5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Rozen Maiden 雛苺で遊ぶですぅ 13

1 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:17:31


    ,',i><iヽ.       ,',i><iヽ
    /((ノ_リノ)) =── /((ノ。リノ))=──
   〈《(* 々`ノ) =── 〈《(* 々゚ノ) =──
    O┬O )=──   O┬O ) =──
   ◎┴し'-◎=──  ◎┴し'-◎=──
"""~""" """""~""" """ ""~""" """" "~"""
                          新スレです
                           楽しく使ってね
                            仲良く使ってね

2 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:18:54
過去ログ倉庫(携帯用)
http://rozen-thread.org/i/

ローゼンメイデンAA保管庫(PC専用)
ttp://i.cool.ne.jp/rozen-aa/index.shtml

2ch RozenMaiden過去ログ倉庫(PC専用)
http://rozen-thread.org/

3 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:19:18
何して遊べばいいの?

4 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:22:29
雛苺を使って仲良く楽しく遊びましょう
殴ろうが燃やそうが自由です
またルールはそれぞれの良心に任せております

5 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:30:51
唇を奪ってもいいの?

6 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:34:00
いいんじゃないの
好きにしなさい

7 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:35:50
舌絡ませても怒られない?

8 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:41:28
糞苺は脳みそ空っぽだからたぶん噛んでくるよ

9 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:51:44
噛まれたくないから遠巻きから見守るよ

10 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 05:56:35
      ∬  /;( ∬     
        ノ;;;;;;;;;;;;;;)         ___
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;) ブリブリ∠/彡三ミゝ
      (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ     .|l(ノノイハ ))快便ですぅ♪
     人;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)    |l从^ヮ^ノイ        
    (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:)  .ノl_|   つ |
  (:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;:)(_(__⌒)彡
(::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;:) しし そ


      ∬  /;( ∬     
        ノ;;;;;;;;;;;;;;)        
       (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
      (;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ       ,',i><iヽ.   ,',i><iヽ
     人;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)       /((ノ_リノ))  /((ノ。リノ))
    (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:)    〈《(* 々`ノ)  〈《(* 々゚ノ) 
  (:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::;;:)   O┬O )   O┬O ) 
(::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::;;:)◎┴し'-◎  ◎┴し'-◎
"""~""" """""~""" """ ""~""" """""""~""" """""~"

11 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 06:00:45
朝からとんでもねーものみちまったですぅ…

12 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 08:36:42
   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(* 々゚ノ) >>5あんまぁ♥
  / U  U
  しーーJ

13 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 10:35:18
前スレ
Rozen Maiden 雛苺で遊ぶですぅ 12
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1160342563/


14 :名無になりきれ:2006/12/10(日) 11:13:13
   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(* 々゚ノ) お…おきな…い…ぬ
  / つ|⌒|⌒|
  しー‐J


   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(; 々゚ノ) うぅ…あぁあ…
  / つ|⌒|⌒|
  しー‐J



      (⌒⌒)     
      l|l l|l    あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!
     ,',i><iヽ
    /((ノ。リノ))      __    .| ̄ ̄\
    ∩# 々゚ノ) っ   ミノ_人    | テレビ |
    ヽ    と彡           |____/
    ((⌒)__つ           | ̄ ̄ ̄ ̄|

15 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 11:17:44
   ,',i><iヽ あ゛ーあ゛ー!
   /((ノ。リノ)) , '´ ̄`ヽ
  〈《(# 々゚ノ) i ノ'_\@
 (( /  つ/⌒ヾ* 々`ノつ かしらー!
   しー‐と_)__つノ

              , '´ ̄`ヽ
              i ノ'。\@
  あんまー?     ヾ* 々`ノ か゛し゛ら゛ー・・・
    ,',i><iヽ    /,   つ
   /((ノ。リノ))    (_(_  /
   ∩(* 々゚ノ)')   人レヽJ
   ヽ    ヽ  (;:;:;:;:;)
   ((⌒)__つ  (;:;:;:;u;:;)

   ,',i><iヽ ガツ
  /((ノ。リノ))  ガツ
  〈《(*.;々^人. あんまー♪ , '´ ̄`ヽ⌒ヽ か゛し゛らー・・・
  / つ;:(;:;:;:;:;)        i ノ'。\@ ノつ
  しー‐(;:;:;:;::;:;)      ⊂ヾ* 々`ノつ

  ,',i><iヽ
  /((ノ_リノ))
 〈《(* 々`ノ)          , '´ ̄`ヽ⌒ヽ かしらー・・・
  /   ⌒ヽ.         i ノ'_\@ ノつ
 (人____つ_つ     ⊂ヾ* 々`ノつ

  ,',i><iヽ
  /((ノ_リノ)) ゲプー
 〈《(* 々`ノ) =3         , '´ ̄`ヽ⌒ヽ ・・・!
  /   ⌒ヽ.         i ノ'。\@ ノつ
 (人____つ_つ     ⊂ヾ# 々゚'ノつ

    , '´ ̄`ヽ
     i ノ'。\@   か゛し゛ら゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!
    ヾ# 々゚'ノ<゚ ○。_  
   / つソ/ ゚⌒ヽヽ       
   (  /ヾ]二() .l .l
   ヾ )/ iゝ、__ノノ ,',i><iヽ
  /∠ヾ)へi..    /((ノ_リノ))
  Y´./ //     〈《(* 々`ノ) =3
  .l ( ) i i      /   ⌒ヽ
  '.、__ ノノ     (人____つ_つ

     , '´ ̄`ヽ   かしらああああああ!!
     i ノ'。\@  グチャ グチャ
    ヾ# 々゚'ノ  , '´・;.
  )ヽ''/ つ=o=O_,,_ ,'゚;・.,';*  <iヽ
 <`)(__ )ヾ(`Oヾ、,ヽ∵.゚;々゚'ノ)
  |'l`ヾし'==;ノ |'iヾ! | :;)゙`;:,゙;~ヽ
  ヽ;;;'ノ   '''`゙;:,;;`゙;);: ;∵_つ_つ

16 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 11:30:42
        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
      , -、 |                   |
     ∠/ l |           人      |
    ◎レ' |             (;:;:;:;:;)う゛ーう゛ー♪
        |_ ,,.. -、.. __(;:;:;:;::;:;)___|
        /   /  /i.l.___,',i><iヽ___
       ./   l   { `ー─ /((ノ。リノ))──ヽ ヾ、
      ../   |   ゝ__〈《(* 々゚ノ)つ● ))ノノ. 
       /    ヾ----------U--------一'"   
      ./
      ./~~~' 、
    、_ゝ===ヽ} ・・・・・
   ,》ヾ..____...《
    ノ ヽ人 ,ノ〉
   ≦ / _ ヽ≧
   テノ,ノ)ヽヽテ
    ` -tッァ-' 

        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
        |                   |
      , -、 |                   |
     ∠/ l |                   |
    ◎レ' |         ジャーゴポゴポ….|
        |_ ,,.. -、.. _________|
        /   /  /i.l._________
       ./   l   { `ー-──────ヽ ヾ、
      ../   |   ゝ________))ノノ. 
       /    ヾ-------------------一'"   
      ./
   ,'~~~え.
  {/´ ̄ヽヽ_,
  ((从_从)i@《,  気持ち悪い物体を見てしまったのだわ
  ||从'A`;||/||  
  ||(({'ミ介ミ'})||
 ≦ノ,ノハヽ、≧
 て` -tッァ- ' て

17 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 11:44:57
                  ┌──┐
                  i二ニニ二i
                 i´ノノノヽ)))
             -=≡ Wリ゚ -゚ノリ
               -= / つ┯つ
              -=≡/::::::: //, , ,, '
             -=≡ し  //, '´, , ´
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 -= (◎) ̄))wwwwwwwwwwwwwwwww



                            
                          ( ⌒ )
                            l | /|
                         く/',二二ヽ>
                         |l |ノノ。イハ))
                         |l |リ# 々゚ノl| で・・・でずぅーーーーー!!
                    ブリッ! /,    つ
                     人  (_(_  /
                    (;:;:;:;:)彡レヽJ
                    (;:;:;:u:;)
                   (;:u;:;::;:;:;)
               -= / つ┯つ
              -=≡/::::::: //, , ,, '
             -=≡ し  //, '´, , ´
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 -= (◎) ̄))wwwwwwwwwwwwwwwww

18 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 11:55:30
       ,',i><iヽ        ⊂且∩   ─
    ♪  /((ノ_リノ))         O(・x・ )==θ ─
      〈《(* 々`ノ)        ヽ、   l  ─
      / つ●⊂        (  ,ノ、  ─
      しー-∪          (__)_,)  ─


             ///
    ガン!    ////.l
       ,',i> ・ヾ人| lO⊂且∩
      /((ノ_リノ)) #.てl(・x・ )
      〈《(# 々`ノ)wヾ `ミO、  )
   ●  / つ ⊂\\\\\ ヽ、
      しー-∪  ` 三三 彡i __)


        ∩且つ       ,',i> ・ヾ
       ( ・x・)ミミミミミ人/((ノ_リノ(#:)
       (  つO====Σ#〈《(*;)々`(:;) ボキ!
        ノ  ノ、ヽ      / つ ⊂
       (__) (_)    しー-∪


                i>
        ∩且つ   ・   ゚ ・ .  々
    θ===(    )、 ミ  ゙.ヾ;:¨;∴ ”
       (    ノ   )))゚・★・;'" ゚ パーン!
        ヽ  ノ  彡  / つ ⊂
        (__)      しー-∪

19 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 12:00:28
    ,',i><iヽ.       ,',i><iヽ
    /((ノ_リノ)) =── /((ノ。リノ))=──
   〈《(* 々`ノ) =── 〈《(* 々゚ノ) =──
    O┬O )=──   O┬O ) =──
   ◎┴し'-◎=──  ◎┴し'-◎=──
"""~""" """""~""" """ ""~""" """" "~"""





                   ,',i><iヽ.       ,',i><iヽ
                   /((ノ_リノ)) =── /((ノ。リノ))=──
                  〈《(* 々`ノ) =── 〈《(* 々゚ノ) =──
                   O┬O )=──   O┬O ) =──
                  ◎┴し'-◎=──  ◎┴し'-◎=──""
"";;            ;;"""""~""" """""~""" """ ""~""" """" "~"""
  ;;            ;;
  ;;            ;;
  ;;            ;;
  ;;            ;;
  ;;            ;;
  ;;            ;;





"";;            ;;"""""~""" """""~""" """ ""~""" """" "~"""
  ;;            ;;
  ;; ノ,。゙`゙;∵;;*.;,`;,;;`゙ ;;
  ;; 々◎┴'゚ノ)⊂',i> ;;
  ;; ,i>((ノ,。゙*";;〈《(* ;;
  ;; ◎┴ノ))/((し-◎ ;;
  ;; 々'゚ノ),,;;);(;;);⊃;つ ;;

20 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 12:02:11
水銀燈「貴方みたいなゴミは姉妹の恥だから早く死になさぁい。」
金糸雀「雛苺の口、ドブのような匂いがするかしら…。」
翠星石「…もう、お前とは口も聞きたくないです。二度と視界に入ってくるなですぅ。」
蒼星石「どうして生きてるんだろう…恥ずかしくないのかな?」
真紅「いいえ、私の妹は雪華綺晶一人しかいないわ。」
雪華綺晶「…汚い…醜い…あぁなんて哀れなジャンク。」

雛苺「んあー?あんまー」

   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(* 々`ノ) ぅ…ぅぅ…とぅもえ
  / U  U  
  しーーJ

巴「雛苺?そんなの知らない」

   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(* 々`ノ) ぅー…ゃ…のり、ジュン…
  / U  U  
  しーーJ

JUM「雛苺?誰だそれ?おい、真紅知ってるか?」
のり「雛苺?知らないわよ?山本君なら知ってるけど」

ローゼン「お前が私の娘?馬鹿な。私がこのような駄作を廃棄せずに放っておくはずが無い。」

   ,',i><iヽ
  /((ノ_リノ))
  〈《(* 々⊂) ちゃ…ぁ…ぅぅ
  / U |  
  しーーJ

;ヾ ヾ ;ヾ ヾ ;ヾ;" ;";ヾ  ";ヾ ;;ヾ ;ヾ
"ヾ;";"ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ  ";; ;ヾ ;ヾ" ;;
"" ;ヾ ;";"ヾ "//  ;ヾ  ";ヾ ; ;ヾ ;ヾ ;ヾ
ヾ;\\ ;"ヾ ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ" ; ;;ヾ"
"" ;ヾ" ;ヾ ;ヾ ;;ヾ;....-‐'''""~ ;" ;ヾ ;;ヾ ;ヾ"
 ;_"  ;;;;";ヾ ; ; ;"//;; ;ヾ||ヾ ;ヾ  ";
ヾ ;"ヾ   ; ;"  ;;ヾ 〃";  ||  "" ;ヾ ;ヾ
 ヾ;" ヾ;"i  i  l;"//,',i><iヽ
   ;ヾ'|i   l  l i|/ /゙ /((ノ_リノ))
    |ll l | |゛l|/"  〈《(* 々`ノ)    さ  よ  う  な  ら
    || | ll | |.   / U U
    | l | ゛ |  | |   し'ーーJ          糞    苺
    |||│ |゛|    ;
    | l | ゛ |  | l
     || | ゛ | l |、 ,,,,,,   ,,,,,,,,    ,,,,,
    ノノ 人 ヾ、 ヽ、   ,,,     ,,,,

こうして、誰にも相手をされなくなった雛苺は
ひっそりとその人(形)生を終えたのでした

                     ─完─

21 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 12:55:06
憐れなジャンク雛苺作品集

22 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 13:23:46
   ,',i><iヽ
  /((ノ_リノ))
  〈《(* 々⊂) ちゃ…ぁ…ぅぅ
  / U |  
  しーーJ

以降はこのAAでも代用出来るな

         ,',i><iヽ
         /((ノ_リノ)) ., シュボッ
        〈《(* 々`ノ[]()      l二ヽ
         /  つヽつ□ ̄⊃     ) )
      ⊂ (_入⌒)`)   ̄⊃  / ̄ ̄ ̄ヽ
       ⊂_      ._⊃   | (\/) |
         ⊂__⊃.      |  > <  |
                     | (/\). |
                     ヽ___/
           ) )
         (  ((<i (   ボゥッ
         ) )):。从从 )  あうーーーー!!!
        ノ从)*:;々`:;从ノノ  l二ヽ 
        (( ((从从从ゞ      ) )
         )从从从iノノ     / ̄ ̄ ̄ヽ
        (((从从从从 )   | (\/) |
                    |  > <  |
                    | (/\). |
                    ヽ___/
           ) )
         ( ((从     あぁぁぁーあーーー!!!
         )∩))::;从 )   メラメラ・・
        ノ从)*:;々:;从ノノ    l二ヽ 
        (( ((从从ゞつゞ      ) )
         )从从从iノノ     / ̄ ̄ ̄ヽ
        (((从从从从 )   | (\/) |
                    |  > <  |
                    | (/\). |
                    ヽ___/
           ) )
            ( 
          ノ )从ノノ     l二ヽ 
        (( ((从从        ) )
         )从从从iノノ     / ̄ ̄ ̄ヽ
        (((从从从从 )   | (\/) |
                    |  > <  |
                    | (/\). |
                    ヽ___/

       ゙ 。 ;;,;;゙:',゙:,;;;・.,,,....゚
        ',゙ ;":゙ ;":゙゚  ;":゙   l二ヽ 
           ゙:,;;,          ) )
                    / ̄ ̄ ̄ヽ
                    | (\/) |
                    |  > <  |
                    | (/\). |
                    ヽ___/

23 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 13:40:06
             ____
 ゙"  "''"  "゙"  ゙"/::ヽ____ヾ"  ''゙"  ゙
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::        ヾ''" "゙"  "'' ゙"゙"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |         | ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''"
  ゙" ゙  ゙"  ゙"''  |:: l:: ひないちご ..|゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙
 ゙"  ゙"   "゙" ゙"|: :|         |  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l:         |、wW"゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:_|::\W/ ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "''" "゙" ゙"  ゙"'
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''""゙"  "''""゙
゙"''"  "゙" ゙";;  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;゙"'' ゙"
゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙" ゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"

24 :名無しになりきれ:2006/12/10(日) 13:50:59
焼身自殺は苦痛がかなり大きいらしい
なぜ雛苺はそんな方法をわざわざ選んだのか

25 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 14:48:19
                    ,',i><iヽ
                    /((ノ_リノ))
                   〈《(* 々`ノ) あー・・・
                  /,   つ
.              ブリッ!(_(_  /
                  //レヽJ
.                 ●
              _
          |.| ミ
          |.|   ミ  _ 片付けなさい!
      .ィ/~~~' 、.    ミ// ∧><iヽ
    、_/ /  ̄`ヽ}    //<ガッ>ノ))
    ,》@ i(从_从))    //   V* 々゚ノ) う・・・
    ||ヽ||#゚听ノ||   //   /,   つ
    || 〈iミ''介ミiつゝノノ   (_(_  /
    ≦ ノ,ノハヽ、≧      レヽJ
    テ ` -tッァ-' テ   ●

     ( ⌒ )
      l | /
     ,',i><iヽ,'~~~ヽ
     /((ノ。リノ)⊃ ̄ヽヽ_, あ"んま"ーーー!!
    〈《(#;々゚;ノ(从_从)i@《,     
    /,  つ●从`Д´||/||  
    (_(_  / と{ミ介ミ}つ||
     レヽJ ≦ノ,ノハヽ、≧
        て` -tッァ- ' て

26 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 14:58:12
   ,',i><iヽ
  /((ノ。リノ))
  〈《(* 々゚ノ) デコリア出て来いや!!
  / U  U
  しーーJ

27 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:08:23
座長江崎 玲於奈芝浦工業大学学長
浅利 慶太劇団四季代表
石原 多賀子金沢市教育長
今井 佐知子社団法人日本PTA全国協議会会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭
牛尾 治朗ウシオ電機会長
大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長
勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長
河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭
木村  孟大学評価・学位授与機構長
草野 忠義連合副会長
グレゴリー・クラーク多摩大学学長
黒田 玲子東京大学教授
河野 俊二東京海上火災保険株式会社取締役会長
曾野 綾子日本財団会長、作家
田中 成明京都大学教授
田村 哲夫学校法人渋谷教育学園理事長
沈  壽官薩摩焼宗家十四代
浜田  広リコー会長
藤田 英典東京大学教育学部長
森  隆夫お茶の水女子大学名誉教授
山折 哲雄京都造形芸術大学大学院長
山下 泰裕東海大学教授

28 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:09:37
座長江崎 玲於奈芝浦工業大学学長
浅利 慶太劇団四季代表
石原 多賀子金沢市教育長
今井 佐知子社団法人日本PTA全国協議会会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭
牛尾 治朗ウシオ電機会長
大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長
勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長
河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭
木村  孟大学評価・学位授与機構長
草野 忠義連合副会長
グレゴリー・クラーク多摩大学学長
黒田 玲子東京大学教授
河野 俊二東京海上火災保険株式会社取締役会長
曾野 綾子日本財団会長、作家
田中 成明京都大学教授
田村 哲夫学校法人渋谷教育学園理事長
沈  壽官薩摩焼宗家十四代
浜田  広リコー会長
藤田 英典東京大学教育学部長
森  隆夫お茶の水女子大学名誉教授
山折 哲雄京都造形芸術大学大学院長
山下 泰裕東海大学教授

29 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:11:28

                   ( ⌒ )
                     l | /
                   , '´ ̄`ヽ
                   i ノ。\@
                   ヾ# 々゚ノ かっ・・・かしらーーーーー!!
                  /,   つ
.              ブリッ!(_(_  /
                  //レヽJ
.                 ●     

         , '´ ̄`ヽ これでも食ってろ糞が!
         i ノ。\@⊃<iヽ
         ヾ* 々゚ノ((ノ_リノ))
        /,   つ●#Д`ノ)  あ"んま"ー!!
       (_(_  // U  U
        レヽJ |    |
.            し'⌒∪

30 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:17:47
■雛苺とみんなのお約束
____       ______             _______
|書き込む| 名前: |         | E-mail(省略可): |sage          |
 ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                             ●
                   ,',i><iヽ   /
                  /((ノ。リノ)) ./
                  〈《(* 々゚ノ)/
                  / U  つ
                  し'⌒∪



●あー・・・。
●うーーーーー・・・。
●あ"んまぁぁーーーーーーーーーー!!
●う"にゅーーーーーーーーーーーーーーー!!
●あー・・・うー・・・。

31 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:21:41
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

32 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:22:30
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`

33 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:23:12
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

34 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:24:48
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

35 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:26:09
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

36 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:26:45
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

37 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:27:35
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

38 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:28:16
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

39 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:28:56
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

40 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:29:37
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

41 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:30:16
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

42 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:31:46
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

43 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:32:48
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

44 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:33:42
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

45 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:34:14
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

46 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:35:49
段言わない暴言を吐いた!
「この性悪人形め!許さないの〜!ですぅですぅってうざくてキモイの〜!」
「なっ!なんですって〜!あんたにキモイなんて言われる筋合いなんてないですぅ!
鏡を見て見なさいよ!焼け焦げた顔してジャンクのくせに〜!地獄を見せてやるですぅ!」
翠星石は元々怒りっぽい性格だがキレた!そして・・・
「あ〜!雛のクレヨン!翠星石やめろなの〜!」
「オラオラオラですぅ!お前の顔はいい落書き帖ですぅ!
ピカソ以上の奇抜で芸術的な作品にしてやるですぅ!」
雛苺の顔は○や×などが書かれているうちに焦げている部分が少しずつ崩れ
もはや原形を留めていなかった。
「キャッハッハッハ!これでもうチビ苺の得意なブリッコもできないですぅ!
だいたいお前のブリッコはムカムカするですぅ!
中の人もブリッコのイメージがついてしまって迷惑ですぅ!」
「中の人て何なのなの〜!」
「お子様には理解できない事ですぅ!」
どうやら雛苺に中の人と言っても難しかったようである。
「雛をなめるななの〜」
雛苺は翠星石に体当たりを仕掛けたが簡単にかわされ一蹴された。
「チビ苺のくせに翠星石の隙をつこうなど土台無理なんですぅ!
このこのこのですぅ!」
翠星石は雛苺を踏みつけまっくていた!その時・・・
「あなた達何をやっているの?」
「真紅!」


マスターに命令され翠星石は雛苺の虐待を続けていた。
しばらくして真紅が帰ってきた!
「真紅〜!翠星石にいじめられているの〜!助けてなの〜!」
「ち・違うんですぅ!真紅!マスターに命令されて仕方なくやったのですぅ!」
普段毒舌を言う翠星石でもさすがに真紅には頭が上がらず逆らえないようである!
「気にしなくていいわ翠星石!私も雛苺には失望しているのだわ!」
「そんな!真紅〜!」
「チビ苺!真紅も翠星石と同じ考えですぅ!もうお前をかばう者はいないのですぅ!」
今までさんざん落書きしてきた罰なのか雛苺を味方をしてくれる者は一人もいなくなったのだ
「雛苺あなたは両手首を失った時点で役立たずなのだわ!何にもできないし!
私に断らずに両手首を削ったマスターも困ったものだけど・・」
雛苺は絶望した!顔が原形を留めていないため表情じゃ分からないが
「悪かったよ!真紅!勝手に雛苺の手首を削っちゃって!ついカッとなって」
「気にしないでいいのだわマスター!雛苺の落書きは目に余るものだったのだわ!
翠星石!気にしないで雛苺の虐待を続けるのだわ!」
「はいですぅ!チビ苺覚悟しやがれですぅ!スィドリーム!」
翠星石は如雨露で植物を呼び出しツタで雛苺の体全体を絡め少しずつ締め付けを強くしていった!
「い・痛いの〜!体がきしむの〜!バラバラになっちゃうなの〜!」
「きゃはっは!いい気味ですぅ〜!」


翠星石は真紅の同意を得た事により雛苺への虐待は激しさを増していた。
スィドリームでツタ呼

47 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:37:23
何がなの〜だ。
糞苺が喜びの顔を浮かべた瞬間、俺は



ドンっ!!


「ぐぇああああっ!!」
糞苺の胸部に手を貫通させ、無理矢理ローザミスティカを奪い取った。

「返…し……てっ…雛…の…」
糞苺が必死で訴える中俺は手のローザミスティカに力を込めて砕いた。
「ああああぅあああ!」
糞苺は一瞬痙攣を起こし、悲鳴を上げて砕け散った。

「自分から粉ごなになるなんてw」
ゆっくりゆっくり糞苺は道頓

48 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:39:10
それにぶち切れたジュムは叫ぶ
「せっかく買ってやったのに、このクソ人形が!!!!!!!
 ズボンと床を舐めろ!!舐めてきれいにしろ!!」
「ううっ・・・ごめんなさいなの・・・キレイにするから怒らないでなのぉ・・・
 グスッグスッ・・・ぺろぺろ・・グスッ・・」

通行人に見られる中で地面の上の汚いわたあめを舐める雛
そしてズボンについた苺飴も舐め始めた
「てめっ!地面舐めた汚い舌で俺のズボンを舐めるんじゃねえよ!!!!」
雛の顔をけり、足を踏み潰した
「うあーーーーーーーーーーっ!!!ひ、雛の足がーーーっ!!
 い、痛いの・・・言われたとおりにしたのに・・・うあうっ・・」
痛みにもだえる雛を見て通行人の一人がジュムに寄ってきた

「き、君、これもしかして人形?すごいね、人形祭のために作ったのかい?」
「いえ・・・これは最新の洋物ダッチワイフです。
 イベントを盛り上げようと思って持ってきたんです。」
それを聞いて周囲がざわめき、雛苺を見つめる目が変わった

「ただしこれは未完成で・・・今から穴を開けるんです・・・」

「このダッチワイフを使ってみたいなら皆あのステージの前に
 並んでいてください。すぐ準備しますので・・・」
歓声と共に大勢の人が走り出した
雛苺はそれに乗じて這って屋台の下に隠れる
しかしたこ焼きと書かれた幕の下からそのおしりが丸見えだった
「あっれ〜?雛苺ちゃんはどこにいったのかなあ?」

ジュムはたこ焼き屋の屋台の前にたつと、調理用のピックを拝借した
「全然どこに隠れたか分からないや!!!」
勢いよくピックを雛苺の尻のど真ん中に突き刺し、全部入ってしまいそうなほど


「うっぎゃあああああああああああっ!!!??い、痛いの!!
 止めて止めて止めてなのおおおおおおお!!ぎいいいいっ!?」
屋台から雛苺を引きずり出すと股間にも同様に深くピックを突き刺す
「っあああああああああ!!!!ううっ、うっ、と、巴ぇぇ・・・・
 雛ジャンクになってしまったのおお・・・・・」
あまりの痛みに丸くなって動く事もできない雛
ジュムは容赦なくそれをステージの上へ放り投げる
雛がステージの上に落ちると一気に人がそれに群がる
「うおおおおお最新ダッチワイフ キターーーー(゚∀゚)ーーーーーーッ!!」
「いやあああああドレスを破らないでなのーーーーっ!!
 ひっ?!なんかへ、蛇さん!?が生えてるの!!や、やだああ!!
 ひ、ひぎいいいいいいいい!!いた、痛いのーーーーっ!!
 う、もがもがっふっ・・・はふけへ!!やめへ!!!」
雛は口と二つの穴にむりやり挿入される
しかし傷口に棒を突っ込まれたようなもので、その痛みは尋常ではない
「ひはい!!!やめへええ!!ほほええええたふけへええええ!!


「・・・ぷはっ!!ひっ!!蛇さんからカルピス出てくるのぉ!!
 臭いのぉ!!痛いのぉぉぉ!!・止めっ、もがっ・・・くふひいのおお!!」



49 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:39:39
それにぶち切れたジュムは叫ぶ
「せっかく買ってやったのに、このクソ人形が!!!!!!!
 ズボンと床を舐めろ!!舐めてきれいにしろ!!」
「ううっ・・・ごめんなさいなの・・・キレイにするから怒らないでなのぉ・・・
 グスッグスッ・・・ぺろぺろ・・グスッ・・」

通行人に見られる中で地面の上の汚いわたあめを舐める雛
そしてズボンについた苺飴も舐め始めた
「てめっ!地面舐めた汚い舌で俺のズボンを舐めるんじゃねえよ!!!!」
雛の顔をけり、足を踏み潰した
「うあーーーーーーーーーーっ!!!ひ、雛の足がーーーっ!!
 い、痛いの・・・言われたとおりにしたのに・・・うあうっ・・」
痛みにもだえる雛を見て通行人の一人がジュムに寄ってきた

「き、君、これもしかして人形?すごいね、人形祭のために作ったのかい?」
「いえ・・・これは最新の洋物ダッチワイフです。
 イベントを盛り上げようと思って持ってきたんです。」
それを聞いて周囲がざわめき、雛苺を見つめる目が変わった

「ただしこれは未完成で・・・今から穴を開けるんです・・・」

「このダッチワイフを使ってみたいなら皆あのステージの前に
 並んでいてください。すぐ準備しますので・・・」
歓声と共に大勢の人が走り出した
雛苺はそれに乗じて這って屋台の下に隠れる
しかしたこ焼きと書かれた幕の下からそのおしりが丸見えだった
「あっれ〜?雛苺ちゃんはどこにいったのかなあ?」

ジュムはたこ焼き屋の屋台の前にたつと、調理用のピックを拝借した
「全然どこに隠れたか分からないや!!!」
勢いよくピックを雛苺の尻のど真ん中に突き刺し、全部入ってしまいそうなほど


「うっぎゃあああああああああああっ!!!??い、痛いの!!
 止めて止めて止めてなのおおおおおおお!!ぎいいいいっ!?」
屋台から雛苺を引きずり出すと股間にも同様に深くピックを突き刺す
「っあああああああああ!!!!ううっ、うっ、と、巴ぇぇ・・・・
 雛ジャンクになってしまったのおお・・・・・」
あまりの痛みに丸くなって動く事もできない雛
ジュムは容赦なくそれをステージの上へ放り投げる
雛がステージの上に落ちると一気に人がそれに群がる
「うおおおおお最新ダッチワイフ キターーーー(゚∀゚)ーーーーーーッ!!」
「いやあああああドレスを破らないでなのーーーーっ!!
 ひっ?!なんかへ、蛇さん!?が生えてるの!!や、やだああ!!
 ひ、ひぎいいいいいいいい!!いた、痛いのーーーーっ!!
 う、もがもがっふっ・・・はふけへ!!やめへ!!!」
雛は口と二つの穴にむりやり挿入される
しかし傷口に棒を突っ込まれたようなもので、その痛みは尋常ではない
「ひはい!!!やめへええ!!ほほええええたふけへええええ!!


「・・・ぷはっ!!ひっ!!蛇さんからカルピス出てくるのぉ!!
 臭いのぉ!!痛いのぉぉぉ!!・止めっ、もがっ・・・くふひいのおお!!」

50 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:40:17
ジュンと巴の見ている目の前で、
大型の剣山を置いた幼稚園児用の椅子に、泣いてあばれるクソ雛苺を無理やり座らせる。
肩から加重をかけて、剣山の針が尻に充分刺さるよう調節。
被検体のサルに使用する実験用器具でクソ雛苺が微動だにせぬよう固定。
特殊工業用鋼鉄製やすりを用いて、クソ雛苺の頭部を斜め45度から研磨してやる。
1ミリたりとも動けぬ状態のままで、かような痛苦を与えられているにも拘らず、
「いたいの〜」、「たすけてなの〜」、「トゥモエ、雛、くるしいの〜」
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
それどころか、「ばかやろうなの〜」、「雛、おまえをゆるさないの〜」と己の罪業を罰し、
罪を軽減してくれた恩人を面罵する始末。

ジュンと巴に向かってトコトコよろめきながら走り寄る頭部半月形クソ雛苺。
腰を抜かしてガタガタ震える以外為す術のないジュン。
背中に隠した鞄に全神経を集中して待ち構える巴。
クソ雛苺の余りの強情さを目の当たりにして、優しい巴でさえついに決断したのだ。
「これ、いらない」と。
雛苺「巴〜!雛を捨てるの〜!雛はかわいいの〜!ジャンクじゃないの〜」

雛苺の為にエサを用意。
御飯3合。オレンジジュース(無果汁)2リットル。
ミキサーで混ぜ合わせれば出来上がり。
これを医療用のチューブで鼻の穴から強制給餌。
おいしかった?
あれ、なに怒ってるの?雛苺にくせに。
ごはんとジュースを一緒に食べるのが夢だったんでしょ?
かなえてあげたんだよ。感謝してくれないと困るな。
(´-`).。oO(なんて下品で貧乏臭い夢なんだ……

雛苺の鞄を粉々に叩き壊してやりたい。
雛苺の分際で何で一人前に鞄で寝るんだよ?
生意気なんだよ。
便所の床に転がって寝くさるのが一番のお似合い。

51 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:41:03
「バカかお前は!お前が送られたその日に中出ししてやったんだよ!今回で2度目だ!」
この言葉に雛苺はショックを受ける。
「もう雛お父様に会えないの〜!わーーん!わーーん!」
雛苺はアリスになれないのを確信し泣き出してしまった!
「なに!訳のわからない事言ってやがる!お楽しみはこれからだ!」
ビリビリ!ビリビリ!
「雛のドレスが!たったひとつしかないのにひどいの〜!」
Bは今まで雛苺の下の下着を下ろしていただけだったが遂に着ているものを全て破いてしまった。
「お前人形だし心配する必要はないよ!裸で絶望な表情をしている幼女もいいぜ〜!萌え〜!」
Bは相変わらず鼻息が荒く興奮が増している!私はぞっとした!
Bの相手が雛苺でよかったと思う!もし被害者が本物の女の子だったら一大事だった!
「うえーん!もう嫌なの〜!裸のままでいいの〜!逃げるなの〜!」
他人に裸を見られるの覚悟でBから逃げ出す雛苺!しかし!
バキッ!ボキッ!
「痛いの〜!雛は何も悪くないの〜!悪いのはBなの〜!」
Bに顔面を3発殴られた雛苺。
「かわいい顔に傷をつけられたくなかったら俺から逃げようと思うな!
俺の言う事を聞くんだ!いいな!」
「わかったなの〜!」
Bに対し嫌々怯えながら返事をする雛苺。
「よし!いい子だ!動くなよ!」
「はいなの〜!うゆ?B!痛いの〜!きついの〜!」
雛苺はBにロープできつく縛られてしまった。
「続きをやるぜ!萌え〜!」
Bは再び自分の物を雛苺の股間に入れ始める。
「やめてなの〜!雛のお股にBのキノコさんを入れないでなの〜!」
「生意気を言うな!はぁはぁ・・俺のミルクをぶっかけてやる!」
相変わらず嫌がっている雛苺に精液全身ぶっかけを敢行する。
「雛全身にかけられちゃったの!臭いの〜!もうやなの〜!ぐすぐすっ・・」
Bに全身に精液をかけられ再び泣き出した雛苺。
「B!許してなの〜!ごめんなさいなの〜!」
雛苺は悪いことをしたわけではないのに謝りだした。
とりあえず謝れば許してくれて性的虐待をやめてくれると思ったのだろう
雛苺らしい幼児レベルの考えである。
「しょうがない許してやるか。俺も満足してきたし。性的な事はやめてやろう。」
「本当!?B!ありがとうなの〜!」
Bが性的な虐待をやめると言ってBにお礼を言った雛苺であるがこれから
今までとは「別」の恐怖が待ち構えているとは知る由もなかった。
「雛ちゃん!今までした事のお詫びをするのに用意したいものがあるんだ!
ちょっと待っててね!」
「うん!楽しみに待ってるの〜!」
さすが雛苺!空気の読めなさには恐れ言った。幼児レベルのおつむだけある!
「雛ちゃん!お待たせ〜!」
Bは金槌とペンチなような物を持ってきた。
「うゆ?これでどうするの?」
「こういう事をするんだよ!」
「いっ・痛いの〜!B!やめてなの〜!」
Bは雛苺の左腕のつけ根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ハハハ!こりゃいい!本物の幼女じゃこういう遊びができないからな!人形だからできる遊びに切り替えるぜ!」
「痛いの!痛いの!痛いの!腕が取れちゃうなの〜!」
なんとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!

52 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:41:41
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

53 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:42:17
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」
「お父様」と言葉を聞いて態度が180度変わった雛苺。
「うわ〜ん!お父様〜!ごめんなさいなの〜!雛を許してなの〜!」
雛苺はお父様に許しを請うために大泣きして謝りだした。
「雛ちゃん!もう手遅れだよ!いくら謝っても君の犯した罪は消えないよ!
君がもしBに危害を加えずBにもて遊ばれていればお父様に与えられた使命
そして我々『幼児犯罪撲滅委員会』の使命の両方が達成できたのに残念だったよ!」
「じゃあ・・雛はどうすればいいの!?」
お父様に許してもらうために必死になっている雛苺。
「そうだな!私とBの粛正を味わってもらおうか!
B!我慢しなくていいんだ!ここで目に怪我を負わされた仕返しをしないと
君は憎しみを抱える事になる!そうしたら君は又犯罪者予備軍になってしまうかもしれない!
だから私のため君自身のため協力して欲しい!」
「Aさん!わかりました!覚悟しろ雛苺!」
私とBは二人がかりで雛苺に対し殴る蹴るの暴行を繰り返した。
「うぎゃああ!痛いの!痛いの!もう痛いのは嫌なのぉぉぉ!
お父様に捨てられてもいいからやめてぇぇなのぉぉぉ!
雛を直してなのぉぉぉ!」
私とBは一旦手と足を止め雛苺を諭した。
「君の望みを叶えてあげよう!でも直すためには完全にジャンクにしなければならないんだ!」
私の話を聞いて絶望する雛苺。そして私達二人は再び雛苺に暴行を加える。
「雛をジャンクにする気!?なんでなんでなのぉぉ!」
雛苺は断末魔をあげて砕けちった。
「Aさん俺はすっきりできたのですけどどうやって直すのですか!」
Bは雛苺を直すために完全に壊すという行為に疑問に思っているようだ!
「実はその雛苺は本物であって偽者でもあるんだ!」
「どういう意味ですか!」
「まあ見ていなよ!そろそろだ!」
雛苺の残骸からローザミスティカが出てきた。
「何ですかそれは?」
「これはローザミスティカといって薔薇乙女シリーズの魂のようなものだよ!
実はこのローザミスティカだけが本物で入れ物に当たる人形は本物そっくりに
作られたレプリカにすぎないんだ!まあレプリカといっても本物と同じ素材でできて
いるんだけどね!話を戻すけど新しい体を与えるためには今の体を完全に壊さないと
駄目なんだ!そうしないとローザミスティカが姿を現さないからね!
ちなみに本物の雛苺の体は厳重に保管してある。」
Bは我々が使う雛苺のしくみを理解してきたようだ。
「雛苺の記憶はどうなるんですか!」
「リセットされる。体からローザミスティカが出た時点で記憶がリセットされるよう調整してあるんだ。
但しリセットされるのは今回の件だけで今までの記憶人格はそのまま。
その方が我々に取って都合がいいし雛苺も何も知らない方が幸せでいい。
これから雛苺には君と同じ境遇に人間を犯罪に手を染めないよう働いてもらわないといけ

54 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:42:54
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」
「お父様」と言葉を聞いて態度が180度変わった雛苺。
「うわ〜ん!お父様〜!ごめんなさいなの〜!雛を許してなの〜!」
雛苺はお父様に許しを請うために大泣きして謝りだした。
「雛ちゃん!もう手遅れだよ!いくら謝っても君の犯した罪は消えないよ!
君がもしBに危害を加えずBにもて遊ばれていればお父様に与えられた使命
そして我々『幼児犯罪撲滅委員会』の使命の両方が達成できたのに残念だったよ!」
「じゃあ・・雛はどうすればいいの!?」
お父様に許してもらうために必死になっている雛苺。
「そうだな!私とBの粛正を味わってもらおうか!
B!我慢しなくていいんだ!ここで目に怪我を負わされた仕返しをしないと
君は憎しみを抱える事になる!そうしたら君は又犯罪者予備軍になってしまうかもしれない!
だから私のため君自身のため協力して欲しい!」
「Aさん!わかりました!覚悟しろ雛苺!」
私とBは二人がかりで雛苺に対し殴る蹴るの暴行を繰り返した。
「うぎゃああ!痛いの!痛いの!もう痛いのは嫌なのぉぉぉ!
お父様に捨てられてもいいからやめてぇぇなのぉぉぉ!
雛を直してなのぉぉぉ!」
私とBは一旦手と足を止め雛苺を諭した。
「君の望みを叶えてあげよう!でも直すためには完全にジャンクにしなければならないんだ!」
私の話を聞いて絶望する雛苺。そして私達二人は再び雛苺に暴行を加える。
「雛をジャンクにする気!?なんでなんでなのぉぉ!」
雛苺は断末魔をあげて砕けちった。
「Aさん俺はすっきりできたのですけどどうやって直すのですか!」
Bは雛苺を直すために完全に壊すという行為に疑問に思っているようだ!
「実はその雛苺は本物であって偽者でもあるんだ!」
「どういう意味ですか!」
「まあ見ていなよ!そろそろだ!」
雛苺の残骸からローザミスティカが出てきた。
「何ですかそれは?」
「これはローザミスティカといって薔薇乙女シリーズの魂のようなものだよ!
実はこのローザミスティカだけが本物で入れ物に当たる人形は本物そっくりに
作られたレプリカにすぎないんだ!まあレプリカといっても本物と同じ素材でできて
いるんだけどね!話を戻すけど新しい体を与えるためには今の体を完全に壊さないと
駄目なんだ!そうしないとローザミスティカが姿を現さないからね!
ちなみに本物の雛苺の体は厳重に保管してある。」
Bは我々が使う雛苺のしくみを理解してきたようだ。
「雛苺の記憶はどうなるんですか!」
「リセットされる。体からローザミスティカが出た時点で記憶がリセットされるよう調整してあるんだ。
但しリセットされるのは今回の件だけで今までの記憶人格はそのまま。
その方が我々に取って都合がいいし雛苺も何も知らない方が幸せでいい。
これから雛苺には君と同じ境遇に人間を犯罪に手を染めないよう働いてもらわないといけ

55 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:43:32
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

56 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:45:07
            :.:.ヽヽ         \_  _/         /
               | |     _,. -─ ァ'  ̄ヽー--  ..._     !!
               /|_,. -‐ '´    /-──- \    `  、||
          :.; //  ヽ.     /     (;;;;(;,'\    /\ \:.:.
            \\   \ ,.イ  /     ン;;:;:;;@ノ◎);;ノ; __ヽヽ
               / __,rッ'´   /  /  ⊂(;;ju'゙l;;jツ;;;ノ;;ノ゙ヾ ||:.:
              厶r'゙7      /   i    (;;;ノl     l   ト、 ||
        :.:. //   !/    /   !        l     !   l `\\ .:.
           /*;゙:',゙ |! l    |   i| l     j |   l   !*;゙:',゙;;\
        //:∴   l |  i _,|rt─┼{i.   ‐/‐/- 、 /!   j     \\\ .:.
        ;/__ ___      \!、 \_ij,.==ニ゙';゙'\_//ム.._/メ  /        ヽヽ
   :.;:.  { {-─ ‐- =- 、.__,.j,:".゙;:,,",,r==、:;∴*;゙〜v-‐''⌒"''''y,,..,,,__ :',゙:,r==、イii
       \\_,.=ニー- 、. |゙*;゙:':',゙. ii   l゙',゙'';::,゙r'” メ、 `<  ゛v''"`ヽ,r=_,ニ二二ニjj .:.      う・・・トモ゛エ゛・・・・苦しぃ・・・・ドぅモ!!!
       :. r─二ニー !:@:.;:◎:;U゙'‐='";"゙*Y;;       ''、  l .″"'  _ /            トぅモビャ゛・・・・助け・・・・・ョ・・・
         ヽ=ヘ三ニ-i∴*,:V:; ;;:.:',゙_,-'ニ;;:';::,゙、 `''     丿 ,ゝ _,,) "`ヽ、ニZ_
           ` ー-ュ-─!∴:∴;"';::,l | ,-、,-、y' ノ   ,,ノ '\r!..,,,..) ..),,) ,),-、, _`ヽヽ;::;:;;;@iヽ、 :
              ヽヽ_ j U;;r==、';:;;';:;:|||_/|_/|Y ::^"    `ヽ  ...,,r'"⌒  .⌒, ヽ _/,,.l>‐ー '"ト、@。;∴o .:.:.
                   l:::'ii.  l,゙:;;:;||:.. |:;. |/   ヽ;;::ノ! -!'"`..,,ノ` `ヽ!::);;;i . |:. | l:.    ヽヽ、;;:;f@i
                :.:. ヽ*;゙'‐='"゙:',゙:,|ー' ー'r'  ゝ-   v'" ::   ゝー-- |ノ::;}ー'ー'ノ!:.     ノ@;m∴
                \\*;゙:',゙:,;*;ヾニ二ミ("`ヽ;;:;,__;ヽ,,ノi;; :;:ゝ';;:;:'ゝ||;;丿二ンノ     l@;:;;,・
                   `ー、 ._.;゙:'U,゙:,`ヽ;;;,,__,ノノ;;;,,_,y';:;;;:;;ノノ// .:.:        ;;;+;;#
                     :. l !゙:',ヽ U! -─ ;;,;;/ 
   .                  l l゙:',r==、゙::::;゙:',゙:::゙:'l l                    ;;:
                      |:;ii.● l;゙:',゙:,;;;゙:',゙| | |:.        ;,:・;    ;,;,:・;;
                      人:'゙'‐='",;゙:'゙:',゙゙:',゙:/          ;゙:','';*;゙:';,゙;゙:',゙;゙:'',゙:r==、;,:・;
                  :. ((:',;゙:'ヽ*;゙:',r==、;゙:'ノノ   ;;,-''""゙*;゙:'""'''‐;゙:/  /;゙:' |ii.● l"ヽ,
                    人:',;゙:':',ヽ*;ii. ●/   /゙*;゙:',゙:゙*;゙:',゙゙;゙:',゙:ヽ  |*;゙:' |'‐='"||;゙:'|
                 :. ((:',;゙:ヽ:',;゙:':',ヾ'‐ノノ ./゙:',゙:',゙;゙:゙:',゙:',゙;゙:...:(゙*;゙:',゙))/⌒;∴ |(⌒ |*;゙:'.|
                  人:':',;゙:'ヽ:',;゙:':;゙:'@/  /゙:',゙:',゙;゙:゙:',/)*;゙:',゙:;゙:',゙:/ /:;:;∧_ノ \:;|;゙:';゙:|   _
               :.((:',;:';:',;゙ヽ:',;゙:'ヽ:',;゙:':'─-/,;゙:',;゙:',:',;゙/ /゙:',;゙:',゙:;゙:',丿/ ´`ヽ;゙:'/  ヽ;|;゙:';゙|\/;゙:';゙つ :. :.:


57 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:46:15
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
Posted by 糞人形虐待・虐殺推進委員会 at 2006年11月07日 13:34
難燃性素材にアスベストを織り込んだ特殊繊維製のオムツに船舶用高粘度B重油を滴り落ちるほど
滲み込ませて、ドレスをビリビリに引き裂いて素っ裸にしたクソ雛苺に装着。
燃焼途中で脱落せぬよう鋼鉄製の超細型コイルにてしっかりと固定しガスバーナーで点火。
JR渋谷駅前にて拘禁を解き明治通りを走らせる。

58 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:46:46
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

59 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:47:38
「雛両手なくなっちゃたの〜!許さないの〜」
自分の行い悪さに反省もせず雛苺は文句を言って来たが言ってやった。
「真紅に負けてアリスゲームの権利を失い力も弱くなったお前に何ができるんだよ!
お前をジャンクにして動けなくするのは簡単だが好きな落書きをできない苦しみを
味わえるようそのままにしてやるよ!」
そう言うと・・・
「絵が書けないなんてつまんないの〜!謝るから直してなの〜」
雛苺が泣きながら訴えた。
「雛苺の分際で俺がドールを直す術を調べているのを知っていやがったか!
仮に分かっても直してやんないよ!そのままでいるんだな!」
「ひどいの〜!悪魔なの〜!人間なら雛の手を直すなの〜!」
しつこい!悪魔とまで言いやがった!
「雛苺!まだ自分の立場がわかっていないようだな!それに!
お前の落書きを恨んでいる奴がもう一人いや一体いるんだ!
やれ翠星石!俺を満足させた暁にはお前だけ見ていてやるから!」
「了解ですぅ!大好きなマスターのためなら何でもやるですぅ」
「翠星石〜!何で雛を傷つけるマスターの味方をするなの〜!」
「翠星石の大事な鞄を何度も落書きするからですぅ!
今まで何回か仕返ししてやりましたが翠星石と同じローゼンメイデンという手前
控えめにしてやってたですぅ!ですが雛苺!お前はもうジャンクですぅ!
マスターもお前を虐待するのがお望みですから!徹底的にいじめてやるですぅ〜」


「雛、翠星石って意地悪な所はあるけど本当は優しいと思っていたのにショックなの〜」
雛苺は翠星石の言動でショックを受けていた。
「ひっひっひっ!それはチビ苺の思いすごしですぅ!
お子様であるチビ苺が翠星石の本心など分かるわけないですぅ!」
さらに追い討ちをかけるような翠星石のこの発言!それでも・・
「雛をいじめないでなの〜いじめないでなの〜!」
何度も雛苺はいじめないで発言をしまっくった。
その時である!雛苺のお腹から音がなった。
「雛、お腹すいたの〜!」
これから翠星石に虐待されると言うのにこんなことを言うとは・・・
まあ無理もない!マスターに手首を大根おろしにおろされてから何も食べていないのだ!」
「仕方がない奴ですぅ!これから虐待する前の最後の情けですぅ!
花丸ハンバーグでも食いやがれですぅ!」
どこから持ち出したが分からないが花丸ハンバーグが雛苺の前に用意された。
「やっぱり翠星石は優しいの〜!雛のお姉ちゃんなの〜!
でも食べられないのなの〜!」
雛苺は前述で書いてあるように手首から下を失っているため食べる事ができなかった。
「翠星石が食べさせてやるですぅ!そぉぉらですぅぅ!」
「あ・熱いなの〜!火傷するなの〜!」

60 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:48:44
その後、全面が鏡で覆われた部屋にすやすや眠る雛苺を移動させ、覚醒を待つ。
廊下の長椅子には作業の成功を信じて待機するジュンと巴。
覚醒した雛苺は己の変わり果てた姿を目の当たりにして狂ったように号泣しながら逃げ惑う。
しかし、どこへ向かっても目の前には鏡の壁面があるのみ。自分自身から逃れる事は出来ない。
「雛、かわいいのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!」
聞き覚えのある叫び声を耳にした二人が部屋に飛び込んで目にしたものは、フランス人形の衣装を
身に纏った小さな一体の「ひょっとこ」。

.   ┌- 、,. -┐
   く|_,.ヘ_|〉
.   /((ノ。ノリノ))
  〈ミミi@ ク゚@!ミ〉
   ''⊂[{夲}]つ'
    (ム!,,jム)
     `もテ′

「トゥモエ〜雛なの。私雛なの、わかるでしょ? 雛なのよ」
「ひょっとこ」に泣き叫びながら胸に飛び込まれ、ショックの余り失禁して気絶する巴。
「ぅうそだあっ!こんなのが雛苺なわけがないっ!」憤然とそう叫んで部屋を後にするジュン。
巴が別室に運び出され一匹になった「ひょっとこ」面の雛苺。
上下左右全面が鏡。目を開ければ飛び込んでくる「ひょっとこ」面の自分。逃れようのない真実。
「私はかわいい」という誤った自己認識だけで生きてきた雛苺が醜い内面に相応しい風貌を
「取り戻した」 今回の施術。
しかし、極めて強情な自我ゆえ内外面の一体化に失敗した雛苺は精神崩壊を来たしてしまう。
雛苺は「ひょっとこ面の己」の受容を頑なに拒み、発狂という痛ましい事態を自ら招いたのだ。

両親に説得され、泣く泣く見世物小屋への譲渡書にサインする巴。
以後雛苺は浅草でフランス人も含む外国人観光客を相手に、絶望と激しい失意のどん底の中で
「ひょっとこ踊り」をして生きてゆくのだ。仮に雛苺自身が激しく精神的に拒み続けようとも。
それが雛苺にとって最も相応しい在り方なのだから。
雛苺は、顔面矯正とそれに伴う葛藤を経てその内面に相応しい自己へと還元されたのだ。
すなわち、「笑いもののちんちくりん人形」である。

なお「ひょっとこ踊り」は、当然の事として真っ赤に焼けた鉄板の上で行なわれる。

   アツイ! アツイノー! イヤァー!!
     タスケテーー!! トゥモエェェェェェェェェェェェ!!
          ┌- 、,. -┐
        く|_,.ヘ_|〉
        /((ノ_ノリノ))゚ 。          ,'~~~え.
      _ ((∩@ ク`@!ミ〉)゚。゜___    {/´ ̄ヽヽ_,   /ヽへ/l、
     / ナ ナ ヽ{夲}とナ ナ ナ ナ ナ//||    ((从_从)i@《,  〆     >
    / ナ ナ ナ(O!,,jム) ナ ナ ナ ナ.// ||    ||从'c_,`||/||.  <レl从^^从`、
   / ナ ナ ナ ナ ナ ∪ナ ナ ナ ナ //  ||.   ||(({'ミ介ミ'})||  <□c_,□レu/
  / ナ ナ ナ ナ ナ‖‖ ナ ナ ナ //;;)) [].   ≦ノ,ノハヽ、≧   (l^Y ll)
 /__________//;;))ボウボウ て` -tッァ- ' て   |._ハ_.|
 ||  人从人从人从从人 ||;;)).                 ゝ' ゝ'
 || ( (;;;;) ) (;;;) ) (;;;) );;;) ;;)||ボウボウ     ,r==ミヽ
 || ( ));;;))(;;;))(;;))(;;;) ||     _ _ _  〈(((ノリi卯   _ _ _
 [] ///[]////[]//[]\\ []   /  `."-从´c_,`l〈l| /    ヽ
                    '"'⌒`~"'" ''.(i卯(i'ヽ!|ゝ '''"ー"``
                           /l xヽy''
                           |†レしl,†l
                           レ   |ノ


61 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:49:19
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

62 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:49:57
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

63 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:50:48
く体罰の日々。

雑草を刈る回転式芝刈り機で、クソ雛苺を腰の部分から半分に切断してやる。
尻から上と下が別々に動くクソ雛苺。足と尻だけでトコトコ走り回る下半身。
余りの激痛に髪を掻き毟りながら、「いいいたいの〜」とわめきちらして転げまわる上半身。
存在自体の罪を悟れぬ愚か者の姿。
嘲笑する通行人。指を指して笑う子供たち。
射殺を試みて失敗した警官によって清掃車が呼ばれ、焼却炉の待つ処理施設へ。
生ゴミと共に燃やされ、灰になっても死ぬことの出来ぬクソ雛苺。
クソ雛苺にとって、一切は苦しみ以外の何ものでもないのだ。
( ^∀^)キャハハハハハハハハハハ

「お帰りのっ、ジュン登り〜」などと言ってふざけているクソ雛苺の片足を掴んで
全力で地面に叩き付けてやりたい。
首も手足も胴体もバ〜ラバラ。転がった首がオギャーオギャー泣き叫ぶ。
やかましいから髪の毛わしづかみにして、もう一度コンクリートの地面へ。
今度は頭も粉砕され、目玉がコロコロ転がっていく。血の涙を流しながら( ^∀^)ゲラゲラ

泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。


クソ雛苺の尻にタバスコ浣腸してやりたい。

64 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:51:40
錐を使ってゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくり時間をかけてな(キャハハハハ

あはは。汚い。なにこれ。臭いよ。うへぇ。捨てようよ。お母さん。
そうね。ひどい臭いだわ。気色悪い。吐きそうだわ。
下水に流したら詰まるわよ。生ごみかしらね。
いやあねえ。いやだわあ。雛苺だって。

静かな山間の病院
───ガチャガチャ
看護士「ヒナちゃん、面会だよ」
雛苺 「あー・・・うー・・・」
トモエ「こんにちは、雛苺」
トモエ「雛苺、どう調子は?」
雛苺 「あー・・・うー・・・」
トモエ「雛苺・・・まだわたしが分からないの?」
雛苺 「あー!あーー!あーーー!!!」(暴れ)
───ドタドタドタ
看護士「そっちおさえろ! 鎮静剤を早く!」
雛苺 「あんまーー!!!」
看護士「危ないから下がって! おとなしくしろよコイツ!(ガッ!)」
トモエ「やめて! 雛苺に乱暴しないで!」
雛苺 「あー・・・・・・うー・・・・・・」
看護士「ふぅ、やっと薬が効いたか。 おーい、拘束衣持ってこい」
トモエ「うう・・・どうして・・・どうしてこんなことに・・・」

床への落書きをジュンに窘められて雑巾でふきふきしているクソ雛苺のちっちゃなおててを
陸上短距離用スパイクで思いっきり踏みつけてやりたい。
クソ雛苺の目玉をスプーンでくり貫いて小便流し込んでやりたい。
クソ雛苺の腐った減らず口に熔けた鉄を流し込んでやりたい。
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。
恐怖に泣きわめくクソ雛苺を竹篭に入れて、熱湯が煮えたぎる大ナベにゆっくり沈めてやりたい
マンションの15階からクソ雛苺をおむつ一丁でぶん投げてやりたい。
ああ〜クソ雛苺の顔にやすりをかけてのっぺらぼうにしてやりてえwww
のっぺらぼうになっても「雛、かわいいの〜」とかぬかしくさるんだろうかwww

雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはおばかさんなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはあたまのよわいひとなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはいらないひとなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはしんじゃえなの〜
雛、かわいいの〜

雛をいじめるひとはきょうちょうせいがないひとなの〜
雛、かわいいの〜

65 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:52:26
んとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!
雛もうおもて歩けないの〜!」
股間に穴を開けられた時とは違いごまかしが利かなくなり泣き叫ぶ雛苺。
「おもて歩けない?本当に歩けなくしてやろう!」
雛苺の言葉聞き再び虐待魂に火がついたB。
「まさか雛のあんよを取っちゃうの!?もうこれ以上雛を傷つけないでなの〜!やめてなの!やめてなのぉぉ!」
Bの言うとおりにしていても傷つけられる事を理解した雛苺は走って逃げ出そうとするが足が短いので
バランスを崩してころんでしまう。そしてころんだ雛苺に近づいて来るBであった。
「雛ちゃん!そんな短い足走るのに不便だろう?かわいそうだから取り除いてあげよう!」
そういうとBは雛苺を縄で縛りつけ左足の付け根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ぎゃぁぁぁぁ!痛いの!痛いの!痛いの!雛のあんよを取らないでなのぉぉ!」
自分の足を取られまいと必死に涙で訴える雛苺。
「雛ちゃん!負けたよ!足を取るのはやめてあげるよ!」
「B!本当!?」
足を取られないで喜ぶ雛苺!しかし・・
カンカン!カンカン!カンカン!
「ぎゃぁぁぁぁ!やめてなのぉぉ!!潰れちゃうのぉぉ!」
Bに金槌で両足を打たれ潰されてしまった雛苺。
「うわ〜ん!雛のあんよが・・・もう歩けないの・・」
「ハハハ!雛ちゃんの希望通り足を取るのはやめてあげたよ。本当は君の足が中途半端で頑丈でペンチで
切れなかったからね!もうこれで足は修理不可能だ!切り取られたほうがまだ元に戻れる可能性があったのに!
雛ちゃん!恨むなら俺じゃなくて中途半端に頑丈だった自分の足を恨みなよ!
Bに左腕をもがれ両足を潰され胴体に頭と右腕だけという奇妙な姿になってしまった雛苺
「もう雛歩けないのぉ!○○○登りもできないのぉ!」
好きな○○○登りができなくて嘆く雛苺!しかし一瞬だけであるが笑みが戻った!
「雛ジャンクになっちゃたけど好きなお絵かきはできるの〜!
B!今までのお返しなの〜!Bのおうち全部を雛の落書き帳にするの〜!」
雛苺はたまたま近くにあったクレヨンを右手に持ち芋虫のように体をくねくね動かしBの家中の物に落書きを始めた。
雛苺のこの行動は私にとって計算外である!人の家に迷惑をかけるために雛苺を送ったわけではないからだ!
「おい雛!俺が盗撮した○○ちゃんの写真まで落書きするな!完全にジャンクにするぞ!」
当然Bは雛苺の落書きを止めに入る。Bにとって大事な写真が落書きされているのだから。
「右腕だけ残してしまったのは俺の判断ミスだった!芋虫にしてやる!」
「そうはさせないのぉぉ〜〜〜!!!」
遅いかかるBにとっさにクレヨンの破片を投げる雛苺
「うぎゃ〜!!目が!!」
雛苺が投げたクレヨンの破片がBの右目に突き刺さった!
「右目が!右目が!痛てぇぇ〜!だんだんぼやけてくる!」
Bが危機だ!私が想定していた事と180度違う事態になってしまった!
本来薔薇乙女は人間を幸せにすることである。ロリコンのはけ口が目的でも決して例外ではない!
犯罪者予備軍であるBはロリコンでどうしようもない人間であるがそれさえ取り除けば
色々な可能性秘めている人間であり明るい未来が待っているかもしれない!
この私幼児犯罪撲滅委員会の隠密調査員であるAはBを救うために飛び出す決心をした!
本来なら観察だけしかしないが・・・・
私は今まで隠れて観察していたが失明の危機に陥ったBを救うため飛び出した!
「君!大丈夫か?」
「誰ですか?あんた!?」
Bは私が飛び出して来た事で困惑していた。
「説明は後だ!B!目薬だ!早く点眼しないと失明するぞ!」
「俺のを助けてくれるんですか!?ありがとうございます!」
私はBに特製の目薬を渡して点眼させた。すぐには治らないが失明は免れた。

66 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:53:00
んとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!
雛もうおもて歩けないの〜!」
股間に穴を開けられた時とは違いごまかしが利かなくなり泣き叫ぶ雛苺。
「おもて歩けない?本当に歩けなくしてやろう!」
雛苺の言葉聞き再び虐待魂に火がついたB。
「まさか雛のあんよを取っちゃうの!?もうこれ以上雛を傷つけないでなの〜!やめてなの!やめてなのぉぉ!」
Bの言うとおりにしていても傷つけられる事を理解した雛苺は走って逃げ出そうとするが足が短いので
バランスを崩してころんでしまう。そしてころんだ雛苺に近づいて来るBであった。
「雛ちゃん!そんな短い足走るのに不便だろう?かわいそうだから取り除いてあげよう!」
そういうとBは雛苺を縄で縛りつけ左足の付け根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ぎゃぁぁぁぁ!痛いの!痛いの!痛いの!雛のあんよを取らないでなのぉぉ!」
自分の足を取られまいと必死に涙で訴える雛苺。
「雛ちゃん!負けたよ!足を取るのはやめてあげるよ!」
「B!本当!?」
足を取られないで喜ぶ雛苺!しかし・・
カンカン!カンカン!カンカン!
「ぎゃぁぁぁぁ!やめてなのぉぉ!!潰れちゃうのぉぉ!」
Bに金槌で両足を打たれ潰されてしまった雛苺。
「うわ〜ん!雛のあんよが・・・もう歩けないの・・」
「ハハハ!雛ちゃんの希望通り足を取るのはやめてあげたよ。本当は君の足が中途半端で頑丈でペンチで
切れなかったからね!もうこれで足は修理不可能だ!切り取られたほうがまだ元に戻れる可能性があったのに!
雛ちゃん!恨むなら俺じゃなくて中途半端に頑丈だった自分の足を恨みなよ!
Bに左腕をもがれ両足を潰され胴体に頭と右腕だけという奇妙な姿になってしまった雛苺
「もう雛歩けないのぉ!○○○登りもできないのぉ!」
好きな○○○登りができなくて嘆く雛苺!しかし一瞬だけであるが笑みが戻った!
「雛ジャンクになっちゃたけど好きなお絵かきはできるの〜!
B!今までのお返しなの〜!Bのおうち全部を雛の落書き帳にするの〜!」
雛苺はたまたま近くにあったクレヨンを右手に持ち芋虫のように体をくねくね動かしBの家中の物に落書きを始めた。
雛苺のこの行動は私にとって計算外である!人の家に迷惑をかけるために雛苺を送ったわけではないからだ!
「おい雛!俺が盗撮した○○ちゃんの写真まで落書きするな!完全にジャンクにするぞ!」
当然Bは雛苺の落書きを止めに入る。Bにとって大事な写真が落書きされているのだから。
「右腕だけ残してしまったのは俺の判断ミスだった!芋虫にしてやる!」
「そうはさせないのぉぉ〜〜〜!!!」
遅いかかるBにとっさにクレヨンの破片を投げる雛苺
「うぎゃ〜!!目が!!」
雛苺が投げたクレヨンの破片がBの右目に突き刺さった!
「右目が!右目が!痛てぇぇ〜!だんだんぼやけてくる!」
Bが危機だ!私が想定していた事と180度違う事態になってしまった!
本来薔薇乙女は人間を幸せにすることである。ロリコンのはけ口が目的でも決して例外ではない!
犯罪者予備軍であるBはロリコンでどうしようもない人間であるがそれさえ取り除けば
色々な可能性秘めている人間であり明るい未来が待っているかもしれない!
この私幼児犯罪撲滅委員会の隠密調査員であるAはBを救うために飛び出す決心をした!
本来なら観察だけしかしないが・・・・
私は今まで隠れて観察していたが失明の危機に陥ったBを救うため飛び出した!
「君!大丈夫か?」
「誰ですか?あんた!?」
Bは私が飛び出して来た事で困惑していた。
「説明は後だ!B!目薬だ!早く点眼しないと失明するぞ!」
「俺のを助けてくれるんですか!?ありがとうございます!」
私はBに特製の目薬を渡して点眼させた。すぐには治らないが失明は免れた。

67 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:53:38
んとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!
雛もうおもて歩けないの〜!」
股間に穴を開けられた時とは違いごまかしが利かなくなり泣き叫ぶ雛苺。
「おもて歩けない?本当に歩けなくしてやろう!」
雛苺の言葉聞き再び虐待魂に火がついたB。
「まさか雛のあんよを取っちゃうの!?もうこれ以上雛を傷つけないでなの〜!やめてなの!やめてなのぉぉ!」
Bの言うとおりにしていても傷つけられる事を理解した雛苺は走って逃げ出そうとするが足が短いので
バランスを崩してころんでしまう。そしてころんだ雛苺に近づいて来るBであった。
「雛ちゃん!そんな短い足走るのに不便だろう?かわいそうだから取り除いてあげよう!」
そういうとBは雛苺を縄で縛りつけ左足の付け根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ぎゃぁぁぁぁ!痛いの!痛いの!痛いの!雛のあんよを取らないでなのぉぉ!」
自分の足を取られまいと必死に涙で訴える雛苺。
「雛ちゃん!負けたよ!足を取るのはやめてあげるよ!」
「B!本当!?」
足を取られないで喜ぶ雛苺!しかし・・
カンカン!カンカン!カンカン!
「ぎゃぁぁぁぁ!やめてなのぉぉ!!潰れちゃうのぉぉ!」
Bに金槌で両足を打たれ潰されてしまった雛苺。
「うわ〜ん!雛のあんよが・・・もう歩けないの・・」
「ハハハ!雛ちゃんの希望通り足を取るのはやめてあげたよ。本当は君の足が中途半端で頑丈でペンチで
切れなかったからね!もうこれで足は修理不可能だ!切り取られたほうがまだ元に戻れる可能性があったのに!
雛ちゃん!恨むなら俺じゃなくて中途半端に頑丈だった自分の足を恨みなよ!
Bに左腕をもがれ両足を潰され胴体に頭と右腕だけという奇妙な姿になってしまった雛苺
「もう雛歩けないのぉ!○○○登りもできないのぉ!」
好きな○○○登りができなくて嘆く雛苺!しかし一瞬だけであるが笑みが戻った!
「雛ジャンクになっちゃたけど好きなお絵かきはできるの〜!
B!今までのお返しなの〜!Bのおうち全部を雛の落書き帳にするの〜!」
雛苺はたまたま近くにあったクレヨンを右手に持ち芋虫のように体をくねくね動かしBの家中の物に落書きを始めた。
雛苺のこの行動は私にとって計算外である!人の家に迷惑をかけるために雛苺を送ったわけではないからだ!
「おい雛!俺が盗撮した○○ちゃんの写真まで落書きするな!完全にジャンクにするぞ!」
当然Bは雛苺の落書きを止めに入る。Bにとって大事な写真が落書きされているのだから。
「右腕だけ残してしまったのは俺の判断ミスだった!芋虫にしてやる!」
「そうはさせないのぉぉ〜〜〜!!!」
遅いかかるBにとっさにクレヨンの破片を投げる雛苺
「うぎゃ〜!!目が!!」
雛苺が投げたクレヨンの破片がBの右目に突き刺さった!
「右目が!右目が!痛てぇぇ〜!だんだんぼやけてくる!」
Bが危機だ!私が想定していた事と180度違う事態になってしまった!
本来薔薇乙女は人間を幸せにすることである。ロリコンのはけ口が目的でも決して例外ではない!
犯罪者予備軍であるBはロリコンでどうしようもない人間であるがそれさえ取り除けば
色々な可能性秘めている人間であり明るい未来が待っているかもしれない!
この私幼児犯罪撲滅委員会の隠密調査員であるAはBを救うために飛び出す決心をした!
本来なら観察だけしかしないが・・・・
私は今まで隠れて観察していたが失明の危機に陥ったBを救うため飛び出した!
「君!大丈夫か?」
「誰ですか?あんた!?」
Bは私が飛び出して来た事で困惑していた。
「説明は後だ!B!目薬だ!早く点眼しないと失明するぞ!」
「俺のを助けてくれるんですか!?ありがとうございます!」
私はBに特製の目薬を渡して点眼させた。すぐには治らないが失明は免れた。

68 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:54:31
えあなたの言う通りです。実は3日後に○○ちゃんを誘拐して性的ないたずらしようと思っていたんです。
そう思っていたら突然この雛苺を送られてきたのです!おかげで俺が望む性的ないたずらが飽きるまで
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」
「お父様」と言葉を聞いて態度が180度変わった雛苺。
「うわ〜ん!お父様〜!ごめんなさいなの〜!雛を許してなの〜!」
雛苺はお父様に許しを請うために大泣きして謝りだした。
「雛ちゃん!もう手遅れだよ!いくら謝っても君の犯した罪は消えないよ!
君がもしBに危害を加えずBにもて遊ばれていればお父様に与えられた使命
そして我々『幼児犯罪撲滅委員会』の使命の両方が達成できたのに残念だったよ!」
「じゃあ・・雛はどうすればいいの!?」
お父様に許してもらうために必死になっている雛苺。
「そうだな!私とBの粛正を味わってもらおうか!
B!我慢しなくていいんだ!ここで目に怪我を負わされた仕返しをしないと
君は憎しみを抱える事になる!そうしたら君は又犯罪者予備軍になってしまうかもしれない!
だから私のため君自身のため協力して欲しい!」
「Aさん!わかりました!覚悟しろ雛苺!」
私とBは二人がかりで雛苺に対し殴る蹴るの暴行を繰り返した。
「うぎゃああ!痛いの!痛いの!もう痛いのは嫌なのぉぉぉ!
お父様に捨てられてもいいからやめてぇぇなのぉぉぉ!
雛を直してなのぉぉぉ!」
私とBは一旦手と足を止め雛苺を諭した。
「君の望みを叶えてあげよう!でも直すためには完全にジャンクにしなければならないんだ!」
私の話を聞いて絶望する雛苺。そして私達二人は再び雛苺に暴行を加える。
「雛をジャンクにする気!?なんでなんでなのぉぉ!」
雛苺は断末魔をあげて砕けちった。
「Aさん俺はすっきりできたのですけどどうやって直すのですか!」
Bは雛苺を直すために完全に壊すという行為に疑問に思っているようだ!
「実はその雛苺は本物であって偽者でもあるんだ!」
「どういう意味ですか!」
「まあ見ていなよ!そろそろだ!」
雛苺の残骸からローザミスティカが出てきた。
「何ですかそれは?」
「これはローザミスティカといって薔薇乙女シリーズの魂のようなものだよ!
実はこのローザミスティカだけが本物で入れ物に当たる人形は本物そっくりに
作られたレプリカにすぎないんだ!まあレプリカといっても本物と同じ素材でできて
いるんだけどね!話を戻すけど新しい体を与えるためには今の体を完全に壊さないと
駄目なんだ!そうしないとローザミスティカが姿を現さないからね!
ちなみに本物の雛苺の体は厳重に保管してある。」

69 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:57:31
えあなたの言う通りです。実は3日後に○○ちゃんを誘拐して性的ないたずらしようと思っていたんです。
そう思っていたら突然この雛苺を送られてきたのです!おかげで俺が望む性的ないたずらが飽きるまで
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」
「お父様」と言葉を聞いて態度が180度変わった雛苺。
「うわ〜ん!お父様〜!ごめんなさいなの〜!雛を許してなの〜!」
雛苺はお父様に許しを請うために大泣きして謝りだした。
「雛ちゃん!もう手遅れだよ!いくら謝っても君の犯した罪は消えないよ!
君がもしBに危害を加えずBにもて遊ばれていればお父様に与えられた使命
そして我々『幼児犯罪撲滅委員会』の使命の両方が達成できたのに残念だったよ!」
「じゃあ・・雛はどうすればいいの!?」
お父様に許してもらうために必死になっている雛苺。
「そうだな!私とBの粛正を味わってもらおうか!
B!我慢しなくていいんだ!ここで目に怪我を負わされた仕返しをしないと
君は憎しみを抱える事になる!そうしたら君は又犯罪者予備軍になってしまうかもしれない!
だから私のため君自身のため協力して欲しい!」
「Aさん!わかりました!覚悟しろ雛苺!」
私とBは二人がかりで雛苺に対し殴る蹴るの暴行を繰り返した。
「うぎゃああ!痛いの!痛いの!もう痛いのは嫌なのぉぉぉ!
お父様に捨てられてもいいからやめてぇぇなのぉぉぉ!
雛を直してなのぉぉぉ!」
私とBは一旦手と足を止め雛苺を諭した。
「君の望みを叶えてあげよう!でも直すためには完全にジャンクにしなければならないんだ!」
私の話を聞いて絶望する雛苺。そして私達二人は再び雛苺に暴行を加える。
「雛をジャンクにする気!?なんでなんでなのぉぉ!」
雛苺は断末魔をあげて砕けちった。
「Aさん俺はすっきりできたのですけどどうやって直すのですか!」
Bは雛苺を直すために完全に壊すという行為に疑問に思っているようだ!
「実はその雛苺は本物であって偽者でもあるんだ!」
「どういう意味ですか!」
「まあ見ていなよ!そろそろだ!」
雛苺の残骸からローザミスティカが出てきた。
「何ですかそれは?」
「これはローザミスティカといって薔薇乙女シリーズの魂のようなものだよ!
実はこのローザミスティカだけが本物で入れ物に当たる人形は本物そっくりに
作られたレプリカにすぎないんだ!まあレプリカといっても本物と同じ素材でできて
いるんだけどね!話を戻すけど新しい体を与えるためには今の体を完全に壊さないと
駄目なんだ!そうしないとローザミスティカが姿を現さないからね!
ちなみに本物の雛苺の体は厳重に保管してある。」

70 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:58:26
ジュンと巴の見ている目の前で、
大型の剣山を置いた幼稚園児用の椅子に、泣いてあばれるクソ雛苺を無理やり座らせる。
肩から加重をかけて、剣山の針が尻に充分刺さるよう調節。
被検体のサルに使用する実験用器具でクソ雛苺が微動だにせぬよう固定。
特殊工業用鋼鉄製やすりを用いて、クソ雛苺の頭部を斜め45度から研磨してやる。
1ミリたりとも動けぬ状態のままで、かような痛苦を与えられているにも拘らず、
「いたいの〜」、「たすけてなの〜」、「トゥモエ、雛、くるしいの〜」
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
それどころか、「ばかやろうなの〜」、「雛、おまえをゆるさないの〜」と己の罪業を罰し、
罪を軽減してくれた恩人を面罵する始末。

ジュンと巴に向かってトコトコよろめきながら走り寄る頭部半月形クソ雛苺。
腰を抜かしてガタガタ震える以外為す術のないジュン。
背中に隠した鞄に全神経を集中して待ち構える巴。
クソ雛苺の余りの強情さを目の当たりにして、優しい巴でさえついに決断したのだ。
「これ、いらない」と。
雛苺「巴〜!雛を捨てるの〜!雛はかわいいの〜!ジャンクじゃないの〜」

雛苺の為にエサを用意。
御飯3合。オレンジジュース(無果汁)2リットル。
ミキサーで混ぜ合わせれば出来上がり。
これを医療用のチューブで鼻の穴から強制給餌。
おいしかった?
あれ、なに怒ってるの?雛苺にくせに。
ごはんとジュースを一緒に食べるのが夢だったんでしょ?
かなえてあげたんだよ。感謝してくれないと困るな。
(´-`).。oO(なんて下品で貧乏臭い夢なんだ……

雛苺の鞄を粉々に叩き壊してやりたい。
雛苺の分際で何で一人前に鞄で寝るんだよ?
生意気なんだよ。
便所の床に転がって寝くさるのが一番のお似合い。

鞄を失って安眠できなくなった雛苺。
睡眠障害から統合失調症(精神分裂病)を引き起こし、半狂乱になって
中央線快速に飛び込んでバラバラに粉砕されてしまえ。
頭部を車輪に轢き潰されて 眼 球 突 出 を起こした雛苺タン。
あ ご も 外 れ て ブ ラ ブ ラ している雛苺タン。
それでも死ねずに「いたいの〜」、「ジュン助けてなの〜」
「し〜んくう〜」と泣きわめき続ける雛苺タン。オメガカワイイ(ゲラゲラ

クソ雛苺が大好きなおまえたちの見ている目の前で
クソ雛苺をキクイムシの幼虫で満たしたドラム缶に
素っ裸後ろ手錠状態で叩き込んでやる。

無数の幼虫にたかられ、生きながら喰われるクソ雛苺のおぞましい姿。
体中数ミリ程度の小さな穴だらけとなり、それでも死ぬ事さえ許されず
「雛、なんにも悪い事してないの〜」と
間違った主張を繰り返すクソ雛苺の強情で醜い腐り果てた性根。

71 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 15:59:24
最近世の中は乱れている。特に幼児を誘拐して殺害したり性的虐待をすると
いう事件が多発。増加の一途を辿っている。このまま放置して入れば被害者
は増加してしまう。何とか手を打たなければならない。幼児を対象としている
犯罪者は主に「ロリコン」と呼ばれている人種である。そこで私は考えた。
「ロリコン」という人種の欲望のはけ口を作ってやればいいと・・
自己紹介は遅れたが私は水面下で結成された「幼児犯罪撲滅委員会」の
一員である。私は某学園の生徒会の「隠密」と同様の活動をするため
私は名前を明かすことは出来ない。私の事は通称Aと読んで欲しい。
まず私の仕事は秘密裏に誰が「ロリコン」かを調べ上げさらにその中から
犯罪者予備軍をリストアップする事である。そしてリストアップした中で
危険な順でその者の家に「雛苺」を送る。
「雛苺」とはローゼンメイデンの第6ドールでとても幼くかわいらしい
姿をしていてまるで人間のような人形である。この「雛苺」を
犯罪者予備軍の「B」に送り好きなように使わせ幼児犯罪に対する欲望の
はけ口にするのが狙いである。
「ねぇ〜!A!雛をどこに送ってくれるのなの〜!」
「君と良く遊んでくれるお兄ちゃんのとこだよ!」
「楽しみなの〜!」
私通称Aは雛苺の入った鞄を幼児犯罪者予備軍のロリコンBに送った。
私はこの日のためにわざと雛苺のぜんまいを巻かず動かないようにしている。
遂に雛苺はBの元に届いた。
「なんだろう?この鞄は!開けてみよう!
うぉ!幼女が入っている!萌え〜〜!!」
ロリコンのBは早速予想通りの反応を示す。
「何だこの説明書は『まきますか?まきませんか?』意味がわからねぇ!
オレの衝動を抑えるのが先だ!すげえリアルな幼女人形だ!脱がしてえ!」
何とBはネジを巻かずに雛苺の服を脱がしB本人も服を脱ぎ
まだ動いていない雛苺を抱き・・
「ふん!ふん!ふん!キターー!!」
雛苺の顔に精液をかけた。
「はぁはぁ!幼女の顔に精液をかけるというのはたまらねぇ!
今度はペニスを挿入するか!うん!?穴がないぞ!
しょうがねえ!ドリルで股間を掘るか」
キィィーーンキィィーーン
Bは雛苺の股間をドリルで堀り始めた。もちろん雛苺自身は自分に傷を
つけられているということは知る由もなかった。
キィィーーンキィィーーン
「へへへっ!開いたぜ!」
遂に雛苺の股間に穴が開いた。そして・・
「まさか人形におまんまんを作ってやるとはな!いくぜ!」
Bは雛苺の股間の穴にピストン運動をして中だしをする。
「フーーー!すっきりした。今日は寝るか!」
Bはこのまま眠ってしまった。そして次の日・・
起床して速攻で雛苺を洗い服を元通り着させた。
「飾っておくには元通り服を着させないとね!この子雛苺って言ったけ!
顔もかわいいけど服もかわいくてホントも萌え萌えだぜ!
そういえば説明書で何か書いてあったけ!」
Bは説明書をよく読み取りあえず「まきます」を選び説明書通り
ネジをまいた。
ギギギ・・・雛苺が目覚め動き始めた。
「雛のぜんまいをまいてくれたのお兄ちゃんなの〜!」
「うおー!雛苺が動いた!しゃべった!」
Bは雛苺が生きている人形と知って驚愕した。
「自己紹介するの〜!雛はローゼンメイデン第6ドール雛苺なの〜!
よろしくなの〜!」
「俺はBよろしく!お兄ちゃんは君みたいな子は大好きだよ!遊んであげる」
その言葉を聞いて雛苺はBの背中に飛びついた。
「わーい!B登り!B登り!」
雛苺は無邪気にもBの顔を登り始める。
「遊んであげるとは言ったけど俺の顔に登っちゃダメだよ!」

72 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:00:00
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

73 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:24:07
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

74 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:25:00
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

75 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:25:35
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

76 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:27:20
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

77 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:28:06
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

78 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:28:43
最近世の中は乱れている。特に幼児を誘拐して殺害したり性的虐待をすると
いう事件が多発。増加の一途を辿っている。このまま放置して入れば被害者
は増加してしまう。何とか手を打たなければならない。幼児を対象としている
犯罪者は主に「ロリコン」と呼ばれている人種である。そこで私は考えた。
「ロリコン」という人種の欲望のはけ口を作ってやればいいと・・
自己紹介は遅れたが私は水面下で結成された「幼児犯罪撲滅委員会」の
一員である。私は某学園の生徒会の「隠密」と同様の活動をするため
私は名前を明かすことは出来ない。私の事は通称Aと読んで欲しい。
まず私の仕事は秘密裏に誰が「ロリコン」かを調べ上げさらにその中から
犯罪者予備軍をリストアップする事である。そしてリストアップした中で
危険な順でその者の家に「雛苺」を送る。
「雛苺」とはローゼンメイデンの第6ドールでとても幼くかわいらしい
姿をしていてまるで人間のような人形である。この「雛苺」を
犯罪者予備軍の「B」に送り好きなように使わせ幼児犯罪に対する欲望の
はけ口にするのが狙いである。
「ねぇ〜!A!雛をどこに送ってくれるのなの〜!」
「君と良く遊んでくれるお兄ちゃんのとこだよ!」
「楽しみなの〜!」
私通称Aは雛苺の入った鞄を幼児犯罪者予備軍のロリコンBに送った。
私はこの日のためにわざと雛苺のぜんまいを巻かず動かないようにしている。
遂に雛苺はBの元に届いた。
「なんだろう?この鞄は!開けてみよう!
うぉ!幼女が入っている!萌え〜〜!!」
ロリコンのBは早速予想通りの反応を示す。
「何だこの説明書は『まきますか?まきませんか?』意味がわからねぇ!
オレの衝動を抑えるのが先だ!すげえリアルな幼女人形だ!脱がしてえ!」
何とBはネジを巻かずに雛苺の服を脱がしB本人も服を脱ぎ
まだ動いていない雛苺を抱き・・
「ふん!ふん!ふん!キターー!!」
雛苺の顔に精液をかけた。
「はぁはぁ!幼女の顔に精液をかけるというのはたまらねぇ!
今度はペニスを挿入するか!うん!?穴がないぞ!
しょうがねえ!ドリルで股間を掘るか」
キィィーーンキィィーーン
Bは雛苺の股間をドリルで堀り始めた。もちろん雛苺自身は自分に傷を
つけられているということは知る由もなかった。
キィィーーンキィィーーン
「へへへっ!開いたぜ!」
遂に雛苺の股間に穴が開いた。そして・・
「まさか人形におまんまんを作ってやるとはな!いくぜ!」
Bは雛苺の股間の穴にピストン運動をして中だしをする。
「フーーー!すっきりした。今日は寝るか!」
Bはこのまま眠ってしまった。そして次の日・・
起床して速攻で雛苺を洗い服を元通り着させた。
「飾っておくには元通り服を着させないとね!この子雛苺って言ったけ!
顔もかわいいけど服もかわいくてホントも萌え萌えだぜ!
そういえば説明書で何か書いてあったけ!」
Bは説明書をよく読み取りあえず「まきます」を選び説明書通り
ネジをまいた。
ギギギ・・・雛苺が目覚め動き始めた。
「雛のぜんまいをまいてくれたのお兄ちゃんなの〜!」
「うおー!雛苺が動いた!しゃべった!」
Bは雛苺が生きている人形と知って驚愕した。
「自己紹介するの〜!雛はローゼンメイデン第6ドール雛苺なの〜!
よろしくなの〜!」
「俺はBよろしく!お兄ちゃんは君みたいな子は大好きだよ!遊んであげる」
その言葉を聞いて雛苺はBの背中に飛びついた。
「わーい!B登り!B登り!」
雛苺は無邪気にもBの顔を登り始める。
「遊んであげるとは言ったけど俺の顔に登っちゃダメだよ!」

79 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:29:36
えあなたの言う通りです。実は3日後に○○ちゃんを誘拐して性的ないたずらしようと思っていたんです。
そう思っていたら突然この雛苺を送られてきたのです!おかげで俺が望む性的ないたずらが飽きるまで
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」
「お父様」と言葉を聞いて態度が180度変わった雛苺。
「うわ〜ん!お父様〜!ごめんなさいなの〜!雛を許してなの〜!」
雛苺はお父様に許しを請うために大泣きして謝りだした。
「雛ちゃん!もう手遅れだよ!いくら謝っても君の犯した罪は消えないよ!
君がもしBに危害を加えずBにもて遊ばれていればお父様に与えられた使命
そして我々『幼児犯罪撲滅委員会』の使命の両方が達成できたのに残念だったよ!」
「じゃあ・・雛はどうすればいいの!?」
お父様に許してもらうために必死になっている雛苺。
「そうだな!私とBの粛正を味わってもらおうか!
B!我慢しなくていいんだ!ここで目に怪我を負わされた仕返しをしないと
君は憎しみを抱える事になる!そうしたら君は又犯罪者予備軍になってしまうかもしれない!
だから私のため君自身のため協力して欲しい!」
「Aさん!わかりました!覚悟しろ雛苺!」
私とBは二人がかりで雛苺に対し殴る蹴るの暴行を繰り返した。
「うぎゃああ!痛いの!痛いの!もう痛いのは嫌なのぉぉぉ!
お父様に捨てられてもいいからやめてぇぇなのぉぉぉ!
雛を直してなのぉぉぉ!」
私とBは一旦手と足を止め雛苺を諭した。
「君の望みを叶えてあげよう!でも直すためには完全にジャンクにしなければならないんだ!」
私の話を聞いて絶望する雛苺。そして私達二人は再び雛苺に暴行を加える。
「雛をジャンクにする気!?なんでなんでなのぉぉ!」
雛苺は断末魔をあげて砕けちった。
「Aさん俺はすっきりできたのですけどどうやって直すのですか!」
Bは雛苺を直すために完全に壊すという行為に疑問に思っているようだ!
「実はその雛苺は本物であって偽者でもあるんだ!」
「どういう意味ですか!」
「まあ見ていなよ!そろそろだ!」
雛苺の残骸からローザミスティカが出てきた。
「何ですかそれは?」
「これはローザミスティカといって薔薇乙女シリーズの魂のようなものだよ!
実はこのローザミスティカだけが本物で入れ物に当たる人形は本物そっくりに
作られたレプリカにすぎないんだ!まあレプリカといっても本物と同じ素材でできて
いるんだけどね!話を戻すけど新しい体を与えるためには今の体を完全に壊さないと
駄目なんだ!そうしないとローザミスティカが姿を現さないからね!
ちなみに本物の雛苺の体は厳重に保管してある。」

80 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:30:17
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

81 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:31:00
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

82 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:31:33
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

83 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:32:30
最近世の中は乱れている。特に幼児を誘拐して殺害したり性的虐待をすると
いう事件が多発。増加の一途を辿っている。このまま放置して入れば被害者
は増加してしまう。何とか手を打たなければならない。幼児を対象としている
犯罪者は主に「ロリコン」と呼ばれている人種である。そこで私は考えた。
「ロリコン」という人種の欲望のはけ口を作ってやればいいと・・
自己紹介は遅れたが私は水面下で結成された「幼児犯罪撲滅委員会」の
一員である。私は某学園の生徒会の「隠密」と同様の活動をするため
私は名前を明かすことは出来ない。私の事は通称Aと読んで欲しい。
まず私の仕事は秘密裏に誰が「ロリコン」かを調べ上げさらにその中から
犯罪者予備軍をリストアップする事である。そしてリストアップした中で
危険な順でその者の家に「雛苺」を送る。
「雛苺」とはローゼンメイデンの第6ドールでとても幼くかわいらしい
姿をしていてまるで人間のような人形である。この「雛苺」を
犯罪者予備軍の「B」に送り好きなように使わせ幼児犯罪に対する欲望の
はけ口にするのが狙いである。
「ねぇ〜!A!雛をどこに送ってくれるのなの〜!」
「君と良く遊んでくれるお兄ちゃんのとこだよ!」
「楽しみなの〜!」
私通称Aは雛苺の入った鞄を幼児犯罪者予備軍のロリコンBに送った。
私はこの日のためにわざと雛苺のぜんまいを巻かず動かないようにしている。
遂に雛苺はBの元に届いた。
「なんだろう?この鞄は!開けてみよう!
うぉ!幼女が入っている!萌え〜〜!!」
ロリコンのBは早速予想通りの反応を示す。
「何だこの説明書は『まきますか?まきませんか?』意味がわからねぇ!
オレの衝動を抑えるのが先だ!すげえリアルな幼女人形だ!脱がしてえ!」
何とBはネジを巻かずに雛苺の服を脱がしB本人も服を脱ぎ
まだ動いていない雛苺を抱き・・
「ふん!ふん!ふん!キターー!!」
雛苺の顔に精液をかけた。
「はぁはぁ!幼女の顔に精液をかけるというのはたまらねぇ!
今度はペニスを挿入するか!うん!?穴がないぞ!
しょうがねえ!ドリルで股間を掘るか」
キィィーーンキィィーーン
Bは雛苺の股間をドリルで堀り始めた。もちろん雛苺自身は自分に傷を
つけられているということは知る由もなかった。
キィィーーンキィィーーン
「へへへっ!開いたぜ!」
遂に雛苺の股間に穴が開いた。そして・・
「まさか人形におまんまんを作ってやるとはな!いくぜ!」
Bは雛苺の股間の穴にピストン運動をして中だしをする。
「フーーー!すっきりした。今日は寝るか!」
Bはこのまま眠ってしまった。そして次の日・・
起床して速攻で雛苺を洗い服を元通り着させた。
「飾っておくには元通り服を着させないとね!この子雛苺って言ったけ!
顔もかわいいけど服もかわいくてホントも萌え萌えだぜ!
そういえば説明書で何か書いてあったけ!」
Bは説明書をよく読み取りあえず「まきます」を選び説明書通り
ネジをまいた。
ギギギ・・・雛苺が目覚め動き始めた。
「雛のぜんまいをまいてくれたのお兄ちゃんなの〜!」
「うおー!雛苺が動いた!しゃべった!」
Bは雛苺が生きている人形と知って驚愕した。
「自己紹介するの〜!雛はローゼンメイデン第6ドール雛苺なの〜!
よろしくなの〜!」
「俺はBよろしく!お兄ちゃんは君みたいな子は大好きだよ!遊んであげる」
その言葉を聞いて雛苺はBの背中に飛びついた。
「わーい!B登り!B登り!」
雛苺は無邪気にもBの顔を登り始める。
「遊んであげるとは言ったけど俺の顔に登っちゃダメだよ!」

84 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:36:35
最近世の中は乱れている。特に幼児を誘拐して殺害したり性的虐待をすると
いう事件が多発。増加の一途を辿っている。このまま放置して入れば被害者
は増加してしまう。何とか手を打たなければならない。幼児を対象としている
犯罪者は主に「ロリコン」と呼ばれている人種である。そこで私は考えた。
「ロリコン」という人種の欲望のはけ口を作ってやればいいと・・
自己紹介は遅れたが私は水面下で結成された「幼児犯罪撲滅委員会」の
一員である。私は某学園の生徒会の「隠密」と同様の活動をするため
私は名前を明かすことは出来ない。私の事は通称Aと読んで欲しい。
まず私の仕事は秘密裏に誰が「ロリコン」かを調べ上げさらにその中から
犯罪者予備軍をリストアップする事である。そしてリストアップした中で
危険な順でその者の家に「雛苺」を送る。
「雛苺」とはローゼンメイデンの第6ドールでとても幼くかわいらしい
姿をしていてまるで人間のような人形である。この「雛苺」を
犯罪者予備軍の「B」に送り好きなように使わせ幼児犯罪に対する欲望の
はけ口にするのが狙いである。
「ねぇ〜!A!雛をどこに送ってくれるのなの〜!」
「君と良く遊んでくれるお兄ちゃんのとこだよ!」
「楽しみなの〜!」
私通称Aは雛苺の入った鞄を幼児犯罪者予備軍のロリコンBに送った。
私はこの日のためにわざと雛苺のぜんまいを巻かず動かないようにしている。
遂に雛苺はBの元に届いた。
「なんだろう?この鞄は!開けてみよう!
うぉ!幼女が入っている!萌え〜〜!!」
ロリコンのBは早速予想通りの反応を示す。
「何だこの説明書は『まきますか?まきませんか?』意味がわからねぇ!
オレの衝動を抑えるのが先だ!すげえリアルな幼女人形だ!脱がしてえ!」
何とBはネジを巻かずに雛苺の服を脱がしB本人も服を脱ぎ
まだ動いていない雛苺を抱き・・
「ふん!ふん!ふん!キターー!!」
雛苺の顔に精液をかけた。
「はぁはぁ!幼女の顔に精液をかけるというのはたまらねぇ!
今度はペニスを挿入するか!うん!?穴がないぞ!
しょうがねえ!ドリルで股間を掘るか」
キィィーーンキィィーーン
Bは雛苺の股間をドリルで堀り始めた。もちろん雛苺自身は自分に傷を
つけられているということは知る由もなかった。
キィィーーンキィィーーン
「へへへっ!開いたぜ!」
遂に雛苺の股間に穴が開いた。そして・・
「まさか人形におまんまんを作ってやるとはな!いくぜ!」
Bは雛苺の股間の穴にピストン運動をして中だしをする。
「フーーー!すっきりした。今日は寝るか!」
Bはこのまま眠ってしまった。そして次の日・・
起床して速攻で雛苺を洗い服を元通り着させた。
「飾っておくには元通り服を着させないとね!この子雛苺って言ったけ!
顔もかわいいけど服もかわいくてホントも萌え萌えだぜ!
そういえば説明書で何か書いてあったけ!」
Bは説明書をよく読み取りあえず「まきます」を選び説明書通り
ネジをまいた。
ギギギ・・・雛苺が目覚め動き始めた。
「雛のぜんまいをまいてくれたのお兄ちゃんなの〜!」
「うおー!雛苺が動いた!しゃべった!」
Bは雛苺が生きている人形と知って驚愕した。
「自己紹介するの〜!雛はローゼンメイデン第6ドール雛苺なの〜!
よろしくなの〜!」
「俺はBよろしく!お兄ちゃんは君みたいな子は大好きだよ!遊んであげる」
その言葉を聞いて雛苺はBの背中に飛びついた。
「わーい!B登り!B登り!」
雛苺は無邪気にもBの顔を登り始める。
「遊んであげるとは言ったけど俺の顔に登っちゃダメだよ!」

85 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:37:46
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位授与機構長 草野 忠義連合副会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位授与機構長 草野 忠義連合副会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位
授与機構長 草野 忠義連合副会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位授与機構長 草野 忠義連合副会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位授与機構長 草野 忠義連合副会長
上島 一泰社団法人日本青年会議所会頭 牛尾 治朗ウシオ電機会長 大宅 映子ジャーナリスト
梶田 叡一京都ノートルダム女子大学学長 勝田 吉太郎鈴鹿国際大学学長・京都大学名誉教授
金子 郁容慶應義塾幼稚舎長 河合 隼雄国際日本文化研究センター所長
河上 亮一川越市立城南中学校教諭 木村  孟大学評価・学位授与機構長 草野 忠義連合副会長

86 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:40:23
皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
Posted by 糞人形虐待・虐殺推進委員会 at 2006年11月07日 13:34
難燃性素材にアスベストを織り込んだ特殊繊維製のオムツに船舶用高粘度B重油を滴り落ちるほど
滲み込ませて、ドレスをビリビリに引き裂いて素っ裸にしたクソ雛苺に装着。
燃焼途中で脱落せぬよう鋼鉄製の超細型コイルにてしっかりと固定しガスバーナーで点火。
JR渋谷駅前にて拘禁を解き明治通りを走らせる。

オムツから不気味なオレンジ色の炎をメラメラ燃え上がらせ、激しい黒煙を振りまきながら短い足で
全力疾走するクソ雛苺。
「ああああ熱いのおおおおおおおおおお〜」と白目を剥いて叫びながら、
「雛、なんにも悪いことしてないの〜」
と、完全に誤った自己認識に基く主張を行なって恥じることのないクソ雛苺の醜悪な姿。

ゲラゲラ哂いながら携帯を向ける女子高生。クソ雛苺に向い指を指して子供を諭す若い母親。
空缶やペットボトルを投げつけるDQN中学生。更には「売国人形」を轢き潰そうと迫る街宣車。

尻に火の点いたクソ雛苺、表参道方面へ向かって走る、走る、走る。
なるほど弱いだけのことはある。逃げ足だけは天下無敵だ。
自らを励まそうとしてか或いはオムツの燃える熱さに耐えようとしてか、無意識に
「あいとっ、あいとっ」と泣きながら自らに掛け声をかけるクソ雛苺の姿は実に陳腐だ。

ところでクソ雛苺をはじめドールの体組織は堅固とは言い難い。
それ故オムツを装着されていた臀部付近が竹下通りに差し掛かった折に崩壊してしまう。
高熱と高速運動の負荷に耐えられなかったのだ。

脚を失い、松明(たいまつ)の如く燃えるオムツを回転させながらクレープ屋の前を転げまわる
クソ雛苺。
それでも一生懸命「あいとっ、あいとっ」
修学旅行の中学生に蹴飛ばされても「あいとっ、あいとっ」
佐川急便に轢き潰され、ぺしゃんこにされても「あいとっ、あいとっ」

雛ちゃんほんとに強情だねえ。
だから苛められるんだよ。

87 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:42:03
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。



88 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:42:55
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」

89 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:43:35
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。
「…ちゃ!!ぁ…あぁぁあ!!!」
毛は剥げ落ち、次第に見事な禿げ頭が姿を現し始めた。
尚も疼くのか、糞苺は足で何度も地面を蹴り、痙攣した様に身体を揺する。
そんな暴れる糞苺の腕を掴み、そのまま風呂へ放り込む 。
うるしの原液とガラス繊維の粉末を混ぜて沸かした風呂へ。
頭から放り込んでやると、 たちまち全身に湿疹を起こし、糞苺は絶叫した。
「ああああ!!!ああああああああ!!!!」
顔を蒼白させ、湯槽から飛び出ようとする。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
「ぁ…ぉご…ぁあ」
糞苺の頭に数百匹のシラミを放つ。
シラミが頭皮と毛髪を食い荒らし、かゆみと痛みでのたうち回る糞苺。
必死に両手で頭を掻き毟るため髪の毛が抜け、
頭皮がぼろぼろと落ちるので、見るからに汚らしい。

90 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:44:07
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

91 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:45:31
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。

92 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:47:00
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。

93 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:47:31
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。

94 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:49:18
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。            
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。       
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。              
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。      
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。            
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。   
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。


95 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:49:58
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。

96 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:51:15
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。            
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。       
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。              
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。      
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。            
可能な限り長い時間踊らせて、罪を償わせなければならないからだ。己の存在自体の罪を。   
泣き叫んで激しく抵抗するクソ雛苺に無理やり鉛の靴を履かせて大き目の空の水槽に入れてやる。
足を固定されて動けぬまま手をバタバタさせて暴れるクソ雛苺の憎々しい姿。
全能の神に祈りを捧げてから、水槽に希硫酸をゆっくり、ゆっくり、ゆ〜っくりと注ぎ込む。
ちなみに、首から上まで注いではいけない。また、決して濃硫酸を用いてはならない。

97 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:51:56
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

98 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:52:32
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。

99 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:53:09
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。
殴る度に、頬や鼻梁が陥没して、糞苺の形相はみるみるうちに愛らしい人形のものでは無くなった。
産毛しか残っていない頭に、短い手足。均整を完全に欠いた顔。湿疹だらけの身体。
数十分後には、糞苺は前衛作家の作った悪趣味なオブジェさながらの凶々しい姿に変貌していた。
余りに煩いので、その醜悪な顔を傍らにあった鉄パイプで殴り付け、浴槽へ押し込む。

100 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:53:50
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

101 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:55:29
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                     

102 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:56:10
Bは雛苺の左腕のつけ根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ハハハ!こりゃいい!本物の幼女じゃこういう遊びができないからな!人形だからできる遊びに切り替えるぜ!」
「痛いの!痛いの!痛いの!腕が取れちゃうなの〜!」
なんとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!
雛もうおもて歩けないの〜!」
股間に穴を開けられた時とは違いごまかしが利かなくなり泣き叫ぶ雛苺。
「おもて歩けない?本当に歩けなくしてやろう!」
雛苺の言葉聞き再び虐待魂に火がついたB。
「まさか雛のあんよを取っちゃうの!?もうこれ以上雛を傷つけないでなの〜!やめてなの!やめてなのぉぉ!」
Bの言うとおりにしていても傷つけられる事を理解した雛苺は走って逃げ出そうとするが足が短いので
バランスを崩してころんでしまう。そしてころんだ雛苺に近づいて来るBであった。
「雛ちゃん!そんな短い足走るのに不便だろう?かわいそうだから取り除いてあげよう!」
そういうとBは雛苺を縄で縛りつけ左足の付け根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ぎゃぁぁぁぁ!痛いの!痛いの!痛いの!雛のあんよを取らないでなのぉぉ!」
自分の足を取られまいと必死に涙で訴える雛苺。
「雛ちゃん!負けたよ!足を取るのはやめてあげるよ!」
「B!本当!?」
足を取られないで喜ぶ雛苺!しかし・・
カンカン!カンカン!カンカン!
「ぎゃぁぁぁぁ!やめてなのぉぉ!!潰れちゃうのぉぉ!」
Bに金槌で両足を打たれ潰されてしまった雛苺。
「うわ〜ん!雛のあんよが・・・もう歩けないの・・」
「ハハハ!雛ちゃんの希望通り足を取るのはやめてあげたよ。本当は君の足が中途半端で頑丈でペンチで
切れなかったからね!もうこれで足は修理不可能だ!切り取られたほうがまだ元に戻れる可能性があったのに!
雛ちゃん!恨むなら俺じゃなくて中途半端に頑丈だった自分の足を恨みなよ!
Bに左腕をもがれ両足を潰され胴体に頭と右腕だけという奇妙な姿になってしまった雛苺
「もう雛歩けないのぉ!○○○登りもできないのぉ!」
好きな○○○登りができなくて嘆く雛苺!しかし一瞬だけであるが笑みが戻った!
「雛ジャンクになっちゃたけど好きなお絵かきはできるの〜!
B!今までのお返しなの〜!Bのおうち全部を雛の落書き帳にするの〜!」
雛苺はたまたま近くにあったクレヨンを右手に持ち芋虫のように体をくねくね動かしBの家中の物に落書きを始めた。
雛苺のこの行動は私にとって計算外である!人の家に迷惑をかけるために雛苺を送ったわけではないからだ!
「おい雛!俺が盗撮した○○ちゃんの写真まで落書きするな!完全にジャンクにするぞ!」
当然Bは雛苺の落書きを止めに入る。Bにとって大事な写真が落書きされているのだから。
「右腕だけ残してしまったのは俺の判断ミスだった!芋虫にしてやる!」
「そうはさせないのぉぉ〜〜〜!!!」
遅いかかるBにとっさにクレヨンの破片を投げる雛苺

103 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:56:53
「うぎゃ〜!!目が!!」
雛苺が投げたクレヨンの破片がBの右目に突き刺さった!
「右目が!右目が!痛てぇぇ〜!だんだんぼやけてくる!」
Bが危機だ!私が想定していた事と180度違う事態になってしまった!
本来薔薇乙女は人間を幸せにすることである。ロリコンのはけ口が目的でも決して例外ではない!
犯罪者予備軍であるBはロリコンでどうしようもない人間であるがそれさえ取り除けば
色々な可能性秘めている人間であり明るい未来が待っているかもしれない!
この私幼児犯罪撲滅委員会の隠密調査員であるAはBを救うために飛び出す決心をした!
本来なら観察だけしかしないが・・・・
私は今まで隠れて観察していたが失明の危機に陥ったBを救うため飛び出した!
「君!大丈夫か?」
「誰ですか?あんた!?」
Bは私が飛び出して来た事で困惑していた。
「説明は後だ!B!目薬だ!早く点眼しないと失明するぞ!」
「俺のを助けてくれるんですか!?ありがとうございます!」
私はBに特製の目薬を渡して点眼させた。すぐには治らないが失明は免れた。
「Aなの?よくも雛を騙したなの〜!おかげでジャンクになってしまったなの〜!
 早く雛を元通りに直してなの〜!」
バカかこいつは?ちっとも自分の使命がわかっていないようだ!
罰として雛苺を蹴る事にした。
「い・痛いの〜!A!雛は悪くないの〜!悪いのはBなの〜!Bのおめめが
そんなふうになったのは雛にひどい事をしたからなの〜!」
「雛苺!君の使命は人間を幸せにする事ってお父様によく言われていたよね!
それはロリコンの犯罪者予備軍でも決して例外ではないんだよ!」
「犯罪者予備軍って!?何で俺の本性がを知っているんですか?」
私は雛苺に使命について諭していたらBは「犯罪者予備軍」って言葉に反応したようである。
どうやら彼は自分が「犯罪者予備軍」に入っている自覚はあったようだ。
「B!よく聞いて欲しい!君はロリコンではあるがもう『犯罪者予備軍』では
なくなっている。その顔を見れば分かる!雛苺に性的虐待を行った事で満足しているんだろ!」
私はBに問いかける。Bは本音で答え始めた。
「ええあなたの言う通りです。実は3日後に○○ちゃんを誘拐して性的ないたずらしようと思っていたんです。
そう思っていたら突然この雛苺を送られてきたのです!おかげで俺が望む性的ないたずらが飽きるまで
できたんです!満足しました!だから途中で壊す遊びに切り替えたのです!いたずらの課程で中途半端に
壊しちゃったから壊す遊びで完全に壊そうと思ったんです!目に怪我を負わされたのは残念ですが
○○ちゃんの誘拐を踏みとどまる事ができました。その事は感謝しています!雛苺を送ったのは
Aさん!あなたですよね!」
「ああ!その通りだ!」
私の思った通りだった!彼は幼女に性的ないたずらができ満足していた!
だから壊す遊びに切り替えたんだ!冷静に考えたら中途半端に壊れた人形なんて必要はない!
例え普通の人間でも中途半端に壊れた人形だったら遊びながら壊したくなるだろう...
「雛苺!聞いたか!取りあえずBの望みを叶えた事だけは褒めてやる!
だが君は重大な罪を犯した!分かっているよね?」
「そんな雛は何も悪くないの!悪いのはBなの〜!」
やはり分かっていなかったか!この強情でわがままな幼女人形が!
「君のやった事は重罪だよ!もし私がいなかったらBは失明しいくつかの可能性そして
未来を奪っていたんだよ!薔薇乙女は人間を幸せにする事がなんぼ。君のお父様の望み!
Bの目に怪我を負わした事はお父様の望みとは反している事なんだよ!
君のお父様はさぞお怒りだろうね!」

104 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:58:35
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

105 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 16:59:42
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

106 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:00:23
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

107 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:01:40
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

108 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:02:39
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

109 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:03:10
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                     

102 :名無しになりきれ :2006/12/11(月) 16:56:10
Bは雛苺の左腕のつけ根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ハハハ!こりゃいい!本物の幼女じゃこういう遊びができないからな!人形だからできる遊びに切り替えるぜ!」
「痛いの!痛いの!痛いの!腕が取れちゃうなの〜!」
なんとBは雛苺を壊そうとしていた。性的な事に飽きたBは雛苺に対し「お人形遊び」をしだしたのだ!
「さあ俺を楽しましてくれよ!」
「B!これ以上やったら腕がちぎれちゃうの〜!痛いからやめて欲しいの〜!」
Bに左腕のつけ根を力まかせにペンチのような物で挟み出されそれをやめるように涙で訴える雛苺。
「泣いたって無駄だよ!あきらめなよ!」
「ぎゃあああ!取れちゃうの〜!」
ぶちっ!遂に雛苺の左腕がちぎれてしまった!
「うわ〜ん!もう雛完全にジャンクなの〜!もう服を着てもごまかせないの〜!
雛もうおもて歩けないの〜!」
股間に穴を開けられた時とは違いごまかしが利かなくなり泣き叫ぶ雛苺。
「おもて歩けない?本当に歩けなくしてやろう!」
雛苺の言葉聞き再び虐待魂に火がついたB。
「まさか雛のあんよを取っちゃうの!?もうこれ以上雛を傷つけないでなの〜!やめてなの!やめてなのぉぉ!」
Bの言うとおりにしていても傷つけられる事を理解した雛苺は走って逃げ出そうとするが足が短いので
バランスを崩してころんでしまう。そしてころんだ雛苺に近づいて来るBであった。
「雛ちゃん!そんな短い足走るのに不便だろう?かわいそうだから取り除いてあげよう!」
そういうとBは雛苺を縄で縛りつけ左足の付け根を力任せにペンチのような物で挟み出した。
「ぎゃぁぁぁぁ!痛いの!痛いの!痛いの!雛のあんよを取らないでなのぉぉ!」
自分の足を取られまいと必死に涙で訴える雛苺。
「雛ちゃん!負けたよ!足を取るのはやめてあげるよ!」
「B!本当!?」
足を取られないで喜ぶ雛苺!しかし・・
カンカン!カンカン!カンカン!
「ぎゃぁぁぁぁ!やめてなのぉぉ!!潰れちゃうのぉぉ!」
Bに金槌で両足を打たれ潰されてしまった雛苺。
「うわ〜ん!雛のあんよが・・・もう歩けないの・・」
「ハハハ!雛ちゃんの希望通り足を取るのはやめてあげたよ。本当は君の足が中途半端で頑丈でペンチで
切れなかったからね!もうこれで足は修理不可能だ!切り取られたほうがまだ元に戻れる可能性があったのに!
雛ちゃん!恨むなら俺じゃなくて中途半端に頑丈だった自分の足を恨みなよ!
Bに左腕をもがれ両足を潰され胴体に頭と右腕だけという奇妙な姿になってしまった雛苺
「もう雛歩けないのぉ!○○○登りもできないのぉ!」
好きな○○○登りができなくて嘆く雛苺!しかし一瞬だけであるが笑みが戻った!
「雛ジャンクになっちゃたけど好きなお絵かきはできるの〜!
B!今までのお返しなの〜!Bのおうち全部を雛の落書き帳にするの〜!」
雛苺はたまたま近くにあったクレヨンを右手に持ち芋虫のように体をくねくね動かしBの家中の物に落書きを始めた。
雛苺のこの行動は私にとって計算外である!人の家に迷惑をかけるために雛苺を送ったわけではないからだ!
「おい雛!俺が盗撮した○○ちゃんの写真まで落書きするな!完全にジャンクにするぞ!」
当然Bは雛苺の落書きを止めに入る。Bにとって大事な写真が落書きされているのだから。
「右腕だけ残してしまったのは俺の判断ミスだった!芋虫にしてやる!」
「そうはさせないのぉぉ〜〜〜!!!」
遅いかかるBにとっさにクレヨンの破片を投げる雛苺

110 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:03:48
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。              
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。                      
鞄への落書きを翠星石に叱られ、一生懸命ちっちゃなお手々でふきふきしているクソ雛苺の後ろから   
ドラム缶一本分の火のついたコールタールをかけてやりたい。             

111 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:04:24
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

112 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:05:02
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

113 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:05:36
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

114 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:06:39
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

115 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:07:24
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

116 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:08:03
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

117 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:08:37
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

118 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:09:33
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

119 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:10:10
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

120 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:11:08
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

121 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:43:57
dd

122 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 17:54:28
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1165736493/
こっちのスレもよろしく

123 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:14:15
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく

124 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:17:42
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく

125 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:18:37
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

126 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:19:32
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

127 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:20:30
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

128 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:21:28
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく

129 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:22:15
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

130 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:23:13
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

131 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:23:56
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

132 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:25:01
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

133 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:26:07
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

134 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:26:59
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

135 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:27:34
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく
こっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしくこっちのスレもよろしく

136 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:28:31
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

137 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:30:25
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

138 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:31:26
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

139 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:33:28
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

140 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:35:49
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。

141 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:36:40
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。

142 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:37:53
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

143 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:38:59
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

144 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:39:38
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

145 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:40:10
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

146 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 18:41:03
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

147 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:29:49
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

148 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:33:19
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

149 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:33:50
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

150 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:34:29
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

151 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:35:11
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

152 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:35:49
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

153 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:36:41
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

154 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:37:39
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

155 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:38:31
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

156 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:39:08
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

157 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:39:45
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

158 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:40:14
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

159 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:40:49
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

160 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:41:27
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

161 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:42:33
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

162 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:43:22
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
と、我侭な自己主張をガラス窓が振動するほどの大声で吠え続けるクソ雛苺。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。
その間に於いてもクソ雛苺の強情かつ理不尽な要求は一瞬たりとも止む事はなかった。
強制固定器具を外してくれた研磨技師に対しても感謝の言葉さえない。
自らが存在する事の誤りを真摯に謝罪し、赦しを乞う事の必要性に気付こうとさえしない。
ただひたすら己の筋の通らぬ要求のみを繰り返すクソ雛苺の許されざる醜悪な姿。
極めてゆっくりと研磨した為一週間程度を要したが、クソ雛苺の頭部は見事な半月形に。

163 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:43:55
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ
 ,',i><iヽ|l |#:;)々。#)´(    )               (    ) 
 {{~(,;,#,"ヾ);U.."`.゚    |  |  |               | | |
.,.{{と,;ノc_}.;,.. [ ̄].;: (_(_)              (_(__)
  ,‘⊂;:゚∵⊃,;゙"
    ぎゃはははは!!!「ア゙ン゙マ゙ー!!!」だってよ!!!
              (⌒∧_∧          ,//∧_∧  ひゃははは!!
           バキィ!ヽ( ´∀`)  :(⌒ミ(  //(´∀` ) もっとめちゃくちゃにしてやるぜ!
            バキィ!!ヽ  l| |l(:;;:( ドガァ!!///ヽ、  _`ヽゴスッ!!
           ('⌒;ヾ / '/ li| l!グシャァ!!\从从///'ミ_/ヽドゴッ!!
            (⌒)y'⌒;ヾ从从(,i><i⌒)⌒`つ,;(´(´⌒;"'ボキボキボキッ
           (´⌒ー-   ;:.|/((ノ。リノ))::;w 彡(:::゜`)。(;;;)、⌒从;;ノ・`⌒);
         (´;⌒(´⌒;;' ~ヽと;;;; #;;々゚、ミ,,:,,;;;ヽ/ノ:#`""^ヾ⌒));
 ̄ ̄(´⌒;,( ,(゙゙゙'゛""゙゙)゙'';"(´⌒;,(´,(´⌒;) あ"んま"あぁぁぁぁっぁぁぁう"ぅぁぁああぅぉ"ぇぇぇ!!!!
⊂;:;∴::・;:;:;:;∴::;;,::⊃          

 ウー・・・ウー・・・  .  ∧_∧ そのまま死ね     ∧_∧ ごみと同じ運命を
     ,;;ハ,;,、, .. ペッ(∀`  )              (´∀` ) たどればいいさ

164 :名無しになりきれ:2006/12/11(月) 19:44:27
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ
(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ(* 々`ノ

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>100 シルマリルの物語(エルフ) /test/read.cgi/charaneta2/1165695451/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)