ったまま、答えを待つ】

234 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 00:11:00
>>230
長老「お主らが…チキュウよりの来訪者達か…。ようこそ、アイサルエ大陸へ。」

〔長老はハーキュリーと鮫肌に意識を向ける〕

長老「(こ、これは…なんということじゃ…!?あの者たちに魔術回路が無い…。
まさか…アレの予兆だというのか…?)」

〔長老は杖を落とし、顔を青ざめる〕

長老「詳しくはキャンプで話そう。
我らレジスタンスはチキュウの方々を歓迎する。
こちらに付いてきておくれ。」

〔山のレジスタンスキャンプへの隠し入り口に誘導する〕

ジグルズ「俺が未熟…。」

〔アンドヴァリナウトは鮫肌に着艦する〕

ジグルズ「迷惑をかけたのは俺の方みたいだな…。本当に済まない…。」

〔ギルトに謝る〕

235 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/27(水) 00:12:14
>>232
カオル「あー……」

【リンドヴルムが反転して戻ってくる】

アルディン「いいさ。ついてくるといい。手ぶらで戻るわけにはいかないからね、そうだろ?」

236 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:13:11
>226
レイン「これは凄いわ」

[鮫肌ブリッジに戻る矢先大きな艦に驚く]

レイン「意外と早く決着したのね?
廣田クン、アレって例のレジスタンスの旗艦?」

[一応、状況確認をとる]

237 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 00:17:33
十賢者の所に行ったらヒルツ→ミュレ子大暴走→独房という流れが思い浮かんだ

238 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 00:17:58
>232
[戦闘が終わった事に安堵の溜息]

廣田「・・・あれ、私に・・・謝ってるのかな
    いえ、丁度持病が出ていた時なんで・・・むしろこちらが感謝しなくて
    いけませんでした。有難う御座います」

>233
廣田「(元々こうなんですけどね)
    分かりました。今後は改めさせて頂きます。」

>234
廣田「(随分時代がかった話し方ですね・・・)
    分かりました。これより我々はキャンプに向かいます。
    あ、ジグルスさんの機体も出来る限りの修繕処置は取っておきますね。」

>236
廣田「ええ、そのようです。鮫肌は全長200mとさほど大きくは無いんですが・・・
    一体幾らくらいの大きさなんでしょうかね」

[針路を長老の示す方向へ]

239 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:18:35
>235
ヒルツ「ああ。そうさせてもらう。
プロフィールなんかは後でいいだろう?
俺も状況に驚いている」

[追従していく]

240 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 00:21:04
>223
ヘラクレス「・・・・・・・
       独房行きだが、1日でいい・・・頭を冷やして来い
       君が彼等を挑発しなければこんなことにはならかったかもしれない
       命令を無視して表に出なければ彼等を刺激せずに済んだかもしれいない


       だがよく攻撃しなかった、それは評価する
       今はみんなの力が必要な時だ、一人でも欠けてはならない・・・
       本来は皆に休暇を与えてやりたいところだが・・・それはできない
       なので少尉、独房行きではあるが体を休めるいい機械だ、独房で一日体を養う事だな」

>234
ヘラクレス「案内をよろしく頼む」

【レジスタンスについていく】

241 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 00:22:21
>240
>223×
>233です

242 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/27(水) 00:24:42
>>239
カオル「ああ、よろしく……」

【上の空で】

カオル(こいつの機体、PTにも見えない……何なんだろう?)

243 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 00:28:22
>238
弥生「――なんで?」

[顔を上げて不思議そうな顔をする]

弥生「私が勝手に邪魔をしたのに、どうして感謝されるの?」

[本気で感謝されている理由を理解してないようだ]

244 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:30:13
>242
ヒルツ「ああ。よろしく頼む。そっちのお前も」

[カオルに挨拶を返し、アルディンにも]

245 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/27(水) 00:30:32
>>234
ギルト「……こっちから手を出すつもりはねぇって説明はしたはずなんだがな。
     他人の話はちゃんと聞いてろって事だろうが。
     ……それでも一応収まったんだから良しってことにしとけ。
     元はといえば俺の不始末なんだからな……」

【それだけ言うと通信を遮断する】

>>235
ギルト「気色悪いガラクタだ……みんなの力? 鳥肌が立っただろうが。
     ……まあ、いい。とりあえずは一日だな」

【オルトロスから降りると、ブリッジへ内線】

ギルト「おい艦長、独房は何処だ?」

246 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 00:32:12
>>240
〔隠し入り口から入るとそこは巨大な地下空洞が眼前に広がる 地下基地と言うにはやや難がある程民俗的な施設が目立つ〕

長老「さて、ここは船の停泊場じゃ。船の修理に関してじゃが、こちらの部品が使えるやもしれん。
他の補給物資も同じじゃ。後で確認しておいてもらいたい。」

〔全艦、ドックに停泊〕

長老「さて、こちらに来て頂こうか。」

〔艦から降り、中央司令部とおぼしき建物へ案内する。 レジスタンスはジグルズよりも民俗的な格好をしている。〕

247 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:34:40
>240
レイン「ねぇ、ヘラクレス艦長、レジスタンスには全員で面会するの?」

[質問する]

248 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/27(水) 00:35:13
>>244
アルディン「よろしく頼むよ」

【デ=ラルシア島に向かう】

249 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:39:21
>248
ヒルツ「くれぐれもな」

[2機に追従]

250 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 00:42:48
>243
廣田「何でって・・・

[少しとまどいながら]

   それは、私がほら、こんな弱気な人間ですので
    言いたいことを上手く言えないし・・・それに胃痛で、えっと
    と、とにかく・・・ははは」

[しどろもどろだ]

>245
廣田「この艦にそんな物騒な施設はないんですよね・・・
    捕虜とかどこに積め込む気だったんでしょうか
    ハーキュリーにはあると思うんですけど・・・あ、他意はありませんよ」

>247
廣田「・・・私は行きますよ、艦長は出られないと思いますし」

>246
[ブリッジから中央の様子を見下ろす]

廣田「なんてエスニックなんだ・・・時代がかってるにも程があるや」

251 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 00:45:35
>245
ヘラクレス「・・・・・独房は鮫肌になければハーキュリーに来い
       と言いたいが、なければ艦長に頼み君を鮫肌の空いてる部屋に一日監禁でも構わん
       スクランブルがあるかもしれない、部屋の鍵は開けておくが、自分から出ないように」

【鮫肌にいるパイロットにアナウンス】
ヘラクレス「鮫肌およびハーキュリーの乗組員に告ぐ
       今から呼んだものは私とともにレジスタンス長老の会談に出席しろ

       廣田美樹艦長 レイン・エヴェレット それ以外のものは自由行動とするが
       外出は禁止だ、外の空気が吸いたいものは甲板のみ出入りを許可する
       またハーキュリーと鮫肌の移動のみ外に出る事を許可する
        以上」




>246
ヘラクレス「これは興味深い・・・・
       では着いていくとしよう」

【フワフワとホログラフの九体が長老の後を付いていく】       

252 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/27(水) 00:50:07
>>250
ギルト「……あのポンコツの腹の中に入るってのは気が進まねぇな……
     まあいい。分かったからな……」

【内線を切る】

>>251
ギルト「なら部屋だ。向こうは四六時中てめぇに見張られてる
     気分になるからな……気色が悪いんだよ」

【適当な部屋を見つけると、ドアを開けて入り込む】

253 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 00:51:20
>247
ヘラクレス「君には廣田艦長の護衛として来てもらう
       この部隊の中では君の戦闘データはトップクラスだ、君なら
       ギルト少尉の穴も埋めてくれるだろう

       面会が終わったら君にも自由行動を与えるが、他のものと同じで艦どうしの移動と甲板のみ
       外に出るのを許可する」


>250
ヘラクレス「一応は小型のデバイスに映像を写せば
       私の姿を相手に見せることはできる、無論話や会話の参加もできるが
       手動式のドアや手動でパスワードや鍵を開けることはできない・・・・」

 

254 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 00:53:02
>250
弥生「・・・・・・」

[必死に説明しようとする廣田をじっと見つめる]
[廣田がうまく喋れなくなってきたところで]

弥生「・・・・いいわ、嫌われてないのなら」

[ブリッジの出入り口まで歩いて振り向く]

>251
弥生「艦長に指名されたみたいね。行ってきたら?」

[背を向けて]

弥生「・・・・・気をつけて」

[ブリッジを後に]

255 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/27(水) 00:54:27
こんばんは。遅くなりました。

>247
レヴィン「流石に全員で行く訳にも行かないだろ。何かあった時の為に艦の方にも人員を残しておきたいだろうしな」

[ヘラクレスの発言を聞いて]

レヴィン「おっ、会合に出席するメンバーの発表があったようだな、ってヘラクレス艦長もか!?」

[球体状態で浮遊していくヘラクレス艦長を見つつ]

レヴィン「ブリッジだけかと思ったら、あの形態で移動もできるんだな……」

256 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 00:55:59
ジグルズ「さて、俺も婆さんの所に行くか…。」

〔鮫肌を降りて長老と合流〕

〔一向は中央司令部と言うよりは長老の家と言った方がいいような建物に入る 一階部はモニターなどがありやや司令部な感じがするが二階は本当に長老の家である〕

長老「さて、座っていただこうかのぅ。」

〔囲炉裏のような物の周りを囲うように座ると踊り子の様な姿の女性がこの地の料理と飲み物を持ってくる〕

長老「お口に合うかは分からぬが一応の接待をさせておこう。」

長老「さて…何から話せばよいのやら……。
とりあえずは、お主らの質問に答えるとしようかのぅ…。」

257 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 00:58:19
>253
レイン「了解。万が一の保険の為に銃火器、爆薬の類は隠し持っててもいいかしら?
無論、そんなモノ使うのは最後の手段だし、出来れば使いたくも無いけど」

[黒衣の袖口等に複数の銃火器を隠す]

レイン「廣田クン。行きましょ?」

[艦を降り、レジスタンスキャンプへ。長老と球体の後を追従する]

258 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 01:02:56
>251
廣田「(機体収納戦艦だから開いてる部屋は・・・私の部屋と
    物置同然の部屋か・・・独房の方が数倍マシですね)
    ・・・私は出るのですね、まぁ大方予想通り・・・
    って、艦長、まさかあんな形態があるとは・・・それこそ興味深い」

>252
廣田「・・・物置同然だけど、まぁいっか。」

[と、六畳の部屋の扉をみて一言]

>253
廣田「成る程、やっぱり興味深いです。」

>254
廣田「好意を持つ事はあっても、嫌う事はしませんよ
    ・・・行ってきますね。」

>255
廣田「暫しの羽伸ばし、楽しんでくださいね・・・とは言えませんけど
    ごゆっくり

>257
廣田「はーい」

[と、レインと共に、艦長らを追い、部屋へ]

>256
廣田「・・・お家みたいですね・・・
    (あ、美味しそうな料理)」

[色々気が散って空気に乗っていない]

259 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 01:09:00
>256
ヘラクレス「ご好意は感謝する
       だが私は食事をとることができないゆえ、出された料理のデータだけいただくとします」

【料理に青い光が当たるとスキャンしデータを撮る】

ヘラクレス「(解析完了・・・・毒はない)君たちは私に気にせず食べたまえ」
【食事を取ることを勧める】


ヘラクレス「では質問をさせてもらいたい
       我々は地球という星から来ました、この国はラウド国と言いましたが、一体どういった国なのでしょうか?
       そしてこの星の名前はなんと呼べばよろしいかな?」

260 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 01:09:35
>258
【鮫肌・休憩所】
弥生「・・・・・・・」

[何かを飲むでもなく、ただボーっと椅子に腰を下ろしている]
[その口から微かに音が洩れた]

弥生「・・・・・・・どうして、そんなに優しく・・・・
私は、どうしたらいいの?」

[何となく感じる他人とは違う廣田の物腰にかなり戸惑っている様子]

261 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 01:19:35
>260
【会談に出て行ったはずのヘラクレスがフワフワと鮫肌の中を歩いている】
【巡回中のヘラクレス2が弥生を見つける】

ヘラクレス2「どうかしたのか?体調が悪いのか?
        今は自由行動だから、今のうちに医務室に行く事をすすめよう」

ヘラクレス「物資の補給が済めば、もうそろそろ食堂をオープンすることができる
       リクエストあらばメニューに入れておくぞ」

262 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 01:20:34
>>259
長老「この世界はアイサルエ大陸…、お主らのチキュウのように定義される星という概念がこの世界には無い…。
ラウド国とはここ20年で大陸のほとんどを手中に治める程の巨大な軍事力を誇る国じゃよ。
奴らは機械文明を発展させ、この地にさらなる争いをもたらしおったわい…。非情な手段をとり強圧的な支配を行っておるから、我らの様なレジスタンス活動を産んだのじゃ…。」

〔さらに真剣な顔付きになる〕

長老「そして、ラウド国建国史が意外にも今回のお主らの来訪と関係があると儂は予想しておる…。」

263 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 01:21:37
>256
レイン(この踊り子共も武器を持って襲って来そうじゃないわね。
…悪いように考え過ぎかしら?)

[周囲に気を配らせながら話は聞く努力をする]

レイン(…居炉裏?…彼の家にも在ったわね確か…)

264 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 01:27:17
>261
弥生「・・・・・いいえ、なんでもない」

[ヘラクレス2に声をかけられ、立ち上がると一番近くにあった紅茶を迷わず汲み、元の場所に座る]
[両手でカップを持ち、一口啜った後]

弥生「・・・・・リクエストは無いわ。
私に何かを好く資格なんて無いもの」

[再び紅茶を口に運ぶ]

265 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 01:27:35
>259
廣田「わは、それじゃ食べてよろしいんですね?
    ・・・とは思っても、私は胃薬が主食なんですけどね。」

[と、水を飲み干す]

>262
廣田「つまり・・・大陸が世界なんですね、
    (日本が世界で、東京国とか青森国とかがあるって思えば良いかな?)
   ・・・建国史と来訪?イマイチピンときませんね」

>263
廣田「(警戒してるのかな)
   レインさんは如何ですか?美味しそうですよ・・・何の食べ物か分かりませんけど」

[と、幾つかを勧めてみる。」

266 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 01:30:48
>262
【話を聞き】
ヘラクレス「我々の来訪ですか?
       建国史についてお話お願いします」

>263
【何処からからヘラクレスの声がする】
ヘラクレス「こちらヘラクレス小型スピーカーでピンポイントで語りかけている
       周りの者達から怪しげな対応は見られないが、ナイフ程度の武器はあるとは思うが
       
       さすがに襲ってくるということはないだろう、この部屋の空間をつねに監視してるから、怪しいと思ったときは
       また君に連絡する・・・・君も食事を取ることをすすめよう せめて飲み物は飲んでおいたほうがいい
        無論料理と飲み物も解析したが、毒はない・・・品質も悪くない」

267 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 01:34:45
>265
レイン「…え?何?」

[一瞬ぼんやりしてしまい不意をつかれる]

レイン「あ、うん。食べる食べる。……うん、普通にイケるわ、コレ」

[慌てて適当に前の物を食べる]

(…何やってんのよ私。
べ、別に寂しくなんか無いわよ。…思い出しただけなんだから)

268 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:36:50
饅頭一筋だな

269 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 01:39:45
>266
レイン「わかった」

[積極的に飲み食いを始める]

(しかし、こいつ、何でも出来るのね?便利な機能をたくさん持ってるわ)

[ヘラクレスに感心する]

270 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 01:41:15
>264
ヘラクレス2「そうか・・・・君の健康データを見たが
        アレルギー食材はなかった、こちらの世界の食材の分析が終わったら
        もう一度アレルギー検査をしておくことを薦めよう」

ヘラクレス2「それと、好く資格がないと言うが
        好く事に資格は必要ない、君は私と違い制限される事は何一つないのだからな
        好きたい物を好いてもかまわなのではないか?資格が必要なのは私のほうだ」

【そう言うとヘラクレス2は巡回に戻る】

>265
ヘラクレス「私も理解に苦しむ
        本体の温度が今の話で少し上昇してしまった
        だが旧世紀の世界などはそういった感じの世界なのだろう
        まだ未知の大陸が多かった時代などは、世界が丸く一つだとは気がつかなかったように」

271 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:41:38
>268
まんじゅう死亡、もしくは失踪説?

272 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 01:41:45
>>265
長老「今から30年前…ある一人のチキュウの者がこの地に召喚された。言うまでもなくラウド国国王のことじゃ。
奴はお主らを除く他の来訪者と同じく魔術回路の持ち主であったわい。」

ジグルズ「それって、まさか…。」

長老「魔術回路所持者はな、元々この地には存在しなかったのじゃよ。そう…、アイサルエ大陸とチキュウを結ぶ門(ゲート)は本来は魔術回路を持つチキュウ人(びと)を召喚するシステムだったのじゃ…。
つまり、ジグルズ…お主もチキュウ人なのじゃ。」

ジグルズ「そ…そんな…。俺がチキュウの人間だって!?」

長老「うむ。お主とて、自分が養父に育てられていたのは知っておろう…。」

ジグルズ「確にオヤジは本当の父親じゃないのはなんとなく分かっていたさ…。けど…」
長老「待て、話しが逸れつつある。
ジグルズよ…しばしの間、待たれよ。」

ジグルズ「(魔術回路を持つ者はみんなチキュウ人…。なら魔導人形は一体なんなんだ…。
それに、なんで鮫肌とハーキュリーの人達は魔術回路を持たないのにアイサルエ大陸に来たんだろう…?)」

273 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:43:50
死亡はマズいだろ
中の人が再利用する可能性もないわけじゃないし

274 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:47:08
>273
ロリ仮面大ピンチ→異世界に饅頭召喚→べ、別に嬉しくなんか無いんだからね!?



275 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:47:09
饅頭は三部世界でケイジらと一緒に頑張ってるに一票

276 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 01:48:39
廣田「人間、衣食住、特に食にことかくのは辛いですね・・・」

[と、こぼしながら話に聞き入る]

廣田「・・・貴方達の世界の王が我々地球人は同じ人間であると・・・?
    それは、凄いことですけど、魔術回路と言われてもな・・・
    (ああ、こんがらがってる、ジグルスさんも地球人なのかな?)」

廣田「しかし、私達はそんな魔術回路・・・でしたっけ?
    を持ってるんでしょうか、それによって我々もゲートから呼び出されたんですよね・・・
    あれ、何か間違ってましたか?すいません・・・」

[萎縮する]

277 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:49:07
>275
平行世界を越えれるのはアストラナガンだけだもんな。

278 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/27(水) 01:52:02
>272
ヘラクレス「なるほど・・・ラウド国誕生は分かりました
       その「魔術回路」をもつものしかこの世界に来る事はできないのですね?
       

       話は変わりますが、「十賢者」と言うのをご存知ですかな?
       我々がこの世界魔術回路無で来たのはこの「十賢者」が我々を呼んだと
       「十賢者」側の使者が言っていました・・・・そんなことは可能なのでしょうか?」

279 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 01:52:27
>272
レイン「魔術回路とはどのようなモノですか?
所持者は魔法でも使えるようになるんですか?」

[質問する]

280 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:53:55
名無しAの予想

三部世界に偽饅頭、偽ミュレ子、偽ケイジ、偽ユウ、偽イーたん、偽(ry 襲撃!

饅頭「うはwwwなんだこいつらwwwテラ厄介wwwwww」

マーズレット先生帰還
「だが私は謝らない」

マズ「根本的な原因は異世界にあります。だから娘にいかせればよくね?」
ミュ「うはwwww勝手wwww」
マズ「ちなみに娘の機体しか行けませんが何か?」
饅頭「超がんがれwwww俺らもこっちでがんがるwwww」

五部へ

281 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/27(水) 01:55:12
>270
弥生「でも、私は・・・・・・・」

[言いかけて口を噤み、そのままヘラクレス2が去るのを目で追う]

弥生「私には、自由なんて・・・・・・」

[俯いて微かに呟く]
[傍から見れば、手に持った紅茶の存在を忘れたかのようだ]


これで落ちます。

282 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:56:59
マーズレット「ちなみにミクヤで実験した結果、見事にあぼーんしますたw」
ケイジ「おkwwwwww」

283 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 01:57:10
すいません、落ちます

284 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 01:59:27
長老「魔術回路というのはある種の呼び名に過ぎん。
正確には英雄適性者を指す。
優れた潜在能力を持ち、この地に平和をもたらす者……のはずであった…。」

長老「ラウド国国王はこの地に飛ばされてきてから、数々の試練に打ち勝ち…英雄適性者としての役割を果たし、混乱のアイサルエ大陸にラウド国を建国し、一旦はアイサルエ大陸に平和をもたらした。
だが、全てはあの宰相が現れてからじゃ……彼がこの世界が狂い出したのは…。」

ジグルズ「(宰相ロキの事か…!?)」

285 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 01:59:57
ミクヤ・・・

286 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:02:07
テラカワイソス

287 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 02:04:33
今日はもう落ちます

288 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:06:02
ミクヤはL5の末期症状で死んだ。

もう、忘れるといいのですよ

289 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:09:20
>魔術回路

この月厨が

290 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:10:48
偽イーたん…

そ れ は シ ー た ん じ ゃ な い の か ?

291 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:15:35
歴代主人公

サリア(レイフォール)
タツキ(ゲシュペンストTT)
左京(アバリス→カドゥケウス)
不在
ギルト(オルトロス)

292 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:17:13
妥当だな

293 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:20:07
シータって戦後どうなったの?

294 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:27:03
ギルト:関智一
ヤヨイ:田村ゆかり
レイン:釘宮理恵
美樹:斎賀みつき
ヘラクレス:置鮎龍太郎
シンディ:田中理恵
リーシャ:神田朱美
エルミナ:能登麻美子
レヴィン:高橋広樹


295 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:28:08
個人的にはギルト:中井和哉

296 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:29:25
>293
第41話「姉妹」でイータでイベント起こさないとメギドとの決戦時に死亡だ

297 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:32:53
仲直り後の展開は?
シータが超甘えんぼさんになると聞いたが

298 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:36:17
シー「姉様!!あっははははは!あんたは、あんたは私がグチャグチャにぃ!!あははは…はは。
……お姉ちゃん!!」

【クラム爆発】

イー「シータ、シータ!何で…?…どうして?ううぁぁーん!左京、シータが!シータが!」

299 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:38:57
>297
フレアも真っ青なゴスロリペアルックを着用。なじめないシータがイータの背中に小動物みたいに隠れるetc

300 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:41:21
フラグが立つとグラム改(相討ちしたグラムとシグルドの二個一)が複座式になって手に入るよ。
シータは一晩でイータにべったりになる。

301 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:42:57
>300
いやいやいや、副座とかめちゃめちゃ強いじゃん

最強だろ

302 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:43:19
ふと思った。
フレアのロリ服はミュレ子のお下がりってことは、
ミュレ子も私服はゴスロリなんだろうか?

303 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:46:18
>>301
二人ともパラメータが伸び悩むので、複座でカドケ、レヴァあたりと同等の使い勝手。
まあ、育成によっては恐ろしいことになるけどな

304 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:48:04
>302
父親が買うも反抗期の娘は断固拒否。
溜りに貯まっていくが「かあいい」為捨てれない

305 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:49:20
>303
ぶっちゃけチワワ付のミュレ子より強くね?

306 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:50:28
こっそり着てみたりしてそう

307 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:52:28
チワワは強いけど、他のいろんなフラグを犠牲にしないと手に入らない。
重度のミュレ子ファン以外にはオススメしない

308 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:54:29
>306
マイナ、アニスらに茶化された為封印

309 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:57:17
グラフィックを見るかぎり超似合うのになぁ

310 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:58:37
かわいい物は見る専門らしいからな。

それよりもマイナの服装が

311 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 02:59:14
kwsk

312 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 03:05:14
酔ってタンクトップとパンツ一丁で饅頭を誘惑。それを偶然見たユウが欝になりアニスは笑いこけ、イータシータはダウン

313 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 03:08:56
肝心のミュレ子は?

314 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 03:14:10
>313
生憎軍のお偉方を接待しなければならず、出張。事態に気付かず



315 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 03:22:01
ミュレ子が刃物持って狂った曲面にマイナは報復されちゃうんだけどな

316 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 16:09:34
マイナは左京が好きなの?

317 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 20:02:40
また第3部の話か…。

やはり、このパターンは荒らしにしか見えん

318 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 20:21:00
三部が唯一完結した部だから仕方ない
五部も完結させる事ができればネタにされるようになるさ

319 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 21:06:53
その仕方ないってのがウザイ

いや、ネタをやること自体はいいんだが本スレでやるな
つーか、これやってるの第3部からずっと参加してして4、5章に不満をもつプレーヤーだろw旗迷惑なだけだ


320 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 21:29:44
1部からずっとこのノリだから察してくれ

321 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 21:33:15
妄想は1部からずっとだな確かに

1部の頃は魔法少女ウイングたんで盛り上がったなぁww
そういやSRCで何話か再現してた人が居たような
バランス無茶苦茶だったが

322 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 21:36:18
サリア、エイミ、ウイングで3姉妹

323 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 22:35:42
今晩は

>284
廣田「ああ、なるほど・・・つまりは概念上の存在に過ぎない
    もの・・・で固定された装置みたいなものではないのですね・・・」

[水が喉を軽く鳴らす]

廣田「・・・凄い人ですね、国王様って人は、
    ・・・なのにおかしくなっちゃたんですか。」

[まるで人事のように、しかし関心はある]


324 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 22:41:31
こんばんわ

長老「ラウド国が建国されて暫くし、ロキという男が国王の前に現れ『我、チキュウとアイサルエ大陸を行き来する術を知る者なり。
汝、帰郷を望むのならば我に従え』と言ったそうな。
元より望郷しておった国王は奴の巧みな口に騙され奴の言われるがままに行動するようになったわい。」

ジグルズ「それじゃあ…」

長老「大陸の英雄適性者を集め、チキュウとこちらの技術を結集し、英雄適性者の力を極限まで引き出すことのできる機械人形…すなわち魔導人形を開発したのも、
門を突破するための装置を造るため支配領土を増やし、重税をしき強圧的な支配を行ったのも、全ては宰相ロキ…そしてロキの後ろにいる何者かの思惑だったのじゃ…。
そう、今の国王はロキ達の操り人形に過ぎんのじゃ…。
そして、彼等はついにチキュウ侵略までをも実行に移そうとしておる。」



325 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 22:45:12
>284
レイン「その宰相が諸悪の根源という訳ですね?
…何らかの話術や手段で国王に取り入って宰相の思い通りになるよう何か吹き込んでいる。
そんな感じではないでしょうか?」

326 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 22:59:30
長老「奴ら…ロキの背後にいる者たちは門の法則性に気付いたのじゃ。
英雄適性者の力−魔力が門を開くのであると…な。先にも言うたが、魔導士は本来こちらには存在しない。他の世界の選ばれし者のみが持つ力…。
それは、本能的に危機が迫ったときに初めて開花すると聞く。
そして、開花した魔力が選ばれし者をこの大陸へと誘う。何かに惹かれるように…。
そこに目をつけ、奴らは魔力を増幅することができる装置を開発すれば異世界へ大規模な転送が可能ではないだろうかと考え、
ロキをラウド国に派遣し、ラウド国の軍事力、経済力、資源力を用いて研究を始めた。
ラウド国に魔導士が集まったのは実験台にするためだった訳じゃよ。研究の過程で魔導人形が生まれ、巨大魔導戦艦が生まれた。

そして、ついに装置は完成しおった。これは我らレジスタンスの優秀な諜報員からの情報じゃ…。そして…、試運転が行われた際に双方の世界に歪みが生じ、ラウド国の艦隊が消え、魔力の無いお主らがこちらに飛ばされたわけじゃよ。」

長老「長話になったのぅ…。」

327 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 23:01:27
>324
(だいたい当たっていたわね)

レイン「敵対するべき相手がわかりやすいですね。
それと、すでに地球へ帰還する手段は確立しているんですか?
十賢者という連中は聞く話では召喚を行える為、その手段はすでに持っていそうですが」

328 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 23:11:34
>324
廣田「・・・確かに国王も地球に帰りたかったんでしょうね
    それでころっと騙されちゃったんだ・・・その気持ち、わかるなぁ
    ・・・可愛そうな話、同情しちゃうよ。」

>326
廣田「難しい話になってきたな・・・
    えっと、ロキって人が宰相で、その裏にいる人が・・・
    でもロキって人は国王の裏で・・・あれ、それでラウド国が・・・
    (う〜本当に長い話だなぁ、古典の授業の方がまだマシだよ)」

[耳から煙があがる、という光景だろうか]

>327
廣田「(じゃあ帰るのもラクチンってことかな・・・でも、見返りは勿論・・・ってわけか)」

[腕を組み、うつむく]

329 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/27(水) 23:22:33
>328
レイン「別に国王を哀れむ必要は全く無いわよ。
そんな話に乗るのが悪いとも思うし、自分だけが戻るために無意味によその土地を蹂躙するなんて、最低だわ」

330 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 23:29:10
長老「十賢者はだな…この地の東にいる謎多き連中じゃ。
どうもロキの背後にいる者たちとの交流があると見える…いやひょっとしたら彼等がそれなのかもしれん…。
全ては闇の中じゃ…。残念ながら我らはラウド国の方で精一杯なのか現状なのじゃよ……。」

「そして、儂からお主らに頼みがある。」

331 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/27(水) 23:51:40
>330
廣田「・・・(やっぱりそうか)
    はい、何でしょうか・・・大方予想はつきますけど」

332 : ◆avj18oEuhg :2006/09/27(水) 23:52:14
長老「我らレジスタンスと共にラウド国を食い止めてはくれないだろうか?
このままでは、ラウド国の大艦隊がチキュウに行く…そして、侵略を開始するであろう。
異世界間の大規模な干渉はやがては世界全てを滅ぼしかねん…。それを止められるのは最早我らだけとなってしまったのだ……。
無論、補給物資はこちらが出す。」

333 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 23:53:08
だが断る

334 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 23:55:41
>>333
露伴自重しるw

335 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 23:57:51
なんて答えてほしいんだ?
いいえか?ノーか?
それとも「べー!」か?

336 :名無しになりきれ:2006/09/27(水) 23:58:25
あらあら、荒らしが来ましたねぇw

337 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 00:00:24
>>335
トビア乙

338 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 00:01:08
    よろこんで おてつだい します !
(ア  そう かんけいないね
    ころしてでも ことわる

唐突に思い浮かんだ

339 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 00:02:23
またまたグダグタになったな。
そんなにageて欲しいのか、この糞スレを

340 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/28(木) 00:07:43
>332
レイン「事態は思ったより深刻ね。
それに地球を巻き込むつもりなら他人事なんて思っていられない。
どうするの艦長達?」

341 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 00:12:27
>329
廣田「そうかも知れませんね、しかし、悲しい話です」

>332
廣田「お使いに行く程度の御願いじゃじゃありませんし
   ヘラクレス艦長、如何でしょうか」

>340
廣田「私の意見はイエス、(この世界でのコネも欲しいですし)
    ですが、レヴィアタンの時よりも深刻な話になりそうです。
    国家だとか、地球侵略だとか、異世界だとか・・・唐突過ぎましてね
    ・・・一応慎重な判断が必要だと思います。」

342 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/28(木) 00:24:22
>341
レイン「私もレジスタンスに加わるのが理に適っていると思うわ。
でも多分反対は無いと思うけど他のメンバーの意見を取り入れずに決めてしまっても大丈夫?
ギルトあたりがうるさそうよ?」

343 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 00:25:15
シライどーした?

344 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 00:26:22
シライどーした?

345 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 00:38:23
>342
廣田「・・・私も一応そう思ってはいましたが
    彼も彼なりに理解してくれるとは思います・・・
    もっとも、ここに我々が来ている時点で、彼も何を話しているかくらいは
    理解されていると思います。
    ・・・多分、どちらをとっても文句は言われると思うんですけど・・・ははは。」

[胃薬を口に]

346 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 00:47:39
今日はこれまで、落ちます

347 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/28(木) 00:48:17
>345
レイン「たとえただの胃薬でも過剰接種は体に毒。
禁断症状や依存症になったりしたら終わりよ?」

[軽く指摘する]

348 : ◆avj18oEuhg :2006/09/28(木) 00:52:25
私も今日は落ちます

349 : ◆PH5Q4SZNCg :2006/09/28(木) 01:01:14
私は今日も落ちます

350 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 01:05:01
誰?

351 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 02:05:18
うぬはファンタジーが好きか?

352 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 21:37:16
集合

353 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 22:09:53
今晩は

>347
廣田「過ぎたるは及ばざるが如し・・・
    良薬は口に苦し・・・ですね、もう末期かもしれませんけど・・・
    さて、(受けるか受けないか)考えなくちゃなりませんね。」

[薬を止めて、真剣な表情になる]

354 : ◆lKGsn.q.KQ :2006/09/28(木) 22:50:15
こんばんは

355 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 22:54:25
誰だよ

356 : ◆lKGsn.q.KQ :2006/09/28(木) 22:55:49
昨日避難所で登録してきた新参者です、よろしくお願いします

357 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 22:58:25
気付かなかった
とりあえずがんばってな

358 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 22:59:47
魔術回路の設定は勝手に使ってよかったのか?

359 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 23:01:54
シライ失踪?

360 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 23:03:08
急に来れなくなったら警察関係とか言ってたな

361 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 23:04:43
じゃあヘラクレス無視で勧めるぞ廣田。

362 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/28(木) 23:11:15
こんばんは
レインさんが来るまで待機してます

363 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/28(木) 23:11:41
こんばんは 昨日はすいませんでした

受ける受けないの話ですが
十賢者さんのところへは行かなくていいんですよ?
行くなら保留で、十賢者さんのところへ行くだけ行きますが
まあどっちも戦闘になりそうですし

引き・・・うけていいんですか?

364 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/28(木) 23:12:07
こんばんは

365 :名無しになりきれ:2006/09/28(木) 23:13:00
>363
ねが抜けてるw

366 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/28(木) 23:15:38
>>363
カオル脱走イベントがあるので、その際来ていただければいいです

367 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/28(木) 23:19:27
>366
わかりました

>353
【廣田に進言】

ヘラクレス「彼等の話が本当なら、協力するしかないだろう
       放置していても、いずれ奴等は地球へ侵略を始める・・・ならば
       いまここで脅威を排除し、そして我々は元の世界に戻るんだ」

368 : ◆avj18oEuhg :2006/09/28(木) 23:21:54
こんばんわ

369 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/28(木) 23:22:16
こんばんは

370 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/28(木) 23:22:34
こんばんは。

>>354
これからよろしくです。

371 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 23:24:46
廣田「(この時点で得票数は賛成が3・・・
    三瀬さんは多分「選択の余地無し」だろうし・・・
    ふぅむ・・・)私も受け入れるべきだと思います。
    それに、もしその人たちが地球に来たならば、
    結局戦う事になるのならば、協力して然るべきですね。」

廣田「ただ・・・あの、艦長、艦に連絡を入れたり出来ませんかね?
    一応事前報告はいるかな・・・と思いまして。」

[あくまでも引っ込み思案]

>354
よろしくおねがいします

372 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/28(木) 23:29:26
十賢者居城】

アルディン「……という次第です。申し訳ありません」
賢者アガナー「まあよい。『客』を連れてきたことに違いはない。
        『賓客』ヒルツ・シュレーディンガー、我々はそなたを歓迎する」

373 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/28(木) 23:30:06
>371
ヘラクレス「なにをいうかと思えば・・・
       我々は代表としてきている、君の行動や発言は我々の部隊全員の意見と同じだ
       君が正しいと重い行動したことに反対するものはいない
       いや、反対はできない、なぜなら君が代表だからだ

       君はもっと堂々と自分の行動に自信を持ちなさい」 

374 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/28(木) 23:35:58
>372
ヒルツ「それはどうも。光栄ですよ」

[一礼する]

ヒルツ「ささやかですが、力をお貸しします」

375 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/28(木) 23:37:42
>373
廣田「・・・分かりました。
    (この場の人間に反対は無い・・・いや、二人もいるじゃないか!)
    貴方達に協力を致します。」

[と言うと深呼吸をする]

廣田「但し、先程仰った通り、補給は頂きますし
    作戦が成功した暁には我々を無事地球に帰す手助けを
    する事を約束して頂きたい・・・と思います。」

[最後まで決まらない人間]

376 : ◆lKGsn.q.KQ :2006/09/28(木) 23:43:39
改めて参加者の皆さんよろしくお願いします

>358
確認が必要でしたでしょうか?もしダメなら設定を破棄しますね

>370
こちらこそよろしくお願い致します

377 : ◆avj18oEuhg :2006/09/28(木) 23:48:33
>>375
長老「……最善は尽させていただこうかのぅ…。」

〔改まって〕

長老「皆の者、よく聞けぇい!
これより、最終計画・曉作戦を開始する。
各艦は出撃準備にかかれぃ!!
我らが御敵…ラウド国に今こそ正しき怒りをぶつけるのじゃあ!!」

〔キャンプ内のレジスタンス員が雄しく叫ぶ〕

長老「さて、ジグルズ。
お主はチキュウの方々と共に別動隊として行動してもらう。

作戦開始は2時間後だ。それまでに準備を終らせぃ!!」



378 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 00:07:11
>377
廣田「・・・ま、結局こうなるわけですね
    それにしても凄い気合の入れようですね、とっとと帰って
    皆さんにもこの事を伝えなくっちゃ。」

[鮫肌に帰ろうと走っていく]

廣田「・・・艦内放送、これより当戦艦はレジスタンスに協力をして
    ラウド国の敵と戦う作戦に参加する事になりました。
    つきましては各員、2時間後に作戦を開始されるそうなので
    準備を御願い致します。おやつは300円までです・・・
    なお、現在の状況につきましては、先程の話し合いの内容を
    機体にメモデータとして添付させていただきます

>272
>284
>324
>326
>330
>332
>377

   以上になります。」

[シートから降りて]

廣田「さぁて、ギルトさんに怒られにいくか・・・」

[物置に移動]

379 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/29(金) 00:12:26
ジグルズさんへ。新雑談スレまでお越しください

380 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 00:13:29
>>378
[物置]

【私物の雑誌を読んでいたが気配を察し、身を起こして】

ギルト「……空いてるぜ。何の用だ?」

【ドアの前に居る気配に声をかける】

381 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/29(金) 00:16:52
>377
レイン「慌ただしくなってきたわね。…早く帰ろ」

[すぐに鮫肌へ帰還]

レイン「確か…機体の再調整がまだ終わってなかったわね。
こういうの自分でやるのは結構難しいかも…」

[フランヴェルジュのコクピット内に籠もる]

382 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 00:18:26
>380
廣田「いえ、話し合いが終わりまして・・・
    それで、結局彼らと協力してラウド国・・・と戦う事になりました。
    とは言っても、地球に帰るチャンスですし、
    それに・・・彼らは地球侵略も企てているらしく、それを未然に防ぐ為にも・・・
    あ、結局話し合いはこんな感じだったんですけどね」

[取り繕う為に色々と会議の次第を話す]

廣田「あ、そうでした、狭苦しい部屋でゴメンなさいね
    次はちゃんと綺麗に・・・あ、すいません、誰も入らないほうが
    一番ですよね・・・ははは」

[結局墓穴を掘る]

383 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/29(金) 00:22:36
こんばんは。
昨日来れなかった上に遅くなってしまって申し訳ないです。

>378
[結局紅茶を手に持ったままボーっとしていたが、艦内放送で我に返る]

弥生「・・・・・おやつ?美樹もそんなこと言うのね」

[冷め切った紅茶を飲み干し、休憩所を出る]
[格納庫へ]

384 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 00:29:19
>>382
【内容を聞くと怒りもせず、文句も言わず、軽く頷く】

ギルト「……妥当なところだろうな。十賢者とか言う奴らに従うよりは、
     幾分かマシそうだ。補給に関しての心配もない。
     それに、向こうからこっちに来るなら、早く潰しておいた方が
     手間も省ける」

【ふと思いついたように】

ギルト「大体は分かったが……2時間後とか言ってやがったな。
     一日独房入りの俺はどうなる? 留守番かよ?」

385 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/29(金) 00:38:01
【廣田の頭に】
【ヘラクレスの言葉を思い出させる】


ヘラクレス「なにをいうかと思えば・・・
       我々は代表としてきている、君の行動や発言は我々の部隊全員の意見と同じだ
       君が正しいと重い行動したことに反対するものはいない
       いや、反対はできない、なぜなら君が代表だからだ

       君はもっと堂々と自分の行動に自信を持ちなさい」 



なので廣田さんが出すといえば勝手に出してもらって大丈夫ですよ

386 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 00:42:25
>384
廣田「(あの一件以来少し丸くなったような・・・気のせい?)
    そうですね、それじゃはりきって行きましょうか・・・」

>385
【廣田の頭に】
【ヘラクレスの言葉が思い浮かぶ】

廣田「んー、怪我されてるわけでも体調が悪いわけでもないですし
    それに国家と戦うわけですから、戦力は欲しいですよね・・・
    分かりました。艦長には私から上手いこと言っておきますから
    それに・・・鍵も掛けないと言っていたのはこの為かも知れませんね。
    オルトロスさんの調子も良くなってますよ。」

[と、扉を大きく開いて、ブリッジに戻っていく]

387 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/29(金) 00:43:46
>378
[格納庫でレイ・ブレイドを修理しつつ]

レヴィン「作戦開始まで2時間とは……まあ、俺は俺にできることをやるだけだがな。
とは言うものの、今の状況ではレイ・ランサーを使うしかないか……」

388 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 00:49:58
ジグルズ「…ついに来たのか。俺たちレジスタンスの一大決戦の時が…。
(チキュウ侵略阻止か…。国王も俺もチキュウ出身なんだっけ…。
一度はチキュウに行ってみたいな…。)」

〔鮫肌の格納庫で機体の調整を行う〕

ジグルズ「(コイツに乗ると俺は好戦的になる…。いや、なんとかして抑えてみるしかない…。)」

389 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 00:51:27
>>386
ギルト「……張り切ってとか気色悪いって言ってるだろうが。
     おまけに妙な面しやがって……こっちも何にでも
     噛み付く程暇じゃないってだけだ」

【表情を読んで舌打ちして】

ギルト「……単に自律行動するだけの代物だってのに
     機動兵器にさんづけするかよ。
     ……妙な奴だ」

ギルト(こういった面で独断するような奴には見えなかったが……
     何かあったか?)

【内心で首を傾げつつ格納庫へ】

390 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/29(金) 00:52:23
【シュトゥルム・コクピット】
[機体に配布されている話し合いのデータを読み終わり、ポケットに手を突っ込む]

弥生「・・・・・・」

[取り出した電話の画面には“圏外”と表記されている]

弥生「・・・・・だから連絡が無かったのね」

[何となく安心したような表情]
[が、すぐに電話を仕舞い、機体の調整を始める]

弥生「・・・・結構優秀なAIなのね。ほとんど調整し直すところが無いもの」

>381
[ふと、フランヴェルジュのコクピットに籠もりきりのレインが気に掛かり、シュトゥルムから降りてフランヴェルジュの足元へ]

弥生「・・・・一人で大丈夫なの?」

391 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/29(金) 01:01:28
>390
レイン「え!?」

[突然の声に驚き、機体の足元を覗き込む]

レイン「…弥生。うん、大丈夫よ。
ちゃんと調整のやり方は聞いてあるから、このくらいは、ね?」

[コクピットから顔を覗かせ、手を振る]

392 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 01:10:19
【格納庫の隅・オルトロス前】

[機体チェック中]

ギルト「右腕の反応が鈍いな……さっきのでどこかやっちまったか?
     ったく……自律行動が出来るなら自分の怪我ぐらい自分で直せ。
     役に立たねぇ上に気が効かねぇ奴だ」

オルトロス『…………』

【オルトロスが小さく唸り声を上げる】

ギルト「申し訳ないとでも言ってるのかよ? ったく……ん?」

【唐突に遠くを見るような目つきになると、額を軽く押さえる】

ギルト「……怪我、怪我って言ったか、俺は……?
     普通は、損傷だろう……何で怪我なんて言った?
     こいつが勝手に動き始めてから一日だってのに……
     この感覚……懐かしい……?」

【しばらく頭を押さえて深く息をつくが何も思い出す事はなく、オルトロスを見上げる】

ギルト「……何の関係がある? 俺とこいつに……」

393 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/29(金) 01:12:51
>391
弥生「そう・・・・」

[何か言おうとしたが、何か言っても無意味と判断]

弥生「・・・・・頑張って」

[そう言い残してその場を去る]
[そのまま格納庫の隅に腰を下ろし、格納庫の様子を眺める]

394 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 01:20:51
廣田「最善の行動は取った・・・後は時間だけが全てかな」

[戦艦の損傷、弾装、EN残量をチェック]

廣田「不備は無し・・・後は、AIに任せて・・・
    なんでクルーがいないんだろう・・・はぁ
    後部ニードル庫弾装十分、中部、前部・・・
    ドライバー収納庫・・・完了で・・・すとね。」

[ちら、と時計を見ようとするがブリッジには無いことに気付き、部屋からとってくる]

395 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/09/29(金) 01:22:05
>393
レイン「あ、…うん」

[再びコクピット内に籠もる]

(私、不審に思われてるのかもしれないね…。
ふっ…まぁ、それも仕方ないし、否定もしない)

[だらしなくシートにもたれかかり、脇に置いてあったウサギのぬいぐるみを手に取り弄ぶ]

(私は…嘘つきだからね)

396 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/29(金) 01:23:54
【修練場】
ギール「今日はここまでだ」

カオル「……ありがとうございますぅ」

【穂先を潰した槍にすがり、汗みずくでしゃがみこむカオル】

ギール「最近はそのまま寝そべらなくなったな」

カオル「意外に基礎体力があったみたいですね……今の今まで聞きそびれてたんですけど、なんで槍なんですか?」

ギール「センティコアの武器が槍だからだろう。更にいえば、センティコアの以前の操者が槍の使い手だったからだ」

カオル「剣じゃなかったんですか?」

ギール「カオル、槍を舐めるなよ。槍は百兵の長。素人でも慣れてしまえば強力だし、達人の槍は手の付けようがないほどだ。
     実際、彼女の槍はそれは凄まじいものだった。男でもあれほどの使い手はいなかった」

カオル「じょ、女性だったんですか、前の操者って? その人……」

ギール「死んだよ」

【沈黙】

カオル「(変なこと訊いちゃったかな)……女性といえば、センティコアの内部で妙な声が聞こえるんですよね。女性の声で」

ギール「……ほう?」

カオル「その声が言ってたんですが……『バレトゥムの皿』って何ですか?」

ギール「ちょっと待ってくれ、今思い出す……」

【外から声が聞こえてくる】

アルディン「……原初の時代、造物神はあらゆる生き物を作った。その生き物たちは互いに食い合った。
      やがて最後に生き残った生き物は……人の祖となった」

【修練場にアルディンが入ってきた】

397 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/29(金) 01:26:40
アルディン「多分、こんな話だったと思う」

カオル「……で、どういう意味なんだ?」

アルディン「ある宗派は、最後に生き残った生き物の子孫が人間であることは当然だ、と言ってるね。
       人は最も優れた生き物だから、と」

【少し笑いながら】

アルディン「――転じて、魔物同士を食らい合わせて最強のものを育てる儀式魔術のことでもある」

カオル「……なるほど。ありがとう、アルディン」

アルディン「それで、なんで君がそんなことを?」

カオル「実は……ん?」

【外に馬車が見える。外見や年齢はばらばらの少年少女だった】

カオル「あれは……」

アルディン「ああ、あれは小間使いだよ。買ってきたのかな?」

カオル「『買って』って……人身売買かよ?」

【顔をしかめる】

アルディン「言葉を間違えたみたいだ。まぁ、いくら言葉を繕っても実情は変わりないんだけどね」

カオル「……」

アルディン「行って来たら?」

【アルディンの顔を見て、立ち上がったカオルは修練場から退出する。その背中を見送りながら】

アルディン「……大変なことになりそうだねぇ」

398 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 01:44:32
長老「まもなく、曉作戦開始である。
各方、準備の方はいかがかな?」

〔レジスタンス旗艦艦長室より各戦艦に通信〕

399 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 01:50:59
[通信を受け取り]

廣田「こちら鮫肌(なんか恥ずかしいな)
    順調です。」

[モニターで各機の様子を眺める]

廣田「(・・・待ってるのも疲れるね・・・これは
    いやいや、皆さんの機体の準備も必要だ。うんうん)」

[各機の情報をモニターに映して見てみる]

400 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/29(金) 02:00:19
今日はこれで落ちますね。

401 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 02:00:23
ここまでで落ちます

402 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/29(金) 02:00:49
>399
レヴィン「こっちはいつでも行けるぜ。 ……レイ・ランサーじゃなくてレイ・ブレイドで出ろとか言われるとちょっと
考えるがな。 なにせあの機体の盾は特注品で、そこらへんの機体の盾を代わりに使う事はできないからな」


本日はここで落ちます

403 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 02:25:35
ジグルズ「いよいよか…。」

〔レジスタンス旗艦・戦闘ブリッジ〕
通信士「作戦開始カウントダウン…
30…25…20…18…16…14…12…11…10…9…8…7…6……」




今日は落ちます

404 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 17:04:38
S エイミ シェルミィ 左京 ケイジ レナリア シータ セラ フレア ノイル 不動 美羽 レギ ミサキ マァブル ギルト シンディ レヴィン ジグルド

M サリア 初代三馬鹿 シェルミィ タツキ サクラ ミュレッタ ユウ イータ クリス アニス マイナ 鰻 バスケス イクシス セリカ マイン シライ 廣田 弥生 リーシャ エルミナ カオル


405 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 18:46:27
レインはSだろ

406 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 21:03:14
今晩は

407 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/29(金) 22:27:51
こんばんは

408 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/29(金) 22:38:53
こんばんは

409 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 22:48:26
>402
廣田「そう言えばAIがぼやいていたっけ・・・盾がどうしても直せないって
    了解しました。御武運、お祈りします。」

>403
廣田「(とうとう始まるのか・・・嫌だけど、地球に戻る為だ、仕方ない・・・)
    本艦はこれより浮上します。少し揺れますのでお気をつけ下さい。」

[鮫肌、カウントに合わせて浮上、発進する]

410 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 22:50:40
こんばんわ


通信士「5…4…3…2…1……、
曉作戦開始っ!!」

長老「よぅし、全艦発進せよ!!」

通信士「了解!
壱艦隊から順に発進!!」

〔戦艦が次々とレジスタンスキャンプから発進する〕

長老「鮫肌並びにハーキュリー、聞こえるかね?
我ら本隊は山脈を越え、大陸ルートで侵攻する。お主らは別行動で、海上ルートを使用して侵攻せよ…。

お主らの武運に期待する!!」

〔旗艦発進〕

411 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/29(金) 22:57:41
>410
ヘラクレス「了解した、ハーキュリーは別ルートにて進行する」

【海上ルートを進む】

412 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 23:00:19
こんばんは。

413 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 23:02:01
>410
廣田「海上か・・・この戦艦には最高に相性が良いけど・・・
    (コーヒー用に水でも汲んでおこうかな・・・)」

廣田「了解しました。本艦は引き続きハーキュリーの護衛兼
    各機輸送を行います。
   (しかし・・・地理に疎い我々に何故別行動をさせるか、これが分からない)」

[と、水を一杯飲む]

414 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/29(金) 23:06:46
>413
ヘラクレス「どうした?浮かない顔だな?
       私とて乗組員が使う用の水は確保してある、いつでもコーヒーは飲みに来たまえ
       それともほかになにか気になることでもあるかな?」

415 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/29(金) 23:08:22
こんばんは

416 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/29(金) 23:13:24
こんばんは。

417 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 23:15:10
ジグルズ「こちらが別動隊なら暫くは敵と遭遇することはいだろうな…。
艦長、多分ですが暫く敵は来ないと思います…。俺達は異国の艦隊だし、敵も本隊が引き付けているはず…。
なので、パイロット全員を機体で待機にする必要はないと思います。
ただ、警戒レベルはイエローですが…。」

〔ブリッジに通信〕

418 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/29(金) 23:18:34
>414
廣田「いえ、この戦艦の特殊な浄水装置が作ってあるらしくて
    試してみようかと思いまして・・・戦艦に皆さんが帰ったときに
    飲み物で出迎えたいですし・・・。

    心配事といえば・・・ですが、何故我々は別行動なんでしょうかね
    我々はこの世界の住人ではありませんから、確かにデータは取りましたけど・・・
    不慣れな戦地で、彼らと別れるのは得策ではない気が致しまして・・・。」

[不安そうな顔ではあるが、あくまでもマイペース]

>417
廣田「イエローなら機体で待機すべきです。それに、異国の船だからこそ目立ちます。
    この世界では・・・ハーキュリーも鮫肌も、相当目立つ外観ですし・・・。
    それに・・・(活躍しておかないと、帰してもらないかも知れないし)
    いえ、なんでもないです。」

419 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 23:24:59
次に鮫肌とハーキュリーがラウド国軍と戦闘を開始したら、イベントの都合上によりそのまま鮫肌とハーキュリーとラウド国軍は一旦は地球に飛ばされます。

なので、こちらの世界で他に進めておきたいイベントがございましたらそちらを優先いたしますので、お知らせ下さい。

420 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 23:28:07
戻るの早!?何しにこっちにわざわざ飛んだねん!?

421 : ◆DYglRpY8OY :2006/09/29(金) 23:30:11
アレだ、ダンバインでも1〜2回の戦闘MAP分だけ地上に戻るエピソードがあったじゃないか

422 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 23:30:54
>417
ヘラクレス「了解した 
        警戒は怠らないようにレーダーは常に稼動させている」


>418
ヘラクレス「そういえば、今言われるまで気にはしなかったな・・・・
       地形データは既に私が無人偵察機を飛ばしある程度の把握はしていた
       それに、レジスタンスからのデータも照合させて敵本拠地までの地形データは全てとっていたからな
       それに海上のほうが方角さえしっかりしていればこれほど迷う必要は無い場所」

423 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/29(金) 23:31:39
>>419
しばしお待ちを

424 : ◆LO8tUy4zFk :2006/09/29(金) 23:33:18
戻るんですか?
その時に一時的(作中時間にして一日くらい?)ギルトを
離脱させたいんですが、大丈夫でしょうか?

425 : ◆avj18oEuhg :2006/09/29(金) 23:38:35
流石に速すぎましたかな?

実はそろそろ忙しくなって来れるかどうか厳しい時期になるので敵サイドを他の皆さんに任せたいのでして…。



426 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 23:46:42
大学生乙

427 :名無しになりきれ:2006/09/29(金) 23:57:05
なぜ止まるの!?
なぜ止まるの!?

428 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/30(土) 00:03:12
>422
廣田「(意外だな、艦長も本当に人間らしく作られているらしい・・・)
    確かに油断する要素は幾つでもあります・・・が、とにかくとして
    今は目の前の戦闘に集中しないといけませんね」

[と、レーダーをチェックする、ようやく回復]

429 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/30(土) 00:03:29
やりたいことがあるひとはそれを優先しましょう

なければラウド国と戦いましょう

430 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 00:03:53
カオル「……!!」

【血まみれの床。首のない子供たちの屍。転がっている球体らしきもの……カオルはひざまずき、嘔吐した】

カオル「な、何のために……」

???「召喚のためだ」

【賢者アガナーの声が頭上から降ってきた】

アガナー「『門』は必要な時、必要な数しか呼ぶことが出来ぬ。しかし、それでは足りぬのだ。
     数多の実験をした。結果、純粋な断末魔の叫びこそが『門』を拡張できるという結論に至った」

カオル「……他に方法があったんじゃないんですか?」

アガナー「あればこのような手段など取りはせぬ」

カオル「――バレトゥムの皿のために?」

アガナー「どこでその言葉を知ったのかは知らぬが、その通りだ。世界は今災厄に襲われようとしている。
      今度こそは滅ぶやも知れぬ。それを救うには――」

カオル「嘘だッ!」

【口元をぬぐって立ち上がる】

カオル「あんたらは世界の危機も人の命もどうだっていいんだ。
    世界の危機を口実にして、自分の振ったサイコロによって世界がどうなるかを見たいだけなんだ」

【他の賢者の気配が漂う】

賢者ゲシュヒト「そうやも知れぬ。否、恐らくそうなのだろう」

賢者デストルドー「だが、カオル・カワサキよ。そなた自身は何を望む?」

カオル「何を、って……」

賢者ハルスフォム「そなたは我々を弾劾した。だが、それだけだ。我々をどうこうしようというつもりはないのであろう」

???「それが君の甘さだよ、カオル」

【壁を崩してリンドヴルム出現、銃口をカオルに向ける】

431 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/09/30(土) 00:13:10
現世に戻るのでしたら、
私も現世でやりたいことがありますのでやらせていただけたら・・・・と。

432 : ◆eXzvxwdfqY :2006/09/30(土) 01:01:14
落ちます。
それと自分は特にイベント予定はないですので

433 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 01:05:03
カオル「アルディン……知っていたのか? なら何で」

アルディン「君がどう出るか、興味があったからね。馬鹿正直に生身で来るからこうなるんだ」

【銃口を突きつけられたまま、カオルは動くことも出来ない】

アルディン「さて、選択肢は二つだ。何も見なかったことにして君の部屋に戻るか、ここで死ぬか……どうする?」

カオル「……思い出した。俺が足を折られた時のことを」

アルディン「……なんだって?」

カオル「俺が気に喰わないってだけで殴ってきた奴ら。そいつらは俺を暴力で従わせようとした。
     病院のベッドで目を覚まして、俺は決めたんだ。暴力で人に服従を強要するような奴らに、俺は従わないって。
     だからアルディン。俺は部屋に戻らないし、ここで死ぬ気もない!」

【距離を目算し、走ってリンドヴルムの足元に……行こうとした所に】

???「よく言った、カオル!」

【フングニル出現、リンドヴルムを取り押さえる】

カオル「ギールさん!?」

ギール「放置されたままのフングニルが役に立つとはな……カオル、センティコアの元へ走れ!」

カオル「で、でもフングニルじゃあ……」

ギール「……センティコアの以前の操者、イリア・エアルドレッドに、俺は惚れていた」

カオル「!」

ギール「そのイリアを選んだ、センティコアが選んだお前だ。俺はお前を信じる。ゆけ、カオル・カワサキ!」

【格納庫に走り出すカオル】





434 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 02:02:11
ここで落ちます

435 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/30(土) 23:08:56
こんばんは

今日は中止ですか?

436 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 23:13:42
こんばんは
このまま進めてもいいのでしょうか?

437 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/30(土) 23:15:27
カオルさんが戦闘中に合流するか
このまま戦闘前に合流するか決めてください

438 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 23:21:17
>>437
戦闘中でお願いします。

439 : ◆wN9nkQYR/E :2006/09/30(土) 23:23:07
こちらは敵国の情報もないですし
敵を動かせないので、戦闘はできません

なので今日はなんもないかと

440 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 23:42:31
では締めを

>>433
【脚部だけになったフングニルを睨みつけながら、アルディンは荒い息を吐く】

アルディン「……騎士ギールじゃ、僕には勝てませんよ……」

【魔術師の報告】

魔術師「カオル殿はセンティコアで逃走しました。現在追っ手を……」

賢者アガナー「追わずとも良い。アルディンもだ」

アルディン「……どうなさるつもりですか?」

賢者バーツァイ「事、ここに及んだ以上、予定に拘泥するにはいくまい。ここから離れることを提案する」

賢者ケストゥム「確かに潮時やも知れぬ。我らはここに長くいすぎた」

賢者ヤーラル「アルディン・アルジェント、そなたはヒルツ・シュレーディンガーと共に行動せよ」

賢者イバンシェ「『門』は広げられ、遠からず世界の至るところから戦の烽火が上がるであろう」

賢者フォムハイト「烽火を消すも良し、また火種となるもそなたたちの思うままに」

賢者エスハイブ「我らが求めるのは、戦火。混乱は望むことではないが、結果ならばやむ無し」

十賢者「「「ゆけ、アルディン・アルジェント。祝福はせぬ」」」

【アルディン、一礼して退室】

アルディン(一応、あいつにも伝えるか……)

441 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/09/30(土) 23:45:19
【一方、センティコアで逃走中のカオル】

カオル(僕を……呼んだのはどんな奴だったんだろう……)

【西へ向かう】

カオル(彼らのところへいこう。レジスタンス……彼らなら、何をすればいいのか多分知っている……)

442 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/01(日) 00:10:56
*こんばんは*

廣田「・・・しかし、東に行けば確実に潰される・・・
    それに、南の自軍の兵士が明らかに邪魔になっている・・・
    だが、頭は無事、だからこそここは攻めて・・・

    しまった!伏兵か!すっかり忘れていた・・・
    これで前線は孤立する・・・くそ、これまでか!」

CPU「テェックメイト、廣田サン、これで4連敗です。」

廣田「・・・敵が来ない戦場は平和ですね・・・
    (暇ではないんです!これは一種の練習でして・・・)」

[と、言い訳をしつつ膠着する状況を見届ける]

443 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 00:30:23
こんばんわ

>>441
ジグルズ「(あれはこの間の機体じゃないか…。
単機で何をしに来たんだ?)
アンドヴァリナウト…周辺偵察のために出撃する!!」

〔鮫肌より出撃〕



444 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/01(日) 00:34:18
>>443
戦闘中の戦場にぶつかってしまう予定だったんですが……

445 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 00:37:06
>>444
すんません

では取り消し。

えっと、今いるプレーヤーが少ないので戦闘は明日にしますか?

446 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/01(日) 21:44:55
こんばんは。

447 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/01(日) 21:50:23
こんばんは

448 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/01(日) 21:58:31
今晩は

449 :レイン・エヴェレット ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/01(日) 21:59:37
こんばんは

450 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 22:01:59
こんばんわ

そろそろ、戦闘やりますけどよろしいですか?

451 : ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/01(日) 22:03:37
こんばんは

いいんじゃないでしょうか

452 :名無しになりきれ:2006/10/01(日) 22:04:57
>451
誰?

453 :名無しになりきれ:2006/10/01(日) 22:15:08
まじで誰?

454 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 22:19:48
〔エアナイツ3番隊輸送艦〕

隊員A「隊長、レーダーが不審艦を二隻捉えました!
いかがなさいますか?」

ノーベルゲン「こんなときに不審戦とはな…。レジスタンスの一味とみて間違いない……。
よし、諸君…あの艦を捕えるぞ!!
エアナイツの誇りにかけて!!」

隊員一同「了解!!」

〔グッルトップとフングニル(エアナイツ仕様)×12出現〕

ノーベルゲン「さて、不審艦はどうでるのやら…。
諸君、敵が仕掛けるまでは手出しは無用だっ!!」

455 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/01(日) 22:27:31
こんばんは

456 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/01(日) 22:39:49
こんばんは

>454
ヘラクレス「1時の方向より敵確認
        こちらに向ってくる」

【艦内にアラートが鳴り響く】


ヘラクレス「戦闘態勢にはいる
        パイロットはすみかに所定の機体で発進せよ
        なお今回は海上戦となる、機体の換装が終わっていないものや
        適応が無いものは陸に上がるまでは出撃を控えろ」


457 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/01(日) 22:39:50
>454
廣田「3-3角、王手」
CPU「134-135、コミ有りで私の勝ちです。」

[だんだん何をしているのか分からなくなってきている]

廣田「うん、レーダーに何かの反応・・・?
    敵兵力だと思っても良いのかな?取り合えずハーキュリーに打電・・・。
    攻める気があるならミサイルの一発でも撃って来るでしょう。」

[あくまでも呑気な姿勢を崩さない]

458 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/01(日) 22:49:54
>>454>>456
【アラートとハーキュリーからの通信を聞いて】

ギルト「ふん。陸地まで行かなけりゃ出れない奴らがいるって事は、
     時間稼ぎでもすればいいかよ?
     この程度なら、そこまで待たなくても殲滅できそうだがな……
     オルトロス、出るぞ」

【オルトロス出撃】

>>457
ギルト「……」

【敵が出現したと言うのになんら変わった様子のない鮫肌を
 不審に思って回線を開くと、あまりにのんきな様子にしばらく沈黙】

ギルト「一応言っておくが、迎撃の準備くらいしとけよ……空戦可能な奴ら以外、
     しばらく出れないらしいからな。そっちにも何匹か行くぞ」

459 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/01(日) 22:56:43
>456
廣田「(0.01秒の差で打電が遅れるなんて・・・くやしい!)
    海上戦なら鮫肌に・・・と思ったけど水中で出撃は大変ですよね
    ・・・陸地まで戦艦を動かさないと駄目だな・・・。」

>457
廣田「(確かにさっさと攻めるのも一番だけど、この戦艦目立つからなぁ)
     (必殺技が自爆武器じゃ戦い難いったらありゃしない)

[モニターに敵機を映す。]

廣田「分かりました。後部砲門開け、敵機が射程に収まり次第
    砲撃を開始いたします・・・もう少しかな」

[後部が開く]

460 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/01(日) 23:00:12
>456
レイン「ラウド国の戦力?なら、行くわ」

[鮫肌の格納庫でスタンバイ]

>457
レイン「廣田クン、敵が出てきたから遊ぶのはやめて真面目に、ね?」

[注意する]

レイン「ハッチ開けて。行くわよ」

461 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/01(日) 23:09:58
>456
[艦内通信を受けて]
レヴィン「陸地に着くまでは敵に会わない方が嬉しかったんだが、そう甘くは無いと言う事か……
     レヴィン=ハイウィンド、出る!」

[レイ・ランサー出撃]

462 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 23:21:02
ノーベルゲン「これはこれは見たことのない機体ばかりだな…。まさか、レジスタンスの切り札かっ!?」

〔出撃している各機体を見渡す〕

ノーベルゲン「初めまして。私はラウド国エアナイツ3番隊隊長のレッツィア・ノーベルゲンである!
貴殿らの戦艦は我が軍には登録されてない。つまりは不審艦ということになる。
ここはラウド国領海であるため、当方は貴殿らを逮捕する。
それが、嫌なのならば即刻引き返すのだな。」

〔鮫肌とハーキュリーに通信〕

ジグルズ「アイツは確かエアナイツの…。」


463 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/01(日) 23:27:37
>>462
ギルト「……ムカつく野郎ばかりだな、この世界は」

【傍受した通信を聞いて回線を遮断した機体の中で一人呟くと、ハーキュリーと鮫肌へ秘匿通信】

ギルト「やるんだったら不意打ちだが、まさか真っ正直に宣戦布告しようと
     思っているわけじゃねぇだろうな? ……仕掛けるぜ?」

【一応確認の形を取ってはいる】

464 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/01(日) 23:28:26
>461
廣田「敵機は12、飛行型ですが、それ程強力な機体ではありません
    油断は禁物ですが・・・頑張ってくださいね。」

>462
[通信を聞いて]
廣田「逮捕と来ましたか・・・いやはや、こういう場合は拿捕が適当でしょうけど・・・
    ま、断固拒否させて頂きましょう、ラウドの機体だと分かったならば。」

[後部ピットよりニードルが顔を見せる]

>460
廣田「遊んでるわけでは無いんですよ・・・。
    ですが、忠告感謝いたします。」

[チェスの駒を拾い上げて手前のモニターに置く]

   (緊張感がないのは、戦闘の雰囲気がまだ掴めてないから・・・かな)

[チェスの駒が指す敵機にニードルが発射され、弾頭から六発のミサイルが流れ落ちる]

>463
廣田「あ、攻撃しちゃいましたので・・・総攻撃開始!バァーンと行きましょうか」


465 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/01(日) 23:31:04
>462
ヘラクレス「・・・・・・・・・」


ヘラクレス「どうやら本陣にレジスタンスは攻め込んでいないようだな
       我々をただの不審者だと思っている・・・」

>436
ヘラクレス「そのまま交戦しろ
       我々はレジスタンスの支援に来ている、ここで彼等を倒しておく事も必要だ
       少尉、できるだけ敵を引き付けておけ、ハーキュリーと鮫肌が陸についたら戻って来い」

466 : ◆avj18oEuhg :2006/10/01(日) 23:36:20
>>464
ジグルズ「よし…、出撃する!!」

〔アンドヴァリナウト出撃〕

ノーベルゲン「あの機体は…!?フフフ…、やはりこの部隊はレジスタンスだったか。
おのれ、ジグルズ!
今日こそ貴様を葬りさってやる!!」

〔グッルトップ、突撃〕

ジグルズ「またお前か!」

〔回避〕

ノーベルゲン「敵が仕掛けてくるぞ!
各機はミサイルで弾幕を展開せよ!」

〔フングニル、ミクロミサイル一斉発射〕

467 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/01(日) 23:39:49
>>464
ギルト「ふん……もう少し固い野郎かと思ってたが、まあ、いい。
     了解だ。行くぜ」

【面白そうな声音を含んだ声で答えると、フングニルの群れへ突撃】

>>463
ギルト「……囮か。ま、いいだろ……」

>>466
ギルト「ふん。焼き落としてやるぜ……」

【右腕を大きく振りかぶり、真っ直ぐ振りぬくと炎がミサイルの
 一部を飲み込み、爆発させる。そこの開いた穴を抜け、
 フングニルたちへ接近していく】

468 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/01(日) 23:39:59
>462
レイン(…ごちゃごちゃうるさいわね。逮捕。馬鹿にしてんの?)

[鮫肌から出撃]

>464

レイン「徹底的にたたいてくる」

[Z・Oサイズを振り回して敵部隊を煽る。
敵陣へ突撃]

469 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/01(日) 23:41:25
>463 >464
[攻撃を開始したオルトロスと鮫肌を見て]
レヴィン(まあ、こうなるのが普通だな)
     「んじゃこっちもやりますか」

>466
[相手のミサイルをマイクロミサイルランチャーとマシンキャノンで迎撃しつつ]
レヴィン「どうやら以前に戦った雑魚とは練度が違うようだな……まあ、正規軍ならこれぐらいでないとな!」


470 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 00:02:09
こんばんは。
遅くなりました。

>464
弥生「・・・・チェスの駒で指示が出せるの?面白いわね」

[何故かブリッジに入ってくる]

弥生「私の機体、海でも使えるんだけど相手が飛んでるとなると・・・・・
海中から空中の敵を狙うのはさすがに難しいもの。
下手に手出しして足手まといになるより、ここで戦況を観察してた方がいいでしょう。
陸までまだ距離はあるし・・・・・」

[そう言いながらモニターの近くへと歩み寄っていく]

471 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 00:02:32
隊長A「エアナイツを舐めるな!」

〔接近するオルトロスにアイアンソードで斬りかかる〕

隊員B「集団戦ならば…!!」

〔レイン機に三機でマシンガンで襲撃〕

ジグルズ「やぁぁぁ!!」

〔龍撃砲で攻撃〕

ノーベルゲン「お…おのれ!!」

〔シールド防御〕

472 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 00:10:08
>>471
ギルト「悪いが、接近戦は専売特許だ。俺の間合いで後れを取るわけにはいかねぇな」

【機体を翻らせて攻撃を透かし、腹部へ向け膝蹴り、少しタイミングを
 ずらして、空中から海面に叩きつけようとしているかのような勢いで、
 打ち下ろす様に肘打ちを放つ】

ギルト「武器を持ってるから接近戦なら有利だとでも思ったか?
     短絡的だぜ……救えねぇんだよ」

473 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/02(月) 00:11:45
>471
レイン「…甘いわね。残念だけどフランヴェルジュと私には…当たらないわ」

[回避しつつラアム・ショットガンを3機めがけて連射。距離を詰める]

レイン「落ちろっ」

[そのまま停まらず内1機に手刀をくりだす]

474 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 00:14:15
>465
廣田「では艦長、私は一足お先に陸へ向かいます。
    ・・・大丈夫ですよ、ミサイルもビームも水の中には届きませんから。」

>466
廣田「おっと、ジグルズさんも出撃しましたね
    ・・・電波の調子?聞き取りづら・・・。
    うん?敵の攻撃か・・・ただの威嚇程度だろうね。」

[と、水面に近づく]

>467
廣田「ふふ、頑張ってくださいね、鬱憤晴らし・・・」

[意味有りげに笑みを含め、見送る]

>468
廣田「バァーンと御願いしますね。」

>469
廣田「(レヴィンさんがてこずってるのか?とすると以前よりは敵は強いか・・・)」

>470
[弥生の方を振り向き]

廣田「あれ、ブリッジは入れないはず・・・あ、ロックし忘れてたのか
    ・・・これですか?ちょっとインターフェスを改造しましてね。
   陸はもう直ぐですよ、水中から最短距離に向かいますから。」

[潜行、空中の敵を嘲笑うかのように突き進む]

廣田「・・・到着、記録23秒。
    丁度良いですので、このままミサイルを撃ち込んでおきましょうか」

[現在地:戦場から少し離れた陸地。]

475 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 00:26:37
【ハーキュリーも陸地へと到着】

ヘラクレス「よし!海上で戦っている者は直ぐにこちらに戻って来い
       待機しているものはすぐに発進しろ」



【ハーキュリーのビームランチャーが動き出し交戦地区に狙いが定まる】

ヘラクレス「援護射撃だ直ぐに3カウントで離脱せよ
        3 2 1 発射」

【ビームランチャーがその周辺に打ち込まれる】

476 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 00:26:43
>>472
隊員A「えぇっ、そんな…」

〔機体が海面に叩き付けられたショックでパイロットの意識が飛ぶ〕

ノーベルゲン「あの機体は接近戦が得意と見た…!各機は射撃戦に移れ!!」


>>473
隊員B「エアナイツがこんなところで…」

〔フングニルB大破、CとDは回避〕

ノーベルゲン「貴様の…貴様の存在だけは許さん!!」

〔アイアンランスで攻撃 アンドヴァリナウトはグラムソードで受け止める〕

ジグルズ「何故…そこまで俺にこだわるっ…!!」

477 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 00:27:41
>474
弥生「・・・・・・・美樹、何かいつもと違うわ」

[何となく廣田の雰囲気がいつもと違う気がしてそう呟くが、陸についたのを確認すると扉の方へ]

弥生「・・・・・急いでくれてありがとう」

[そう言い残して格納庫へ]
[シュトゥルム出撃・そのまま陸地で待機]

478 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 00:33:15
>>475>>476
【水面に叩き落としたのを確認すると、そのまま陸地へ向かう】

ギルト「……こういう場合は、最悪でも10カウントくらいの猶予があって然るべきだろうが。
     俺は別にかまわねぇがな……巻き込まれる奴が出たらどうする気だ?」

【鮫肌周辺に到達するとそのまま滞空】

479 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 00:34:40
[鮫肌とハーキュリーが陸地の上空まで移動したのを確認して]
レヴィン「さて、本隊が陸地まで辿り着いたんで、ちょっと呼んで見ましょうか」

[フングニル数機に向かってメガビームランチャーを撃った後、飛行形態に変形して陸地へ向かう]

480 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 00:40:25
>478
ヘラクレス「全体の技量に合わせたら3カウントと計算が出た
        10にしてほしかったら常に手加減して戦え」


【オルトロスが離脱したのを確認して】

ヘラクレス「全砲門一斉射撃 発射」

【ハーキュリーからの一斉射撃が開始される】

481 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/02(月) 00:41:22
>475>476

レイン「了解」

[残りの2機をZ・Oサイズで斬りつけてから、2艦の陸地へ]

482 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 00:44:31
>474
廣田「そうですか、いつも通りだと思うのですが、ははは。」

[と、屈託の無い笑い声を上げる。その横には
 超強力カットナライザーと書かれた薬が置かれている。副作用らしい]

廣田「ええ、貴方方の援護無しには生きられないのが戦艦ですから・・・ふふ。」

>480
廣田「それじゃ、援護砲撃開始・・・ヘラクレスの砲撃後、ノーカウントで
    ・・・高水流ストーム、行け。」

[マッハ5で極細の水の槍が敵陣に掃射される]

483 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 00:48:15
隊員C「隊員ぉぉぉ!!」

〔ハーキュリーとレヴィン機の射撃によりフングニルC・D・E・F大破〕

ノーベルゲン「何っ、上陸されただと…!?」

ジグルズ「せいっ、たぁぁぁ!!」

〔グラムソードでシールドを破壊〕

ノーベルゲン「盾がやられたか…!」

ノーベルゲン「残った機体で鮫型戦艦を落とせ!!周りには構うな!!」

〔残った6機のフングニルが隊列を組んで鮫肌に接近 マシンガンやミサイルで弾幕を張る〕

484 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 00:50:47
【小高い山の上から戦場を見渡す】

カオル「まずいところにきたと思ったけど……僕の出番は必要なさそうだな、センティコア?」

【このまま戦況を傍観する】

485 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 00:56:12
>>480
ギルト「……くだらねぇ。生きるか死ぬかで手加減しろだ?
     笑わせるんじゃねぇよ……。とりあえず一通りは
     離脱できてるみてぇだから、これ以上は言わねぇがな」

>>483
ギルト「通すと思ってるのかよ? おめでたい奴らだ」

【スルリと鮫肌とフングニルを結ぶ直線状に入り込むと、
 腕から噴き上げさせた炎を手当たりしだいフングニルの
 方向へ向けて蹴り飛ばす】

ギルト(下手な鉄砲も数撃てば当たると言うからな……
     当たらなくても隊列は乱れる。後は他に任せればいい)

486 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 00:57:15
>483
ヘラクレス「鮫肌に近づけさせるな
       弾幕を張れ!」

【ビームランチャーをフングニルの列に叩き込む】

>484
【レーダーに反応】

ヘラクレス「伏兵だ!レーダーに反応あり
        データあり・・・これはこの間の・・・・

       そこの機体!我々は10賢者と会うことはできない
        速やかに立ち去れ!」


【ビームランチャーを威嚇射撃で撃つ】

ヘラクレス「次は確実に当てるぞ」

487 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 00:58:51
>483

[襲撃に物怖じもせず]

廣田「大層集まってきましたね・・・耐えられそうかな?
    艦首、チョウザメ型ラムにエネルギー充填・・・。」

>484
廣田「有難う御座います・・・これで心置きなく・・・
    ですが、少し危ないですよ。」

[猛攻に耐えつつ、エネルギーは溜まる]

廣田「ファイア・・・」

[高速でフングニルの列に突撃、回転するラムで敵を切り裂こうとする]

488 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/02(月) 00:59:57
>483
レイン「突っ込んできた。…でも狙いはもうついてるわ」

[突撃してくるフングニルに狙いを合わせ]

>485
レイン「3数えるまでにそこから飛び退いて」

[巻き込み確認]

レイン「3?…デッドエンドシュート!」

[アキシオンバスターで前方を一掃]

489 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 01:06:04
>483
レヴィン「突っ込むつもりならな、自分の機体が落ちない程度には回りに気を配るべきだと思うぜ」

[マイクロミサイルランチャーとメガビームランチャーをフングニルの集団に向かって撃つ]

490 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 01:07:44
>483
弥生「・・・・通さないわ」

[リニアライフルをフングニルの群れに速射]
[と同時に何発かミサイルを放ち、その爆風で敵の攻撃と視界を遮る]

>487
弥生「!?・・・・・だめ、突っ込んだら・・・!」

491 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 01:09:01
>>487>>488
【何発目かの炎を蹴りこむと同時に飛びのき、双方の射線から離脱】

ギルト「……一応、足止めはしてやったんだ。きっちり決めろよ」

【移動し、ハーキュリー付近に滞空】

492 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 01:11:21
>>486
カオル「スクートゥム・フィールドで防げ!」

【青く光る楕円形の光の壁がビームを防ぐ】

カオル「今の僕は敵じゃない! 信じてくれ!」


493 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 01:12:16
隊員「我らが死んだところで…」

〔総攻撃に次々と大破するフングニル〕

隊員L「ぬぉぉぉ、ラウド国万歳!!!」

〔唯一総攻撃をくぐりぬけた一機が鮫肌に特攻 砲台にぶつかり爆破する〕

ノーベルゲン「よくも…私の部隊を…!!
貴様ぁぁぁ!!」

〔アイアンランスを射出〕

ジグルズ「いい加減にしろッ!!」

〔アイアンランスを切り払いそのままグッルトップをまっ二つに斬る〕

ノーベルゲン「私は…私はエアナイツなのだぞ……!!
魔導士でなくとも私は…!!!」

〔グッルトップ大破 ノーベルゲンは脱出する〕

ジグルズ「艦長、婆さんから通信が来た。
ついに闘いが始まったようだ。レジスタンスが僅かに劣勢気味らしい…。」

494 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 01:20:04
>493
廣田「壊滅・・・、そして死に際に花を咲かすもまた美しい。」

[とことんテンションがあがる、がダメージは蓄積 80%]

CPU「後部より砲撃、すぐに回避されたし。」
廣田「え、どこどこ?」

>488
>489
>490

CPU「マッハ3で突撃なんてするもんじゃないですね」
廣田「他人事かい!」

[味方の砲撃が掠めて 65% だが、そんな素振りを見せずに帰還]

廣田「ふぅ、危なかった・・・自爆は洒落にならないものね
    ・・・おっと、何々?レジスタンスが劣勢?こっちは優勢だのにねぇ・・・」

[と、左手に置かれた茶をすする、まだカオルに気付いていない]

495 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 01:22:07
>492
ヘラクレス「・・・・・・今の我々はラウド国と交戦中だ
       君に敵意が無くとも戦場付近になんの警告もなしに潜伏していれば
       我々も攻撃をするのは当然の事だ」

ヘラクレス「なら何しに来た?私とて君を敵と思ったことは無い
       だが友軍とは思えない」


>493
ヘラクレス「散ったか・・・・」

【ジグルスの通信を聞き】

ヘラクレス「ではこれより最大出力でラウド本拠地に向う
       時間が無いので各員の整備状況は見れない、エネルギーと弾薬の補充だけすませろ
       また直ぐに飛び立てるように準備もしておけ、以上」

496 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 01:26:05
>>495
カオル「な、何があったんだ? 僕も同行させて欲しい。僕が知る限りの情報は全て話す」

【子供たちのことを思い、声がかすれ、涙が出そうになった】

カオル「どうか助けてくれ……」

497 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 01:26:15
ジグルズ「(鮫肌の艦長…薬でもやっているのか?危険だな…。)」

〔アンドヴァリナウトはハーキュリー甲板に着地する〕

ジグルズ「艦長、このままワルハラに向かってくれ。北西に進めばたどり着くはずだ。」


498 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 01:29:38
>>494
ギルト「……見かけによらず無茶苦茶をしやがる。
     砲撃かと思ったら突っ込んでくんだからな……
     飛び退いた後に目を疑ったぜ」

【どことなく声音に呆れと皮肉を滲ませて】

ギルト「……とりあえずハッチを開け。本拠地到着前に
     補充くらいはしておけと、ポンコツのお達しだからな……」

499 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 01:32:16
>494
レヴィン「こっちの機体も補給をしたいので着艦許可を求む」
(それにしても、今のはまるで別人のような戦い方だったな……)


500 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 01:35:46
>496
[やっとカオルに気付きだす]
廣田「おっと・・・敵か?十賢者の手下だったよな・・・様子がおかしいな
    ログを漁って・・・ふむふむ、投降するつもりかぁ・・・ハッチ開けー。」

[敵全滅に伴い、ハッチを開く準備をする]

廣田「・・・うう、胃痛だからって、薬飲みすぎだな、これは。」

>495
廣田「分かりました。ハッチ・・・」
CPU「第三ハッチ中破、後部砲門中破、後部エンジン小破・・・。」

廣田「(絶句)」

>各員
廣田「第3ハッチ以外を開放しておきます。修復と補給はそっちで・・・
    オートパイロット、ハーキュリーに追従、頭痛くなったな・・・。」

501 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 01:37:07
>494
弥生「・・・・・相変わらず無茶ね。
目的地までの間、戻らせて。艦長もそう言ってるわ」

[着艦許可を要求]
[ハッチが開いたのを確認して着艦]

502 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 01:38:14
>496
ヘラクレス「・・・・・・・・」

【廣田艦長に話そうと思ったが今の彼は冷静さを欠いているため
 相談はできないと判断】


ヘラクレス「・・・・・・・・来たければ来たまえ
       ただし、行き先は戦場だ、後戻りはここでしか出来ないぞ
       君がなぜここに来たのかはあとで聞こう

       信用されたくば私の命令を聞き、戦場で戦ってもらう
       無論、本当に信用されるかは君次第だがね」

【ハーキュリーの後方ハッチが開く】

ヘラクレス「この中に入れば地獄行きも同然だ、地獄がいやなら帰ることだ」

503 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 01:40:52
>>500
ギルト「後先考えねぇからそうなるんだ……
     お前も頭の螺子が何本か飛んでるぜ……多分な」

【第二ハッチへ着艦】

504 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 01:45:16
>500
レヴィン「後先考えずに突っ込むなんて、いつもの君らしくないな」

[第一ハッチに着艦]

505 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/02(月) 01:45:47
>494
(胃薬の過剰摂取じゃこうはならないはず。…いったい何が起きたの?)

[鮫肌へ帰還する]

レイン「損傷は皆無ね?
問題は無いわ」

506 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 01:49:03
>>502
カオル「……戦いますよ。地獄も修羅も冥府魔道も、何もない空っぽの虚無よりはずっとマシだ」

【鮫肌に入る】

今日は落ちます

507 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 01:52:10
[通信の声は空しくも無人のブリッジに響く*ログは保存されます]

[医務室]
廣田「あー、頭が割れそうです・・・
    常備薬が欲しいっていったのに・・・気の利かないCPUですねぇ・・・」

[医務室のモニターにハッチの様子が映し出される]

廣田「あー、この薬作った会社絶対訴えるからね・・・
    地球に戻れたら、だけど、戻れたら・・・。」

[修復、補給指示を出してモニターを消す]

>506
廣田「ん・・・さっき見慣れない機体が入って行った様な・・・
    いや、見た事がある。確か十賢者の・・・」
CPU「ハーキュリーのハッチ開いたままですよ。」

[水を飲んで、ゆっくりブリッジに]

508 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 01:54:45
〔ワルハラ城・玉座の間〕

宰相「国王さま…、現在我が軍はレジスタンスと…」

国王「準備はどうか?」

宰相「ですから、我が軍は…」

国王「準備はどうかと聞いている!!」

宰相「ははぁ…。それでしたら、もう間もなく完了いたします。これで、やっとチキュウに…」

国王「うむ…そうだな、ロキ。
今こそチキュウに往くべき時である…。
(我はこの時を何年待っただろうか…。)
では、我も参ろう!!」

〔国王は城の玉座から立ち、地下ドックに向かう〕

宰相「(グヒヒヒ…これでチキュウ侵略が始まるぞ。そうなれば世界は……。)」

509 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 02:01:14
本日はここで落ちます

510 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 02:04:33
地球へ戻る方法は国王の償還に巻き込まれてもどるでいいんですか?
それとも地球へ向った国王の後を追ってですか?
それとも別の方法ですか?

511 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 02:18:13
ここまで落ちます。

512 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 02:30:56
私も落ちます。

513 :名無しになりきれ:2006/10/02(月) 20:52:17
まったく戦艦の姿が想像できない

514 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/02(月) 21:30:12
すいません今日は参加できそうにありません

>513
ハーキュリーはラーカイラムみたいな艦に
リンホースJrのビームラムが付いてる感じのイメージです
カブトムシの角で突撃攻撃をかけます

中は特機とか4機くらいは搭載できるくらいの大きさです
描写してませんがヘラクレス以外にも人間の乗組員が50人はいます

515 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 21:35:52
今晩は

>513
鮫です。とにかく鮫です。

516 :名無しになりきれ:2006/10/02(月) 21:51:13
なんか鮫肌はダライアスのボス敵として出てきそうだな

          WARNING!! 

      A HUGE BATTLESHIP
              IS
      ARREOASHING FAST.

517 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 22:30:44
こんばんわ

518 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 22:38:21
こんばんは

519 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/02(月) 22:42:31
こんばんは

520 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 22:48:58
こんばんは。

521 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 22:54:49
[鮫肌はラウド本拠地に向かって移動中です]

廣田「・・・さて、と取り敢えずレジスタンスの戦況を確認して
    後は機体の補給ですね、おっと、もう終わってるのか・・・素早い。」

[茶をすすりながらモニターをしげしげと眺める]

廣田「(ジグルスさんを呼び出して状況を伝えてもらうか
    それとも、あの十賢者の奴を呼んで話でもしようか・・・)」

廣田「まぁいい、ゆるりと進軍せよ・・・
    後、十賢者の人、ブリッジに来てください。」

522 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 23:07:48
【ブリッジ】
カオル「僕の名前はカオル・カワサキ。日本人です」

【通っていた高校の生徒手帳を見せる。出席番号10番川崎薫】

カオル「僕は六月、レヴィアタンの侵攻での避難中にこの世界に転送されてきました。
    それから勘定すると、四ヶ月くらいにはなると思うんですが。どうなんです? 
    地球とこの世界に時間の流れの差異はあるんですか?」

523 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 23:23:22
>522
[生徒手帳をじっくり眺める、目の前には自分と同じような年頃の人間がいる]

廣田「畏まらなくて構いませんよ・・・同い年でしょう、多分ですが
    ・・・レヴィアタンは我々が打倒しましたが、特に時間の流れに変化は
    無いんじゃないでしょうかね。」

[やや茶を濁し、ゆっくり振り返る]

廣田「ヘラクレス艦長も貴方を完全に信用していない・・・
    私はしたいですがね、他の人も然りです。ですので・・・
    暫くはこの艦かハーキュリーに居て貰います。
    それと・・・そうですね、窮屈でしょうが監視をつけさせてもらいます。
    ・・・ギルトさん?御願いできますかね、嫌でしたら少尉に御願いしますが。」

[と、艦内放送のマイクに口を近づける]

廣田「申し遅れました。私はヒロタ・ミキ、こう見えても男です。」

524 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/02(月) 23:33:02
>>523
【機体内から回線を開いて】

ギルト「…話は一応聞いてたが……次はラウドとやらの本拠地だ。
     当たり前だが、俺もそいつにばかりかかずり回っていられる訳じゃねぇ。
     かなり雑になる……それは他の奴らでも同じだろうがな」

【自分が名指しされた事に、少々訝しげな様子】

ギルト「……それでもいいってんならやってやるが、どうすんだ?」

525 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/02(月) 23:33:23
>>523
【良く見れば同じ年頃の少年だということに気付く】

カオル「はあ。構いませんけど。監視みたいなものなら十賢者のところでも付いていたし」

526 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/02(月) 23:47:34
>524
廣田「ご承諾、感謝いたします・・・。」

[と、余計な事は言わずに放送を切る]

>525
廣田「と、言うわけで、えっと、この人物。」

[と、ギルトの写真を作成し手渡す]

廣田「この人に監視(のようなもの)をしてもらいます
    甘いかもしれませんが、これが私の判断ですので・・・。
    あ、機体の修理とか補給があったら言ってくださいね。」

[渡すと背を向けて通信をする]

廣田「レジスタンスへ、そちらの様子は如何ですか?
    こちらは只今よりラウド本拠地へと向かう予定です。」

527 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/02(月) 23:51:23
こんばんは。

528 : ◆avj18oEuhg :2006/10/02(月) 23:56:47
>>526
長老「状況は互角といったところかのぅ…。
我らが敵本隊を引き付けている今しか機はない。このままワルハラに進撃せよ!!」

〔双方ともに総戦力の4割は戦死〕

529 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/03(火) 00:05:11
>528
[通信を受け取り]

廣田「(本格的だな・・・全く)
    本艦はこれよりワルハラに向かいます。
    30分もすれば見えてきますので、準備の程御願い致します。」

530 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/03(火) 00:32:40
明日が早いので今日は失礼させていただきます。申し訳ない。

531 : ◆avj18oEuhg :2006/10/03(火) 00:35:40
ウチも同じですので今日は落ちます

532 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/03(火) 19:45:00
今晩は、申し訳ないのですが本日は参加できません

533 : ◆avj18oEuhg :2006/10/03(火) 21:08:52
今日は遅れるか参加出来ないかもしれません。本当にすみませんです。

534 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/03(火) 22:15:54
こんばんは

じゃあカワサキさんの尋問でもしますか?

535 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/03(火) 22:35:34
こんばんは
尋問ならどうぞ

536 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/03(火) 22:46:06
それでは
>535
【カオルの監禁されている部屋にフワフワと浮かぶ球体が入ってくる】

ヘラクレス「初めまして・・・でいいかな?私はハーキュリー艦長ヘラクレスだ
      カワサキ・カオル君であってるかな?君の事を少し調べさせてもらったら
      私の中に残されていたデータにこんなのがあったよ・・・・」

【4ヶ月前の新聞記事とネットニュースをホログラフで映す】

ヘラクレス「カワサキカオル君行方不明・・突然の失踪・・・原因は不明
       この記事には君のことが書いてあるようだな・・・・君も私達と同じ10賢者によってここへ?」

537 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/03(火) 22:54:36
>>536
カオル(球……? AIか?)

【新聞を読む】

カオル「どう見ても僕だな……そうです、僕は十賢者によって召喚されました。あの、センティコアの操者として」

538 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/03(火) 22:58:50
>537
ヘラクレス「やはりそうか・・・君の身元は判明したよ
       この世界に飛ばされてさぞ辛かっただろう・・・・

       センティコアとは君の機体の事かな?
       申し訳ないが君の機体は今調べさせてもらっている。現在のところは怪しい箇所はないが
       こちらの技術では解析が不可能な場所や不明な所もあるがそれは後に分かる事だ」

ヘラクレス「君がこの世界に来た理由は分かった・・・だが
       なぜ君や、私達を10賢者は必要としたのかな?我々がなぜ必要なのだ?」

539 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/03(火) 23:17:16
>>538
カオル「あ、一つ言っておきたいことがあるんですが、僕とこの艦の皆さんが召喚された理由は異なるはずです」

【前置きする】

カオル「センティコアの以前の操者が死亡したため、僕が呼ばれたのだと聞かされました
     センティコアは『聖機人』という、こちらの世界の人型兵器であるところの魔導人形と似て非なるタイプの人形です。
     それを扱うには資質が必要らしくって、賢者たちは資質を持つ者を聖戦士と呼んでました。
     こちらの世界で一般に言う魔術回路というやつと同一らしいんですけど……」

カオル「この艦が召喚された理由は、一つは壮大な魔術実験です……」

>>396-397>>430
【バレトゥムの皿について話す。無論「門」の拡張のために殺された子供のことも】

カオル「彼らが語る『災厄』というやつが何かは僕は知らない……
     でも、多くの命を犠牲にしてまでやるべきことなのか? 僕にはどうしても許せない。
     お願いします、子供たちを救ってください」

【頭を下げる】

540 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/03(火) 23:28:22
>539
ヘラクレス「とんだ実験に付き合わされたものだな・・・・
       どうやら君もいい迷惑と言う意味では我々と同じようだな
       まったく・・・・パンデモニウムの地球への落下が防げたのかすら確認できないというのに」

【バレトゥムの皿の話を聞く】

ヘラクレス「・・・・君の話が本当だとしてもだ
       我々は自分達の世界に戻らなくてはならない、そしてこの世界へもう一度来るかは分からないだろう
       例えもう一度召還されようとも、我々は自分達の世界へ戻る事を諦めない
       なので、我々が優先すべきは、我々の世界に牙をむく敵の排除だ
        
       そして我々は自分達の世界へ戻る・・・・」

541 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/03(火) 23:37:54
>>540
カオル「『門』は拡張できる、ということは帰ることも出来るかもしれません。
     一度、十賢者の元に寄ってもらえませんか?」

542 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/03(火) 23:48:53
>541
ヘラクレス「君の申し入れは受け入れられない
       そのような話で軍を動かす事はできない・・・・それにラウド国と交戦中だ
       今ここを離れる事もできない

       我々はラウド国を倒し、レジスタンに政権が移るのを見届けたら
       ラウド国の国王が開発した技術で自分達の世界に戻るだろう・・・・もし自分達の世界に戻ったら
       はたしてこの世界に帰ってくるものがいると思うか?」


【しばらく沈黙する】

ヘラクレス「君はどこまで出来る?子供達を救うために
       君は一体どこまで出来るんだ?どこまで全てを掛けられる?
       一国の法律も宗教も分からない土地で、自分の感性だけの正義で君は子供達を救いたいと思い
       10賢者を敵に回せるというのか?もし彼らの行為が彼等の法律上問題のない行為であった場合
       君はどうするんだ?

       さあ、答えてもらおうか!君はどこまで出来るんだ!!我我が拒んだ場合!!君は何処まで出来るんだ!?
       それとも我々と同じで自分達のことを優先し、我々と帰るか?どうなんだ!!」
【口調が荒くなる】 

543 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/04(水) 00:09:13
>>542
カオル「……ッ!」

【言葉に詰まる。が】

カオル「……だからと言って見殺しに出来るかッ! 目の前で子供が殺されてるんだぞ!
     そんなことを許す法律なんか法律なものか!」

【目を伏せる】

カオル「……目の前でそんなことがあっても、僕には何も出来ないんだ……だからこうやってすがってるんじゃないか……」


544 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/04(水) 00:27:31
>543
ヘラクレス「・・・・・・・・
       よく言ったね、分かった子供は私が必ず救出しよう!そんな非人道的行為は私が許さん
       今はレジスタンスと共にラウド国と交戦中でここを離れる事は難しいが・・・・なんとしてでも
       子供達を救出しよう」
【ヘラクレスの色が白から黒に変わっていく】

ヘラクレス「この戦いを終わらせて君と私は直ぐに10賢者のところへ向おう
       レジスタンスの者にある程度話は通しておく、この艦の乗組員がこの世界に留まる事を拒否した場合は
       レジスタンスからの救出してくれる者と共に直ぐに向おう・・・
       幸い鮫肌は向こうの世界に地球へ向ってくれるかもしれない

       もし私一人しかこの世界に残ろうとしなくても、他のものは責めないでほしい
       皆自分の世界に戻りたいと思うのは当然の事だ・・・・私も艦長として彼等を安全に自分達の世界へ
       返してやりたいと強く思っているんだよ・・・

       この話はラウド国との戦いが終わるまでは伏せておこう、もし帰れることが判明した場合は
       私は託だけ托し、艦の乗組員は置いて、直ぐに救出に向う」

545 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/04(水) 00:35:31
>>544
カオル「……ありがとう」

【涙がこぼれる】


546 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/04(水) 01:03:04
>545
ヘラクレス「このヘラクレス
       そう簡単に人は見捨てない

       それでは私はこれで戻るよ、もう直ぐ闘いになるだろう
       直ぐに戦いを終わらせて向うとしよう・・・・君にこんな事を頼むのはあれだが
       君の機体は直ぐにでも飛び発てるようにしておく、戦いを早く終わらせる事が
       より早く救出できるだろう・・・・それだけだよ」


ヘラクレス「悪人には仕置きが必要だ・・・・」

【ヘラクレスの形式ナンバーのプレート ”J9”がきらりと輝く】
【部屋を退出する】

547 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/04(水) 01:25:51
>>546
【涙を拭ってヘラクレスを見送る】

カオル(……開発者か製作者かは知らないけど、「彼」を造ったのは余程愉快な奴みたいだな)

548 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/04(水) 21:40:03
今晩は、風邪には気をつけましょう

廣田「・・・ん、寝てたのか、いかん・・・いかんな
    しかし最近緊張のしっ放しだったし・・・いかんいかん。」

[一番緊張感のなさそうな奴である]

549 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/04(水) 22:07:34
こんばんは。

550 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/04(水) 22:09:02
こんばんは
今日はすすめたいですね

551 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/04(水) 22:09:37
こんばんは

552 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/04(水) 22:13:20
こんばんは

553 : ◆avj18oEuhg :2006/10/04(水) 22:32:53
こんばんわ

なんか、しょっちゅうプロキシに繋がらなくなったりして不安定なんですが参加してみますね

554 :名無しになりきれ:2006/10/04(水) 23:51:25
なんで始めないの?

555 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/04(水) 23:52:59
ttp://jbbs.livedoor.jp/computer/32400/
規制で書き込めないのでしたらこちらにどうぞ


556 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 00:04:05
廣田「寝てる間になんかあったかな・・・
    そうだ、物置を整理してそこにカオルさんを押し込もうと考えて・・・
    眠い、敵は、ラウドは・・・地図を照合して・・・
    おっと、また調子がおかしいな、殴れば治るかな?」

>546
廣田「こちら鮫肌艦長廣田です。
    動向に変化などありましたでしょうかー。」

557 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 00:09:11
本当にすみませんです。
実は先に書き込んだ直後から今までプロキシが繋がらなくなっていたんです。


ジグルズ「……見えた!
あれはワルハラだ…。
(ここまで、すんなり来れたのばレジスタンスの皆のお陰…。なんとしても、食い止めなきゃな…。)
艦長、もう王都の警戒ラインに入る。戦闘体勢に入ってくれ。
おそらく、装置は王都内部にあるはずだ…。」

558 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 00:10:41
>556
ヘラクレス「・・・特にない
       君はこれからの戦いの事を考えていたまえ
       この戦いが終われば地球へ帰れるかもしれん・・・いや、相手は地球侵攻を目指している
       やつ等の技術を使えば必ず地球へ帰れるだろう」



ヘラクレス「この戦いは早期に終わらせるぞ
       君もこの前は敵に突っ込むくらいのことをしたんだ
       今回もそれくらいの勢いで挑みたまえ」

559 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 00:14:23
>557
廣田「・・・壮観ですね、空から見ると・・・
    都と申しますか、それとも城塞と申しますか・・・
    分かりました。ジグルズさんも出撃御願い致します。」

>558
廣田「了解です。各機出撃準備御願い致します。
    目標は王都内部、転送装置の・・・(奪取?破壊?)
    ゴホゴホ、敵機の迎撃も予想されます。十分に注意を御願い致します。」

[出撃の号令かける]

560 :名無しになりきれ:2006/10/05(木) 00:20:24
本格的にまずい模様

38 名前: ◆avj18oEuhg 投稿日: 2006/10/05(木) 00:15:26

また、プロキシが繋がらなくりました。
お陰で本スレを見ることすらできません。
どうしたら、よいでしょうか?



561 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/05(木) 00:42:18
>559
レヴィン「了解、こっちはいつでも出れる。とっとと終わらせて帰るぞ」


>560
どうも携帯の鯖が落ちているっぽいなぁ。

562 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 00:50:57
繋がらなくなったり繋がったり不安定です…。

ジグルズ「アンドヴァリナウト…出撃する!!」

〔出撃〕

ジグルズ「婆さん、今着いた。そっちはどうなんだ?」

長老(通信)「やっとかえ…。
こちらは最早残り戦力は35%といったところかのぅ…。」

ジグルズ「そんな…。」

長老「これでも大分持ち堪えた方じゃよ…。
さて、これより曉作戦は第弐段階に入る!!
これでラウド国との決着をつけるのじゃあ!!」

563 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/05(木) 00:53:36
こんばんは。
すみません、遅くなりました。
後、期間は定かではないのですが、しばらく来るのが遅くなりそうで・・・・
申し訳ないです。


本日は、ジグルズさんがプロキシが繋がるまで、待機でしょうか?

564 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/05(木) 00:55:34
>562
すみません。
リロードミスです。

>559
>562
弥生「こっちも行けるわ」

[アンドヴァリナウトに続いて出撃]

565 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/05(木) 00:59:54
>>559
ギルト「……ふん。一応は奪取を前提に動いてやる。
     オルトロス、そろそろ出るぜ……」

【オルトロス出撃】

オルトロス『…………』

ギルト「さっきは不完全燃焼気味だったのかよ?
     ……安心しろ、俺もだ。暴れさせてもらうとしようぜ……!」

566 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/05(木) 01:00:37
カオル「戦闘……戦争か……センティコアで出ます!」

【出撃】

567 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 01:03:01
今日からですねアニメ

>562
ヘラクレス「了解した!
       各員戦闘に備えろ!パイロットは全員出撃だ!
       作戦内容は敵本陣との戦闘と地球への転送装置の確保だ
        あまり長い時間は帰れない、目標時間は30分だ!それいないに全てを終わらせろ!!

【作戦目標タイムを掲示する】

        泣き言は後で聞こう!「30分もいらない15分で片付けてやる」と意気込むものはいるか?
        そういう奴は前に出て敵を蹴散らして来い!!」


ヘラクレス「・・・・・」
【皆には内緒で極秘の電報を打つ】
ヘラクレス「こちらはハーキュリー艦長ヘラクレス
       この戦いが終わったらで構わない、すぐに集められるだけ人を集めてほしい
       10賢者に幼い子供達が人質になっている、子供達を救出するメンバーを集めてほしい
       なおこの事は我々の艦のものには伏せてほしい、心配をかけたくない。
       もし人が集らなければそれでかまわない、この戦いの勝利を祈っている以上。」

568 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 01:08:50
今日は落ちますね

569 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 01:08:57
>567
廣田「(そういえば・・・胃薬?の影響で無茶苦茶してたからな・・・)
    了解です。皆さん、ハッチの蓋は閉じますよ、一気にやっちゃいましょう。
    30分なん一気に過ぎちゃいますからね・・・。」

[各機の出撃する煙を見て]

廣田「・・・私からはヘラクレス様のように大きな声で命令は出来ません・・・若輩者ですし
    ですので、生きて帰ってくることを目標に、皆さんで地球に帰りましょう。」

[息を吸い込んで]

廣田「損傷の激しい後部以外の砲門を開いて・・・反応砲撃準備。」

570 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 01:14:38
宰相「国王さま…先程エアナイツ3番隊が壊滅したとの報が。」

国王「あの3番隊を壊滅させることのできる隠し戦力がレジスタンスにあろうとはな…。」

宰相「そして…その隠し戦力が王都に侵入しようとしておりますのです…。」

国王「フッ…そうか……。噂通りならばあれは地球の戦艦と機械人形と聞く…。
(これはゲート解放の役に立つかもしれん…。まぁ、せいぜい利用するか……。)
よし、王都に残留している地球侵攻部隊は全艦発進せよ!!これより、地球進行作戦を開始する!!」


〔城周辺に大艦隊が展開する〕

国王「さて…、今の地球の連中がどのような戦力を持っているのか見定めさせてもらおう」

〔フングニル(エアナイツ仕様×30機出現)〕

571 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 01:17:41
>570
[レーダー反応]

廣田「っ・・・各機に通達、敵機が出現、その数およそ30!
    迎撃部隊と思われます。各個撃破御願いします。」

572 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/05(木) 01:33:49
意識が朦朧と…申し訳ないですが落ちます。
進めるのであれば気にせず進めてください。

573 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/05(木) 01:38:46
>570
レヴィン「早速お出ましか、それではお手並みを拝見させてもらうとしますか」

[マイクロミサイルランチャーとメガビームランチャーを敵機群に向けて発射]


本日はここで落ちます

574 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 01:38:49
私も落ちます。

575 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/05(木) 02:02:55
>567
レイン「…15分?10分でやって見せるわ」

[各機に続き出撃]

>570
レイン「なかなかの数ね?…でもね」

[フェザー・スレイヴでフングニルの群れを強襲]

576 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 02:06:48
>>573
エアナイツ2番隊隊長「我ら国王直下の部隊は一味違うのだ。3番隊と一緒にされては困るのだよ。」

〔回避〕

隊長「各機は4機で編隊を組み、各個撃破せよ」

〔マシンガンとミサイルが一斉に放たれる〕

今日は落ちます

577 :名無しになりきれ:2006/10/05(木) 02:07:21
アニメ版ひどかったな
OPとアバンのアストラVSディストラはすごかったのに…

578 :名無しになりきれ:2006/10/05(木) 02:23:05
あ、テレ東のOGの方ね

579 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 20:23:00
こんばんは
皆さんは書き込めてますか?それとも観覧もできないですか?

580 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 21:05:15
今晩は、私は書き込めます。

廣田「(作戦タイム・・・)」

581 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/05(木) 21:21:12
こんばんは。問題ないようです。

>>567
ギルト「……ふん、15分あれば釣りが来る。充分だ」

>>570
ギルト「……ぞろぞろとうざってぇ奴らだな、ええ?
     数さえ揃えりゃ勝てるとでも思ってるんだろうが……
     それが甘いってことを教えてやる」

【全身をプラズマで包み込み、マシンガンとミサイルを突っ切りながら密集地に
 突っ込んでいく。プラズマの奔流が攻撃を軽減し、HP85%】

ギルト「個々に叩きやすくする事から始めねぇとな……ど真ん中突っ切って分断してやるぜ」

582 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 21:47:02
>581
廣田「(流石に突っ込むなぁ・・・)」

>各機
廣田「敵は統制の取れた部隊です。
    集中攻撃にご注意下さい。」

[ミサイル、マシンガンの射程を外しつつ]

廣田「各機を援護、ニードル掃射、後部の残弾を前部に移動しといて」

[弾幕を張る]

583 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 22:12:22
ヘラクレス「皆頑張ってくれよ
       我々はレヴィアタンを倒したんだ、このくらいの敵を倒せないで
       地球に帰ろうなんて甘いぞ」


【ハーキュリーも砲台を起動し発射態勢に入る】

ヘラクレス「(なんとしても早く終わらせないとな)」

584 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/05(木) 22:46:01
>>576
カオル「後方から援護法撃する!」

【螺旋の杖に螺旋の魔法陣が展開する】

カオル「呪文螺旋(スペルヘリクス)、シュート!」

【バリスタ・スパイクの太い光線がエアナイツを襲う】

585 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/05(木) 22:54:33
今晩は

>576
レヴィン「流石に適当にばら撒いただけじゃあ当たらないな…… なら一機づつ丁寧に落とすだけだ」
[ミサイルを回避しつつメガビームランチャーで再攻撃]

586 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 23:33:37
今、プロキシに繋がりました


〔各小隊の全機体残りHP70%〕

隊長「相手はチキュウ人だぞ!!こんなところで手間取る様ではチキュウ侵攻作戦を遂行できんぞ!」

〔各小隊の隊長機は接近しアイアンソードで斬りかかる 小隊員はマシンガンで小隊攻撃〕

国王「ほぅ…なかなかの筋の持ち主のようだな…。よし、スキーズブラズニル発進!!」
フレイヤ「いよいよですわね、兄様。」

フレイ「あぁ。これでボクらは地球に復讐できる…。さぁ皆の者…行こう、地球へ!!」

〔ラウド国軍エアナイツ旗艦スキーズブラズニル出現〕

宰相「あとは…、この闘いで涌き出る魔力のオーラが規定値に達するだけですなぁ…。」

587 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/05(木) 23:39:18
>>586
カオル「スクートゥム・フィールド!」

【楕円の光の盾が弾丸を遮る】

カオル「あの艦が母艦か……なら!」

【スキーズブラズニル目掛けてバリスタ・スパイクを発射】


588 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/05(木) 23:40:16
[各機の活躍をモニターで確認]

廣田「相手も然る者だが・・・(こちらは正規軍と呼べるほどでは無いのに)
    (機体性能もそうなんだろうけど、個人の力が凄すぎるんだよな)」

[流れ弾に被弾 残り60%]

>586
廣田「・・・接近戦に持ち込んで、この戦艦と戦うのはご法度ですよ。」

[と、わざと射線に滞空、艦前部の口が開き、敵機に噛み付く]

廣田「高密度のセラミックサーベルで補強・・・らしいね、マニュアル曰く。
    小さい機体はこれで十分」

[旗艦の発進を目視]

>587
廣田「援護仕掛ける、スキンニードル曲射!」


589 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/05(木) 23:45:40
>586
【スキーズブラズニルにビームランチャーで砲撃】
【3回に分けて発射する】

ヘラクレス「ビームランチャー発射」

ヘラクレス「出力上げるぞ!!ストロングホーン起動!!」

【ストロングホーンにエネルギーが溜まっていく】

590 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/05(木) 23:50:44
>>586
ギルト「……効かねぇな。その程度で破れるほどやわな守りじゃねぇ」

【右手を突き出し展開したシェルで弾丸を弾くと、切りかかってくる隊長機と相対】

ギルト「甘い。武器に頼りすぎなんだよ……」

【突き出した右手に展開し続けていたシェルで剣を受け、そのまま合気めいた動きで衝撃を受け流す】
【同時に下から突き上げるような蹴りを放ち、続けて身体を回転させバックハンドブローを打ち込む】

591 : ◆avj18oEuhg :2006/10/05(木) 23:55:55
>>587
フレイ「フッ…残念ながらその程度の攻撃なんぞで、このスキーズブラズニルは落とせないな。」

フレイヤ「適所魔導結界展開!これを破るのには、もっと力がいるわよ。」

〔ダメージ0〕

フレイヤ「反撃よ。」

フレイ「今はソーサリーキャノンは使えない…。
副砲1番から7番まで斉射!!」

〔副砲でハーキュリーに攻撃〕

>>588
隊員「隊長をやらせる訳には…うわぁ!?」
〔隊長機を援護防御し大破〕

隊長「お…お前って奴は……。」

592 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 00:00:32
>>591
【ハーキュリーをスクートゥム・フィールドで援護防御。残りHP85%】

カオル「あれを撃ち抜くには遠いか……」

【狙いをフングニルに変更、インパルス・ダートで攻撃】

593 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 00:06:49
>591
【機首をスキーズブラズニルに合わせ
 ストロングホーンで副砲の砲撃を防ぐ】

ヘラクレス「出力全開!!ハーキュリー発進!!」
ヘラクレス「私の前に出るんじゃないぞ!!急停止はできない!!」

【ストロングホーンにエネルギーを溜めてブースター全開でハーキュリーが突っ込んでくる】

ヘラクレス「巻き込まれたくなければ道を開けろ!!あの艦に風穴!いや粉砕する!!」

【大型船艦とは思えないスピードでストロングホーンを突き出しスキーズブラズニルに突進攻撃】

ヘラクレス「魔導結界の原理は分からんが!このストロングホーン貴様の結界と同じ能力!!
       ならば五部と五部!力と力のぶつかり間!!!貴様の艦は体当りをするようにはできていない
       早く国王を出せ!!時間をかけるのはお前じゃない!!」 

594 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 00:13:22
>591
廣田「庇ったっていうのか・・・くそ、やるしかないです!」

>589
[ハーキュリーの砲撃を見て)
廣田「(時間は30分には余裕はあるが、いつ相手が動くかは分からない)
    (あんな戦艦を平気で囮に出来るんだ・・・注意を怠ってはならない)」

>593
[口をぽかんと開けて]
廣田「熱い、熱すぎる・・・
    ・・・この戦艦にも同じように収納型のラムがある。
    しかし、パイルクラッシャ−ではあの艦を潰せるかどうか・・・。」

[脇息を叩く、するとマニュアルが落ちる]

廣田「ん?ドリルプレッシャー?必殺技だって?
    艦を急速に回転させる事とラムで敵を貫いて攻撃・・・相手は死ぬ。
    凄い、これなら・・・」
CPU「回転したら最初に死ぬのは廣田サンですね。」

廣田「ハーキュリーに敵を近づけさせないで下さい!
    艦長に続いて、城塞内部へと突撃を!装置の奪取、破壊を迅速に!」

[出来る限りの囮になるよう移動]

595 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 00:16:01
相手は死ぬってエターナルフォースブリザードじゃないかw

596 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 00:22:11
>>590
隊長「やるな、チキュウ人…。」

〔隊長機残りHP45%〕

隊員「隊長の支援を忘れるな!」

〔グレネードランチャーを発射しつつ後退〕

>>592
隊員「隊長は私がお守りします!」

〔援護防御 機体残りHP30%〕


>>593
フレイヤ「あらあら、まぁ荒々しい攻撃ですこと。」

フレイ「その艦の容姿から、ボクが見抜けなかったと思うかい?」

〔適所魔導結界を一点集中させ押し返す〕

国王「いい感じだ…。ヒトが必死に生きようとする…攻撃的な意志こそが強き魔力を産み出す…。
よし、私が出る!全軍に後退命令だ!!」

宰相「了解です、国王様…。
(そうだ、それでよい。貴様も魔導士なのだからな…。これで魔導士同士が闘えば……。)」


〔フングニル全機戦艦に後退 変わりにスキーズブラズニルよりヴァラスキャルヴ発進〕
国王「見せてもらおうか…、今の地球人の力とやらを!!」


597 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 00:25:17
>586
レヴィン「やはり、この機体は重いか…… かといってそうそう喰らってやるほどお人よしでもないがな!」
[小隊員のマシンガンでダメージ 小隊長のアイアンソードは回避 HP残り85%]

レヴィン「こういうのは、取り巻きから片付けないと面倒な事になるからな」
[小隊員に向かってマイクロミサイルランチャーとマシンキャノンで攻撃]

598 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 00:31:34
>596
ヘラクレス「押し返してくるならば!!!こちらも押し返すまでだ!!!
        100%中120%!!」

【ハーキュリーのブーストパワーが上がっていく】

ヘラクレス「今ここでお前に一撃でも食らわせなければ!!
       私はここまで無謀な事をしたいみはない!!」

【力で押し返しながらハーキュリーの砲台とミサイルランチャーが動き出す】

ヘラクレス「ゼロ距離だ!!」

【ビームランチャー、200ミリ砲、ミサイルランチャー、対空機関砲を前方に向けて全弾を発射する】

ヘラクレス「打ち破れ!!!」

599 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/06(金) 00:33:04
>596
レイン「…敵戦艦から別の機体が?」

[警戒しつつ、ラアム・ショットガンで牽制する]

レイン「指揮官機?」

600 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 00:39:37
[地球]
>595
護国寺「今頃廣田はどうしとるかなぁ・・・
     わしのお茶目な元ネタ満載の機能をフルに活用して・・・ぐはは」

[現在]
>596
廣田「直撃?まずった・・・だが今は防御だ、耐えるしかない。」

[グレネード被弾 50%]

廣田「なんですか?敵が逃げていきますね・・・いえ
    如何にもボス級出現・・・の演出ですか。」

>598
廣田「艦長、増援です・・・たった一機ですけど
    ・・・ですがデータ外ですし、嫌な予感もします。
    (時間も無いが・・・く、あの戦艦、バリアでも持ってるのか?あそこまで耐えるとは)」

廣田「援護だ、全弾、敵艦ならびに増援に集中せよ!」

[ニードルを発射]

601 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 00:40:19
>>596
ギルト「てめえらがやらなすぎるだけだろうが……。
     っと……親玉か? 先ずは一当たりしてみるべきだろうな。
     ……やれるかよ?」

オルトロス『……!』

【独り言のように呟くと、当然だとでも言うようにオルトロスが唸る】

ギルト「そうかよ……なら行くぜ…!」

【ヴァラスキャルヴに接近、中距離から右手を振り上げるようにして、
 吹き上がる炎を叩きつけようとする】

602 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 00:45:43
>>599>>601
国王「フッ…当たらんな!」

〔回避〕

国王「ならば…!ゆけっ、フギン!!」

〔ソーサリービットでギルト機とレイン機に反撃〕

>>598
フレイヤ「いくら攻撃したところで!」

〔適所魔導結界を展開しつつ防御 残りHP95%〕

宰相「ここに魔力集束装置…空間転送装置がある分だけ、いつもより結界が強くなっているなぁ。」

フレイ「よし…全艦でフォーメーションを組むぞ!各艦は魔導結界を展開せよ!!」

〔各艦の魔導結界が響き合い、より大型かつ強力な魔導結界が生まれる〕

フレイヤ「皆さん、転送までの時間はあと僅かですわ。気を抜かないようにお願いしますわよ。」

603 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 00:48:36
>>596
カオル「僕がここにいるぞ……」

【ハーキュリーの内部にいたセンティコアが出現】

カオル「この距離なら確実に貫ける! バリスタ・スパイク!」

【密着状態で撃ち込む】

604 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 00:54:11
>602
ヘラクレス「くっ!空間異常か!!やつら転送する気だな」

【ハーキュリー内の計器が異常観測する】

ヘラクレス「似ている!似ているぞ!!あの時と同じでこれは!!
       
       全機に告ぐ!!こいつを地球へ向わせてはだめだ!!なんとしてでもここで阻止しろ!
       こいつを止めるか破壊しなければ!パンデモニウムを地球へ落とすのと同じことだ!!!」


【ハーキュリー砲撃を緩めない】

ヘラクレス「あきらめるものか!!ほんの少しでも障壁に穴を開ければ
       あとは私が突撃するのみ」

605 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/06(金) 00:54:48
こんばんは。

>602
弥生「・・・・・・国王自ら・・・といったところかしら
あの二人なら大丈夫ね」

弥生「・・・・非力な機体でも一点に集中させれば威力は上がるわ」

[ハーキュリー、センティコアが集中攻撃している魔導結界の周囲にミサイル、リニアライフルを多数放ち、援護する]

606 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/06(金) 00:54:58
>602
レイン「……っく。やったわね」

[ディフレクトフィールドで防御残りHP90%]

レイン「ギルト、うまく連携をとってくれると助かるわ」

[フェザースレイブで攻撃を仕掛け、体勢を崩そうとする]

607 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 00:55:30
>>603>>604
フレイヤ「本当、無駄なことがお好きなのね貴方達は…。」

宰相「しかしだ、皮肉にもその無駄によって魔力は集まるのだ。せいぜい、あがくがよい…。」

〔防御 残りHP90%〕

フレイ「今は地球に行くことが第一優先だ!敵の挑発に乗るわけにはいかない。
本当ならボク

608 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 00:59:52
>>602
ギルト「……鮮やかに避けやがる。国王を名乗るのに
     恥ずかしくない程度の実力はあるみてぇだな……」

【ビットを防御して凌ぐ。HP65%】

ギルト「ったく、国王ってのは普通お飾りだってのに、
     妙に腕が立ちやがる。手間掛けさせやがって…」

【両腕を炎で包み込み、間を開けないように拳を放っていく】

ギルト「手数なら素手のこっちが上だ。押し込んでやる…!」

>>606
ギルト「体勢が崩れたら一撃入れてやればいいんだろ?
     言われるまでもない。手こずってる暇はねぇからな…!」

【スレイブに合わせて一際深く踏み込み、そのまま拳を突き入れる】

609 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 01:00:57
>607
ヘラクレス「なんていう装甲だ!!
        このままではこちらがオーバーヒートしてしまう・・・・」


【一度砲撃をやめて 熱を逃す】


ヘラクレス「・・・・・・・・計算中・・・計算中」


【打開策を見つけるために状況を把握しつつ周囲の異常数値を観測する】


ヘラクレス「・・・・・・この状況・・・この数値の異常似ている・・・パンデモニウムに似ている」

610 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 01:03:03
廣田「今日の艦長はまるでギルトさんだな・・・
    いや、私も達観するわけにはいかん。」

>604
廣田「空間?異常・・・確かに計器が・・・うわ!
    計器の針が・・・。」

[針が飛ぶ]

>602 >607
廣田「な、なんなんだあの戦艦は・・・傷一つついてないのと
    同じじゃないか!それに、あの機体だって・・・くそ!」

[焦る。遠距離武器が補充できていない]

廣田「・・・超近距離でストームを・・・いや、無理か・・・
    パイルクラッシャーでやるしか・・・方法が無い!」

[ラムがそそりだす]

廣田「エネルギーを込めるのはぶつけてからで良い!
    やるぞ!」

[戦艦に対して突撃を掛ける]

611 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 01:08:21
>>606
国王「いい攻撃だ…だが、当たらなければっ!!」

〔回避〕

ジグルズ「あの機体…間違いない、あの男だ!!」

〔グラムソードで斬りかかるが、グングニールで軽く受けながされる〕

国王「君はいいセンスの持ち主だが、魔導士としてはまだまだ未熟のようだな!!」

〔グングニールで突く〕

ジグルズ「のわっ!?」

〔ジグルズ機残りHP72%〕

国王「君も元はといえば地球人だ。帰りたくはないのかね?」

ジグルズ「けどっ、アナタはそのために犠牲を払いすぎている!!この大陸を炎上させてまで地球に帰りたくはないっ!!」

〔再びグラムソードで攻撃〕

国王「私はこの地で20年も待っていたのだよ。愛しき地球に帰り、愛しき地球を正すためになぁ!!」

〔グングニールでグラムソードを弾く〕


>>608
国王「えぇぃ!!この私が避けそこなるとはな…。」

〔魔導結界でダメージ軽減 残りHP94%〕

612 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 01:10:15
>>607
カオル「なんて装甲だ! もう一度……」

【センティコアが異常を告げる】

カオル「……なんだ、この魔力係数は? 何かあるって言うのか?」

【味方機に警告する】

カオル「奴らは罠を仕掛けてるかもしれない。気を付けて!」

613 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 01:15:45
>>610
【聞いていたのか、回線を開き不機嫌そうな声で】

ギルト「あそこまで猪でも暑苦しくもねぇよ。
     ……ポンコツなんぞと一緒にするんじゃねぇ」

>>611
ギルト「ちっ、それでも傷つけたのは皮一枚か。
     くたばるまで何度でも繰り返してやるまでだがよ…
     ジグルズとか言ったな……合わせろ。俺が体勢を崩す……!」

【スライディングするように機体を傾かせ、足元に向かって滑り込むように蹴りを
 放ってヴァラスキャルヴの体勢を崩そうとする】

オルトロス『…………』

【オルトロスは周囲の異様な状況を嗅ぎ取ったのか、どことなく落ち着きがない】

614 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/06(金) 01:16:26
>611
レイン「なかなかしぶとい機体ね…?」

[フランヴェルジュのシステムが時空震を感知]

レイン「こ、コレって…」

(まさか、転移するっていうの!?)

615 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 01:20:08
>611
転移するんですか?それとも阻止でいいんですか?
どちらですか?

616 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/06(金) 01:24:28
>607
弥生「本当に堅いのね・・・・・でも、ダメージが皆無なわけでもなさそうね」

>610
弥生「美樹・・・・・相変わらず無茶をするのね」

[鮫肌を援護するようにリニアライフルを弾倉が尽きるまで連射]

617 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 01:31:58
>>615
このまんまみんな飛んじゃいます。ただ、転送後は味方とラウド国は別の所に飛ばされている予定ですので


ジグルズ「つ…強い!!」

国王「どうした?君の実力はその程度かっ!!」

〔グングニールで高速連続突撃〕

ジグルズ「がはっ!?」

〔ジグルズ機残りHP30%〕

国王「さて、これて終りに…。」

ジグルズ「俺は…俺はっ!!
アナタを止める…必ず止めてみせるッ!!」

〔ジグルズ機が朱く燃え上がるように輝く〕
宰相「(しめた…!!あの人形からかつてない魔力が渦巻いておるわい…。)」

国王「あれは…!?やはり、いいセンスの持ち主のようだ…。」

ジグルズ「うぉぉぉ!!」

〔グラムソードを纏う魂の炎がいつもにまして燃え盛る〕

国王「な…なにぃ!!この人形…動きが違う!?」

〔国王機残りHP79%〕

国王「君の覚醒は素晴らしい…。しかし、その意志がゲートを開くのだよ!!」

〔王都1面に強い嵐が吹き荒れ、空に裂目が出来る〕

宰相「いかん…魔力が暴走しておる!このまま全てを飲み込むつもりか…!?」

フレイヤ「計器が異常をきたしていますわよ!!」

フレイ「各員は対ショックに備えろ!!」

618 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 01:34:30
今日は落ちます。

619 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 01:37:46
>617
それじゃあ10賢者さんのところに行けないので
ゲート開きっぱなしか国王軍だけ転送してください



620 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 01:40:25
[パイルクラッシャーの一撃は効果が無かったようだ]

廣田「本艦にのみダメージが残ったのですか・・・
    つ・・・相当、ダメージを受けましたね。」

>613
廣田「ふふ、そうですか・・・
    無茶は駄目ですよね。」

>616
廣田「元々援護用の戦艦と言うよりは・・・なんで、ははは。」

[乾いた笑い、しかし被害は深刻 25%]
[計器が振り切れて、次々に吹き飛ぶ]

廣田「まだだ・・・父さんと母さんの愛した地球に・・・
    土足で踏み込むなんて許せるものか!」

[再度突撃開始、目標スキーズブラズニル]


621 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 01:41:40
>>619
なら、10賢者の元に向かう部隊と地球に飛ばされる部隊を別けてください。ちなみに転送後、ゲートは閉じます。
10賢者の元に向かう部隊は嵐のせいで地球ではなくアイサルエ大陸東側の10賢者のアジト付近に飛ばされているというのはどうでしょうか?

622 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 01:47:53
>621
部隊を分けるとどちらかが動けないという問題があるので分けるという選択肢は
正しくてもしちゃだめです

ゲートのシステムが理解できていないので
ちゃんとこっちでもゲート移動ができるようにしてもらうか
それかゲート移動のしかた、もしくは転送技術を城から見つけるという設定で
こちらも後から地球へ向うことができるようにします

10賢者関連はカオルさんが決めてください
どうします?話を飛ばしますか?

623 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 01:49:44
>>622
確かまたこっち戻るんだから、10賢者イベは飛ばしてよくね?

624 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 01:53:20
>623
こちらに戻るのはいいんですが
すぐに助けに行くと言ってしまった手前、しばらく経ってから行くと
矛盾と惨劇になってしまう気がしますけど

625 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 01:55:24
>>624
また、ジグルズとカオルで食い違ったか



626 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 01:56:40
>>624
でも、王都一帯を巻き込んでの転送が開始されてるのに10賢者の方に向かえるか?

627 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 01:59:08
どうやってボスと絡めばいいのか悩んでいる私がいる……

それはそうとこの戦闘を終わらせて、転送されずに十賢者の所に直行しても既に手遅れのような気が。

628 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 02:02:05
すみません、PCがフリーズして再起動してました。
十賢者関連はこっちの世界に戻ってきても出来ますのでお構いなく。

629 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 02:03:12
>626
命の重さの問題ですね
子供を見捨てて世界を守るべきか
子供と世界両方守るか


王都一帯じゃなくて戦艦だけでいいんじゃないですか?
それなら災害規模も少ないでしょうし ラウド国から国王が撤退したらレジスタンスが王都で政権を握れば
いいだけですし、戦争後の混乱はしょうがないですよ

>627
まだ殺されてない子供をたすけるので死んだ子供は手遅れですけど
死んでなければ大丈夫です

630 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 02:05:21
>628
分かりました


ジグルズさん皆まとめて転送でもかまいませんよ

今度から、イベントのおおまかな内容を先に言ってから
戦闘なりしましょう、食い違いができるのはこれで2度目ですので
もう繰り返さないようにしましょう

631 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 02:05:24
>>627
スキーズブラズニルは話の都合上、落ちる訳にはいかないのでもの凄く硬いです。

国王の方ですが、普通に攻撃してくださればよかったのですがね…。やっぱり自分は敵を動かすのが苦手みたいで…申し訳ないです。

632 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 02:11:18
>631
よく読んだらザコ敵は撤退してたんだな。
こちらこそ勘違いスマソ。

まあ、味方への誤射を避けるとか周囲を警戒するとかで有効な攻撃手段を取れなかったと言う事にしておこう。

633 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 02:13:20
これで落ちます。

634 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 02:13:49
国王「私の勝ちだ…現にゲートは開かれたのだよ!」

ジグルズ「それでもっ、アナタを行かせる訳には!!」

〔国王機を掴み、地面に叩き付ける〕

国王「それで、止めたつもりかっ!無駄だ、この嵐の中ではなっ!!」

ジグルズ「ぐっ……駄目だ機体が流される…!!」

〔ジグルズ機と国王機がゲートに吸い込まれる〕

フレイ「各艦、突入開始!!」

〔魔導結界を展開しながらゲートに次々と吸い込まれる〕

635 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 02:24:34
【隣接していたハーキュリーもゲートに吸い込まれていく】

ヘラクレス「ここまでか」

636 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 02:28:46
>>634
【十賢者】

賢者D「王め、故郷帰りたさに逸ったか。いや、ロキにそそのかされたか?」

賢者H「しかし、『門』の鍵は緩んだ。これ以上無垢な血を流す必要はない」

賢者J「左様。あとは祈るだけ……さすれば表裏いずれの世界からも出入りは自在になる」

賢者E「少々予定は狂ったが、遅いか早いかの違いのみ」

賢者A「――来るべき時のために種子は蒔かれた。芽吹く時を待つとしようではないか。存外早いかも知れぬ」


今日は落ちます

637 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 02:32:38
>634
[開いたゲートに次々と突入していく敵艦を見つつ]
レヴィン「畜生っ!奴等、始めからこれが目的だったのか!
待ちやがれ、この野郎ッ!!」

[飛行形態に変形し、ゲートに突入する]

私もここで落ちます

638 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 21:28:47
こんばんは。

>>634
ギルト「……してやられたか。追うぞ、オルトロス……
     ほっといたらまた面倒な事になるだろうしよ……
     しかし、これで本当に戻れるのか不安だがな。……行くぜ」

オルトロス『…………』

【艦隊の後を追ってゲートに突入していく】

639 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 21:32:28
今晩は、落ちた後のを書いておきます。

>634
廣田「駄目か・・・あの障壁に阻まれて・・・。
    しまった、チョウザメ型衝角が折れ・・・。」

[障壁に弾き返され、反動で遠方に、ゲートの魔力に引かれていくが・・・]

廣田「あそこから奴らを追って・・・へ、どうした?
    前進、ぜんしーん・・・。」
CPU「急激な加速に伴い、エネルギーを張らずに突撃した事により
    戦艦自体に負荷がかかり・・・つまりエンジントラブル・・・。」
廣田「・・・今上空なんですけど・・・脱出!脱出!」
CPU「本艦にそんな機能は付いていません、あしからず。」

廣田「・・・(体中汗でびっしょりになる)」

[鮫肌、慣性で落下していく]

640 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 22:07:42
誰か各キャラの近況をまとめて

641 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 22:13:29
>640
ジグルズ
ポンコツ
不良
レヴィン ゲート突入

鮫     墜落中

ミュレ子
ネクラ
カオル  現在待機中

たぶんこんなもん

642 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 22:27:00
にゃう〜ん 

こんばんは
もう地球へ飛ばされたことでいいんですか?
飛ばされた場合は宇宙でいいんですか?地上でいいんですか?

643 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 22:33:38
>>642
皆さんの方で地球でのイベがやりたい方がいらっしゃるのなら、飛ばされる先はその方に任せます。地上でも宇宙でも構いません。

ラウド国軍はオーストラリアに飛ばされた後、オーストラリアを支配します。皆さんは暫くはラウド国とは戦わないことにしてください。
私が暫くの間忙しくなり来れなくなるかもしれないので。


時空の狭間で戦闘をやっても構いませんし、すぐに地球に飛んでも構いません。

644 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/06(金) 22:37:08
>634
レイン「こうなったら…行くしかないわ。
……突入」

[ゲートへ突入する]

(地球に戻るのかな?)

645 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 22:53:28
>643
わかりました
ラウド国はしばらく放置ですね


このあと地球でなにかやりたい方いますか?

646 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 22:55:08
前も言いましたが、少しの間ギルトを離脱させようかと。
私以外には弥生さんがなにかやりたいようでしたが。

647 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 22:56:11
>645
ラウドで少々イベントを起こしてから
ちょっとした方法で地球に帰還するつもりです。

ゲートは閉じますよね、開いちゃったら

648 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 23:01:22
>646
分かりました
じゃあ地球で合流せずにそのままギルトは行方不明でいいですか?
それとも別ですか?

>647
分かりました
ゲートは開きぱなしでいいんじゃないですか?
それか都合よく開いたり閉じたりで

649 :名無しになりきれ:2006/10/06(金) 23:03:52
>>648
別口ですかね。一緒に来て、ちょっと野暮用があると言い置いて
どこかに向かうみたいな。
一応、直ぐに戻ってきますが。その直後に襲撃のような物をしようかと。

650 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 23:04:23
鳥入れ忘れたorz
>>649は自分です。

651 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 23:06:32
>>647
ゲート解放の方法を知っているのはラウド国と10賢者なんで、ラウド国側の方法だとゲートは開きませんが、10賢者側の方法なら開くかもしれません。そこのところはカオルさんに任せます。



652 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 23:10:41
>649
分かりました

私は宇宙に出ますのですぐにパルテノンに向います
途中でギルトを拾うでいいですか?

>651
りょうかいしました

653 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 23:13:25
>>652
はい、いいですよー。

654 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 23:15:29
こんばんは

>>634
【ハーキュリーの近くにいたため、ゲートに引き寄せられる】

カオル「この感じは……!? 俺が飛ばされた時と!」

【ゲートに吸い込まれる】


>>651
>>636の通りゲートが緩んでいる状態ですが、両面通行になるにはまだ時間が必要ということで。
必要になったら迎えが来るはずです。多分。

655 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 23:16:04
>651
と言う事は一旦閉じるわけですね
ではこちらなりの方法で地上に向かいます。

[傾くブリッジ、通信機を拾い上げて]
廣田「(皆さんと共に過ごしたこの少しの間・・・)
    (理不尽な要求でなった艦長でしたけど、地球をレヴィアタンの魔の手から)
    (救えて嬉しかったです・・・新たな魔の手から守れず、残念です)    うはwww死ぬwww」

CPU「(言えよ、折角のセリフ)」

廣田「せめて水の上に落ちたいな・・・」

[前方、森]

廣田「終わった・・・」

[鮫肌、近場の森に墜落]

656 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 23:24:33
こんばんは

>643
とりあえず、ゲートに突入した人は適当な場所(ラウド国軍と出会わない範囲で)に出現という方向でいいのか?

657 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 23:28:58
>>656
話を円滑に進めるなら皆さん同じ場所に飛ばされた方がよさそうですね。
後は地球でイベやりたい方に任せます。

658 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 23:30:03
【ゲートから抜けると宇宙空間に飛ばされる】


ヘラクレス「・・・・・・抜けたか・・・」

【通信機能の回復と計器が安定していく】

ヘラクレス「・・・・電波が3本立ってる
       どうやらここは・・・・」

【ハーキュリーの位置から地球を確認する】

ヘラクレス「戻ってきたようだ・・・地球に」
【通信が入る】

提督「ハーキュリー!?ハーキュリーなのか?ヘラクレス!応答せよ!!」
ヘラクレス「こちらヘラクレス・・・たったいま帰還した」
提督「おう!!やはりハーキュリーか!!よく帰ってきた、今までどこに?」

ヘラクレス「詳しい話はそちらでしよう・・・今は乗組員をそちらに下ろしてからだ」

【ハーキュリーの近くにいる機体を何機か確認する】

ヘラクレス「こちらハーキュリー
       動けない機体はあるか?動けなければすぐに回収に向う、動けるのであればこちらに着艦せよ

        ・・・・・・・鮫肌の姿が見えないようだ」

659 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/06(金) 23:36:00
>>658
ギルト「……マジで戻ってきたのかよ。……あのラウドとか言う奴らは、
     何処だ?」

【周囲を警戒するが、敵影が無い事を確認するとしばらく動きを止める】


ギルト「考えてても何も変わらねぇな……。着艦するぜ」

【ハーキュリーに着艦】

ギルト(戻ってきたなら、あの野郎の所へ一応報告にも行かねぇとな……
     ったく、めんどくせぇ……)

660 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/06(金) 23:36:59
[地球側に空いたゲートから出現]

レヴィン「ここは……地球圏なのか」

>658
[ヘラクレスからの通信が入る]

レヴィン「了解、これから着艦する」

[ハーキュリーに着艦]

661 : ◆avj18oEuhg :2006/10/06(金) 23:38:19
>>658
〔時空の狭間にて〕
国王「いくら叫ぼうが、今更遅いのだよ!!」

ジグルズ「やってみなけりゃ分からないはずだっ!!!」

〔グラムソードで斬撃〕

国王「力に振り回されているようでは、まだ未熟なのだよ!!」

〔回避し跳び蹴りを喰らわす〕

ジグルズ「うわっ!?クソッ……。」

国王「さようならだ、若き魔導士…。」


〔ジグルズ機、ハーキュリー付近に出現 残りHP15%〕

ジグルズ「……ここが、チキュウなのか……?」

「ハーキュリー、こちらジグルズ。今からそちらに着艦する…。」

〔ハーキュリーに帰還〕

662 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 23:43:53
>659>660>661
ヘラクレス「今のところ3機か・・・
       他の機体は・・・・まだ確認できていないようだ」


【レーダーで周囲を確認するがまだ見つからない】

ヘラクレス「しばらく検索した後ここからパルテノンに向うとしよう」

ヘラクレス「・・・・鮫肌はまだ向こう側か・・・それとも、亜空間に飲み込まれそのままか・・・」

663 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/06(金) 23:46:23
>658
(あの時の地球に間違いは無いみたい。でも鮫肌が見当たらないのが心配ね)

[ハーキュリーに帰還]

レイン「今から帰るわ」


664 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/06(金) 23:47:37
>>658
カオル「ち、地球? 戻ってきたのか? 敵は?」

【混乱を隠せぬまま帰艦する】

カオル「結局、何も出来なかったのか……」

665 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/06(金) 23:56:46
【現在の着艦人数を確認し】

ヘラクレス「ここで捜索を切り上げるとしよう・・・・今パルテノンに連絡を入れた
       あとはパルテノンからの部隊にこの周辺の捜索を任せ我々は宇宙要塞パルテノンへと帰還する」


【ハーキュリーを発進させパルテノンへと向う】

ヘラクレス「なんだこの虚しさは・・・・
       目の前に、帰るべき地球があるというのに・・・」


【宇宙要塞 パルテノン】


ヘラクレス「これよりパルテノンドッグに入港する」

666 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/06(金) 23:57:36
[森の中、鮫肌落下地点辺り]

廣田「・・・生きてたりする?助かった・・・とか。」
CPU「艦・・・長・・・」

[モニター類、砂嵐状態、廣田出血多量]

廣田「・・・うわぁ、酷い状態だな・・・本当、
    それより何だか寒い、さむす・・・ぎる
    天罰か・・・人殺しの・・・」

[昏倒]

???「誰か来たのかい?騒がしいねぇ」

667 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 00:14:30
ヘラクレス「乗組員に告ぐ
       現時刻を持って我が部隊は作戦を終了とし
       部隊を解散とす。今までよく頑張ってくれた、PTのパイロットの機体及び
       今後の配属先は追って報告する、パイロット以外の乗組員は荷物をまとめパルテノンで
       次の配属先が出るまで休暇とする、以上だ。」

ヘラクレス「なおジグルズ・アースガルズとカオルカワサキは私と共にパルテノン司令室へ出頭せよ」

【ヘラクレスはそう告げるとパルテノンへとブリッジを作る】


ヘラクレス「さて・・・提督に全てを話さなければな」

668 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 00:19:23
>>667
【所持していた携帯端末をチェック。メールが来ているのに気付くと眉をしかめる】

ギルト「……ふん。早速かよ」

【入港後、すぐさまオルトロスを起動。機体の通信履歴をチェックし、その後に
 ハーキュリーへ通信】

ギルト「野暮用だ。……少し留守にする」

【そこまで言うと一方的に通信遮断。オルトロス、パルテノンより出撃し、
 どこかへ向かっていく】

669 : ◆avj18oEuhg :2006/10/07(土) 00:19:54
>>667
ジグルズ「ハァハァハァ…。」

〔息を荒くしながら機体から降りる 機体を見ると基の色に戻っていた〕

ジグルズ「(アンドヴァリナウトを御せない限り俺はあの男には勝てない…。
今は感傷に浸っている場合じゃないな…。)
分かった、今すぐ行く。」

〔ヘラクレスの元に行く〕

670 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/07(土) 00:22:31
>>667
カオル「そう来たか……どうせ地球に戻っても、待っている人間なんかいないことだし……」

【出頭する】

671 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 00:31:03
>669>670
ヘラクレス「来た様だな、では私と共に来てもらう
       そこで君たちの事を話、我々が何処へ行ったかを話してもらう」

【そう告げるとパルテノン司令室まで案内する】
【司令室】



提督「よく戻ってきてくれた!ヘラクレス!一体今まで何処へ行っていたんだ?」

ヘラクレス「それは先ほど転送した資料に書いてある通りだ
        我々は”異世界”に飛ばされていた

        なぜ飛ばされたのか、カオルカワサキ君、提督に話してくれたまえ」

ヘラクレス「そして、何故我々が戻ってこれたかは、ジグルズ・アースガルズ
       君が話してくれたまえ」

672 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/07(土) 00:33:33
こんばんは。
ギルトさんが言ってくれたみたいですが、私も地球で少し何かやらせてもらえたらと思います。
あと、弥生はどうしましょうか?
来るのが遅いせいで皆さんとずれてしまったので、このまま別行動の方がいいでしょうか?
イベントはある程度メンバーが揃ってから、できれば地上でやりたいと思ってますので、それまでは待機します。
とりあえずこれだけ投下しておきますが。


【地上・とある場所】
????「ちっ、奴め・・・本当にどこに行きやがった・・・・・・」

[人気の少ない路地で男が一人、毒突いている]
[そこへ一人の少年が歩み寄る]

????「結構気が立ってるみたいだな」

????「・・・貴様!フォルテか!片腕様が何のようだ?」

フォルテ「なに、ミスター・バンドラーから野暮用を頼まれただけさ。
君がそろそろ痺れを切らしているだろうと思ったらしいね・・・・リボルティング?」

リボルティング「ほう・・・・・」

フォルテ「君が監視を任されていた少女の行方だが・・・・・検証した結果、異世界へ飛ばされた」

リボルティング「本当のことを喋れ」

フォルテ「・・・・・・ちなみに、ついさっきこちらの世界へ戻ってきたはずだ。
どこへ居るかは、これを頼りに探すといい」

[そう言うと、少年は男に小型の機械を渡してその場を去った]

リボルティング「・・・・・・・」

673 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/07(土) 00:44:13
>>671
カオル「無茶言うなぁ……」

【そう言いながらも提督に説明する】

674 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/07(土) 00:48:20
???「鮫・・・か鯱ね、趣味の悪いお舟だこと・・・」

[戦艦内にひょいと乗り込む]

???「撃墜された・・・にしては怪我が少ないわね・・・
     ん、人がいるのかしら・・・」

[廣田を発見する]

???「うひゃぁ・・・ぐちょぐちょじゃない・・・
     って、これ腕?、こっちにも・・・酷い状態ね
     ●×□が▼Ω○■ちゃってるじゃない・・・。」

[放送禁止]

???「これは・・・「ちりょう」しなくちゃ駄目ね・・・うふふ。」

[廣田を抱き抱えて自分の家に戻る]

675 : ◆avj18oEuhg :2006/10/07(土) 00:48:22
>>671
ジグルズ「俺がいた世界にラウド国という強大な王国があった。そこの王は元々チキュウ人だったんだ。
それで、あちらで力を得た王はチキュウを正すとか言ってチキュウ侵攻作戦を開始したんだ。
俺たちはラウド国を止めようとしたんだが、一緒にチキュウに飛ばされた訳だ…。
こちらに飛ばされた時にラウド国の連中とははぐれた。」

〔オーストラリア・シドニー上空〕

フレイ「ここは…、間違いないよフレイヤ。」

フレイヤ「地球ですね…兄様。フフフ…これで復讐できますわね。」

〔ラウド国軍の大艦隊が次々と現れる〕

宰相「ここが噂に聞くチキュウか…。悪くない…いい星だ。
(あのお方らが興味を示すのも分かる。)」

国王「フハハハ…、私は帰って来たのだ!
実に20年ぶりの地球だ!!」

〔ヴァラスキャルヴも出現する〕

国王「ここは豪州と見た…。
早速だが諸君、これより地球侵攻作戦第二段階を始めよう…。
手始めにこの豪州を制圧する!!
各員は私に続け!!」

〔3時間もかからずにオーストラリア制圧完了〕

宰相「(やはり、こちらに来てから人形の動きがよくなっている…。)」

676 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 00:48:29
>673
提督「・・・・・つまり?
    10賢者と言うのが、よくわからな目的のために
    ハーキュリーを君たちの世界に飛ばしたと?・・・・」

【あまり信じられない様子だが】

提督「・・・・・・・・ではなぜこちらに戻ってこれたのか?」

ヘラクレス「そのことはジグルズが話してくれる」

677 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 00:48:40
【某所】

???「……そうか。通せ」

【ややあってドアが開くと、ポケットに片手を突っ込んだままギルトが入ってくる】

ギルト「…………」

???「ハーキュリーが戻ってきたと聞き、もしやと思ったが……
     私の想像通り、お前も戻ってきたな。報告しろ、ギルト・レインジ」

ギルト「……ふん。信じる信じないはお前の勝手だって前置きはしとくぜ」

【ギルトは今まで何処で何をしていたかを要約し、報告】

???「異世界、か。俄には信じがたいが、成る程、それならば正体不明の軍勢が
     出現したという噂にも筋が通る。その者達がラウドなのだろう…」

ギルト「豪く耳が早いじゃねぇか……俺が戻ってきたのはついさっきなんだがな」

???「ふ。情報収集には力を入れている。
     ……早々で悪いが、ギルト、お前に新たな任務を与えよう。
     続けて同部隊に所属し、異世界からの来訪者に対する情報収集を行え。
     所属に関しては根回しをしておく」

ギルト「…………」

【不機嫌そうに鼻を鳴らすが文句も言わずに退出しようとして、そこで思い出したように振り返る】

ギルト「……オルトロスと俺に、何の関係がある? 自律行動できるなんて聞いてなかったぜ」

???「知らんな。私は作成者本人ではない。作成者亡き今、真相は闇の中だ」

ギルト「…………そうかよ」

【しばらく男を見詰め、やがて興味を失ったように退出】
【やがて男が低い声で笑い始める】

???「異世界か。ふふふふ…面白い。この現世と共にわが掌中に収めるべきものが、
     また一つ……だが、まだ力が足りん……02は目覚めた。しかし01はいまだ成長途上……
     01が素体となるには、まだ……せめて試作品は越えてもらわねばなるまいな……」

【内線を取る】

???「……トライアルに伝えろ……01が戻ってきた、とな」

678 :名無しになりきれ:2006/10/07(土) 00:52:01
>675
タイムラグが発生したということで、ハーキュリーが消息を絶ってから1ヶ月たったことにしてもらえませんか?
ラウド国は2週間前に地球に出現し、オーストラリアを征服で現在は連邦と交戦中にしてもらえませんか?
すこし時間を正したいので

679 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 00:53:35
>675
タイムラグが発生したということで、ハーキュリーが消息を絶ってから1ヶ月たったことにしてもらえませんか?
ラウド国は2週間前に地球に出現し、オーストラリアを征服で現在は連邦と交戦中にしてもらえませんか?
すこし時間を正したいので

680 : ◆avj18oEuhg :2006/10/07(土) 00:58:08
>>679
構いませんが、ラウド国の連中はオーストラリアから暫く出ませんよ。
籠城を続け戦力を整えていたり、地球偵察をしている状態なんで。

681 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 01:03:06
>680
全然構いませんというかそうしてください


>675
提督「なるほど・・・・君たちが消息を絶ってから1ヶ月
    そんなことが起きていたとはな・・・それで納得がいった、なぜ2週間前に突然オーストラリアに
    謎の勢力が現れオーストラリアを制圧されたのかが・・・・ラウドと名乗る連中は
    異世界の者達だったか」

ヘラクレス「一ヶ月?2週間前?・・・・・どうやら
       こちらと向こうでタイムラグが発生したようだな
       ほんの少ししか経っていないと思ったが、一ヶ月も経っていたとは・・・・提督、現在の地球の情勢は?」

682 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 01:15:33
提督「現在の地球の情勢はこうだ

    君たちがアモンとの決戦を終えた直後、パンデモニムは忽然と姿を消した
    君たちが異世界に行ったと同時だろうな、パンデモニウムは姿を消して地球はパンデモニウムの落下は防がれた
    アモンは作戦失敗と同時に壊滅、主要幹部以外の兵は逮捕したが
    レヴィアタンの死は確認されていないが死んだと判断していいだろう、そして他の幹部は逃走中だが
    現在国際指名手配にしている、捕まるのも時間の問題だろう

    世界は平和になったと思われたが
    2週間前に突然ラウドと名乗る連中が突如としてオーストラリアを強襲してきた
    突然の事にオーストラリアは陥落、制圧されてしまった・・・・今はオーストラリアはラウドの手の中
    現在は我々と硬直状態だが、オーストラリアの防衛網を現状で破るのは難しいだろう」


ヘラクレス「なんてことだ・・・・地球はまだ戦乱になっているとは・・・」

提督「今は戦力を整え、オーストラリアを奪還する事が連邦軍の方針だが
    戦力を整えるのに苦戦している、今はやつらの進撃を食い止めるのに精一杯だ
    オーストラリア奪還はまだ時間がかかるだろうな」

ヘラクレス「振り出しに戻ったわけだな」

683 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/07(土) 01:23:03
[薄暗い木の幹をくり抜いた一室]

???「さぁて、早速始めよっか・・・」

[ランタンに火を灯すと、怪しい道具のようなものが満載した部屋が見える]

???「それにしても・・・私の結界を破って不法侵入だなんて
     可愛い顔してやるわねぇ、この娘・・・って男の子か、びっくりした。」

???「私の結界を破るだけの魔力はなさそうね、
      だとすると・・・この子は地上人って奴かしら・・・ふふふ、楽しみだわ」

ホウキ「カンツォーネ様、あの変な物体はどうしますか?」

ツォーネ「この子の所有物よ、魔力は無さそうだから無害よ
      放っておいても良いけど・・・あ、やっぱり駄目駄目
      ちゃんとこっちに持ってきて、カバーをしておいて。」

684 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 21:59:41
こんばんは

685 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/07(土) 22:08:09
こんばんは

686 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/07(土) 22:29:15
ヾ( ゚∀゚)ノ

[怪しげな治療中 Now loading....]

687 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 22:30:13
こんばんはです。

688 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/07(土) 22:32:40
今晩は

689 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 22:35:06
みなさんそれぞれやりたい事があるならすませてください

なければ、強襲なりなんなりしちゃいましょう


690 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 22:46:37
今思ったら
ラウド国以外敵がいないんですよね
10賢者は異世界ですから向こう側へ行く事ができませんし

しばらくラウド国と戦えないとするとどこと戦いましょうか?

691 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 22:48:49
自分でよければ襲撃でもしようかと。
他の方々が、やりたいことを一通り終わらせてからになりますが。

692 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/07(土) 22:49:26
>690
自分は無視して進めておいて下さいな

693 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/07(土) 22:51:07
>691
こちらはいつでもOKです。

694 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 22:53:29
>691
異世界に取り残された人は後でいいんでしょうし
いま地球にいる人はとくに導入部分だけでやること終わってるみたいでしょうから
強襲してもいいんじゃないでしょうかね?

695 : ◆avj18oEuhg :2006/10/07(土) 22:57:32
こんばんは

前々から言っているように、さ来週まで参加することがかなり厳しくなりました。

ジグルズは機体の修理等に時間がかかるため、休養中ということにしておいて下さい。

それでは

696 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 23:13:54
それじゃあ、強襲、行っちゃいます。

【パルテノン付近、暗礁空域】

トライアル「あんの野郎…ここで待ってりゃ出来損ないが来るとか言ってやがったが
       いつになったらきやがるってんだ、ああん!?
       ふぅぅぅぅぅ……何分待ってると思ってやがるんだ畜生が!出来損ないの分際で
       待たせやがって!」

【コクピット内で罵倒を繰り返しながら機体を操作。
 爬虫類めいた動きで、ケルベロスがパルテノンをセンサーアイに捉える】

トライアル「出来損ないが来てから襲えとか言ってやがったが何が違うってんだ!
       …暇つぶしにしかならねぇだろうがよぉ、もうやっちまうぜぇぇぇぇ!」

【ケルベロスが動き出そうとすると、ブルータルブルーが一機前方に回りこむ】

AI「貴方の行動は作戦行動を逸脱…」

トライアル「う、うるせぇぇぇぇぇぇぇ!!!AI如きがこの俺に逆らうんじゃねぇぇぇよ!
       行くっつったら俺ぁ行くんだよぉ! さっさと消えろぉッ!」

【回り込んだ一機に躊躇無く致命的な一撃を叩き込んで破壊し、ケルベロスは
 制止を振り切ってパルテノンへ向かう】

AI「現状での最適行動選択。…サポートに回ります」

【ケルベロス、ブルータルブルー×5、パルテノン付近に出現。ケルベロスが突出している】

トライアル「野郎が帰ってくる前にここを潰されたらどんなツラァするかよぉぉぉ…
       今から楽しみでしかたねぇぜぇぇ! 逝けよてめぇらぁ!」

697 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/07(土) 23:21:09
【パルテノン内にアラートが鳴り響く】

提督「どうやらこのパルテノンの近くに正体不明の機体が現れたようだ」

ヘラクレス「ラウドの連中か?」

提督「識別信号がないだけだ、ラウドの連中とも違う
    各員に通達すぐに機体に乗り込み迎撃に向かえ」



【パルテノンからハーキュリーが出撃する】

ヘラクレス「こちらは連邦軍の領域である
       君たちの届出無の空域侵犯は国際条約上違反であり
       すみやかにここから立ち去るのだ・・・・もしそれ以上侵入してきた場合はこちらも射撃に入る」

698 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 23:26:22
>>697
トライアル「てめぇもうるせえええ! 図体だけのゴミはあっち逝ってろォッ!!!」

【ケルベロスが何かを蹴り上げるような動作をすると同時、紫炎がハーキュリーに向かい
 数発打ち出される。カルマ・バレットで攻撃】

AI「射程圏、攻撃開始」

【ブルータルブルーはペンシルロケットをパルテノンに発射し始める】

699 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/07(土) 23:35:16
ツォーネ「完成、パチパチパチ」
廣田「はい、ここはどこですか?」

[目を覚ます]

ツォーネ「ここはラウドの北西に位置する森よ
      貴方は怪我をして、ここで治療を受けたの、貴方は何者?」
廣田「あ、助けていただいたんですか・・・有難うございます
    えっと、実は色々ありまして。」

[あれこれと説明]

ツォーネ「やっぱり地上人だったのね。」
廣田「は、そういえば皆さんは?ゲートは?」
ツォーネ「落ち着きなさい、ゲートはもう閉じたわ。」
廣田「そんな・・・ではもう地上には帰れないのですね・・・。」

廣田「・・・そう言えば、どうして助けてくれたんですか?
    私は戦艦に乗って落ちてきた不審者ですよ。」
ツォ−ネ「ほっとけなかっただけよ、貴方、私の娘に似てるから。」
廣田「はぁ・・・って娘ですか?」
ツォーネ「そう、だから暮らさない?私と一緒に。」
廣田「ですが・・・私は地球に戻らないと。」
ツォーネ「でも、ゲートは閉じたわ、貴方は帰られない。」

廣田「探します、方法を。」
ツォーネ「まだ動いちゃ駄目よ、リアルタイム23時間しか経ってないんだから。」
廣田「(具体的に言うなよな)」


700 :名無しになりきれ:2006/10/07(土) 23:42:30
>698
ヘラクレス「なんて奴等だ!国際外交上あのような行為をするとは!!
       本艦はこれより交戦に入る!!」


【紫炎でハーキュリーの左舷甲板が焼かれる
 残りHP70%】

ヘラクレス「消化と同時に攻撃に入る!敵の放ったミサイルと思われるものは放置しろ
        パルテノンはあの程度では傷付かん!!」


【ハーキュリー200ミリ砲とビームランチャーが起動する
 ケルベロスを無視してブルータルブルーの編隊にむかい射撃を開始する】

ヘラクレス「こちらの射程の長さを甘く見てもらっては困る」


【ペンシルロケットはパルテノンから射出された自動防御用のチャフで阻まれる】

701 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/07(土) 23:48:44
>>700
カオル「ヘラクレス、僕は出る! あの野郎、滅茶苦茶だ! そんな奴に殺されたくはない!」

【センティコア出撃】

カオル「あの機体……オルトロスっていったっけ? あいつに似ている……ともかくあれが指揮官機か!」

【ケルベロスにインパルスダートで攻撃】

702 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/07(土) 23:49:57
[その頃、PT用格納庫では]

整備士「……と言う訳で、これが量産型レイ・ブレイドです。武装はあなたが使っていた試作機に搭載されていた
     大型ビームソードを通常のビームソードにして、搭載本数を1本に減らした以外は変わりはありません。
     あと、普通は扱いやすいようにリミッターを掛けた状態で運用するのですが、エースパイロット用に
     リミッターを解除した状態での運用も可能です」

レヴィン「……なるほど」

整備士「もう少しすれば量産体制も整うので、レイ・ランサーの替わりに各基地に配備されるようになるでしょう。
     回収したレイ・ランサーのパーツの多くがそのままレイ・ブレイドにも使用可能ですし……」

[アラームが鳴り響く]

レヴィン「敵襲だと?」

整備士「そのようですね」

レヴィン「ちょっと借りるぞ!」

整備士「それなら向こうに置いてある12番機にして下さい! あれならリミッターはまだ掛けていない状態なので」

レヴィン「了解した!」

[量産型レイ・ブレイドで出撃]

703 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/07(土) 23:57:31
>>700
トライアル「ああ!? 片手落ちな事しやがって! 俺が怖いのかよ!?
       一人残らず丸焼きにしてやるぜェェェッ!」

【ケルベロス高速接近。紫炎を出鱈目に放ち続ける】

AI「砲撃感知。散開、攻撃続行」

【BB部隊は素早く散開し、砲火を回避。そのままパルテノンへロケットを放ち続ける】

>>701>>702
トライアル「ゴアッ!?」

【被弾してがくりと動きを止める、HP95%。ゆっくりと振り返りセンティコアとレイ・ブレイドを確認】

トライアル「ゾロゾロゾロゾロとよぉ…蟻共は黙って潰されてりゃあいいんだよォォッ!
       うおおおぉぉあああああ…棺桶入ってろォッ!」

【三本の腕を大きく引き絞ると紫の球体が中心に生まれ、そのまま巨大化してケルベロスを
 中心に弾け飛び、紫炎が広範囲に飛び散る。ブラッド・バーンで攻撃】

704 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 00:03:05
>>703
カオル「くっ! シールド展開!」

【スクートゥム・フィールドで防御。残りHP90%】

カオル「この、三本腕ッ!」

【センチュリオンスピアでケルベロスを攻撃】

705 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 00:05:43
>703
ヘラクレス「解析完了・・・・軌道確認
       このままで待機」


【でたらめに撃った攻撃はその場を動かないハーキュリーの横を通り過ぎていく】

ヘラクレス「どうやらあの指揮官以外はAIと見た・・・ならば」
【ハーキュリーしばらく沈黙】



【パルテノンはロケット弾の攻撃にたいして被害は0】
【放たれるロケット砲よりも遙に巨大な宇宙要塞の外壁にはまったく通用せず】

提督「この程度でパルテノンが落ちるわけがあるまい
    このパルテノンはパンデモニウムと同様の設計思考を基に作られている」

706 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/08(日) 00:09:08
[カンツォーネと色々話をする、彼女が魔術師である事など―。」

廣田「そう言えば、娘さんは?」
ツォーネ「貴方って鈍い人ね、娘が生きてたら貴方と暮らしたいなんて言わないわよ。」
廣田「・・・すいません。」

廣田「それにしても、結構ケガしてたような気がしたけど・・・
    いや、それより即死クラスのケガだったような。」
ツォーネ「貴方はもうズタボロだったからね
      ・・・修復は殆ど出来てるわ、一部以外だけどね。」
[背後の培養液のようなもののはいったポットを眺める]
廣田「修復って・・・一部?」

[嫌な汗、悪寒]

ツォーネ「娘を思い出しちゃってね・・・御免なさいね、ちょっと失敗しちゃった♪」
廣田「ーーーーっ!」

[暗転]

ツォーネ「で、貴方、ここで暮らす?」
廣田「怪我を治してくださったことは感謝いたします。ですが
    私は帰らなくちゃいけない。」
ツォーネ「無理よ、戦艦も壊れてるし、第一ゲートが開いてないわ。」
廣田「私にも家族がいたんだ、私を産んでくれた両親が死んでも守った地球が!」

[雰囲気が沈む、そこに突然竹箒が入ってくる]
ホウキ「ツォーネさん、あの舟直しといたよ。」
廣田「へ・・・」

707 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:12:23
>>704
トライアル「生意気なんだよ! 死ねって言ったのがわからねぇか、ああっ!?」

【三本の腕でガッシリとスピアを掴む】

トライアル「糞野郎がぁぁぁ……俺に逆らうんじゃねぇぇ!!!」

【そのまま機体を旋回させ、スピアごと明後日の方向に投げ飛ばそうとする】

>>705
AI「……攻撃中断。ペンシルロケットによる敵被害、0。
  敵艦を攻撃目標とします。クラスターボウガン、セット」

【五機がそれぞれ、巨大なボウガンを構える】

AI「ファイア」

【同時に打ち出された鋼の矢分裂。それぞれ違う方向から数十ずつハーキュリーを襲う】

708 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 00:12:39
>703
レヴィン「散弾かっ!」

[飛行形態に変形して急速離脱、多少被弾して残HP90%に]

レヴィン「とりあえず、あの邪魔臭い取り巻きを先に潰しておくか」

[そのままケルベロスを無視してブルータルブルーの集団に向かう]

709 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 00:16:30
>>707
カオル「……ッ!」

【遠心力で息が詰まる】

カオル「思い通りにいくか!」

【投げ飛ばされた瞬間、ケルベロスに向けてバリスタ・スパイク発射】

710 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 00:19:24
>707
【ボウガンを被弾 しかし外装の厚さから致命打にはならず】
【残りHP40%】


ヘラクレス「・・・・・・ハッキング完了」


【ボウガンを構えているブルータルブルーのうち2機が
 近くにいる別のブルータルブルーに構える】


AI「これはこれは」
AI「なかなか面白い構造をしているな」

AI&AI「興味深い」

【ハッキングされたブルータルブルーはクラスターボウガンでブルータルブルーを攻撃】


711 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:21:30
>>708
AI「敵機接近、クラスターボウガン、次弾装填完了」

【BB5機が旋廻、ボウガンの射線にレイ・ブレイドを捉える】

AI「ファイア」

【発射された矢はまたしても分裂、5機分の、数百はあろうかという矢が打ち出される】

>>709
トライアル「笑わせんじゃねぇよォッ! 弾き飛ばして……何だとぉっ!?」

【腕を振りかざし、シェルを展開。バリスタスパイクがそれを
 貫通したのを見て咄嗟に防御する。HP85%】

トライアル「ヒ、ヒヒ……貫通能力がある武器か……いってぇなあ……」

【高速でセンティコアに接近していく】

トライアル「いてぇぇぇぇぇぇなぁぁぁぁぁ!! てめぇ、ぶっ殺してやる! 生首宇宙に晒してやるぜぇっ!」



712 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/08(日) 00:22:02
廣田「元々、直しておいてくれたんですか。」
ホウキ「それだけじゃない、機銃と主砲を追加したよ、
     性能は変わってないけどね。」

ツォーネ「貴方にも守りたい、大切なものがあるのね、当たり前だけど。」
廣田「・・・すいません、でもゲートが開いていないのに・・・。」
ツォーネ「方法は、あるわ。」

[突然、戦艦の周囲が光り輝く]

廣田「へ・・・。」
ツォーネ「あんたの言う、十賢者やラウドの王様は何か勘違いをしてるのさ
      ゲートってのは本来、概念に過ぎない存在なのよ、
      命をかけるぐらいの気力がありゃ、やってやれない事は無いのさ
      さ、乗りな。」

[無言で乗り込む]
ツォ−ネ「我侭言って悪かったね、けど、付き合ってくれて有難うよ
      だから約束して頂戴、もし、また此処に来たらもう一度顔を見せておくれ。」
[無言で頷く]

廣田「(有難う・・・そして、今向かいます、艦長!)」
[光に導かれていく]

713 :名無しになりきれ:2006/10/08(日) 00:22:24
軽く氏んどいた方がいいよ

714 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:27:07
>>710
AI「!?!?」

【両腕を盾にして防御。A,Bが被弾。残HP10%】

AI「ハッキングを受けた模様。敵味方識別信号抹消。敵味方問わずありと
  あらゆる接続を遮断する。……コード入力。エレクトロン起動」

【ABCがロッドを引き抜き様二機に電撃を放ち、そこを中心に広範を薙ぎ払う】

715 : ◆eXzvxwdfqY :2006/10/08(日) 00:27:50
やっぱ駄目か、迷惑かけてスマン
廣田はラウドでつつましく暮らしました。

716 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 00:28:24
>711
レイン「…ったく、ごちゃごちゃ…うるさいのよ」

[ラアム・ショットガンを連射後ケルベロスに接近。Z・Oサイズで斬りつける]

717 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 00:28:26
>>711
カオル「ッッ!」

【ケルベロスの突撃をスクートゥム・フィールドで防ぐが、弾き飛ばされる。残りHP75%】

カオル「何か他に武器があるはずだ! 使っていない機能が……」

【兵装を検索】

718 :名無しになりきれ:2006/10/08(日) 00:29:29
>715

お前じゃなくて

719 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 00:30:18
レヴィン「これなら突っ切った方が早い!」

[通常形態に戻り、シールドを掲げて最短距離を突っ切る 残HP80%]

レヴィン「喰らいやがれ!」

[ブルータルブルーAをスレ違いざまにビームソードで斬り付ける]


>715
とりあえず、名無しのアレな煽りレスは無視しとけ

720 :名無しになりきれ:2006/10/08(日) 00:31:51
ファミコン以下の機械の事

721 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 00:32:22
>714
ヘラクレス「遅い」

【電撃を放たれた2機はすでに行動不能】
【遮断寸前にBとCを手中に収めてある】

AIB「少し対応が遅れたようだな」
AIC「それでは私には勝てないよ、能力の差がでたようだ?」


ヘラクレス「私がお前の攻撃をただ黙って喰らっていた訳がわかっただろう?」

【ブルータルブルーBがAを羽交い絞めしCがクラスターボウガンでBごと貫く】

722 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 00:39:03
避難所がみれなくなったんですが、皆様はどうなんでしょうか?

723 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:39:46
>>716>>717
【間合いを詰めてセンティコアに更に一撃を加えようとするが、
 フランヴェルジュの妨害にあう】

トライアル「オオッ!? てめ、どこから――」

【ショットガンはシェルで弾いたが、サイズは避けられないと判断。
 咄嗟に間を詰めて柄の部分に当たる事でダメージを減らすが、
 柄での殴打は直撃に近く吹き飛ばされる。HP75%】

トライアル「糞がぁぁぁ…! 全員、まとめてぇぇぇぇ…燃え尽きろォッ!」

【再度ブラッド・バーン。紫炎が広範囲に撒き散らされる】

>>719>>721
【既に矢が突き立っていたAでは回避も出来ず、Bごと貫かれてから両断されて吹き飛ぶ】

AI「ガ……ギ……強制停止コード……新たなる神の身元に……」

【プラグラムの根幹に埋め込まれた停止コードにより、C自爆】

724 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:40:36
>>722
PCからは見れます。携帯からは無理ですね。

725 :名無しになりきれ:2006/10/08(日) 00:43:45
>722
PCは見れること確認です

>723
ヘラクレス「よし!あらかた片付いた
       後はあの・・・・・少尉?いやいや、違うな
       彼奴には品性がない・・・・各機あの機体に集中攻撃せよ」


【ハーキュリーは体制を立て直すため待機】


726 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 00:47:54
>724
そうなんですか。携帯なんで、とても困りました

727 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 00:50:18
>>723
カオル「またあの紫の……!」

【検索完了:ファランクス・バスター】

カオル「……!? ちっ! やってみるさ! ファランクス・バスター!!」

【光のレンズが出現、杖から放たれたバリスタ・スパイクを無数の矢のように拡散させる。紫炎を吹き飛ばし、ファランクス・バスターがケルベロスを襲った】


728 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:52:49
>>726
ファイルシークのPC閲覧プロキシで、PC側のアドレスを入れて繋いでみては如何でしょう?
試してはいませんが、見られると思います。一応h抜きで張りますが。
【ttp://fileseek.net/proxy.html】

729 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 00:56:46
>722
レイン「…無駄。効かないわよ?」

[ディフレクトフィールドで威力を軽減させ受けきる。
残りHP70%]

レイン「さっさと…黙らせてやるわ」

[鎌をブーメランにしてケルベロスに投げつけ、自身は更に距離を詰め右腕で鋭い手刀を繰り出す]


730 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 00:57:53
>728
ありがとう。

ひとまず試してみます

731 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 00:59:35
>>727
トライアル「んだとォ!? この糞がぁぁぁぁ!!」

【回避できるだけ回避するが、流石に避けきれない。HP65%】

>>728
トライアル「でぃぃぃぃやっ!」

【鎌の柄を蹴り、弾き返してから後ろに飛び退いて手刀を透かし、間合いを取る】


トライアル「潰してやる…潰してやる潰してやる潰してやる!!!
       てめぇら全員ムカつくんだよぉぉぉ!!
       こいつで消し炭になりやがれぇぇぇ!!!……あ?」

【三本腕の中心に先とは比べ物にならない量の紫炎が渦巻き始めるが、
 何かを感じ取ったかのように動きを止める】


???「帰ってきてみればこっちでもゴタゴタかよ……!」

【オルトロス出現。HP75%】

ギルト「一体なんだってんだ? 今日は厄日か……?
     とりあえずだ……迷惑だとは思うが、差し入れを持ってきてやったぜ……!」

【忌々しそうに呟くと同時、オルトロス後方にBBが5体出現】
【オルトロス出現と同時に溜を解除し、ケルベロスがオルトロスへ向かっていく】

ギルト「これでも三機はしとめたんだがな……元々集団戦は……何!?」

トライアル「見つけたぜぇ、出来損ないぃぃぃぃ!!!!」

【オルトロスとケルベロスがぶつかり合い、蹴りを打ち込まれてオルトロスが吹き飛ぶ。
 防御はしたのでHP55%】

ギルト「……っ、ぐっ……! 舐めるな!」

【オルトロスとケルベロスが、同時に拳を叩き付ける】

732 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 01:03:25
やったんですが状況は変わりませんでした

733 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 01:09:00
>731
レヴィン「残ったのは親玉か、後はあいつを……」

[オルトロスと敵増援のブルータルブルーを確認]

レヴィン「おいおい、どうせお土産を持ってくるならひよこ饅頭とかの名菓にしてくれよ」

[増援のブルータルブルーにメガビームランチャーとマイクロミサイルランチャーを撃ってから
飛行形態に変形して急速に間合いを詰める]

734 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 01:09:21
>>732
ttp://p01.fileseek.net/cgi-bin/p.cgi?uR=yy14.kakiko.com%2Foperationsrw%2F
これでどうでしょう?
少々見にくいですが、自分の携帯ならこれで見れました。
次ページへの移行はボタン対応ですので切れてたら#を押してください。

735 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 01:13:00
>731
レイン「ん、何?あなた達知り合いなの?」

[アキシオンバスターの照準修正をしながら]

レイン「それよりも…こんなに密着状態になられるとアキシオンバスターが撃てないじゃない…。
じゃ、うまく避けてね?」

[躊躇なく2機の間にアキシオンバスターを発射]

>734
やってみます

736 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 01:14:56
ギルト「いきなり何なんだ、お前は……!」

【拳を打ちつけた直後、オルトロスが蹴りで反撃するが透かされる】

トライアル「これから死ぬてめぇには関係ねぇよ!!!」

【カウンター気味に繰り出されたケルベロスの三発同時の手刀を回避、
 両機間合いを取る】

トライアル「てめぇは殺してやるぜぇ……ここで殺して、死体を細切れにしてから
       地球に蹴り込んで跡形も無くすッ!! 死なすぅッ!!」

ギルト「男のヒステリーは手に負えねぇな……!」

【再度激突、絡み合うように格闘を行っていく】

>>733
ギルト「宇宙にそんなもん売ってる土産物屋が浮いてたら気味が悪いだろうが……
     ……くっ……こっちも無駄口叩いていられねぇんだよ……!」

【一機が逃げ遅れてメガビームランチャーを直撃、吹き飛ぶ。
 三機がボウガン、前に出た一機がロッドを構える。
 ロッドを持った機体が電撃を接近するレイ・ブレイドに放つ】

737 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 01:18:30
カオル「エネルギーの消耗が激しい……何度も撃てはしないか」

【センチュリオン・スピアでBBの群れに切り込んでゆく】

738 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 01:19:17
ありがとうございます。見れました。

739 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 01:24:29
>>735
ギルト「知るか……こいつが勝手なこと言ってるだけだ。
     って、てめぇ……! 格闘してる最中にんなもんぶち込む馬鹿が……
     ……ぐっ!?」

【アキシオンバスターを回避しようとして気を取られた瞬間、
 三連撃をまともに受けてオルトロスが吹き飛ぶ。HP35%】

トライアル「よそ見してんじゃねぇぇぇぇ!!!」

【バスターに腕を一本もぎ取られながらオルトロスへ更に接近。
 HP45%】

ギルト「調子付きやがって……!」

【カウンターに放った裏拳がケルベロスを捉える。ケルベロスのHP40%】

>>737
【Aがセンティコアに向けボウガン、Bがチェーンガンを放つ。
 数多くの鋼矢と大口径の弾丸がセンティコアに向かう】

740 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 01:31:18
>736
[近接戦を仕掛けようとして通常形態に戻った所に電撃を喰らう]

レヴィン「やってくれるじゃねぇか……だが、そのままお前を盾にさせてもらうぜ!」

[そのままの勢いで増援のブルータスブルーCに組み付き、Dからの攻撃を凌いだ後に
蹴りを食らわせて間合いを取り、そのままビームハンドガンを連射 残HP60%]

741 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 01:33:14
>739
レイン「悪いわね。次は当てるわ」

[再びアキシオンバスター発射。次はケルベロスの背後に着弾]

レイン「コレなら問題は無いわね。じゃ、さっさと殴り倒して」

742 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 01:44:03
>>740
【BB、Cが蜂の巣になって機能停止】

AI「…クラスターボウガン、ファイア」

【DがCにボウガンを打ち込み、食い込んだ矢の勢いでレイ・ブレイドへCを押し流す】

AI「エレクトロン、起動」

【直後、エレクトロンをCに浴びせ、Cを爆破。爆発に巻き込もうとする】

>>741
トライアル「ウオオッ!? てんめ……こんのアマァァァァッ!!!」

【爆風で吹き飛ばされ、ケルベロスがオルトロスへ流される】

ギルト「……お前は絶対にろくな死に方しねぇぞ……
     とりあえずは感謝してやるがな……!」

【流されてきたケルベロスへ容赦なく無数の拳を打ち込んでいくが、
 ケルベロスが強引に伸ばした腕がオルトロスの頭部を掴む】

ギルト「野郎……!」

トライアル「黙れ出来損ない!! 棺桶入ってろォ!!」

【オルトロスが蹴り剥がすより先にケルベロスが頭部を爆破。
 両機吹き飛ばされる。双方HP5%】

トライアル「へ、へへっ……出来損ないとその他の癖にやりやがるぜぇ……
       今日はこの辺にしといてやるがなぁ……
       てめぇら勝ったと思ってんじゃねぇぞ!!!
       次は全員まとめて火葬してやる!! 首洗って待ってやがれ!!」

【吹き飛ばされた勢いを利用して更に加速。ケルベロス離脱】

743 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 02:00:32
レヴィン「無人機だからできる戦法と言う奴か、だがな……」

[シールドを構えたままCの爆風に飲み込まれる]

レヴィン「爆風の中から出てくるのもお約束と言う奴だ!」

[そのまま爆風を突っ切りDをビームソードで突く 残HP40%]

744 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 02:13:41
>>743
【中枢を貫かれ、力を失ってその場に浮かぶ。D、機能停止】

AI「……現在戦力比、推定一対四以下。これ以上の戦闘続行は困難と判断。
  撤退開始」

【接近しようとしていたセンティコアに弾丸を放っていたA,Bも
 武器を収め、撤退する】



ギルト「一体なんだったんだ、あの野郎は……
     動くのは…」

【ギシギシとぎこちなくオルトロスが動こうとするが、直ぐに止めてその場に漂い始める】

ギルト「……ここで無理させちまったら永遠に動かなくなりそうだぜ……」

今日は落ちます。

745 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 02:20:53
>744
レヴィン「どうやら敵は撤退するようだな、深追いはせずにこっちも帰還するか」

[そのままパルテノンまで帰還する]


本日はここで落ちます

746 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 22:34:30
こんばんはです。

747 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/08(日) 22:36:07
こんばんは

明日が早いので今日はここで落ちます

748 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 22:47:51
こんばんは

749 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 22:51:34
こんばんは

750 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 23:05:33
【パルテノン中央司令室】
【パイロット達を集める】

提督「先ほどの戦いはご苦労だった
   さっそくだが今後の方針について君たちに話しておきたい事があるが
   その前に、少し聞きたい事がある・・・・先ほどの敵はなんんだったのかだ
   ギルト少尉、なにか知ってる事は有るかね?」

【とりあえず質問する】

751 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 23:12:14
>>750
ギルト「……知らねぇな。こっちは向こうの事を何も知らねぇってのに、
     向こう側が俺の事を知ってやがるってのにはイラついてるがよ……
     野暮用で出向いた場所からの帰りに襲撃を受けた。
     帰還したらこっちにもそいつらの仲間がいた……それだけだ。
     俺が報告するべき事はない」

【傍目から見ても機嫌が悪そう】

752 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/08(日) 23:14:50
こんばんは

753 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/08(日) 23:16:15
>>751
カオル「本当にそうですか、少尉? あの三本腕の機体は、あなたのオルトロスと機能や外観、兵装が酷似していました。
     新参の僕から見てもそうだったんです、無関係ということはないでしょう」

【疑念の声をかける】

754 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 23:23:44
>751
提督「そうか、なら別に構わないが
    野暮用とはなにかね?機体を狩りだしてまで行くほどの用が野暮用?
 
    まあ別にいいだろう・・・・それでは今後の事について話をすすめる」

>753
提督「彼がそう言うんだ
    彼は知らない・・・・それでいいじゃないか」

【オホンと咳払いする】


提督「それでは、君たちの今後の配属先と
    連邦軍の方針を話す。

    まず君たちは先ほどのような敵と戦ってもらう遊撃部隊に配属が決まる
    今後は我々連邦軍の戦場を転々としてもらう」

755 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/08(日) 23:25:34
>>753
ギルト「……知らねぇんだよ。知ってたとしても分からないって方が正確だろうがな…
     俺には殆ど記憶がねぇんだ。少ない記憶の中ではあいつに出くわした覚えはねぇ。
     おまけに、オルトロスはオーダーメイドなんでな……同系列の機体は存在しねぇ」

【記憶の事を言って益々機嫌が悪くなる】

>>754
【野暮用の事に話が進んだ瞬間、そこまで言う必要はないと
 いった雰囲気を、これでもかと言うほど放出。その後黙り込む】

756 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/08(日) 23:37:30
提督「我々連邦軍はパンデモニム落下前と同じ
    戦力の調整を行わなくてはならない・・・・まったく恥かしい話だ
    君たちが戻ってきてくれてありがたいが、現状ではオーストラリアの奪還は難しい
    それにだ、先ほどのような敵もいることが判明した以上・・・・我々には現状を打破する戦力はない
    
    幸いな事に、今はオーストラリの軍勢とは近隣諸国と協力して硬直状態を保っているが
    連中が本格的に動き出した場合、我々はそれを食い止めることはきわめて困難である
    なので、2週間・・・・今ある兵力で現状を維持し、さらにオーストラリアを奪還するための戦力を確保することが
    我々の今後の目標だ・・・・」



【申し訳無さそうな表情でうつむく】

提督「なので君たち遊撃部隊はこれより
   宇宙にいる残された敵勢力の殲滅に当たってほしい・・・・申し訳ないが
   今君たちに出来る最大の支援は・・・・補給物資の提供くらいしかできない
   なおハーキュリーは整備を行うため、しばらく戦場へは復帰できない、そう思ってくれ」

757 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/09(月) 00:06:13
とりあえず戦うべき敵がいない状況なんで

適当に残党勢力でいいですか?
宇宙から地上でもいいですし

その他敵勢力をやりたい方いますか?

758 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/09(月) 00:19:13
こんばんは。

>757
一応敵勢力を考えてはいますが、希望としては地上をメインに展開して欲しいです。
それと、弥生は戻ってくるときに逸れて、そのまま北京基地の方に居ることでよろしいでしょうか?
一応、元北京基地所属だったので、機体の調整とかも含めて。
宇宙でお話をするのでしたら、この後宇宙に上がりますが。

ただ、申し訳なのですが、今日は早めに落ちますので・・・

759 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/09(月) 00:36:45
>758
そうでしたか
了解しました

宇宙にした理由はたんに地上に降りる理由がなかったので宇宙にしただけです
地上でやりたいのでしたら、既に弥生は地上にいるという報告は受けてるということで
迎に行くということで北京に下りるでいいですか?

760 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/09(月) 00:54:16
はい、オーケーです。
お願いします。

761 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/09(月) 00:57:57
【人気の無い郊外】
[そんなに怪しい雰囲気ではないが、何故か人気の無い場所に少女が一人]

弥生「・・・・・・」

????「相変わらず早いな」

[近寄ってきた巨躯の男・リボルティングを見上げる]

リボルティング「・・・・・で、今までどこをほっつき歩いてやがった?」

弥生「・・・・異世界に飛ばされてました」

[胸元を掴まれ、足が地から離れる]

リボルティング「本当のことを言えよ?」

弥生「・・・・本当です」

リボルティング「・・・・・・フン、まぁいい。それで、実験の方はどうした?
まさか、仲間内で仲良くやってただけじゃないだろうな?ああ?」

弥生「・・・・・・・・」

[黙っていた弥生の頬に拳が打ち込まれ、体が飛ぶ]
[表情は変わってないが口内が切れたらしく、口元から血が垂れている]

リボルティング「与えられた任務もこなさないで、何楽しんでやがる!
ワイワイやるのはお前が楽しむためじゃないだろうが!
面倒ごとを起こさないように、周りから嫌われないためだろうが!違うか!!」

[そう叫びながら、横たわっている弥生へと絶え間なく蹴りを入れ続ける]
[そのたびに体がびくびくと痙攣しているが、表情はやはり変わらない]

リボルティング「それで、収穫は無しか?」

[蹴るのを止め、弥生を見下ろして言う]

弥生「・・・・・らしき者は居ました。ですが、現状では断定できません」

リボルティング「ほう・・・・・わかった。引き続き調べろ。
お前はしばらくすれば、また例の部隊に編入されるはずだ」

弥生「わかりました」

[そう言うと立ち上がり、血を拭ってその場を後にしようとする]

リボルティング「実験の方も忘れるなよ?
それができない体だったら、お前は疾うに処分されているんだからな」

弥生「・・・・・・はい」


[そこからかなり離れた場所]

????「・・・・・・彼に任せるのはやはり危険だな」

762 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/09(月) 01:10:59
【北京基地・格納庫】
整備兵「ボロボロじゃないですか!大丈夫ですか」

弥生「・・・・・・何でもないわ。ちょっと転んだだけ」

整備兵「はぁ・・・・あ、そうだ。シュトゥルムの改修作業終わりましたよ。
上の人たちもいいデータが手に入ったって喜んでました」

弥生「私に言われても困るわ」

整備兵「まぁ、そう言わずに・・・・パイロットはあなたなんですから。
あと、換装パーツの方も一つ回ってきてます。
長距離から敵のバリアなどを射抜く、高圧縮エネルギーを打ち出す後方支援型のパーツだとか・・・・・」

弥生「・・・・そう、後で見ておくわ。ありがとう」

[そう言うと中へ]

整備兵「・・・・・やっぱり絡みにくい娘だな。パイロットとしてはいいんだが」

763 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/09(月) 21:30:16
こんばんはです。

764 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/09(月) 21:34:40
こんばんは
ハーキュリーは整備中なのでシャトルで迎に来ました
しばらくハーキュリーは出ないので是非廣田さんの新しくなった鮫肌を出してください

【シャトルがペキン基地へと降りていく】

ヘラクレス「ここに弥生君がいるそうだ
       我々とは別に少し前に飛ばされていたらしいな」

【シャトルからヘラクレスが降りてくる】

ヘラクレス「これより数時間であるが自由行動とする
       弥生君の機体を収納したらすぐに宇宙へと向いたいが
       シャトルの給油に時間がかかるので、6時間はこのペキン基地周辺で待機だ
       外出は認めるが時間に遅れないように・・・以上、解散とする」

765 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/09(月) 21:57:44
>>764
ギルト「……てめぇの顔もしばらく見ないで済むと思ってたんだが、
     のこのこついて来やがるとは流石に予想外だったぜ……」

【言いながらシャトルから降りると、一度辺りを見回してから食堂へ向かっていく】

766 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/09(月) 22:20:51
>765
ヘラクレス「それは私のセリフだよ少尉
       君を監視するものがいなくては周りに迷惑だろうからな
       くれぐれも問題だけは起こすなよ、オルトロスが悲しむぞ」

【そう言って送り出す】

ヘラクレス「しばらく私も情報整理とでもいくか」

【基地の中で静かそうな所を探しフワフワと漂っていく】

767 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/09(月) 22:59:54
こんばんは

768 :名無しになりきれ:2006/10/09(月) 23:03:13
確かギリシア神話ではオルトロスってヘラクレスに殺されたよね?

769 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/09(月) 23:05:55
こんばんは

770 :名無しになりきれ:2006/10/09(月) 23:06:42
>768
棍棒で撲殺された
ちなみにケルベロスは素手で捕まえられた

771 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/09(月) 23:46:48
今日は落ちますね

772 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 17:44:53
コレクションフィギュアのシークレットがミクヤってのはガセ?

773 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 17:51:07
ガセだよwww

・ミュレッタ
・イータ
・ユウ
・サクラ
・サリア
・弥生

シークレットはシータ

774 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 19:58:42
ミュレ子のフィギュア、仮面つきverがオークションで40000円!?

775 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 20:04:27
ここで第二弾予想
パッケ絵はセリカだろうと言われてるけど

776 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 20:46:01
セリカ
美羽
つばめ

マイナ
アニス
フレア

シークレット???

777 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/10(火) 21:28:27
こんばんは
ポケモンておもしろいな〜




778 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:33:30
コスト1:
連)メッサー ランゼン
D)リオン

コスト2:
連)ゲシュペンストmk-U
D)ガーリオン バレリオン
他)ウラハイナ

コスト2.5:
連)ガントレット 量産型ベルクロート ピクシー レイ・ランサー

コスト3:
連)ゲシュペンストTT(TEX仕様) ロンパイア シュッツェン ベルクロート エクセリオン ドゥガリオン シュトゥルム
他)フォグシャドウ

コスト3.5:
連)アバリス ワイヴァーン シグルド改 オルトロス フランヴェルジュ フレイミー ウィンテッド タイダリアス レイ・ブレイド
他)レヴェランス 白鳳 ロストリューナ ロストアルズ
異)センティコア アンドヴァリナウト

コスト4:
連)カドゥケウス ヘルカイト レーヴァティン ウルスラグナ シュッツェン・ヴェルテ グラム改 エクリプス
D)ベルベーティア ヴァルシレーヌ
他)明王 ケルベロス

コスト5:
連)ベルベーティア・ガナドール サリバン
他バリアンテス リヒト ナウィ・オリン

779 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:35:01
リオンの扱いヒドス

780 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:36:25
サリバンに格闘戦で押し負けしてしまう

781 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:37:23
ステキャン合戦してれば重いサリバンを追い込めるぞ

782 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:38:42
TEX系上位機種はいい加減弱体化すべきだと思う

783 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:40:19
オルトロスとかガントレット使ってると格ゲーやってる気分になる
格闘キャンセル特殊格闘で浮かせて空中コンボとか
引き撃ちされると手も足も出ないが

784 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:40:48
サリバンなんて硬い以外に取り得ないだろwwwww

785 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:43:13
ピクシーがどう考えても2以下の性能な件

786 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:44:08
だがマゾだからそれがいい

787 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:44:41
格闘→全方位メガ粒子砲→隠し腕

このコンボが逃げ切れない

788 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:45:22
格闘食らうほど踏まれてる時点で

789 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:46:07
ベルクロートで核撃ちまくり超タノシス

790 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:46:52
遠距離からの全方位はまったくもって糞だからおk
近距離は逃げ場無で辛い


遠距離からのアキシオンバスターうめえw

791 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:47:28
同キャラ解禁されたからカドゥケウス×4の戦いをやってみた

何この弾幕系STG

792 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:49:15
>>391
あれで生き残れる奴が真のサイコドライバー。
まさにバレトゥムの皿

793 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:52:57
本スレのタイトルも【4000インパルス】【処理落ち】だからな

794 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:54:38
お気に入りのタッグおせーて
キャラでも機体でも

795 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:55:37
メッサー×2こそが男のチーム

796 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:56:36
>>795
下手をすりゃNo surviver!!

797 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 21:57:19
>796
OGアニメOP乙

798 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/10(火) 22:08:42
こんばんはです。

799 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 22:23:54
このスレで女性キャラって需要ある?

800 :名無しになりきれ:2006/10/10(火) 22:25:23
とてもある
基地にいるから参加するならちょうどいいし

801 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/10(火) 22:29:23
なんだか人が減っちゃいましたね・・・
やりたい事がなければ適当に敵出して戦いますか


>799
ぜひとも
男も女も大歓迎です

802 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/10(火) 22:54:03
こんばんは

803 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/11(水) 00:05:48
こんばんは。
昨日は来れなくてすみませんでした。
もう襲撃した方がよろしいでしょうか?

804 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/11(水) 00:06:20
>>803
どうぞ

805 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/11(水) 00:07:32
とくに無いようでしたら始めますね

【北京基地上空 空がガラスのように砕けて大きな割れ目ができる】
【空の割れ目からニワトリのようなロボットが数機降ってくる その後に一際大きなロボットが降りてくる】


ザコッコ「・・・・・」

ヤッターギルン「ここが北京基地かい?ずいぶんと簡単に侵入できたもんだねぇ?」

ザコッコ「・・・・」

ヤッターギルン「さーて、暴れるとするかね〜久しぶりでわくわくするよ〜」

【北京基地に侵入した巨大ロボットは施設を無差別で攻撃する】
【ヤッターギルン×1ザコッコ×6】

806 :名無しになりきれ:2006/10/11(水) 00:09:16
>805
つ【リロード】

807 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/11(水) 00:09:45
あああくそう、タイミング悪いなおれ

>803
どうぞ
>805は◆1/UHraQ4E2 さんが来ないと思ったので書いただけです
どうぞ気にせず進めてください

808 :名無しになりきれ:2006/10/11(水) 00:26:52
機体を人に考えてもらうっていうのは無しでしょうか?
なんとなく面白そうだと思ったのですが…

809 :名無しになりきれ:2006/10/11(水) 00:28:16
いいんじゃない?
どんな感じかは必要だが
後は誰に考えて欲しいかくらいか

810 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/11(水) 00:29:18
>805
>807
何だか申し訳ないです。
敵側を引き受けておきながら来るのが遅くて・・・・


【北京基地からいくらか離れた場所】
リボルティング「あそこが奴の所属している基地か・・・・・」

[一人呟くその背後に、一つの影が迫る]

フォルテ「何をするつもりだ?こんなところで」

リボルティング「・・・・・また貴様か」

フォルテ「伝言だ。彼女の監視は他の者に移す。
リボルティングは引き続き捜索のみに専念せよ・・・・だそうだ」

リボルティング「他の者というのはお前のことか?」

フォルテ「・・・・・・」

[睨み合う二人の上空を幾つかの機影が通り過ぎていく]

フォルテ「・・・・何?」

リボルティング「あれは・・・・・・貴様の仕業か?」

フォルテ「違う。僕は伝言を届けに来ただけだ」

リボルティング「なら、お前の管轄じゃないんだな?
ちょうどいい、利用してやる」

[そういうと基地の方へと駆け出す]
[一方フォルテは踵を返して去っていった]

【北京基地】
AI「・・・・・目標、北京基地・・・発見。状況を開始せよ」

連邦兵「な、何だあれは!」

連邦兵「くっ、改修だなんだとこの忙しい時に・・・・・・出せる奴から出せ!」

[ソルジャー×12、北京基地上空に出現]

811 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/11(水) 00:42:43
>>810
ギルト「次から次へと、この部隊は引く手数多だな……面倒この上ないぜ。
     厄日ってのは本当らしいな」

【格納庫へ向かい、オルトロスに乗り込む】

ギルト「……憂さ晴らしに丁度いい。オルトロス、出るぞ」

【オルトロス出撃】

ギルト「数ばかり揃えやがって。初見だってのに随分な熱の入れようだぜ……」

812 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/11(水) 00:46:08
>>810
カオル「街を戦場にするっていうのか……? 馬鹿なことを!」

【センティコア出撃】

813 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/11(水) 00:50:14
>811-812
AI「敵機出撃・・・・・確認に入る」

[ABCがオルトロスに、DEFがセンティコアに向かい、それぞれマシンガンを乱射する]


【格納庫】
弥生「・・・・どうしたの?」

整備兵「アンノウンですよ。まったく、この忙しい時に・・・・・・
あ、機体の方は今ちょうどパーツ換装の真っ最中なんで出せませんよ」

弥生「そう・・・・・仕方ないわね」

[弥生がその場を去ろうとしたとき]

整備兵「そういえば、隣にある特機、おかしいと思いませんか?
こないだ急に回されてきたんですが、やたらと薄くて・・・・・構造も不明な点が多いんです。
パイロットの方はまた後日、こちらに配属されるらしいんですが」

[確かにかなり脆そうな機体が隣に並んでいる]

弥生「・・・・・少なくとも長期戦は持ちそうにないわね」

整備兵「そうでしょう?一体何を考えてこんな・・・・・・・ッが!」

[整備兵の体が一瞬ピンと伸び、その場に崩れ落ちる]

弥生「・・・・!」

リボルティング「ふふん・・・・・所詮普通人はこんな程度か」

弥生「ど、どうしてここに・・・・!」

リボルティング「いいから来い」

弥生「・・・・・はい」

[半ば強制連行されるような形で基地外へ]

814 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/11(水) 00:58:35
>>813
ギルト「ぬるいな……その程度じゃこいつを抜けやしねぇよ」

【右腕を突き出してシェルを展開。マシンガンの弾を弾き飛ばすと構えを取る】

ギルト「鬱憤が溜まってるんでな……中身がいようがいなかろうが関係ねぇ。
     手荒に行かせてもらうぜ……!」

【一度バックステップをすると、炎を纏わせた突進力のある前蹴りで
 ソルジャーAへ突っ込んでいく】

815 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/11(水) 01:07:31
>>813
【スクートゥム・フィールドが弾丸を受け止める】

カオル「高いところから見下ろしやがって!」

【インパルスダートでソルジャーを攻撃】

816 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/11(水) 01:14:54
>814
AI「・・・・!」

[蹴りが入る瞬間にレーザーソードで捌くが、纏っていた炎でダメージ:残り65%]

AI「・・・・・・」

[Aはそのままレーザーソードで切りかかり、その間に回り込んでいたBとCが左右からビームキャノンで攻撃]

>815
AI「・・・・・?」

[展開してインパルスダートを回避]

AI「少し違う模様・・・・慎重に確認」

[D、Eが違うタイミングでレーザーソードを展開、センティコアへ切りかかる]

817 :名無しになりきれ:2006/10/11(水) 01:20:13
避難所新しい人来てるな

818 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/11(水) 01:25:19
>>816
ギルト「接近戦は俺の間合いだぜ……量産機如きに遅れを取る訳にはいかねぇな」

【切りかかってくるAの手首を掴み止め、それを支点に跳んで
 左右からのビームキャノンを回避。Aの背後へ回り込む】

ギルト「正面衝突でもしてろ……!」

【背後からAを突き飛ばすように蹴り、Bの方向へ勢い良く押し出す】


眠気が強烈なので今日は落ちます。

819 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/11(水) 01:30:14
>>816
【間合いを外しレーザーソードをかわす】

カオル「この距離なら槍の方が有利だ!」

【センチュリオン・スピアを連続で突きこむ】

820 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/11(水) 01:49:01
>818
AI「!!!」

[向かってくるAを両断し、爆発の中からビームキャノンを放つ]

AI「敵は強力・・・・だが、別と判断。足止めせよ」

[タイミングをずらしてCがビームキャノンを速射]

>819
AI「・・・・!!」

[槍の連続突きを捌くが、全ては捌ききれない:DE共に残り70%]

AI「可能性あり、警戒レベルを上昇」

[Fがビームキャノンを打ち込み、その隙にDEがその場を離脱]
[入れ替わるようにGが向かい、更にビームキャノンを放つ]


私もこれで落ちます。

821 :名無しになりきれ:2006/10/11(水) 22:26:26
もうこのスレも終りだな

822 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/11(水) 22:41:29
こんばんはです。

>>820
ギルト「躊躇なしか。ってことは、無人機だな……」

【爆炎の中からのビームを回避するが、ずれたタイミングで襲ってきた
 ビームは避けられず、シェルでダメージを軽減する。HP90%】

ギルト「消し炭にしてやるぜ」

【狙いが付け難い様に不規則に左右へ機体を揺らしながら接近。
 飛び上がるようにアッパーを繰り出し、逆の手で上から下へ叩きつけるように
 頭部を掴もうとする。掴めればそのまま爆破しようと言う魂胆】

823 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/11(水) 23:05:50
こんばんは

>820
[北京基地の格納庫から、調整作業の終わったレイ・ブレイドが出撃]

レヴィン「まったく、なんでこういう時に限って出てくるかねぇ」

[ギルト機やカオル機と戦闘状態に入っていない機体(H〜Lでいいのか?)に向かってビームハンドガンを
連続で叩き込む]

824 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/11(水) 23:11:38
こんばんは

>>820
【肩にビームを受けながら前進。残りHP90%】

カオル「そこッ!」

【センチュリオン・スピアでGを斬りつける】

825 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 00:13:37
こんばんは。

>822
AI「・・・・!」

[アッパーをもろに食らうが、それに合わせてスラスターを噴かして離脱、捕縛は免れる:残り40%]
[Cがビームキャノンで離脱を援護]

>823
AI「・・・・・・」

[展開して回避後、H、Iがレイ・ブレイドへビームキャノンを展開しながら向かう]

>824
AI「・・・・・!」

[向かってきたセンティコアに反応しきれず、片腕を失う:残り50%]
[F、Gが接近してレーザーソードを振るう]

826 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/12(木) 00:24:12
>>825
ギルト「ちっ……」

【掴み損ねたのを確認するとそのまま踏み込んでいく。
 ビームはあえて防御して無理に前進。HP75%】

ギルト「消し炭にしてやるって言っただろうがよ」

【踏み込みながら機体を回転させ、炎を、Bを薙ぎ払うように繰り出す】

827 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 00:25:30
[戦闘に巻き込まれないように走る男と少女]
[先を走っていた男が人気の無い路地へと曲がったところで]

リボルティング「!!」

[男が派手に転倒する]

????「まさか、こんなベタなトラップに引っかかるなんてね」

[曲がってすぐのところにワイヤーが引いてあったのだ]

弥生「・・・・・・」

[さすがの弥生も驚いた表情をしている]

????「ほら、大丈夫だよ。先に戻ってて」

[戸惑う弥生だったが再度少年に促されて、来た道を戻っていく]

リボルティング「貴様が・・・・・」

[顔面を強打したらしく、顔を手で覆っていて少年の顔は見えていないようだ]

????「・・・・・・そう。だからお前の役目はこれで終わりだ。
もしかしたら、処分・・・・・もありうる」

[そう言い残して、少年は弥生の後を追っていった]

リボルティング「処分、だと・・・・・?この俺様が?
奴の方が処分品に近いというのにか?・・・・ふざけるなァッ!!」

[人気の無い路地に、虚しく声がこだました]

828 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/12(木) 00:30:04
>>825
【跳躍して回避】

カオル「甘い!」

【槍の穂先をソルジャーの頭上に向けて降下】

829 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/12(木) 00:35:31
>825
[飛行形態に変形しつつビームを回避]

レヴィン「面白味の無い攻撃だな、またAIか?」

[マイクロミサイルランチャーとビームハンドガンを撃ちながら接近、
距離が縮まったらマシンキャノンと機首バルカン砲も使用]

830 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 00:42:21
>826
AI「!!!」

[炎に煽られ、文字通り消し炭のようになる:B戦闘不能]
[その機体を貫通し、爆破させながら多数のビームキャノンがオルトロスに向かう]

>828
AI「!!!」

[Gが頭部から貫かれ、爆発]
[直後にFが再度切りかかり、D、Eがマシンガンをばら撒いて援護する]

>829
AI「・・・・確認を優先せよ」

[回避行動をしながらこちらからも接近、全ては回避しきれない:両機残りHP75%]
[距離が縮まったところで展開して背後に回りこみ、Hがマシンガン、Iがビームキャノンで攻撃]

831 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 00:48:32
【格納庫】
整備兵「あ!どこへ行ってたんですか!それに・・・・」

[さっき伸びた整備兵は医務室にでも運ばれたらしく、違う兵が担当していた]

????「あ・・・えと、詳しいことは後で・・・・それよりも今は」

弥生「換装終わったの?」

整備兵「あ、はい。大体は・・・・後は最終調整ですが・・・・・」

弥生「形はできてるのね。それなら大丈夫よ。ありがとう」

[そう言うと少しシルエットの変わったシュトゥルムに乗り込む]
[シュトゥルム・L出撃]

????「僕の機体は調整がまだだと思うから、もうしばらく・・・・かな」

[少年は呟きながら隣の華奢な機体に乗り込んだ]

832 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/12(木) 00:51:44
>>830
ギルト「数に任せて、一機ずつ捨て駒にしてこうってか?
     ……気にいらねぇ。所詮はポンコツか」

【横に飛び、射線を回避しつつも当たる物は防御していく。HP65%】

ギルト「もう満足しただろ……そろそろスクラップになる時間だ」

【突然上空に飛び、太陽を背にして腕から炎を吹き上げると、
 陽光に溶け込んで消え去ったかのように見える炎の塊を、
 踵落としの要領でCへ蹴り飛ばす】

833 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/12(木) 00:53:44
>>830
【回避運動。少し装甲に掠める。残りHP85%】

カオル「この距離なら狙える!」

【D、Eにバリスタ・スパイク発射】

834 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/12(木) 00:54:19
>830
レヴィン「戦闘機相手なら背後を取るのは有効な戦術なんだろうけどな、コイツはそう甘くはないぜ」

[すれ違う瞬間に通常形態に変形しIにビームハンドガンを連射で叩き込む
Hのマシンガンに対しては距離を開けることで損害を減らそうとする 残HP90%]

835 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 01:11:44
>832
AI「・・・・・!」

[太陽を背にしても見失うことが無いことが災いして、突っ込んだために炎を避けそこなう:残り30%]

>833
AI「・・・!標的の一つと判断。破壊せよ」

[Dは避けるがEはもろに攻撃を受けて爆散]
[残ったJ〜Lもセンティコアへと向かおうとするがその中へ極太のビームが打ち込まれる:J破壊、K、L回避]

弥生「一人に群がるつもりなの・・・・?」

[シュトゥルムとK、Lが交戦]
[その隙に背後から切りかかろうとするF]
[その頭部が吹き飛び爆発する]

????「え・・・と、後は任せるよ?」

[そう言い残し、上空へと飛び上がる]

>834
AI「・・・・!」

[Iはハンドビームガンをもろに受ける:残り35%]
[Hが接近レーザーソードで斬りかかる]

836 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/12(木) 01:18:57
>>835
【新手の機体に戸惑うが、敵ではないと知りほっとする】

カオル「み、味方か? 助かる!」

【J〜Lをインパルス・ダートで牽制し、シュトゥルムに近づく】

【接触通信】

カオル「僕が切り込む。援護を頼みます」

837 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/12(木) 01:23:03
>>835
ギルト「この程度で終わりだと思うなよ……原型無くしてやる」

【更にもう一発の炎を前方中返りのように浴びせ蹴りで蹴り込み、
 その勢いを利用して上から突撃する】

ギルト「燃えちまえよ…!」

【そのまま全身を炎で包み込み、特攻】

今日はこれにて。

838 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/12(木) 01:30:54
>835

レヴィン「生憎だが、俺は接近戦の方が得意なんだよ!」

[Hのレーザーサーベルをシールドで受け止め、膝蹴り→回し蹴りで吹き飛ばす。
その後Iに接近し、ビームソードで斬りかかる 残HP80%]

本日はここで落ちます

839 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/12(木) 01:41:22
>836
弥生「・・・・わかったわ」

[リニアライフルを速射し、牽制する]
[K、L共に、インパルスダートと直後のリニアライフルを回避するが体勢を崩す]

>837
AI「・・・!」

[蹴りこまれた炎は回避するものの、その後の攻撃によって爆散]

>838
AI「・・・・!!!」

[もろに蹴りを受け、バランスを崩して吹き飛ぶ:残り25%]
[レーザーソードで受けて、鍔迫り合いに]



????「あれ?一機残ってる・・・・みたいですね」

[残っていたDを発見し接近]

????「背後から攻撃なんてさせないよ」

[ピュグマリンで動力部を一突きし、爆散させる]


それでは、わたしもこれで落ちます。

840 :名無しになりきれ:2006/10/12(木) 18:41:52
sぅ

841 :名無しになりきれ:2006/10/12(木) 20:39:35
ブソレンのOPが素晴らしすぎる件

842 :名無しになりきれ:2006/10/12(木) 21:11:52
OPの出来はOG唯一の取り柄のはずだったのに……

843 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/12(木) 23:14:25
こんばんは

844 :名無しになりきれ:2006/10/12(木) 23:19:18
遅かったな
Dr.コトーでも見てたのかい

845 :名無しになりきれ:2006/10/12(木) 23:24:57
たんにやおいが来るのおそいからだろ?それにあわせてじゃないの?

846 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 00:01:37
こんばんは。
来るのが遅くて申し訳ないです。

847 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 00:03:09
こんばんは

848 :名無しになりきれ:2006/10/13(金) 00:21:01
なんではじめないの?
まさか・・・・なんもかんがえてないとか?

849 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/13(金) 00:37:58
>>839
カオル「今だ!」

【KLに接近、センチュリオン・スピアで攻撃】

850 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 00:46:45
>839
レヴィン「そのマシンガンとビームキャノンは飾りで付いているのか?」

[鍔迫り合いになっている状態で頭部バルカン砲とマシンキャノンで攻撃し、
相手が体勢を崩した所でビームソードで斬り付ける]

851 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 00:47:05
>849
AI「・・・に支障を・・・・・」

[センチュリオン・スピアがKの動力部、Lの頭部を破壊:K爆発]

弥生「・・・・おわりね」

[動きの鈍くなったLにリニアレールガンで攻撃:L破壊]

852 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 00:53:16
>850
AI「!!!」

[バルカンとマシンキャノンで致命傷を負い、ビームソードで止めを刺される:I破壊]



????「・・・・アモン相手に最前線で戦っただけはあるみたいだね」

[今回の戦闘を見てぼそりと呟きつつ、残ったHを破壊する:全滅]

853 :名無しになりきれ:2006/10/13(金) 01:03:16
のんびりやりすぎだよ

854 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 01:09:06
[アンノウンの襲撃からしばらく、シャトルの方へと機体の搬送作業が行われている]
アナウンス「30分後にシャトルが発射します。
遊撃部隊の方々は、シャトルの方へお乗りください」

弥生「・・・・・・」

[黙ってアナウンスに従い、シャトルへ]

????「宇宙・・・か」

[少年もシャトルに搭乗する]

????(今は、名乗る雰囲気じゃなさそう・・・・かな)



このまま宇宙に上がったのでよろしいでしょうか?
ダメなら、このレスは無視してください。

>853
申し訳ないです。

855 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 01:11:50
そういえば、新参者さんが居ましたね。
どうしましょうか?

856 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/13(金) 01:16:27
機体なら私が考えてもOKですがどうか

857 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 01:22:28
>856
一応、北京基地で遊撃部隊に編入されて共に行動するのでしたら、
>854を無視して、????と一緒に紹介の場でも設けるべきかと思うのですが。

だとすると、今日は居ないでしょうから続きは明日になりますかね。
本人の居ない場で話を進めるわけにも行きませんし・・・・

858 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 01:23:06
とりあえず、どんな系統の機体が欲しいかが問題だよなぁ

大まかに
[回避/防御]系[近接/射撃]の4タイプが

859 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/13(金) 01:36:08
とりあえず、今日はこれ以上できることがなさそうなので落ちますね。

860 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 01:37:02
んでは俺も落ちます

861 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/13(金) 21:28:47
こんばんは

862 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/13(金) 23:16:26
こんばんは

863 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 23:17:31
こんばんは

864 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/13(金) 23:24:48
こんばんは

865 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/13(金) 23:27:00
こんばんはです。

866 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/13(金) 23:31:38
とりあえず宇宙へ上がった事にシマスカ?

それとも新入りさんを待ちますか?
宇宙に上がっても自己紹介&合流は出来ますがどうしますか?

867 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/13(金) 23:55:57
>>866
どちらでも良いのでは?
地球でやりたいことがある人がいるならそれをしつつ後者でいいでしょうし。

868 : ◆DYglRpY8OY :2006/10/13(金) 23:58:46
こちらはどちらでもかまいませんが。

869 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/14(土) 00:36:38
こんばんは。

>866
私はかまいませんよ。
現世にいる間に何度か襲撃させてもらうかもしれませんが、
宇宙に上がることに異論は無いです。

870 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/14(土) 00:55:23
新入りさんが来ていませんが
ここで停滞してるのも勿体無いので進めちゃいましょう

>867−869
特に地上でやりたい事もなさそうですし
宇宙へ上がっちゃいますね、とりあえず今後は
ラウド国と戦うまでの間は宇宙で戦ったりしてましょう



【>854 宇宙へ上がる】

ヘラクレス「一悶着あったようだが皆無事で何よりだ
       一人新しくパイロットが加わったようだが、名前を聞いてなかったな」

871 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/14(土) 01:05:49
>870
????「あ・・・・・」
(そういえばまだ名乗ってなかった・・・・)

????「僕は佑太。・・・・・御堂佑太って言います」

佑太「え、と・・・・本日付でこの遊撃部隊に配属されるらしくて・・・・・聞いてなかったですか?」

872 : ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/14(土) 01:12:02
申し訳ありません、新入りです。
事情により数日間スレが見られず、レスをいただいていることに気づきませんでした。
結果流れを止めてしまい、ご迷惑をおかけしてしまったことをお詫びします。

もし今からでも参加が許されるのなら、格闘/回避系で>>856さんに考えていただきたいと思います。
登場のタイミングには意見しませんので、流れの邪魔になるようなら遅らせてください。

873 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/14(土) 01:19:40
>871
ヘラクレス「そうか御堂佑太か私はヘラクレスだよろしく
       先ほどは戦闘でごちゃごちゃしてしまってな、配属データをまだ受け取っていないんだ」



ヘラクレス「さて、宇宙へ上がったが
       我々は宇宙での治安維持のため残存勢力と新たな敵勢力の排除と捜索に向う
       まだオーストラリア奪還までに時間はある、それまでに
       不安となる眼は先に刈り取っておこう」


【地球を中心とした宇宙のマップを出す】

ヘラクレス「我々がいるのここだ、我々はこれより地球からは一番離れている
       代4コロニー「ロア」へと向う・・・ここにどうやら先の戦いで敗北したアモン主要幹部が逃げ込んでいると
       情報が入った、我々はここへ向いこのコロニーを調査する

        なお途中で給油をするのでその時に先ほど補給し切れなかった弾薬の補給に入ろう」

>872
では給油の時に合流でいいですね

874 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 01:22:14
>>872
詳しいことは避難所の新雑談スレで伺いたいのですがいいでしょうか?

875 : ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/14(土) 01:25:58
>>873-874
恐れ入ります。
よろしくお願いします。

876 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 01:46:25
>>875
こちらこそよろしくお願いします。

少しの間落ちます。

877 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/14(土) 01:55:01
【コロニーロア コロニー内の酒場の一角】

アー「兄貴〜・・・・どうすればいいんだよ〜
   レヴィアタンは死んじゃったし・・・俺たちは指名手配されたしで
   もうどうしようもないじゃないっすか〜・・・」

レオン「・・・・・・・」

アー「このままじゃ捕まったら死刑か無期懲役は確定
   俺は嫌ですよ!!ウルフレッドの旦那は逃げたしで!!あーーー!!俺も逃げてりゃよかった!!」

レオン「静かにしろ・・・今考えてる」

アー「考えてるですって?どうせ逃げる事でしょ?
   俺たちは逃げて逃げて逃げ続けてこんな端っこまで逃げたんすよ?
   これ以上どこへ逃げればいいというのさ!?」

レオン「投降するしかないか・・・・」
アー「それは絶対に嫌だ!!!いやったら嫌!!」
レオン「・・・・・アーウィー・・・俺と一緒に地獄に落ちよう」
アー「それはごめんだよおおお!!わあああああん!あーーーーん!!」

???「お前達には戦うという選択肢はないのか?」

レオン「だれだ!」

シュライ「俺はシュライン・ゴーダーロ・・・・お前達を迎に来た・・・共に戦え
      それ以外の選択肢は無い・・・断れば・・・ここで名誉の死を与える」

アー「何言ってんだこいつ?気色悪い棺桶なんか・・・」
レオン「・・・・その話乗った!」
アー「兄貴!!何を言ってるんすか!?」
レオン「ここで逃げ続ける人生はゴメンだ・・・・ならば、永遠に戦い続ける修羅の道のほうを俺は望むぞ!」

シュライ「いい考えだ・・・俺と一緒に来い・・・人生に華を捧げ・・人として最後の時間をすごそうじゃないか」

アー「兄貴・・・・・」

878 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 02:11:26
今日は落ちます

879 :まとめ:2006/10/14(土) 21:54:29
超半端な更新をした俺がきましたよ(´・ω・`)

そのうち五部も更新するから安心してください

880 : ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/14(土) 22:31:15
こんばんは。

881 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 22:38:55
こんばんは

>>880
機体の案を投下しました。
御意見要望がある場合は避難所に書き込んでください。

882 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/14(土) 22:44:20
こんばんは。



883 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/14(土) 22:52:34
すみません。ヒルツを地球に戻したいんですが、十賢者側で地球へ送ってくれるか、地球に帰還する手段を教えてくださいませんか?

まさかこんなすぐにこっちに戻るとは思ってませんでしたので

884 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 23:11:38
>>883
十賢者で送ります。
「こっちもやべえから戻ってこいよー」的なメッセージを持たされてるのが、肝心な内容を知らされていないという。
OKですか?

885 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/14(土) 23:14:20
>884
お願いします

886 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 23:26:29
>>885
儀式とかは省略しますので、必要なタイミングで出現してください。

887 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/14(土) 23:27:57
こんばんは
とりあえず給油に入ったことにしますね


【宇宙ステーション】

ヘラクレス「先ほど述べたように
       このステーションで最後の給油を行う
       なお、新しいパイロットと機体も入るので御堂佑太君同様快く迎え入れてほしい」

ヘラクレス「弾薬の補給とパイロットを迎え次第直ぐに出発する
       敵は幹部が2人だけとはいえ油断するなよ」

888 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/14(土) 23:32:25
>886
もう地球に戻った事にすればいいんですか?

889 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/14(土) 23:41:54
>>887
【ノックの音が二回。扉が開き、赤い長髪の少女が入室してくる】

アヤノ「失礼します。
    アヤノ・フローウェル少尉、ただいま到着いたしました」

【ヘラクレスの前に立ち、整然と敬礼の構えを取る】

890 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 23:42:57
>>888
そうです

891 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/14(土) 23:46:03
わかりました

892 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/14(土) 23:47:17
>889
【部屋の中には球体がフワフワ浮いていた】

ヘラクレス「よく来てくれた
       我々の部隊も戦力としては心もとないのでな
       少尉が来てくれたおかげで大幅な戦力アップになること間違いないだろう」

ヘラクレス「皆、今ここにあたらしいパイロットとして
       アヤノ・フローウェル少尉が加わってくれた!これからの戦いは
       彼女の力が役に立つだろう、よろしく頼むぞ」


ヘラクレス「さて、給油も弾薬の補給も済んだようだな
       機体も格納したのであとは出発するだけだ・・・・皆準備はいいな?」

893 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/14(土) 23:52:03
>>892
アヤノ「はい。よろしくお願いしますね、艦長さん」

アヤノ(…とは言ったものの、実戦はこれが二回目なんだけどねー…
     いきなりこんな高い階級よこすなんて、父さんは何考えてるのかしら…)

【支度がすんでいるので、適当に腰をかける】

894 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/14(土) 23:57:02
>>892
カオル「こっちは問題ないよ」

>>893
カオル「よろしくお願いします、アヤノ少尉」

895 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/15(日) 00:11:01
ヘラクレス「では出向する!」

【宇宙ステーションを後にし
 逃亡犯がいる宇宙コロニーへと向う】


ヘラクレス「・・・・どうやら
       コロニーの中に入るらなくても済むようだ
      既にコロニーの外に我々が追い求めていた機体がいるようだ」


ヘラクレス「各員!奴等を逃すな!!
       それぞれ出撃し!やつらを逮捕しろ!!
       抵抗すればその場で応戦しろ!許可は既に取れている!」

ヘラクレス「こちら連邦軍所属艦長ヘラクレスである!!
        速やかにこちらに投降しろ!」

【コロニーの外にいる3機の機体に呼びかける】

896 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/15(日) 00:13:05
【第4コロニーロア 付近】
【ヘラクレスの勧告を聞き】

アー「兄貴!連邦軍に見つかっちまったよ!!」
レオン「どうするんだよ?このまま機体で宇宙に出ても、エネルギーが切れたらそれまでだぜ?
    ちゃんと迎が来てくれるんだろうな?」

シュライ「・・・・ああ・・必ず来るさ・・・」

レオン「来るさだと?それじゃあ直ぐには来ないってことだろうがよ!!」
アー「兄貴・・・・」

シュライ「お前達には戦うという選択肢はないのか?・・・・言ったはずだぞ
      人として最後に華を添えようじゃないかと」

レオン「けっ・・・・戦うよ、暴れて暴れて暴れまくって!!
     大暴れしてやるよ!!」
アー「俺は別に・・・・」

レオン「レオン忍法!!分身の術!!!」


【ASソレアレス×10 ボットゴンボ×1 ファミリーデット×1出現】
【ファミリーデットは少し離れた所で傍観している】

シュライ「・・・・さ、華を添えようじゃないか」

897 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/15(日) 00:21:45
>>894
アヤノ「カオル・カワサキくんね。
    堅苦しいのは抜きでいいから、よろしくね」

【軽くメンバーを見回し】

アヤノ「わー…
    話には聞いてたけど、みんな若いのねえ、この部隊…」


898 :カーシャ:2006/10/15(日) 00:31:24
なぜ止まるの!?
なぜ止まるの!?

899 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 00:39:39
みんな眠いからって言い訳は無しだぜカーシャ!

900 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 00:50:32
誰待ち?

901 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 01:05:45
皆が皆をまっている

902 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 17:03:10
誰かが何かを狙ってる

903 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/15(日) 18:22:09
こんばんは

904 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 18:46:53
後三時間くらいしないとみんな来ないと思うぞ

905 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/15(日) 18:52:50
わかりました。待機します。

906 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/15(日) 21:55:58
こんばんは。戦闘に入るようなので一応出撃だけさせておきます。

>>895>>896
ギルト「思ったより早く着いたな。……出るぞ。さっさと終わらせてやる」

【部屋からさっさと出て格納庫へ向かう。オルトロス出撃】

ギルト「割と数が多いが、またあれの分身か。
     おまけに見慣れない奴もいやがる、あれも敵と見て良さそうだな。
     まあいい……何にせよ丸焼きにしてやるぜ」

907 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/15(日) 22:07:55
>896
レイン「残党狩りね。…よし、いくわよ」

[レーヴァテイン出撃]

(敵はカメレオンのヤツに遺跡荒しのおじさま。
それから見たコト無いヤツが1機)

908 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 22:09:53
志村志村ー機体名ー

909 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/15(日) 22:19:51
>908
し、しまった。ミスです

[フランヴェルジュ出撃]

910 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/15(日) 22:50:47
>>896
カオル「ニューズソースで見た面々がずらりと……」

【センティコア出撃】

カオル「構っている暇はないんだ、こいつらを抜いてオーストラリアに向かう!」

911 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/15(日) 22:52:25
アヤノ「さてと…アールマティ、いきます!」

【二機に続き、白と赤に彩られたPTが出撃】

>>906
アヤノ「分身って、ひょっとしてあの同型全部が?」

【ソレアレスをスキャン】

>>907
アヤノ「…確か、レイン・エヴェレットさんよね?
    あのアサルトスカウター10体、私に任せてもらってもいい?」

912 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/15(日) 22:58:57
>911
レイン「あなたは確か新入りの娘ね?
いいわ。あの群れはお願いね」

913 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/15(日) 23:05:45
>>911
ギルト「……前にも同じ事してやがったからな。そうだろうよ。
     その割りにしっかりダメージを与えてきやがる。厄介な野郎だぜ……」


【オルトロス、ボットゴンボの方向へ向き直る】

ギルト「他には間合いに入るだけ苦労しそうなんでな……俺はあいつの相手をさせてもらう。
     だが見た目からして装甲特化してやがるからな。一機じゃ時間がかかりそうだ…
     援護が出来る奴は手を貸せ」

【ボットゴンボへと高速で接近を開始する】

914 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/15(日) 23:06:23
>>912
アヤノ「娘ね、って…
    こーら。新入りとはいえ、年上のお姉さんにそんなこと言っちゃダメでしょ?」

【リアクティブ・ガーブを纏ったまま、ソレアレス部隊に斬り込んでいく】

アヤノ「さあ、お相手お願いね。影分身の皆さん!」

【アームビームガンの連射で口火を切る】

915 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:08:32
ボットボンゴはゴッボドンゴと違うの?

916 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:11:01
ゴッドボンゴだっけ? ゴッボドンゴだっけ?

917 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/15(日) 23:12:13
>>915
名前は>>896からのコピペなんですが、何か違和感あると思ったら名前違ってたのか……
今度から一度、避難所を掘り返す事にします。

918 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:13:09
ドッボゴンゴじゃなかったっけ?

919 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:13:51
違うよゴッボゴンドだよ


920 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:14:15
>915
正解

921 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:14:25
ドッゴボンボだろ

922 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:15:14
ドワンゴだよ

923 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:15:46
ドラゴンボール?

924 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:16:33
ゴロマキ権藤

925 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:19:08
次スレゴッドゴンゴ

926 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:20:39
950になってからでよかろ

927 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:24:35
ミクヤより弱いパイロットっている?

928 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:27:49
つばめとか

929 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:28:35
なぜ止まる

930 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:30:20
誰待ち?

931 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:31:08


932 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/15(日) 23:33:26
>913
レイン「なら私が一緒に行くわ。
邪魔にはならないわよ」

[ゴッボドンゴへ狙いを絞る]


>914
レイン「こ、こう見えても18歳。
…あなたとはタメなんだからね」

[幼く見られた事に少しムッとなる]

933 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/15(日) 23:36:19
>>932
カオル(18……俺より年上だったのか)

>>914
カオル「援護します!」

【インパルスダートでソレアレスに援護攻撃】

934 :名無しになりきれ:2006/10/15(日) 23:42:06
おいおい、幼女はやめてくれ、これでももう18歳なんだぜwww

935 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/15(日) 23:46:51
>>932
ギルト「…なら俺が撹乱と牽制、お前が本命だ。
     掴まれでもしたら洒落になってないんでな。間合いに入ったら適当にあしらっとく。
     お前は隙を見て強烈なのをコンスタントに叩き込んでいきゃあいい。
     ……ただし、この前みたいなのは御免だぜ」

【暗に対ケルベロスの時を指す】

ギルト(……こいつ、一つ下か……五つは固いと思ったんだがな)

936 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/15(日) 23:55:57
>935
レイン「何、この間のを根に持ってるの?…わかってるわ。
この前の敵よりはじっくり狙う時間がありそうだから安心してもいいわよ」


937 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:00:35
こんばんは 遅くなりましたすいません
自分も名前を間違えてましたゴッボドンゴですね

>913
アー「俺からかよ〜!!
   戦うしかないのか?俺は戦いたくなんて無いんだ!!!

   お金がほしいだけなんだよおおおお!!」

【マグマボムを発射し接近を防ごうとする】

>914
レオン「統一回避!
     忍法空蝉旋風!」

【アームビームガンをそれぞれが回避していく】

レオン「忍法!ファントムビュレット!」
【ソレアレス Aの姿が消えると後ろから現れ攻撃する】

>932
アー「おっ・・・・俺ってモシカシテ・・・・
    スポットライト当ってるのか!!こんなに注目されてるなんて!!」

【ゴッボドンゴの右腕が飛んで来る!アルティミットペンチ】


938 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 00:03:56
こんばんは。

>896
弥生「・・・・出ます」

[シュトゥルム・L出撃]


佑太「マイナス、行きます」
(・・・・・・一機不明機・・・・臭いな)

>914
佑太「二人とも僕より年上なんですね・・・・」

[別に驚いた風もなく、普通の口調で言う]


弥生(18・・・なの?
・・・・・でも、隠し事、という点では私もそうね・・・・)

939 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:05:41
>933
レオン「ちぃい!!」

【ソレアレスBが攻撃により消滅する】

レオン「・・・・・・・(本体がばれるのは時間の問題だな)」

【ソレアレスC 宇宙空間を駆け抜け膝に収納されたガトリングで攻撃】
レオン「アタックレオン!!」



アー「兄貴!!けっこうやばいかもよ!!」
レオン「・・・・迎えが来るまでの辛抱だ!!そうだろ!シュライ?」


シュライ「そうだ・・・・それまで必死に戦うのもいいかもな」

940 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 00:10:20
>>937
ギルト「……調子が良すぎるぜ。金が欲しいだけだったらクーデターなんざ
     参加してんじゃねぇよ」

【吹き上げた炎をマグマボムの一つに蹴り込み、爆発させると
 高い耐熱性を生かしてその爆炎の中をシェルを張ったまま突っ切る】

ギルト「この程度の熱じゃあ焦げ目もつかないぜ……
     蟹かゴリラかわからねえが、蟹だったら茹でるなんて甘い事は言わねぇ。
     直火で焼いてやる」

【中距離から機体を旋回させ、回転の勢いを上乗せしつつ腕を振り抜き、
 炎を叩き付けるように放射する】

941 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 00:11:02
>>914
アヤノ「えっ!?
    あら…そ、そうなの?」

【少しバツが悪そうにする】

アヤノ「…じゃあ、これからはお互い呼び捨てでいきましょ。
    よろしくね、レイン」

>>933
アヤノ「了解。それじゃ、一気に片付けるわよ?」

>>937
アヤノ「数でかかってくる以上、後ろは警戒して当然ね」

【ガーヴをひるがえして攻撃を回避し、プラズマサーベルでソレアレスAの胴をなぎ払う】

942 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 00:15:05
>>939
カオル「幻像か!? 一気に全部吹き飛ばせば……」

【ガトリングをスクートゥム・フィールドで防御】

カオル「まだ撃てないのか? 仕方ないな!」

【インパルスダートを連射しながら接近する】

943 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:19:23
>940
アー「おわああああっちゃあああああ!!
    あちちち〜!!!」
【炎が引火してその場でのた打ち回る 残りHP70%】

レオン「何ふざけてんだ!!まじめにやれ!!」
アー「すいません、ついノリでやってみたくて」

アー「グルグルまわる〜!!」

【左腕のドリルがオルトロスに飛んで来る
 飛んでる途中でドリルだけ巨大化する】


>941
レオン「こいつら・・・俺たちをなめやがって!」
【ソレアレスAは消滅する】

レオン「円陣を組むぜ!!アタックレオン!!」

【ソレアレスDFE それぞれ囲むように膝のガトリングで攻撃する】

>942
レオン「おい!!シュライ!!少しは援護しろよ!
    俺達がやられてもいいのか!?」

シュライ「・・・・・その時はその時だろう・・・・まだその時ではない」

レオン「意味がわかんねーよ!!」

【ソレアレスCは消滅 GHIのソレアレスが口からソルフェンサーを出して攻撃してくる】

944 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 00:25:47
>>943
ギルト「こんなもんにわざわざ当たってやると思って……っ!?何だと!?」

【巨大化したドリルに驚愕し、一瞬反応が遅れてギリギリで跳ね飛ばされるが
 直ぐに姿勢を立て直す。HP80%】

ギルト「……驚かせてくれるぜ、大道芸人が。なら俺も一つ芸を見せてやる」

【前方宙返りをするかのようにくるりと回り遠心力を利用して、ゴッボドンゴの
 左右、広域に火炎を放射、作り出したヴェールで移動範囲を狭める】
【直後フランヴェルジュへ通信】

ギルト「これなら野郎が動ける範囲はそれほどねぇ。
     ……撃て。当然だが、当てろよ」

945 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 00:28:27
>>943
アヤノ「よし、あと9機…っと、油断は禁物ね」

【ガーヴで機体を包み、念胴フィールドで防御体勢。残りHP80%】

アヤノ「なるほどね…本体が中心になって操ってる以上、対処法はリッパーなんかと似たような感じね」

【手持ち武器を伸張し、プラズマグレイブに】

アヤノ「連携のほころび…
    OK、そこね!」

【攻撃終了時の予備動作を狙い、ガーヴを展開。長大なグレイブを回転させて三機をまとめて切り裂く】

946 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 00:32:25
>>943
【装甲損傷、残りHP90%】

カオル「この距離は俺の間合いだ!」

【センチュリオン・スピアでソレアレスを薙ぎ払う】

947 :シライ ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:34:19
>944
アー「どうよ!秘技巨大化ドリルは!!」

【直後ゴッボドンゴの周りを炎が阻む】

アー「そんなあああ!!!
    これじゃあ!!・・・・・くっそう!!!巨大化だ!!!」

【ムクムクとゴッボドンゴが巨大化していく】
【巨大化したことで炎に当るが腕を振り払う事でヴェールを壊す】
【残りHP60%】

アー「おらおらおら!!
   俺も本気だこのやろー!!」

【巨大化ドリルでさらに攻撃】

>945
レオン「しまった!隙を付かれたか!!」

【DFEそれぞれ消滅していく】

レオン「おい!!シュライ!!どうすんだよ!!
     その時だろうが無かろうが手伝えよ!!」


シュライ「やれやれ・・・・」

【遠距離から片手ライフルで狙いを定め
 ビームショットで攻撃する】

シュライ「・・・・・シュート」

948 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:39:11
>946
レオン「しまった・・・・・ここまでか」

【分身が消滅しソレアレスJのみになる】

レオン「本体がばれたのならしかたねーな・・・」
【ソレアレスの姿が消えると後方に出現ソルフェンサーで貫き攻撃を仕掛ける】


シュライ「ついでだ・・・」

【ファミリーデットの右腕に握られた長めのライフルが遠距離から砲撃支援に入る
 ビームショットで攻撃する】

949 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 00:42:32
>947-948
佑太「動いた・・・・!」

[ビームショットの射線に入り込み、ピュグマリンでビームを払う]

佑太「僕が、相手するよ」

[ファミリーデットに向かって構える]

950 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 00:49:59
>949
シュライ「・・・・・・」

【今までは一発一発撃ってたショットを連射で撃ちだし近づかせないようにする】

シュライ「近づかないほうが身のためだぞ・・・・」

【ファミリーデットの背にした闇黒宙域がファミリーデットのまがまがしさを増幅させる
 殺気とも違うおぞましい何かがファミリーデットの棺桶からにじみ出てくる】

シュライ「近くに寄れば寄るほど・・・・後悔するだろう・・・・
      だが・・・俺それでも・・・・家族を愛している」


951 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 00:51:45
>>947
ギルト「……図体ばかりでかくなりやがって。頭の中身も
     成長させたらどうだ? そういう奥の手は不意を討ってこそ
     意味があるもんだぜ……さっきみたいにな」

【飛んでくるドリルの側面を蹴り付け、回転の勢い押されるようにして回避】

ギルト「デカくなった分、面積が広がるからな……これは避けられないだろうが」

【後ろに退きつつ、吹き上げた炎を片っ端からゴッボドンゴへ蹴り飛ばしていく】

952 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 00:54:11
>>947
アヤノ「よし、このままさくさく…
     …っと?」

【攻撃を感知し、ビームショットを回避】

アヤノ「特機か…戦うのは初めてね」

>>946
アヤノ「ナイスよ、カオル君。
    横槍が入っちゃったたみたいだから、悪いけどそっちの相手は頼んだわね」

【ファミリーデッドにターゲットを変更】

>>949
アヤノ「そういうわけで、連携よろしく」

【操縦しつつ、ウィンクで佑太に挨拶】

>>950
アヤノ「嫌な感じね…システムを通してどす黒いものが入り込んでくる」

【アームビームガンで狙撃】

953 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/16(月) 00:55:12
>944
レイン「わかった!」

[アキシオンバスターの照準をゴッボドンゴに。
チャージ完了]

レイン「この一撃で落ちなさいよ」

[アキシオンバスターを発射する]

954 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 00:57:01
>>948
カオル「……!」

【背後からの攻撃をギリギリのところで回避】

カオル(センティコアが教えてくれた?)

【ソレアレスへ向き直り、センチュリオン・スピアで斬りかかる】

カオル「こんなことをして、お前らは何がしたいんだ!」

955 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 00:57:34
白井光太郎?

956 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 01:03:45
>950
佑太「いくら連射しても・・・・!」

[連射されるビームを華麗にかわしていき、避けきれないものはピュグマリンで払う]

佑太(後悔?・・・・何のことだろう・・・)

>952
佑太「あ、うん」

[アールマティから放たれたビームからタイミングをずらしてシャルフレーザーを放ち、ファミリーデットに接近する]

>954
弥生「それじゃぁ、私が変わりに・・・・・」

[センティコアの攻撃に合わせてリニアライフルを速射する]

957 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:04:29
>951
アー「このやろう!!マグマの力をみせてやるぜ!!!」

【マグマキャノンを高速連射し飛ばされてきた炎に当てて相殺する】

アー「どうだ!これで」


>952
シュライ「・・・・・」

【アームビームガンを左腕の棺桶で防御する】

シュライ「・・・・お前・・・・俺の大切な・・・家族に当てたな?
      お前は俺から・・・・何を奪うつもりだ・・・・?」

【ライフルにエネルギーが溜まっていく】

シュライ「死ねぇ!!」

【ブラックホールバスターで反撃する】

>953
アー「わあああああああああ!炎に気を取られてたから
    すっかり忘れてたああああ!!」

【アキシオンバスターが当る寸前に
 巨大化を解除しサイズを小さくする事で回避する】


アー「よよよ、よかったよおおおおお〜〜〜」

958 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/16(月) 01:10:36
>957
レイン「まだ、終わらないわよ?…次!」

[続け様にフェザー・スレイヴで追撃をかけさせ、再びアキシオンバスターを撃つ機会をうかがう]

レイン「巨大化解除?柔軟なコトができるわね」

959 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:11:47
>954
レオン「お前等が俺たちを見逃してくれれば!!
     こんな戦いをしなくて済むんだよ!!」

【ソルフェンサーで切り払う】

レオン「俺だってわかんねーよ!
     だけどな!このまま逃げるだけってのは一番嫌いなんだよ!!」

レオン「アタック!」

【膝のガトリングで射撃】

>956
【リニアライフル等を棺桶で防御するファミリーデット
 左腕の棺桶から宇宙空間を悲痛な叫びが漏れて聞こえてくる】

??「あけてええええええ〜〜〜ここからだしてええええ!!」


シュライ「まっ、まってくれ・・・・まだ・・・まだだめだ!
      ここは危険だ・・・・お前を傷つけたくない・・・

      よるな!!寄るな!!!」

【ライフルを連射しマイナスを攻撃する】


960 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 01:13:30
>>957
アヤノ「家族…?
    今、バッチリ盾にしたように見えたけど…」

【ブラックホールの下をくぐり、ガーヴを変形させる】

アヤノ「まずは…左腕!」

【構成材が念の刃をまとった一本の鞭に変形、一瞬の後にファミリーデッドの左腕を薙ぎ払う】

961 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:14:42
>958
アー「ああ!やっぱり〜〜!!」


【フェザースレイブを避けられず脚部が吹き飛ぶ】
【残りHP20%】

アー「たんまたんま!!これじゃあ戦えないよ!!
   おっ俺の負けでいいから!!許してちょうだい!!」


レオン「こらあ!!なに命乞いしてる!!!」

アー「だってよう!!もうだめだって!!」

レオン「おい!シュライ!!後どのくらいだ?」

シュライ「・・・・・・・・迎は・・・少し遅れているようだな」

アー「俺はヤッパリ降伏するよ」

962 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:18:28
>960
シュライ「・・・・・・・・・・」

【ライフルから突き出すようにエネルギーが放出され
 巨大なサーベルになる】

シュライ「なぎ払ってのは・・・・・こうするんだよ」

【ハイパービームサーベルの一振りで念の刃ごと押し返す】

シュライ「やっぱり・・・・お前も愛を奪うか・・・・
      くれてやる命など無い・・・・これ以上俺の愛を傷つけるのはやめろ!!!」

【ハイパービームサーベルで切り払っていく】



963 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:21:09
サリア   水橋かおり     左京     日野聡        ギルト   中井和哉
エイミ   沢城みゆき     ミュレッタ   釘宮理恵      弥生    茅原実里
ユウキ   野島健二      ケイジ     伊藤健太郎     レヴィン   櫻井隆宏      
リューハ 小野坂昌也     ユウ     小林早苗      リーシャ   松岡由紀 
ケイイチ  うえだゆうじ    イータ     野川さくら      シンディ   平野綾
ウイング  石田彰       バスケス   辻谷耕司      エルミナ   後藤邑子
シェルミィ ひと美       マイナ     中原麻衣      カオル     福山潤
エクス   諏訪部純一    アニス     田村ゆかり     アヤノ    伊藤静
ディル   鳥海浩介      ロイド     三木眞一郎     佑太     甲斐田ゆき
ラーゼ   桑島法子      フレア     桑谷夏子      ヘラクレス 真殿光昭
マリー   冬馬由       マーズレット 田中秀行
アレン   子安武人      シータ    田中理恵
ソレイユ  折笠富美子    アリュエル   柚木涼香
コレット   水木奈々     ロック     関俊彦
テトラ    松木未祐     レヴィアタン 真殿光昭   
処刑人   若本規夫     イクシス   鈴村健一 
ヴィディア 宮村優子     セラ      折笠富美子
ゲイツ   玄田哲章      アサイラム 山崎たくみ

タツキ   谷山紀章       [四部誰か頼む]
サクラ   下屋則子     
アッシュ  川澄綾子   
ゴウジ   岩田光男
クーガー  野田圭一
フォビア  緑川光


964 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 01:21:11
>959
佑太(宇宙空間で声なんて・・・・)
「!・・・くっ!」

[聞こえる声に気を取られたせいで行動が遅れ、回避しそこなう:残り80%]

佑太「寄るなと言われても・・・・」

[>960の、綾乃が左腕を攻撃しているのを見て右側に回りこみ、ピュグマリンで攻撃]

965 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 01:22:03
>>961
【足を破壊されたのを確認し、ここぞとばかりに追撃しようとしたが
 降伏するという言葉を聞いて踏みとどまる】

ギルト「……降伏するなら武装解除だ。そのペンチとドリルは明後日の方向に放出しろ。
     ついでにキャノンの発射口に腕を突っ込んで叩き壊せ。それが出来ないなら……
     どうするかは分かるな」

【不機嫌そうに条件を突きつける。戦闘の構えは未だ解いていない】

ギルト「この場で殺そうがかまわねえんだからな……命が惜しいならさっさとしろ」

966 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:26:35
やっぱり鰻は悪趣味すぎて不快

967 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/16(月) 01:27:15
>961
レイン「連邦に身柄を拘束されるか虚空の彼方に消え去るか。…どっちにする?」

[ゴッボドンゴを攻撃できる状態にしておく]

レイン「無駄なあがきはやめておとなしくしてくれるのを望むわ」

>965
レイン「もうこっちは大丈夫ね」

968 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:30:48
シュライ=白井?

969 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:32:17
名前が出た時点で気づけって
焼き直し濫造中なんだから

970 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:32:25
>964
シュライ「お前もか・・・・えげつないな・・・」

【ピュグマリオンを被弾 残りHP90%】

シュライ「・・・・・お前達・・・・うっ!」

【ファミリーデットの動きがおかしくなる
 棺桶を押さえだし苦しそうに暴れだす】

シュライ「うあああああ!!ここは戦場だ!!
      女子供が入ってくる場所じゃない!!!逃げるんだ!!!」

??「あなたのためなら」
??「苦しみもなにもない・・・」

シュライ「うおおおおおおおおお!!ライカああああ!!ルキアあああ!!」

【ファミリーデットの棺桶から黒い靄が漏れ出すと一斉にファミリーデットを覆う
 靄が消えると 左腕の棺桶はなくなっておりそこkらは2体のヒュッケバインの上半身が抱き合っていた】

シュライ「・・・・・家に帰ろう・・・早く・・・ここは危険だよ」

【腕から生えたヒュッケバインの眼が光り抱擁を解くと
 ライフルをそれぞれが構えだし攻撃をしかけてくる】

シュライ「さあ御家に帰ろう!!」
【トリプルショットで反撃】

971 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:32:51
次スレたのむ

972 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 01:33:31
>>967
ギルト「……そうなるな。こいつが完全に無力化したら援護に回りゃいいだろ。
     放置して後ろから刺されるのは御免だからな」

>>971
立てられたら立ててきます。

973 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 01:35:11
>>959
【被弾、残りHP80%。気にせずレオンに向かって突っ込む】

カオル「お前らのやったことで何人死んだと思ってる! 実際死にかけたてるんだ、見過ごせるか!!」

【センチュリオン・スピアを振りかぶる】

974 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 01:37:54
【第二十六次】スーパーロボット大戦【幸運】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1160930145/l50

スレ立て完了です。

975 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:38:26
>965>967
アー「OK!OK!!降伏するよ!!
   俺たちは分かり合えるよな!!」


レオン「あのバカ・・・・・」


シュライ「・・・・・・お前って奴はよう・・・・
      そんなに・・・・命がほしいのか?」

アー「ふぇ?」

シュライ「命が欲しいのは・・・・この俺だぁあああ!!
     貴様の命をよこせ!!」

【ファミリーデットのトリプルショットがゴッボドンゴを打ち抜く】
【ゴッボドンゴ爆散する】

レオン「おい!!!アーウィーソウトル!!!
     ・・・・・・なんてことをしやがるんだてめーは!!!」

シュライ「命がある奴はいいよな・・・・分けてくれよ命をよう・・・・
      返してやってくれ・・・命をよう・・・」

976 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 01:39:35
>>973
噛んだ。

「〜死にかけてるんだ!」に訂正

977 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 01:42:10
>970
佑太「・・・・・なっ!」

[何とかピュグマリンでトリプルショットを防ぐ]

佑太「さっきの声は・・・・」

>975
佑太「!?仕方ない・・・・のかな」

[ファミリ−デットの行動に驚きながらも再度接近し、ピュグマリンを振るう]


>973
弥生「・・・・・突っ込んでいく人が多いわね」

[センティコアを援護するようにリニアライフルを放つ]

978 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 01:42:46
>973
レオン「その人間のために!!命を弄ばされた俺たちは!
     ただ黙ってしたがってればよかったってのかよ!!!」

【プリズムファントムで回避する】

レオン「思い出したぜ!!俺が戦う理由を!!
     お前にはわかんねーだろうな!!俺が連邦にトカゲなんかと合体させられて
     戦場でコキつかわれてたことなんかよう!!」

レオン「・・・・・・・・くそう!!くそう!!アーウィーのやつ!!
    なんで、なんでここで死ぬんだよ・・・!!せっかくここまで付いてきたくせによ!!
    わああああああああああああああ!!」

979 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 01:43:51
>>970
アヤノ「つっ…!
    ヤバイわね…これは…」

【念の逆流に頭を押さえる】

アヤノ「…何となく事情は察することが出来るけど、同情はしてあげないわよ。
    私たちは危険なんて百も承知で軍人やってるの。たとえ女子供だろうとね」

【トリプルショットを回避し続ける】

アヤノ「棺桶のシールドがなくなった今なら…!」

【スカーレット・ヴァインで左腕を一閃】

980 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 01:44:33
>>975
【ゴッボドンゴが破壊されたこと自体には特に驚いた様子を見せなかった物の、
 その後の言葉を耳にして、ぼそりと呟く】

ギルト「……狂ってやがるぜ、あの野郎。
     とりあえずは後顧の憂いは無くなったがよ」

【それでも一応、ヘラクレスへ通信】

ギルト「おいポンコツ。あの蟹ゴリラが爆発した箇所の周囲に生体反応は?
     生きてれば拾って洗いざらい吐かせればいい。……無いとは思うがな」

981 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 01:48:36
>>978
カオル「だからと言って自分の理不尽な運命を、罪のない人間に押し付けていい理由にはならないんだよ!」

【聖杖エアレー・コルニスに淡く青い光が螺旋を描く】

カオル「魔術螺旋(スペル・ヘリクス)! シュート!」

【バリスタ・スパイク発射】

982 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:53:12
>977
【ピュグマリオンにより2体を繋いでいたつなぎ目が切断される】

シュライ「うわあああああああああ!!俺の!!俺の家族がアアアア!!」

【だが見えない何かにより直ぐに引き合い
 再度くっ付く】


シュライ「・・・・ははは・・・はっはははは・・ハーッハハハハ!!
      見たか!!家族の絆は切り離せない!!!」

【三体がそれぞれビームサーベルを握り
 マイナスに切りかかってくる 乱舞旋風で攻撃】


シュライ「そろそろだな・・・来るぞ・・・・やっと家に帰れるな
      安全な家に・・・・」

>979
【千切れた2体は再びくっ付く】

シュライ「懐に入りすぎたな・・・・家族の愛を受けろ!!」

【三本のビームサーベルが同時に突きを繰り出す】

983 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 01:55:05
いつまで戦うん?

984 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/16(月) 01:55:52
>975
レイン「何、なんてコトをしたの!?」

[ゴッボドンゴの残骸を呆然と見る]

レイン「…そんな」

985 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 01:58:26
>982
佑太「!?くぅ・・・・!」

[ピュグマリンをうまく使って回避行動をとり、ダメージを最小限に抑える:残りHP65%]

佑太「彼相手に近づき過ぎるのは危ないよ」

[アールマティへと放たれた斬撃を二機の間へピュグマリンを入り込ませて防ぐ]

986 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 02:00:31
>980
ヘラクレス「・・・・・・・・・!?カプセル反応あり!
       確認できた!!だが・・・・現在宇宙をた漂っていて・・・・
       あのおぞましい機体付近を漂っている・・・まるで引き付けられるように」

ヘラクレス「空間がおかしいぞ!!
       あの機体後方の空間に異常発生!!ゲートのようなものが開くぞ!気をつける」



【ファミリーデットの真後ろにとても巨大な闇の渦が発生する】
【渦の中心から真っ黒な手が伸びだしソレアレスを掴み引き釣り込む】


レオン「なんだこれは!?」

シュライ「迎が着たぞ・・・・・少し遅れたが問題ない・・・・」

レオン「嫌だ!!こんなのに飲み込まれるくらいなら!!俺は!!」

シュライ「選んだのはお前だ・・・・戦い続ける修羅道をな・・・」



シュライ「ここに居るお前達・・・・怨念と憎悪・・・ふたたび燃え上がるときが来たようだ
      次に会うときは・・・・もっと深い闇の中で会おう・・・・シュライン・ゴーダロを・・・覚えておくといいぞ」

【ファミリーデットも渦に飲み込まれ消えていく
 ファミリーデット消滅後渦も消え再び普通の宇宙へと戻って行く】

987 :カオル・カワサキ ◆InNIAz3RYg :2006/10/16(月) 02:00:32
今日は落ちます

988 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 02:02:49
これだけやって毎回文句言われるまで撤退しないとか
ほんといい加減にしろよ

989 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 02:03:23
>988
書き込むのが遅いだけですので
撤退はするよていでしたよ

990 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 02:03:27
>984
弥生「・・・・・・・」

[呆然としているレイン機へゆっくりと近づく]

弥生「・・・レインさん・・・・・さっきギルトさんが艦長にあの人の捜索をお願いしたみたいだから。
・・・・わからないけど、今は頑張るしか・・・・・無いでしょう?」

[普段に比べて、何となく感情が籠もっているような口調で、しかし淡々と喋る]

991 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 02:09:02
>>985
アヤノ「ふふ、ありがと。
    なかなか女心を揺さぶるポイントをわきまえてるじゃない?」

【ピュグマリンによる援護防御を受ける。反撃に転じようとするが、敵の様子がおかしい】

>>986
アヤノ「……!?」

【闇の広がりによって、強烈な頭痛に見舞われる】

アヤノ(何、この感じ…
    向こうに誰か…いる…?)

【空間が元に戻るが、肌には寒気が残る】

992 : ◆wN9nkQYR/E :2006/10/16(月) 02:10:09
【周辺の様子を確認し】

ヘラクレス「・・・・・・・・収まったようだな
       皆平気か?どうやら指名手配のアーウィーソウトルは死亡と見ていいだろうな
       レオンはまたしても逃走か」


ヘラクレス「まあ何事も無くてよかったな皆
       まったく、”2人”相手に時間をかけすぎだぞ
       ただの逃亡犯の逮捕に」


【先ほどのことに付いて触れようとしない】

993 : ◆TIdDu5KMTQ :2006/10/16(月) 02:14:33
>990
レイン「…弥生?」

[正気に戻る]

レイン「あの叔父様は…なんと言うか…認めたくないけど…命の恩人だったというか…。…ううん何にも無い。気にしないで」



994 : ◆LO8tUy4zFk :2006/10/16(月) 02:18:07
>>986>>992
ギルト「…よりによってあれの近くかよ。まあいい。回収するぜ」

【ゲートが開くのを見据えながら、カプセルへと手を伸ばし、掴み取ろうとする】
【が、カプセルに手は届かず、ファミリーデットの起こした闇でカプセルを見失う】

ギルト「ちっ……見失った。運が良けりゃ巻き込まれてねぇ可能性もあるが……
     とりあえずは帰還か」

オルトロス『……………』

【小さく舌打ちするとそう言ってから、不機嫌そうな唸りを上げるオルトロスを御しつつヘラクレスへと帰還していく】
【道中、ヘラクレスへ通信】

ギルト「融通きかねぇのが取柄のAIが現実から目を逸らしてるんじゃねぇよ。
     起こった事は起こったんだからな……一応カプセルは探しとけ。
     運が良ければ巻き込まれてねぇだろ。……賭けるなら巻き込まれた方だがな」

【通信を遮断すると、一人呟く】


ギルト「……あの野郎、シュライとかいったか……。
     気に入らねぇな……どいつもこいつも、敵対する奴らは例外なく癇に障りやがるぜ」

今日は落ちます。

995 : ◆1/UHraQ4E2 :2006/10/16(月) 02:20:41
>986
佑太「な・・・・・・これって一体・・・!」

[危険を察し、ブースト全開で離脱する]


弥生「・・・・・・」
(何?今の・・・・・)


>991
佑太「え?いや、別にそんな・・・僕は・・・・・」

[いい反論が思いつかなかったのか、口ごもってしまう]

>993
弥生「?命の・・・恩人・・・・?」
[僅かに首を傾げて、キョトンとする]

弥生「・・・・・わかったわ」
[気にしないでの一言に、僅かに間を空けて承諾する]


>992
佑太(・・・・・なかった事にするのかな?でも、なんでだろう)


弥生「・・・・・・・」

[シュトゥルム、マイナス共に帰還する]


今日はこれで落ちます。

996 :アヤノ・フローウェル ◆s/Oj/TMFjM :2006/10/16(月) 02:24:50
>>992
アヤノ「……」

アヤノ(不自然ね…どれだけ高等でも人工知能なんてこんなもの?
    いえ、あるいは……)

【疑惑を胸にしつつも、一呼吸つくと表情を切り替えて着艦】

アヤノ「帰ったら、ちゃんと自己紹介しないとね。
    何だかんだでいい子達ばっかりみたいだし、これからの生活がちょっと楽しみだわ」

997 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 21:29:13
リアル男:アッシュ・クラウス(軍服着用、茶髪で髪型は普通)ケイ・タチバナ(軍服着用。黒髪ポニーテール)
連邦軍士官候補生で搭乗機体はシュワルツハンダー、二人乗りで変形機能があり射撃モードだと
ア ッシュがメインに、格闘モードだとケイがメインになる。武器は射撃モードだとボウガン、格闘モードだと薙刀。

リアル女:エレナ・ササキ(黒いスーツ着用、赤髪で巨乳)、元連邦軍中尉で結婚を機に除隊していた。
死 別した夫との間に3歳の娘あり。搭乗機体は八咫烏。近距離、遠距離戦闘をこなす万能機体。
ユウジ・ササキ(ショタで帽子かぶってる)エレナの義理の弟で念動力者。
研究所から逃げてきたところを エレナに保護される。こっちは機体出てない

スーパー男:コスモマスク(かなりマッチョで星のマークがついた灰色マスク着用)、元特殊部隊員の覆面レスラー。
搭乗機体はアイアンレスラー。格闘特化型の機体でレスリング技を駆使して戦う

スーパー女:クスハwithブリ 搭乗機体はグルンガストドラゴン・グルンガストタイガー。
ドラゴンは射撃タイプ、タイガーは格闘タイプ。まだ未実装だが合体機能あり。


998 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 21:56:09
ケイジ・タチバナの妹?

999 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 22:05:39
ただのネタバレだよ

1000 :名無しになりきれ:2006/10/16(月) 22:05:45
これサルファスレに去年出てた嘘バレじゃん

ひょっとしてケイジとかアッシュってここから?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

362 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)