5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

みぅせぃえ〜みぅせぃえ〜

1 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/12(金) 20:59:39
みぅせぃえ〜

2 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/12(金) 21:01:39
>>1は、どういうエッチが好きなのかな? 俺はね、男の子が感じてるところを
見てイクのが好きなんだ。だから、>>1に俺のオチンチンを指でシュッシュッされてみたい。
>>1は、オチンチンを触るのが好きかな。感じるかな。気持ちいいよ。
握った手を上下に動かすんだ。シュッシュッてね。亀さんの頭が見え隠れするように、速く動かすんだ。
分かる?……。やってみないと分からない。じゃあ、やらせてあげるよ。
1回いくだけじゃ、満足できなければ、2回でも、3回でも、>>1がしあわせって
感じるまで、やらせてあげる。だって、エッチな男の子、大好きだから……。
>>1は、フェラは好きかな。もし、好きならやらせてあげようかな。舌で包み込むように、
ニコニコしながら、ペロペロして! そうされると、俺はすごくしあわせ。
アナルに入れるときはどんなのがいいかな。できれば、生がいいな。ダメなら、ちゃんとつけるよ。
ゆっくり、ゆっくり、入れるんだ。>>1のおつゆは、いっぱい出る? おつゆが
いっぱいだと、気持ちいいんだ。ゆっくり、ゆっくり、入れると、じゃわーと、感じるよ。
>>1が、あ〜ん、って声を上げるんだ。いいよね。あの声。男の子の感じる声って、最高!
大好きな彼氏とこんなふうにしてみたい。>>1、俺の彼氏になって!
きっと、しあわせにしてあげる。エッチフレンドでもいいよ。メル友でも我慢する。
なんでもいいから、>>1とおつきあいした〜い。ひとりエッチを助けてくれるだけでも満足します。
変態ではありません。自分の素直な気持ちです。>>1もエッチ、俺もエッチ、同じだよ。
エッチに正直な男の子が大好きです。プロポーズのお返事待ってます。

3 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/12(金) 21:58:00
みぅせぃえ〜
彼は行った
みぅせぃえ〜
振り向きもせずに
みぅせぃえ〜
彼は行ってしまった
みぅせぃえ〜
彼は知ったのだ
みぅせぃえ〜
かの地に兆しがいる事を
みぅせぃえ〜
私が止めるのも聞かずに
みぅせぃえ〜
彼は行ってしまった
みぅせぃえ〜
そして彼は
みぅせぃえ〜
きざしとなった
みぅせぃえ〜

4 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/25(木) 21:27:46
(エアグルーヴの2004について−関口氏談)
あの馬からは凄いオーラが出ていますよ。
(生産したノーザンファームの)吉田勝己さんが「半分売ってくれ」というので
「3、4年先ならね」と答えておいたんです。そうしたら困っていましたよ。
その頃には種馬になって価値も上がっているだろうからね。
将来の夢?ゆくゆくは英国ダービーも狙ってみたいし、やりたいことは尽きません。

5 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/27(土) 20:31:56
te

6 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/05/28(日) 00:56:58
              /|
         , -t ― //-、          lニl |ニ| 仝立  ├ ___レ
        ,イ,..、{   //  \         l_」 | 」 坐見 ⊥ ノ |\
       l 心_ j/∠_   _}
   ―=ニ二{__ノ,ン_,) ) _})            曇りのない鏡の如く
       ト= ,>‐-┬'" fl  ̄l`ー 、   _A_    静かに湛えた水の如き心
          ^-ヘ.:.:.:.:.::|  |l   |   }/ |   |\
        \ヽ、.:.:\_」l   |  / /  ̄ ̄\/l
       r== >、ヽ.:.:.:.::V  /  l/       ヽl> お前は見抜けないのか
       ヽ ヽ、>一' /__.... -‐、/  ー- ..__  ||
       /l ヘ  Vv-、⊃'                 || 怒りは人間から冷静な心を奪い去る
     /ヽニミr-<⌒ヽ′              /
.   //_l∠_...-^ー-'`‐'′                /  それは敵に多くの隙を与えてしまうことになるのだ
  /: : ://                ,  -一' ./
 /l: : ://              /      {  
 |_|: : l l             /

7 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/01(木) 19:40:50
私は大学進学のため、鹿児島から京都へ住まいを移した。
マンションの駐車場横には墓地があったが、特に気にはしなかった。
1年後の夏。
学生生活にも慣れ、夏休みを利用して鹿児島に帰省することにした。
自分の部屋を出るときに違和感を感じたことを覚えている。
が、時間のこともあり、さっさと部屋を後にした。
ふたつきではあったが実家では幸せなひと時をすごせた。
が、そのあと訪れる恐怖を誰が予測できただろう。

夕方にマンションに着き、墓地がオレンジ色に染まっている。
部屋前につく。
鍵をあけ部屋へ入る。
その瞬間、身も凍える冷たい空気が私の周りを漂った。
雰囲気が違う。なんなんだ!
耳をすますと微かだが
ゴォォ
と音が聞こえる。
恐る恐る部屋の中に入ると、そこには。。。。。

つけっぱなしのクーラーが全力で頑張っていた。
本気で泣いた。

8 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/03(土) 14:36:24
深夜、自動車で山道を走っていたところ、一瞬小さな女の子とすれ違ったような気がした。
気になったが、「まさかこんな時間に小さな女の子がこんな場所を歩いているわけがない」と思い直した。
しばらく走っていると、前方に男が立ちはだかって両手を振っていたので車を止めた。
「どうしましました?」
「子供が行方不明になってしまって」
「もしかして、女の子ですか?」
「そうです!見たんですか?」
「ええ、さっき向こうのほうで。よかったら一緒に探しにいきましょうか?」
「いえ、自分一人でいきます。ありがとうございました」
次の日、山の中で小さな女の子の惨殺死体が発見されたというニュースを聞いた。

9 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/03(土) 23:29:03
へー

10 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/06(火) 03:14:05
とても幸せだった…
それが日常であることをぼくは、ときどき忘れてしまうほどだった。
そして、ふと感謝する。
ありがとう、と。
こんな幸せな日常に。
水たまりをかけぬけ、その跳ねた泥がズボンのすそに付くことだって、それは幸せの小さなかけらだった。
永遠に続くと思ってた。
ずっとぼくは水たまりで跳ね回っていられるのだと思ってた。
幸せのかけらを集めていられるのだと思ってた。
でも壊れるのは一瞬だった。
永遠なんて、なかったんだ。
知らなかった。
そんな、悲しいことをぼくは知らなかった。
知らなかったんだ…。
「えいえんは、あるよ」
彼女は言った。
「ここにあるよ」
確かに、彼女はそう言った。
永遠のある場所。
…そこにいま、ぼくは立っていた。

11 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/12(月) 02:15:03
カウンターに75玉渡してソバを食ってる小さな家族がいた。
それも、ソバ以外特別具の無い「素のソバ」

子供二人が2/3食べると
残りの1/3を年老いた母親が大切そうに食べていた。

年老いた母親は左足を負傷しているらしく
杖の代わりにスキーのステッキ片手に店を出て行った。

そんな母親が一言こう残した...
「ココのソバ、とってもおいしいね〜っ。」

店員は、膝から崩れ落ち、10分間立ち直る事は無かった。

店員:「申し訳無い!僕には何も出来ないけど、せめてこれだけは...」と

スナック菓子を年老いた母親に手渡す。

母親:「申し訳無いね〜っ。あんた良い人だね〜っ。」と一粒の涙を流す。

店の自動ドアを抜け、青信号の横断歩道右側を
足を引きずりながら歩いていると
大きな爆音と共に暴走トラックが突き抜けて行く。

トラック運転手はアルコール浸り。

真っ赤に染まった横断歩道を前に再び、ひざまずく店員がそこには居た。

俺は、こんな事をする為に産まれて来たんじゃない!

12 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/06/28(水) 02:59:48
中古だから何?非処女だとイヤ?甘ったれないで。
別にいいじゃない。
ほっちゃんが非処女だってさ。
身体的には処女膜が破損してるだけの話だし、つーか、生まれつきない女だっているよ。
経験で言えば、男と唇貪りあって舌を絡めて口内を舐め合って、
ブラを外されて、パンツをズリ下ろされて、裸体を晒して、首筋にいやらしいキスをされて、
乳房を揉まれて乳首を舌で転がされて、たまに軽く噛まれたりして、
体中を触られて舐められて揉みしだかれて、お尻なんか特に念入りに愛撫されて、
女性器を直に見られて恥ずかしい臭いを嗅がれて、指で優しく撫でられたり時には大胆に広げられたり
もちろん舌を入れられて丹念に舐められたりクリトリスを舌で突つかれたりして、ビクっとかして、
怒張した男性器を直で見て「大きいね」とか「わ…なんか固いよ」とか「興奮してる?」とか
あのウィスパーボイスでつぶやくんだけど、それを聞けるのは相手の男だけでさ、
で、さらに言うと、その怒張した男性器を最初は軽く舌で舐めてキスして指で優しくつかんで
いよいよ口に咥えて何回も何回も何回も何回も何回も擦って唾液とガマン汁でベチョベチョになった
男性器を恍惚の表情で凝視して、もちろんその怒張した男性器はほっちゃんの膣内に挿入されて
何回も何回も何回も何回も何回も擦れ合うのはもちろんのこと、その時、男の逞しい二の腕は
しっかりほっちゃんの体を支え、ほっちゃんは愛されてる事を実感せずにはいられなくて、うっすら眼に涙を
浮かべながら「好き、本当に好きだよ」ってあのウィスパーボイスでつぶやきながら絶頂を迎える。
安全日はもちろん中田氏。ほっちゃんの女性器にはほとばしる男の精が注ぎ込まれ、
ほっちゃんの愛液と彼の精液は混ざり合い雄と雌の臭いが部屋中に充満してほっちゃんはウットリしながら
覆い被さり一息つく彼の頭をそっと抱きしめる。これで終わりじゃないぞ。
もちろん若い二人はこれくらいで満足はしない。愚かしく互いの体を飽きることなく貪り合うんだ。
こんな時間をほっちゃんはもう何回も何回も何回も何回も何回も過ごしているけど、別にいいじゃない。
こんな事で君がほっちゃんの価値が落ちるだなんて考えてるとしたらそれ絶対間違ってるぞ。

13 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/01(土) 04:15:20
【FAQ集】
Q:そもそもオナ禁して何か得すんの?
A:男性ホルモンの異常分泌を抑えることによって、色々なメリットがあるようです。具体例としては
・肌のツヤが良くなり、つるつるになる     ・血の気が良くなる
・ニキビ、湿疹、アブラ性が改善する       ・体毛が薄くなる
・サラサラでつやのある髪になる        ・将来ハゲにくくなる
・中性的な顔になり、比較的イケメンになる  ・二重アゴにならなくなる
・外向的・積極的な性格になる          ・フェロモンが出やすくなる
・オナニーの代わりに、スポーツや仕事・勉強などに時間とエネルギーを使うことができる
・オナニー後のあの虚無感・失望感・孤独感・焦燥感に苛まれない
・精神的に自信がつく

14 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/15(土) 03:44:30
ゲーセンの帰りに女友達と飲みに行ったときにエロ話になって、そのときに
「彼氏のアレがなかなか入らない」という話になった。
俺は「そんなに大きいの?」と言うと、
「私のが狭いみたい」と返ってきた。「どれくらい?w」と冗談で聞くと
「指一本入れただけで少しきつい。ちくわくらい?」と彼女は照れながら言った。


俺はそのあと、速攻でちくわを買って来てちんこを突っ込んだ。すごく興奮した。
でもちくわはすぐ裂けた。そして「俺は何やってるんだ」と我に返って大声で泣いた。

15 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/16(日) 03:21:26
本当にごくタマにだがメチャクチャ可愛い処女の女子中学生っているよね。。。2000人に1人くらい超絶的に
可愛くてビックリさせられるホド。。。。。 そんなコの乳揉んでマンコをビショシショにさせて
パンツ脱がせて マンコ 肛門を丹念に嗅ぎ舐め賞味するのは、もう本当に最高だよ。
この世で男が感じる 最大の幸福だよ。こういうチャンスはまずないが(ロト6 一等賞当たるくらいの確率?)、
もしも遭遇できたら男冥利に尽きるよ!ホント・・・・・・・・・・・
同じ事しようとカネ積むとすれば、最低でも1回百万は下らないし、実際はいくら積んでも
絶対無理!! 本当にイイ匂いがするよ。少し残尿臭があるが(シャワーなんぞ浴びていないから)
それがまたチンポを鋼鉄にさせる。ビラの溝の微かな汚れも舐めとってやり肛門に鼻をうずめて
後背位でクンニしてカンジる時の膣 肛門の痙攣まで味わうのはもうこの世の至福ですなーーー
いやぁぁ、もうやめておきますね。思い出すだけでパンツが濡れて破れそうなくらいさ。

16 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/17(月) 02:21:08
18の時に、神社の足場を親方の奥さんと2人で組んでいたら美人の巫女さん2人が休憩しませんか?とお茶を持ってきてくれた。


当時、童貞で硬派を気取っていた俺は無言で足場(3メートル)から飛び下りたが3超ロングのニッカ服だった為、裾をひっかげて宙ぶらりんになったあげくズボンが脱げてしまい足場で顔とお腹を強打しつつ下半身丸出しで巫女さんの前に投げ出された。

落ちた時に体の側面を強く打ってしまいブッ!と屁をこきながら軽く失禁してしまった。痛くて意識が朦朧としていたがオシッコだけは止めようと思ったがチョロ…チョロチョロと垂れ流し状態に…

帰ってから泣きながらオナニーした。

あの時の巫女さんの顔が今でも忘れられない…

17 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/27(木) 02:26:28
北斗で5万負けて、店を出ようとしたら965止めの吉宗を発見。
何とか負けを少しでも取戻そうとしたら当然のごとく1850GでREG。
そして190Gでデカ太郎×切りで勝ったにもかかわらず、またREG。
その後、当然193スルー。結局4万の負債追加。
 もうあきらめて帰ろうと思いチャリに乗ろうとすると、タイヤの空気が抜かれていた。
仕方なくゆっくりぺダルをこいで帰路に着いたら、突然の豪雨。
スピードを出せないので、ずぶ濡れになりながらこいでいたら、坂道で滑ってチャリごと転んだ。
ひざを打って血が出たがどうすることも出来ず、痛みをこらえながら家にたどり着いた。
家(アパートで1人暮らし)に着いたら、窓開けっ放しで出かけていたので風雨で部屋の布団がが濡れていた。
ひざが痛いので、そのまま濡れた布団で寝た。
次の日、風邪引いた。ひざは腫れ上げって激痛。おまけにチャリに鍵をかけるの忘れて盗まれた。

一日中濡れた布団で泣いた。さらに布団が濡れた。

18 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/29(土) 01:36:13
「犯罪系稼業を除いて、人の仕事を馬鹿にする人間は
自分の仕事を誇る事が出来ないから人を見下すのではないですかね?」

(東京都在住 35歳ニート)

19 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/07/31(月) 01:04:09
アリクイってよ、1日に三万匹アリ食うんだってwww
3日で九万匹www
アリいなくなっちゃうよ!
フラミンゴって、なんで片足か知ってる?
冷えるんだってよwwww
でも、水ん中入ってるんだぜ? だったら出りゃいいじゃんww
モグラのトンネル掘るスピードは
カタツムリの進む速度の1/3だってwwww 遅いよwww
得技だろよwwそのスピードなら地上でろ地上でろ!
羊は前歯が下あごにしか生えてないんだって。
その代わり上あごの歯茎が歯より固いんだってwwww
生えればいいのにww歯が生えればいいのにww
カタツムリってすげぇんだぜ。カタツムリってよ、
−120℃でも死なないんだぜ。−120℃だぜ。
普通−120度だったら動物全滅するだろ。ただカタツムリだけは氷河期になっても生き残るんだよ。
すげぇ生命力だよな。
ただよ、−120℃になるとカタツムリのエサが無いんだってwwwwwwwwwwww
「草木が生えないから結果死にますね」だってwwwwwwww

20 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/03(木) 01:18:55
☆新世界王者誕生☆ 2006.08.02 Wednesday

亀田興毅、世界ライトフライ級チャンピオン

茅原実里、大号泣…。

今日の試合はTVにかじりついて見ていました
しかしやってくれるとは思ってたけど、19歳という若さで世界王者です。
12R戦っての判定勝ち。どっちが勝ってもおかしくない試合でした。

試合中こんなにもフラフラな彼をはじめて見た気がします。
見てるこっちもハラハラしたり、苦しくなっちゃう場面もあって、思わず私も両手を組んで必死に応援していました。

結果が出た直後、声をあげて泣き崩れる姿に感動しました。
いつも挑発的な態度や発言をして私達をゾクゾクさせてくれるけど、彼だって普通の19歳。
色んなものを犠牲にしてここまでがんばってきたはずだし、涙の裏には日々の苦しい訓練や、お父さんや家族への強い思いがあったんだろうなぁ…。

これからも応援し続けるぞっ

心からおめでとう

21 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/03(木) 01:59:47
決定後
鬼塚「いやーもう、これが本当の姿なんですよ。もうね、ほんとに家族でつかんだ、
もうお父さん、兄弟、みんなで掴んだ勝利ですよ、もうほんとに、すごい」

竹原「1ラウンドのダウンを踏ん張って、力いっぱい戦ったあかしですね」

畑山「そうですね、19の選手ががね、1ラウンドにダウンを食ってるんですよ、
12ラウンドまで持ちこたえってー、互角以上に打ち合ったってのは、やっぱすごいですね」

22 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/03(木) 23:27:01
KID「あぁ、モシモシ?」
亀田「ワイゃ、亀田やけど」
KID「えぁ?っこっ、かっ、あーチャンポンの亀田君、何か用?」
亀田「別に何や用あるわけやあらへンけどな、ワイあンたのBlog好きでなぁ、毎日見取るンゃ」
  「そいであの画像やろ、高そうな車いわしてもうてなぁ、そンで心配になってな」
KID「あ・・・あぁ、いやありがとう。・・・そのあのコメン」
亀田「子供さン送り迎えしとンのやろ?難儀なこっちゃで」
  「チャイルードシートつこうたっても、トラックとかきたら堪らンからなぁ」
  「ワイのツレにも仰山転がしとるのおるンやけどな、一般車と事故ッたらゴミみたいになるンやて、怖い話やで全く」
KID「スミマセンでしたーッ!、あのアレ、すぐ、消しますから!スミマセン!ほんとスミマセン!許し」
亀田「何いきなり謝っとるン?怖いやン、ワイ脅迫したみたいン、運転は気ぃつけなあかンて言うとるだけやのに」
KID「いや、もうそれはよく分かってますんで、ホント有難うございました、マジで、気をつけますんで今後」
  「あ、遅れてスミマセン、チャンピョン奪取おめでとうございます!」
亀田「おぉきにおぉきに、ほなアンタも頑張ってなぁオリンピック、無理やろけどw」ガチャ
KID「・・・・・・・・・」

23 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/06(日) 02:55:07
妹「時に兄さん、兄さんときたら何時も何時も陰茎を握りしめ手遊び三昧。寡しはそのような汚らしい物ではなく受験生としての自覚を持ったら如何。」
俺「否、妹。これは生けとし生きる者の定めゆえ。したい余りに任せてして居る訳では無いのだ。」
妹「何たる詭弁。他の受験生も生き物であることに変わりは無いというに。」
俺「小癪なり、妹。手慰みも受験勉強のひとつ。息抜きと云うものだ。尤も抜いているのは息ばかりではないぞ」
妹「兄さんは息抜きしかして居ないように見えるけれど。それと卑猥な冗談は顔だけにして頂戴。」
俺「これはしたり。努力とは人の目に当たらぬところで励むもの。まして一つ屋根の下に住む妹の目をこそ。」
妹「真に人目にあたらぬところでやるべき行いを妹の眼前でしておきながらその言い草こそしたり。」
俺「否、これは・・」
妹「添い人などあればそのような卑猥な行為に走らずとも済むものを」
俺「否、その様なものは受験勉強の妨げ。」
妹「ああもう沢山。この男はどこまで莫迦なのか。それなら最初から勉強一道に邁進すればいいというに」
俺「わかった。そうまで云うならおまえが添うてくれれば好い。」
妹「嗚呼。嗚呼。兄の陰茎が今高く聳え立ってゆく。そもそも兄妹で相添うなど。直ぐに一報入れるべきは警察か病院か。」
俺「俺とお前は本当の兄弟では無い。何の問題が。さあ妹よ」
妹「卑猥にすぎる。日本はどうなってしまうのか」

24 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/11(金) 12:10:11
●関西伝説

2004秋 中国大会決勝 ※4回8−0・8回表9−7から逆転負け
関西  210 500 010 =9
宇部商000 052 05X =12

2005春 ※7回表6−4から逆転負け
関西 100 101 310 =7
慶応 103 000 301 =8

2005夏 ※7回10−4から逆転負け
京西 201 001 062 =12
関西 130 141 000 =10

2006春 ※9回1死から逆転負け
早実 001 010 002 =4
関西 000 000 120 =3

2006夏 ※7回9−4から逆転負け
関西 030 010 501 =10
文星 000 022 034 =11

25 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/08/18(金) 01:11:38
15:55 9回裏開始

P勝見(この回から登板・昨年のエース)

B上羽 フォアボール
B広井 フォアボール
B橋本 スリーラン この時点で12-11
B亀田 フォアボール

P交代 勝見→杉谷(1年・中学時にP経験あり)

B松隈 デッドボール

P交代 杉谷→岡野(ショート・予選でもP経験なし)

B馬場 レフトフライ 1アウト
B青石(代打)センター前ヒット 12-12同点に

B楠本 フォアボール 1アウト満塁
B古宮 フォアボール 押し出しサヨナラ 

16:16   13-12智弁逆転勝利

26 :有為の奥山今日越えて浅き夢みじ酔ひもせず:2006/09/03(日) 13:16:14
          _,,,,,,,,,,,,,,,__
        ┌''ニ三三三三三ミミミ=、,
     ,.-┤三三三三三三ミミミミ,\
    ,/,彡l三三三三三三ミミミミミミミミ\
   /〃,彡レべキ三三三三ミミミミミミミミミヾ、
  ,//〃彡{"     ~゙''=ニ三ミミミミミミミミミミミ;;}
  レ〃三l; ,,        ~゙"''ーーー=弌ミミ三;}
  l/彡三;j , . - ' '   ,   :._,,..-―‐‐、ヾ;三j
  ,!;三;三j ,.-'''~ ̄`ヽ i  ::.,,..-―‐'' 、_!'i"
  'ヾ;三;;j ,.:-'ニ二ニ'⊥  ≡~ ̄    !i
    ヾツ ;      .:;l     i;_       !l
      l! ;!::     ':;l,_;;..  r-' ヽ、,   l !   んままあわれ
      .} ;{:::.   ,     ̄   ヽ,     |"  
      {,,.j::::;:: ::'' _,. -― ''''ユ∧   !
        ゙:, ヽ. :.弋;;;:::ニニニ‐"    /
         ,入.ヽ, 、  = = =      ,/
      _,,.:ぐi. ゙ヾ:; ゝ..         ノト、
,,,.. --::ァ'':::::::::::l#ii_ ゙ヽ:;,_    ,.-'' j#;lヽ
:::::::::::/::::::::::::::::::!####llliii~~゙""~,,,,.::iii##l::::\
::::::;/:::::::::::::::::::::::::l#################!::::::::::::ヽ、

有為の奥山今日越えて浅き夢みじ酔ひもせず ◆Pj.rsagelo

27 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/09/08(金) 01:49:03
中学生の弟のことで困っています。
ここ最近、弟は風呂上りに毎回僕の部屋にやってきます。
脱衣所でしっかり体を拭いていないせいか、
濡れたブリーフに亀頭が透けて浮き出ています。
視線を逸らしながら注意すると「やっぱ弟のでもしゃぶりたいんだ?」 
と兄をからかいはじめる始末です。
こんな調子で二三時間も居つかれては堪ったもんじゃありません。
この高見盛そっくりの弟を退治するにはどうしたらいいのでしょうか?

28 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/08(日) 00:27:18
オスカル…俺はいつか…おまえのために命をすてよう…
おまえがきょう、このおれのために命をかけてくれたように…
いつかおまえのために、アンドレはこの命をかけるぞ…

29 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/20(金) 02:54:37
依頼主「伝統ある凱旋門賞で、イエローの馬を勝たせるわけにはいかんのだ。
     おっと、失礼あなたも日本人でしたね。」

G「俺の人種をあんたがどのように想像するかは勝手だ・・・」

依頼主「し、失礼。依頼内容だが、ディープインパクトを優勝させないで欲しい。しかし、日本人は金を落とす。
     馬を殺すのではなく、あくまで自然に負けた形にして欲しい。たのむ。引き受けてくれ」

G「・・・振込みが確認されしだい、とりかかろう」

依頼主「おぉ!」

30 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/10/31(火) 00:27:07
デブ大久保は昨日のプロ野球ニュースで中日の惨状について、
選手はシーズン中どうやって勝っていたか思い出せ、今は悩みすぎだ、
新庄みたいに気楽に楽しめ、と例によって中身のないことをほざき、
高木豊に「今そんなことやってもさあ」と笑われたらまた逆ギレ。

「だから全員が…!
 だって去年パリーグ5位のチームですよ、戦力変わって
 ないんですよ、日本ハム な ん て 。

 中日のほうが絶対に力は上ですよ!ペナントレースやったら
 絶対に中日のほうが勝ちますよ!」

31 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/03(金) 12:06:32
俺が自宅にデリヘルを呼んだときの話

電話して数十分してチャイムがなったので出てみると、絶対NGな
推定50歳ほどのオバサンが玄関に立ってたので
『チェンジ!!』
と一喝して追い返した
やがて時を待たずチャイムが鳴り今度はナイスなギャルがご登場したわけだが

最初に訪れたオバサンが実は近所に引っ越してきて挨拶にきた方と
判るまで時間は要さなかった。

32 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/14(火) 00:48:39
俺さ、高校の時友達もいなくて、部活もやってなくて、本当に退屈な高校生活を送っていたわけよ。
下校時には学校から駅までの商店街に肉屋があって、毎日50円のコロッケを買っていたわけよ。出来たてでうまかった。
何かそれがつまらない高校生活の中のちょっとした楽しみで、三年間その肉屋には寄っていたな・・・
そこの肉屋の親父は無骨な頑固者で、俺が「コロッケ一つ」といっても「ん」としか返さないような人だった。
そんな俺もとうとう卒業の時が来た。卒業式の日、他の人はこれから打ち上げで盛り上がっている中、俺は当然誘われもせず、一人寂しく学校を後にした。
今日でこの肉屋でコロッケを買うのは最後だな、と思いつつ肉屋へ向かった。
肉屋の親父は卒業証書をいれた筒を見て三年間で初めて声をかけてきた。
「お、今日で卒業か、これつまんないけど俺からだ」
渡されたのは200円のとんかつだった。俺は感動した、家族を抜かせば三年間ほぼ毎日接したのはこの親父だけだったと。
礼を言い去ろうとすると、肉屋の親父が「おい、200円忘れてるぞ!」と一言。
俺は絶望した。

33 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/14(火) 02:35:09
日くらい前、地震で目が覚めた。
しかし起きた時にはもう揺れていなかった。
いや、正確には地震なんて起きていなかったのだ。

「ああ、またか。」

俺はよくこの現象によって眠りから起こされる。
医者はPTSDって簡単に診断してくれる。
俺は、中学生の時に阪神大震災で両親を亡くしてるんだ。
今もたまに俺の様子を心配して見に来ているんじゃないだろうか。
揺れで起こされて、なんだか懐かしい気持ちになれるんだ。
だけど、父さん、母さん、もう心配しなくていいよ。
俺、もうすぐ結婚するんだ。

34 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/16(木) 04:07:27
ある有名な心霊スポットへ、深夜に車で行ってみたんです。
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。
あ! と思って、慌ててブレーキを踏んで降りてみたところ、そこに人影はなく、目の前は崖。
ガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら落ちてしまっていたかもしれない。

「あの幽霊は助けてくれたんだ」

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についた。

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に先ほど目の前を横切った女の人の姿が……。
その女の人は、こう呟いた。

「死ねばよかったのに」

「いや、でもホント助かったよ。ありがと」
「ば……ばかっ、あんたなんか死んじゃえばよかったのよ!」
「お礼しないとな。また来週きてもいいかな」
「ダ、ダメっ! また落ちそうになったら危ないわゎ!!!」

翌週、なんか弁当用意して待っててくれました。
作りすぎただけで、決して僕のために用意したんじゃないそうです。

35 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/11/20(月) 00:07:03
小学校の頃騎馬戦をやったのだが人数が合わなくて自分の騎馬だけ女子が上に乗ることになった
最初は上に乗る女子も恥ずかしかったらしく男子の腕にお尻をつけないようにして戦っていた
でも次第に騎馬の体勢が崩れてきて右側を支えていた奴がこけてしまったので
上に乗っていた女子は左側を支えていた自分の右腕にまたがるような格好になった
自分も右腕だけで支えるのはきつかったがなんとか崩れないように右腕で女子を上に押し上げていた
するとその女子は
「あっ・・・まって・・・ちょっと・・・あっ・・・あたってる・・・あたってる・・・あっ・・・」
と自分の右腕を挟みこむようにして腰を捻った。
小学生の自分に「あたってる」のが何なのか分かるはずもなく、
「今はまだがまんして!」
と訳も分からず励ましていた。
女子は「う、うん」と頷いたきり前を見据えてこちらを見ようともせず、力んだ顔をしている。
横から敵の騎馬が突進してきた。
旋回しようとするがバランスが崩れてしまい、右腕を思いっきりその子の股間に押し付けるように
突き上げてしまった。
「ひゃぅんッ」

36 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/03(日) 01:55:40
あのさあ、テレビとかでよく、
女の首あたりや、みぞおちあたりを『フンヌッ…』と、
手刀やらパンチやらで殴って、女をぐったりさせるのがあるじゃん、
あれどーやるの?
たまに夜道でやるんだけど、だいたいが『痛〜い!』とか
叫ばれて、慌てて逃げる羽目になるんだよなあ…。
来週は俺の30の誕生日だから、それまでに童貞を卒業したいし、
なんとか教えていただけないかなあ…?

37 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/22(金) 01:03:06
やさしさを失わないでくれ。弱いものを労わり、互いに助け合い、
どこの国の人たちとも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。
たとえ、その気持ちが何百回裏切られようと。
それが私の、最後の願いだ。

38 :名無しちゃん…電波届いた?:2006/12/23(土) 13:58:36
中学2年の時、放課後、俺の事をいじめていた女3人組の中の1人が、 
俺の机の中をいじくっているのを見て、またいたずらしていると思って 
頭にきて殴って歯を折ってしまった。そいつが泣きながら出て行った後、 
机の中をみたら、きれいに包装された小さな箱が入っていた。 
その日が2月14日だという事に、俺はそれまで気が付かなかった。 
それから卒業まで、そいつは2度と学校に来なかった。

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)